無職 年金 免除。 【年金が払えないニートは必読】年金免除申請のメリット・デメリット

ニート・無職向け 年金免除のメリット・デメリット

無職 年金 免除

スポンサードリンク 1日でも無職期間があれば自ら国民年金の手続きが必要 転職によって無職期間が生じる場合、主に以下の手続きを行わないといけません。 住民税は天引きのケースがある、失業保険はお金が貰える、健康保険は病院に行く際に必要など、リアルに必要なケースが生じるので忘れにくいですが、年金は基本的にすぐ受給されるわけではないので、見えにくい手続きです。 意図的に国民年金保険料を支払わなくても、「うっかり国民年金未納」という状態になってしまう可能性があります。 一般的な会社員で働いていた場合は、社会保険である厚生年金保険に加入しています。 会社を退職すると厚生年金保険から外れるので、 自分で国民年金の手続きが必要になります。 手続きは住民登録をしている市役所で行います。 会社員の時は厚生年金保険料を給与から天引きしていましたが、退職して無職期間が生じると 国民年金の保険料を 自ら納付します。 なので、 会社を辞めて無職期間が1日でも生じる場合は国民年金の手続きが必要、しかも自ら行うということを覚えておきましょう。 失業等による特例免除もある 当然、国民年金の保険料を納付するのが望ましいですが、経済的に納付するのが難しい場合もあります。 その際は、きちんと市役所で手続きを行えば、国民年金保険料を 免除・猶予してくれる場合があります。 これが、 「失業等による特例免除」です。 手続きには、「雇用保険受給資格者証」や「離職票」、「社会保険資格喪失証明書」など、 会社を辞めたことが証明できる書類を持参します。 手続きをすることで審査があり、数日後に自宅に結果通知が届きます。 数日間だけでも無職期間が生じる場合、会社を辞めてから転職活動を続ける場合などは、免除・猶予といった制度を利用するほうが良いかもしれませんね。 ちなみに私も転職活動で無職期間が発生したことがあり、その際は全額免除の申請を行って通りました。 この免除手続きを行わず、そのまま国民年金の保険料を納付せずにいると 「未納」扱いになるので「督促状」が届きます。 こりゃ焦りますな。 免除や猶予であれば、未納と違って将来受け取る老齢基礎年金、もしくは障害基礎年金、遺族基礎年金の支給要件に大きな影響はありません。 また、老齢基礎年金を将来的に受けられない場合があります。 しかも免除や猶予であれば、後からその期間の国民年金保険料を納付できます。 未納と免除では扱いが大違いです。 どうしても納付できないからといって無視してはいけません。 無視するくらいなら、面倒ですがきちんと市役所に事情を説明して免除扱いにしてもらう方が良いでしょうね。 より詳しくは日本年金機構の公式サイトにあるをチェックしてみてください。 以上、転職活動で無職期間が生じる場合の国民年金についてでした。

次の

国民年金保険料の免除の申請をしてきました

無職 年金 免除

<国民年金の免除制度 目次>• 老後の年金がなくなるかも! 受給条件は加入期間10年以上 老後に老齢年金を受給するためには、 国民年金や厚生年金などの加入期間が10年以上ないといけません。 つまり9年11カ月の間、年金保険料を納めたとしても、老後の年金額は0円ということになるのです。 平成29年7月までは、加入期間が25年以上という条件でした。 25年以上の加入期間から10年になり、年金が受け取れないという人は減りました。 とはいっても、老齢年金は加入期間によって支給額が変わります。 加入期間が長い方が年金額は多くなります。 このように加入期間は大切。 60歳を過ぎてから「しまった!」と思っても遅いのです。 加入期間は途切れなくしておくのがポイントです。 障害・遺族年金も、もらえなくなる? 年金は老後のためだけではありません。 病気やケガによって法令で定められた障害状態になれば、「障害年金」が支給されます。 また、死亡した場合、18歳以下の子ども(障害がある子は20歳未満)がいる場合は「遺族年金」も支給されます。 国民年金での障害基礎年金は、障害1級で年間99万7125円。 遺族基礎年金は、子が1人と妻の場合は年間100万6600円(令和2年度)。 いずれも、年金がない生活は考えられませんよね。 これらの受給は、きちんと国民年金に加入していないともらえませんよ。 年金は老後のことだけではありません。 条件によっては保険料の免除制度も利用可能 とはいっても、退職後で定職もなく生活をするのがやっと……という状況では、保険料の納付も大変。 国民年金の保険料は月払いで1万6540円(令和2年度)。 家計にかなりの負担になります。 国民年金保険料が免除される所得基準。 前年(もしくは前々年)の所得で判断される。 夫か妻のいずれかのみに所得(収入)がある世帯の場合。 一部免除の目安の所得(収入)は、一定の社会保険料を支払っていることを前提とした場合の目安 上の表は、国民年金保険料の免除制度が利用できる所得基準です。 この免除制度は、 家族構成とその所得によって、免除が受けられるか、受けられるとしたらその範囲が決まります。 例えば、夫婦2人の世帯であれば、92万円の所得で全額が免除、195万円の所得で半額免除が受けられます。 判断基準となる所得ですが、前年(または前々年)のものが対象となりますのでご注意ください。 所得は、収入から扶養親族等控除額や社会保険料控除額などを引いたものです。 およその収入が上の表のカッコ内に記載してありますので、参考にしてください。 夫か妻のみの所得があり、一定の社会保険料を払っていることを仮定しています。 この所得ですが、本人だけでなく、配偶者や世帯主の所得も所得基準の範囲内である必要があります。 自分自身の収入がなくても、他の家族に収入があれば免除が許可されないということです。 全額免除でも、年金額は2分の1もらえる 免除されている間は年金加入期間としてカウントされます。 なので、加入期間が足りなくて老齢年金が受け取れないという事態は少なくなりそうです。 また、将来の老齢年金の受け取れる年金額も少しは増えます。 例えば、全額免除でも、保険料を全額払った場合の2分の1は支給されます(平成21年3月分までは3分の1となります)。 全額免除 年金額1/2(平成21年3月分までは1/3)• 4分の1納付 年金額5/8(平成21年3月分までは1/2)• 2分の1納付 年金額6/8(平成21年3月分までは2/3)• 4分の3納付 年金額7/8(平成21年3月分までは5/6) 基礎年金の国庫負担が平成21年4月より、3分の1から2分の1に引き上げられました。 それにともない、全額免除での年金支給は、3分の1から2分の1に引き上げられました。 さらに、免除の効果が高くなったわけです。 国民年金の免除制度、失業者向け「特例免除」も これらの免除の所得基準は、前年の所得で判断されるものです。 なので、今年になって退職し収入もなくなったのだけど、去年は収入があったという人は、上の免除制度が利用できません。 そんな時は「 失業等による保険料免除」を利用しましょう! 「失業等による保険料免除」は、前年の所得があっても国民年金免除制度が利用できる特例 本来であれば、本人と配偶者、世帯主の所得で免除の審査をされていたのですが、この特例では、 本人の所得を除外して審査がされます。 前年の所得があっても免除制度が利用できるのは、失業者にとってありがたいですよね。 この特例が利用できるのは、その年度または前年度に退職(失業)の事実がある場合です。 この特例も、通常の免除と同様に加入期間にカウントされますし、年金額もアップします。 該当する人はすぐにでも申請をしましょう。 国民年金免除の申請手続きは、自治体窓口か郵送で 免除申請の手続きは、住民登録をしている市区町村役場の国民年金担当窓口へ申請します。 郵送でも申請ができます。 申請用紙は、市区町村の窓口や年金事務所で、もしくはよりダウンロードして入手します。 また、この 申請は毎年行わないといけません。 免除の申請サイクルは7月から6月までです。 7月になったら新たに申請をするようにしましょう。 いかがですか? 年金といえば遠い先のことと思わずに、今できることを対策しておきましょう。 年金不安などといわれていますが、年金が受給できないとなると、安定した生活は難しいかもしれません。 まずは、年金を受けられるように手続きをしておきましょう。 【関連記事】•

次の

【年金が払えないニートは必読】年金免除申請のメリット・デメリット

無職 年金 免除

ニート・無職は収入がありません。 2019年度の国民年金保険料は、 月額16,410円。 年間にして196,920円もの年金を収める必要があります。 無収入のニートにはこの年金支払いがとても辛いです。 年金を支払わないことにはデメリットしかありませんが、払いたくても払えない!お金が無い!となると年金支払いができません。 そうしたニート・無職になった人のために 国民年金保険料免除・納付猶予制度があります。 年金未納で放置しておくのはいけませんよ。 日本年金機構から「催告状」が届きます・・・。 もちろんニート脱出、就職したら年金の支払いを再開しましょう。 ニートの年金免除について見ていきましょう。 ニート・無職も年金を支払う義務がある! ニートであっても、無職であっても、年金を支払う義務があります。 日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、すべて国民年金に加入しなければなりません。 2019年度の国民年金保険料は、月額16,410円。 年間にして196,920円もの年金を収める必要があります。 もしガッツリ、アルバイトして月収20万円を稼いでも、1ヶ月のバイト代が年金支払いに消えていくことになります。 そして、年々この保険料は上がっています・・・。 でもニートはお金が無い・・・年金免除について 国民年金の免除制度、納付猶予があります。 ニートで収入が無い人、仕事を辞めて無職になった人などが国民年金保険料の免除と納付猶予制度を検討することが出来ます。 免除されれば、年金保険料を払わなくてよくなります。 ただし、 注意点があります。 ニートの人は親と同居して、生活費を頼っているケースが大半だと思いますが、生計を一にする親に収入がある場合、年金免除が受けられない可能性が高いということです。 家族構成、前年の所得により免除の対象も変わりますので、自治体ホームページなどで最新の情報を確認されることをおすすめします。 「年金 免除 条件 大阪」 といったように検索すると、お住まいの自治体の「保険料の免除制度」などのページが出るはずです。 免除申請したい場合には年金課などへ相談・連絡も必要になりますから、合わせて確認されると良いでしょう。 もし世帯収入があり、免除申請が出来ない場合には、親に相談して年金を支払ってもらうなどしなくてはなりません。 ニートが年金免除するメリット・デメリット ニートが年金免除するメリット・デメリットについて見ていきましょう。 毎月の年金支払いが無くなるメリットばかりに目がいきがちですが、デメリットもしっかり理解しておくことが大切と思います。 ニートが年金免除するメリット ニートが毎月の国民年金保険料の支払いを免除してもらえた場合、次のようなメリットがあります。 免除の割合によって支払額(負担)が減る 免除の割合によって年金支払いの金額が変わります。 全額免除になれば、毎月の支払いは0円、無くなります。 2019年度の国民年金保険料は16,410円ですから、それを元に計算すると、 全額免除 : 0円 3/4免除 : 4,100円 半額免除 : 8,210円 1/4免除 : 12,310円 となります。 年金を免除しても、年金を納めたことにしてくれる 将来、年金(老齢基礎年金)を受け取るためには、年金を支払っている期間が重要になります。 日本年金機構によりますと、 これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。 平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。 引用元: ということで、平成29年8月1日(2017年)からは資格期間が10年以上あれば年金受給資格が発生します。 免除期間も受給資格を満たす年数に含まれる• 免除期間中も障害年金・遺族年金の受給対象になる• 免除期間分を追納できる(10年間) 年金免除が減額された場合、 全額・3/4・半額・1/4 と減額がありますが、減額された分の半分を国が税金から負担してくれるメリットがあります。 ということは全額免除であっても、満額支払っている人の半額を将来、年金として受給することができる、ということになります。 年金免除することで、銀行口座など差押えされなくなる ニートだから、無職だから、と国民年金保険料の納付をせず放置していると日本年金機構から催告状が届き始めます。 要は、 「年金支払ってませんよね?支払ってください」 という催促の連絡です。 それでもお金が無いから払えない、と放置していると何度も届きます。 その際、封筒の色に注意してください。 赤色の封筒になると、マズイといえます。 銀行口座の差押えなどが近いと考えて良いでしょう。 年金の支払いが難しい場合には、しっかりと免除申請を行いましょう。 そうすることで、催告状が届くことはなくなります。 ニートが年金免除するデメリット ニート、無職で収入が無い人が年金免除する場合、支払いがなくなって毎月お金が楽になった!というメリットもあれば、デメリットも当然あります。 デメリットについても確認しておき、将来的に就職して年金が納付できるようになったら追納なども考えても良いと思います。 年金免除すると、将来もらえる年金支給額が減る 年金の支払いを免除すると、当然ですが、将来もらえる年金支給額が減額されます。 免除しているのに、ちゃんと満額支払っている人と同じ年金が支給されるのはおかしいですよね。 そのため、免除額に応じて支給される年金額が減ります。 全額免除 : 半分 3/4免除 : 5/8 半額免除 : 6/8 1/4免除 : 7/8 といったように減額されます。 とはいえ、全額免除でも半分もらえることになります。 国民年金の平均受給額 ちなみにですが、国民年金の平均受給額は、 月額 55,000円 だそうです。 ずっと国民年金のみだと、生活できませんね。 正社員として就職すれば、厚生年金にも加入します。 そのため、年金受給額はもっと高くなります。 厚生年金、国民年金を合わせた平均受給額は月15万円ほどだそうですが、40年満額でということになります。 ニート期間があって免除期間もあると、やっぱり年金受給の額は減ります。 こうなると、 老後2,000万円不足するどころではありません。 ニート脱出、就職の年齢が遅くなると厚生年金の加入期間が短くなります。 すると、支給額も減ってしまいます。 早めになどを活用して、正社員就職を目指しましょう。 年金の未納はデメリットしかない!払えないニート・無職は年金免除申請を相談 国民年金の未納はデメリットしかありません。 払わないで放置していると、最終的に差押えなどがありますからね・・・ ちなみに口座を差押えられた場合、凍結を解除するには未納の年金を全て納付しなくてはならない、といった条件があるようです。 50万、60万といった年金未納額を一括で支払うのは厳しいです。 年金未納を続けるのは、デメリットというかリスクしかありません。 ニート、無職の方で収入が無い場合には、免除申請をお早めに考えた方が良いでしょう。 ニート・無職から就職したら、年金の支払いを このままずっとニート・無職でいる予定、という方はいないと思います。 いずれかの時点で、正社員としての就職を目指すでしょう。 就職して収入が得られるようになったら追納が出来ます。 (10年以内) 追納することで将来の年金支給額もその分、増えますし、社会保険料控除になりますから所得税・住民税が軽減されます。 生活に余裕があれば、追納もお考えになってみてください。 ニート年金免除のまとめ ニート・無職向け 年金免除のメリット・デメリットについてご紹介しました。 年金免除することで支払いは楽になりますが、将来的なデメリットもあります。 早く正社員として就職して、年金ほかちゃんと支払える状況になることが大切ではないでしょうか。

次の