地球 最後 の 告白 を 歌詞。 地球最後の告白を 歌詞「kemu www.frontpage-templates.org」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

地球最後の告白を 歌詞「kemu www.frontpage-templates.org」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

地球 最後 の 告白 を 歌詞

解釈 いつか君と一緒に見た夕焼けは あんなにキレイな夕焼けだったのに それを恋と呼ぶには 僕は穢れすぎてしまったよ そして、君が僕の心なんて知らずに幸せな灰になった後で 僕は今更、やっぱり君が好きだったって気づいたよ 主人公と「君」がどのような人生を過ごしたのかはわかりません。 しかし、一緒にキレイな夕焼けを見たあの時の感情を恋と呼ぶには、主人公は少々穢れて過ぎてしまいました。 主人公は「君」に片想いを隠したまま年月を過ごします。 その間に「僕は本当に『君』が好きなのかな」など懐疑したり、他の人に心惹かれたこともあるでしょう。 こういった面を指して主人公は「穢れすぎてしまったよ」と言うのかもしれません。 それでも、やはり「君」が亡くなってから、主人公は「やっぱり僕は君が好きだったんだ」と気づくのです。 解釈 いつか君と一緒に見た夕焼けは あんなにキレイな夕焼けだったのに それを恋と呼ぶには 僕は遠回りしすぎてしまったよ そして、何もかもが手遅れの灰になってしまった後で僕は今更、君が好きだって、好きだったって言えたよ 本当は「君」と一緒に夕焼けを見ていた時に告白できたらよかったのでしょう。 しかし、その言葉が言えたのは世界が灰になり全てが手遅れになった後だったのです。 かなり遠回りしてしまい直接言うことは、「君」の子孫に伝えることすらできました。 しかしそれでも、自分以外誰もいなくなった世界で主人公は言うことができました。 「君のことが好きだったよ」と。 主人公によって地球最後の恋の告白がなされたのです。 言いたいことがあっても、言えないという人は多いと思います。 特に恋愛に関することは言えませんよね。 この主人公のように言わずに失恋……というのは切ないものですし、主人公の一途さに心打たれます。 主人公は何百年「君」のことを思い続けたのでしょうか……? 歌詞だけでなくメロディーとPVも切ないこの曲にはジーンとした方も多いと思います。 ストーリーを噛み締めながら聞きましょう。

次の

GUMI「地球最後の告白を」

地球 最後 の 告白 を 歌詞

解釈 いつか君と一緒に見た夕焼けは あんなにキレイな夕焼けだったのに それを恋と呼ぶには 僕は穢れすぎてしまったよ そして、君が僕の心なんて知らずに幸せな灰になった後で 僕は今更、やっぱり君が好きだったって気づいたよ 主人公と「君」がどのような人生を過ごしたのかはわかりません。 しかし、一緒にキレイな夕焼けを見たあの時の感情を恋と呼ぶには、主人公は少々穢れて過ぎてしまいました。 主人公は「君」に片想いを隠したまま年月を過ごします。 その間に「僕は本当に『君』が好きなのかな」など懐疑したり、他の人に心惹かれたこともあるでしょう。 こういった面を指して主人公は「穢れすぎてしまったよ」と言うのかもしれません。 それでも、やはり「君」が亡くなってから、主人公は「やっぱり僕は君が好きだったんだ」と気づくのです。 解釈 いつか君と一緒に見た夕焼けは あんなにキレイな夕焼けだったのに それを恋と呼ぶには 僕は遠回りしすぎてしまったよ そして、何もかもが手遅れの灰になってしまった後で僕は今更、君が好きだって、好きだったって言えたよ 本当は「君」と一緒に夕焼けを見ていた時に告白できたらよかったのでしょう。 しかし、その言葉が言えたのは世界が灰になり全てが手遅れになった後だったのです。 かなり遠回りしてしまい直接言うことは、「君」の子孫に伝えることすらできました。 しかしそれでも、自分以外誰もいなくなった世界で主人公は言うことができました。 「君のことが好きだったよ」と。 主人公によって地球最後の恋の告白がなされたのです。 言いたいことがあっても、言えないという人は多いと思います。 特に恋愛に関することは言えませんよね。 この主人公のように言わずに失恋……というのは切ないものですし、主人公の一途さに心打たれます。 主人公は何百年「君」のことを思い続けたのでしょうか……? 歌詞だけでなくメロディーとPVも切ないこの曲にはジーンとした方も多いと思います。 ストーリーを噛み締めながら聞きましょう。

次の

地球最後の告白をの歌詞・楽曲情報

地球 最後 の 告白 を 歌詞

解釈 いつか君と一緒に見た夕焼けは あんなにキレイな夕焼けだったのに それを恋と呼ぶには 僕は穢れすぎてしまったよ そして、君が僕の心なんて知らずに幸せな灰になった後で 僕は今更、やっぱり君が好きだったって気づいたよ 主人公と「君」がどのような人生を過ごしたのかはわかりません。 しかし、一緒にキレイな夕焼けを見たあの時の感情を恋と呼ぶには、主人公は少々穢れて過ぎてしまいました。 主人公は「君」に片想いを隠したまま年月を過ごします。 その間に「僕は本当に『君』が好きなのかな」など懐疑したり、他の人に心惹かれたこともあるでしょう。 こういった面を指して主人公は「穢れすぎてしまったよ」と言うのかもしれません。 それでも、やはり「君」が亡くなってから、主人公は「やっぱり僕は君が好きだったんだ」と気づくのです。 解釈 いつか君と一緒に見た夕焼けは あんなにキレイな夕焼けだったのに それを恋と呼ぶには 僕は遠回りしすぎてしまったよ そして、何もかもが手遅れの灰になってしまった後で僕は今更、君が好きだって、好きだったって言えたよ 本当は「君」と一緒に夕焼けを見ていた時に告白できたらよかったのでしょう。 しかし、その言葉が言えたのは世界が灰になり全てが手遅れになった後だったのです。 かなり遠回りしてしまい直接言うことは、「君」の子孫に伝えることすらできました。 しかしそれでも、自分以外誰もいなくなった世界で主人公は言うことができました。 「君のことが好きだったよ」と。 主人公によって地球最後の恋の告白がなされたのです。 言いたいことがあっても、言えないという人は多いと思います。 特に恋愛に関することは言えませんよね。 この主人公のように言わずに失恋……というのは切ないものですし、主人公の一途さに心打たれます。 主人公は何百年「君」のことを思い続けたのでしょうか……? 歌詞だけでなくメロディーとPVも切ないこの曲にはジーンとした方も多いと思います。 ストーリーを噛み締めながら聞きましょう。

次の