ドリュウズ 構築。 【剣盾ダブル】ドリュウズピッピの組み合わせが強すぎるという話をしたい

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論!「かたやぶり」「すなかき」どっちがいいの!??

ドリュウズ 構築

「ガラルサニーゴ」や「ドヒドイデ」などの受けポケモンには、「じわれ」の1撃必殺を狙うことができるため、倒すのが難しい相手に放てる技となっています。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 「じわれ」との選択肢。 飛行タイプの「アーマーガア」などを意識する場合はこちら。 ただし「ゴーストタイプ」に無効なため注意。 相手の方が素早さの高い場合でも、技「がんせきふうじ」を選択することで素早さダウンを狙えるので 対面で勝ちやすい状況を作り上げられるのが魅力といえます。 「ばけのかわ」「ふゆう」などの特性を無視できるので、 「ミミッキュ」や「ウォッシュロトム」などのポケモンに対して有効です。 「きあいのタスキ」と「すなかき」を組みわせることで、素早さが2段階上昇した「ギャラドス」や「トゲキッス」に、先手をとって反撃可能です。 また、特性を「すなかき」で育成する場合は、ダイマックスと相性のよい、「つるぎのまい」や「いわなだれ」を採用するのがおすすめです。 ダイマックスとの相性もよく、攻撃を上げて相手を倒しやすくなる。 相手の攻撃を完全に防げる、「ダイウォール」を使用した戦いが可能。 「がんせきふうじ」に比べて、「ダイロック」の威力を高めることができる。 「きあいのタスキ」などの影響を受けずに倒せる。 ただし攻撃回数は安定しないので注意。 ダイマックスをすれば、ダイマックスしたウォッシュロトムの「ダイストリーム」も耐えることができます。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 ドリュウズの役割と立ち回り 特性を活かして戦うアタッカー 「ドリュウズ」の持つ特性「かたやぶり」「すなかき」はどちらも強力です。 ランクバトルの環境や、ドリュウズに持たせたい役割で使い分けましょう。 特に 「ミミッキュ」の「ばけのかわ」を無視して攻撃できる点が非常に強力なため、現環境ではミミッキュキラーとして活躍することができます。 元の素早さの負けている相手にも、「ダイロック」による 砂嵐で、素早さを逆転させる立ち回りが強力です。 「カバルドン」などのポケモンで、予め天候を変えておくと、より立ち回りやすくなります。 一撃必殺で不利状況を打開できる ドリュウズは「つのドリル」と「じわれ」を覚えることができ、一撃必殺技で不利な状況を打開できるポケモンです。 運要素が強すぎますが、こちらが完全に不利な場面でもワンチャンスにすがって技が出せるのがドリュウズの強みと言えます。 ドリュウズと相性の良いポケモン ドリュウズの退き先になれるポケモン 「ドリュウズ」の攻撃を、タイプ相性で受けられるポケモンがおすすめです。 ドリュウズの苦手なポケモンに負担をかけて、ドリュウズに有利な対面を作りましょう。 また、 飛行タイプはドリュウズの苦手な地面技を無効にし、お互いの弱点をカバーできるので、相性補完に優れています。 ドリュウズで「ダイロック」を使用せずとも、先手を取りやすくなるので、 ダイマックスターンを有効活用できます。

次の

【ポケモン剣盾】襷ドラパルト+積み(作成者:るどるふ)【構築記事】

ドリュウズ 構築

・はじめに みなさん、はじめまして。 と申します。 今回、剣盾ランクバトルS5シングルにおいて、自分の好きなとグレイシア入りの構築で最終三桁順位をとることができたので、構築記事として残すことにしました。 このような文章を初めて書くので拙いところがあると思いますが、よろしくお願いします。 8世代の新要素のックスと積み技の相性が良いことと、相手のターンを枯しつつ、あくびによって起点を作れる&受けサイクルが強いと思い、晴れサイクル+積みエースの構築を作ることが決定。 投稿から1週間たっているにも関わらず、主役のの調整意図を書き忘れるという失態に気づかず、見てくださった皆様、本当に申し訳ございませんでした。 調整 S-晴れ下で最速スカーフ抜き B-ぶっぱ H-余り 今シーズン、全試合皆勤賞。 で晴れにして、上から「あくび」や「甘える」をすることで多い・・などの物理アタッカーを見ることが可能。 むしろ、に引いた次のターン、相手の方が上を取っていて、A下降状態で弱点の技を受けるので、逆に起点にすることができる。 こうやって書くとスゲーってなるけど実際にうまくいったのは一回だけ 持ち物は、汎用性の高いを採用。 のタスキをつぶしたり、のろいやに対してをするためにも役立ってくれた。 シーズン4ではいのちのたまで使っていたが、定数ダメが嫌なのとHBを確定一発で落とせないことから、こだわりメガネで採用。 技が二つだけの理由は後ほど記載。 今シーズンは受けループに2回しか当たらず、出した回数も3回だけと完全にお飾り状態だった。 対面で竜舞や悪だくみを積んできたラムの実持ちのに対する切り返しとして、おにびを採用。 対面もおにびを当てることで起点を回避できる。 どんな攻撃も一発は耐えてくれるので、本当に頼もしかった。 Sは最遅で厳選。 対面でも晴れ展開ができるが、最遅と同速になっているので注意。 今回1番の過労死枠。 お疲れ様。 選出率はに続いて2位の9割越え。 ぶっぱ 積みエース枠1匹目。 シーズン4から、キョックスへのメタとして採用。 相手が壁を張っている状態で技が急所に当たった場合、その時のダメージは壁がない状態で急所に当たった時と同じ」、という内容をポケ徹で見つけ、 これは、相手に見えないキョックスメタになると思い採用。 実際は氷技が来なくて出せなかった Dが高いやも急所で突破したり、あくびループに失敗して積めなくても、急所で強引に突破できたりと、中毒になる強さだった。 選出率4位。 そのまま起点にして三タテする・・・という動きがめちゃくちゃ強かった。 また、上述したを物理エースと勘違いし、が物理エースの可能性を考えないで、を選出してくれる相手も多く、めちゃくちゃ刺さった。 シーズン4からこのを採用した結果、順位を安定して4桁取ることができるようになった。 この構築のMVP。 シーズン終盤に珠持ちのが増えたので、そこまで耐久を上げるべきだったかな?と感じた。 詳しくは下記の里暗さんの記事をご覧ください。 シーズン4ではスカーフパッチラゴン、シーズン5中盤までは持ちの珠を使っていました。 しかし、この2体では環境トップのドラパルトに何もできないので、不採用。 また、初手対面で身代わりを置かれたら、そのまま負けてしまうことが多く、身代わり持ちも牽制できるも必要でした。 そんな中、ソシャゲの趣味で話すようになった里暗 さんの記事でストリンダーがこの役目を果たせると思い採用。 結果的にこのを使いこなす自信がなく、水統一に当たった時しか出せなかったが、アーマーガアや身代わり持ちの選出抑制と、の得意な地面タイプの選出誘導をしてくれたので、本当に感謝。 次はもっと活躍させてあげたい。 選出率6位 選出パターン 基本選出 アーマーガアがいない時 先発 ++ 、がいない時 先発 ++ 選出の9割9分がこれ。 体感7割。 3体ともいないときは、意表がつけるを選出していた。 裏選出(?) +アーマーガア、+アーマーガア、+ ストリンダー 先発 ++ の予定だったが・・・アーマーガアの選出を切って++にした方が安定して勝てるので、結局ストリンダーは出せなかった。 VS受けループ グレイシア 先発 ++ シーズン4では入りの受けループに積みエースの能力上昇をコピーされて終わっていた。 そこで今シーズンは受けループに刺さっているグレイシアを軸にグレイシア・・の三竦みの関係を作ることで、後出しでを処理することにした。 何を言ってるのかわからないと思うので、具体例を上げるとこんな感じ。 例 対戦相手のパーティが みたいな感じだった場合、 相手の選出が・ヌオー アーマーガア ・の場合、 相手はグレイシアにを受け出す。 相手の選出が・・の場合、 相手はにを受け出す。 相手の選出がヌオー・・の場合、 相手はにを受け出す。 こんな感じで・・・ 誰かひとりがコピーされても、それを安定して後出しできる・・・ と グレイシアがいる構築にしかできない勝利を掴むことができる! グレイシアの技が2つだけなのは、の受けだしを安定にするため。 グレイシアのがに対して確定3発。 フリドラが確定2発。 でも、グレイシアと グレイシア の対面では相手はしか押せない。 なぜなら、グレイシアはこだわりメガネを持っているため、押し負けてしまうから。 ここまで考えて、自分もしかして天才かよ~と思っていました。 しかし、ここで事件が起きた・・・ 入りの構築に一度もマッチングしなかったのである! でグレイシアをコピーした時の相手の顔が見たかったのに! ・重い ・身代わり持ちの(特にドラパルト) 初手対面で身代わりされて積まれたらほぼアウト。 特に竜舞を積むタイプのドラパは打つ手なし。 おにたたドラパルトも、おにびをかわすしか勝ち筋がない。 ・ ・の選出がばれたら、かかの択になることが多かった。 本当にめんどくさい。 最終日マッチングしなかっただけ本当に運が良かった。 ・終わりに 最高瞬間順位4月30日午後7時ごろ 最終順位814位 ちょっとだけ嬉しかった序盤の順位 サムネ用 TN 真白 最高706位 最終814位 TN 最高177位 4月2日 最終2904位 最後まで読んでいただきありがとうございました。 始めて構築記事を書いてので、変な文章やにわかをさらすようなところがあったかもしれません。 そういうところはこのブログのコメントとかで指摘していただけると嬉しいです。 今回の構築は、相手のパーティによって選出がほぼ決まっているので、 今からを始める人でも始めやすい構築になっていると思います。 僕がゴリゴリの積み展開に対して、wingさん winglacier0516 が対面寄りの構築になっているそうです。 対戦してくださった方々、ありがとうございました。 あと、自分が一方的にライバル視してるwingさん、次あったら絶対負けませんからね。 それでは、またどこかでお会いしましょう。 euglenapoke.

次の

ドリュウズの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドリュウズ 構築

「ガラルサニーゴ」や「ドヒドイデ」などの受けポケモンには、「じわれ」の1撃必殺を狙うことができるため、倒すのが難しい相手に放てる技となっています。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 「じわれ」との選択肢。 飛行タイプの「アーマーガア」などを意識する場合はこちら。 ただし「ゴーストタイプ」に無効なため注意。 相手の方が素早さの高い場合でも、技「がんせきふうじ」を選択することで素早さダウンを狙えるので 対面で勝ちやすい状況を作り上げられるのが魅力といえます。 「ばけのかわ」「ふゆう」などの特性を無視できるので、 「ミミッキュ」や「ウォッシュロトム」などのポケモンに対して有効です。 「きあいのタスキ」と「すなかき」を組みわせることで、素早さが2段階上昇した「ギャラドス」や「トゲキッス」に、先手をとって反撃可能です。 また、特性を「すなかき」で育成する場合は、ダイマックスと相性のよい、「つるぎのまい」や「いわなだれ」を採用するのがおすすめです。 ダイマックスとの相性もよく、攻撃を上げて相手を倒しやすくなる。 相手の攻撃を完全に防げる、「ダイウォール」を使用した戦いが可能。 「がんせきふうじ」に比べて、「ダイロック」の威力を高めることができる。 「きあいのタスキ」などの影響を受けずに倒せる。 ただし攻撃回数は安定しないので注意。 ダイマックスをすれば、ダイマックスしたウォッシュロトムの「ダイストリーム」も耐えることができます。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 ドリュウズの役割と立ち回り 特性を活かして戦うアタッカー 「ドリュウズ」の持つ特性「かたやぶり」「すなかき」はどちらも強力です。 ランクバトルの環境や、ドリュウズに持たせたい役割で使い分けましょう。 特に 「ミミッキュ」の「ばけのかわ」を無視して攻撃できる点が非常に強力なため、現環境ではミミッキュキラーとして活躍することができます。 元の素早さの負けている相手にも、「ダイロック」による 砂嵐で、素早さを逆転させる立ち回りが強力です。 「カバルドン」などのポケモンで、予め天候を変えておくと、より立ち回りやすくなります。 一撃必殺で不利状況を打開できる ドリュウズは「つのドリル」と「じわれ」を覚えることができ、一撃必殺技で不利な状況を打開できるポケモンです。 運要素が強すぎますが、こちらが完全に不利な場面でもワンチャンスにすがって技が出せるのがドリュウズの強みと言えます。 ドリュウズと相性の良いポケモン ドリュウズの退き先になれるポケモン 「ドリュウズ」の攻撃を、タイプ相性で受けられるポケモンがおすすめです。 ドリュウズの苦手なポケモンに負担をかけて、ドリュウズに有利な対面を作りましょう。 また、 飛行タイプはドリュウズの苦手な地面技を無効にし、お互いの弱点をカバーできるので、相性補完に優れています。 ドリュウズで「ダイロック」を使用せずとも、先手を取りやすくなるので、 ダイマックスターンを有効活用できます。

次の