イナゴ インド。 中国ではイナゴ大量発生か。南米アルゼンチンでも。世界的な食糧不足の中どう生きるか

マダガスカル首都を覆う黒雲、イナゴの大群襲来 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

イナゴ インド

ケニアでは今年1月16日、バッタの大群が襲った(ロイター) 中国にWショック。 同国武漢で発生した新型コロナウイルスは中国政府の19日発表で、死者2004人、感染者も計7万4185人に増加した。 感染の恐怖が世界中を震撼させるなか、今度はイナゴ(バッタ)の大群が押し寄せて大飢饉をもたらすとの情報が飛び出している。 仰天の3600億匹のイナゴが、アフリカ東部から中東、インドを経て、中国に侵入する可能性があると国連の専門機関が警告したのだ。 襲われた地域は壊滅的被害を受け、数千万人が飢饉など大災害の犠牲になるというから、未曽有の天災になりかねない。 米CBSニュースが伝えた。 これに対し、中国の当局者は「大群の足取りを追い、警戒しているので心配ない」と返答し「特に現在は冬季なのでイナゴは国境には到達しない」と続けたが…。 FAOによると、中東での記録的な大雨と、2回のサイクロンがもたらした大雨により、イナゴの大群はオマーンの砂漠で大繁殖。 これまでイエメン、イラン、パキスタン、インドなどで、すでにイナゴの甚大な被害が報告されている。 特にアフリカ東部のエチオピアやケニア、ソマリアなどが大被害を被っており、深刻な食糧不足が心配されているという。 この地域では、穀物などの作付けから収穫を今の時期から6月にかけて行う。 だが、すでに約2000万人の住人が食糧不足に苦しみ、再びイナゴによる被害が襲いかかれば、ここ数十年間で最悪の大飢饉が発生する危機に直面しているとしている。 さらに恐ろしいことに、FAOは同地域ではこの先、数週間ほど多くの降水が予想され、それによりイナゴの繁殖が加速度的に進んで大きく成長し、6月ごろまでには現在の約500倍に膨れ上がると推測している。 今月生まれた幼虫が4月には3600億匹にまで膨れ上がる計算だという。 巨大な黒い雲が空を覆いながら、農作物を食い尽くして移動するというから、その情景はまるでこの世の終わりのように、人々を震え上がらせるだろう。 イナゴと中国といえば過去にも大規模な被害があった。 同国では「蝗害(こうがい)」と呼ばれ、大天災として歴史にも数多く記録されている。 中でも有名なものでは唐代の785年の蝗害で「夏にバッタが発生し、東は海から西は黄河の上流まで、10日以上にわたって群れが天を覆った。 草木や家畜に群がり、死骸が道をふさいだ」と歴史書「旧唐書」に記されている。 また、明代や清代にも度々農作物の壊滅的被害は起きている。 最近では2005年に海南省を襲ったもので、同省ではこの年の稲が全滅した。 FAOは現在のところ、イラン、パキスタン、インド、中国などの国では食糧不足は起きていないとみている。 FAOによると、1平方キロ内のイナゴの群れには約4000万匹がおり、1日に3万5000人分の作物を食い尽くすというから、その数が3600億匹にもなれば、多くの地域で大飢饉が起きることは想像に難くない。 新型コロナといい、人類は今、世界規模の大危機にさらされている。

次の

バッタ・イナゴはなぜ大量発生する?大群発生で中国の危機!?

イナゴ インド

com 《本記事のポイント》• 中国の少なくとも3つの地域で、イナゴ被害が確認される• イナゴは7月には爆発的に増える可能性も• 中国で起きるバッタの被害は、日本にとって無関係ではない サバクトビバッタの大群が中東やアフリカ、南アジアで猛威を振るう中、中国でも、違う種類と見られるイナゴが発生していると、中国のインターネット上で話題となっている。 イナゴの被害が確認された地域は、中国東北部の吉林省や黒竜江省に加え、南部の湖南省。 黒竜江省はこのほど、「イナゴの予防強化に関する緊急通知」を発し、対策を促した。 専門家は、今後気温が高くなると、イナゴの成長スピードが早まり、7月には被害が爆発的に広がる恐れがあると指摘する。 すでに雲南省は、サバクトビバッタの襲来に備え、駆除の技術を技術者に普及させるなどして力を入れてきた。 そうした中、中国で自生したイナゴが繁殖する恐れが出ているのだ。 世界の脅威となっているサバクトビバッタはもともと、アラビア半島を襲ったサイクロンによって大発生した。 中国の歴史でも、黄河が氾濫した後、大繁殖した例が繰り返し起きている。 乾燥地帯と事情は異なるが、今回、湖南省を襲った大規模な豪雨のダメージを受けた植生において、イナゴが繁殖する可能性もあると考えられる。 イナゴ被害は日本にとって無関係ではない 中国政府は14億人の胃袋を満たすため、食糧の増産・備蓄を進めてきたが、それでもなお足りず、大豆の供給などを外国からの輸入に依存している。 アメリカとの貿易戦争がし烈になっても、大豆の輸入を制限しづらいのはそのためだ。 また中国国内の一部地域では、サバクトビバッタの影響により、食料の買い溜めが相次いで起きた。 毛沢東が1958年に進めた「大躍進政策」で3000万人以上が餓死したトラウマから、中国人は食糧危機に敏感に反応する面もある。 今後予想される最悪なケースは、中国で自生したイナゴと、サバクトビバッタの中国襲来のダブルパンチを受けることだ。 サバクトビバッタの大群はインド中部に達し、モンスーン 雨季 により、まだまだ繁殖する可能性がある。 もし中国でバッタが大量発生し、穀物を食い荒らせば、他国からの輸入を増やし、国際価格に影響を与えるだろう。 そうなれば、日本の食品価格の高騰も予想される。 つまり、中国での被害は、食料自給率が主要先進国で最低の日本にとって、無関係ではない、というわけだ。 日本を襲う食糧危機の可能性については、最新号の「ザ・リバティ」 2020年7月号 に詳述している。 どこのメディアも報じていない、食糧危機のシミュレーションにも注目していただきたい。 山本慧 【関連書籍】 『ザ・リバティ』2020年7月号 幸福の科学出版 幸福の科学出版にて購入 Amazonにて購入 【関連記事】 2020年6月 習近平に第2の天罰 サバクトビバッタが中国を襲う!

次の

バッタ(サバクトビバッタ)の大群が中国へ。農作物を食い尽くす|気になる調べ隊!

イナゴ インド

イナゴ(サバクトビバッタ)の大群がアフリカ大陸からインドを通過し現在は中国に来襲しています。 その数は4000億とも言われており、大群は幅40km、長さ60km、重量80万トンと過去最悪の規模で世界各地の農作物を食い荒らしながら移動しています。 特に中国は新型肺炎のコロナウイルスで混乱しており、泣きっ面に蜂状態となっています。 中には日本にもやってくるのではと心配している方もいました。 以下動画と飛んでいる巨大イナゴの画像も含まれますので、苦手な方閲覧注意です。 アフリカではヘリコプターからの消毒液を巻いていましたが焼石に水状態でした。 イナゴの大群は東アフリカで発生、ソマリア、エチオピア、ケニア、南スーダン、ウガンダ、中国、インドが主な被害地となっています。 コロナウイルスとのダブルパンチで流通不全と食糧危機も危惧されています。 日本には多分来ない アフリカから欧州ではなくインドから中国に向かったのは偏西風によりでしょうか。 偏西風は日本にも向かっていますが、日本海があるので恐らく日本までは来ないはずです。 (アフリカ大陸からサウジアラビアに移動した際紅海を越えているようなので、サバクトビバッタの飛行能力があれば物理的には日本への来襲は可能ではあるようです。 ) ただし土の中に卵を産む性質があるので、土ごと人の手によって移動すれば、ヒアリのように今後日本で定着し大量発生しないとも言い切れないです。 虫が苦手な私としては何としてもこのイナゴの大群だけは阻止してもらいたいです。 先週「アフリカでイナゴが大発生!」 今朝「イナゴがインドに到達!」 夕方「イナゴが中国で大暴れ!」 無茶苦茶やね。 カラコルム越えられる訳ないね。 — 皿屋敷 sarayashiki ちなみに寿命も1か月から長くても3か月とかなり短いとのこと。 ネットの反応まとめ まずくて食べられないそうです。 しかし硬くて食べられなかった。 大量発生し群体になると、特殊なホルモンにより茶色の硬いイナゴへと変わる。 翅を硬く強固にし、長距離の飛行を可能にし、多くの個体に餌を確保させるための変化です — Herp-about. これを相変化と呼ぶ。 数が減ると、元の緑に戻るんだとか、日本でバッタと言われているのはイナゴの一種で、こういう変化は起こさない。 バッタとイナゴの違いは相変化するかしないか。 とんだ風評被害だなあ」と思っているのだ。

次の