スペーシア ギア ターボ。 スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで一気に加速

スペーシアギアの燃費は悪いの?グレードごとの実燃費を計測してみた

スペーシア ギア ターボ

ウキウキするデザインだけど、通勤には向いてないな。 これで会社に行ってるけどチャライ感じで評判は良くない。 エクステリアは非常に好評で、好意的な口コミで埋め尽くされています。 口コミ上のデメリットとしては、あくまでアウトドア向きのため通勤には向いていないという声がありました。 見た目の評価 新型スペーシアギアのデビューはセンセーショナルでした。 SUV型軽自動車の新たなモデルを提案していて、いわばハスラーの進化型と呼べます。 これまでのスペーシアはオンロード向けで、かわいい感じの街乗りワゴンでした。 またカスタムはアルファードをイメージさせるチョイ悪のモデルです。 ギアについては山や海へ繰り出すためのアウトドアビークルといった位置づけです。 外観デザインのこだわり スペーシアギアは SUVデザインを強調したデザインで、ルーフやバンパーやサイドエプロンには耐性の良いパネルを採用。 またフロントフェイスや足回りやリアパーツには、ガンメタリック塗装でワイルドで精悍なイメージをアピールしている点も注目でしょう。 新型スペーシアギアの内装の口コミと評価 内装の口コミ・評判 大きなナビディスプレーにメカニンクなメーター類、オイル缶みたいなインパネボックスなど冒険心を煽るインテリアで大人の遊びゴコロを刺激してる。 内装についても口コミで評価が高いことがよく分かります。 デメリットとしては内装がチープ、荷室の前後長が短いという声が挙がりました。 内装の評価 アウトドア仕様を意識したアレンジのインテリアはなかなか好評です。 コックピットに座ると、まずインパネデザインにワクワクさせられるでしょう。 ダークグレーのボードにシルバーメタリックのアクセントが入り、メカニック感があります。 インパネ全体はスチールのスーツケースを置いたデザインで、ギアの場合はわざわざオイル缶を載せたデザインにしています。 高級感はありませんが、 オシャレでワクワクする内装となっていますね。 アウトドアシーンで思いっきり遊べるインテリアの 汚れもひと拭きでOKなシート アウトドアシーンでは、車内が水や泥、それに食べ物飲み物などで汚れがちです。 特にシートの生地に汚れが浸み込んでしまうのは大問題。 スペーシアギアのシートは 全席撥水加工仕様で、泥んこの子供がドカッとシートに寝転んでも安心です。 濡れタオルで拭けばキレイに落ちてくれます。 小さな子が立って歩ける広々空間 室内長2,155mm・室内幅1,345mm・室内高1,410mmの広々空間ですから、車内でもいろいろと作業が可能です。 お子さんならば立って歩けるワイドスペースです。 また両サイドのスライドドアやバックドアをフルオープンにして、そこにオプションのドアネットを掛ければ素敵なテントに早変わります。 多彩な空間アレンジ リアのベンチシートは分割スライド式ですので、4つのシートを自在にアレンジして便利に使えます。 フルフラットのベッドにしたり、中央にスペースを設けたりとアウトドアシーンで大活躍するのもポイントです。 新型スペーシアギアの燃費性能の口コミと評価 燃費の口コミ・評判 アルトから乗り換えたんだけど、全然燃費良くないよね。 まあトールワゴンだし、こんなもんかな。 スぺーギアの燃費の評価は、良いという口コミから期待したほどではないという口コミまでさまざま。 ただ、悪いという声は聞かれず全体としては燃費は良いという評価が大半以上です。 ギアは遠乗りで遊びに行く機会が多く、燃費が良いのは大きなメリットです。 燃費の評価 もともとスペーシアは優れた低燃費で評判のトールワゴンであり、そのメリットが引き継がれているかは気になるところです。 では、まず公式発表の燃費値からチェックしていきましょう。 カタログ燃費 公式サイトで掲載されているJC08モード燃費性能は次の通りです。 HYBRID XZ TURBO 25. HYBRID XZ 28. つまりスペーシアと同数値でナンバーワンの燃費効率です。 実燃費 試乗テストの結果をもとにチェックしますと、実燃費の平均値は21. もう少し具体的に見てみましょう。 市街地は20. 郊外路は22. 高速道路は22. 客観的にはスぺーシアギアの燃費は良いということができますね。 新型スぺーシアギアの走りの口コミと評価 走りの口コミ・評判 ちょっと高いと思うな。 でも、どうしても乗って見たくて買ってしまいました。 低いグレードでも装備が充実していて、価格的には納得していますよ。 価格の評価 公式サイトからスペーシアギアの販売価格をピックアップしました。 XZ TURBO 2WD :1,727,000円 税込 AWD :1,846,900円 税込• XZ 2WD :1,644,500円 税込 AWD :1,764,400円 税込 この価格帯はスパーハイトワゴンの中ではやや高め設定です。 人気モデルのタントカスタムと同価格帯で、N-BOXのスタンダードグレードとも同レベルになっています。 軽自動車としては高級ブランドといえるかもしれません。 高いか・安いかの判断ですが、スペーシアギアのオフローダーとしての性能やアウトドアシーンでの活躍ぶりを考慮する必要があります。 思いっきり乗りまわしたい人にとっては妥当な価格ではないでしょうか。 一定の値引きは期待できますので、必ずその情報も押さえておきましょう。 最後にメリット・デメリットをまとめておきます。 メリット• 野外をガンガン走りたくなるルックスが良い!• 低燃費設定なのに、パワー面も不足なし• 外装も内装も丈夫で、汚れや傷に強い• 室内が広くて車中泊できる• 便利な機能が充実し、利便性が高い デメリット• 個性的なクルマなので、乗る人を選ぶ• 軽としては価格がやや高め• オンロードでの走りは凡庸 以上がスペーシアギアの評価です。 ターゲットを絞り込んだコンセプトなため、好き嫌いもはっきり分かれるのが特徴です。 しかし、アウトドア志向の人にはもっともおすすめの軽自動車といえるでしょう。 スぺーシアギアをお得に買う方法をチェック! 口コミで評価の高いスぺーシアギアは値引きできることをご存じですか? 軽自動車のため大きな値引きはできませんが、多くの成功例が出ています。 価格はやや高いため、値引きも検討されると良いでしょう。 基本的には相場とカンタンなポイントを押さえれば大丈夫です。 購入を検討している方は、できるだけお得に購入していきましょう。

次の

スペーシアギア ハイブリッドXZ ターボ(スズキ)の中古車

スペーシア ギア ターボ

スペーシアギアのカタログ値を見ていこう 燃費には、実際の走行の値とは異なるカタログ値というのがあります。 これは、JC08モードという、異なる速度変化や冷えたエンジンの状態からの燃費を測る方法。 比べると分かるように、実際の燃費とは異なるので、口コミから情報収集することが大切です。 グレード カタログ値燃費 HYBRID XZ 28. エンジンのエネルギーを伝えるパワートレインは変更され、0. 5L〜1. 5L程燃費が違います。 それ以前に発売されたスペーシアカスタムとエンジン部分が同じなので、ほぼ同じ水準の燃費です。 それでは、スペーシアギアの実燃費を口コミから見ていきましょう。 口コミから集めた実燃費は? たくさんの方がそれぞれ違った条件下での燃費の口コミを書いています。 それらを参考にすると、 実燃費の平均値は 18. 実際の燃費は道路状況や季節、乗車人数によっても変わってきます。 では、街乗りや高速道路ではどのくらいの燃費の違いが出るのか見ていきましょう。 市街地・郊外幹線道路・高速での燃費を比較 燃費をシーンごとにさらに詳しく見ていきましょう。 こちらの表をご覧ください。 口コミでは、通勤に使用している人は割と高めの数値になっていました。 通勤で今まで使用していた車とこちらの表を比べてみて、驚かれる方もいるのではないでしょうか? 最新の軽自動車はここまで燃費が向上しているんです。 実燃費はカタログ値より劣るのは確かですが、これくらいの燃費であれば十分と言えるのではないでしょうか。 ハイブリッドやターボとの比較結果 次にスペーシアハイブリッドとターボの比較をしていきましょう。 ターボは内装もグレードアップ ハイブリッドとターボのグレードの違いは、内装にも表れます。 シフトノブのパーツは 「ボタン付き本革巻シフトノブ」で見た目もグッと引き締まった印象になっています。 そしてハンドルの裏側にある 「パドルシフト」によって、ハンドルから手を放すことなくギアチェンジができます。 走る楽しさを演出してくれるでしょう。 引用: また、このクラスのライバル車では見られない 「クルーズコントロールシステム」が装備されています。 これは設定した速度を自動的にキープしてくれる機能なんです。 高速走行時やロングドライブなど、負担のかかる運転のときでも、この機能があると安心感が違いますね。 引用: ターボを選ぶ最大のメリットは、高速での運転をサポートしてくれる点です。 スペーシアギアの見た目からもわかる通り、アウトドアでの使用が考慮されています。 特に帰りの高速に役に立ちますよね。 引用: 金額の比較 NAとターボの金額の、 差額は8万円。 4WDでも同じです。 上記の通り内装の変化もあるので、スペーシアギアのターボへのグレードアップはお得感満載。 他のライバル社に比べてもいい勝負をしています。 HYBRID XZ 161万円 HYBRID XZターボ 169万円 HYBRID XZ 4WD 173万円 HYBRID XZターボ 4WD 181万円 ライバルのウェイクやハスラーとの比較 このタイプの軽自動車を検討中なら、他のメーカーのライバル車も気になるはずです。 その中でもよく取り上げられる、ダイハツのウェイクとスズキのハスラーを比較していきましょう。 」というキャッチフレーズの通り、ダイハツのウェイクは空間の広さが売りの車。 そのために、 約100㎏重くはなっています。 それでこの燃費なら良い方ではありますが、そこは使い方次第で選べばよいですね。 しかし、スペーシアギアのように軽ハイトワゴンの車とは言えないでしょう。 室内空間を比べると圧倒的に差が出ますね。 スペーシアギアの燃費を上げる方法 ここまで、実燃費を比較し検証してきました。 ここからは、燃費向上のテクニックが書かれた口コミを集めましたので、ご 参考までにどうぞ。 CVTはアクセルワークが重要 スペーシアギアは無段階のトランスミッションで、マイルドハイブリッドが搭載されています。 そのため、 発 進 時は少し踏み込む感じにすると良いでしょう。 発進時の初動が遅いとエンジンへの負担になりますが、モーターのアシストで加速しやすい車です。 車間距離を広く 車間距離をしっかりと取り、無駄なブレーキを避け、停車時には徐々に止まりましょう。 それにより、ハ イブリットバッテリーにも充電されますし、発進時のロスも少なくなります。 荷物をコンパクトにまとめる 野外で使用するなら、荷物はできるだけコンパクトにし、積み下ろしが楽にできる状態にしましょう。 コンテナボックスに使用目的ごとに分けておくと便利です。 大雑把に入れるならランドリーバックもいいですよ。 車に荷物を載せないことが普段の燃費の向上につながりますので。 まとめ 口コミによると、実燃費は平均値で 18. 室内空間が魅力のスペーシアギアでは十分な結果ではないでしょうか。 ライバル車と比較しても良い結果でした。 今お持ちの車と比較してみて、燃費がより向上するのであれば、お財布にも嬉しいですね。 燃費を向上させるテクニックもご紹介しましたので、あわせて是非試してみてください。

次の

新型スペーシアギアのターボ車とノンターボ車の違いは?加速はどんな感じ?

スペーシア ギア ターボ

コストで比較。 維持費の差はどのくらい? ターボ車とそうでない車は、まず価格が違います。 車体代金が違えば、燃費も違うためにガソリン代金も違うのです。 まずはコストから、ターボ車とノンターボ車を比較してみましょう。 どれくらいの価格差・維持費の差があるのでしょうか。 車体代金 ターボ無し ターボ付き 1,622,620円 1,705,320円 スペーシアカスタムのノンターボで最も安いグレードと、ターボ付きでもっとも安いグレードとを比べています。 価格差は8万円程度ということで、あまり高くないように見えるでしょうか。 実際には5年ローンで購入するということを考えて、月々いくら払うことになるのかを見てみます。 ターボ無しの場合は月々27,043円近く支払うことになり、ターボ付きの場合は月々28,422円近く支払うことになります。 つまり、月々1379円の価格差ということです。 これは他の軽自動車に比べてとても低い差になっています。 カフェ&レストランでパスタを食べることができるか、できないかギリギリといった価格ですね。 この程度であれば、あまり負担にはならないのではないでしょうか。 スペーシア購入秘話 スペーシアを購入検討中の方は必見です。 下記ページにて、スペーシアの値引き実態を掲載しています。 ディーラーとの交渉も載せているのでぜひ参考にしてください。 > 走行性能で比較。 満足度の差は 価格やガソリン代だけ見るとターボがとてもお得に見えますが、ターボ車がお得かどうかは、それだけではわかりません。 実際の走行性能を見てみなければ、何もわからないのです。 ターボ付きとターボ無しと、データ上でどれだけの走行性能差があるのか、実際の口コミから満足度の差はどれくらいなのかを見てみましょう。 最大出力は、ターボ無しの場合エンジンが6500回転した際に38馬力が出るということです。 ターボ付きの場合は6000回転で47馬力ですから、ターボ付きのほうが500回転少ないエンジン回転数で9馬力も上の力が出るということになります。 トルクに関しても同じように、ターボ無しの場合は4000回転時に63のトルク、ターボ付きの場合は3000回転時に95のトルクになるということです。 1000回転で32も値が違うということで、差の大きさはなんとなくわかるでしょうか。 出力もトルクも、なんとなく「ターボ付きのほうが性能いいんだなあ」と思っておく程度で問題ありません。 問題なのは、実際に乗った感じです。 それを、ユーザーの口コミから考察してみましょう。 口コミから考察 「出だし加速が問題なし、速く走れて振れもあまりなく、満足の走行性能!」 「ドッカンターボではなく、私は良いと感じたが、人によっては不満かも」 「ターボにしては燃費が良く、乗り心地もよく、ターボ性能も十分と感じました」 2016年4月現在、ターボ車は登場してからまだ日が浅いですが、以上のような口コミが見られました。 口コミによれば、加速は問題なく、走りも力強いのに比べて車体の振れが少ないとのことです。 ドッカンターボについては、それぞれの好みの問題でしょう。 自然なターボがいいのか、突発的なターボがいいのか、前者が好きな人であれば、問題はありませんね。 comの満足度についても、エンジン性能走行性能共にマックスの評価をしている人が多いです。 走行性能は一つ下げていても、エンジンはマックスであるという人もおり、ターボエンジンの満足度は高い様子ですね。 ズバリ、おすすめ、満足度が高いのは スペーシアカスタムのターボ有りと無しとでの価格差・維持費の差・性能差などを見てきました。 つまるところ、どちらがおすすめなのか、お得なのかということですが、それをターボの必要・不必要を元にして説明します。 ターボが必要な方 加速性に問題がなく、速い走りができるということで、高速道路を頻繁に利用する人にとってはターボは必要な存在となるでしょう。 「ターボが無ければ少ししんどい」という口コミもあり、速度やパワーが必要な状況下ではターボが必要になります。 同じ理由で、峠道や坂道・山道などを走る人もターボが必須です。 市街地走行については、短距離で買い物程度に利用するという人はともかく、市街地で通勤に利用したり、中距離以上を走るという人は、ターボがあっても良いでしょう。 後続車に迷惑をかけないという意味で、必要になります。 ターボは必要ない方 ターボが必要無いと言えるのは、買い物程度・チョイ乗り程度にしか利用しない人です。 ただ、週末によく出かけるという人はターボを購入しても損はしないでしょう。 ターボ車とそうでない車との価格差が少なく、ガソリン代の差も小さいため、ターボの必要性を特別感じなくとも、購入して損をすることは無いかと思われます。 車を安く乗り換える上で最も大切なことご存知ですか? 車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。 私はこの方法で毎回新車を 30万円安く購入しています。 覚えておいて損はありません。

次の