鬼滅の刃 191 漫画。 鬼滅の刃ネタバレ192話最新確定!日の呼吸十三の型で炭治郎が縁壱炭吉をつなぐ!

鬼滅の刃22巻192話のネタバレ考察と感想!廻る縁で継承される日の呼吸

鬼滅の刃 191 漫画

c SHUEISHA Inc. All rights reserved. 時は大正、日本。 炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。 さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。 人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--! 出典: 『鬼滅の刃』前回189話のおさらいまとめ 苦戦する柱たち。 体力も限界で、無惨の攻撃による傷で細胞が破壊されていた。 もったとしてもあと5分ぐらい。 そんなピンチにやってきたのは、猫の茶々丸だった。 茶々丸は背中に装備した瓶を柱たちに射出し、中に入った液体をその体に注入していった。 すると、破壊された細胞の傷が引いていき、体の激痛がおさまっていった。 だが、悲鳴嶼は直感していた。 これはあくまでも一時しのぎであると。 体の調子が戻ったいまのうちに、無惨に攻撃を仕掛けようとした。 伊黒は時透が赫刀を覚醒したときのことを思い出していた。 死の淵に己を追い詰めてこそ発揮される万力の握力で赫刀を覚醒できるのでは、と。 そして強く握りしめた伊黒の刀身は赫く染まっていった。 『鬼滅の刃』190話のネタバレ 鬼を倒すーーーいかなる手を使ってもーーーー。 珠世の札を持つ3人。 それは一体誰なのか。 伊黒は赫くなる頭身を見て一番にしくじったと思った。 それはなぜか。 視界の四方が白く弾けたからだった。 無惨に有効な攻撃を与えるために刀身を赫くすることに神経を集中しすぎた結果、すべての力を握力に振った伊黒は戦闘の最中、酸欠で失神しかけていた。 「伊黒ーーーーーっ!! 」不死川が叫ぶ。 無惨の攻撃がすぐそこにまで迫っていた。 伊黒は考えた。 一人抜けたら他の人の負担が増えるし、無惨の攻撃を分散できない。 そして甘露寺の分も戦うと決めた。 だが駄目だ。 手以外の感覚が飛んでいた。 無惨の攻撃を斬り伏せようと冨岡が助けに入ったが間に合わなかった。 と思った。 だが、 伊黒は無惨の攻撃を避け、上空に飛んでいた。 そこに、さらに無惨の攻撃が迫っていく。 だが、伊黒は不自然な軌道で、上空で無惨の攻撃を避けた。 そして次の瞬間、無惨の右腕が斬られた。 その切断面に無惨は何か違和感を感じた。 切断面を見ると悲鳴嶼の鉄球ではない。 不死川の刀でもない。 冨岡は伊黒の助太刀に入っていた。 伊黒でもない。 そもそも、伊黒の上空での避け方は奇妙だった。 無惨がそう考えていると。 また違和感のある切断面で、無惨の左腕が斬られた。 おそらく、ガタつきのある切れ味の悪い刃物で斬られたのだった。 そこから無惨は、姿は見えないが何者かがいると直感した。 珠世の鬼の術で姿は隠しても、動く限りは存在を消せない。 土埃が舞い、風を切る音がする。 一人、二人、三人。 無惨が気配のする方向に向かって攻撃を仕掛ける。 すると、珠世のお札を切られた善逸、伊之助、カナヲが現れた。 「いだああ!やだああもおお!」善逸が情けない声を出す。 カナヲはすぐに気づかれたことに焦っていた。 「いってえええ!このくそ虫が!」伊之助は怒っていた。 悲鳴嶼が、3人が生きていたことに驚いていると、 「死んでたまるかボケえ!あと俺この紙いっぱい持ってるからな」と言った。 無惨が現れたん3人に攻撃を仕掛けようとしたが、 伊黒が剣技で無惨の両腕を斬った。 無惨はすぐに再生しようとしたが、赫刀で斬られたために再生が遅くなっていた。 善逸、伊之助、カナヲは再び札をつけ、姿をくらませる。 そして、それぞれが剣技を繰り出した。 さらにそこに、 蛇の呼吸・参ノ型 塒締め(とぐろじめ) 人数が増え、伊黒の赫刀で少し余裕ができた悲鳴嶼は自身の鉄球と手斧を強く打ち付けた。 ガチイン! ジジッ 灼けるような匂いと熱で赫く色が変わった。 そして、無惨に鉄球を投げつける。 鈍い音とともに、無惨の左胸部分が弾け飛んだ。 「冨岡ああ!受けろおお!」不死川が叫ぶ。 冨岡はそれに気づき、お互いの日輪刀を強く打ち付けた。 ガチイイン!ジジッ! 二人の日輪刀の刀身が赫くなった。 そこに烏からの伝令。 「カアアア!夜明けマデ一時間三分!」 不死川は叫ぶ。 「余裕余裕、くそ味噌にしてやらああ!」 『鬼滅の刃』191話以降の考察 今回、伊黒に続き悲鳴嶼、冨岡、不死川も赫刀を発現させることができました。 無惨に対して赫刀で攻撃をすると、再生が遅くなることもわかりました。 そして善逸、伊之助、カナヲの加勢もあり、ようやく形勢逆転する準備が整ってきたのだと感じられました。 無惨を倒す勢いとまではいかないものの、夜明けまでの1時間3分を少し有利に戦うことができそうな状況になりました。 ですが、縁壱が完成させた型のように、柱の赫刀では無惨の超再生能力を無効化するところまではいかないようです。 やはり、炭治郎が走馬灯の中で縁壱と関わっていく中で、無惨を倒す方法を身につけていくしかないのだと思います。 次回も非常に楽しみです。

次の

【鬼滅の刃最新話ネタバレ205話】最終回で炭治郎たちの子孫が現代で平和に暮らす?|ワンピースネタバレ漫画考察

鬼滅の刃 191 漫画

スポンサーリンク 酸欠状態で動けなくなる伊黒 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 赫くなる刀身を見て、伊黒が一番に思ったことは・・・ 「しくじった」でした。 なぜなら全ての力を握力に使ってしまったため、体が酸欠状態となってしまったからです。 戦うどころではなく、むしろ立っているのがやっとの様子。 視界の四方が白くなり失神しかけて動けなくなってしまいました。 そこへ容赦なく来る無惨の攻撃!! 伊黒は焦ります。 一人抜けたら他の人間の負担が増えてしまう。 やられるわけにはいかない、しかし体が動かない・・ 水柱・冨岡が助けに入ろうとしますが間一髪間に合いません。 伊黒はやられてしまったかに思われました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 しかし、次の瞬間・・・ 地面に影がうつり、見上げると空に伊黒の姿が!! 何らかの方法で無惨の攻撃を避け、上空に逃げたようです。 良かった・・・しかし失神しかけている状態でどうやって逃げたのでしょうか? スポンサーリンク 誰かがいる? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 さらに!!誰かが無惨の腕を斬り落とします。 切断面を見て奇妙に感じる無惨。 違和感を覚えているようです。 冷静に一人一人の攻撃を分析します。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 岩柱 「この男の鉄球ではない」 風柱 「この男の刀ではあのように切れない」 水柱 「この男は助太刀に入っていた」 蛇柱 「この男も違う 刃を赫くした所で刀身が伸びるわけではない」 現在無惨が戦っているのはこの四人だけのはず。 しかし切れ味の悪いガタつきのある刃物で斬られたかのような断面から、あることに気づきます。 姿は見えない誰かが戦闘に加わっている。 スポンサーリンク 善逸、伊之助、カナヲが参戦!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 その気配から三人であることを断定し、そちらを目がけて攻撃します。 愈史郎の札が切り裂かれ、そこから姿を現したのは・・・ なんと善逸、伊之助、カナヲ!! どこかで愈史郎と合流し、目隠しの札を大量にもらってきたのでしょうか? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 すかさず攻撃しようとする無惨の両腕を、伊黒が赫刀で斬り落とします!! 赫刀で斬られた部分の再生には若干時間がかかる無惨。 善逸、伊之助、カナヲの三人は新しい目隠しの札を付けて再び姿を消しました。 姿を消したままで攻撃をしかけます。 伊黒も続けて赫刀で攻撃!! スポンサーリンク 夜明けまで一時間十四分 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 味方の人数が増えたことでわずかながら余裕ができました。 余裕ができたおかげで、悲鳴嶼はこれまでやりたくてもできなかったあることを試みます。 それは、自身の斧と鉄球を勢いよくぶつけ合い、それらを赫刀のように赫くすることでした。 灼けるような匂いと熱とで、自分の武器が赫くなったことを確信した悲鳴嶼はすかさず無惨に攻撃!! 赫い鉄球の攻撃を受け、怒りの感情を表す無惨。 赫刀での攻撃は、痛みも増すのでしょうか? 風柱・実弥も自分の刀を赫刀にしようと冨岡のところへ突進!! 「冨岡ァァァ!! 受けろォォ!!」 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 わけがわからず困惑しながらも実弥の刀を受ける冨岡。 実弥は上弦の壱の黒死牟との戦いで一度赫刀を経験していますが、冨岡は赫刀のことを知りません。 二人の刀が激しくぶつかり合い、その衝撃でお互いの刀身が赫く変化します。 刀身が赫くなったことで赫刀を理解した冨岡。 これで四人の柱全員が赫刀となりました!! 鴉が飛び回り、夜明けまであと一時間三分と叫びます。 いよいよ鬼殺隊の逆襲が始まります!! スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 190-191 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 今回ぞくぞくと炭治郎の同期が助太刀に現れ、元気な様子を見ることができて安心しました。 といっても戦闘の最中なので、これからどう転ぶかわかりませんが・・ これ以上傷ついてほしくないと願ってしまいます。 悲鳴嶼は赫刀を発現させたくとも、無惨の攻撃をかわすのが精一杯で発現させる余裕がなかったんですね。 赫刀に引き続き、相手の体が透き通って見えるようになれば一層有利なのですが、そこまでの余裕はまだないのか、それとも次回以降透き通る世界に到達するのか。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」190話より引用 そして、自分自身の握力のみで赫刀を発現させた伊黒!! 実弥と冨岡が刀をぶつけ合ってお互い赫刀になったシーンも熱くなりました。 赫刀は、握るだけで赫くするには渾身の力が必要なのですね。 そうすると体力を使いすぎて戦えないから、それならば武器同士をぶつけ合ってその衝撃を利用しようということなのでしょう。 そして、この三人は全員二十一歳の同い年です。 三人の個性が、それぞれ魅力的に描かれていると感じました。

次の

『鬼滅の刃』本誌、いよいよ最終バトルか? 無惨の意味深なセリフを考察|Real Sound|リアルサウンド ブック

鬼滅の刃 191 漫画

スポンサーリンク 鬼滅の刃ネタバレ最新191話「応援が登場で数的優位に?」 【鬼滅の刃 ネタバレ注意】 鬼滅の刃18巻読み終えました…. 漫画読んで涙流したの何時ぶりだろうか…. 猗窩座の過去胸が痛くなるよ….. 冨岡は襲いかかる無惨の腕に攻撃していますが、全くもって間に合わずに効果は見えません。 お待ちかねの3人が登場! こうしてみていると、赫刀出すのにも一苦労ですね。 普通に考えて、酸欠になるくらい握るってあり得ないですからね 笑 ということが、握り続けることによって、だれでも赫くすることが可能なんでしょうか?その点はまだ謎が残ります。 無惨は空中の伊黒を攻撃しようとしますが、腕が切り落とされて攻撃できません。 明らかにこの攻撃は、不死川たちとは異なる武器でした。 切断面に違和感を覚える無惨は、その間にも反対の左腕も切り落とされ、切断面からわかることは柱よりも切れ味の悪い刀ということでした。 ここで無惨は、愈史郎の術で姿は見えない3人に気づきます。 姿が見えないのに無惨へ攻撃をしていたのは、善逸、伊之助、カナヲでした。 とはいえ、無惨も攻撃の手段が多彩でぜんぜん油断出来ない相手ではあるものの、善逸もカナヲさんも果敢に攻撃を仕掛けてることはプラスになること間違いないです。 しかも、一撃必殺で神速の剣技である「霹靂一閃&花の呼吸・紅花衣」についてもある程度通用していたので、活躍できるチャンスがあるでしょう。 そして、この3人が合流したことによって、鬼殺隊側としても完全に数的優位を確保しており数で対抗できることになるでしょう。 ということで、徐々に最強の無惨を追い詰めてきてる感はありますね。 次々に赫刀になる? 無惨が攻撃を再開しようとしますが、すかさず伊黒が赫刀で両腕を切り落とし、再生しようとしますが赫刀で斬られた傷の再生は遅いようです。 この間にも善逸たちは姿を隠しながら、攻撃を続けています! 悲鳴嶼は3人が応援に来てくれて、伊黒の赫刀による攻撃によってわずかに時間が出来たとに感謝し、自身も武器を何度かぶつけ合い赫刀を発現させ攻撃を仕掛けていきます。 それに続く感じで、不死川も冨岡と刀をぶつけ赫刀を発現させて、夜明けまでの残り1時間3分を耐えきると決意します。 この赫刀については、柱だけじゃなく伊之助たちも発現できるとなると、かなり勝率が上がりそうな気がしますがどうなんでしょうかね。 ここまでの経過を見てみると、184話で夜明けまで残り1時間半でした。 — わだつこ wadatsuko 伊黒の命がけの赫刀発現によって、大きなチャンスに繋がり最終的に命つきると考察していました。 実際に力を入れ過ぎて倒れそうになりましたが、なんとか3人の登場によって救われました感じです。 しかも、鬼殺隊サイドとしてはまだ切り札や選択肢も残されている状況です。 伊之助・善逸・カナヲの痣発現や赫刀化も考えられますし、炭治郎の復帰もあるでしょう。 そして禰豆子の到着と参戦となれば、無惨の弱点である日が差す明け方まで残り1時間をしのげそうです。 伊黒は生き残れる? 伊黒の万力の握力によって、赫刀になることが分かりました。 しかし、ここで痣を発現させたことで手以外の感覚を失っています・・・ この状況下では確実に死に至る行為ではないかと思いますね。 そもそも赫刀にする為に万力の握力で強く握ることは、人間の通常の体温や心臓の心拍を極限まで高めていくことに他ならないので、非常に負担がかかるでしょう。 能力は飛躍的に向上して無惨に対抗できそうですが、当然この後にその反動は必ずあります。 さらに、伊黒はというと昔から身体が丈夫という訳でもないですから、かなり心配しています。 なので、悲鳴嶼が赫刀するのとは訳が違うのです。 最強までに鍛えていればよいですが、万力の握力を用いたことで完全に手に負担がいっているはずです。 ということは、どこかにしわ寄せが来ますから赫刀にすることによって、無惨にいくらかのダメージが与えられるようになったとしても、伊黒自身のダメージは甚大化もしれません。 赫刀で攻撃することによって、今までの鬼なら回復力を奪って時間稼ぎしている間に致命傷を与えることができましたが、現在の無惨は覚醒して怒りに満ち溢れている状態ですから、急速に回復させる恐ろしい力を持っています。 なので、伊黒の赫刀の発現をきっかけに悲鳴嶼や実弥、義勇も赫刀で攻撃することができるようになったとしても、無惨はそれすら凌駕する回復力を見せる可能性もあります。 その時にこれまで一番積極的に攻め込んでいて、しかも無惨にとって邪魔な存在というのが伊黒でしょう。 ということから、赫刀にするための方法のみをみんなに示して、伊黒が死亡してしまうという展開が大いに考えれられるのです。 だれかが鬼化するかも? 個人的には甘露寺が鬼化してしまう展開もあり得ると思っています。 現在の甘露寺はというと、もうこれ以上誰にも死んでほしくないと、絶望の淵にいるはずです。 甘露寺はこれまで自分を救ってくれた伊黒の力になろうとして、深い傷を負いながらも自らの意思によって戦っている伊黒のもとへ。 あまりの激闘に、甘露寺の姿に気づかない伊黒。 伊黒は無惨と戦っていますが、突如として別の鬼の気配がしたかと思うとそこに立っていたのは鬼化した甘露寺だったという恐ろしい展開も考えられます。 それか、伊黒VS無惨が激化しているところに甘露寺が走ってくるものの、その姿に気を取られてしまった一瞬の隙で無惨が伊黒を倒すというパターンもあり得そうです! 禰豆子の目と炭治郎の目 禰豆子が鱗滝のもとから駆け出して、その後はあまり登場していません。 そんな禰豆子が表紙に出てきた時に、なぜか片目を押さえていました。 実は兄である炭治郎も現在は右目を負傷しており、禰豆子も同じく右目を苦しそうな表情で押さえていました。 果たしてこれは単なる偶然といえるのでしょうかね? 炭治郎が右目を蝕まれているのを禰豆子も感じて、その苦しさを共有していると考えることもできるでしょう! スポンサーリンク 「鬼滅の刃 ネタバレ 最新 確定」まとめ ネタバレ注意 鬼滅の刃を知らない方が結構多かったので…私の攻撃のやつの詳細が簡単にわかるものをだしておきます。 わかる人にはわかる。 — 救済豆腐🐬🌌🐴🐑黒死牟 趣モード) RwXi3WzBA07Ysi3 ここまで、2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新191話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか? 伊黒の赫刀や3人の登場によって、なんとか互角に戦えるようになってきた鬼殺隊。 久しぶりにピンチじゃない展開を見たような気がしました 笑 そして、今後は炭治郎や甘露寺といった大ダメージを受けている人たちが、どのようになるのか気になる所です。

次の