インプラントオペ。 インプラント

インプラント治療の流れと通院期間

インプラントオペ

歯の治療をしようと思っている人の中には、インプラントという治療を聞いたことのある人も多いはずです。 インプラント治療は、入れ歯やブリッジと異なり、顎の骨に人工歯根を直接埋め込んで人工の歯をかぶせる方式です。 インプラントのメリットについてはしばしば説明されているのですが、デメリットに関しては触れられる機会が少ないです。 インプラントも治療の一種である以上デメリットやリスクのあることも理解して、治療を受けるかどうか判断しましょう。 必ず各院の治療方針をお確かめの上、ご自身の症例にあった歯医者さんをお選びください。 インプラント治療のデメリット 1-1 差し歯との違い、手術が必要 インプラントが他の入れ歯やブリッジと決定的に異なるのは、外科手術になるという点です。 人工歯根を顎の骨に埋め込むという工程が必要になるので、部分麻酔を使って手術を行います。 手術中は麻酔の作用で痛みを感じることはほとんどありませんが、手術後強い痛みや腫れ、内出血を伴うこともあります。 また手術である以上、失敗するリスクも考えらます。 神経が傷つき顎の骨の近くに麻痺が残る、大きな血管を傷つけることで大量の出血が伴ってしまうなどの可能性はゼロではありません。 1-2 まれに体質に合わない場合がある インプラント手術は顎の骨の中に人工歯根を埋め込んでから、しばらく経過観察します。 時間の経過とともに骨とインプラントが癒合することで土台が定着します。 しかし人によって稀ではありますが、骨とインプラントの癒合が進まずにぐらぐら動いてしまうことがあります。 その場合にはインプラントが定着せず、別の対処法を検討する必要があります。 虫歯など問題のある歯を長時間放置していると、抜歯などの治療をしても周辺の骨が元の状態になかなか戻らず、このような人工歯根がぐらつくリスクが高まります。 1-3 骨が弱い方にはインプラントが出来ない事も インプラント治療は全ての人が行えるというわけではありません。 特に重度の糖尿病や骨粗しょう症の方は治療できない可能性があります。 骨が元々もろいためインプラントに骨が付かない、治療をしても手術をした箇所の治りが悪いといったことも起こりえます。 ただし糖尿病が薬などによってコントロールされている場合や、骨粗しょう症の薬の服用を中断しても十分な骨の硬さがある場合には、治療可能と判断されることもあります。 もしこのような疾患を抱えているのであれば、主治医と相談してインプラント治療が可能かどうか確認をしておきましょう。 1-4 子供や妊婦は治療できない インプラント治療は、小さな子供に対して行うことができません。 特に成長期前後の子供は、顎の骨の厚みや形状がどんどん変化していく可能性が高いためです。 顎の骨の変化が進むことで、正常な歯からインプラントがずれる、他のインプラントがあたるといった問題が起こることが考えられます。 18~20歳前後になると骨の成長が止まるため、そこからインプラント治療を受けましょう。 同じく、妊婦もインプラント治療は受けることができません。 インプラント手術を受けた後には抗生物質や痛み止めの薬を服用しなければならず、これらの薬がお腹の中の赤ちゃんに影響を与える可能性があるためです。 出産、卒乳するころまではインプラント治療は控えるべきでしょう。 費用や期間のデメリット 2-1 保険適応外なので費用が高い インプラントは入れ歯やブリッジと違って、保険が適用されません。 どの歯科医院で治療を受けても自由診療となり、治療費は全額自己負担になります。 そのためインプラントの治療は高額な費用が掛かる事は覚悟しておかなければなりません。 クリニックによって治療費に違いがありますが、相場は30~50万円です。 費用をどのようにするかをあらかじめ考えておく必要があります。 2-2 医院によって費用が異なる 先ほども紹介したように、インプラントは自由診療です。 保険診療の場合、厚生労働省の決めた報酬点数がありますので同じ治療であれば、どのクリニックで受けても治療費はほぼ同じです。 しかし自由診療の場合クリニックで価格設定ができることから、同じ治療方式でもインプラントの材質などによって費用が異なるケースや、大都市は費用が高くなることがあります。 ただし、あまり治療費のかからない病院で手術を受ける場合、執刀医に十分な経験がない、治療に必要な設備が整っていないなど、何らかの問題を抱えている可能性も少なからず考えられるため、注意が必要です。 2-3 治療期間が長くかかる インプラント治療では人工歯根を埋め込みますが、それが顎の骨の中で結合しないと次のステップには進めません。 また顎の骨の厚みや形状に合わせて手術をする必要があります。 このため、CTスキャンなどを使い顎の骨の形状を確認することや、噛み合わせのチェックにも時間がかかります。 インプラントが骨に定着して、人工の歯を付ける段階に至るまでトータル3か月から10か月かかります。 もし少しでもインプラントの治療を早くしたい場合には、すぐに仮歯を入れて対応できるクリニックを探すと良いでしょう。 そうすれば、歯の欠けた状態ができるだけ短くなるからです。 治療後に気を付けたいこと 3-1 定期的なメンテナンスが必要 インプラントの手術が完了すれば、それで終わりというわけにはいきません。 インプラントを長い期間使い続けるためには、日ごろからのメンテナンスが必要です。 歯ブラシを使ったブラッシングはもちろんのこと、歯と歯の間、歯と歯茎の隙間に食べかすが入った場合には、歯間ブラシやデンタルフロスなども使い丁寧に口の中をきれいにしておくことが必要です。 しかし自分流の歯みがきだけでは十分ではないかもしれません。 そこで数か月に1度くらいのペースで、歯科クリニックを訪れて専門家による口腔内のメンテナンスをお願いしましょう。 手入れを怠ってしまうとインプラント歯周病にかかり、せっかく入れた人工歯根が取れてしまうこともありますので注意しましょう。 3-2 口臭が酷くなることもある インプラントの治療を行った後で、口臭がきつくなるというケースがあります。 インプラントを行った部分に何かしらのトラブルが発生している可能性があります。 例えばメンテナンスが不完全で食べかすなどの歯垢がつまっている、インプラントと人工の歯を連結する部分のネジが緩んだことで隙間ができ、そこに歯垢や雑菌が入り込んでいるケースなどです。 もし口臭を周囲から指摘されたのであれば、一度治療を行ったクリニックで、インプラント部分をチェックしてもらいましょう。 それでもインプラントが良いとされる理由は? 4-1 根元から失った歯を取り戻せる 交通事故などの衝撃で歯を失ってしまった人の中には、歯を根元からなくしてしまったという人もいるでしょう。 そのような人でも顎の骨に直接インプラントを埋め込むこの治療法であれば、見た目を自分の歯のように補うことも可能です。 その他目安として、1本から数本の歯を根元から失った場合はインプラントを検討するとよいでしょう。 4-2 インプラントなら歯の負担も少ない ブリッジを使った治療の場合に問題となるのは、失った歯の隣の歯にバネなどを使って補綴物を埋め込まないといけない点です。 このバネの形状に合わせて、たとえ健康で一切問題ない歯でも削る必要があります。 しかしインプラントは歯の抜けた箇所だけを削り埋め込むため、隣の健康な歯を一切傷つけることがありません。 4-3 見た目が良く、機能性も高い インプラントで使われる人工の歯は、自分の歯に近い見た目の素材を使っています。 このため、他の補綴物を使った時と比較すると自然な仕上がりになります。 また顎の骨をカバーした入れ歯だと硬い食べ物が噛み切れなくなることもありますが、インプラントは顎の骨に直接埋め込むので、噛む力が自分の歯と比較してもそれほど違いないのも魅力です。

次の

左6番、インプラントの二次オペ等について

インプラントオペ

インプラント治療は、歯を失った部分に(インプラント)を埋め入れる外科手術を伴います。 人工歯根を埋め入れるためには、インプラントを支えるために顎の骨の厚みが必要ですが、何らかの理由で治療をする部分の骨が痩せている(吸収している)ことがあります。 そのままの状態で治療を行うと、インプラントを支えきれないだけではなく、治療後の見た目や機能に問題が生じる場合もあります。 そのような際は、インプラントを埋め入れる前、もしくはインプラントを埋め入れると同時に、顎の骨を増やす手術を行います。 ここでは、顎の骨を増やす手術費用の相場についてご紹介します。 ここでの費用は目安として考え、詳しくは、担当医とよくご相談ください。 インプラントに精通したドクターにインタビュー! 治療の疑問やクリニックの診療体制など患者様の知りたい!に答えます。 治療を受けるまえに知っておきたい、インプラントの「リスクと安全性」について、大阪インプラントセンターの所長、岡田隆夫先生にお話を伺いました。 たった4本で、しかも即日で口元を若々しくさせる「All-on-4」。 その治療法やメリット・デメリットについて、詳しくお話を伺いました。 即時負荷インプラント治療で、その日の内に噛める喜びを。 多目的用途に使用できるオペ棟で、全身の健康に貢献致します。 ノウハウや技術を維持したまま法人展開を行い、充実した設備や技術力を法人全体で維持しています。 クオリティとホスピタリティを兼ね備えた治療をご紹介します。 これから歯科医院を探そうを思っている方、今通っている歯科医院でインプラント手術を受けるべきかお悩みの方に、手術の前に確認しておくポイントをお伝えいたします。

次の

インプラント手術後に気を付けたい生活の注意点は?

インプラントオペ

歯を失ってしまったときの治療法として、現在、インプラント治療が注目されています。 入れ歯やブリッジに比べて残っている歯への負担が少なく、自分の歯に近い感覚を取り戻せるのがこの治療法のメリットです。 一方、工程が複雑で数多くの用語が登場するので治療の流れがわかりづらく、不安を覚えるという方も多いようです。 ここでは、インプラント治療の代表的なオペ方法について解説することにしましょう。 インプラント治療とは 顎の多くのインプラント治療とは、失った歯の代わりに人工の歯を埋め込む治療法のことを指します。 あごの骨に金属でできた人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着するので、自分の歯のようにしっかり噛むことができる上、自然な見た目に仕上がるのがこの治療法の大きなメリットです。 実際の治療に使われる人工の歯を詳しく見てみると、3段構造になっています。 一番下が、あごの骨に接合させるインプラント体。 骨と接合しやすいチタンやチタン合金でできています。 その上につなぎ目となるアバットメントが連結し、さらにその上に、歯の部分に相当する人工歯がかぶせられています。 人工歯は、かぶせ物として他の治療でおなじみのセラミックや金属が良く使われています。 あごの骨にドリルで穴を開けてインプラント体を埋め込まなければいけないので、インプラント治療で良く聞く「二次オペ」という言葉からも想像される通り、オペ=手術が必要な治療法となっています。 インプラント治療の手術法は2種類 インプラント治療には、実は2通りあり、手術を1回で済ませる「1回法」と2回に分けて行う「2回法」に分類できます。 「二次オペ」という言葉は、この中の2回法を念頭において使われています。 まずは「二次オペ」を行う2回法の手術方法を見てみましょう。 結合までには2ヶ月~半年間かかります。 状態が安定するまで、仮歯をつけて過ごします。 このように、2回法ではインプラント体の埋入時とアバットメントの装着時の、合わせて2回の手術を行っています。 一方、1回法というのは、2回目の手術を行わずに済ませます。 インプラント体が骨と結合するまでに2ヶ月~半年間かかるのは2回法と同じですが、オペ直後から仮歯を装着できるのが1回法の特徴です。 どちらが自分に適した方法なのか、歯科医師と相談しましょう では、どちらの方法が良いのでしょうか。 両者の特徴を良く考えて選ぶ必要があります。 それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。 1回法は外科手術が1回で済むので、一般的に費用や治療期間、さらに身体への負担を抑えることができるというメリットがあります。 また、手術の当日から仮歯を装着できるので、生活への負担も軽減できます。 しかし、埋入から人工歯の装着までの数ヶ月間はアバットメントが露出しているため、感染症のリスクがやや高まります。 また、1回法でインプラント体を最適なポジションに埋入するには高度な技術が求められるため、難易度の高い方法だといえるでしょう。 一方の2回法は、1回法よりも費用、治療期間、さらに身体への負担が多めになってしまうのが一般的ですが、歯茎を縫合してインプラント体の結合を待つため、感染のリスクは1回法よりも抑えることができます。 また、あごの骨が薄くなってしまった人でも1回法より対応しやすく、比較的容易に行えるという利点があります。 お口や身体の状態、またはあごの骨の密度が低かったりして1回法は薦められないとドクターが判断した方には、2回法で処置を行っています。 ここまで触れてきたように、1回法と2回法にはそれぞれに特徴があり、メリット・デメリットがあるので、自分にはどちらがより適した方法なのか、歯科医師とよく相談する必要があります。 お口と身体の状態によってどちらの治療方法を選択することも可能な場合もあるので、担当の歯科医師に伝えてみるのがいいでしょう。 関連コンテンツ 格安インプラントを選ぶ前に。 知っておきたいインプラントの特徴とは 2017. 10 歯の根っこの「代替品」として求められることインプラントは「人工歯根」です。 通常歯医者さんで取り扱われる「人工歯」と違って、患者さまのあごの骨の中に埋め込み、体内にて長い年月を経過することを前提に考えられている治療法ですので、そこに使用されるインプラント体(フィクスチャー)には、以下のよう... php on line 125 カテゴリー•

次の