南海 トラフ 地震 いつ。 南海トラフ地震はいつで確率は?震源地や被害想定・予言・前兆を解説【2020最新版】

WEB特集 今、南海トラフで地震が起きたら…

南海 トラフ 地震 いつ

東海地震• 東南海地震• 南海地震 詳しくは、下の地図の〇で囲った部分を見てください。 この3つの震源を、過去の発生パターンによって2つに分けてみます。 同時発生か、連動発生か 記録に残る過去の南海トラフ巨大地震 1707年「」は、3つの震源が 同時発生した、記録に残るなかで最大級の被害になった南海トラフ地震です。 このように同時発生すれば、になってしまいます。 震源域は、静岡から四国西部までの非常に広い範囲です。 つぎの地震は 連動発生型の南海トラフ地震です。 30年間で交通事故で死亡する確率、約0. 2%だそうです。 天気予報、70%か80%で雨と言われたらどうですか? 「30年で70~80%なんて、そんなの発生するわけないよ」そんなセリフ、言えなくなりますよね。 ましてや、国の特別機関が責任もって発表している予測ですから。 つぎの文章は、 2013年の地震調査研究推進本部公表からの引用です。 次の地震が発生するまでの間隔については、 時間予測モデル(用語解説参照)が成立すると仮定し、室津港(高知県)の隆起量をもとに88. 2年と推定しました。 昭和東南海・南海地震の発生から既に約70年が経過しており、次の大地震の切迫性が高まっていると言えます。 大地震の発生確率については、震源域の多様性などの複雑な発生過程を説明するモデルは確立されていないため、従来の評価方法を踏襲して、計算を行いました。 この結果、 今後30年以内の地震発生確率は60~70%となりました。 (引用元:地震調査本部公表2013年7月) 30年以内に南海トラフ地震が発生する確率の推移 南海トラフ地震が 30年以内に発生する確率は、このように上昇してきました。 結局のところ、いつ南海トラフ地震が発生するの? 30年以内に〇〇%とか言われても、ピンとこないかと思います。 では具体的に いつ発生するの?ってことです。 まずは、国の地震予想の基となっている考えを紹介します。 土地の沈降と隆起から発生確率を出していた 陸地側プレートは、海側プレートに絶えず引きづりこまれています。 その結果、太平洋側の海岸付近の土地は、ふだんゆっくり沈降しています。 陸地側プレートが耐えきれなくなると南海トラフ地震が発生し、土地はいっきに跳ねあがり隆起します。 土地の沈降と隆起、これが南海トラフ地震の発生原理で、この原理を使って発生確率を出しています。 時間予測モデルで地震がいつ発生するか予想 土地の隆起(跳ね上がり)で陸地プレートは ひずみが解消されます。 隆起の大きさは、そのまま地震の規模をあらわします。 前回の地震による隆起量と、次回の地震発生までの間隔は比例する! こう予測したものです。 一定量のひずみが溜まると、地震が発生する 前回の地震による ひずみの解消量が小さい(地震の規模が小さい)と、すぐに一定量のひずみに到達するので、次回の地震発生までの間隔は短くなります。 「高知、室津港の隆起量」と「南海トラフ地震の発生間隔」の関係グラフです。 出典: 昭和地震での土地の隆起量から、次回の発生時期がグラフより分かります。 これが時間予測モデルです。 〇〇%の確率の根拠 先ほどのグラフから、 安政地震での隆起量と 昭和地震での隆起量がほぼ同じなのが分かります。 安政地震から昭和地震の潜伏期間は、約90年でした。 1946年12月21日に昭和南海地震が発生。 そして、2020年1月で74年が経過しています。 時間予測モデルによると、 前回の昭和地震より 88. 2年後に発生すると予測されます。 西暦2034年 あと14年後。 まだまだ先と見るか、もうすぐと見るか・・・ この予測により、30年以内に「〇〇%」の確率になります。 まとめ/南海トラフ巨大地震がいつ発生しても大丈夫な準備を 南海トラフ巨大地震がいつ発生するのか、国の発表している予想をまとめてお伝えしました。 しかし、地震予測で完全なものはありません。 時間予測モデルの問題点 現在の地震予測の主流は、時間予測モデルですが、このモデルにも問題があると指摘されています。 近年はGPSで精密な隆起量などのデータをとっているが、過去の隆起量のデータは人の測定によるもの。 そのため、データそのものの正確性が疑われる。 わずか2点のみの比例データで、比例関係があるとは言いきれない。 ふつう比例関係があるとは、何件もサンプルがあって言えること。 何にせよ 地震予測は非常に難しいのが現状です。 正確なデータが少ない現段階では、どんな予測も信憑性は低いのかもしれませんね… 「これが正解!」と、一つの見解を妄信するのは危険です。 予測では2034年ですが、ひょっとしたら今後1年以内に発生してもおかしくないですよね。 12月に発生していた南海トラフ地震 過去の南海トラフ地震のデータを見ると、12月などの寒い時期に発生していたことが分かります。 慶長 けいちょう地震 1605年2月3日• 宝永 ほうえい地震 1707年10月28日• 安政東海地震 あんせい なんかいじしん 1854年12月23日• 安政 あんせい南海地震 1854年12月24日• 昭和東南海地震 1944年12月7日• 昭和南海地震 1946年12月21日 気温が巨大地震に影響するとも思えませんが、寒い時期に発生していたことを考えると、 防寒対策もしっかりしなくてはいけませんね。 結局のところ何を信じて行動するかは、 この記事を読んてくれたあなたの判断に任せるしかありません。 家族や大切な人を守るために、家庭でできる対策を考えておくことを考えてみませんか。 そのほか、南海トラフ地震が発生する前後の行動について紹介しています。

次の

【2020最新】南海トラフ地震はいつ起こる?前兆・確率は80%?

南海 トラフ 地震 いつ

【2020年】南海トラフ地震は発生するのか? まず、2018~2020年に起こると予想しているのが「世間者」と呼ばれている 松原照子さんです。 幼少のころから様々な予想&予言を行ってきた人物で「東日本大震災」を的中させたことでも有名です。 この方は近年、南海トラフ地震と「富士山の噴火」「関東の大規模地震」が、同じタイミングでやってくると予言しています。 また、2015年のブログに書いた予言では、富士山の噴火と「312」という数字が関連して見えると書いています。 これは、最後に富士山が噴火した1707年の宝永の大噴火から「312年前後」という意味ではないか?と考えられており、これに当てはめると「2020年」に富士山が噴火することになります。 大規模な地震と火山活動は、密接な関係があるとされており、この年に南海トラフ地震が起こるのではないかと言われているのです。 さらに、著書の「松原照子の大世見」では2020年の「東京オリンピック」の開催が危ぶまれると書いています。 理由は「自然災害のため」となっているので、ここにも関係している可能性があります。 南海トラフ地震に関する予想&予言 松原照子さん以外にも、南海トラフに関しては様々な予言がなされています。 信憑性はさて置き、それらを紹介していきたいと思います。 琉球大学名誉教授の予想 地震や噴火を予想してきた 木村政昭さんが、「2009~2020年」の間に富士山の噴火が起こると予測しています。 地震と火山の噴火活動には、密接な関係があるとされています。 これは、古くは平安時代から記録が残されており、火山が噴火した数か月後~数年後に「大地震」が起こるというのは、幾度となく起こっていることなのです。 そうすると、「2020年」に富士山の噴火が起これば「大地震」の可能性があるということになります。 アメリカ地球物理学連合 AGU の予想 アメリカ地球物理学連合 AGU の「AGU Publications」で、2017年8月に「2018年は、世界各地で地震が発生する確率が高まっている」と公表しました。 地理科学者達の研究とデータから、地球の自転速度の低下と地震の発生頻度は関連があるということです。 研究によれば、地球の自転は25~30年の周期で起きており、自転の速度が徐々に遅くなって行く期間は「5年程」であるということです。 そして、世界各地で「マグニチュード7以上」の大地震が多発する年は、地球の自転速度の低下が終わる年と重なっているというのです。 地理科学者達の研究によると、地球は現在自転の速度が1日に数ミリ秒分あたり低下しており、2018年は減速が始まってから「5年目」になります。 つまり、2018年以降は「南海トラフ地震」のような、大規模な地震が起こりやすい状況にあるというのです。 超能力者の娘が叫ぶ! 富士山の近くに住んでいる超能力者の娘が、「富士山の噴火が間に合わない!」と叫んだというもの。 この子は非常に霊感が強い子であり、信憑性が高いと思われています。 2歳児が突然言葉を発言! 2歳になる女の子が「富士山から花火があがる... 」「南のプレート... 」という言葉を話したというものです。 2歳児があまり使う単語ではないために、「地震の予知」だと言われています。 原発事故の預言者 東日本大震災の原発事故を予言していた人が、「富士山が噴煙」を上げているのを感じ取ったと発言しています。 当人は、2年前から「予知夢」を見るので、2018年の2年後の「2020年」に南海トラフ地震と富士山の噴火が起こると予言しています。 神から啓示を受けることができる医師 全国の神社を巡礼することで、神から啓示を受けるようになったという、沖縄の医師である 長田明子さん。 2006年に富士宮の浅間大社で、パキスタンで地震が起こるという啓示を受けると、2年後の「2008年」にパキスタンで大規模な地震が起きています。 また、2006年鳥取の宇部神社では「宮城県太平洋側で地震と津波の備えが必要だ!」という啓示を受けると、2011年に東日本大震災が起きています。 そして、2006年埼玉の氷川神社でスサノオ神から「東京の大地震と富士山の噴火が連続して起こる... 」という啓示を受けたとされています。 実はこれが、南海トラフ地震のことではないかと言われています。 聖徳太子の予言 日本史の授業で一度は耳にする聖徳太子ですが、実は様々な予言をされてます。 その中で「世界の終焉」というものがあり、これが南海トラフ地震に関する予言だと言われています。 「1868年に都が東京に移されて200年が経過した2068年頃、クハンダがくるだろう」 「それは大変に恐ろしいものだ。 東の都は親と子の必然の別れのように引き裂かれるだろう」 クハンダとは、「来世に現れる鬼」という意味です。 つまり、壊滅的な 地震or隕石or戦争 が東京を襲うということを意味しています。 未来人その1 2043年生まれだというタイムトラベラーである マイケル・フィリップさんは、何度も過去へのタイムトリップをしているということです。 彼は、2024年8月に「南海トラフ地震が起こる」と予言しています。 未来人その2 2855年からタイムトリップをして来たという未来人は結論から言うと、「2855年になっても南海トラフ地震は起こっていない」と発言しています。 既に予想が外れた南海トラフ地震の予想&予言 上記のように、南海トラフ地震に関しての様々な予言がなされています。 しかし、実は既に「予言」が外れているというものもあります。 そのため、予言はあくまで参考までに考えていた方が良いでしょう。 ロシア研究チームの予言 世の中の超常現象を研究しているロシアの研究チームは、宇宙からの情報を受け取ることが出来るとしています。 彼らは「2018年4月に南海トラフ地震が起こる」と予言していました。 しかし、これはすでに外れています。 予知夢能力者ジュセリーノの予言 予知夢の的中率90%を超えると、自ら公言している能力者です。 彼は、8歳のころに「予知能力」に目覚めました。 夢の中に「助言者」という存在が現れ、未来のことについて教えてくれるということです。 彼は予言した内容を友人や関係者に「手紙」で送って知らせるのですが、事象が起こる前に手紙を送っていたことを証明するために、そのコピーを「登記登録」して記録に残しています。 その彼が「2018年6月21日に日本の東海地方で、M10. 6の巨大地震が発生する」と予言しました。 しかし、これに関しても外れています。 アカシックレコードを見ることができる男 アカシックレコード 記憶の殿堂 とは過去から未来にかけて、世界中のすべての「事柄」が記されているとされています。 ゲリー・ボーネルさんは、そのアカシックレコードを見ることが出来るとされており、2015~2018年の間に南海トラフ地震が起こると予言されています。 「激しい揺れが日本全体を襲い、その一週間後に首都直下型地震が発生する」 「日本は、大打撃を受けるだろう」 と予言していましたが、これも2020年となり予言が外れています。 超能力者元FBIジョセフ・マクモニーグルの予言 漫才師のコンビである「麒麟」の田村裕さんの行方不明になっていた父親を、超能力を使って発見したということで有名な人です。 彼は、以前にも「スカイツリーが自然災害によって、2年ほど完成が遅れる」と予言していました。 実際に、スカイツリーは東日本大震災のために約2年完成が遅れました。 その彼が「2018年に東京都の西40㎞で震度6弱の巨大地震が発生して、その年の秋に10. 5mの津波が来る」と予言しています。 しかし、これも2020年となり予言が外れています。 未来人その3 2062年からきた未来人は、2010年ごろからネットの「2ちゃんねる」に登場してきた人物です。 「東日本大震災」や「熊本地震」などを予言し、2016年には南海トラフ地震の予知らしい書き込みをしています。 【暗号を解読すると... しかし、これも2020年となり予言が外れています。 未来人その4 2047年からきた男で、彼は2047年の時点で70歳でしたが、2014年にタイムスリップしてきた時に、その分だけ若返ったというのです。 この人は、「2018年12月9日の日曜日」に南海トラフ地震が起こると予言しており「7日に前震」があり「9日に本震」が来るとしています。 しかし、これも2020年となり予言が外れています。 過去の南海トラフ地震は全て8月~2月の間に発生している? 今までに、南海トラフ地震として数えられている地震は13回あります。 最も最近のものは、「1944年の東南海地震」と「1946年の南海地震」です。 こういった過去の南海トラフ地震を調べていくと分かるのが、13回全てが 8月~2月の間に起こっているということです。 とくに、12月には5回起きています。 つまり、「3月~7月」の間には 1度も起きていないということになります。 これは、統計学上の計算ではわずか「2%」という確率です。 では、何か地質学的な理由があるのでしょうか。 まず、地震が起こる原因となっている「大陸プレート」や「地震断層」は、深さが3000m以上という深海にあります。 気圧に関しては、冬場は夏よりも「10hPa」ほど高いので、それが関係しているのでは?と考えられています。 ただ、どのように関係しているかまでは解明されていません。 しかし、解明はされていないものの今までの結果を見る限りは「12月」は、かなり大規模な地震が起こる可能性が高く「3月~7」までは安全だということになります。 そのため、12月には特に注意して備えをしておいた方が良いかもしれません。 最後に 南海トラフ地震については、世界中の人々が様々な『予言・予想・予測』をしています。 それらのなかには、科学的な根拠から信憑性の高いものから、予知夢や未来からきた人の予言というものまであり、どれが正しいのかハッキリは分かりません。 しかし、普段から地震の備えをしておくのが正しいことは間違いがありません。 それを促すための「予言」であると思っておきましょう。

次の

南海トラフ地震はいつくる?最新予言と被害想定を地図で確認!|Anogate

南海 トラフ 地震 いつ

いつ起きてもおかしくないと言われている 「南海トラフ巨大地震」。 あなたのお住いの地域は、 どのくらいの被害が想定されているのかなど 心の準備や心構えは大丈夫ですか? 「南海トラフ巨大地震」のような地震は、 台風のように予測ができません。 そのため、とても怖い自然災害の1つです。 しかし、この 巨大地震を予知している ミシェルさんという方が 日本に在住しています。 そこで、今回は、ミシェルさんが予知する 「南海トラフ巨大地震」について 詳しく紹介していきます。 地震の予想日や安全と言われている 地域について紹介していきますので、 ぜひ、参考にしてくださいね。 少しでも恐怖の地震から逃れられるように、 被害を最小限にとどめられるように できる限りの努力はしたいものです。 この記事を読んで、 心の準備だけでもしておくとよいですよ。 南海トラフの予想日はいったい…いつ?! 南海トラフ巨大地震は、 気象庁によると 「いつ起きてもおかしくない地震」と 言われています。 最近でも、震度3程度の地震が 各地で起きていますが、今日、明日…と、 いつ巨大地震が起こっても 不思議ではない時期にさしかかっているのです。 政府の地震調査機関や地震専門家の間では、 「2029年すぎに巨大地震が 起こる可能性が大きい」と言います。 これは、今までの地震サイクルに 基づいた考えであり、過去の地震からの 地層のずれを考えると 2029年以降が とても危険だというのです。 そして、予知能力のあるミシェルさんも、 2019年12月1日、16:28のブログで こんなことを書いています。 【大きめの注意】 「はっきり言えないけれど、 海外でM7以上の体感がある。 さらに、異様に眠くなり、 自宅で仕事を中断して横になった。 ただし、国内の可能性もある。 」 これは大変なことです。 台風などの自然災害が来るときも、 ミシェルさんは、耳鳴りがひどくなったり、 横にならないといけないほど 体調が悪くなったりしまた。 そんなシェルさんの体に今、 異変が起きているのです…。 この記事が更新されてから すでに2か月が過ぎています。 現在のミシェルさんの様子は どうなのでしょうか…。 12月のような体の不調が 続いているのでしょうか。 心配です。 いつ起きてもおかしくないと 言われ続けている「南海トラフ巨大地震」は、 もうすぐ私たちを 恐怖のどん底に陥れることでしょう。 スポンサードリンク 南海トラフ巨大地震がきても安全な県や地域などない? どっち? 安全な地域や県はありますよ。 南海トラフ巨大地震の予想震源域は、 四国地方、和歌山県、三重県、 愛知県、静岡県の広範囲にわたります。 これらの地域では、 予想最大震度7以上、 予想される津波の高さが30m超です。 家屋が全壊したり、記憶に新しい 東日本大震災のように大津波に 襲われたりするのが目に見えています。 しかし、 予想震源域から遠ければ 遠いほど安全だと言えます。 例えば、 北海道、東北地方、北陸地方、 中国地方、九州地方などが安全ですよね。 ただ、南海トラフ巨大地震の影響で 広範囲にわたって津波の被害が 出る恐れがあります。 海沿いの家の方は十分に 津波にご注意くださいね。 また、予想震源域に経済の中心地が 集中しているので、経済混乱を 招く恐れを秘めています。 南海トラフ巨大地震が起これば、 どれだけ震源域から離れていようとも 何かしらの被害が出ることは 覚悟をしておいてください。 さらに、 南海トラフ巨大地震が起こるときは、 大きな地震が連なって 頻発するとも言われています。 特に、 巨大地震の約32時間後から 約2年間の間に同じくらいの 大きな地震が起きる可能性が 高いと言われているため、 最大限の注意が必要です。 今住んでいる地域の予想被害情報を 見ながら、準備すべきことを家族や 大切な人と考えることも 大事になってきますね。 気になる方はチェックしてみて下さいね。 いつ起こってもおかしくない 南海トラフ巨大地震に備えていきましょう。 まとめ 今回は、予知能力のある ミシェルさんが予知する 「南海トラフ巨大地震」について 詳しくご紹介しました。 また、地震の予想日や安全と 言われている地域についても紹介しました。 ミシェルさんによれば、 近い将来、 海外または日本で震度7以上の 地震が起こる可能性が高いと言います。 これは、気象庁や政府の地震調査機関や 地震専門家の方たちも同じ意見です。 安全だと言われる地域は、震源域から 遠く離れた地域になりますが、 どこの地域にいても何かしらの 被害があるほど大きな地震になることは 間違いありません。 南海トラフ巨大地震が起これば、 日本の約半分の地域が被害を受け、 経済的にも大打撃を受けることになります。 まずは、予知や予測された 南海トラフ巨大地震のことを知って、 地震に対する準備や 心構えをしておきましょう。 準備や心構えがあれば、 家族や大切な人とともに被害を最小限に 抑えることもできるでしょう。 そして、予知能力のあるミシェルさんの ブログから、今後も目が離せませんね。 ぜひ、気になる方は、ミシェルさんの ブログをのぞいてみてください。

次の