コクリコ 坂 から 歌詞。 さよならの夏~コクリコ坂から~/手嶌 葵の歌詞

さよならの夏~コクリコ坂から~/手嶌 葵の歌詞

コクリコ 坂 から 歌詞

タイトル、あるいは物語に登場する「コクリコ坂」や「コクリコ荘」の「コクリコ」はフランス語で「ヒナゲシ」を意味している。 ヒナゲシは「グビジンソウ」とも呼ばれ、花言葉は「恋の予感」や「思いやり」「忍耐」「妄想」などがある。 映画版の物語の舞台は1963年の横浜となっているが、コクリコ坂という坂についてはあくまでもイメージであり特定のモデルはない、と宮崎吾朗監督がインタビューで語っている。 映画の封切りに併せて発売された『コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~』には「旧谷戸坂」という坂がモデルではないかと紹介されているようだが、劇中の坂とは似ても似つかないという。 ただしこれはあくまで映画版の話。 原作となっている漫画版は横浜ではなく東京が舞台となっており、文京区にある「音羽の坂」という坂がコクリコ坂のモデルになっているのだそうな。 そしてこの音羽の坂にあったレストラン「コクリコ」というのがタイトルの由来となっているという。 原作の連載時にはよくこのレストランで出版や編集の打ち合わせを行ったそうである。 现在翻译软件比较强大,我就不再转述了。 简而言之,就是沿用原作的题目,但原作和动画的舞台发生地不一样,使得这个标题没有具体所指。 但按照这里介绍的花语「恋の予感」や「思いやり」「忍耐」「妄想」,倒是符合人物心理的。

次の

动漫的名字是啥意思啊 (讨论:コクリコ坂から)

コクリコ 坂 から 歌詞

「コクリコ坂から」を観にいって見事にハマってしまいました。 挿入歌のひとつに「紺色のうねりが」があります。 曲は、校歌とか寮歌みたいな感じの古い合唱曲の雰囲気です。 紺色のうねりが 飲みつくす日が来ても 水平線に 君はぼっするなかれ 我らは 山岳の峰々となり 未来から吹く 風に頭をあげよ 紺色のうねりが 飲みつくす日が来ても 水平線に 君はぼっするなかれ という歌詞です。 映画は1963年の設定ですが、この歌詞は地震や津波を連想させます。 紺色のうねり。 テレビで何度も見たのはたしかに紺色にも見えなくはないです。 「君は没するなかれ」「我らは山岳の峰々となり」というのは祈りみたいに聞こえます。 映画を見ながら、すごい曲だなと思いました。 収録は、2011年の3月11日よりも前に行われたという話もありますが、ちゃんとした出典は見つけられませんでした。 もし、津波の前に書かれたとしたら、「紺色のうねりが飲み尽くす」という歌詞が書かれたのは偶然でしょうか。 どうしてその言葉をこの映画に入れたのでしょうか。 映画の流れの中に、海は出てきたとしても紺色のうねりは関係のないものだと思います。 この曲が3月11日よりも前に書かれ、収録が行われて、地震の後に映画が公開されたのは偶然なのでしょうか。 上掲の一番の部分は、宮崎駿だそうです。 原案となった宮沢賢治の詩は、「生徒諸君に寄せる」という題名のもので、母校の冊子への寄稿文として書かれたもの(未完、未掲載。 )だそうです。 (ところで宮沢賢治の出生年は、1896年で明治三陸地震 の年、没年は1933年で昭和三陸地震 の年です。 ) 朝日評論 以下は、『生徒諸君に寄せる』の一部です。 諸君よ 紺いろの地平線が膨らみ高まるときに 諸君はその中に没することを欲するか じつに諸君は此の地平線に於ける あらゆる形の山嶽でなければならぬ この、元の詩を見てすごく不思議なのは、この詩の中には海や波の表象が無いことです。 「紺いろの地平線が膨らみ高まる」なのです。 膨らんだ地面というイメージを受けて、その中に没するのか、あるいは山嶽として存在するのか、ということですよね。 海のイメージはないです。 「膨らみ高まる」は地震みたいなものにも読めない感じがします。 もっと比喩的な何かで、埋没せずに山のようにいなさいと「生徒諸君」に伝えようとしているように読めます。 一方の宮崎駿による歌詞の方では、「飲み尽くす」とか「水平線に没するなかれ」とかになっています。 不思議ですね。 立教新座高等学校の校長先生のメッセージ さて、全く関係ないですが、立教新座高等学校の校長先生の「」という文章を思い出しました。 こちらも以前話題になっていましたが、ぜひ。 DVDもあります。 NHKが作ったものです。 Blu-rayとDVDがあります。 レンタルも始まっているようです。

次の

さよならの夏 ~コクリコ坂から~ 歌詞 手嶌葵( Aoi Teshima ) ※ www.frontpage-templates.org

コクリコ 坂 から 歌詞

タイトル、あるいは物語に登場する「コクリコ坂」や「コクリコ荘」の「コクリコ」はフランス語で「ヒナゲシ」を意味している。 ヒナゲシは「グビジンソウ」とも呼ばれ、花言葉は「恋の予感」や「思いやり」「忍耐」「妄想」などがある。 映画版の物語の舞台は1963年の横浜となっているが、コクリコ坂という坂についてはあくまでもイメージであり特定のモデルはない、と宮崎吾朗監督がインタビューで語っている。 映画の封切りに併せて発売された『コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~』には「旧谷戸坂」という坂がモデルではないかと紹介されているようだが、劇中の坂とは似ても似つかないという。 ただしこれはあくまで映画版の話。 原作となっている漫画版は横浜ではなく東京が舞台となっており、文京区にある「音羽の坂」という坂がコクリコ坂のモデルになっているのだそうな。 そしてこの音羽の坂にあったレストラン「コクリコ」というのがタイトルの由来となっているという。 原作の連載時にはよくこのレストランで出版や編集の打ち合わせを行ったそうである。 现在翻译软件比较强大,我就不再转述了。 简而言之,就是沿用原作的题目,但原作和动画的舞台发生地不一样,使得这个标题没有具体所指。 但按照这里介绍的花语「恋の予感」や「思いやり」「忍耐」「妄想」,倒是符合人物心理的。

次の