川崎 フロンターレ 選手。 2020シーズン 選手・スタッフ

川崎フロンターレの選手一覧

川崎 フロンターレ 選手

国内リーグ戦に限る。 2016年1月8日現在。 ( ) 森 勇介(もり ゆうすけ、 - )は、(現:)出身の元。 来歴 [ ] 中学時代はジュニアユースチームに所属。 時代はと同級生で同卒業後にヴェルディ川崎(現・)へ入団。 、当時J2のへ移籍し、右サイドバックのレギュラーとしてチームのJ1昇格に貢献。 だが、警告・退場が多いためのシーズン途中でと入れ替わるかたちで選手登録を抹消され事実上の解雇となった。 その後、を経てにに移籍。 同年の戦ではベンチから審判に向かって暴言を吐いたとして、試合に出場していなかったが退場処分となった。 の戦で、途中交代の際にピッチ際の給水ボトルを蹴飛ばし、2度目の警告を受けて退場となった。 翌日には頭をにして反省の弁を述べたものの、川崎はこの問題に対し、直後の試合である・戦のメンバーから外した。 の戦において、左肘での顔面を打った行為とレッドカードを受けた後の態度・振る舞いが「暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」であるとして2試合の出場停止処分を受けた。 、とので前半にマッチアップしていたに対して肘打ちをした映像がで取り上げられ、が苦言を呈した。 さらにの決勝でFC東京と対戦して敗れ準優勝に終わったが、その表彰式において川崎の一部選手が不適切な行動をとったことが問題となった。 その際にガムをかみながら表彰式に臨んだ森は特に問題視されたため、チームは1試合の出場停止処分を下した。 の戦では、ボールのないところでを蹴ったことが「乱暴な行為」、審判員の目の届かない場所で当該行為に及んだことが「その他、きわめてスポーツマンらしくない行為」に相当するとされ、2試合のを受けた。 準決勝1stレグの磐田戦では、試合開始早々に同じく朴にかなり悪質なタックルを仕掛け、朴はを骨折し負傷退場となった 12月7日、川崎の公式サイトにて来季の契約を更新しないことが発表された。 、古巣であるへ11年ぶりに復帰。 東京Vでは早速右サイドバックのレギュラーに定着した。 、キャプテンを務めていたが磐田に期限付き移籍した後はキャプテンの座を引き継いだ。 8月、へ。 、へ完全移籍。 の戦では倒れている相手選手に膝部分を押し付け、右足首付近を踏みつけた行為が「選手に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に相当すると判断されて退場処分となり 、史上初の・・全カテゴリーでの退場経験者となった。 さらに、10月4日の戦でも肘打ちを行って 退場処分となり、8日に残り全6試合の出場停止処分を科された。 これによって自身通算14度目の退場処分となり、Jリーグ最多記録を更新した。 シーズン終了後、SC相模原を退団。 2016年、に選手兼コーチとして加入。 2018年11月、沖縄SVから退団すると発表された。 2020年より、東京ヴェルディのジュニアユース部門でコーチを務める。 評価 [ ]• 2010年4月にはがコラムでに呼んでほしいプレイヤーとして挙げ「今の調子を見たらすごくいいのは、川崎の森」「暴走が心配なら呼んで話をすればいいんですよ」「何でアイツをから出しちゃったのか」と評した。 2010年限りで川崎での契約が非更新となった理由について、地元紙のは、森は守備面に課題があり、失点減を目指す来季構想にそぐわないため、と報じた。 2011年より東京Vに加入するにあたって、は東京V社長のが「君にフェアプレー賞を獲らせたい」と森を口説いたと報じた。 所属クラブ [ ] ユース経歴• 1987年 - 1992年• 1993年 - 1995年 ジュニアユース()• 1996年 - 1998年 プロ経歴• 1999年 - 2000年• 2001年 - 2002年9月• 2002年10月 - 2004年• 2005年 - 2010年• 2011年 - 2014年• 2014年8月 - 同年12月 ()• 2015年• 2016年 - 2018年 (コーチ兼任) 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 24 1 0 0 0 2 0 3 0 3 5 0 1 0 0 0 6 0 18 29 1 2 0 0 0 31 1 J1 11 0 4 0 - 15 0 15 1 0 - 0 0 1 0 29 11 0 4 1 0 0 15 1 J2 18 0 - 0 0 18 0 25 J1 3 0 1 0 3 0 7 0 19 28 0 7 0 2 0 37 0 30 1 5 0 4 2 39 3 17 3 4 0 2 0 23 3 30 0 4 0 1 0 35 0 25 2 4 0 3 0 32 2 東京V 18 J2 30 1 - 1 0 31 1 19 39 2 - 1 0 40 2 38 2 - 1 0 39 2 5 0 - 0 0 5 0 18 10 0 - - 10 0 19 20 0 - - 20 0 通算 日本 J1 162 6 34 1 17 2 213 9 日本 J2 169 6 2 0 3 0 174 6 日本 J3 20 0 - - 20 0 総通算 351 12 36 1 20 2 406 15 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 19 6 0 7 0 6 0 通算 AFC 19 0• Jリーグ初出場: - J1 2ndステージ第13節 戦• Jリーグ初得点: - J2第3節 戦• J1リーグ初得点: - J1第11節 ヴァンフォーレ甲府戦 代表歴 [ ]• 2007年 日本代表候補 指導歴 [ ]• 2020年 - 東京ヴェルディジュニアユースコーチ 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2013年12月22日閲覧。 2002年9月10日. の2002年9月20日時点におけるアーカイブ。 プレスリリース , , 2005年11月22日 , 2015年9月22日閲覧。 フロンターレ日記. 2013年12月22日閲覧。 2009-10. Report. プレスリリース , , 2009年7月15日 , 2015年9月22日閲覧。 プレスリリース , , 2010年6月2日 , 2013年12月22日閲覧。 プレスリリース , , 2010年6月2日 , 2013年12月22日閲覧。 2010-09. Report. プレスリリース , , 2010年10月1日 , 2015年10月12日閲覧。 プレスリリース , , 2010年12月7日 , 2016年2月27日閲覧。 プレスリリース , , 2010年12月14日 , 2013年12月22日閲覧。 2012年7月25日. 2013年12月22日閲覧。 プレスリリース , , 2014年8月13日 , 2015年9月22日閲覧。 プレスリリース , , 2015年1月12日 , 2016年10月15日閲覧。 プレスリリース , , 2015年6月16日 , 2015年10月12日閲覧。 2015年6月15日. 2015年10月9日. プレスリリース , , 2015年10月8日 , 2015年10月12日閲覧。 プレスリリース , , 2015年12月5日 , 2016年2月27日閲覧。 プレスリリース , , 2016年3月28日 , 2016年10月15日閲覧。 プレスリリース , , 2018年11月26日 , 2018年12月17日閲覧。 www. verdy. 2020年5月5日閲覧。 ラモス瑠偉のふざけないで真面目にやれ! 2010年4月13日. 2013年12月23日閲覧。 2010年12月7日. 2010年12月14日. 2013年12月22日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

川崎フロンターレのユニフォーム、圧倒的一番人気はだれ?人気ベスト3を発表!

川崎 フロンターレ 選手

RENTAL 期限付き移籍選手 川崎フロンターレから他クラブに期限付きで移籍中の選手• マギーニョ "MAGUINHO" Magno Jose da Silva 現所属• 馬渡 和彰 Mawatari Kazuaki 現所属• タビナス ジェファーソン "TABINAS JEFFERSON" Tabinas Jefferson David 現所属• 知念 慶 Chinen Kei 現所属• 鈴木 雄斗 Suzuki Yuto 現所属• ポープ ウィリアム Popp William 現所属• 遠野 大弥 Daiya Tono 現所属• カイオ セザール "CAIO CESAR" Caio Cesar da Silva Silveira 現所属• 宮城 天 Miyagi Ten 現所属.

次の

川崎フロンターレの選手一覧

川崎 フロンターレ 選手

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 国内リーグ戦に限る。 2019年12月13日現在。 2018年9月11日現在。 ( ) 小林 悠(こばやし ゆう、 - )は、出身の。 ・所属。 来歴 [ ] プロ入り前 [ ] 保育園にいた頃に兄の影響でサッカーを始める。 小学生時には関東選抜にも選出される。 しかし、中学生時は体が小さかったが故に目立った活躍を残せず、そして高校に進学する際に受験したU-18のセレクションに落選。 クラブチームへの入団を断念し、母親の母校でもあった(現麻布大学附属高等学校)に進学した。 高校に入学すると身長が伸び始め、スピードもついたために才能が開花。 3-5-2システムのトップ下、サイドハーフとしてプレーし2004年、2005年とに2年続けて出場を果たした。 高校卒業後は拓殖大学に進学。 ここで監督に得点感覚を見出され、FWにコンバートされた。 大学在学中の2008年7月15日にとしてに所属が決まると、ケガ人の多いチーム事情もあり、7月20日の戦でに抜擢され、Jリーグデビューを果たす。 大学4年になった2009年4月8日、大学卒業後の2010年シーズンから川崎フロンターレに入団することが発表された。 同期入団はら。 川崎フロンターレ [ ] 入団前の怪我でシーズン当初をリハビリに費やすが、2010年9月5日に行われた2回戦の戦で2得点を挙げ、公式戦初ゴールを記録。 2011年、シーズン開幕前に背番号を24から前年までが着用していた「11」に変更。 5月3日の第9節・戦で途中出場してリーグ戦初ゴールを挙げてチームの勝利に貢献すると一気にブレイク、年間12得点をマークした。 第9節磐田戦の決勝ゴール、第11節・戦の勝ち越しゴール、第17節・戦の決勝ゴール、第18節・戦の同点ゴール、第5節の戦(の被害による日程の順延)の追加点など、途中出場して試合の結果を左右する重要なゴールを、味方による供給からワンタッチで決めることが多かった。 2012年シーズン途中に就任した監督・のもと着実に力をつけ、2014年シーズンには再び二桁得点を挙げた。 2015年シーズンは怪我に苦しむが、2016年、とともに2トップの一角として得点を量産、7月30日、2ndステージ第6節の戦ではクラブ新記録となる6試合連続得点を挙げ 、8月6日に行われた2ndステージ第7節の甲府戦でも得点を挙げてJリーグ記録にあと1得点と迫ったが 、続く第8節のでは得点を挙げられず、連続得点は7でストップした。 11月26日、Jリーグの複数クラブからオファーを受けていたが、自身のブログで残留することが発表された。 2017年、前年までキャプテンを務めていたに代わってキャプテンに就任。 2月25日、との開幕戦では4年連続となる開幕戦ゴールを決めて勝利に貢献した。 5月30日、ACL決勝トーナメント1回戦の2回戦ではに1得点2アシストの活躍でベスト8進出に貢献した。 11月29日、第33節の戦では決勝ゴールを決め、首位・鹿島との勝ち点差を2にするとともに、得点ランキングトップの(C大阪)に2ゴール差に迫り、チームの逆転優勝と得点王に望みを繋いだ。 12月2日、最終節の大宮戦ではプロ入り後初のハットトリックを挙げてクラブ史上初のリーグ優勝に貢献したと共に、C大阪の最終節の戦で無得点に終わった杉本を追い抜き自身初の得点王に輝いた。 2019年7月14日、第19節の戦では史上14人目となるJ1通算100点目となるゴールを決めた。 10月26日、決勝の戦では2得点の活躍で同大会初優勝に貢献した。 日本代表 [ ] 2014年10月、日本代表に初招集され 、10月10日の・戦で日本代表デビューを果たした。 2016年3月17日、の代表発表で復帰。 6月3日、の戦で代表初先発を果たした。 2017年12月12日、の戦で代表初得点を決めた。 所属クラブ [ ] ユース経歴• 町田JFC sss• 町田JFCJrユース• 2003年 - 2005年• 2006年 - 2009年• 2008年 プロ経歴• 2010年 - 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 35 5 0 - - 5 0 24 6 0 0 0 2 2 8 2 11 32 12 4 2 3 2 39 14 26 6 6 2 3 2 35 10 23 5 8 2 2 0 33 7 30 12 2 0 2 0 34 12 18 5 1 0 2 0 21 5 32 15 2 0 3 1 37 16 34 23 5 0 2 0 41 23 27 15 0 0 1 0 28 15 31 13 4 2 1 1 36 16 通算 日本 J1 259 106 32 8 21 8 300 132 日本 J2 5 0 - - 5 0 総通算 264 106 32 8 21 8 305 132 その他の公式戦• 2018年• 1試合1得点• 2019年• FUJI XEROX SUPER CUP 1試合0得点 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 11 6 3 10 6 4 0 5 1 通算 AFC 25 10• Jリーグ初出場 J2第27節 戦• Jリーグ初得点 J1第9節 戦 タイトル [ ] クラブ [ ] 川崎フロンターレ• :2回(、)• :1回(2019年)• :1回() 個人 [ ]• :1回(2017年)• :2回(2016年、2017年)• ・得点王:1回(2017年)• :3回(2016年7月、2017年9月、2017年11月・12月)• Jリーグ・優秀選手賞:4回(2014年、2016年、2017年、2018年) 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• 2015年 -• 2016年 -• 2016年 -• 2016年 -• 2017年 - 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 14試合 2得点 2014年 - 年 出場 得点 2 0 6 0 3 2 3 0 通算 14 2 ゴール [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要 1. 2016年7月31日(閲覧2016年7月31日) [ ]• 2016年8月6日(閲覧2016年8月15日) [ ]• サッカーキング(2017年5月31日)2017年5月31日閲覧。 スポニチ(2017年11月29日)• スポニチ(2017年12月2日)• ゲキサカ 2017年12月5日. 2017年12月6日閲覧。 ゲキサカ 2017年12月5日• スポーツ報知(2019年7月15日)2019年7月15日閲覧。 Goal. com(2019年10月26日)2019年10月26日閲覧。 2014年10月1日• デイリースポーツ(2017年12月12日) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - による選手データ (日本語)• kobayashiyu11 -.

次の