関連 キーワード 取得 ツール。 「関連キーワード取得ツール」を使って簡単にキーワード選定する方法【SEO対策】|よながブログ

関連キーワード取得ツールの使い方|ネタ選定に使える無料ツール

関連 キーワード 取得 ツール

関連キーワード取得ツール(Google/Yahoo)を使って選定した関連ワードでコンテンツ作成(ブログ記事作成)すれば、 SEO効果を引き出すことができます。 もう少し言うと、検索されてる関連キーワードを選定して、そのキーワードに特化した良質なページを作ります。 そうしたページを増やして、専門知識を増やせば、サイトの専門性が確保されるので、結果的にGoogleに評価されやすくなるというわけです。 一方、関連キーワードで良質なページを増やさなければ、サイトの専門性含めた品質が確保できないので、その分SEO効果が見込めません。 こうした状況を回避するためにも、関連キーワード取得ツールを活用して、SEO対策を進めることがポイントとなります。 この点踏まえて、今回は、関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策をするためのポイントについて中心に、初心者にもわかりやすく論点をまとめて解説したいと思います。 関連記事• 関連キーワードを表示する仕組みについて 関連キーワードは、検索機能やツールによって表示する仕組みがそれぞれ異なります。 Google検索のオートコンプリート(サジェスト機能) Google検索のオートコンプリート(サジェスト機能)は、「入力した検索キーワード」「過去に行った関連する検索(ウェブとアプリのアクティビティ有効の場合)」「他のユーザーが検索しているキーワード(Googleトレンドの急上昇ワード検索を含む)」がベースとなってます。 こうしたキーワードや関連検索の頻度(人気度や類似性などの複数要因)に基づいたアルゴリズムによって、関連キーワード含む検索候補が自動生成されて、Google検索のオートコンプリート(サジェスト機能)に表示される仕組みです。 このように、例えば、 Googleの検索窓で「seo」と入力すると、「seo google」「seo ブログ」「seoとは わかりやすく」などの「seo」という語句を含む検索候補が表示されます。 ちなみに、このオートコンプリートには、に違反するような語句が含まれることがあります。 さらには、オートコンプリートにネガティブな関連キーワードが含まれるように、操作されることがあります。 (サジェスト汚染) これらの場合は、不適切な検索候補としてGoogleに報告したり、オートコンプリートに表示された関連キーワードを削除するように、Googleに申請依頼することが可能です。 付け加えると、オートコンプリートに検索候補が表示されない場合があります。 これは、「検索キーワードが一般的ではない」「検索キーワードが新しい」「不適切な検索候補、ポリシー違反」といったことが、主な原因となります。 関連記事• Google検索の関連する検索キーワード Google検索の関連する検索キーワードは、 先述したとほぼ同様の仕組みですが、少し違いがあります。 例えば、オートコンプリートの方は、基本的に、入力した検索キーワード含む検索候補(語句)を表示します。 一方、関連する検索キーワードは、入力した検索キーワードの同義語や類義語まで含めた検索候補を表示する仕組みです。 このように、例えば、 Googleの検索窓で「https seo」と入力すると、「https seo 効果」「https seolaboratory. jp 89274」「https seo 影響」などの「https seo」という語句を含む検索候補がオートコンプリートに表示されます。 そして、その検索結果の下部には、「https seo」に関連する検索キーワードがリンクで表示されます。 その関連する検索キーワードには、「ssl seo 下がる」「ssl 化 メリット seo」「ssl 検索順位 下がった」「https http 変換」といった「https seo」の同義語や類義語まで含めた検索候補が表示されます。 こうした関連する検索キーワードは、オートコンプリートに表示される検索候補と同様に、人気度や類似性などのアルゴリズム要因に基づいて都度変化します。 Yahoo! 検索のキーワード入力補助 Yahoo! 検索のキーワード入力補助は、 Yahoo検索の検索窓にキーワードを一部入力すると、そのキーワードの候補(関連検索ワード含む)が自動的に表示される仕組みです。 関連検索ワードの組み合わせや順番などは、Yahoo! 検索のキーワード入力補助機能の特有のアルゴリズムによって自動的に変化します。 もう少し言うと、Yahoo! 検索を利用するユーザーの動向(検索するタイミングや検索回数の変化)をもとにしたアルゴリズムによって、機械的に収集・処理されて、関連検索ワードの組み合わせや順番が自動的に変化する仕組みです。 このように、例えば、 Yahooの検索窓で「seo」と入力すると、「セオリー」「セオリーリュクス」「seo とは」などの「seo」や「seoを変換した日本語」で始まる検索キーワードの候補(関連検索ワード)が表示されます。 また、こうした関連検索ワードの候補には、不適切な用語や操作によって特定のキーワードが表示される場合があります。 この場合は、それらの用語やキーワードを非表示したり、なんらかの措置が実施される可能性があります。 ちなみに、Yahoo! 検索のキーワード入力補助は、Google検索の「オートコンプリート」と機能が似ています。 Yahoo! 検索の関連検索ワード Yahoo! 検索の関連検索ワードは、 先述した「キーワード入力補助」とほぼ同じ仕組みですが、再検索に特化した機能です。 例えば、キーワード補助入力は、検索窓に一部のキーワードを入力することで、そのキーワードの候補(関連キーワード含む)を検索窓に表示します。 一方、関連検索ワードは、検索窓に入力したキーワードに関連するワードを、検索結果の上部と下部にリンクで表示するので、再検索の補助に特化した仕組みというわけです。 このように、例えば、 Yahooの検索窓で「seo」と入力して検索すると、「seo とは」「seo チェキ」「seo tools」などの「seo」に関連する検索キーワードが検索結果の上部と下部にリンクで表示されます。 こうした関連する検索キーワードは、キーワード補助入力で表示される検索候補と同様に、Yahoo! 検索を利用するユーザーの動向をもとにしたアルゴリズム要因に基づいて都度変化します。 goodkeywordは、 Google. jp、Bing、Yahoo! JAPANで検索されてる関連キーワード、複合キーワード、サジェストキーワードを調査して表示するキーワードツールです。 また、このツールはすべて無料で使うことができるうえ、即座に関連キーワードが取得できます。 Ubersuggest Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は、 マーケティング戦略やコンテンツ作成に欠かせないキーワード候補を無料で提案するツールです。 もう少し言うと、Googleの検索窓に入力される単語やフレーズを基に、効果的で適切なキーワード候補(関連キーワードなど)を提供するツールです。 ちなみに、ツールは無料で使うことができます。 また、一部限定的な機能がありますが、Googleアカウントでログインすれば全ての機能が使えます。 キーワードプランナー キーワードプランナーは、 商品やサービスに関連するキーワード候補が取得できるGoogle広告のツールです。 このツールは、無料で利用できます。 (Googleアカウントでログインが必要) また、一部機能に制限があり、例えば、キーワードの検索ボリュームが「1万~10万」などの大雑把な数値でしか確認できません。 ですが、Google広告に入金することでより実数に近い検索ボリュームが確認できるようになります。 関連記事• Keyword Tool Keyword Toolは、 Googleサジェストから750以上(関連性100%)のロングテールキーワードを瞬時に手に入れたり、BingサジェストやYouTube、TwitterなどのSNS検索における関連キーワードまで取得して表示するキーワードツールです。 また、取得したキーワードごとの検索ボリュームやトレンド、CPC、競合性まで見れますが、限定的な機能です。 こうした機能まで使い込むための、有料プランも用意されてます。 グーグルサジェスト キーワード一括DLツール グーグルサジェストキーワード一括DLツールは、 グーグルのサジェスト機能を使用し、関連キーワードを取得して表示するツールです。 また、取得した関連キーワードは、CSVでキーワードリストにしてダウンロードすることができます。 ちなみに、ツールは無料で使えますが、他のツールと比べると、関連キーワードが取得できるまで少し時間がかかるケースがあります。 Kouho Kouho(候補. jp)は、 GoogleサジェストやBingサジェスト、Amazonサジェスト、楽天サジェスト、はてな連想語、Twitter共起語といったキーワード候補を取得して表示するツールです。 また、ツールは無料で利用できるうえ、即座にキーワード候補が取得できます。 関連キーワードを調べる方法について 関連キーワードを調べるには、 先述したようなを活用することになります。 では早速、にアクセス後、サイトのテーマを示すキーワードを入力して、「取得開始」をクリックします。 ここでは、例えば、当ブログ「SEOラボ」のテーマを示すキーワードが「seo対策」なので、「seo対策」と入力してみます。 すると、入力したキーワード「seo対策」を含んだ複合キーワードが一覧で抽出されるので、 関連キーワードを調べることができます。 なので、 このツールを使えば、誰でも簡単に関連キーワードを調べることができます。 関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するためのポイントについて 関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するには、 まず、関連キーワードを選定します。 そして、選定したキーワードにおけるユーザーの検索意図を考慮して、良質なページを作成します。 最後に、そうした良質なページを増やせば、より信頼できるサイトとなるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。 こうして、 サイトのテーマに関連するキーワードで良質なページを増やして、専門性を考慮したより信頼できるサイトにすることが、関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するためのポイントとなります。 関連キーワードを選定する 関連キーワードを選定するには、 ツールを活用します。 例えば、で、サイトのテーマを示すキーワードを入力して(当ブログ「SEOラボ」であれば、サイトのテーマを示すキーワードとして「seo」を入力して)検索します。 そうすれば、入力したキーワードを含んだ複合キーワード(入力したキーワードが「seo」なら、「seo 対策」「seo google」「seo ツール」など)が抽出されて表示されるので、そこから関連キーワードが選定できます。 結果的に、専門的なサイト設計ができて、専門性のあるサイト構築につながるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。 こうして、 関連キーワードをもとにサイト設計して、専門的なサイト構造につなげることが、関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するためのポイントとなります。 一方、 関連キーワードを選定しなければ、その分Googleに評価されません。 もう少し言うと、サイトのテーマと関連性の低いキーワードを選定すれば、専門的なサイト設計につながりません。 そうなれば、専門性のあるサイト構築につながらないので、その分SEO効果が見込めないというわけです。 ちなみに、関連キーワードの検索数(検索ボリューム)があれば、その分、評価されて上位化したときにより検索流入が見込めます。 例えば、aramakijakeを使って、選定したある関連キーワードの検索数を調べます。 そのある関連キーワードの月間検索数が「1000」であれば、ユーザーにある程度検索されてることになるので、上位化したときに少なからず検索流入が見込めるというわけです。 ですが、選定した関連キーワードの検索数が「0」と全くなければ、上位化しても検索流入がほぼ見込めません。 つまり、評価されても、検索流入が少ないので思ったようにサイト全体のアクセス数が増えないというわけです。 こうした状況を回避するためにも、出来るだけ検索数のある関連キーワードを選定することが、SEO対策を進めるうえで重要となります。 また、ドメインパワーが低いうちは、検索数があっても少なめ「10~100」「100~1000」の関連キーワードを優先的に選定するようにしましょう。 そうしたキーワードの競合性は基本的に低くなるので、上位表示も狙いやすくなります。 結果的に、少なからず検索流入を確実に積み上げることができるので、効率的かつ効果的なSEO対策に結び付きます。 (こうした対策をとくに、ロングテールSEOと呼びます。 ) 付け加えると、検索数のある関連キーワードは、「キーワードファインダー」「」「」といった専用ツールを使えば、一貫して確認することが出来ます。 関連キーワードで良質なページを増やすには、 まず、競合上位サイトの傾向を考慮します。 例えば、選定した関連キーワード(SEOキーワード)で検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を採用して、自身のWebページを作成します。 そうすれば、ユーザーの求める情報が盛り込まれたWebページに仕上がります。 このときに、自身のWebページのタイトル名に、必ずSEOキーワードを含めるようにしましょう。 こうした良質なWebページを、関連キーワードを元に作成して、そのWebページを増やせば、サイト内に専門知識を拡充することができます。 結果的に、サイトの専門性が高まるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。 こうして、 特定のテーマに関連するキーワードだけで良質なページを増やして、専門的なサイトにすることが、関連キーワード取得ツールを使ってSEO対策するためのポイントとなります。 付け加えると、情報の信憑性や独自性(オリジナリティ)を考慮することも、良質なページに仕上げるために重要です。 一方、良質なページが少なければ、その分Googleから評価されづらくなります。 もう少し言うと、サイト内に、ユーザーの検索意図を考慮した質の高いページよりも、ユーザーの検索意図を無視した質の低いページの方が割合的に多ければ、その分SEO効果が見込めません。 関連記事• まとめ 関連キーワード取得ツールを活用して、 SEO対策の効果を引き出しましょう。 そのためには、まず、サイトやカテゴリのテーマを明確にして、そのテーマを示すキーワードを1つ決めます。 そして、そのキーワードを元にツールを活用して、関連キーワードを選定します。 そうすれば、選定した関連キーワードをもとにページを増やすことができます。 ですが、ただ関連キーワードでページを増やしただけでは、Googleから最大限評価されません。 Googleから最大限評価されるためには、根本として、ユーザーの検索意図を考慮したページを作成する必要があります。 こうした良質なページを増やして、専門性や権威性(E-A-T)、クローラビリティ、ユーザビリティを織り交ぜた、より信頼できるサイトにすることが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

次の

【無料】関連キーワードを取得するツール3選

関連 キーワード 取得 ツール

よく使われるキーワードツール キーワードツールと言えば「キーワードプランナー」が有名で、 SEOやリスティングといったWebマーケティングの枠組みで利用できるものがとくに人気です。 キーワードプランナー以外にもよく使われるキーワードツールがあるので合わせてご紹介したいと思います。 キーワードプランナー キーワードプランナーは、 Webマーケティングにおけるキーワード選定で最も活用されるGoogleが無料提供するアドワーズのキーワードツールです。 Googleアカウントを取得することで無料から利用できるので、 SEOやPPC広告(アドワーズ・リスティング広告・ディスプレイ広告)のWebマーケティングでサイト集客のパフォーマンスを高める際にぜひ利用したいところです。 また、アドワーズ広告を出稿して数百円程度リスティング広告を運用することで、取得できるキーワードの検索数が実数で確認できるようになります。 (キーワードプランナーの有料版とも呼ばれる) 主な特徴• 商品やサービスを特定のキーワードに置き換えて、そのキーワードの関連語がわかる• 無料から利用できる(Googleアカウント作成必要)• キーワードプランナーでは取得できない何千ものキーワードを発見でき、SEOの著名人からも評価されてるので優れたツールと言えるでしょう。 無料から利用でき、高スペックの有料版も用意されてます。 有料版ではクリック単価もわかるので、SEOだけでなくリスティング込みでWebマーケティングを視野に入れてツールが活用できます。 主な特徴• Googleキーワードプランナーに現れない隠れたキーワードを見つけることができる• アカウントなしで無料から利用できる(Googleオートコンプリートから最大750のキーワードを瞬時に生成)• 有料版(Pro)では、クリック単価も確認できるのでリスティング運用を視野にWebマーケティングにも使える• 有料版(Pro)では、ExcelまたはCSVファイルでエクスポートできる キーワードファインダー キーワードファインダーは、 弊社ディーボが提供するSEOに役立つキーワード選定の支援を含むキーワードツールです。 登録したサイトにおける複数のキーワードが管理でき、新たなキーワード、お宝キーワード、キーワードマップなどからコンテンツを作る際に効果的な関連キーワードが自動で取得できます。 さらに、 それらのキーワードの順位やCPC(平均クリック単価)もわかので、Webマーケティングにおける運用にも向いてます。 無料デモ体験から利用できます。 主な特徴• コンテンツ作成に必要な関連キーワードが自動取得できる• キーワードの順位測定もできるので、SEO対策に活用できる• 想定流入キーワード(Googleアナリティクスでnot provited表示されるキーワード)がわかる• 自走取得されたキーワードがカテゴリ分類されてわかりやすい• スマホ・海外サイトに対応• 無料から利用でき、高スペックの有料版もある• CPC(平均クリック単価)がわかるのでリスティング広告(検索連動型広告)の運用にも対応 関連記事 その他のキーワードツール キーワードプランナー以外に使えるキーワードツールは、「検索数を調べる」「関連語や共起語、類語を探す」など キーワード調査の内容から用途別に選ぶことができます。 検索数(検索ボリューム)を調べる キーワードの検索数を調べることが出来るツールは、キーワードプランナー以外でいえば 基本的にaramakijakeが有名で1択でしょう。 aramakijake aramakijakeは、 キーワードの検索数を調べるうえで、キーワードプランナーと比較されるほど有名な弊社ディーボが提供するキーワードツールです。 基本的に アカウントなしで無料から使えるので、手間なく気軽に検索数を調べたい場合、aramakijakeをご利用ください。 また、aramakijakeの上位版のキーワードツールとして弊社から「」もご用意してます。 主な特徴• アカウント登録なしで無料で利用できる• 入力したキーワードの月間検索数がわかる(1位から50位までの詳細の検索数もわかる)• サイトに流入する月間検索アクセス予測数がわかる• 関連語も同時に取得できる 関連記事 関連語を探す 特にSEOのコンテンツ作りでは、関連語でページを作成することが大切となります。 なので、これから紹介するキーワードツールを使って 効率的に関連語を見つけて、コンテンツ対策に活かしましょう。 Googleサジェスト機能 Googleサジェスト機能は、 Googleの検索窓に入力して表示される複合キーワード(ロングテールキーワード)や検索結果下部に表示される「関連するキーワード」、「他の人はこちらも検索」といったGoogle検索独自のキーワードツールです。 Google検索を利用したユーザーのデータをもとに抽出されたキーワードを活用して、 検索クエリと関連性の高いコンテンツ作成に大いに役立てることが可能です。 このように、SEO対策を進めうえで欠かせないキーワードツールが「Googleサジェスト機能」となります。 主な特徴• なので、SEO対策におけるコンテンツ作成に大いに役立ちます。 キーワードの取得自体に時間がかからず、Yahoo! 知恵袋や教えて!GooなどのQAサイトからの関連語もわかるので 幅広くキーワードが網羅できるのも特徴的です。 無料で利用できるので気軽に活用できます。 主な特徴• 時間をかけずに関連語が取得できる• 通常の関連語(ロングテールキーワード)だけでなく、関連するQAサイトからの語句も抽出できる• 無料で利用できるので気軽に活用できる 関連記事 グーグルサジェスト キーワード一括DLツール グーグルサジェスト キーワード一括DLツールは、 特定のキーワードにおいて、他の同じようなツールよりも多くのロングテールキーワードを抽出して関連語が取得できるキーワードツールです。 無料から利用でき、取得した関連語の一部をCSVファイルでダウンロードできます。 また、有料会員登録することで、取得した関連語が全てCSVでダウンロードできるようになります。 主な特徴• 他の同じようなツールより多くの関連語(ロングテールキーワード)が抽出できる• 無料から利用でき一部の関連語がCSVでダウンロードできる(有料版ならすべての関連語がDLできる) KOUHO. jp KOUHO. jpは、 Twitter共起語やはてな連想語など他のツール少し異なった関連語も取得できるキーワードツールです。 なので、 新たな関連キーワードを盛り込んでより網羅性の高いコンテンツを作るのに役立ちます。 また、時間がかからずキーワードの抽出・取得ができ、無料なので気軽に活用することができます。 主な特徴• 他の同じようなツールより多くの関連語(ロングテールキーワード)が抽出できる• Twitter共起語などほかのツールとは異なった視点から関連語が抽出できる• 無料で利用でき、かつ素早いキーワードの抽出取得ができるので、気軽に活用できる キーワードアドバイスツール(Yahoo) キーワードアドバイスツールは、 Yahooのプロモーション広告を利用することで使える関連語が取得できるキーワードツールです。 なので、専用のビジネスアカウントを作成して、リスティング広告などを運用する必要があります。 キーワードだけでなくサイトURLからも関連語が抽出できるので、 独自で新たな関連キーワードが抽出できる可能性があります。 主な特徴• 他の同じようなツールとは異なった視点から新たな関連キーワードが抽出できる• Yahooプロモーション広告を利用したうえで活用できる(広告費を投入しなくても利用できるかも)• キーワードからだけでなく、ウェブサイトのURLから関連語が抽出できる OMUSUBI OMUSUBI(おむすび)は、 キーワードマップで視覚的にロングテールキーワードが把握でき、関連語が取得できるキーワードツールです。 無料から使えるので人気があるツールですが、データの取得精度が低く、動作が重い点が難です。 効率的にキーワード調査を進めたい方は、ちょっと歯痒いかもしれません。 主な特徴• 視覚的にロングテールキーワードが取得でき、重要な関連語がわかる• 無料から利用できるので、気軽に活用できる• なので、このような関連語が取得できるキーワードツールを活用することもバリエーションとして把握しておきましょう。 Weblio辞書 Weblioは、 特定のキーワードを入力して、その語句における類語が抽出でき、関連語が取得できるキーワードツールです。 「類語」の検索サイトにおいてもっとも有名であり、無料から利用できるので気軽に活用できます。 同じような文章のや語句の言い回しを避けたいときに類語を活用することで、 文章に幅を付けることができ、かつSEOにおいても重要な視点となります。 主な特徴• 特定の語句の類語がわかるので、関連語のバリエーションが増やせる• 無料で使えるので、気軽に利用できる• 類語だけでなく対義語(反対語)もわかるので、うまく使えば網羅性の高いコンテンツ作成に役立つ 連想類語辞典 連想類語辞典は、 特定のキーワードを入力して、その語句における連想される言葉が抽出でき、関連語が取得できるキーワードツールです。 連想される語句だけでなく、類語も抽出できるので、関連語を増やして単語数を増やしたり、 テキスト文章の内容に幅を利かせてSEOにおけるコンテンツ対策に役立てることができます。 無料で利用でき、かつ手軽に使えるので効率的な対策に活かせます。 主な特徴• 類語だけでなく、特定の語句から連想される言葉が抽出できるので、新たな関連語が見出せる• 無料で利用できるので、手軽に使える 共起語を探す 昨今、SEOにおいて共起語の重要性が高まってます。 なので、 競合上位サイトのページにメインキーワードと合わせて出現する語句(共起語)をコンテンツに含めて、検索ユーザーが求める情報を含んだページを作成しながら上位表示を目指す必要があります。 そこで、ここでは共起語が抽出できるキーワードツールを以下ご紹介したいと思います。 共起語分析ツール(ContentSearch) ContentSearchの共起語分析ツールは、 特定のキーワードにおける共起語が抽出でき、独自の採点システムから重要な関連語が取得できるキーワードツールです。 なので、必要な共起語をコンテンツに含めて、効率かつ効果的にリライト、新規ページ作成といったコンテンツ対策に活かすことができます。 また、ワーククラウド(タグクラウドのような機能)やソーシャルの反響、共起ネットと呼ばれるキーワードマップなど独自の機能も持ち合わせてるので、 他とは違った広い視点から関連語がわかります。 主な特徴• 独自の機能が満載で、あらゆる視点から共起語が抽出でき、関連語が取得できる• 採点システムによって必要な共起語が明確にわかる• 無料で利用でき、かつ手軽で高機能• 抽出した関連語がCSVファイルでダウンロードできる 共起語調査ツール(サクラサクラボ) サクラサクラボの共起語調査ツールは、 特定のキーワードにおける共起語が抽出でき、出現頻度(回数)に応じてランキング形式で関連語がわかるキーワードツールです。 なので、このツールで分かるランキング上位の共起語をコンテンツに含めることで、 検索クエリと関連性を高めることができ、ページの質向上につなげることが可能です。 また、利用には無料登録が必要となりますが、共起語のみならず他のSEOツールも同時に使えるので魅力的です。 主な特徴• 表示回数に応じたランキング形式で共起語が抽出でき、関連語が取得できる• より重要な共起語がわかるので、効果的なコンテンツ作成に活かせる• 無料登録が必要だが、他の高機能なSEOツール群も使える• 抽出した関連語がCSVファイルでダウンロードできる 関連記事 キーワードの難易度を調べる 選定したキーワードでSEO対策した場合、どの程度の上位表示が期待できるか?があらかじめ数値(難易度)でわかるキーワードツールがあります。 このような数値が把握できれば、前もってキーワードを再選定するなどして効率的にSEO対策を進めることができます。 SEO難易度チェックツール(rishirikonbu. jp) SEO難易度チェックツールは、 特定のキーワードにおいてSEO対策した場合、そのキーワードで上位表示できる可能性を難易度として数値で把握できるキーワードツールです。 弊社ディーボが提供する 独自の採点評価をベースとしたツールで、永らく多くの利用者に親しまれており、とくにSEOのキーワード選定において役立ちます。 無料で利用でき、動作も軽いので気軽に利用できます。 主な特徴• 「目的のキーワードで上位表示できるか?」の可能性(難易度)が数値で分かる• 難易度だけでなく、競合上位サイトのSEO状況も一部合わせてわかる• 動作が軽く、無料で利用できるので使いやすい 話題・急上昇ワード(トレンドワードの傾向)を調べる 季節性のあるキーワードや流行性のあるキーワードなどのトレンドワードは、一時的な需要(人気度)によってサイトのアクセス数の増減に大きく寄与します。 なので、 自分のサイトのトラフィックに大きな変化あった場合に、特定のキーワードにおける需要が確認できるキーワードツールを利用すると便利です。 また、トレンドワードでSEO対策したい場合に、専用のキーワードツールでわかる 話題・急上昇ワードを活用して、コンテンツ作成する方法があります。 このように使えるキーワードツールとして、 Googleトレンドがもっとも有名です。 Googleトレンド Googleトレンドは、 キーワードの人気度(需要)が推移グラフかつ数値で確認できるGoogleが無償提供する高機能なキーワードツールです。 このツールは、 検索トラフィックの大きな変化の原因調査や、話題のキーワードでコンテンツ作成するなど、SEO対策の過程においても役立ちます。 Googleアカウントを取得することで無料で利用できます。 主な特徴• キーワードの検索需要(人気度)がわかる• 遡って過去のから現在までの需要がグラフと数値で比較できる• 他のキーワードと比較してどのキーワードがより人気か(需要があるか)?が確認できる• 話題となってる旬のキーワードが日ごと、リアルタイムでわかる• SEO対策の過程においても活かせる• アカウント登録することで無料で使える 関連記事 キーワードツールの機能と料金を比較 本ページでこれまでに紹介したキーワードツールの機能と料金をそれぞれ比較して、一覧表にしました。 機能一覧 今回のページで紹介した各キーワードツールの機能を比較した一覧です。 料金一覧 今回のページで紹介した各キーワードツールの料金を比較した一覧です。 主にWebマーケティング用途は多機能となるため、機能制限して有料版を設けてるのが一般的です。 また、無料である程度使えるキーワードツールが多くあるので、 それらを駆使してSEOのコンテンツ対策のみを行うのも手段の1つと言えます。 このあたりをかんがみて、 効率かつ効果的にサイト集客したい場合は、有料版を検討するとよいでしょう。 まとめ キーワードツールは、主にリスティング含めたWebマーケティング、SEOのそれぞれの目的に合わせて活用することができます。 なので、 自分はどんな目的で利用したいか?を明確にしたうえで、今回紹介したようなキーワードツールを使うとよいでしょう。 また、キーワードツールの多くはSEOの用途となります。 なので、これらのツールをうまく活用してコンテンツの質を上げ、サイトの質を上げながらSEO対策を進めましょう。 SEO対策でWebページを上位化させ、検索流入によってサイト集客を安定させることがWebマーケティングの成功に近づくポイントと言えます。

次の

【SEO対策】関連キーワード取得ツールの特徴や効果的な使い方をわかりやすく解説!

関連 キーワード 取得 ツール

タグ All in One SEO Pack Autoptimize EWWW Image Optimizer Fetch as Google Googleアナリティクス https化 Lazy Loader Ninja Forms Optimize Database after Deleting Revisions Search Console SEO SEO対策 Table of Contents Plus Ubersuggest UpdraftPlus URL検査 WordPress WordPressのメリット WordPressの高速化 WordPress高速化 WP Fastest Cache おすすめ おすすめしない理由 お問い合わせフォーム なんか疲れた やりたいこと やる気を維持する アウトプット アクセスが増えない アクセスアップ アクセス解析 インストール ウーバーサジェスト エックスサーバー カテゴリーの決め方 カテゴリー分け キャッシュ削除 キーワード キーワードプランナー グローバルメニュー コンセプト コード圧縮 セルフイメージ テレワーク デメリット ドメイン ドメインパワー ナビゲーションメニュー ネタ探し方法 ノウハウコレクター バックアップ パーマリンク ビジネス フリー画像 ブラック企業 ブロガー ブログ ブログで収入を得る ブログのネタ切れ ブログのモチベーション ブログの更新頻度 ブログの継続 ブログの記事 ブログを始めるメリット ブログタイトルの決め方 ブログノウハウ ブログ作成 ブログ初心者 ブログ記事 ブログ記事の書き方 プラグイン ペルソナの設定方法 マインドセット メリット ライティング ライフスタイル リビジョン リード文 ロングテールSEO ロングテールキーワード 人生の悩み 人生の目的 人生を変える 人生を楽しくする 今すぐお金を稼ぐ 仕事に疲れている 仕事に集中できない 仕事の悩み 仕事を辞めたい 他人に興味がない 作り方 使い方 便利ツール 働き方 克服方法 内部リンク 写真素材 初心者 努力 商用利用可 問題点 固定ページ 在宅勤務 失敗例 好きなことが分からない 好きなことを仕事にする 完璧主義 将来の不安 常時SSL化 後悔しない人生 復元 悩みの解決 情報弱者 情弱 手順 才能 挫折しない 改善方法 文字数 文章構成 新しいサーチコンソール 早く書く方法とコツ 時間の無駄 書けない 最適化 有料テンプレート 有料テーマ 検索エンジン 検索ボリューム 検索意図 楽に稼げる 無料テーマ 無料ブログ 特化ブログ 生き方 生き方がわからない 生き方を探す 画像の遅延読み込み 画像圧縮 目次の作り方 真面目すぎる 続かない 続けるコツ 習慣化 自信を回復させる 自分が何をしたいかわからない 自分に自信がない 自分の強みが分からない 自分らしく生きる 自己啓発 虫眼鏡キーワード 表示速度 見つからない理由 見つけ方 見出し 見出しタグ 解析ツール 解決できない悩み 解決策 記事ネタ 読まれないブログ 読まれるブログ 起業 起業ネタ 辞めたい 運気を上げる 過去の自分 選び方 選定方法 関連キーワード 関連キーワード取得ツール 集中力アップ 集客 集客が出来ない 雑記ブログ 頑張らない生き方 騙されない 騙されやすい 高速化 どうもこんにちは、サケです。 ブログをビジネスに活用していくなら、ブログにお客さんを集めて集客していくことは大事ですね。 そのためには、ブログ記事のネタとなるキーワードを集めていかないといけないわけですが・・・ ブログ初心者の人にとっては、どんなツールを使ってSEOを意識したキーワードを取得すればいいか分からない;; そう思っている方もいるんじゃないかと思います。 そんなSEO対策をサポートしてくれるツールが 「関連キーワード取得ツール」 この関連キーワード取得ツールを上手く活用すれば ・どんなキーワードでSEO対策をすれば良いのか? ・どんな人に向けて記事やブログを書いていけばいいのか? ・自分では考えつかなかった、キーワードを見つけることが出来る といった具合に、記事の方針や思いもしなかったキーワードに出会うことが出来ます。 なので、記事ネタ集めに大きく貢献してくれるんですね。 ということで、今回は関連キーワード取得ツールの効果的な使い方について。 ブログ初心者の方に分かりやすく解説していきたいと思います。 もうちょっと詳しく書くなら ・Googleのサジェスト ・Yahoo! 知恵袋 ・教えて!goo それぞれの関連キーワードを一覧に出してくれる、なかなか便利なツールとなります。 「サジェストって何?」 そういった方もいると思うので、サジェストについて解説しますと・・・ サジェストとは、検索ウィンドウにキーワードを打ち込んだ時、一緒に表示される予測キーワードの事ですね。 画像のようにGoogleの検索ウィンドウにキーワードを打ち込むと、自分は打ち込んでいないのに勝手に出てくるキーワードありますよね。 このメインキーワードの後に出てくるキーワードが、サジェストになります。 関連キーワード取得ツールでキーワードを検索した場合。 上の画像のようなサジェストや、キーワードに関連のあるYahoo! 知恵袋などの情報が表示されます。 そして、メインキーワードと一緒に表示されるということは、それだけ検索回数が多いという事になります。 どうして検索回数が多いのかといえば、、それだけ、そのワードに関して 「深い悩みを抱えていたり」 「解決して欲しいこと」 だったりするからなんですね。 人がインターネットで検索をする時って大抵が 「抱えている悩み事を解決したい」「トラブルを解消したい」 そういう欲求を抱えている時になります。 だから、メインキーワードと一緒に表示されるキーワードは 「悩み事」や」 「解決したい事」である可能性が高いんですね。 そして、そういった 「世の中の悩み事やトラブル」に対し、それらを解決してあげる記事を書く。 つまり、あなたが読者に向けて 「価値提供」をしていけばどうなるでしょうか。 読者さんはあなたに対して感謝するでしょうし、場合によってはそこからあなたの事を信頼してくれて見込み客になってくれるかもしれません。 加えて、記事の内容がGoogleにも評価されれば、検索結果でも上位表示されやすくなり、さらにアクセスを集めやすくなります。 つまり、関連キーワード取得ツールを上手く活用すれば、ブログのネタを見つける事が出来るだけでなく。 読者の悩みを解決しつつ、ブログの集客につなげることが出来るんですね。 更に更に、関連キーワード取得ツールの素晴らしいところは ・Yahoo! 知恵袋 ・教えて!goo などの検索結果も表示されるので、サジェストに出てこないニッチな悩みについても情報収集できるんです。 「Yahoo! 知恵袋」や「教えて!goo」はまさにお悩み相談室みたいなサイトですよね。 そこに投稿しているということは、そのキーワードについて解決したい悩みを持っているという事になります。 ニッチ、マイナーな悩みだと検索数が少なめになる傾向がありますが、その分ライバルが少ないのでお宝キーワードになる可能性もあります。 そういうお宝キーワードも発掘できる可能性を秘めている点が、関連キーワード取得ツールのすごいところですね。 関連キーワード取得ツールの効果的な使い方 はい、では「関連キーワード取得ツール」の使い方を解説していきましょう。 まず 「」にアクセスしてください。 そして検索ウィンドウにメインキーワードを入力して検索をかけます。 今回は例として「ダイエット」と入力してみましょう。 関連キーワードの一覧が出ると、以下のように表示されます。 それぞれ 「Googleサジェスト」 「Yahoo! 知恵袋」 「教えて!goo」の検索結果が出てきましたね。 では、この検索結果からキーワードを分析していきましょう。 1・Googleサジェストでキーワードを分析する まず、Googleサジェストの検索結果。 今回の例でいくと「ダイエット」に関連したキーワードがズラッと並んでいますね。 ここで最初に注目すべきなのは一番左上の部分。 一番左上のキーワード郡は、関連キーワードの検索数が多いキーワード郡になります。 そしてここをチェックしていくと、検索している人がどんな悩みを抱えているのか? 分かりやすくなります。 今回の場合ですと 「ダイエット 食事」 「ダイエット アプリ」 「ダイエット 筋トレ」 「ダイエット 運動」 などがよく検索されているんだな、ということが分かりますね。 そう考えると ・ダイエットに効果的な食事、アプリ ・ダイエットに良い筋トレ、運動 これらの内容について記事にしていくと、検索エンジンからのアクセスが期待出来るといえます。 ただ、検索数が多いキーワードは人気のあるキーワードという事。 当然、他の情報発信者や企業なども、検索上位を取ろうと狙っています。 つまり、ライバル(競合)が多いので、それだけ難易度が高くなるということですね。 書いた記事が検索上位に表示されれば、ブログへの集客が期待できるので、商品の購入や収入アップなど。 期待出来るメリットはあります。 とはいえ、ブログを開設した初期の頃にこうした 「人気キーワード ビッグワード 」でアクセスを集めようとしても、なかなか記事が上位表示されません。 そのため、ブログ開設初期の頃は、こうした「人気キーワード」で記事を書くのは、ちょっとおすすめしないですね。 ブログを始めたばかりの頃なら、悩みを絞ってライバルの少ないキーワードで記事を書いていくのも1つの戦略。 人気キーワードと比べるとそれだけ検索数が少ないので、アクセスが爆発するといったことは期待出来ないでしょう。 しかし、ライバルが少ないということは、検索結果で上位表示されやすいという事。 少ないながらも、毎日ちょっとずつアクセスを集めることが出来るんですね。 自分のブログの強さに合わせて、キーワードを選んでいくことも大事です。 ここはあなたに合ったやり方で、ブログの記事を書いていって、キーワードの強さの感覚を磨いていくといいでしょう。 2・Yahoo! 知恵袋の悩みからキーワードを絞る さきほど 「悩み」を絞って、ライバルの少ないキーワードで記事を書くのも1つの戦略と書きましたね。 じゃあ悩みをどう絞っていけばいいのか? そこは 「Yahoo! 知恵袋」をチェックしていけば、比較的簡単に絞っていくことが出来ます。 Yahoo! 知恵袋の検索結果をチェックしていきますと・・・ 「ダイエット中なのに太っているのがストレス」とあるので、こちら覗いてみましょう。 見てみると、どうやらダイエット中なのに太っているのがストレス。 そのストレスが原因でまた食べてしまい、そんな自分に自己嫌悪していてなんとかしたい、といった内容ですね。 これを検索キーワード化するなら、とてもシンプルですね。 「ダイエット ストレス 解消する方法」 「ダイエット ストレス 発散法」 「ダイエット ストレス溜めない 方法」 さっとキーワードを挙げていくなら、こんなところでしょうか。 先程挙げた「ダイエット 運動」「ダイエット サプリ」よりは、悩みの内容が具体的になったかなと思います。 とはいえ、上のようにキーワードを絞っても、ライバル数がまだ多い場合。 その場合は、キーワードをあと1語か2語増やして、悩みを更に具体的にしていくか。 他の関連キーワードを選んでライバルリサーチをして、検索結果で上位表示しやすいか。 そこを見ていくと良いですね。 ここは作業内容的にものすごく地味ですが、キーワードやライバルリサーチは集客ブログを構築する上でかなり重要な作業となります。 なので、しっかり取り組んでいきましょう。 3・教えて!gooからニッチな悩みをリサーチしていく あとは 「教えて!goo」を活用したニッチな悩みのリサーチ法についてです。 といっても、ここは基本的にはYahoo! 知恵袋と同じやり方になりますね。 教えて!gooは、Yahoo! 知恵袋の補完ツールみたいな立ち位置で、Yahoo! 知恵袋で絞り込めないニッチな悩みを特定したい。 そんな時に活用するとなかなか使えるツールとなります。 たまに、ライバルがほぼなく、記事にもされていないような 「お宝キーワード」が見つかることもあります。 こういったキーワードはライバルがいないので、なるべく早く記事にして公開することで、検索結果で上位表示される可能性が高くなります。 ただ、ここで注意すべきなのは、あまりニッチすぎる悩みを選ぶと逆効果になってしまう点。 検索結果で上位表示されやすいからといっても、そのお悩みキーワードで検索する人があまりに少なかったら。 もしくは、そのキーワードで検索する人がほぼいなかったら・・・ 記事にアクセスする人がほぼいないので、書いた記事が無駄になるだけでなく収入も全く伸びないという残念な結果になってしまいます。 そういう事にならないよう、お悩みキーワードを選定したら、どのくらい検索されているのか? 検索ボリュームがどれくらいなのか、しっかりリサーチしていきましょう。 今回のまとめです はい、今回は記事ネタを発掘するのに便利な、関連キーワード取得ツールの効果的な使い方を解説していきました。 関連キーワード取得ツールを上手く活用すれば ・Googleサジェストからキーワードを取得できる ・Yahoo! 知恵袋、教えて!gooなどでお悩みキーワードを絞ることができる といったことが出来ます。 ここでキーワードを絞りこむことで、そのキーワードで検索している人はどんな人なのか? そこがイメージできるので 「どんなキーワード」で 「どんな人」に向けて記事を書けばいいのか。 その方向性もイメージしやすくなって、記事が書きやすくなります。 SEO対策を意識するうえでも、とても便利なツールなので、狙い目のキーワードを見つけて、集客ブログを構築していきましょう。 ではでは、また次回お会いしましょう。

次の