東方 スペル バブル。 東方スペルバブルが面白くない!値段高い!面白い!と賛否両論

“東方プロジェクト”のアレンジ楽曲で遊べる『東方スペルバブル』が2月6日発売決定! あらかじめDLも本日(1/23)開始

東方 スペル バブル

東方スペルバブルさんオンライン対戦ないってマジか…あったら買いやったけど… 東方スペルバブルってなんだろって思ったら音ゲーとパズルの合体みたいなやつなんだ! ゲーム内容見てみたら「TAITO感」が高いし面白そう 『東方スペルバブル』とりあえずストーリーのステージ10クリアまで。 対戦1回につきフルボーカル1曲分の時間がかかるのは、対戦パズルとしては結構長い? 没入はしやすい感じなのでさほど気にならないことが多いけど、曲中盤で既に大差ついてて早く次のステージ行きたいとかでもどかしい場合も そこそこ値段高くてオンライン対戦もないけどそれにしても選曲良くてキャラも可愛いしゲームも面白いので買って損ないと思う CPUが結構強いから対人じゃなくても割と満足できる キャラ選が平凡過ぎてびみょいので様子見半額セール待ちが安牌ですかね。 声だいたい合ってるけど、天子の早見沙織だけやっぱ声質違うと思うわ 東方スペルバブル、オンライン対戦無しで5800円かよwwwwwww ゲーム部分がかなりちゃんとしてるみたいで期待が持てるけどキャラ選があまりにも偏りすぎててなあ…これのためにプリペイド買ったけどキャラ選見直してたら買う気が無くなってきた 東方知らなくて音ゲーやらない人でも楽しめると思う フォールオブフォールのアレンジあるから、「椛ちゃんウッヒョォオオオオアアアア!! 」ってなったけど、歌詞をよくよく聴いたら、これ文ちゃんの曲としての扱いになってて無になった 気にはなるが、5800円は躊躇うな。 パズルボブルやんって考えると。 東方スペルバブル面白そうで気になるんだよなぁ 知ってる曲ばかり収録されてるしタイトーだから信頼できる オンライン対戦は興味ないから別にいらないけど値段がお高いのがなんとも DL専用だから値下げされにくいし 東方スペルバブルは予想の10倍くらい面白いですねー^^ めちゃ面白い!めちゃハマる!時間泥棒ゲー。 キャラの少なさは気にならない。 むしろ曲がもっと欲しくなる。 オンラインなしで5800円は確かに強気やけどストーリー全部終わらした感じ全然買いやよ!収録楽曲が強すぎる。 アレンジ好きならぜひって感じだ!あと魔理沙可愛い 軽くストーリーやったけど、幽々子とかチルノのスペカがきつかった… 幽々子のは蝶消さないと泥沼化してくし、チルノのやつは凍らせると面倒な事になるし 大体3分ぐらいという時間(1曲分)での対戦で、基本はパズルボブルだが、それに音ゲーっぽいタイミング押しの要素を加えたゲーム。 パズルゲームで1曲分は長いかなと思ったが、曲効きながらだとさほど気にならない。 残念なのはこれにネット対戦がなかったことだな。 【お知らせ】はてなブックマークは記事下に移動しました.

次の

“東方プロジェクト”のアレンジ楽曲で遊べる『東方スペルバブル』が2月6日発売決定! あらかじめDLも本日(1/23)開始

東方 スペル バブル

『東方スペルバブル』とは、「」を題材にした向けである。 概要 に発表された。 形式の(=ル)に、曲のに合わせて色玉を消すという要素が加わった、対戦ルとのこと。 のたちと、を駆使して対戦し、をす。 曲にはの楽曲が使用される。 「」や「」を始めとしたの著名なや、「」などが参加し、楽曲だけでなく、新曲も多数収録するという。 登場キャラクター 名 荻pote かる 巻 ももしき やまかわ 藻 まさる. ねづみどし ち めばる 5 各キャラクターの性能とストーリー中の活躍など 拍撃判定緩和 部分の成功判定が易しくなる 夢符「退魔符乱舞」、宝符「陰陽宝玉」、霊符「」 、ともにの性。 特に即効性・持続性を兼ね備えた高性妨「」が強いため、に慣れて 特に部分の の補助を必要としなくなった中級者以上のにも使いやすい。 たちが流行らせた「スペルバブル」が思いのほか様々な勢が関わっていることが分かり、にせっつかれた事もあって各勢へ調に向かう。 の「大会でがしたら問題が起きるかもしれないから、代表としてして 意訳 」という依頼を受け、助手として同行する事になったとともに大会の熱気で奮して暴れだしたなどもをにりながら、 たちに煽られまくった事もあり スペルバブルのをす。 玉出現・横玉 たまに自分の場に「横玉」を出す 符「」、魔符「」、 符「ベルト」 の性がどれもがり過ぎててには使いづらいの性。 そのため、ただでさえのが高く、敵性がやたら強い編は「が自機」というだけでが増している。 は中央縦4列分の玉しか消せない為、左右の側には玉をため込み過ぎない事が基本となる。 がから流れ着いたの起動に成功したのをに、、らと一緒に霊で動く「スペルバブル」という新しいを作り出す。 このを気に入ったは様々な勢に営業をかけ、中に流行らせようと飛び回る。 そして、でスペルバブルの大会が開かれる事になり、文が書いた記事のせいで大会の利益関与の疑いをかけられながらもをす。 そして、をろうとしたけどられる。 玉変色・ たまに自分の場の色玉がまとまってに変わる 火土符「」、日符「」、符「」 は逆転も狙えなくもない程度に優れものなのだが、いつ発動するか分からない上に逆に邪魔になる事もある為、うまくいったらぐらいに思ってう。 は全て妨系だが、「相手の場の玉をで5色の色に変える」「相手の場の玉をさせる」「相手の場の玉をさせる」と素直で即効性のある性で使いやすい。 ・ともに高性なのだが、だと編、編ともに序盤敵をやらされており、あんまり強い感じがしない。 「スペルバブル」の設計を担当する。 率いるの参謀役も務める。 玉出現・塗矢玉 たまに自分の場に塗矢玉を出す 幻「・ザ・ビルドレ」、「ディレクション」、幻「」 は全て妨系、しかも、「相手の場にを出す」「相手の場をで隠して見えなくする」「相手のの動きを遅くする」というやられたらイラっとする系がっている。 しかし、相手だとこれらの妨はあんまり有効ではない感がある上、塗矢玉も玉消しに利用するには使いづらい性質なので、人を選ぶ性かもしれない。 のとして大会に出場するも、途中でしてきたと選手交代する。 邪魔玉変化・塗玉 敵から送られてきた邪魔玉の一部が塗玉に変わる 「ピリッイト」、運命「ミゼル」、「色の」 はを見計らって使えばで相手をさせられるくらい強。 逆に言えば、に撃ってるようではほとんど効果はいという事でもある。 も反撃前提である為、ある程度の流れを掴んでからじゃないと使いこなせない性だろう。 が持ち込んだ「スペルバブル」をいたく気に入り、「文化振はの務め」とかいって、スペルバブルの大会のになったり、を結成して、ととして育成したを出場させたりする。 しかし、が々にしてに散々煽られまくる。 玉出現・爆玉 たまに自分の場に爆玉を出す 禁忌「ビドゥン」、禁忌「」、禁忌「レーヴァン」 爆玉が役に立つ局面はあまり多くない為、は正直。 そのせいなのか、性がやたら高く、に撃ってもかなり強い。 が相手の場合は、自分の場だけではなく、相手の場もチラ見できるくらいに余裕がいときつい。 がなるものを結成してスペルバブルの大会に出場していた事を知らず、のけ者にされたと思い込んで大会にしてくる。 の計らいでと選手交代してと勝負する。 変化・氷玉 を多く決めると相手に送る邪魔玉に氷玉が混じる 凍符「パーフェクト」、氷塊「ッシャー」、 霜符「」 「氷玉」は玉が触れると周りの玉を「」させる。 玉がするとその玉は数の間消せなくなってしまう。 でこの「氷玉」を操るは妨性に優れており、も2つは「」に関するもの。 相手の動きを封じながら攻撃を重ねていくという、実に分かり易いらしい性になっている。 ・、各方面に顔が広いというところにを付けられ専属のになる。 大会では々に敗れるも、すぐに立ち直り大会を盛り上げた。 特に編ではにとしての持をり、の考え方にも影を与える。 玉出現・塗玉 たまに自分の場に塗玉を出す 操符「」、咒詛「」、符の「ー」 「塗玉」は特殊玉の中でも特に使いやすい上、出現する頻度も結構多いので、はピチと言えるが、は全て妨系なのだが効果に決定があると言いづらく扱いやすい性ではない 出てくるはが。 を使用しないであればかなり強いが、その逆はという極端な性になっている。 「スペルバブル」のの、量産を担当する。 後に例の記事を読んで、に騙されたと思い、一度ぎゃふんと言わせてやろうとの腕を磨いて大会に出場、と対戦する。 短縮 玉が通常より短い数で出現する 界「二由句の一」、観「六浄清浄」、畜趣「為策の罰」 はこのの性質上、恩恵が有るのかいのかいまいち実感ただ、は2つは自分の場の起死回生に使うものなので、ディフェンスに性と言えるだろう。 の命での助手として同行する。 と一緒にどもを成敗したり、大会にかこつけて便乗商法しようとしてる屋をあしらったりする。 ただ、玉は自分でも追加できるために注意。 も大量消し狙いで良くする。 も2つは自分の場のに使えるものなので、よりに磨きがかかっている。 万が一、大会の勝敗によってたちに遺恨が残ったりするのはにとって良くないという考えからに「中立のとして大会でしてきて」と依頼し、にの助手を命じる。 「スペルバブル」自体にはあんまりはなく、も文鎮だの呼ばわりしている。 がい割には異様に強いが。 邪魔玉変化・横玉 敵から送られてきた邪魔玉の一部が横玉に変わる 両「の隠し」、「の魔」、結界「生と死の界」 使われたら対処に非常に困る、場合によっては何もできないまままで追い込まれる、そんな強なばかりう。 強なで戦う。 を見守るという立場上、「スペルバブル」の流行がにどう影するか監視している。 大会で好き放題暴れたに「お仕置き」した後、お遊びにはないと言いつつも、に集まったメンツにめっちゃ煽られ、やと対戦する事になる。 のである。 負けた時の言い訳がすげえげない。 変化・減玉 を多く決めると相手に送る邪魔玉に減玉が混じる 狂夢「狂の夢 」、眼「 テレメス 」、 「幻睨 」 は使う次第で強になるというで、相手が有利な状態で使っても大した妨にならなかったり、相手が元々不利な状態なら逆に逆転の糸口にされたり、的で使ったら相手の攻撃が強すぎてそのままを取られたりと、本人のさがそのまま出た様な性になっている。 もちろん、ちゃんとを見切って使えば強なのだが。 減玉を出すもにうっとうしい。 があるというのににでに付き合わされている。 しかも、大会にまで出場させられて、負けた後は新開発したを会場で売る事を命じられるが、はびこるでそんなもんが売れるわけがない。。 玉変色・ たまに自分の場の色玉がまとまってに変わる 新難題「」、宝「ン」、「の」 はの版。 は即効性にいまいち欠けるが、じわじわと効果が出てくる系統のもの。 「スペルバブル」にめっちゃハマって連日ゲーしている。 大会であからさまに栄養ドっぽいを売りさばいて一けしようと画策する。 とは中、会話している場面はい 同じ会場にはいるのだが。 は自分の場の邪魔玉を全て消したり、相手の玉をさせたりと、攻撃や妨というよりは、「仕切り直す」という感覚で使う感じ。 が住むでも「スペルバブル」は流行ったものの、のどもは中にしてくるような用な連中だったので、まともな対戦相手をめて色んな所で遊んでいる。 大会にも出場。 文 邪魔玉変化・飛玉 敵から送られてきた邪魔玉の一部が飛玉に変わる 旋符「扇」、「木の葉隠れ」、「颪」 流石、最速を自称しているだけあって、どののチャージも短く、即効性のあるものばかり。 玉が当たった時に向いていたの方向に効果が及ぶ「飛玉」を出すや、「塗矢玉」を出すを持つので、特殊玉を上手に利用するをしておいた方がいいかもしれない。 「なこと書いて集めるよりかは今後の流行を記事にした方が有意義だろ?」と煽られたのが原因かは分からないが、「パブル」の記事を書いて流行の一助になるが、その後に「が熱心に流行を広めたのは大会で利益を享受する為々」といういつも通りの新聞をばらまいてのを買うといういつも通りのなのであった。 と共に大会の会も務める。 玉接着位置表示 手玉が接着する位置を表示する 「」、「スピン・ザ・セト」、 漂溺「りく底の」 いかにもに見えるを持つが、実際は表示がはっきりし過ぎていて、かえって着弾位置が分かりにくくなってしまう。 も強ではあるがクセが強いため、正直なところ、かなりのと言わざるを得ない性になっている。 「スペルバブル」の流行にけ話の匂いを感じて首を突っ込んでくる。 に利益を独占する気かといちゃもんをつける場面も。 玉出現・飛玉 たまに自分の場に飛玉を出す 符「ン」、「の客」、秘法「九字刺し」 分かり易くのいい構成。 というより、3つとも用途が全然違うため間違いないようにしたい。 使用するによって、だいぶ戦術が変わるだろう。 に流れ着いた古い おそらく昔とかに置いてあったやつ を拾ってきて、して起動する事に成功する。 で大会を開くことになり、催者と会を務める。 邪魔玉変色・ 敵から送られてきた邪魔玉の一部がの色玉が変わる 符「ト」、心「シャイ」、想起「恐怖」 がとにかく強い。 に撃っても強い。 「相手の場に石を出す」「自分の場に塗玉を複数個出す」「相手の場の色玉を少しずつ邪魔玉に変える」という、ながら確実に相手にを与える効果で相手を撃沈していく。 でににされたは多いだろう。 「で遊ぶ歳ではない」とあまり乗り気じゃなかったが、が「スペルバブル」にハマったのをきっかけに自分もを始める。 邪魔玉変色・ 敵から送られてきた邪魔玉の一部がの色玉に変わる 本「イドの解放」、「イン」、「嫌われ者のフィロ」 はの版。 はの効果が強い。 邪魔玉を大量に送って撃沈できるら大で反撃されてこちらがしていたというのはよくある事。 との相性も良く、かなりの重視の性になっている。 「で遊んでいる間は皆に気付いてもらえる」と大喜び。 大会に出場しに。 に「ちゃんとに帰ってる?おちゃんとも遊んだら?」と諭されて、喜んでのいるに帰る。 変化・下降玉 を多く決めると相手に送る邪魔玉に下降玉が混じる 「全人類の」、「避難険路」、要石「」 「下降玉」は玉が触れると場の玉が全部1段下に降下する。 何度も触れるとそれだけでに到達してしまう、数ある妨系の特殊玉でも特に危険なもの。 そんなものをではなく常時発動するで相手に送る事が出来るという時点でどれだけ強なのか分かるだろう。 は相手に確実にメをさせる時に使わないとあまり有効ではない。 界で退屈していたところで下界で流行っているにを抱き、大会に出場する。 で会場にいるをまくり、挙句の果てには決勝戦で「決勝の場にふさわしい場所にする」といって、の地形を勝手に変えてしまう。 決勝で負けると途端に弱気になるが、ここで満を持してが登場し、「お仕置き」を受けた後、後始末を命じられる。 ゲームの評価について このの総評は、「 面いけど人に薦めるには値段が高過ぎる」で大体一致する。 良ゲーであるのは間違いないのだが、ボリューム不足なのは否めず、に値段に合ってないのだ。 時代のはこのぐらいのボリュームでももっと高い価格で売っていたような気がするが、それが通用する時代じゃない、って事だろう。 をにやる人にとっては十分納得できる値段という評価もあるにはあるが。 ゲーム性 元が「ル」なので当然の様に面いのだが、さらに「従来より圧倒的に少ない3色の色玉(最大でも5色)」、「・反撃」、「制」、「拍撃(要素)」の導入により、 かつ感あふれる対戦に仕上がっている。 従来のルとは楽しみ方が全然違うのでそこは注意が必要だが、大量消しが頻繁に発生するは少々大味であるが他では味わえない気持ち良さがある為、この点に関しては概ね良好な評価が多い。 これだけでも買う価値のあると断言してしまってもいいだろう。 ストーリー オマケみたいなものだろと思われがちだが、意外としっかり作り込んである。 「スペルバブル」というものがに入り込んで来たら一体どうなるか?という事がに考えられており、各の思惑や行動を追うだけでも十分に楽しめる様になっている。 なんでも「異変」扱いしがちなにおいて、そうではなく、スペルバブルの流行を巡ってののを描いている。 「」などが好きな人には刺さる内容ではないだろうか。 惜しむらくは登場が止まりな為、それ以降に登場した各勢が黙って見ているさがある事だが、まは仕方がないだろう。 登場キャラ までのから極めて難な人選をしている。 は一切入っていないと断言していいのな選抜なので、そこはがある。 や観設定もしっかりしている為、にべてがあるもいないし、も実にらしい雰囲気が出ている。 をよく知らないがあの合いを見たら、「こいつら口悪すぎだろ」と思われそうだが…。 によってがだが、画面に映るのは最大2人までなので特に気にならない。 担当に関しては割と難な人選にはなってはいるものの、どうしても人によっては受け付けないところはあるだろう。 そこまで悪評判なはいないのだが、「の」の高評価なのはぐらいである。 キャラ、スペルカードの性能、難易度など に合った性の設定、役に立たないは存在しない、など、性との組み合わせ次第で戦術を変えられる点は高評価なのだが、「場の色を変える」系ののほとんどはの「の客」の実質と化していり、の「の」の効果が悪なのにも関わらずチャージがとに短かったりと、調整が大味な点が少々見られる。 とは言っても、の腕次第でどうとでもなる範囲ではあるが。 のが全体的に高めなのは、繰り返しする前提なのだろうが、それを考えても、 編のであるの強さはと評判だ。 上級者でもラックを味方にしないと勝てないである。 裏を返せば、一応「」でも勝てるという事が確認されているという事でもあるが。 操作性 画面は綺麗で見やすく、複雑な操作もく分かりやすい。 込みも全体的にく、操作説明、、スキップ、備でにもやさしく。 老舗会社のの実がこういうところで表れている。 余談だが、らが「」氏はの元社員である。 音楽 あんまりに上がらない。 どこかで聞いた曲ばかりなのでそれも止むだが。 収録曲がすぎるから駄に高いのでは?と、言われる事がある。 出回っているののお値段を考えれば妙に説得のある話だが…。 通信対戦 一番良く言われるのが、「」に対応してないという点だろう。 今時のにおいては致命的ともいえる欠点。 ただでさえ、対戦として特化したなのだからなおさらである。 逆に言えば、この点さえしていれば納得の価格だったという人も多い。 ただ、一人でも十二分に楽しめる内容になっている為、にのい人にとっては話でもあるが。 d x Lin 全の模様を刳り貫いて みや、柚木沙 清らかな幸福 ぐるネーション. 関連動画 関連リンク• 関連項目•

次の

“東方プロジェクト”のアレンジ楽曲で遊べる『東方スペルバブル』が2月6日発売決定! あらかじめDLも本日(1/23)開始

東方 スペル バブル

なんか最近アクセス数増えてるな…と思ったら、「スペルバブル 攻略」でとトップにヒットするようになってるんですね… 折角なのでもう少し追記してみます。 一応、筆者はチャレンジLV10までコンプリートする程度にはやってます。 以下追記分は赤字で。 昨日何とか初勝利を奪ったものの、勝利画面だけじゃ何も証跡が残らないな…と思ってキャプチャをセットしもう一度チャレンジ。 今度は無事1時間半程の連戦で撃破出来ました。 勝利試合は動画の21:00位から。 うーん、勝ったというよりは勝ちを拾ったと言った方が良い展開になってしまった。 ミスも多かったし、最後の青ラッシュ補充に助けられた感じっすね。 そりゃ紫も「…は??」ってなるわ。 でも勝てばよかろうなのだ! 最初はマジで一生勝てないと思ってた所から、何とか現実的な時間で勝ちの目が見えるまでに至るに当たって心掛けた事をメモ代わりに。 参考になれば幸いです 紫以外の相手は楽勝になってたので、紫以外にも詰まった時には使えると思います。 …とか言ってたものの、今ではもうおやつ感覚で紫シバけるようになりました。 スペルバブル公式による攻略ともそれなりに解釈一致していたので、恐らく攻略の方向性は正しいと思います。 ・ スペカはイリュージョンスターを選択。 スペカ性能がそこまで高く無いのが、人類が対抗できる紫の弱点その1。 火力は正義で、使い方も覚醒の発火ショットに合わせるだけと至って簡単。 イリュージョンスターに覚醒最大火力消しを重ねれば、よほど状況が悪くない限り大ダウン奪えます。 マスパはあと一歩の覚醒を取りに行く事を意識すると結構活躍してくれます。 アはこっちから邪魔玉を多少なりとも送れた時に使うと良い感じ。 難しいけど向こうの発動前にねじ込めれば強い もう少し具体的に数字を出すと、大体一般的な試合の流れでダウンさせた時に奪えるスコアって2桁中盤位なんですよね。 それに対して覚醒イリュージョンスター最大火力をぶちかませば、覚醒を合わせられても潰した上で同程度、まともに打ち込めば150位は普通に奪えてしまいます。 一般的なスペカは、相手の覚醒をしのぐ、又は普通にダウンを1回奪えば「仕事してくれた」 と言える中、イリュージョンスターは1回で2枚分の仕事をハナクソほじりながらこなすぶっ壊れスペカなので、勝ちたいなら取りあえずイリュージョンスターを選択しましょう。 ・ビビらず積極的に色玉追加を行う 紫は基本4列目までしか球出しをしないのが、数少ない人類が対抗できる弱点その2。 綺麗に消してるだけだと確実に火力負けしてジリ貧になるので、 出せる時は積極的に追加していこう 具体的な狙い目はこちらの覚醒、反撃モード終了直後。 少なくとも5、6列目位までは出していきたい。 ただし、覚醒、反撃でダウンを奪えた時は、無理して出さずにして反撃を凌ぎましょう 他にも通常モードで大きな拍撃を打ってフィールドが綺麗になった時なんかは狙っても良い。 ただし覚醒が近いなら無理せず覚醒を狙っていく。 ・覚醒モードは各盤面の最大コンボをしっかり覚える 動画を見ればわかるが紫は覚醒時の矢印目押し系は適当にショットするので最大火力に至らない事が多い為、ここでしっかりアドバンテージを稼ぎたい。 人類が比較的簡単に対抗できる数少ない弱点その3。 着弾までのラグを考える必要は無い。 また、スペルカード発動すると一旦回転が止まるが、そこで発射ボタンを押しっぱなしにすればその方向を向いたまま打てるので覚えておくとベネ ・ 反撃モードは最速で消していく 拍撃終わった後に向き合わせて発射して…ってやってると紫がガンガン消して相殺するだけで終わってしまう事が多い。 拍撃中にカーソルを合わせておき、最後の一拍が終わったら即射出できるようにボタン連打する感じ。 これだと結構攻撃が通るし、しばしばダウンも奪える。 これは、連打じゃなくて押しっぱなしで良かった。 発射ボタンを押しっぱなしにしていれば最速で打ち込んでくれる事は覚えておいて損は無い ・拍撃タイミングは無理に計らない 左のゲージ見て拍撃発動ポイントを狙って火力を上げる事は出来るんだけど、 紫相手にそれやってるとその隙に上がった火力以上の邪魔玉を叩きこまれる可能性が高い。 よほどわずかな調整で攻撃力アップが計れる事が見えない限りは極力最速で消していって良い。 敢えて言うなら反撃モードでは少し調整を挟みながらやっても良いかもしれないけど、それにしても1秒未満に抑えるべき。 ・(優先度小)落ちる時は被害を最小限にしてさっさと落ちる これも意識すると勝率が上がったので追記しておきます。 基本的に紫相手にまとまったおじゃまを送りつけられた場合、1個1個消していては処理している間に追撃を食らって盛大にダウンというパターンが多発します。 「もう少し粘れるけどダウンは免れられないな」っていう状況がわかってきたら、1列だけ残してさっさとダウンし、反撃モードから切り替えしていくという選択肢もアリです。 ただ、このあたりの押し引きが自然に分かる頃には普通に勝ててしまうようになってるとも思うので、無理して意識はしないくても大丈夫です。 ・ 試行回数を増やす 毎回ラストまで付き合っててもしょうがないので、状況不利が見えたらさっさとリトライしよう。 特に、自分の操作ミス起因や紫の想定外の大連鎖でダウンした場合取り戻すのは相当辛いので諦めが肝心。 ただ、開幕直後でダウンした場合反撃モードは消化してみましょう。 ここでダウンを奪い、かつ紫の反撃モードをしのげればその後の展開が結構良くなる感じがします。 こんな感じでした、後は大前提として発射精度と拍撃精度の向上も常に意識して行きましょう。 がんばって。 deresute-uwaraba.

次の