郵便 局 振込 手数料 atm。 郵便局で払込取扱票で支払った!あれっ、こんな金額だった?

ATMご利用時間・料金ーゆうちょ銀行

郵便 局 振込 手数料 atm

郵便局ATMでの現金入出金サービスについて 株式会社ジャパンネット銀行(社長:藤森秀一)は、このたび郵政事業庁に対して、郵便局ATMとの接続提携を申請いたしましたのでお知らせいたします。 提携が実現いたしますと、当社の口座をお持ちのお客さまは、5月20日(月)より全国の郵便局に設置されているATMにおいて、現金の入出金・残高照会のサービスが受けられるようになる予定です。 入金・残高照会は無料。 出金は時間帯や取引状況に応じて105円〜367円/1回となります(別紙ご参照)。 今回のサービス開始により、お客さまにとっては、現在の提携ATM網(三井住友銀行およびam/pmに設置するATM:約7,500台、イーネットATM:約4,000台)に加えて、全国の郵便局のATM・CD(約25,500台)がご利用いただけるようになり、ユーザー利便性が大幅に向上するものと考えています。 ジャパンネット銀行では、キャッシュデリバリーポイントの拡大はユーザー利便性の向上のための重要な戦略と位置づけており、今後とも提携ATMの拡大に努めてまいります。 本件のサービス内容、利用手数料の概要は下記のとおりです。 記 【 表1 】 サービス開始時期 平成14年5月20日(月) 午前 7:00〜 サービス内容 入金、出金、残高照会 (キャッシュカード振り込み、暗証番号変更はございません。 ) サービス時間帯 各ATMの時間帯による (システムの点検等によりご利用できない場合がございます。 ) ATM利用手数料 (消費税含) 入金・ 残高照会 無料 出金 時間帯や取引状況に応じて1回、105円〜367円 (【表2】の基本出金手数料0円あるいは157円に加えて次の手数料が必要となります。 ) 月1回 0円。 ただし、口座ご利用状況に応じて、月間最大6回まで0円。 (下記) 0円回数超は、1回につき24時間一律157円(消費税含)。 ご利用状況 0円となる回数 1回 2回 3回 5回 前月預金平均残高 10万円以上 20万円以上 30万円以上 100万円以上 前月中の口座への振込入金金額の合計 3万円以上 6万円以上 10万円以上 -------- 前月中の口座への振込入金回数 2回以上 4回以上 6回以上 -------- 前月中の口座からの振込利用回数 2回以上 4回以上 6回以上 -------- ローン残高 -------- -------- 5万円以上 30万円以上 + ローン契約あり 1回• 口座維持手数料が月初に引落しできなかった月は0回。 口座開設月から、その翌々月までは月間3回まで0円。 japannetbank.

次の

郵便局の貯金通帳、振込手数料はいくら?無料って本当?

郵便 局 振込 手数料 atm

ゆうちょ銀行同士の振込みのやり方を解説します。 まずは基礎知識から説明をし、その後に手順をくわしくご説明します。 またゆうちょで ゆうちょの口座から相手のの口座にお金を送ることを 「振込」ではなく「振替(ふりかえ)」といいますが、 ここでは一般の銀行でも使い慣れた「振込」という言葉で統一します。 体験談も解説します。 スポンサーリンク 手順 ゆうちょ銀行ATMからの振替 まずは郵便局の入り口付近などにある、ゆうちょ銀行のATMに行きます。 そしてATMの画面を見ると、どの取引をしたいかの画面が出ます。 「ご送金」というボタンを押します。 次に自分のゆうちょの口座から、相手のゆうちょの口座に振り込みたいので、 「ゆうちょ口座へのご送金」というボタンを押します その次に、「振込詐欺に注意」という内容の画面と、 振替をした際に、依頼人名を知らせるというお知らせの画面が出てくるので それぞれを「確認」というボタンを押します。 そうすると 「カード」もしくは「通帳」を入れてください、という画面が出ます。 暗証番号を入れてください、と入力画面が出ます。 暗証番号を入れ終わったら、次に相手の「記号番号」か「店名」を入れる画面が出ます。 記号か店名どちらかの情報を入れて進めていきます。 僕は「記号番号」を入力しました。 記号を入力します。 確認のボタンを押します。 もし間違えたら「訂正」のボタンを押すと、やり直しになります。 終わると、続いて「番号」の入力画面に変わります。 そして、相手に送りたいお金の金額です。 終わって確認ボタンを押すと、「金額は合っていますか」と確認画面が出ます。 次に、お金を送った後に、相手に知らされる「依頼人名はこのままでいいですか?」 と出ます。 自分の名前が出てきますが、特に変更がなければ、そのままさらに「確認」を押して進めます。 最後に、振り込みする相手の名前や金額の確認画面が出てきますので、問題がなければこのまま「確認」を押します。 これで終わりです。 最後にカードを受け取ってください、と出ます。 カードと取引明細を受け取ったら、終わりになります。 普通の銀行同士の振込だと、相手の銀行の「支店名+口座番号」となりますが、 ちょっとややこしいですが、ゆうちょ同士での振り込みの場合は 「店名もしくは記号」という番号の他に 相手の番号(口座番号)の2つがいります。 参考までに、カードと通帳のどこにこれらが書いてあるかといえば、 「ゆうちょ銀のキャッシュカード」ならカードの表の部分に記号と番号が書いてあります。 通帳では、どこに書いてあるかといえば 1ページめくったところに書いてあります。 振込先の相手が知らせてきた番号が 3桁なら「店名」という番号 で 5桁なら「記号」 になります。 ATMを操作していて、「あれ5桁の番号を入れないといけないのに、知らせてきた番号は3桁だ」などと 勘違いをしないようにしたいです。 もし3桁の番号なら、「店名」なので の箇所を入力します。 また店名を、記号番号に変換できるページもゆうちょで用意されています もし迷いそうなら、あらかじめ変換してメモをしておくといいかもしれません。 ATMからは月に1回までは無料、それ以降は125円かかります。 手数料がかかっても、普通の銀行の、振込手数料よりは割安ですから、もし銀行を選べるなら、ゆうちょ技能を選択してみるのも1つかもしれません。 振込はすぐに反映される 通常、三菱UFJやみずほ銀行などの普通の銀行同士の振込みだと、営業時間外だと、夜や土日に振込をすると 振込の反映が「翌営業日」などとズレることもあります。 でも、ゆうちょ同士の振込みである場合、システムメンテナンス中などでなければ、通常は振込後にすぐに相手にお金が届くようになっています。 ゆうちょ銀行の窓口が休みになっている 営業時間外や土曜日・日曜日・祝日などでもです。 ゆうちょ同士だと、同じゆうちょ銀行のシステムを使うことになるので、その関係で早い、とも言われています。 祝日もすぐに反映されるようです。 口座の残高が振り込むお金より足りなければ、最初に「預け入れ」をする 上の手順では省略しましたが、もし振り込みたいお金がまだゆうちょの口座に入っていない場合は まず入金 「預け入れ」 をしましょう。 しかし、小さめな郵便局だと、土日にATMが閉まる時間もあるので、心配なら事前に営業時間を確認しておいた方がいいです。 参考 例えば、滋賀県の彦根須越郵便局 は ATMが 土曜日は、9時~12時半まで 日曜日は、休み となっています。 ATMの営業時間は郵便局によって違うので心配なら念のため調べてから行くと良いです。 なお、ゆうちょのネットバンク 「ゆうちょダイレクト」なら、ATMの営業時間に関係なく、振り込みが可能です。 このうち セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート(イーネットATM) から出来ません。 主要どころのコンビニではできないのが残念です。 ファミリーマートのうち であれば出来ます。 これには条件があって、 キャッシュカードと暗証番号の設定 をした口座になります。 振込がすぐに反映されていない。 もし相手が振込先の情報で、このように知らせてきた場合は、記号と番号の情報の可能性が高いです。

次の

ゆうちょATMの振込手数料や時間帯手数料など解説

郵便 局 振込 手数料 atm

スポンサードリンク 郵便局の窓口やATMの利用時間は? 郵便局の営業時間て短い気がしませんか? 窓口が16時に閉まっていたりして。。。 そうなるとATMの利用時間は何時までなの?という疑問も出てきませんか? 郵便局の窓口には店舗により土日や夜間も利用できたり、24時間利用できるゆうゆう窓口というものも存在していて便利になっているんです。 そしてATMも郵便局だけではなくコンビニにも設置されていて便利になっています。 そんな郵便局の営業時間やゆうゆう窓口、土日祝日の営業・ATMの利用時間や手数料についてまとめていきたいと思います。 ちなみに、郵便局の業務は 「郵便局」が窓口、 「日本郵便」が郵便事業を、 「ゆうちょ銀行」が銀行事業を、 「かんぽ生命」が保険事業を担当しています。 スポンサードリンク 郵便局の営業時間、土日祝日は? 郵便局の窓口業務は、二種類あります。 土日祝日は基本的には休みです。 ただし、一部では土曜日も営業している店舗も意外と多くあります。 さらに、大規模な一部店舗では土曜日も日曜祝日でも、深夜も営業している郵便局もあります。 土日祝日は休みです。 一部地域(都市部など)の大規模な店舗では、16時以降も窓口業務をやっているところもあります。 最寄りの郵便局検索はこちらが便利です。 post. japanpost. そんな方にはゆうゆう窓口がおすすめ。 意外と知らない方も多いようですが、土日祝日、夜間でも利用できる窓口なんです。 昔は時間外窓口という言い方もされていましたが、イメージアップのためにゆうゆう窓口へと呼び方が変わりました。 主な業務は 郵便物の引き渡し、発送、切手やハガキ、その他関連商品の販売となります。 ゆうゆう窓口は、同じ郵便局内に設置されていますが、通常窓口は郵便局会社、ゆうゆう窓口は郵便事業会社が運営を行い、違うものであり、通常窓口が開いている時間帯はゆうゆう窓口は閉まっています。 ゆうゆう窓口自体、設置されている店舗が少ないため、こちらから検索できます。 post. japanpost. html スポンサードリンク ゆうちょ銀行のATMについて ゆうちょ銀行のATMは、郵便局に設置されているATMとファミリーマートに設置されているATMが使い勝手もよく、手数料も安いのでおすすめです。 その他セブン銀行やイオン銀行・メガバンクや地方銀行ATMでも利用できますが、手数料が高くなります。 ゆうちょ銀行ATMの手数料や利用時間を説明します ゆうちょ銀行ATMの営業時間 (平日) 預け入れ:7:00~21:00 払い戻し:24時間利用可能 (土曜日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:24時間利用可能 (日曜日・休日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:21:00~00:05までだけ利用できません。 その時間以外は利用可能です メガバンクや大手都市銀行atmも終日利用可能です。 しかし、現金の振り込みは8:45~18:00までと制限されています。 <<関連記事>> ゆうちょATM手数料 預け入れ、引き出し ゆうちょ銀行のATMであれば、預け入れ、引き出し手数料ともに24時間無料です。 提携金融機関でのATM・CD提携サービス手数料 (平日)108円 8:45~18:00 (土曜日)216円 9:00~14:00 (日曜、休日)216円 スポンサードリンク 振込手数料 ゆうちょ銀行間の振り込み手数料は月5回まで無料。 月に5回を超えると1回あたり216円必要です。 他行への振込手数料 5万円未満:216円 5万円以上:432円 ファミリーマートやコンビニでの利用 ファミリーマート内に設置されているATMではほぼ全てのATMサービスが24時間利用できます。 (日曜、休日の21:00~23:55までだけは他の金融機関への振り込みはできません。 ) ファミリーマートのゆうちょATMではゆうちょキャッシュカードによる預入、引き出し手数料は無料です。 振り込みや各種金融機関のカードでの利用は手数料がかかります。 その他コンビニ(セブンイレブン等)でもゆうちょ銀行カードが使えますが、手数料、店舗数、時間帯ともにファミマでの利用がとても便利です。 ファミリーマートのゆうちょATM検索はこちらが便利です。 japanpost. しかし、ATMでできる範囲なら利用可能です。 例えば、郵便局店内のATMであれば、営業時間内であれば硬化の入金ができますので、硬化をお札に両替したいときになどには使えます。 しかし、窓口の営業時間外や、コンビニなどの店舗外ATMでは硬化は入金できませんので注意が必要です。 ATMの1日あたりの利用限度額は50万円です。 ファミリーマートのATMでは1日あたり20万円が限度額となります。 ゆうちょ銀行のATMは年末年始やゴールデンウイークやお盆は使える? 年末年始やゴールデンウイークやお盆といった期間は、郵便局に設置されているATMは、郵便局の各店舗によって変わります。 郵便局が営業していなくてもATMだけは使える店舗もありますので最寄りの郵便局でお問い合わせください。 ファミリーマートに設置されているATMは使えますので、ファミリーマートが一番確実です。 post. japanpost. japanpost.

次の