ハンバーグ師匠 楽器。 井戸田潤

ハンバーグ師匠の福岡・飛行機・笑いの金メダルが話題

ハンバーグ師匠 楽器

おれだよ俺、ハンバーグだよ。 今度、古坂大魔王(ピコ太郎)と曲を出したから冷めないうちに聴いてくれよ。 オレのギャグはすでに冷めてるって? 冷めてもおいしい、それがハンバーグだぜ。 だけど、昨日始まった石橋先輩の「貴ちゃんねるず」に1日で登録者数抜かれちまったよ!• ハンバーグ師匠とは? ハンバーグ師匠については以下で勉強してくれ、俺は今肉の成形でそれどころじゃないんだ。 ようは、 スピードワゴン井戸田潤のキャラ(すべり芸系)なんですが、その熱さとさわやかな ? 滑り感によって、結構じんわり愛され、ミディアムレアな火の通り具合のチャンネルになっております。 プロデュースはに叩かれてたことによって、かえって活躍の場を広げちまった川谷絵音だよ。 このひと、を輝かせる天才ですね。 そんで、今でこそ間違って 「音楽フェスを目指す」宣言をしているハンバーグ師匠ですが、その記念すべきデビュー曲はこちらです。 川谷絵音Pによるオサレな「TOKYOハンバーグ」 【公式】TOKYOハンバーグ ミュージックビデオ/ハンバーグ師匠 feat. OZAWA【DXver. 】 92,812 回視聴• 02万人 川谷絵音 作詞・作曲・完全プロデュース! ハンバーグ師匠とOZAWAが歌う「TOKYOハンバーグ」 2019年10月31日より配信スタート! 絵音なもんで、当然アレンジは おっされ~で女子受けする雰囲気のあるシティな仕上がりなんですけど、肝心の師匠の歌は、聴けばわかりますが「んものすっごっく、 シンプルやねん!」相方の小沢も 「じゅじゅじゅ」って言ってるだけだし…。 「TOKYOハンバーグ」歌詞の主要部分(以下繰り返し) ハンバーグ 俺のもの ハンバーグ 俺のこと 煮崩れ起こさず 焦がさぬように 古坂大魔王P、2万円で「ハンバーグ」曲引き受ける 【ガチ依頼】曲の値段から曲作りの裏側まで古坂大魔王がノンストップでぶっちゃけまくり! 42,874 回視聴• 似たような例では、人のブログを 「まさに、これは歌そのもの」 「サイコーだね! 超カッコよくない?」っと勝手を絵馬として奉納するケースもあるようです。 一つ2万円なら、そだなー 6曲10万円でピコ様に曲はお任せしようかな~、コロナの給付金で!! ええええ、そんでもって ピコ様楽器弾けないの???? DTM操れても? なんだ~! あ、そなの、全部鼻歌で歌って録音してそれを打ち込んでるだけなのね。 ふほーーーーん。 2マ円ゲットの古坂Pレコーディングで本気出す ハンバーグ師匠MV「ハンバーグ」 71,343 回視聴• 1:02からの展開も、いっちゃてるね。 これ、ほんと、古坂P全開になってしまっている。 そう、 全員にウケなくてもいいの。 わたしにさえうければwWW PV作ってると、 自分のこだわりたいところをどうしても強調しちゃって、隠しようもなく本人が出てしまうなあ…と、aftereffectsいじくりながら思う昨今です。 ゆえに、動画とは、フェチはフェチ、変態は変態、テキトーはテキトー、がもろに出てしまう オノレの鏡なのである。 めまいがするほどいいです。 そんなハンバーグ師匠をと公言していた石橋貴明が、昨日YouTubeデビューを果たしました。 1日であっさり10万人越え…石橋貴明チャンネル 石橋貴明、58歳。 YouTube、はじめるでしょ。 359,296 回視聴• やってるから)…結構適応しちゃうような気がします。 ってことで、やる気見せてるしね。 (実際はあるんでしょうが、テレビに比べるとはるかに緩い。 )「1人プロ野球ニュース:今週の杉山」企画とか、センスはさすがです。 実は手持ち多いんだよね、この人。 ノリさんとは違う意味で。 メディアの進化・タレントの進化・わたしたちの進化 上の動画で 「俺らはもうNOW ON YouTube」と言い切っていた古坂Pはこう続けます。 今後すべては YouTube的なメディア(の時代)…YouTubeの中で子供達も大人も海外の人も日本人も何か観たくなるもの しか成立しないと思う。 …もう正直、テレビというマスの海(メディア)から、 YouTubeという陸へと上がるしかチョイスないんですね。 テレビ時代を作った大御所といえどもね。 今回のコロナはそういう意味で、奇しくも壮大な実験だったのかもしれません。 日本はIT化の点で他の先進国より大幅に遅れてることもバレちゃいましたが。 完全リモートじゃなくても、せめて、ゆるめリモート可能という、水陸両用の両生類になっておかないと、いざというとき危険、と多くの会社が理解したはずでしょう。 「ザ・シンプソンズ」で理解する進化.

次の

ハンバーグ師匠の福岡・飛行機・笑いの金メダルが話題

ハンバーグ師匠 楽器

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2015年4月) 井戸田 ( いとだ ) 潤 ( じゅん ) 本名 井戸田 潤 ニックネーム じゅん、イトリ、ハンバーグ師匠 生年月日 1972-12-13 (47歳) 出身地 血液型 身長 165cm 言語 日本語 方言 最終学歴 機械科 出身 コンビ名 マグニチュード(解散) (1998年12月 - ) 相方 杉野弘樹(マグニチュード) (スピードワゴン) 芸風 立ち位置 左 事務所 活動時期 - 同期 現在の代表番組 アイドリぃむ!TV 過去の代表番組 なないろDREAM TV 他の活動 配偶者 (2005年 - 2009年) 親族 父:井戸田富隆(元副議長) YouTube チャンネル 目次• 略歴 [ ] 中学・高校と陸上部に所属(種目は)。 高校卒業後、父親の口添えで愛知県内の大手企業に就職するも、お笑い芸人になるために1年ほどで退社。 1994年4月に(名古屋NSC)に入学し、1995年4月にコンビ「マグニチュード」でデビュー。 マグニチュード時代には(名古屋吉本)に所属しており、上京後にもしばらくこのコンビでに出演したりしていた。 この当時は、「あなたの心の震源地、マグニチュードです」というつかみでを前面に出した漫才をしていたという。 また、デビュー当時は子供の頃から好きだったにあやかり「イトリ」という芸名を使っていたほか、マグニチュード時代には相方の杉野弘樹と併せて「ヒロキ」「ジュン」と名乗っていた [ ]。 1998年12月11日、コンビ「スピードワゴン」を結成し、ホリプロへ移籍。 2002年・2003年、「」決勝進出。 は何でもできる。 小沢と同居していた頃には、アルバイトの休憩時間中に小沢の昼食を作るために家に帰ってくるほどにマメ。 2005年9月14日、と結婚(当時妊娠2か月)。 2006年4月、長女誕生。 2009年1月8日に離婚。 2010年、ピンでの単独ライブ「俺は炎の井戸田マン!」を開催、全3回が行われた。 翌2011年には、これを引き継ぐ形の企画ライブ「井戸田企画」を開催。 全8回が行われ、ピン芸大会や恋愛トーク、独自のデータと考察に基づくオリジナル理論の公開など様々な企画が繰り広げられた。 また、2010年にはにエントリーし、準決勝へ進出。 翌2011年にも準決勝へ進出。 2013年には3回戦進出となった。 近年は [ ]、にかけたギャグがブレイクするなど芸人としての評価も高くなり、またパーソナリティ・番組司会者や俳優として芸域を広げている。 芸風 [ ] 相方の小沢一敬が「甘い言葉」を口にすると「甘ーい!」と叫ぶ。 しかし全く脈絡のない所で「甘ーい!」と言ってしまうことがあるため、小沢が指を鳴らすのを合図にしている。 他にも小沢が否定的な言葉を発すると、「あたし認めないよ小沢さーん!」と片手を上げて左右に振るネタがある。 また、ツッコミのセリフの最後に「お前」をつけることもある(例:「この夏、何円玉流行ったんかお前。 小銭に流行り廃りあんのかお前」など)。 近年では [ ]、自分の世界観に入り数歩離れた場所でボケる小沢に「大至急」と言い、呼び寄せてからツッコミを入れるパターンも見られる。 ハンバーグ師匠 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2019年12月)• ピン芸として、のような出で立ちでにかけたギャグを披露する「ハンバーグ師匠」というキャラがある。 ベルトの両脇に巨大なナイフとフォークを挿し、バックル部分にはハンバーグの飾りをあしらったスタイルが特徴。 は、当初は「」のテーマを使用していたが、現在はリズムを似せたオリジナル曲を使用している。 つかみは「この街も変わらねぇな。 …どうした、付け合わせのを見るような目で俺を見やがって。 忘れちまったか、俺だよ俺!ハンバーグだよ!」。 なお、つかみでの一人称は「俺」だが、ネタ中は「ハンバーグ」である。 続いて「腹ぺこの皆さんにアツアツの鉄板ジョーク、まずは100グラムから」と言ってネタに入る(以降、1ネタ毎に100グラムずつ増える趣向である)。 ハンバーグにまつわる駄洒落やを織り込んだジョークを飛ばした後、1ネタの最後のブリッジ的な物として、「ジャーン」という短いファンファーレとともに(主に屋外ロケなど効果音が使えない場合は、自ら持参したを鳴らす)目を見開いた表情で「ハンバーグ!」と叫ぶ。 バリエーションとして、ネタの途中に突然効果音が流れて「ハンバーグ!」と絶叫する「フライング・ハンバーグ」というパターンもある。 稀に、突然銃声が鳴り響いてその場に倒れたと思ったら、おもむろに起き上がりつつ胸ポケットから穴の開いた作り物のハンバーグを出して「またコイツ(ハンバーグ)に助けられちまったぜ」と言うネタもある。 2、3ネタ演じた後、締めとして突然風に「元気ですか!」と叫び、「どうでしたか、今日のアツアツ鉄板ジョークは?(「今日のジョークの焼き加減は?」というパターンもあり)ご唱和ください、いくぞっ!7、8、9、ジュ〜…」と両手のひらを客に向ける(数字の10の意味)ネタをする。 このネタが誕生したのは「()」でのピンネタコーナーで、かつてで苦し紛れに言った「俺だよ俺、ハンバーグだよ!」というセリフを思い出し、ネタに仕立て上げたものである。 そこでは不発だったものの、ひな壇に戻った時に共演のより「あんなにスベッて帰ってこれるなんてハートが師匠クラスやな、まさにハンバーグ師匠や」と言われたことで「ハンバーグ師匠」という名前が付いた。 後に同番組の制作会議に呼ばれ、スタッフ内で好評だったことから、小沢やスタッフの協力のもと「ハンバーグ師匠」という独立したキャラクターが完成した。 このネタの初期は、相方の小沢一敬が「ハンバーグ師匠の愛弟子・ライス坊や」というキャラクターで一緒に登場し、「この街に、ハンバーグ師匠が帰ってきた!」とハンバーグ師匠を呼び込む「ハンバーグライス」というコンビ芸だった。 しかし、ネタが始まるとただ横で見ているだけというスタンスだったため「俺、いらないよな」と思ったことから、次第にフェードアウトして現在の井戸田のみのピン芸となった。 小沢扮するライスはハンバーグ師匠とは逆の超ローテンションで登場することが多く、「どした?お前、テンションが半ライスだな。 大盛り(全盛り)で来い!」と発破をかけるのがお決まりとなっていた。 ハンバーグ師匠のキャラは上記の笑いの金メダルの終了と同時に自然消滅していたが、小沢が漫才への情熱を失いコンビとして低迷していた時期に「小沢にネタをやる魅力をもう一度思い出してもらおう」との思いからハンバーグ師匠を復活させた。 ハンバーグ師匠でありながら下記のカジサックとのコラボ企画をやるまで一度もハンバーグを作ったことがなかった。 2012年4月5日放送の「お笑いジャッジポイント」では佐々木優介()の扮する弟子・ミートボールボーイが出てきたりもしている(MCの()と()曰く「先輩だからって何やっていい訳でもない」「こんな後輩を辛い目に遭わせて」「磁石でちゃんとやってるんだから」「『』で決勝にも行ったのに、今まで積み上げてきた磁石でのツッコミが、ミートボールという物で煮崩れを起こしてる」)。 2019年10月2日にYouTubeチャンネル「ハンバーグ師匠のミュージックライフ」を開設。 2020年4月に・とのコラボ動画を配信している。 の当項目を検証する企画では、「ハンバーグ師匠の生みの親」たむらけんじに電話でインタビューもしている。 たむら本人は命名した時のことを、全く覚えていなかった。 井戸田丸 [ ]• が試合中に行うの物真似で、2015年に誕生した新ネタ。 嗜好 [ ]• 最初に好きになったアイドルは。 中学時代に流行っていたの熱狂的なファンであり、特にが好きであった。 公式ファンクラブである「こニャン子クラブ」にも入っていた。 小沢と共にのファン。 ドラゴンズをネタの中心にした漫才も存在する。 また、中京圏ローカルの情報番組『』で長年スポーツコーナーを担当していることもあり、ドラゴンズの選手との交流もある。 やなどのマリンスポーツをやっている。 好きでもあり、メタリックパープルと黒の塗装を始めとする派手で約450万円をかけた改造を施したのFXDLローライダーを愛車としている。 このバイクは、2014年5月9日放送の『』で「モデル」などと酷評されていた。 尚、酷評した芸人達(・・)が立て続けに不祥事に見舞われていることが話題になっており、自身のYouTubeチャンネルでも「恐ろしいバイクでしょ」とネタにしている。 『』マニア。 2008年11月19日に行われた三国志模擬検定試験では100点満点をとったが 、第1回三国志検定で受けた3級は不合格であった。 家族 [ ]• 家族構成は父、母、兄。 父は元副議長の井戸田富隆。 父とは2011年7月19日放送の『』で共演した。 父親の後援会は「他人を抜く会」を由来とする「他抜会(たぬきかい)」であり、をイメージキャラクターとしていた。 また、子供の頃には実際に狸(名前は『ぽんた』)を飼っており、2013年5月には小牧の実家に、この狸に因んでの大きな狸の置物を祭った「ぽんた庵」が設けられている。 緑色のが特徴で、「小牧の珍スポットとして市民に親しんでもらえたら」との事である。 なお実家には、この他にも200体を越す狸の置物があるという。 交友関係 [ ]• 結婚するまでは、サークル「魁!井戸田塾」を主催していた。 サークル名は、漫画『』が由来。 合コンでは、「タッチ&ゴーゲーム」や「」を基にした「井戸田さんのアソコがふくらんだゲーム」などのエッチなゲームで場を盛り上げていた。 安達祐実との離婚 [ ] 2009年1月8日に離婚届を提出したことを、9日に双方の所属事務所が発表した。 長女の親権は安達が持ち、井戸田が今後しばらく養育費を支払う。 慰謝料の支払いはない。 井戸田は離婚理由を「お互いのすれ違い」と語り 、不仲は否定しており離婚後も一緒に食事をしたり、長女も交えて買い物や行楽に行ったりしていたという。 事務所の先輩であるの話によると、離婚の話し合いをしていたとされる2008年12月ごろまで井戸田は周囲の人間に「(夫婦仲は)大丈夫」と言っていたようである。 また、9月ごろに別居が報じられているが、はこれに関して「9月ごろからやたらと井戸田と飲みに行くようになった」 と証言している。 2013年には安達がセミヌード写真集を発売し、またその際に撮影を担当したカメラマンと恋愛関係にある事が明らかになった。 こうした事を経て安達とは今はほぼ絶縁状態で(安達の方から一方的に接触を断ったといわれている)、長女との面会を巡ってトラブルになっているという話もある。 安達の再婚報道があった直後、2014年11月10日放送の『』では、MCのにいきなり「再婚の予定はないんですか?」と突っ込まれて「俺ですか?」と不意を突かれた顔で「俺の身の回りの再婚はないですね」「日村さんが幸せになるまで俺は何もできないですから」と微妙にはぐらかす発言をした。 離婚の時にはヤケ酒ヤケ食いで8kgも太った。 また、2014年12月5日放送の『』において、安達の再婚報道があった日に顔に突然ひどいでき物(と思われる)ができた事を語った。 さらに2015年1月20日放送の『』では、2014年10月の熱海旅行中に安達から再婚についてメールでの報告を受けて思わず泣いた事を語った。 単独出演 [ ] コンビとしての出演はの項を参照。 テレビ番組 [ ] 現在のレギュラー番組• (2012年4月4日 - 、) - 水曜日コメンテーター兼イトダスポーツ・キャップ• (2012年4月2日 - 、) - 月曜日コメンテーター• アイドリぃむ!TV(2015年 - 、) - 司会• (2017年4月9日 - 、) 過去のレギュラー番組• (2011年10月3日 - 、) - ナレーション• (2013年9月24日 - 2017年3月7日、) - コメンテーターとして不定期出演の後、2016年からレギュラー出演• なないろDREAM TV(2014年10月2日 - 、CBCテレビ) - 司会 過去の準レギュラー番組• () - ゲストコメンテーター• (2013年4月19日 - 2015年9月、日本テレビ) - ロケゲスト• (2017年7月25日 - 2018年11月6日 、フジテレビ) その他の出演番組• (2006年12月30日、テレビ東京)• (2009年7月8日、)• (2011年5月14日、テレビ東京)• (2011年12月3日、)• (2012年3月17日、) - ゲスト解答者• (2012年8月16日・9月27日・10月11日、)• (2013年1月1日・4月27日・2014年1月1日 、フジテレビ) - ハンバーグ師匠として。 キャッチコピーは「アツアツの鉄板ジョーク」• (2013年2月19日・2014年4月1日、東海テレビ) - 日村塾長の代行として• (2013年9月1日、東海テレビ) - スタイルコンシェルジュ(ピンチヒッター)• (2014年1月1日、日本テレビ)• (2014年4月18日・8月22日、テレビ朝日)• (2014年12月4日・11日、TBS)• (2015年1月20日、フジテレビ)• (2015年1月26日 - 、テレビ朝日) - 「第二検索株式会社」に出演 テレビドラマ [ ]• 最終回(2006年、テレビ朝日) - ケンジ 役• ガッツポーズ!「クレーム美容室」(2011年2月20日、フジテレビ) - 国税局調査員() 役• (2012年4月12日、) - 岩崎龍司 役• 第10話(2013年6月17日、TBS) - 柳田泰司 役• 第3話(2015年5月12日、) - 「Mr. 大体のことはデキる」風間岳 役• (2018年、) - 役• 翔べ!工業高校マーチングバンド部〜泣き虫 先生が僕らに教えてくれたこと〜 2020年4月4日、 - 学校のOB 役、エンディングコメント ネット配信番組 [ ]• 鬼三村(2016年 - 、) - レギュラー• (2017年、) - シーズン4出演• ABEMA BOAT RACE TOWN 土曜 知識で争う波乗王(ナミノリキング)(2020年6月6日 - 、)MC ネット配信ドラマ [ ]• ピンボケ(2007年8月15日 - 2008年1月1日、)• ミルパパ〜しあわせの雑貨店〜(2007年8月15日 - 2008年1月1日、ミランカ)• (2011年、) - 健司 役 映画 [ ]• (2008年) - 城盛一成 役• くれないの盃(2008年)• (2011年) - 主演・浅見勘太郎 役• 不毛会議(2013年) - 綱吉少尉 役 ラジオ [ ]• (2020年4月26日 - 、) - 12期MC ミュージック・ビデオ [ ]• 「さよならはさよなら」(2009年)• シド「いつか」(2011年) 舞台 [ ]• (2010年) - 和田の初期マネージャー 役• 浮遊するfitしない者達(2012年) - ドジな死神 役• (2014年) - ガマゴンの声を担当 CM [ ]• 2 渋谷CLUBCRAWL 芸人大告白祭り・身を削るぎりぎりライブ 西尾季隆(X-GUN)、佐々木優介(磁石)、田中知史(オキシジェン)、成田優介(JJポリマー)、江戸むらさき 2011年4月20日 井戸田企画vol. 4 渋谷CLUBCRAWL 勝ち組のブサ面、負け組のイケ面のなぜ!? スピードワゴンのスピチャン!(学習研究社、2004年)スピードワゴンヒストリー(42-47ページ)• ZAKZAK 2009年1月9日. 2009年1月9日閲覧。 R-1ぐらんぷり公式サイトより(、)• WalkerPlus 2010年2月19日. 2015年4月17日閲覧。 他に「どうした、『って本当に食べれるんですか?』みたいな顔しやがって」「どうした、『今日の、いつもより固いな』みたいな顔しやがって」などのパターンもあり。 初期には、早口気味に小声で「ハンバーグ」と言った後、顔面のアップと共に「ドン! 」という効果音が鳴るスタイルであった。 YouTube. 2019年12月30日閲覧。 2020年6月11日. 2020年6月12日閲覧。 2016年7月15日閲覧。 livedoorNEWS 2015年1月2日. 2015年10月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年4月17日閲覧。 2008年11月20日. 2015年4月17日閲覧。 シネマトゥデイ 2009年6月10日. 2015年4月17日閲覧。 47NEWS. 2015年4月17日閲覧。 2011年7月19日. 2015年4月17日閲覧。 com 2008年8月20日. 2015年4月17日閲覧。 2005年9月15日. 2015年4月17日閲覧。 nikkansports. com 2009年1月10日. 2009年1月14日閲覧。 スクープ!エンタメ 芸能のツボ 2009年1月23日. 2009年1月23日閲覧。 スクープ!エンタメ 芸能のツボ 2009年3月12日. 2009年3月12日閲覧。 エンタメスクープ 2009年3月14日. 2009年3月14日閲覧。 NEWSポストセブン 2010年11月26日. 2010年11月26日閲覧。 スクープ!エンタメ 芸能のツボ 2010年12月3日. 2010年12月3日閲覧。 デイリースポーツオンライン 2009年1月13日. 2009年2月8日時点のよりアーカイブ。 2009年1月14日閲覧。 (ウェブアーカイブ)• NEWSポストセブン 2013年8月29日. 2013年8月29日閲覧。 (ウェブアーカイブ)• NEWSポストセブン 2014年4月18日. 2014年4月18日閲覧。 スポニチアネックス 2014年11月10日. 2014年11月10日閲覧。 Yahoo! ニュース 2009年12月7日. 2009年12月7日閲覧。 スポニチアネックス 2014年12月5日. 2014年12月5日閲覧。 BIGLOBEニュース 2015年1月21日. 2015年1月21日閲覧。 (情報提供元:). 2019年9月17日閲覧。 ORICON NEWS. 株式会社oricon ME 2017年10月3日. 2017年10月3日閲覧。 AbemaTV. 2018年7月14日閲覧。 Yahoo! ニュース 2014年6月30日. 2014年7月1日閲覧。 当初は3月24日開催予定だったが、の影響を考慮して延期された。 関連項目 [ ]• (相方)• (元義兄)• (元義弟) 外部リンク [ ]• junjunitojun -• - チャンネル•

次の

ハンバーグ師匠がムックのピアノ生演奏で斉藤和義の「歩いて帰ろう」を歌ってみた!【ガチャピン&ムック】

ハンバーグ師匠 楽器

お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田 潤が扮するハンバーグ師匠が歌手デビューした。 デビュー曲「TOKYOハンバーグ」の作詞作曲はゲスの極み乙女。 、Indigo la Endなどのバンドでフロントマンを務める川谷絵音。 コーラスには相方の小沢一敬、ベースにはゲスの極み乙女。 、DADARAYの休日課長を迎えるなど豪華な布陣となっている。 2019年1月のYTV"ダウンタウンDX"において井戸田、川谷が番組内企画の運勢ランキングで同率1位になったことがきっかけで今回のリリースに至った。 運勢1位の恩恵を今のところふたりとも受けていないため、このリリースで1位の実力を発揮できるのか必見である。 川谷絵音からは以下のコメントが到着している。 ハンバーグ師匠が都会的なハンバーグをナイフとフォークでお洒落に食べているイメージで聴いてください。 トラックメイカー Qrion、ゲスの極み乙女。 のちゃんMARIが手掛けたリミックス曲を含む全12曲のバリエーションはもちろん、各プレイヤーのフレージングや音色も多彩に。 インタールード2曲で挟まれた中盤のゾーン(Track. 4~8)には"命"をテーマにした曲が揃い、異次元へとワープするような構成も物語性が高く美しい。 楽曲それぞれの物語は完結しているというよりは、続きを含んでいるような余韻がある。 次回作への伏線、今後のindigo la Endの序章にも成り得るアルバムではないだろうか。 まるで夜明け前の空のよう。 彼らの彩る藍色がさらなる輝きや潤いを得る日も近い。 (沖 さやこ) 川谷絵音がメジャー・デビュー時にインタビューで語った"今日のバンド・シーンに入っていくため"の骨頂が前作『幸せが溢れたら』ならば、『藍色ミュージック』はindigo la Endの感性が反応する音楽を追求したものだろう。 ロックはもちろん、ブラック・ミュージック、ファンク、ダンス・ポップ、チルウェイヴなどを取り込んで作られた独自の音楽性は落ち着いていてシック、まさしく藍色。 各楽器に演奏のスキルがあるからこそ、聴き手がじっくりと聴き入ることができる。 それを日本のポップ・ミュージックとして成立させているのは歌の力が大きい。 琴線に触れるメロディ・ラインは歌詞同様の哀愁を綴り、歌詞もまた柔らかく滑らかにメロディを紡ぐ。 日本の音楽シーンに新たな歴史を拓く作品に成り得るのでは。 渾身の勝負作。 (沖 さやこ) indigo la End史上、最も感情的な3曲だと思う。 川谷絵音はこれまで絶妙な機微をメロディと言葉に落とし込み、バンドは淡く美しい世界を描いてきたが、昨年加入したベーシストの後鳥亮介と、今年加入したドラマーの佐藤栄太郎の強力なリズム隊が、楽曲の中に大きなうねりを生んでいる。 彼らは爽やかさのある楽曲の中にある切なさとやりきれない感情を大きく引き立て、そしてその上で舞う色鮮やかな2本のギターの交錯も躍動的だ。 新たな一歩を踏み出したことが嬉しくてたまらないと言わんばかりに力強いアンサンブルがめくるめく。 ソウル・ミュージックの匂いのあるTrack. 3はまさしく新境地。 曲の心地よさはもちろん、川谷絵音のヴォーカルがこれまでにないくらい眩く、その歌に胸が焦がれた。 (沖 さやこ) このアルバムでindigo la Endは本当の意味で歌を大事にしたバンドになった。 それは川谷絵音のヴォーカルの変化が大きい。 "いい歌詞が書けたから、ちゃんと伝えたいと思った"。 これまではそれを主に感傷的なサウンドや緻密なアンサンブルで表現していたが、この11曲では歌詞と自分の心の奥に一歩踏み込んだ彼の歌が煌く。 ストリングスなどを取り入れたことでさらに音の幅は大きく開け、昨年夏に後鳥亮介が正式加入したことで、過去最高にベースの存在感が強い、人間の力を感じられる躍動的な音像に仕上がった。 悲恋や失恋がテーマゆえに、聴いているだけで自らの過去のそれが如実に思い起こされ、胸も痛む。 だが聴き終えたときに残るのは"幸せだったあのころ"という切なくもあたたかい尊さ、そしてindigo la Endの優しさだ。 (沖 さやこ) 川谷絵音は他者のことを冷静に見つめ、深く考えられる人間だ。 だからこそ彼の頭の中で生まれた音楽はバンドという音になり、盤という形になる。 そしてそこにはひとつひとつ大きな意味が存在する。 ベーシストの後鳥亮介を正式にバンドに迎え入れた第1作目は、メジャー・デビューを機に更に知名度を高めたindigo la Endのモードにシンクロし、よりポップ・センスを高めた開けた楽曲が表題を飾った。 "あなたあなたあなた"と繰り返す1回聴いただけで頭に入る中毒性の高いサビは歌謡曲的で、ロック・シーンに身を置く彼らが今以上に広い場へと羽ばたくことを予感させる。 昨年リリースのライヴ会場限定シングルに収録された「幸せな街路樹」を含め、indigo la Endというバンドを象る4本柱というべき楽曲群だ。 (沖 さやこ) 2012年4月に全国デビューを果たしたindigo la Endの約14ヶ月ぶりの新作。 このアルバムが完成した後にバンドのメジャー移籍が決まったとのことで、意図せずこの作品が彼らのメジャー・デビュー作となったが、より広い場所へ身を移し発する第1作に相応しい開けたサウンドになっている。 バンドの魅力でもあった歌が主体になりつつもプログレ的展開を見せるサウンドスケープはより明快に。 川谷絵音が自身を投影した心情描写に情景描写が絡む映画のような歌詞もドラマティックに流れる。 フィクションとノンフィクションの間を華麗に行き来する楽曲群に翻弄され、聴くたびに違った景色が広がるのは、indigo la Endが人の心にしっかりと寄り添う、ぬくもり溢れるミュージックを奏でているからだ。 (沖 さやこ) 昨年4月にデビューしてから2枚のミニ・アルバム、1枚の会場限定シングルをリリースとハイ・ペースでリリースを続けてきた彼らの待望のフル・アルバムであり、2枚のミニ・アルバムから続いた3部作の完結作。 「sweet spider」で彼らのメランコリックなメロディと淡い世界観をストレートに表現し、 彼らにしては 過去の楽曲である「she」や「大停電の夜に」もしっかりと今の音にアップデートされている。 個人的なハイライトである「スウェル」では彼らにしか成し得ない超展開とエヴァー・グリーンなメロディ、そして全てをしっかりと完結させる完成度の高さは彼らの成長を強く感じる。 Indigo la Endの1年が凝縮した作品であり、今の尖り続けるロック・シーンに一石を投じる意欲作。 (伊藤 啓太) 前作『さようなら、素晴らしい世界』でデビューしたindigo la Endのニュー・ミニ・アルバム。 収録されている6曲のうち2曲がインタールードという点と、彼らの楽曲1曲1曲がドラマ性にとんでいるのもあり、1冊の小説のような統一された空気感をまとったコンセプチュアルな作品に仕上がっている。 ライヴでも既に定番曲になっているTrack. 2「レナは朝を奪ったみたいだ」は彼らの持ち味である尖ったギター・サウンドと次々と変わる展開が独特の疾走感を生み、Track. 4の「渚にて、幻」は壮大な世界観をシンプルに描写したこのミニ・アルバムのキーとなる楽曲。 (伊藤 啓太) 東京在住、今回のリリースまでに3本のデモをリリースし、自主企画では200人を超える動員を叩き出し耳の早いインディー・ロック・リスナーの間では話題になっていた彼らの初全国流通盤。 鮮やかなメロディが川谷絵音(Vo,Gt)の声を際立たせる「緑の少女」から始まり、「秘密の金魚」、「ジョン・カーティス」では彼らが最近流行のセンシティヴで心象風景を綺麗に奏でる"だけ"ではなく、内に秘めたヒリヒリとした"ロック"を感じる事ができる。 そしてライヴでも最後に演奏される事が多い「素晴らしい世界」で彼らの最初の物語は幕を閉じる。 色彩豊かな"メロディ"そして"歌"がこのバンドの武器であることは言うまでも無いが、緻密に構築したサウンドを縦横無尽にせめぎ合うバンド・サウンドにも同じくらい注目していただきたい。 (伊藤 啓太) "ここから新しいゲスの極み乙女。 が始まります"。 そして、またも唸らせられるほど鮮烈な1枚が到着した。 「私以外も私」、「キラーボールをもう一度」という代表曲をセルフ・オマージュした曲もだが、音の面ではロック然とした部分が減り、ストリングスを取り入れたり、曲ごとにジャズ、ヒップホップをフィーチャーしたりして、バンドを塗り替えている。 それは複数のバンドを同時に動かす川谷ならではのギアの入れ方で、川谷、ほな・いこか(Dr)の歌の表現力、ベース・マエストロとでも言うべき休日課長の豊かなベース・ライン、そしてちゃんMARI(Key)のラップ(!)を含め、4人の音がより研ぎ澄まされたものに。 聴き応えしかない。 (稲垣 遥) 天晴、お見事と言うべき完成度。 表題曲はアクション・ゲーム"クラッシュ・ロワイヤル"CMソング。 歌詞の"3分間"はゲームのルールから引用されたもので、楽曲自体も3分で終結するだけでなく、その間に各メンバーの個性がフィーチャーされた怒濤の展開が詰め込まれている。 これだけのアンサンブルをJ-POPとして成立させるという大胆で鮮やかな手腕、メロディと歌詞の相乗効果が生むセンス、これぞ"ゲス乙女の凄み"だと見せつけられるようでもあった。 ポップだが緊迫感が漂うTrack. 2、シンセと打ち込みのビートが効いたシックなトラックメーカー的サウンド・アプローチのTrack. (沖 さやこ) 達磨は男性、林檎は女性を示すのだろうか。 漢字3文字"両成敗"の次は"達磨"と"林檎"を繋ぎ合わせた漢字4文字のタイトル。 アルバム全体で東京を舞台にしたラヴ・ストーリーを様々な角度から照射するような作りで、達磨と林檎の共通点である"赤"を彷彿とさせる言葉を始め、"アルコール"と"酒"や"マンション"と"物件"など異なる曲同士にリンクするワードも多く登場する。 情景と心情描写に長けたサウンドスケープはさらに艶やかに、プレイはより繊細でテクニカルに。 その場の匂いまで立ち込めるような生々しさと、洗練された画角と鮮やかな色味の長編映画を観ているような感覚の両方を味わえる。 (沖 さやこ) 前作『魅力がすごいよ』が大きな音楽的進化を遂げたアルバムならば、今作『両成敗』はゲスの極み乙女。 が元来持っていた遊び心やユーモアを取り戻した作品とも言える。 だがそのユーモアの表現方法は『魅力がすごいよ』で得た方法論。 プレイヤーとしてのフレージングのパターンも増えてアンサンブルの強度は増し、耳に残る印象的な言葉を抜群の譜割りで乗せるというシングル3作でも立証されていた彼らの個性を磨き上げた楽曲が揃う。 ギター弾き語りを基盤にした曲や余韻の残る歌が印象的な曲など一筋縄ではいかないミディアム・テンポ系の楽曲も充実。 それは全17曲という曲数だからできることでもあるが、このボリュームでも中だるみを感じさせず聴き心地の良さもある。 彼らの音楽性の集大成でもありながら、新たな工夫も散見する意欲作だ。 (沖 さやこ) 2ndシングルを今年4月にリリースしたばかりのゲスの極み乙女。 が早くも3曲入りの3rdシングルを発表。 前作も個々のスキル向上やバンドのアレンジ力に驚いたが、今作もそれを凌駕する勢いだ。 今作はそれに加えて、ソングライターである川谷絵音の等身大の姿が今までで最も歌詞に投影されている。 Track. 1は心の内に潜む彼の素直な部分をそのまま音にしたような繊細なメロディと、焦燥感とロマンティックさが混在するバンド・サウンドと合わさり、涙が零れ落ちる瞬間のような美を作り出す。 Track. 3はシリアスで緊張感のあるギターと鋭いラップが前面に躍り出たスリリングな楽曲。 だがサビはトンネルを抜けた瞬間に見える青空のような爽快なポップ感があり、そのユーモア・センスには舌を巻くばかりだ。 (沖 さやこ) 2014年10月にリリースされた『魅力がすごいよ』に続き、バンドの急成長に面食らった。 バンドのアンサンブルの強度の上昇はもちろん、各プレイヤーの表現力と音色の拡張が目覚ましい。 表題曲は美しいピアノとストリングス、ゴスペル調のコーラスで幕を開けて4人の音が入る瞬間の華やぎ具合は新しい価値観以外の何物でもないのだ。 難解で、ある種屈折した展開がこれだけポップに響くのは、プレイヤーのスキルとメロディとサウンドの歯車が噛み合っていることが絶対条件。 これをやりこなしてしまう、やはり彼らはとんでもないバンドだ。 大きなうねりを見せる流麗なTrack. 2、過去曲のリアレンジというよりは別曲とも言えるTrack. 3、打ち込みと生ピアノが織りなす幻想的なTrack. 4はヴォーカルも新しい。 全曲が圧倒的である。 (沖 さやこ) ゴールデン・タイムに放送された地上波のTV番組で、ゲスの極み乙女。 について紹介しているVTRが流れた。 そのTVはこう言っていた。 "このバンドの最大の魅力は毒っ気の強い歌詞"。 世間が評価した"魅力"を磨き続けることを選択する者が多い中、このバンドは更なる高みを求めるために、自身の思う"完璧"なフル・アルバムを作るために、新たな場所へと飛び立った。 そしてこの皮肉めいたタイトルを証明し、凌駕する作品を完成させたのだ。 ジャンルを超越した彼らの音楽は、まさしく芸術だ。 (沖 さやこ) ゲスの極み乙女。 というバンドのバズの起こり方は、他者の力を強く感じるものだった。 ネットや実際の口コミにより、たちまち彼らの名前はロック・シーンへ拡散。 四つ打ちを取り入れたダンス・ビートという"主流"に、ラップ、ジャズやクラシックのテイストを感じさせるピアノの音色、4人のキャラクターなど、主流からの"ズレ"を次々投入した彼らの音楽は間違いなく新感覚だった。 そしてバンド3作目となる今作は、ロック・シーンという狭い枠を飛び抜けるポップ・センスが炸裂。 緩急と音の隙間を巧みに操るサウンド・メイクも、4人の顔が浮かぶような人間味のあるそれぞれの音色も、シュールでひりついた川谷絵音のラップも、全てに自信とより羽ばたこうとする覚悟が漲る。 これからのバズは彼ら自らが起こしていくのだ。 (沖 さやこ) 今年は彼らの名前をよく聞いた。 ゲスの極み乙女。 最近は日本語のバンド名が増えているとはいえ、"ん?"と一瞬耳を疑うネーミングセンス。 しかも、これがindigo la Endのヴォーカルの別ユニットと聞いてもっと驚いた。 本作は、前作『ドレスの脱ぎ方』から9ヶ月ぶりの2ndミニ・アルバム。 レーベル資料には"ヒップホッププログレバンド"という言葉が書かれているが、正直、このバンドの音楽性はそれだけではちょっと言い表せない。 ヒップホップ、プログレ、パンク、ニュー・ウェーヴ、J-POP、もちろん最近の国産ロック的な要素も入っている。 様々な音楽的アイデアが、まるで大喜利でもするかのように無邪気な遊び心で噛み砕かれ、編集され、完成度の高いポップスとして再構築される。 まさに新世代的なセンスの塊。 脱帽です。 Kを中心に休日課長 Ba 、ちゃんMARI Key 、ほな・いこか Dr で結成されたバンドなのだが、音はindigo la Endのそれとは完全に別物。 全パート自由度の高いアプローチを一聴すると好き勝手にぶつけているようにも感じるが、しっかりとまとめあげるセンスに脱帽。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. 31 @中野サンプラザ 2019. 16 @昭和女子大学 人見記念講堂 2018. 10 @新木場STUDIO COAST 2015. 03 @東京国際フォーラム ホールA 2015. 31 @渋谷公会堂 2014. 24 @LIQUIDROOM ebisu 2014. 14 @渋谷CLUB QUATTRO 2019. 12 @豊洲PIT 2017. 10 @Zepp Tokyo 2016. 31 @日本武道館 2015. 14 @横浜アリーナ 2015. 15 @新木場STUDIO COAST 2014. 17 @Zepp Tokyo 2014. 06 @ LIQUIDROOM ebisu 2014. 19 @代官山UNIT 2013. 24 @Zepp DiverCity.

次の