ガリレオ 6 話 放送 禁止。 ガリレオ(2007年) 第6回 2007年11月19日(月)放送 夢想る(ゆめみる)未来の恋と二人きりの長い夜

ガリレオ(2007年) 第6回 2007年11月19日(月)放送 夢想る(ゆめみる)未来の恋と二人きりの長い夜

ガリレオ 6 話 放送 禁止

湯川(福山雅治)は、薫(柴咲コウ)から、彼女の幼なじみが起こした事件についての捜査協力を依頼される。 事件が起きたのは森崎家の屋敷だった。 2階の自室で寝ていた17歳の娘・礼美(堀北真希)のもとに坂木(新井浩文)という男が現れ、暴行を働こうとしたのだという。 物音に気づいた礼美の母・由美子(手塚理美)は、娘の部屋に駆けつけ、坂木に向かって猟銃を発砲した。 幸い礼美は無事だったが、坂木は傷を負ったまま現在も逃亡中だった。 坂木は、薫とは小学校時代の同級生で、現在は占い師をしていた。 坂木の店の名前は『モリサキレミの占いの館』。 つい最近、薫は、偶然この店を訪れ、坂木と再会していた。 捜査にあたった弓削(品川祐)は、坂木が客として自分の店にやってきた礼美のことを、ここひと月ほどストーキングしていた事実を薫に告げる。 そんな折、薫の携帯電話に逃亡中の坂木から連絡が入る。 そこで坂木は、自分を部屋に呼んだのは礼美の方だと薫に訴えた。 坂木が占いに使っていた水瓶に、「会いに来て」という礼美からのメッセージが浮かんだというのだ。 湯川の元を訪れた薫は、事件の経緯を説明した。 しかし湯川は、ストーカーの妄想にしか思えない、と答えた。 すると薫は、坂木が小学校時代に書いた作文を湯川に見せる。 そこには、「僕の夢は、モリサキレミと結婚すること」と書かれており、文章の横には、礼美の部屋の飾り窓とそっくりな絵が添えられていた。

次の

ガリレオ(2007年) 第6回 2007年11月19日(月)放送 夢想る(ゆめみる)未来の恋と二人きりの長い夜

ガリレオ 6 話 放送 禁止

主演は。 系「」枠で、第1作(第1シーズン)がからまで、第2作(第2シーズン)がからまで、各々毎週月曜日21時 - 21時54分に放送された。 また、このテレビドラマの劇場版として、映画『』がに、映画第2弾『』がに公開された。 概要 [ ] 連続ドラマ(概要) [ ] 帝都大学理工学部物理学科・ 湯川学が新人女性刑事・ 内海薫の依頼を受けて、明晰な頭脳で事件のさなかに起きるを解き明かして事件を解決する。 原作での湯川の相棒・草薙が内海に変更された経緯は参照。 原作は、の小説で中の短編小説集第1作『』と、第2作『』。 また福山は番組プロデューサーの要望を受けて、本作の音楽を担当。 主題歌も共演の柴咲コウをプロデュースして、「 (コープラス)」としてユニットを組む。 今回のシーズンではガリレオが70ヶ国以上で放送されることが決まっており、主題歌はオリジナル以外に韓国語verと中国語verを制作している。 フジテレビとしては初の、番組公式コミュニティサイト「 ガリレオ研究室」も公式サイト内に設置されている。 トリック暴きに時間を費やしているため、あらかじめ犯人が犯行の様子を視聴者に見せるというに近い形式を取っている。 よって犯人は大抵の場合、次回予告などでゲストとされる人物や、本編中で証拠不十分で逮捕されていなかった人物など、ほとんど明かされている状態である。 視聴者は犯人が誰であるかよりも、どういったトリックを使うことで犯行が可能であったか、視聴者(と主人公たち)はどこを見落としていたのかと言った部分を楽しむことになる。 第55回『』では最優秀作品賞・主演男優賞(福山)・助演女優賞(柴咲)・脚本賞・監督賞・ドラマソング賞(KOH+「KISSして」)の6部門を制した。 にはヒロインがに交代し、4月より『』『』『』『』を原作とする連続ドラマ第2シリーズが放送された。 第2シリーズはにおいて連続ドラマ優秀賞 とソウル国際ドラマ賞2014の特別賞 を受賞した。 草薙の過去の回想で「落下る」を使用し、大筋の内容は「操縦る」を使用したストーリーとなっている。 学生時代の湯川と石神の会話や、終盤での原因不明の事件が映画の冒頭シーンに登場するといった映画とリンクする場面がある。 ドラマ本放送終了後に、の「最愛」のライブ映像が放送された(ライブ映像は、2008年9月25日にが収録。 :、:)。 ガリレオXX(概要) [ ] 『ガリレオ XX(ダブルエックス) 内海薫最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)』は、2013年6月22日に土曜プレミアム枠で放送された『ガリレオ』原作にはないオリジナルストーリーのスピンオフドラマであり、時系列としては第1シーズンと第2シーズンの間のエピソード。 内海薫のオクラホマ研修へ至るまでの日常と心理の描写、そして最後に取り組んだ事件の解決と第2シーズン第1話へ繋がる前日譚で締めくくられている。 映画(概要) [ ] 本作の劇場版としてガリレオシリーズ第3弾『』が製作され2008年10月4日に公開。 2013年6月29日にガリレオシリーズ第6弾『』が劇場版第2作として公開されている。 シリーズ [ ]• テレビドラマ• 土曜プレミアム「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ」(2013年6月22日)• (2008年10月4日公開)• 第十三研究室所属。 頭脳明晰、スポーツ万能で容姿端麗。 一人称は僕。 女子学生に人気があり、その講義の最前列は女子学生で埋まっている。 学生時代の同期である草薙や研究室の学生は、彼のことを「 変人ガリレオ」と呼んでいる。 「全ての現象には必ず理由がある」との信念を持ち、科学的に立証可能な事象を頭ごなしに否定することを好まず、「ありえない」という発言に対しては常に否定的な姿勢を示す。 そのため・の類は一切信じないが、関連する情報には造詣が深い。 やなどのスポーツや、趣味で行っている料理も数学的・理論的に解釈しようとする理屈屋でもある。 「子供は非論理的だから」との理由で子供嫌いであり、捜査において子供と会話をすることさえ厭い、第1シーズン第二章・第2シーズン第一章では無理して子供と見つめ合ったために、を発症する。 第2シーズン第四章では子供が走り寄って来た際に「近づくな! 」と大声で遮っている。 第2シーズン第二章にて自ら発言するように、高校生程度ならば平気なようである。 また小学生以下でも理論的なら蕁麻疹は発症しない(映画『真夏の方程式』)。 持ち込まれた事件に興味を示した時の口癖は、「実に面白い」「実に興味深い」。 また、未解明な事象に遭遇した際には突如笑い出し、突如真顔になって「さっぱり分からない」と言う。 自分の中で全ての謎が氷解した際には、頭の中を整理する癖として・石・マジックなど目の前にある道具を筆記具として使い、地面やショーケース等、所構わずトリックの証明をするためのを記述する。 その際は「そういうことか」と発言する(他にも色々なパターンがある)。 なお、この式は物理学などの方程式であり(放送前特番より)、それらは事件の主題に関連したものである。 ただし実際には、公式などの羅列に留まっているため解は求められないことが多い。 記述後はを模した左手を顔に当てるポーズを取る。 なお、湯川は方程式を消さないで立ち去ってしまうので、苦情を受けた岸谷が二時間掛かって消したことがある。 「(非論理的であるため)人間の感情に興味は無い」と断言するが、犯人像の特定や目撃者の錯覚を指摘する場面などで、人間の心理を熟知している様子が窺える。 また、第一章で内海の作り話を信じて同情したり、彼女が落ち込んでいる時に気配りしたり、また目前で傷心の相手は気に掛け、慰めることは多いなど、若干他人より判り辛いが人情味を持っていることがうかがえる。 考え事をする時にはを飲むことが多く、常に研究室に置かれている。 これは、味などは関係なく、単に「を入れる時間が無駄だから」という彼らしい(恩師の木島によると「物理学者らしい合理的な」)理由によるものである。 ただし、料理の味に関心がないわけではない。 彼の作るコーヒーは味が薄いらしい。 ・などネバネバしたものが好物であり、学食のシーンではたいてい納豆などの入った小鉢をかき回すシーンが見られる。 また、バーで氷入りのを飲む時などは指で氷を頻繁にかき回す。 ガリレオの異名を岸谷に説明する際、カーナビに『』と入れた。 中学時代はに在住しており、現在同様女子生徒に人気があった。 草薙刑事とは同級生であり、当時はバドミントン部に所属していた。 ほぼ必ず最初は捜査協力を拒否するのだが、『そんな事はありえない』『無理』等のキーワードを聞くと、過去の史実を例に出して興味を持って捜査協力するのが毎回の流れになっている。 実はスケベな一面があり、エピソードゼロにて捜査協力を依頼されたが一度は拒否したのだが、『穴場のビーチでビキニ姿の若い女がうじゃうじゃいる』と言われて捜査協力を承諾している。 生まれ。 交通課時代に痴漢犯65人を逮捕した実績を持ち、草薙に憧れて捜査課に転属してきた。 草薙の紹介で湯川に捜査協力を求める。 湯川とは反対に、理屈より「刑事の勘」や感情で動く直情的な性格であるため、理屈で動く湯川に歯が立たない。 また、授業や実験の最中でも自分の用件を優先し、待つという選択肢を持たないので栗林を悩ませる。 時折湯川のかっこ良さに見惚れてしまうこともある。 嘘や演技が上手く、変人湯川の協力を得るため、事件を湯川が否定するオカルトや心霊現象に喩えたり、第一章では海外の刑事ドラマ(に家族を殺された)からそのまま引用した作り話で涙を本当に流して同情を誘ったりしている。 自分から事件を持ち込んでくることが多いが、第1シーズン第三章では湯川から、第1シーズン第七章では栗林から捜査を依頼され、逆に嫌々ながら協力することもある。 事件解決のために、かなりのペースで湯川ゼミを訪れているため、ゼミ生の間では「湯川と恋愛関係にある」と思われていた(本人はその話を聞き驚いている)。 年齢より若く見られることが多いらしく、第1シーズン第一章では帝都大学の学生と勘違いされてナンパされている。 また、第1シーズン第六章では幼馴染である坂木の母親に「(少女時代から)顔が変わらない」と言われるほどである。 「感情的」「非論理的」と湯川に切り捨てられ、ぼやきながらも黙り込まざるをえないことが多いが、番組後半では徐々に湯川の扱い方を心得てきた。 第六章で湯川と「ありえる」名前と「ありえない」名前の話になった時、自分の祖母の名前(茶柱たつこ)を湯川に「ありえない」と言わせたり、第1シーズン第八章で適当に作り、手際も見た目も悪いが味はいいで「料理は科学だ」と理屈を並べる湯川を黙らせたりと、湯川を負かすことも少しだがある。 また当初は死体を見ると嫌な顔つきをしていたが、事件の手掛かりを得るため城ノ内の元へ頻繁に通ううち、徐々に慣れていく。 第2シーズンでは第1シーズンの功績でなどの怪奇現象が多く起こっている・へ研修のために旅立つ。 本人は「湯川先生のせいでこうなった」と不満を漏らしていたが、湯川から餞別として(と同じ硬度)を貰う。 またオクラホマに研修に行った後も湯川との関わりはあるようで、第2シーズン第七章ではの模型を湯川に送っている。 ガリレオスピンオフドラマ『ガリレオ XX』では主人公を務める。 原作では湯川の相棒は草薙だが、ドラマでは製作者の意図により内海になった。 元々はドラマ化に当たって製作側の希望で誕生したキャラクター。 ただしキャラクター自体は原作者が考えたものであり、初出は原作からである(ドラマより先に登場している)。 なお、原作で内海が登場するのは短編小説集『』から。 草薙とコンビを組んで捜査に当たることが多いが、『ガリレオの苦悩』以降は視点主となることは殆どない。 このためドラマ版と原作ではキャラクターや役回りがかなり異なる。 岸谷美砂(きしたに みさ)〈25〉 演 - (第2シーズン) 第2シーズンのヒロイン。 内海に代わる湯川の相棒として登場した。 帝都大学法学部卒。。 入庁2年目で警部補に昇進した刑事。 大学時代はサークルに所属。 前述の内海の海外研修により本庁()から赴任し、内海本人から湯川の担当を命じられる。 性格は度を超える程の自信家でプライドが非常に高く、自分より下と思った人間は、年上であろうが、上司であろうが、容赦無く見下しタメ口で会話する。 草薙曰く帝都大生にありがちな性格。 内海がお世辞のつもりで言った「頭がいい」を迷うことなく「はい」と応え、また、そんな自分の性格を分かって行動しているため、同僚や上司からは怪訝に思われている。 その割に刑事としての実力は高いとは言えず、湯川からは寧ろいいように扱われている。 推理に関しても自信満々に「自分に酔った」状態で話すが、太田川からは穴だらけとツッコミを受ける始末である(ただしきちんと煮詰まっていないだけでまったくの的外れではない)。 その他、原作では草薙がすぐに見破ったトリックに気づけなかった。 栗林とは些細なことでいつも言い合い喧嘩になっている姿を見た湯川から、「栗林とは犬猿の仲だが、本当は仲が良いのではないか」と言われる。 しかし、気分が落ち込むと敬語になり、上層部の評価を気にする一面も見られる。 歯に衣を着せない物言いをするが、友人曰く「好きな男性の前では別人のようにおとなしくなってしまう」とのこと。 大学時代に「中島くん」という好きな相手がいたがのときにその性格が災いし「」などと余計なことを喋ってしまった為に失恋している。 これを引きずっているのか、酔って湯川の研究室にきた時、熟睡した際に寝言で「中島くん」と言っていた。 また湯川に襲われると誤解した時も「中島くん」と呟いていた。 今でも心に残っている人物のようである。 殺人容疑が掛けられた女子高生に対し、気に掛けて接するなど「面倒見のいいお姉さん」という面も持つ。 湯川の作るインスタントコーヒーが口に合わないらしく、のコーヒーをテイクアウトして飲んでいる。 内海と同じくドラマ発祥のキャラクターだが、こちらは原作には登場していない。 なお原作には、岸谷という苗字の人物として同じ班に属する男性刑事が、美砂という名の人物として草薙の姪(姉の娘)が登場する。 大学の同期である湯川の助力で「田園調布ねずみ男事件」「蒲田念力殺人事件」「羽田空中浮遊事件」などの難事件を解決し、第一章の事件翌日に本庁(警視庁)に栄転した。 入れ替わる形で配属された内海からは「ミステリーハンター」と呼ばれて尊敬されているが、シーズン1の第1話で内海に対して「事件を解決したのは湯川」と告げ、湯川の協力を得るように助言する。 ドラマでは女受けがいいという設定。 以降も何かと内海のことを気にかけている。 第2シーズンでは内海に岸谷を紹介し、岸谷が内海の後任として選ばれたのは彼の意向と思われる。 目をかけていた内海とは逆に、岸谷に対しては「性格に難がある」として少し厳しめに接している。 実は学生時代に殺人事件に巻き込まれ、容疑者として警察に逮捕されかけたのだが、学生だった湯川がトリックを暴いてくれたお陰で無実になったという過去がある。 原作では湯川の相棒として登場しており、内海とはコンビを組むことが多い主人公格。 逆にドラマ版ではサブキャラクターのため出番は少ない。 原作では出番は少ないが勘のいい刑事だった。 逆にドラマでは「勘の良さ」は見られず、かなり凡庸な人物になっている。 内海に対しては態度が大きいわりに焼死体を見てトイレで吐くなど根は小心者。 内海とコンビを組んでいるが基本的には邪険に扱う。 見当違いの見込み捜査や一昔前の刑事ドラマのような尋問をすることが多い。 一方で引ったくりの被害者がすごい好みのタイプだったので、内海から「女の子って電話番号は教えてもらうのと訊かれるの、どっちがいい?」などとしょうもない質問をしてきた。 シーズン1最終話では、事件の結末に納得がいかないと反発する内海に対し「言うこと聞かない後輩だな」と苦笑しつつ、単独捜査を認めて見送った。 後輩の内海が死体を見る事に段々慣れていくのに対し(城ノ内の元へ頻繁に通っているため)、彼は咽せたり、嫌な顔つきをする。 ドラマ版レギュラー出演者の中では唯一湯川と直接の絡みが一切無かった。 彼をはじめ貝塚北署のほとんどは草薙とその後の内海が難事件に対する協力を湯川に依頼していることはもちろん、湯川の存在さえ知らないようである(第二章では事件に進展があったことを内海に電話した際、代わりに湯川が電話に出てトリックが証明されたことを多謝するが、彼は湯川だと気付かなかった)。 ガリレオXXの時点では本庁に異動していた。 本作のスピンオフドラマ『』の主人公でもある。 死体を見た刑事の面々が気分を悪くする中、一人であっけらかんとしているなど職業柄とはいえ豪胆なところがある。 湯川が草薙の捜査に協力していたことは本人から聞いており、第四章で湯川と初めて会った時から、外部からのを実践させる方法についての話で盛り上がっていた。 また、第九章では互いに理系で会話が弾むということもあり、「こんなに話の合う男は初めて」と感想を述べている。 死体の検分をしているとき以外は、たいがい職場の遺体保存用冷蔵庫に大量に保管している菓子・デザート類を食べている。 署内の人間では彼女のみが湯川のことを「ガリレオ先生」とニックネーム的に呼んでいる。 第八話の被害者の料理教室に通っていた経験があり、そのことから内海に死体から得た死者のメッセージをアドバイスを送った上で託す。 シーズン2には登場せず、代わりに後述のアイザックが登場した。 柿坂千鶴 演 - 青柳塔子 演 - 門松マキ 演 - (第1シーズン) 上記3名は貝塚北警察署情報管理課巡査。 本作の第1シーズンスピンオフドラマ『ユンゲル』・第2シーズンスピンオフドラマ『タガーリン』にもレギュラーとして登場する。 また、『タガーリン』では青柳・門松は交通課に異動、柿坂は出演していない。 太田川稔(おおたがわ みのる)〈30〉 演 - ()(第2シーズン) 貝塚北署刑事で内海の後輩。 岸谷とコンビを組む。 岸谷の推理にやや懐疑的な態度を取ることが多く、先輩として叱る場面も多いが、岸谷からはしばしばタメ口で話されるなど、基本的に先輩として扱われていない。 時折勘の良さを見せ、第三章では真相解明に役立ち、最終章でも予想外の活躍を果たした。 本作のスピンオフドラマ『タガーリン』の主人公でもある。 詳細は。 上記の弓削に近い役回りだが、コメディリリーフを担う面が強い。 アイザック〈32〉 演 - (第2シーズン) 東京都監察医務院監察医。 城ノ内桜子に代わる新キャラクターとして登場した。 太田川から死体を調べて出た疑問を訊かれても「それを考えるのが貴方たちの仕事ですね」と笑って突き放したかと思えば、岸谷の推理に「頭の回転が速い」と称賛するなど口の滑りがいい。 湯川が警察の犯罪捜査に協力することを快く思っておらず、内海や岸谷が研究室に現れると嫌悪感を露にして授業や研究を続けさせようとするが、毎度話を余計に進めてしまい結局湯川の捜査協力への興味を促進させてしまっている。 劇中では専らを担当する。 態度は大きいが気は小さく見栄っ張り。 機嫌が悪くなると学生にも当たり散らすのであまり人気はない。 シーズン2では、栗林よりも湯川の方が大事だと学生たちに言われている。 「友達はたくさんいる」と強がっているがに登録された電話番号の数が少なかったので岸谷から「可哀想な人」と本気で憐れまれた。 シーズン1第九章で湯川を犯罪捜査に巻き込むのを止めるように内海に懇願しているが、これは犯罪捜査への協力が研究の妨げになり、ひいては学内での立場を危うくする行為だと危惧していることによる。 その反面で感情移入することもあり第2シーズン第二章では被害者のペットであった犬の名前が中学時代の自分のあだ名と同じ「くりちゃん」であったことで殺した犯人に激怒している。 湯川が学生として大学に入る前から20年以上助手を続けているが、第1シーズン第四章で湯川が「この論文では昇進は難しい」と言ったのを陰で聞いて深く落ち込んでいる。 第1シーズン第七章では友人の身に起こった奇怪な事件の真相を明らかにしてもらうため、湯川と内海に調査の依頼をする。 実は妻子持ち。 内海からは「万年助手」とバカにされたことがある。 第2シーズンでも引き続き助手を務めているが、後任の岸谷からも万年助手と言われ馬鹿にされている。 特に高飛車な岸谷とはかなり仲が悪く、「定年までには准教授になってみせる」と本気で怒鳴りつけたこともあった。 湯川とは正反対で女性に不人気で、エピソードゼロでは現場近くのビーチにいた若い姿の女性達のナンパに失敗し、第2シーズン第七章では湯川の代理で初めて講義の教壇に立ったが、普段湯川の講義に出席している女子学生は一人も来ず、来たのはブサイクな男子学生3人だけだった。 第二シーズン第八章「演技る」で「パスカル」という名前の猫を飼っていることが判明。 原作には登場しないオリジナルキャラクター。 湯川ゼミの学生達(第1シーズン) [ ] 物理学科第13研究室。 湯川の指導を受けている学生達。 内海からの依頼で奇怪な現象を解明しようとする湯川の実験や調査を手伝うことが多い。 村瀬健介 演 - 4年生。 第三章に登場した神崎弥生の弟。 湯川は弥生の件で彼が動揺し、結果的に湯川自身の研究に支障をきたすことを恐れ、内海に捜査を依頼する。 小淵沢隆史 演 - 湯川ゼミ唯一の大学院生。 スピンオフドラマ「」にも登場する。 森英太 演 - 3年生。 公式コミュニティサイト「ガリレオ研究室」内のコーナー「ガリレオ実験教室」のナビゲーターである。 渡辺美雪 演 - 4年生。 公式コミュニティサイト「ガリレオ研究室」内のコーナー「ガリレオ実験教室」のナビゲーターである。 谷口紗江子 演 - 3年生。 部の長谷部という学生と交際しており、第五章では彼との結婚のことで湯川に相談を持ちかける。 職場近くのアパートに一人で暮らし、毎晩小説朗読のテープ録音のボランティアをしている。 苛立つと、片足でその場を激しく踏みしめる癖がある。 時田栄作 演 - 金森が勤める機械工場の社長。 小川真奈 演 - 事件のあった場所で何かを探すように空を見上げていた少女。 山下良介〈19〉 演 - 頭部発火事件の被害者。 仲間と共に公園で騒ぎ立てる迷惑行為を行っていた。 第二章「離脱る」(ぬける) [ ] 上村宏 演 - フリーライター。 経済的にも仕事的にも不遇で、息子の体験をとして積極的にマスコミに売り出す。 上村忠広〈8〉 演 - 上村宏の息子。 小学生。 昔から病弱で、当日は発熱により部屋で寝ていた。 その最中に「竹田のおばちゃん」が部屋に来ることを予言し、部屋からは見ることができない川沿いの道路に停まっていた赤い車をスケッチ帳に描く。 竹田幸恵 演 - () 上村親子と親しい焼肉店の女性。 当日は、忠広の看病をするために上村家を訪れた。 栗田信彦 演 - () 事件当日に被害者宅を訪れる予定だった保険の外交員。 工場長 演 - 上村宏が借りているアパートの隣にあるガラス工場の責任者。 彼の証言は、上村忠広の体験が幽体離脱だとする裏付けとなった。 第三章「騒霊ぐ」(さわぐ) [ ] 神崎弥生 演 - 湯川ゼミの村瀬の姉。 気の強い性格。 聖華女子大学出身の令嬢で、夫との結婚も周囲の反対を押し切ってのものだった。 高野昌明 演 - 高野理枝 演 - 上記2名は、弥生の夫が最後に訪れたと思われる高野ヒデの甥夫婦。 多額の借金を抱えている。 近藤武 演 - 山田晴美 演 - 奈良崎まどか 上記2名は、高野家に同居している不審な男女。 神崎直樹 演 - 渡辺裕樹 介護用品メーカーに勤める弥生の夫。 優しい性格でお年寄りから好かれている。 営業の途中で行方不明となる。 高野ヒデ 演 - 神崎直樹失踪の日にで亡くなった老婆。 直樹とも懇意にしていた。 第四章「壊死る」(くさる) [ ] 田上昇一 演 - 湯川が物理学会の講演を行った、四谷工科大学の大学院生(理工学研究科応用物理学研究室博士課程2年)。 湯川は彼の卒業論文(『によるシステムの実用化』)を以前読んだことがあり、「優秀で気持ちのいい学生」と評した。 物腰は穏やかで人当たりが良いが、科学者でも金儲けしても良いはずと語り、海外のへの就職を希望している。 篠崎怜子 演 - 自宅の室内プールで水死した女子大生。 第五章「絞殺る」(しめる) [ ] 矢島秋穂 演 - ホテル内で死んだ被害者の娘で、を患っている。 幼い頃から両親の苦労を目の当たりにし、鬱屈した感情を抱いている。 矢島貴子 演 - ホテルで絞殺された矢島忠昭の妻。 長谷部 演 - 帝都大学の学生で、の花形選手。 湯川ゼミの谷口との関係に悩み、スランプに陥っている。 矢島忠昭〈39〉 演 - 密室状態の部屋で絞め殺された被害者。 娘の喘息治療のため空気のいい長野県に移住し、とガラス工房を経営。 会社員 演 - ホテル向かいの会社に勤めており、事件の時間にを目撃している。 第六章「夢想る」(ゆめみる) [ ] 森崎礼美〈17〉 演 - 鏡花女子学院高等部の生徒(2年)。 の客として坂木と出会った後、何度も手紙を送りつけられ、ついに寝ていたところを部屋に侵入される。 森崎由美子 演 - 礼美の母親。 娘の部屋に侵入した坂木に対し、を発砲するという過激な行動に出る。 礼美の父親 演 - 森崎礼美の父親。 坂木八郎 演 - (少年期:) 内海の幼馴染で占い師。 小さい頃から「森崎礼美」と結ばれると信じ、客として出会った森崎礼美に付きまとう。 謎のメッセージにしたがって森崎家に侵入したところを由美子に撃たれ負傷し、逃亡する。 坂木香奈子 演 - 八郎の母親。 北野宗平 演 - 内海と坂木の小学校時代、近所に住んでいた画家。 内海と坂木がよく彼の家へ遊びに行っていた。 しかし、内海が引っ越した後に事故死した。 第七章「予知る」(しる) [ ] 菅原静子〈25〉 演 - 満の元妻で、表面上は清楚可憐な美女。 夫の浮気が原因で離婚し、多額の慰謝料と高級マンションを手に入れた。 菅原満〈41〉 演 - () 「菅原ハム」の社長で、栗林の友人。 自室の窓から浮気相手の自殺を目撃、峰村に頼んでその場を取り繕うも、後に不倫がばれて離婚。 鉄道マニア。 峰村英和〈36〉 演 - 満の友人。 関連会社「HuRoBot」の社員。 満の部屋にいた時に冬美の自殺を目撃、満に代わって冬美の部屋に急行して遺体を確認した。 満に静子を引き合わせたのも彼だった。 瀬戸冬美〈28〉 演 - 満の浮気相手。 半年前に、満に電話しながら自室で首吊り自殺した。 管理人 演 - 瀬戸冬美のマンションの管理人。 第八章「霊視る」(みえる) [ ] 前田千晶 演 - 被害者の妹。 に悩む姉を心配して、度々彼女の自宅に泊まりに訪れていた。 前田美鈴〈35〉 演 - 事件の被害者。 料理教室の経営の傍ら、料理研究家として料理本も執筆していた。 監察医の城ノ内桜子の友人だった。 小杉浩一〈32〉 演 - 前田美鈴殺害事件の容疑者。 金沢頼子 演 - 料理教室の共同経営者。 警備員 演 - 料理教室で殺された美鈴を発見した。 第九章・最終章「爆ぜる」(はぜる) [ ] 木島征志郎 演 - 帝都大学科(現科)元教授。 内部告発をしたのが湯川である可能性から、湯川とは浅からぬ因縁がある。 穂積京子 演 - 木島の秘書。 木島の一番の理解者であり、研究を支えることに強い義務感を抱いている。 藤川雄一〈33〉 演 - 帝都大学原子力工学科(現エネルギー工学科)卒業生。 大学卒業後「KSメディカルエンジニアリング」に勤めていたが、事件直前に退職していた。 藤川伸江 演 - 藤川雄一の母親。 梅里尚彦〈42〉 演 - 龍仁湖の爆破事件の被害者。 「KSメディカルエンジニアリング」の営業担当だが、警察の捜査で海外のと関係があったことがわかった。 山辺晃 演 - 大田区立貝塚第二中学校生徒、美術部員。 「の」の作者。 を基に、クアイの会を創設する。 実は妻達によってマイクロ波を利用したトリックに利用されていただけの普通の人。 しかし刑務所内で力が戻ったような描写がある。 妻達の悪行には薄々感付いていたが、どうする事も出来なかった。 石本佐代子 演 - 連崎の妻。 連崎の傍に連れ添う一方で彼が「送念」を行う場面にいつもいなかった。 実は前の夫とは一度死別しており、マイクロ波などを専門的に修理していた事から、『送念』のヒントを得た。 クアイの会がある山の向かいにある山に別荘を持ち、中には豪華なオーディオ機具やパソコンなどが置かれており、一番弟子と二番弟子と共に贅沢な生活をしていた。 真島 演 - クアイの会最高幹部。 連崎の一番弟子。 間宮昌明 演 - (第九章) 貝塚北署刑事。 岸谷の上司。 守屋肇 演 - クアイの会最高幹部。 中上祐介〈31〉 演 - クアイの会の経理担当。 連崎に資金の不正流用について問われ、指一本触れずに連崎の念の力で転落死させられる。 里山奈美 演 - 「週刊トライ」の女性記者。 クアイの会を取材に来た際に、転落死事件に直面する。 桐ヶ谷 演 - クアイの会のライバル教団「守護の光明」の幹部。 第二章「指標す」(しめす) [ ] 真瀬加奈子〈17〉 演 - (少女期:) 人生の岐路に於いて、どちらか一方を選択しなければならない時にのの力を借り、で物事を決めてきた。 門松信博 演 - 手作りパン「門松パン」店主。 中高生などの学生から人気で、「門パンのおじちゃん」と慕われている。 野平みつ子〈72〉 演 - 自宅で強盗に襲われ、死亡。 仏壇の奥に隠していた金の延べ棒が盗まれる。 加奈子など、近所の子供たちとは以前から懇意にしていた。 門松克江 演 - 信博の妻。 優香 演 - 加奈子の親友。 堀部浩介 演 - 加奈子が中学時代から憧れていた先輩。 井沢里沙 演 - 浩介の彼女。 第三章「心聴る」(きこえる) [ ] 脇坂睦美 演 - データ復旧会社・ペンマックス営業部社員。 社長から特別、可愛がられていると冴子から誤解を受け、陰湿な嫌がらせを受けていた。 小中行秀 演 - ペンマックス。 密かに睦美に想いを寄せており、体調が優れない彼女を心配する。 早見達郎 演 - ペンマックス社長。 冴子との不倫関係を解消し、彼女の自殺の原因を作った。 冴子の葬儀に参列した際に彼女の声が聴こえ、自責の念に苦しみ、自殺した。 加山幸宏 演 - ペンマックス営業部責任者。 睦美・冴子の上司。 冴子の自殺後、彼女の声が聴こえると社内で錯乱し、止めに入った岸谷のをで刺してしまう。 白井冴子 演 - ペンマックス営業部社員。 岸谷の帝都大学時代の先輩。 社長との不倫の末に自殺。 部下にきつく当たる事が多く、社内での評判は悪かった。 由加里 演 - 佐藤聡子 演 - 上記2名は岸谷の帝都大学時代の同級生。 小野田 演 - 東京都療生会中央病院外科医。 岸谷の担当医。 第四章「曲球る」(まがる) [ ] 柳沢忠正 演 - 湘南アースリーズ所属の元。 昨年、球団からを受ける。 妻の不倫を疑っている。 柳沢妙子 演 - 忠正の妻。 心身ともに疲れ果て、実家のソファーで熟睡している時、納戸にしまってあるがし、で死亡する。 最近ある男性と、定期的に二人で会っている。 宗田祐輔 演 - 柳沢のピッチングパートナー。 柳沢の現役復帰を信じ、湯川の「のの連続運動に関する検証」の論文を読んで、ピッチングフォームの修正を湯川に相談する。 ヤン 演 - ・台北風情オーナー。 末弟は台湾リーグ所属のプロ野球選手。 川久保 演 - 湘南アースリーズの監督。 二ノ宮 演 -。 大野邸のストーブ発火の事件概要について、岸谷たち警察に説明する。 遠藤紘美 演 - ラウンジウェイトレス。 志村孝彦 演 - 太陽ホテルリネンサプライ勤務のトラック運転手。 大野邸のストーブ発火の事件が起きた日、新横浜グレイスホテルの地下駐車場での水成膜泡が噴出する事故に巻き込まれる。 第五章「念波る」(おくる) [ ] 磯谷若菜 演 - 双子の姉。 ショップ経営。 東京在住。 知宏が雇った実行犯にハンマーで殴打され、昏睡状態に陥るが一命を取り留めた。 三上春菜 演 - 桐谷美玲 双子の妹。 若菜が殴打されたときに変な胸騒ぎがして、同時刻に頭部の痛みを感じ、姉が見た犯人の顔が頭の中に思い浮かぶ。 幼少の頃から怪我の場所が同じだったり、離れていても同じ食事を摂っていたりとお互いに意識が繋がっている感覚があった。 磯谷知宏 演 - 若菜の夫。 ビジネスコンサルティング「NEON」経営者。 若菜との夫婦仲が悪く、その恨みで若菜の殺害を依頼していた。 山下慎一 演 - 知宏の部下。 磯谷流ビジネス活用術のセミナー中、春菜から知宏のに着信があり、只事ではないと察して事情を伝え、セミナー終わりに自宅へ急行し、知宏と共に頭から血を流して倒れている若菜を発見する。 後藤剛志 演 - やの主犯格。 和田美智子 演 - 池野記念総合病院看護師。 第六章「密室る」(とじる) [ ] 野木祐子〈40〉 演 - NTC製作所主任研究員。 東京化学技術大学出身。 や立体映像に応用出来るを主に研究しているが、最近は鳴かず飛ばずの研究者。 自らが企画した山歩きのイベントに参加した部下の真希がつり橋から落下して死亡する。 篠田真希〈33〉 演 - NTC製作所研究員。 上司の祐子より優秀な研究成果を残している研究者。 山歩きイベント初日の翌朝、渓流で死体となって発見される。 藤村伸一 演 - ペンション主人。 よく泊まりに来る祐子とは顔見知りの関係。 潮見愛 演 - () 関加奈子 演 - (たんぽぽ) 上記2名は祐子が企画した山歩きのイベントに参加したOLたち。 岸谷もこのイベントに参加していた。 第七章「偽装う」(よそおう) [ ] 小島結衣〈22〉 演 - 武彦・みさきの幼馴染。 小学生のころから養父・太一から日常的に虐待を受け、母に横柄な態度で接する養父を殺したいほど憎んでいた。 御座位岳の祠で白骨遺体として見つかった神主(演:)と生前最後に言葉を交わしていた。 合田武彦〈22〉 演 - 結衣・みさきの幼馴染。 上都賀署地域課巡査。 神主は近々、が烏天狗のを奪還しに来ると思い込み、ミイラが祀ってある御座位岳の祠をコンクリートで固めてしまう。 現在、祠の中にミイラが存在しているかの調査を帝都大学理工学部に通うみさきを通じて、湯川に依頼する。 小島太一 演 - 結衣の養父。 妻と共に自宅内で殺害され、に座った状態で銃殺されていた。 壁に烏天狗と書かれた文字、庭にはが放置してあった。 小島啓子 演 - 結衣の母。 夫と共に自宅内で殺害され、啓子は絞殺されていた。 第八章「演技る」(えんじる) [ ] 神原敦子 演 - 劇団「コン・カロローサメンテ」の看板女優。 他者との会話をで記録し、性格を分析する。 半年前に駒田と交際関係に発展し、彼のマンションの合鍵を持っていた。 駒田が殺された時間は安部とカフェでお茶をしており、19時31分頃に掛ってきた彼からの着信に気付かなかった。 駒田良介〈35〉 演 - 劇団「コン・カロローサメンテ」代表・演出家。 のが打ち上がっている時間帯に何者かに襲われ刺殺される。 犯行当時、自宅マンションには鍵が掛かっており密室だった。 安部由美子 演 - 劇団「コン・カロローサメンテ」の衣装係。 駒田が殺された19時31分頃に着信が入り、電話は繋がっていたが彼からの応答はなかった。 段田団二郎 演 - 段田煙火店代表。 「東京湾レインボー花火大会」の花火製作者。 犯人が作った花火の写真トリックを崩すため、駒田殺害現場で行う湯川の仮説実験に協力する。 第九章「攪乱す」(みだす) [ ] 高藤英治〈47〉 演 - カルチャースクール物理学講師。 栗林の友人。 10年前、東京工業化学大学で物理学講師をしていた時代、ヘリカルギア機構()に関連した研究発表の場で湯川と意見交換をしていた。 上田重之 演 - 「悪魔の手」が殺害した1人目の被害者。 窓拭き清掃員。 店の清掃作業中に高所から転落して死亡。 高所作業の慣れもあってを装着していなかった。 石塚清司〈25〉 演 - 「悪魔の手」が殺害した2人目の被害者。 会社からの帰宅途中に激しいとに襲われ、悶え苦しむ中で線路内へ侵入してしまい、電車に轢かれて死亡。 加藤由美 演 - 看護師。 高藤の同棲相手。 数日間、自宅に帰宅せず行方不明になっていた。 天辺紀子 演 - 石塚が殺害された当日、で事故寸前の事態に遭った主婦。 謎のに襲われていた。 演 - 本人 キャスター。 マスコミ嫌いの湯川が「悪魔の手」をおびき寄せるためにワイドショーの中継に出演する。 最終章「聖女の救済」(せいじょのきゅうさい)前編・後編 [ ] 真柴綾音 演 - 義之の妻。 旧姓:三田。 幼児教育「ひまわり会」代表。 湯川とは立幌向中学校時代の同級生。 父が怪我を負ってしまい、夫が毒殺される時間帯は北海道に里帰りをしていた。 中学時代、棘がある花は好きにはなれないと湯川に話していたが現在では夫が好きな赤いを自宅で栽培している。 真柴義之〈43〉 演 - 綾音の夫。 エムシステムズ経営者。 自宅で入りのコーヒーを飲んで死亡している所を発見された。 午前中、会社のに出席したときや亜ヒ酸ナトリウム中毒で死亡する前も同じを使用してで水を沸かして、コーヒーを飲んでいた。 毒殺される前に紫色の傘を差した女性が真柴の自宅を訪れていた。 若山晴美 演 - 幼児教育「ひまわり会」主任。 ひまわり会では主に小学校受験対策や英語のを取り入れ、幼児に教育している。 主婦業に専念する綾音の代わりに他のスタッフと協力して、幼児教室を切り盛りする。 加藤 演 - ヨナ 演 - ()(前編) 上記2名はエムシステムズ社員。 真柴がテレビ会議に出席したときは特に変わった様子はなかった。 津久井潤子 演 - (前編)。 義之と交際していたが別に付き合っていた綾音との間に子供ができたため、彼との別れを余儀なくされ、それから実家に戻るが程なくして自殺を図り死亡する。 田沢のり子 演 - (後編) 宗教団体・もみのき会信者。 雨の日に紫色の傘を差していた女性。 小笠原 演 - (後編) 産婦人科医。 小林あずさ 演 - (後編) 小林病院医師。 自転車と接触事故を起こした綾音を治療するが、お腹にいた胎児は救えなかった。 〈33〉 演 - (大学生時代:) 貝塚北署刑事で湯川の友人。 過去の殺人事件で容疑者とされたところを湯川に救われた経験がある。 塩野谷あかり〈22〉 演 - 湯川ゼミの学生。 小淵沢や平原の先輩に当たる。 性格は快活で好奇心旺盛な理系の真面目な優等生タイプ。 自分が学んだ理系の知識を役立てたいと考えており、草薙が持ちかけた事件に興味を持ち捜査に加わろうとする。 栗林とは何かと張り合っている。 〈21〉 演 - 平原瑤子〈19〉 演 - 湯川ゼミの学生たち。 新藤奈美恵〈27〉 演 - (特別出演) 幸正の後妻の娘。 幸正と血の繋がりはなく、また戸籍上も他人でありながら、娘としてで生活している幸正の介護をしている。 紺野宗介〈30〉 演 - 奈美恵の婚約者。 邦宏の存在が原因となって結婚にこぎつけなかった。 友永邦宏〈31〉 演 - 幸正の息子で事件の被害者。 幸正と前妻との間に生まれる。 両親の離婚後は母親に引き取られていたが、その死後に友永家に現れて離れに住み着く。 、周囲の迷惑を顧みずに遊び呆けていたため、周りから快く思われていなかった。 村田教授 演 - 帝都大学教授兼犯罪心理学者。 草薙が訪ねた。 所沢三郎 演 - 事件当時に現場付近で釣りをしていた目撃者。 〈42〉 演 - 帝都大学の湯川の助手。 湯川が学生だった時も助手を務めていた。 〈28〉 演 - 貝塚北署刑事。 3年前は草薙とコンビを組んでいた。 当時から死体を見ることには慣れていなかったよう。 〈35〉 演 - 監察医。 3年前の事件以降草薙と知りあうことになる。 友永幸正〈63〉 演 - 金属加工専門企業「友永スチール」の前社長。 現在はの後遺症により、車椅子生活を余儀なくされている。 中卒ながらも人一倍努力して町工場だった「友永スチール」を発展させ、また自身が開発した金属加工技術をにも認められ「メタルの魔術師」と呼ばれていた。 奈美恵を戸籍上の娘としていないのは、そうすることで彼女を自分の介護のために束縛してしまうことを恐れたため。 安田 演 - 井村 演 - 岡部 演 - ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ [ ] メインキャスト(ガリレオXX) [ ] (うつみ かおる)〈33〉 演 - 警視庁貝塚北警察署刑事課強行犯係、警部補。 最終話放送9か月前に間宮からオクラホマ行きの打診を受ける。 岩見芙美と東京見物をしていた上念を不審に思い、をする。 上念研一(じょうねん けんいち)〈39〉 演 - 介護派遣センター・タイヨウ所属の介護士。 介護利用者の娘を殺害した罪で全国指名手配されている。 5年前までは少し知られたゲームクリエイターだったが、盗作疑惑をめぐるトラブルで業界を追放されている。 当摩健斗(とうま けんと) 演 - 長野県警察御坂警察署刑事課強行犯係 巡査部長。 後方支援担当。 岩見千加子殺害事件の捜査で内海と相棒を組む。 長野県警察御坂警察署 [ ] 関岡郁夫(せきおか いくお) 演 - 刑事課強行犯係刑事。 警視庁刑事時代は髙﨑の部下。 髙﨑依子(たかさき よりこ) 演 - 署長。 警視庁刑事時代に猿渡雄吉が起こした殺人事件を担当していた。 警視庁貝塚北警察署(ガリレオXX) [ ] (おおたがわ みのる)〈30〉 演 - 澤部佑 刑事課強行犯係刑事。 (きしたに みさ)〈25〉 演 - 吉高由里子 刑事課強行犯係の新人刑事。 警部補。 演 - 刑事課強行犯係係長。 警視庁刑事部 [ ] (くさなぎ しゅんぺい)〈42〉 演 - 北村一輝 捜査第一課刑事。 (ゆげ しろう)〈37〉 演 - 品川祐 捜査第一課刑事。 多々良(たたら) 演 - 捜査第一課管理官。 事件関係者 [ ] 岩見千加子(いわみ ちかこ) 演 - 隆治・芙美の娘。。 母の介護に関して上念と口論になり、で頭部を殴られ殺害される。 岩見芙美(いわみ ふみ) 演 - 千加子の母親。 長野県御坂市北品町在住の患者。 岩見隆治(いわみ たかはる) 演 - 千加子の父親。 その岩見が死亡、御坂署の捜査により自殺と断定された後、「警察官Y・Tは記者を無実の罪で自殺に追い込んだ」という怪文書がマスコミ各社宛に送られてくる。 その怪文書が出回った直後に娘の千加子が殺害される。 甲本章雄(こうもと あきお) 演 - しなの新報社会部記者。 岩見千加子殺害事件関連を取材し、内海と連絡した直後に死亡。 その死もまた自殺と断定された。 堀口(ほりぐち) 演 - 介護派遣センター・タイヨウ所長。 瀧山充幸 演 - 弁護士。 上念研一が起こした殺人事件の弁護団。 その他 [ ] 〈32〉 演 - 安原マリック勇人 東京都監察医務院監察医。 帝都大学 [ ] (ゆかわ まなぶ)〈42〉 演 - 帝都大学理工学部物理学科准教授。 第十三研究室所属。 (くりばやし ひろみ)〈51〉 演 - 湯川学の助手。 〈23〉 演 - 〈22〉 演 - 〈22〉 演 - 〈22〉 演 - 上記4名は帝都大学理工学部物理学科第十三研究室のゼミ生。 湯川の教え子。 主題歌 - (コープラス)「」 PRODUCED BY ()• オープニングテーマ曲 - 「」• 音楽 - 、()• 技術プロデュース - 友部節子• TD - 北山善弘、安岡浩• 撮影 - 増井初明、平田修久、川村有紀子、篠田忠史• 撮影助手 - 高野学、平山優、本田宏太郎• 照明 - 田部谷正俊、三上日出志• 照明助手 - 杉本周二、竹内吾依、濁池良太• 映像 - 青田保夫• 映像助手 - 林航太郎• 録画 - 久米田俊裕• 音声 - 渡部満裕• 音声助手 - 日下部徹、中岡武• 編集 - 山本正明• 編集助手 - 上野貴史• ライン編集 - 浅沼美奈子• ライン編集助手 - 三木秀人• 選曲 - 藤村義孝• 音響効果 - 近藤隆史• MA - 上杉春奈• 技術プロデュース補 - 名取佐斗史• 編成 - 金井卓也• 広報 - 谷川有季• 広告宣伝 - 吉田和江、福田佳代• スチール - 新開雅哉• スタントコーディネーター -• エキストラ - 三本正弘• 車輌 - ドルフィンズ• 劇用車 - LAカンパニー• 特機 -• 科学監修 - 研究室• 法医監修 - ()• 数学監修 - ()• 実験協力 - (東京大学)、(武蔵工業大学(現))• 美術プロデュース - 柴田慎一郎• 視覚効果 - 中山信男、田村憲行• 電飾 - 中園誠四郎• アクリル電飾 - 石橋誉礼• 植木装飾 - 原利安• 生花装飾 - 牧島美恵• フードコーディネーター - 住川啓子• 特殊造形 -• CGデザイン - 鈴木鉄平• ガンエフェクト - バイロテック• レーザー機器 - ランダム• VFXプロデュース - 冨士川祐輔• コンポジット - 高野善政• CG - 高橋美香• プロデュース補 - 大澤恵、戸倉多佳子、渡辺恒也• スケジュール - 稲葉正宏• 演出補 - 宮木正悟、鈴木アラタ、品田俊介、草ヶ谷大輔、山本一男、長野晋也、大庭功睦、金井紘、相沢秀幸• 制作担当 - 柿本浩樹、森太郎• 制作主任 - 森崎太陽、白井麻理• 制作進行 - 村松大輔、大田康一、沖田祐介• 記録 - 戸国歩、赤星元子• 制作デスク - 白浜美奈• 制作 - フジテレビドラマ制作センター• 制作著作 - スタッフ(第2シーズン) [ ]• 原作 - 東野圭吾『』『』『』『』(文藝春秋刊)• 脚本 - 福田靖、仁志光佑• 音楽 - 福山雅治、菅野祐悟「オリジナルサウンドトラック」(ユニバーサルミュージック)• 演出 - 西坂瑞城、澤田鎌作、• オープニングテーマ曲 - 「vs. 2013 〜知覚と快楽の螺旋〜」• 演出補 - 金井紘、下畠優太• 監督補 - 佐々木詳太• 技術プロデュース - 名取佐斗史• TD - 浅野仙夫• 撮影 - 増井初明• 音声 - 渡部満裕• 照明 - 桑原伸也• スチール - 青木操生• 美術プロデュース - 三竹寛展、豊田亮介• 美術デザイン - 柳川和央• 衣裳 - 沖田正次、田中梨紗• スタイリスト - 勝見宜人、道端亜未• メイク - 外山隼人、富永智子、井上京子• タイトルバック・VFX - 山本雅之• タイトルバックCG - 江部純一、武内哲郎、阪田俊彦• VFXスーパーバイザー - 鴫原譲• プロダクションマネージャー - 熱田健太郎• 科学監修 - 大島まり(東京大学)、岩尾徹(東京都市大学)• 実験監修 - 滝川洋二(東海大学ガリレオ工房)• 実験協力 - 原口智(立教女学院)、原口るみ(ガリレオ工房)、• 法医監修 - 高木徹也(杏林大学)• 警察監修 - 大久保秀幸• 科学捜査指導 - 山崎昭(法科学鑑定研究所)• 取材協力 - (東京大学)• リサーチ - 今井紳介• 各話協力スタッフ• ピッチング指導 - 、(第四章)• ホログラム制作・技術監修 - (第六章)• 北海道ロケコーディネート - 松倉和哉(最終章)• 特殊造形 -• スタントコーディネート -• ワイヤーコーディネート - 福嶌徹• スタントダブル - 川本耕史、坂井香里、市山英貴、福嶌徹、• 広報 - 片山正康• 広告宣伝部 - 吉田和江• ホームページ - 須之内達也• 企画 - 鈴木吉弘• プロデュース - 牧野正• 協力プロデュース - 古都真也• ラインプロデュース - 竹田浩子• プロデュース助手 - 田淵麻子• プロデュース補 - 國安馨• 制作著作 - フジテレビ スタッフ(ガリレオXX) [ ]• 脚本 - 池上純哉• 音楽 - 福山雅治、菅野祐悟「オリジナルサウンドトラック」(ユニバーサルミュージック)• 演出 - 西谷弘• 脚本協力 - 福田靖• 演出補 - 島添亮、長野晋也、二宮孝平、水落拓平、鳥居加奈• タイトルバック - 山本雅之• VFX - 大家哲男、、田中貴志• 特殊造形 - 松井祐一• 警察監修 - 大久保秀幸• 科学監修 - 大島まり、岩尾徹、滝川洋二• 法医学監修 - 高木徹也• 法医学指導 - 奈良明奈• リサーチ - 今井紳介• 介護指導 - 針田進• アクション指導 -• 広報 - 片山正康• 企画 - 鈴木吉弘• プロデュース - 牧野正、椿宣和、千綿英久、稲葉尚人• プロデュース補 - 羽鳥秋乃、佐藤雅彦• 制作協力 -• 制作著作 - フジテレビ エピソードリスト [ ]• シナリオ題としているものは、新聞のテレビ番組欄に記載されたものである。 原作タイトルは各話で原作とした湯川シリーズの短編を記載。 なお、第1シーズン第九章と第十章は『転写る』と『爆ぜる』を織り交ぜたストーリーで、タイトルは『爆ぜる』の前後編となる。 第2シーズン最終章の原作は長編作品の『聖女の救済』である。 第1シーズン(2007年) [ ]• 事件を担当する新米刑事の内海は、尊敬する先輩草薙の助言から帝都大学理工学部物理学科の准教授・湯川学に人体発火の原因解明を依頼する。 しかし、湯川は「変人ガリレオ」と呼ばれるほどの変わり者であった。 2007年10月22日 福田靖 西谷弘 22. 事件当日のアリバイを主張する栗田であったが、立証する人物がいないために警察の厳しい追及を受ける事となる。 ところが、ある少年が部屋から栗田の主張するアリバイ通りに車を見たと証言する。 しかし少年の部屋と目撃した車の間には工場があり、直接見ることは不可能であった。 警察が少年の証言を無視する中、マスコミが 現象として騒ぎ始める。 2007年10月29日 福田靖 古家和尚 成田岳 21. 弥生は夫が懇意にしていた高野ヒデ宅が最後に訪れた場所と断定し、夫が行方不明になった日に他界した高野ヒデに代わって現在高野家に住む甥夫婦と不審な男女が夫の失踪に関係していると主張する。 そして半ば強引に内海を連れて無人の高野家に侵入した弥生は、内海と共に に遭遇する。 死因は心臓麻痺だったが、なぜか胸に痣ができており、その部分の皮膚は していた。 この痣に疑問を持った内海は例のごとく湯川に協力を求めるが、「物理学の範疇ではない」と一蹴されてしまう。 困った彼女は、事情聴取で訪れた「四谷工科大学」で田上昇一という男と出会い、調査協力を求めると同時に親しくなっていく。 一方、一度は内海の依頼を断った湯川も、ひょんなことから田上への疑念を抱き、痣を残した心臓麻痺の謎に挑む。 警察は被害者に多数の保険金が掛かっていたため妻に疑惑の目を向けるが、現場は密室状態であり、妻には完全なアリバイがあった。 行き詰まった捜査の中、警察は無視したが犯行が行われたと思われる時間帯に が目撃されており、内海は突破口を求めて湯川に火の玉の謎解明を求める。 容疑者は坂木八郎、内海の幼馴染だった。 この為捜査から外された内海は、湯川の協力を得ながら独自に捜査を始める。 だが捜査を進めるうちに湯川と内海は坂木がまだ生まれていない「森崎礼美」と結婚する をしたとしか思えない事実に直面する。 それから半年後、妻とは離婚させられ、多額の慰謝料を支払った菅原から、事件の一週間前にも同じ自殺シーンを見たと聞かされた栗林は、湯川と内海に相談を持ちかける。 湯川は、 さながらの出来事に興味を持ち、解明に乗り出す。 2007年12月3日 古家和尚 成田岳 19. 容疑者とされた男はビルの窓から外に出ようとして、誤って転落死してしまう。 被害者が被害に遭っていたことから警察はストーカー殺人との見方を強めるが、事件現場から30km離れた被害者の自宅にいた被害者の妹・千晶は、犯行時刻に窓越しに姉の姿を目撃していた。 千晶の証言が気になった内海は、 かのような不可思議な現象について湯川に相談する。 興味を持ち調査に乗り出す湯川だが、30km離れた場所へ短時間で移動する方法の解明に行き詰まってしまう。 2007年12月17日 福田靖 古家和尚 澤田鎌作 久米宏 19. 精巧に作られたこの展示品は、生徒が池から拾い上げたアルミ板を元に作った物だったが、行方不明中の藤川雄一にそっくりだった。 後日、その池から藤川の遺体が発見される。 まるで遺体から して作られたような精巧な顔型の謎を追う湯川と内海は、城ノ内から藤川が放射線被曝を受けていたことを知らされる。 さらに栃木県警から龍仁湖で起きた 原因不明の事件の捜査協力を受けた本庁の草薙からも、事件の被害者が放射線被曝を受けていたことを知る。 この被害者が藤川と同じ会社に勤務していたことから、事件の背後にかつての恩師・木島征志郎の存在を感じた湯川は木島との全面対決に挑む。 平均視聴率 21. 華麗なる美女たちとガリレオ誕生の秘密! 2008年10月4日 2009年12月28日 福田靖 西坂瑞城 20. 焼け跡からそこに住んでいた息子・邦宏の遺体が見つかる。 当初は焼死と見られたが、刀のような刃物で刺されていたことが判明する。 しかし離れには何者かが侵入した痕跡はなく、捜査に当たった草薙は専門家に意見を聴くため、母校の帝都大学を訪れる。 その帰り際、大学の掲示板に学生時代の友人と同じ名前の助教授(湯川学)の名を見かけた草薙は、湯川の研究室に足を運ぶ。 草薙は学生時代に殺人容疑を掛けられ、窮地を湯川に救われた経験があり、再会した湯川に捜査協力を依頼する。 草薙から聞かされた事件に全く興味を示さない湯川だったが、「現場近くのビーチには水着姿の女性がいる」と草薙から唆され、助手の栗林を連れて現場に向かうことになる。 第1話は物理学対念力!! 2013年4月15日 福田靖 西坂瑞城 22. アメリカに研修のため旅立つ内海は、草薙の指示通り、自分の後任として岸谷美砂を湯川に紹介する。 内海と岸谷から連崎の「送念」と呼ばれる行為について説明を受けた湯川は、岸谷とともにクアイの会の教団施設を訪れ、連崎と面会する。 変人vs美少女 2013年4月22日 福田靖 西坂瑞城 20. その後彼女の飼い犬のクリが死骸となって数百メートル離れた場所で発見されるが、発見者の高校生・真瀬加奈子はダウジングを使ってクリを発見していた。 報告書をまとめることとなった岸谷は被害者の遺体発見の経緯を論理的に説明出来ず、困り果て湯川のもとを訪れる。 ダウジングに興味を持った湯川は岸谷と捜査にあたる。 2013年4月29日 福田靖 澤田鎌作 21. その場で、社長・早見は死んだはずの彼女の声が聴こえたことで発狂し、投身自殺する。 現場を目撃して違和感を覚えた岸谷は太田川とペンマックス社を訪ねるが、その場において冴子の上司である加山が彼女の声を聴いたことで錯乱、止めに入った岸谷の臀部を刺してしまう事態になってしまう。 この模様を電話で聞いていた湯川は声が聴こえる原因に興味を持ち、岸谷と捜査を始める。 同じ頃に、冴子の部下だった脇坂睦美は謎の耳鳴りに悩まされるようになる。 遠隔放火 2013年5月6日 福田靖 西坂瑞城 20. 忠正の事情聴取をした岸谷は夫婦仲がしっくりいっていなかったことを知り、忠正に疑いの目を向ける。 しかし、妙子が亡くなった時間、忠正には練習パートナーの宗田祐輔と、科学実験のアドバイザーと一緒に投球練習をしていたアリバイがあり、そのアドバイザーが湯川だった。 事件の影響で動揺し、練習に集中できない忠正のため、湯川は事件の解明に乗り出す。 その後妙子の死は事故によるものと判明するが、疑念を拭いきれない忠正は、更なる調査を湯川に依頼する。 双子の神秘 2013年5月13日 福田靖 澤田鎌作 17. 襲われたと同時に、双子の妹・三上春菜が姉の危険を察知して夫の知宏に電話を掛ける。 岸谷から事件の話を聞いた湯川は、双子の間に説明のつかないコミュニケーション能力があるのは良く聞くが、あくまでも偶然と思い込みであると理論的に説明がつくと話す。 しかし、そんな湯川の元に岸谷が連れてきた何組もの双子が現れ、不思議な能力について次々と証言するが、湯川はそれも偶然の一致だと返し、なぜそこまで双子にこだわるのかと岸谷に問いかける。 すると岸谷は、若菜が襲われた瞬間、長野に住む春菜が犯人の顔を見たのだと告げる。 空白の20分の殺人術 2013年5月20日 福田靖 金井紘 20. 岸谷の次にペンションに到着した有名企業の研究者、篠田真希は、一通りの挨拶を済ませると「疲れているから」と言って部屋に籠り、夕食時も姿を現さなかった。 心配した岸谷と、後から到着したこのイベントの企画者であり、篠田の上司でもある研究者・野木祐子が部屋を訪ねるが、部屋は施錠されており返事は無かった。 それからしばらく時が経ってから、篠田がベランダから出て行った痕跡をペンションのオーナーが発見し、翌朝、篠田の遺体が渓流で見つかる。 岸谷は、野木は事件が発覚する直前に岸谷たちの前からしばらく姿を消していたことと、野木の次に湯船につかった岸谷の身体に二番風呂では現れないはずの現象が現れた事から、野木による犯行ではないかと疑問を抱く。 岸谷から話を聞いた湯川は、その科学的な理由と野木の美貌に興味を抱き、事件現場を訪れる。 天狗伝説殺人事件! 2013年5月27日 福田靖 仁志光佑 西坂瑞城 19. その帰り、湯川と栗林はみさきに誘われ、彼女の地元である栃木の神社にある「天狗のミイラ」を見に行く。 しかし神社に着くとミイラのある祠には入ることができず、地元の警官でみさきの幼馴染である合田武彦が現れる。 実は神社の神主が「烏天狗がミイラを取り返しにくる」と語り、祠をコンクリートで固めてしまったのだ。 しかも神主は2週間前に祠で白骨死体として見つかっていた。 みさきは事件を調査してもらうために湯川を神社に連れて来たのだった。 するとそこに、一人のずぶ濡れになった若い女性・小島結衣が現れる。 彼女はみさきと合田の幼馴染で、神社に着く前、急なにわか雨に降られた湯川に傘を貸した女性だった。 夜空に舞う花火の下で殺人劇場の幕が開く… 2013年6月3日 福田靖 澤田鎌作 19. 遺体が発見されたのは午後7時50分。 その20分ほど前に駒田は劇団の看板女優・神原敦子と衣装係・安部に電話を掛けていたが、一言も発さなかった。 電話から駒田の異変を感じた二人は彼のマンションを訪れ、神原が持っていた合鍵を使い部屋に入り、遺体を発見した。 部屋は密室だった。 その後の調査で駒田と神原が恋人の関係にあったことを知った岸谷は、神原に疑いの目を向け、湯川の元に協力を仰ぐ。 湯川は神原のアリバイを崩すある方法を証明する。 悪魔の手の恐怖実験 2013年6月10日 福田靖 金井紘 18. 警察に対しては犯行予告、湯川に対しては宣戦布告を仄めかす内容だった。 その文面の通り、不審な事故死が二件相次ぎ、どちらも前日に犯行予告と思しき書き込みがWebサイト上にあった。 同時期、週刊誌に湯川が警察に協力しているという内容の記事が掲載されていた。 また、「悪魔の手」からマスコミに捜査状況を伝えて欲しいといった内容の文面が届くが、警察は犯人の挑発には乗るわけにはいかず暫く放置していたが、痺れを切らした「悪魔の手」は詳細な事件概要をリークする犯行声明文をマスコミ向けに送りつけた。 そのことによって、「悪魔の手」による一連の事件の存在が明るみに出てしまう。 最終章 聖女の救済 前編 最終章・聖女の救済-前編- 愛という名の完全犯罪!! 2013年6月17日 福田靖 西坂瑞城 18. 聖女の救済-後編- 実に、実に、面白い! さよなら! 湯川先生 2013年6月24日 福田靖 澤田鎌作 天海祐希 19. 彼が飲んだコーヒーからが検出された事から、警察は計画殺人による毒殺と断定。 彼の妻・綾音は湯川の中学時代の同級生であった。 綾音は義之が殺害される直前に彼から離婚を切り出されており、岸谷に疑いをかけられるが、事件当日は北海道に里帰りしていたアリバイがあった。 岸谷からの依頼もあり、湯川は20数年ぶりに綾音と再会。 湯川は綾音が勤める幼児教室で科学の講師を買って出る。 平均視聴率 19. 」 2013年6月22日 池上純哉 西谷弘 15. 上司の間宮からはアメリカ研修を勧められ、一層悩みは深まるばかり。 そんなある日、車いすに乗った派手な身なりの老婆を見て不審に思った内海は職務質問をするが、その途端老婆が倒れる。 その女性・岩見芙美はすでに亡くなっており、車いすを押していた男・上念は彼女の娘・千加子を殺害した罪で指名手配されていた為そのまま逮捕。 逮捕のきっかけを作った内海は事件の捜査に当たる為長野県警に派遣され、若手職員・当摩と組んで事件捜査に当たることとなる。 しかしこの事件の裏には上念、そして長野県警の闇があった。 原作との相違点 [ ] 原作では湯川の相方は草薙刑事であるが、テレビドラマ版ではドラマに華を添えるため女性刑事の内海に変更された。 原作の相方である草薙刑事は湯川と組んで活躍したこれまでの功績によって本庁に栄転し、内海に湯川を紹介するところから始まる。 内海は現在、『』および『』にてドラマ同様、湯川の相方を務めている(ただし設定は異なる)。 今回原作となっている2作品や『』に登場しておらず、実質的なオリジナルキャラクターとなる。 このほか、原作ではレギュラーキャストが少ない(シリーズ通して毎回登場するのが湯川と草薙のみ)ため、理工学部のメンバーや貝塚北署の人物などの大半がオリジナル人物である。 湯川の口癖「実に面白い」もテレビドラマ版オリジナルの設定である。 また原作では湯川は「」であるが、にの改正法が施行され、「助教授」の名称がに変更されたため、テレビドラマ版での肩書きは「准教授」になっている(原作においても、『容疑者Xの献身』については文庫化の際に「准教授」に改められている)。 他にも草薙は警視庁捜査一課勤務だが、テレビドラマ版では貝塚北署勤務を経て、第一章で警視庁に栄転している。 発生する事件・現象およびその仕掛けや解明方法は原作に準ずる一方、各登場人物の設定は大きく原作と異なっているのが特徴で、特に第1シーズン第四章、第八章、第九章、最終章、第2シーズン第七章は、事件と解明方法などの基本部分を除く設定を、すべて変更したになっている。 関連番組 [ ] スピンオフ [ ] コラボレーションCM 本編放送に先駆け、2007年9月15日から10月15日(第1話終了)まで、が"湯川学"として出演する(当時の月9枠の提供スポンサーである)とのが制作された。 それ以降も、旭化成とのコラボレーションCMが放映されている。 さらに映画『』公開に前後して、2008年9月12日から9月17日まで、こちらも福山雅治が"湯川学"として出演するとのコラボレーションCMが製作された。 ガリレオ物理学研究室特別講義 2007年10月12日1時9分から2時9分まで(11日深夜)工学部の面々がスプーン曲げについてのレポートを湯川准教授に提出すると言う設定の特番『ガリレオ物理学研究室特別講義「スプーン曲げ」』が放送された。 ドラマ「ユンゲル」が携帯サイト限定で配信されたが、2008年1月2日3時5分 - 4時5分(1日深夜)に地上波(フジテレビ・)で放送。 その他、映画『』公開に前後して、各地のフジテレビ系列局で放送された。 弓削を主役に、かつて湯川と草薙が解決したとされる「田園調布ネズミ男事件」にまつわるオリジナルストーリーになっている。 ガリレオの法則 2008年9月29日から10月2日まで、23時30分から23時40分までの四夜連続放送。 スポーツバーに来店した栗林(ナレーター兼務:渡辺いっけい)が「ガリレオ」と嘘を名乗り関連の講義を、弓削(品川)柿坂()青柳()に教えるが、栗林の講義を聞いた3人は、ガリレオを名乗る栗林の存在に疑問を持つ。 また本編中に、弓削が帝都大学理工学部第十三研究室を訪れる、トヨタ自動車とのコラボレーションもある。 インフォマーシャルは女性出演者が「頑張れ! TOYOTA F1チーム! 」と掛け声で締め、本編の栗林がスポーツバーに戻ってくる場面に移る。 09月29日 - 加速る 渡辺美雪()によるF1初心者講座。 09月30日 - 鍛錬る ゲスト:栗林と一緒にスポーツバー来店する"湯川先生" -• 10月 01日 - 空制る 冒頭ゲスト:みっちー• 10月 02日 - 連帯く ゲスト: シリーズ超常現象ガリレオ事件簿 2013年4月8日から12日まで5夜連続放送のスピンオフ。 出演はフジテレビアナウンサー、、。 第1夜 人体発火事件• 第2夜 火の玉事件• 第3夜 テレポーテーション事件• 第4夜 予知事件• 第5夜 ポルターガイスト事件 タガーリン 2013年4月13日から6月22日まで、枠にて全11話放送のドラマ。 太田川稔役のと、江島千尋役の(オリジナルキャラクター)とのW主演となっている。 ガリレオからの挑戦状 〜実験(ため)す〜 2013年6月15日の『土曜プレミアム』枠で放送のバラエティ番組。 司会は加藤綾子、三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)。 出演者は、石原良純、鈴木ちなみ、鈴木福、平愛梨、ビビる大木、福田彩乃。 福山雅治、ドラマ「ガリレオ」と音楽「Galileo+」 2013年6月18日から6月21日までの4夜連続の福山雅治へのインタビュー特番。 サウンドトラック「Galileo+」についてドラマとの関連性を紐解く。 パロディ [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年2月) ゴロレオ 第八章が放送された2007年12月3日の『』において、『ゴロレオ 第零章 須磨る(すまる)』というパロディが放送された。 湯川学は、内海薫はが演じた。 事件の内容は香取慎吾がゲスト出演した第四章「壊死る」と同じで、使用されたオープニングムービー、演出、音楽などは本物のものだった。 続編として、最終章が放送された2007年12月17日には、第一章「燃える」のパロディである『ゴロレオ 再最終章 語炉る(ごろる)』が放送された。 また、このコントの中で最終章「爆ぜる」のトリックの一部が使用された。 第2シーズン第九章が放送された2013年6月13日に復活! ゴロレオとして5年半ぶりに復活し、第一章「幻惑す」をモチーフとした『吾呂れる(ごろれる)』を放送。 ドラマとリンクしており、最初は研究室に内海が現れアメリカに研修に行くことが決まったので、後任には岸谷という警部補が来ることを伝える。 内海が帰った後、捻挫し松葉杖を持った岸谷美砂(演:香取慎吾)が登場した。 前回と同様にオープニングムービー、演出、音楽は新シリーズでも本物だった。 ラリーレオ 放送の第45回2008『返人 ラリーレオ』でもパロディが行われているが、湯川学は、内海薫はのが演じた。 なお、栗林宏美ではないがそれに準ずる助手はが演じている。 また、被害者の警備員はハリセンボンのが、容疑者はが演じている。 実に面白い。 ……私もやってみよう」とネタ振りをしてから物まねを開始する。 なお、「TOYOTA presents ガリレオの法則」や『』では、実際に湯川の役を演じ、本作品と同じ原作者の『』では湯川のパロディキャラクターを演じるなど、原作者公認のパロディともいえる。 (系) みっちーがゲスト出演した際に登場シーンで「vs. 〜知覚と快楽の螺旋〜」が流れていた。 カワレオ ガリレオのパロディはこの他、放送の『』において「カワレオ」というパロディが放送された。 湯川学はの、内海薫はが演じた。 なお、研究生役にはのが演じている。 キノレオ FBS福岡放送制作のローカル番組『ナイトシャッフル』の企画。 よしもと福岡事務所所属・パタパタママの木下貴信が天才記憶探偵という設定で、福岡地区の懐かしい場所や歴史の謎に挑むという内容。 当初はの森本のりひさが扮する「 モリレオ」として始まったが、どんぴしゃが上京したために同じく準レギュラーであった木下が担当することとなった。 地元では人気のあるコーナーで、比較的年齢の高い視聴者の中には、本家「ガリレオ」は観たことがないが、「キノレオ」はよく見ているといった現象も起きている。 タイトル及び計算式シーンのCGは、かなりのクオリティで再現されている。 ガリガリレオ 制作のバラエティ番組『』2013年5月19日(テレビ朝日・は同年5月25日)放送回にて、の特集VTR内でパロディが行われた。 ガリエロ バラエティ番組『』で放送されたコント。 ラブホテルで全裸の女性が殺害された事件に、のむかわ教授(演:野村尚平())が挑む。 がりれお 『』で放送されたコント。 ダイイングメッセージの謎を教授(演:()、大悟())が解き明かす。 オープニングムービー、演出は本家をかなり再現している。 「誇張しすぎた福山雅治」という「モノマネ」ネタでは、「vs. 〜知覚と快楽の螺旋〜」を口ずさみ、「実に面白い」のフレーズも使用。 福山のYouTubeチャンネルで配信された『男性限定LIVE 野郎夜!! 6』スペシャルムービーに出演し、本家公認のネタとなった。 ゲーム [ ] 用ソフトとして本作のゲーム化作品が発売。 定価は3990円(税込)。 の開発で、販売は。 でトムキャットシステムが開発を手がけた推理(『』『』など)の流れを汲んでおり、グラフィックもアニメ調である。 ただし、パッケージはテレビドラマ版主人公2人の写真を用いているほか、ゲーム内における湯川の決め台詞も福山の音声を用いている。 取り扱う事件はドラマの中で特に好評だった「」「」「」「」の5つの事件を収録。 Blu-ray・DVD [ ]• ガリレオ• DVD-BOX、発売日:2008年6月13日• Blu-ray BOX、発売日:2013年4月24日• DVD:発売日:2009年2月27日• Blu-ray:発売日:2013年4月24日• ガリレオ II• ガリレオ XX(ダブルエックス) 内海薫最後の事件 愚弄ぶ• 帝都大学のロケ地は吉田キャンパスである。 第1シリーズ第一話では東京都台東区上野公園内にある東京国立博物館の表慶館も帝都大学として使われていた。 第二章で上村宏()の携帯電話に出演依頼の電話をしてきたテレビ局は「JBC」と名乗っていたが、かつて福山が出演したテレビドラマ『』の舞台となったテレビ局も同じく「JBC」である。 また、演出家も『美女か野獣』と同じである。 『探偵ガリレオ』第三章「壊死る」を基にした第1シリーズ第四章における大幅な設定変更は、『』でと一緒に関わっていた鈴木吉弘がとは違った一面の香取を見たいという意向によるもので、脚本や人物設定も香取のためにあてがわれたものである。 内海が使用する携帯電話は当初だったが、第六章で坂木八郎()によって湯川と内海が船の中に閉じ込められた際、船内が圏外だったため湯川は内海の携帯電話を繰り返し船外に投げてメールを送信した。 そのとき内海の携帯電話は壊れてしまったため、第七章からはに機種変更されている。 この他にも湯川を始め、多くの人物がの機種を使用している。 なお、第2シリーズで湯川が使用している携帯電話はである。 ストーリー的に第1シリーズ第十章と繋がる第1シリーズ第九章のエンディングは、冒頭部分が本来はオープニング曲として使われる「vs. 〜知覚と快楽の螺旋〜」になり、途中からいつものエンディング曲である「」に切り替わるという変則的な形となった。 また、第1シリーズ第十章のオープニングは「vs. 〜知覚と快楽の螺旋〜」ではなく『探偵ガリレオ』が使用された。 最終章での「赤か青のコードを切断する」というシーンにおいて「」を出典とする湯川のセリフがあるが、このパターンの大元は1974年のイギリス映画『』であり、その後、1988年発売の『』初期OVA第2話「ロングショット」、1997年公開の『』、2005年公開の『交渉人 真下正義』などでもこのアイディアが借用された。 第2シリーズ第一章で、内での撮影が行われた。 現在は改造中の II測定器やSuperKEKB(スーパーケックビー)加速器が用いられた。 第2シリーズに登場する家電製品の大半は先述の携帯電話も含め東芝製となっている。 第2シリーズの再放送が行われている一部の放送局(・)では2016年4月から新たに本放送時にはなかったが追加・実施されている。 脚注 [ ] []• 2013年4月13日. 2015年12月2日閲覧。 Kstyle 2013年5月29日. 2013年6月4日閲覧。 オリコンスタイル 2013年4月9日. 2013年6月4日閲覧。 web. 2008年1月24日. 2013年4月1日閲覧。 オリコンスタイル. オリコン 2013年10月22日. 2013年10月27日閲覧。 2014年9月5日. 2014年9月30日閲覧。 2014年7月14日閲覧。 スポニチ 2013年5月28日. 2013年6月4日閲覧。 マイナビニュース 2013年5月28日. 2013年6月4日閲覧。 「朝日新聞」2007年12月11日 「はてなTV」より。 福山によれば「意味が分からないので、公式は丸暗記している」• 取調室では机を蹴っていた。 が開発に成功したと言われる鉛の合金。 これがあれば、少量のでも実用になる核反応が得られる代物だが、科学者の間ので、実際には誰も見たことないと語られる。 - オリコン、2013年5月6日• 2013年6月7日. 2015年12月2日閲覧。 KpopStarz日本語版 2013年6月14日. 2013年6月18日閲覧。 Kstyle 2013年6月13日. 2013年6月18日閲覧。 2007年10月24日. 2015年12月2日閲覧。 2007年12月18日. 2015年12月2日閲覧。 2013年1月24日. 2015年12月2日閲覧。 ドラマレジェンド• 2008年10月6日. 2015年12月2日閲覧。 2013年6月25日. 2017年1月21日閲覧。 (2013年6月24日)、スポニチアネックス、2013年6月25日閲覧。 トヨタ自動車は月9枠のスポンサーでもある。 2013年4月5日. 2017年1月21日閲覧。 2019年12月10日. 2019年12月11日閲覧。 エンディングクレジットより。 外部リンク [ ]• フジテレビ• フジテレビオンデマンド• - ディースリー・パブリッシャーによる公式サイト• - アミューズソフトエンタテインメントによる特設サイト 系 前番組 番組名 次番組.

次の

裏読みすると、すごい話が隠されている(『放送禁止2』およびその劇場版などの 感想)

ガリレオ 6 話 放送 禁止

番組紹介 主演・福山雅治が演じるのは天才物理学者・湯川学。 「探偵ガリレオ」シリーズは、東野圭吾原作の大ヒットシリーズ。 原作のシリーズでは、大学時代からの親友、草薙刑事とのコンビが中心だが、やはりドラマ化するにあたっては、ドラマらしい華やかさとストーリー的な広がりもほしいところ。 そのため、原作者の東野圭吾氏にも相談し、ドラマでは、湯川は女性とコンビを組んで行動することになった。 湯川の相棒として白羽の矢が立ったのは、新人女性刑事、内海薫。 論理よりも感情を優先する、理系の苦手な熱血漢。 事件の動機や犯人の心情にはまったく興味を示さず、事件のからくりを解明することだけに意欲を燃やすガリレオとは、対極に位置するキャラクターだ。 この新人刑事・内海を演じるのが、柴咲コウ。 水と油のような性格の湯川と内海が繰り広げる、軽妙かつどこかちぐはぐな掛け合いは、このドラマの大きなみどころのひとつ。 今回は、福山・柴咲ともに、これまで演じたことのないようなキャラクターに挑戦する。 それによって、ふたりがそれぞれみせる新たな一面の化学反応が、作品に大いなる魅力と力を与えてくれる。 あらすじ 湯川学(福山雅治)は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。 容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能で、女子学生からは圧倒的な人気を得ている男だが、学問以外のことにほとんど興味を示さない変人でもあった。 貝塚北署の新人刑事・内海薫(柴咲コウ)は、尊敬する先輩刑事・草薙俊平(北村一輝)の紹介で、その湯川がいるという第十三研究室を訪ねる。 草薙の助言に従って、管内で起きたある事件について彼に捜査協力を求めるためだった。 2007年10月期放送・全10回• 本放送時の平均視聴率:21.

次の