ウォシュレット ノズル 掃除。 ウォシュレットのノズル黒ずみ 汚れ具合できれいにする私の方法

ウォシュレットのノズルは汚い?汚れる理由や掃除方法|ピッタリ住設

ウォシュレット ノズル 掃除

ウォシュレットが動かない原因と対処法 ウォシュレットが動かないという場合は、ウォシュレットの故障ではなく単純なミスが原因の可能性もあります。 以下からはそれを紹介していきます。 ・ウォシュレットのコンセントが抜けていた 大掃除やトイレ掃除をした際などにウォシュレットのコンセントを抜き、そのままコンセントをつけるのを忘れていたという事例はよくあります。 そのままでは当然動かないので、まずはここを確認してみましょう。 ・ウォシュレットの本体のスイッチが入っていない 「コンセントは差さっているのに動かない!」という場合は、ウォシュレット本体のスイッチが入っていない可能性があります。 スイッチはある程度上位の機種にしかないことが多いですが確認をしてみましょう。 ・ウォシュレットがしっかりと便器に固定されていない ウォシュレットがしっかりと便器に固定されていないと正常に動かないことがよくあります。 本体がガタつくようであれば、一度取り外して再度取り付けてみましょう。 ・ブレーカーが落ちた 家全体のブレーカーが落ちた場合、電機が必要なウォシュレットは当然動きません。 一度停電をしていないか確認をしましょう。 ・漏電遮断機が落ちた 「漏電遮断機」と呼ばれる漏電ブレーカーが落ちた場合、家の中の電気を使えないためウォシュレットも動かすことができません。 漏電遮断器を戻してもすぐに落ちてしまうという場合、家の中のどこかの家電が漏電している可能性もあるため、電気業者に相談をしましょう。 ・ウォシュレットのリモコンの電源が切れている 壁にリモコンが設置してある場合、そのリモコンの電源が切れているとウォシュレットが動かない場合があります。 リモコンの電池切れマークが点灯していたり、リモコンに何も表示されていない場合は電池切れの可能性があるため、電池の交換をしましょう。 ・故障 上記のどれにも当てはまらない場合、ウォシュレットが故障している可能性があります。 水漏れ修理・トイレつまりのプロに相談をしましょう。 ウォシュレットが動かないときに水を流す方法 ウォシュレットに水を流す機能があり、それが動かないために便器の水が流せないときは以下の方法を試してください。 なお、これはTOTO製のウォシュレットの場合なので、その他のメーカーを使用している場合は少々異なることもあります。 (1)ウォシュレット本体の右側側面についている手動のレバーを取り出します。 (2)手動レバーを引っ張ると水が流れます。 (3)十分に水が流れ便器洗浄が完了したらレバーから手を離します。 (4)手動のレバーをもとの位置に戻します。 ウォシュレットが水漏れをする原因と対処法 ウォシュレットが故障する際に多いのが、ウォシュレットの水漏れによる故障です。 水漏れしている部位によって対処法が異なります。 ウォシュレットのノズルから水漏れしている場合 ウォシュレットのノズルから水漏れをしている場合、ウォシュレット内部の水流を制御する「電磁弁」という部分にゴミや異物が挟まり、水漏れの原因となっている場合があります。 電磁弁はウォシュレット内部のバルブユニットに設置されていて、分解が必要となるため、自分で修理するより水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をして修理をしてもらいましょう。 給水管や分岐金具から水漏れする場合 ウォシュレットの給水管や分岐金具から水漏れを起こす場合、ナットが緩んでいる場合が考えられます。 モンキーレンチを使ってナットを閉めれば水漏れが直る可能性があるので試してみましょう。 その方法でも水漏れが直らない場合、給水管内部のパッキンが劣化している可能性があります。 パッキンが劣化している場合は交換が必要になりますが、給水管をモンキーレンチで取り外す必要があるので、自信がない場合は水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼するのが確実です。 給水フィルター付きの水抜き栓から水漏れする 水漏れが原因の場合、ウォシュレットの劣化した給水フィルター付きの水抜き栓から水が漏れている可能性があります。 その場合水抜き栓を交換する必要があります。 交換方法は部品をマイナスドライバーで外して交換するという簡単なものです。 型番はメーカーに言えば送ってもらうことができます。 給水フィルターを交換しても水漏れが止まらない場合や、交換に自信がない場合は水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をしましょう。 ウォシュレットのノズルから水がでない原因と対処法 ウォシュレットのノズルから水がでない場合、ウォシュレットの故障以外にもさまざまな原因が考えられます。 ・断水をしている 水がでない場合、地域の断水スケジュールによっては断水をしている可能性があります。 断水中は水が供給されないため、断水スケジュールは確認しておきましょう。 ・水道の元栓が閉まっている 水道の元栓が閉まっているとウォシュレットの水がでないため、水道の元栓が閉まっていないか確認をしましょう。 ・フィルターがつまっている 断水や水道の元栓が原因でない場合、ウォシュレットの本体と給水ホースの接続部にあるフィルターがつまっているという可能性があります。 フィルターの掃除の手順は以下になります。 (1)マイナスドライバーを使って止水栓を右に回し、水を止めます。 (2)本体と給水ホースの接続部についているフィルターのフタをマイナスドライバーで左に回し外します。 (3)フィルターを取り外したらつまっているゴミを歯ブラシなどを使って取り除き洗浄します。 (4)フィルターをもとの場所に差し込んで、マイナスドライバーで右に回して取り付けます。 この時取り付けが悪いと水漏れになるため、しっかりと取り付けましょう。 (5)止水栓を左に回して水がでることを確認したら完了です。 ・寒い日に水圧が低めになっている 冬などの外気温が低いときは、ウォシュレットがお湯の温度を確保するために水の勢いが弱まる場合があります。 寒い日に水がでにくい場合は、水の勢いを強くしてみましょう。 ・水道の配管が凍結している 冬などの外気温が低いときは、水道の配管が凍結して水が供給されていない場合があります。 温度が上がれば解決することがあります。 ・ノズルが汚れでつまる ウォシュレットのノズルから水がでないときは、ノズルが汚れでつまっていることが考えられます。 ノズルを掃除すると水がでる可能性があるため掃除をしましょう。 ウォシュレットから温水がでない原因と対処法 ウォシュレットのおしり洗浄などで温水がでない場合は、ウォシュレットの故障のほかにもいくかの原因が考えられます。 ・温水の温度設定が「低温」になっている 温水の温度設定が低温に設定されていたり、OFFになっている場合は水だけしかでないことがあります。 ウォシュレットの温度設定を見直しましょう。 ・貯蓄式ウォシュレットの場合は温水を使い切ることがある 貯蓄式のウォシュレットの場合、タンク内の温水を使い切ってしまった後だと温水がでないため、タンクに温水が溜まるまで待つ必要があります。 ・故障 故障をしていると温水がでないため、水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をしましょう。 ウォシュレットの水が止まらない原因と対処法 ウォシュレットの故障として、ノズルがでてこずに洗浄ができない場合や、洗浄後もノズルが収納されずに出続けている場合があります。 以下はその原因と対処法になります。 ・ノズル部分に汚れが固まっている ノズルを伸縮する部分に尿石などの汚れが固着している場合、ノズルの伸縮を妨げている場合があります。 ノズルに汚れが固着している場合は掃除をすると正しく伸縮します。 ・ウォシュレットのコンセントが抜けている コンセントが抜けているとノズルも伸縮しません。 コンセントはしっかりと差しましょう。 ・ウォシュレットの本体のスイッチが入っていない ウォシュレットの本体のスイッチが入っていないとノズルもでてきません。 本体のスイッチが入っているかどうか確認をしましょう。 ・ウォシュレット本体が便器に設置されていない ウォシュレット本体がしっかりと便器に設置されていないとノズルがでてきません。 本体にガタつきがないかなどを確認し、もしガタつきが見られれば本体を取り外して再度取り付けをしましょう。 ウォシュレットの便座が温まらない原因と対処法 ウォシュレットの故障として便座が温まらないというものがあります。 便座が温まらない原因は以下の通りになります。 ・便座の温度設定がOFFになっている ウォシュレットの便座が温まらない原因に、便座の温度設定がOFFになっているというものがあります。 一度便座の温度設定を確認しましょう。 ・節電設定がONになっている ウォシュレットの節電設定がONになっていると、トイレを使用しない場合に便座のヒーターがOFFになっている場合があります。 節電設定を見直すと便器が温まることがあります。 ・着座センサーに汚れがある ウォシュレットの着座センサーが汚れていると便座が冷たくなる原因になります。 ウォシュレットの着座センサーは便座とフタの間にあり、人間が座ると自動で便座を温めてくれるなどの機能がついています。 着座センサーに汚れがないか確認をして、汚れているようであれば雑巾などで汚れを拭きとりましょう。 ・便座に長時間座っている ウォシュレットの便座に長時間座ることで、着座センサーの安全装置が働きウォシュレットのヒーターが切れることがあります。 この場合再び座ることでヒーターがONになります。 ウォシュレットの寿命について ウォシュレットの寿命は使用する環境にもよりますが、一般的には7年から10年程度と言われています。 使用中のウォシュレットが7年を超えている場合は「動かない」「水が全くでない」など故障をする確率が高まります。 寿命が近いと故障しやすいと言えます。 ウォシュレットは修理よりも買い替えがお得? ウォシュレットの寿命が近い場合、故障した際の修理代金よりも買い替えをしたほうが料金が安く済む場合が多いです。 安いものでは1万円台からあるほか、思い切って今のウォシュレットより性能がいいものに買い替えるのも手ではあります。 ウォシュレットの電気代について ウォシュレットの電気代は、1ヶ月約150円程度のものから約1,000円程度のものまでと差があります。 その差は暖房機能があるかないかで変わります。 1ヶ月のウォシュレットの電気代が1,000円というのは、トイレ全体を暖めることのできる温風機能がついているもので、冬場にはそれほどの電気代がかかります。 この暖房機能の節電をしないとウォシュレットの故障の原因にもなるため、使用後に必ず便座を閉めるようにするなどの工夫が必要になります。 ウォシュレットの掃除のポイント ノズル掃除 ウォシュレットの故障を防ぐためにも、ノズルの定期的な掃除は効果的です。 ノズルの掃除方法は以下になります。 ・ノズルクリーニング機能を使う 機種によっては洗浄前に自動でノズルを洗浄してくれるものや、ボタンを押すと洗浄してくれるものがあります。 設置されているウォシュレットにそれらの機能があれば使うようにしましょう。 ・自分で掃除をする 中性洗剤・クエン酸スプレー・ノズルクリーナーなどを使って、自分でノズルを掃除する方法です。 クエン酸スプレーは固くこびりついた尿石などに効果的なほか、ノズルクリーナーはアルコールの成分でしっかりと汚れを落としてくれます。 汚れが落ちない場合はノズルにトイレットペーパーを巻いてクエン酸のスプレーを噴射するとクエン酸が浸透して汚れが落ちやすくなります。 また、汚れが落ちないからといって歯ブラシでゴシゴシと擦るとノズルに細かい傷がつき、傷に汚れが入り込んでしまう可能性もあります。 ウォシュレット掃除 ウォシュレットを掃除する際は、トイレットペーパー・ゴム手袋・酸性洗剤を使って汚れを落としていきましょう。 尿はアルカリ性のため、酸性洗剤で汚れを落とすときれいに落ちます。 (1)トイレ周りを掃除する トイレットペーパーに酸性洗剤をつけてきれいに拭いていきます。 座る部分のため、念入りに掃除をしましょう。 (2)裏側を拭く 便座の裏側は尿が飛び散りやすく汚れやすいため、しっかりと掃除をしましょう。 また、トイレの裏側にウォシュレットのセンサーがついている場合、その部分が汚れているとウォシュレットが動かない場合があるため、センサーの汚れを拭きとりましょう。 (3)フタを掃除する 便器のフタを取り外して掃除をしましょう。 フタは菌が付着しやすいほか、細かい隙間にはホコリが溜まりやすいので綿棒などで汚れを取り除きましょう。 酸性洗剤のほかに、アルコールを使った洗浄も効果的です。 (4)ウォシュレットを取り外す ウォシュレットと便座は簡単に取り外せます。 トイレの横にある便座脱着ボタンを押しながら前に引き、スライドをさせると取り外しが可能になります。 便座を外すと便器がむき出しの状態になるため、ウォシュレット側を掃除しましょう。 ウォシュレットの故障の原因がわからない場合は無理せず業者に ウォシュレットの故障の原因がわからない場合は、自分で直そうとせず水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をして修理をしてもらいましょう。 水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をするポイントは以下の通りになります。 料金は適切か トイレ関係の修理の金額相場は、約5,000円から20,000円が相場となります。 ただし、この金額は「基本料金」であることも多いため、他に「出張費」「パーツ料金」などがかかる可能性があります。 依頼をする場合は基本料金のほかにどのような費用がかかるのかをしっかりと確認しましょう。 ウォシュレットの脱着は約8,000円程度です。 ウォシュレットの機種によっては脱着が困難なものもあるため、そのようなウォシュレットは水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をして取り付けをしてもらいましょう。 繊細な製品のため、自分でやるよりも依頼をしたほうが確実に取り付けられます。 水漏れ修理・トイレつまり工事は専門的な知識が必要となることもあります。 ウォシュレットの工事を依頼する際に、でホームページを持っている会社の中にはウォシュレットの取り付けや修理を得意とするところもあるため、そのような水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をすると適切な料金で満足のいく施工をしてくれます。 実績があるか ウォシュレットの故障で工事を依頼する際、その会社に実績があるかは重要なポイントになります。 今まで会社や公共施設のウォシュレット修理を何件も扱っていたという会社であれば、施工にも安心感があるうえに多方面からの信頼もあるため修理に失敗するということが少ないです。 実績は会社のホームページに記載されていることが多いため、確認をしましょう。 サポートやアフターフォローがあるかどうか 修理後にまたウォシュレットが故障した場合にアフターフォローがある水漏れ修理・トイレつまり工事のプロだと無料で再度修理をおこなってくれる場合があります。 この部分がしっかりとしていないところだと、また余計に料金をとられてしまうこともあります。 電話での態度やマナーを見る いざ依頼をする際にサポートセンターのスタッフの態度が悪い・横柄である場合は注意です。 その会社への信頼度が下がり「本当でこの業者にまかせてよいのか」という不安感がでるばかりか、説明がろくにされずに施工が決まってしまうこともあります。 実績がしっかりとある会社でも、電話対応時のスタッフのマナーが悪い水漏れ修理・トイレつまりのプロには注意をしましょう。 自分の住んでいるエリアに対応しているか 「この水漏れ修理・トイレつまりのプロなら実績もあるし、安心してまかせられるかも」と思っても、自分の住んでいるエリアにその水漏れ修理・トイレつまりのプロが対応していないと施工が頼めません。 また、エリアが対応していない場合で施工が頼めたとしても、出張費として高い金額がかかってしまう可能性があります。 水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をする場合はホームページをしっかりと確認して、自分の住んでいるエリアに対応しているかを調べましょう。 一度の見積もりですぐ施工を決めない 実際に水漏れ修理・トイレつまりのプロに家に来てもらい、見積もりを依頼しても同じ内容・施工内容で水漏れ修理・トイレつまりのプロによっては大きく金額が違う可能性もあります。 見積もりの依頼をする際はその場で決めずに最低3社から見積もりを依頼し、料金の比較・検討をしたうえで決めるようにしましょう。 水漏れ修理・トイレつまりのプロによってはキャンペーンなどを実地して料金が普段より大幅に安くなっている場合もあります。 まとめ トイレのウォシュレットの故障にはさまざまな原因がありますが、確実に直すには水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼して修理をしてもらうのが一番になります。 もし自宅のウォシュレットが故障した場合は、自分でどうにもならないと判断したときには水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をして修理をしてもらいましょう。 修理をする場合、あまりにもウォシュレットの種類が古い場合は部品が見つからずに買い替えが必要なこともあるため、自分の家のウォシュレットがいつ製造されたものなのかなどを調べるようにしましょう。 (この記事は2020年5月26日に加筆・修正しています).

次の

ウォシュレット・シャワートイレのノズルつまりの修理3つのポイント

ウォシュレット ノズル 掃除

見出しで拾い読みする?• 週1~月1でする掃除 ノズルの掃除 ウォシュレットの特長といえば、お尻を洗ってくれること。 そのノズルをしっかり見たことはありますか? 自動洗浄機能は付いているものの、 ノズルの形状は複雑で、 付け根などに汚れが溜まってしまうことも多いんです。 いつでも気持ちよく洗えるように、定期的にノズル清掃を行いましょう。 最近のウォシュレットトイレには、 「おそうじボタン」が付いていることが多く、 押せば自動でノズルが出てきます。 おそうじボタンがない場合も、手でひっぱり出すことができます。 シャワー穴やノズルの根元などに汚れが溜まっていたら、 古い歯ブラシを使ってこすり洗いをしましょう。 ノズル掃除専用の洗剤もあります。 つるつるしたノズルにも留まりやすいフォームタイプで、 しばらく放置するだけできれいなノズルが保てます。 除菌もできるタイプなら安心ですね。 脱臭フィルターの掃除 また、見落としがちなのが脱臭フィルターです。 便座の裏に付いているのですが、 埃が詰まると脱臭効果が落ちてしまいます。 「最近なんだかクサイ…」 というときはここをチェックしてみましょう。 取扱い説明書を見ると、フィルターの外し方が書いてあります。 取り外したフィルターは、 古い歯ブラシなどでこすると簡単に埃が取れます。 しつこい汚れは洗剤を使って水洗いしてもよいですが、濡れたまま取り付けるとさらに埃が付着しやすくなってしまいます。 洗ったあとは水気をよく拭き取り、完全に乾いてから装着しましょう。 その他 ウォシュレットの操作パネルやリモコンの埃を拭き取っておくと清潔感がアップします。 年1~2回やる掃除 少なくとも年に1回はやっておきたいのが、分解掃除です。 入り組んだ構造をしたウォシュレットは、汚れが入り込みやすいもの。 すみずみまできれいにするのは気持ちがいいですよ。 ウォシュレットトイレで取り外せるのは、• 便座の表面と裏面、便器のフチを拭く• トイレの床を拭く• ブラシで便器内をこする です。 「毎日拭くなんて無理」 と思いますか? でも こまめに拭き掃除をしておけば、汚れがこびりつくこともないので、ゴシゴシこすらなくてもいいんです! 雑巾を使おうとすると途端に面倒になるので、トイレ用のシートが便利ですね。 もっとシンプルに、折りたたんだトイレットペーパーを少し濡らして拭くのでも十分! とにかく、 「こまめに拭いて、汚れを溜めこまないこと」がトイレ掃除では最も大切です。 「床を拭く」ことも字面で見ると大変そうですが、トイレは 狭い空間なのですぐに終わってしまいます。 特に、男性がいるご家庭では毎日の床掃除は必須! 飛び散った尿を放置すれば、取り返しのつかない悪臭へと変化してします。 ブラシでのこすり洗いも、毎日しておけば 尿石などがこびりつくのを防ぐことができます。 毎回洗剤を使わなくても、十分効果はありますよ。 洗剤を含んだ使い捨てタイプのブラシもあります。 これならササッと掃除ができますね。 自分がトイレに行くときに、小の後は拭き掃除、大の後はブラシ洗い、などとルールを決めると習慣づけられます。 体験談:しつこい臭い対策 筆者には現在4歳の男児がいますが、彼がひとりでトイレに行くようになってからというもの、トイレの臭いと戦い続けています。 お子さんが小さいご家庭では、同じ悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 まず筆者が取った対策は、多種多様な消臭剤の設置と、毎回便座や床を拭くこと。 しかし臭いは一向に改善されません。 そこで我が息子のトイレに同行し原因を探究したところ、臭いの元が2箇所判明しました。 1つは 本体と便座のすきま、もう1つは 壁でした。 とにかく狙いを定めるのが下手な4歳児。 便器や床にこぼれているのは気づいていたので拭き取っていましたが、すきまに入り込んでいることや壁にはねていることには気づいていなかったのですね。 それからというもの、毎日本体を外し、分解掃除をしています。 最初は面倒でしたが、慣れてしまえばラクなもの。 このすきまをキレイに保つだけで、臭いの発生は格段に抑えられます。 壁については、我が家は白いクロスだったため変色も見られ、 もっと早く気付けばよかったと後悔しています。 今は、消臭効果の高いクエン酸水を使って1日1回拭き掃除をしています。 クエン酸は消臭の他、尿石などを溶かす効果もあるのでトイレ効果にはピッタリ。 スプレーを常備しておくと便利ですよ。 ところでクエン酸はとても便利で、ほかのいろんな場所にも使えるんです。 これからお子さんのトイレトレーニングを始める方や、トイレの壁汚れ・臭いでお悩みの方は使ってみてはいかがでしょうか。 まとめ いかがでしたか? 今回はウォシュレットの掃除の仕方のお話しでした。 思ったより簡単でしたか? 直接大事な部分に影響がある、ノズルの掃除は特に気をつけたいですね。 そして、余裕があれば毎日の掃除もしていきましょう。 こまめに拭き掃除をしておけば、汚れがこびりつくこともないので、ゴシゴシこすらなくてもいいですよ。 お掃除を楽にするために、あわせて読みたい記事 ・ \ SNSでシェアしよう! / らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの 注目記事を受け取ろう•

次の

ウォシュレットのノズル黒ずみ 汚れ具合できれいにする私の方法

ウォシュレット ノズル 掃除

見出しで拾い読みする?• 週1~月1でする掃除 ノズルの掃除 ウォシュレットの特長といえば、お尻を洗ってくれること。 そのノズルをしっかり見たことはありますか? 自動洗浄機能は付いているものの、 ノズルの形状は複雑で、 付け根などに汚れが溜まってしまうことも多いんです。 いつでも気持ちよく洗えるように、定期的にノズル清掃を行いましょう。 最近のウォシュレットトイレには、 「おそうじボタン」が付いていることが多く、 押せば自動でノズルが出てきます。 おそうじボタンがない場合も、手でひっぱり出すことができます。 シャワー穴やノズルの根元などに汚れが溜まっていたら、 古い歯ブラシを使ってこすり洗いをしましょう。 ノズル掃除専用の洗剤もあります。 つるつるしたノズルにも留まりやすいフォームタイプで、 しばらく放置するだけできれいなノズルが保てます。 除菌もできるタイプなら安心ですね。 脱臭フィルターの掃除 また、見落としがちなのが脱臭フィルターです。 便座の裏に付いているのですが、 埃が詰まると脱臭効果が落ちてしまいます。 「最近なんだかクサイ…」 というときはここをチェックしてみましょう。 取扱い説明書を見ると、フィルターの外し方が書いてあります。 取り外したフィルターは、 古い歯ブラシなどでこすると簡単に埃が取れます。 しつこい汚れは洗剤を使って水洗いしてもよいですが、濡れたまま取り付けるとさらに埃が付着しやすくなってしまいます。 洗ったあとは水気をよく拭き取り、完全に乾いてから装着しましょう。 その他 ウォシュレットの操作パネルやリモコンの埃を拭き取っておくと清潔感がアップします。 年1~2回やる掃除 少なくとも年に1回はやっておきたいのが、分解掃除です。 入り組んだ構造をしたウォシュレットは、汚れが入り込みやすいもの。 すみずみまできれいにするのは気持ちがいいですよ。 ウォシュレットトイレで取り外せるのは、• 便座の表面と裏面、便器のフチを拭く• トイレの床を拭く• ブラシで便器内をこする です。 「毎日拭くなんて無理」 と思いますか? でも こまめに拭き掃除をしておけば、汚れがこびりつくこともないので、ゴシゴシこすらなくてもいいんです! 雑巾を使おうとすると途端に面倒になるので、トイレ用のシートが便利ですね。 もっとシンプルに、折りたたんだトイレットペーパーを少し濡らして拭くのでも十分! とにかく、 「こまめに拭いて、汚れを溜めこまないこと」がトイレ掃除では最も大切です。 「床を拭く」ことも字面で見ると大変そうですが、トイレは 狭い空間なのですぐに終わってしまいます。 特に、男性がいるご家庭では毎日の床掃除は必須! 飛び散った尿を放置すれば、取り返しのつかない悪臭へと変化してします。 ブラシでのこすり洗いも、毎日しておけば 尿石などがこびりつくのを防ぐことができます。 毎回洗剤を使わなくても、十分効果はありますよ。 洗剤を含んだ使い捨てタイプのブラシもあります。 これならササッと掃除ができますね。 自分がトイレに行くときに、小の後は拭き掃除、大の後はブラシ洗い、などとルールを決めると習慣づけられます。 体験談:しつこい臭い対策 筆者には現在4歳の男児がいますが、彼がひとりでトイレに行くようになってからというもの、トイレの臭いと戦い続けています。 お子さんが小さいご家庭では、同じ悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 まず筆者が取った対策は、多種多様な消臭剤の設置と、毎回便座や床を拭くこと。 しかし臭いは一向に改善されません。 そこで我が息子のトイレに同行し原因を探究したところ、臭いの元が2箇所判明しました。 1つは 本体と便座のすきま、もう1つは 壁でした。 とにかく狙いを定めるのが下手な4歳児。 便器や床にこぼれているのは気づいていたので拭き取っていましたが、すきまに入り込んでいることや壁にはねていることには気づいていなかったのですね。 それからというもの、毎日本体を外し、分解掃除をしています。 最初は面倒でしたが、慣れてしまえばラクなもの。 このすきまをキレイに保つだけで、臭いの発生は格段に抑えられます。 壁については、我が家は白いクロスだったため変色も見られ、 もっと早く気付けばよかったと後悔しています。 今は、消臭効果の高いクエン酸水を使って1日1回拭き掃除をしています。 クエン酸は消臭の他、尿石などを溶かす効果もあるのでトイレ効果にはピッタリ。 スプレーを常備しておくと便利ですよ。 ところでクエン酸はとても便利で、ほかのいろんな場所にも使えるんです。 これからお子さんのトイレトレーニングを始める方や、トイレの壁汚れ・臭いでお悩みの方は使ってみてはいかがでしょうか。 まとめ いかがでしたか? 今回はウォシュレットの掃除の仕方のお話しでした。 思ったより簡単でしたか? 直接大事な部分に影響がある、ノズルの掃除は特に気をつけたいですね。 そして、余裕があれば毎日の掃除もしていきましょう。 こまめに拭き掃除をしておけば、汚れがこびりつくこともないので、ゴシゴシこすらなくてもいいですよ。 お掃除を楽にするために、あわせて読みたい記事 ・ \ SNSでシェアしよう! / らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの 注目記事を受け取ろう•

次の