アラジン キャラクター。 登場人物 Character|『アラジン』作品紹介|劇団四季

キャラクター/【アラジン】

アラジン キャラクター

英語表記では「Ala ad-Din」となり、日本人がこれを聞くと「アラディン」と聞こえるそうです。 これがカタカナのアラジンという呼称が有名となり定着したのではないかという説です。 『アラジンと魔法のランプ』が原作だというのは有名な話ですので、名前の由来としても個人的にもかなり信憑性のありそうな説だと思います。 ジャスミンのフルネームと名前の由来を考察 ジャスミンについてはフルネームの有力な説はないようでしたが、由来についてはたくさんの考察があるようでした。 その中でもやはり一番最初に思い浮かべるのはやはり 花のジャスミンですよね。 アラジンのヒロイン「ジャスミン」も花の名前から連想してつけられたとする説が有力なようです。 (上述の「アラジンと魔法のランプ」にはジャスミンというキャラクターは一切登場しません。 ) 花のジャスミンの語源は、ヤスミンというペルシャ語に由来しているとのもされ、 ヤスミンは実際に中東では女性によくつけられる名前なんだそう。 中東の女性によく付けられる名前だと聞くとこの説が有力に思えてきますね。 さらに「ジャスミン」の名の由来は、アラビア語で「yas min 絶望は愚か 」を意味するという俗説があるそうです。 アラジンは基本的には心優しい性格ですが、大切な人のためには危険を顧みず行動できるディズニー主人公の鏡のような性格でもあります。 ジーニーと王宮を乗っ取ったジャファーに対して、機転を利かせた策をとっさに考えてジャファーをランプに閉じ込めるなど実は頭もキレます。 またこれが作中で一番印象に残るアラジンの特徴ですが、一度は王子になれた自分への魔法が解けてしまうことも厭わず、最後の願いでジーニーを自由にしてあげます。 それによりジャスミンにも自分は王子ではないとバレてしまうことになっても、ジーニーの自由を優先したのです。 アラジンの心優しく正直な内面が表れている一面ですよね。 自由と動物(虎のラジャーや小鳥など)をこよなく愛しますし、自分を王女として見てもらえない王宮に退屈を感じて、抜け出したりもします。 ディズニープリンセスとしては異色な彼女の衣装にも、その活発さがよく表れていますよね。 また、物語の中ではジャファーなどの悪者にもひるまず立ち向かうなど、 強い勇気も持ち合わせています。 王女という身分よりも、自分そのものを好きになってくれるアラジンに惹かれるあたりも、 ディズニープリンセスの中でも一際「自分」を持っているヒロインです。 アラジンは心優しく正直な性格の青年で、名前は「アラジンと魔法のランプ」の主人公のアラー・アッディーンから来ている説が有力• ジャスミンは明るく活発で勇気のある性格で、名前は花のジャスミンから来ている説が有力。 さらにジャスミンの語源のヤスミンは中東の女性によく名付けられる名前とのこと。 でした。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の

アラジンとジャスミンの性格は?名前の由来・フルネームについても考察

アラジン キャラクター

概要 [ ] 万能のの(ランプの精)。 魔法のランプをこすると現れ、ランプの持ち主のどんな願いでも3つ叶えることのできる力を持つ。 ただし、「殺生」・「恋愛の(心理操作を含めた)成就」・「死者の蘇生」・「叶える願いの数を増やす」・「願いを取り消す(返却・交換)」の5つは叶えられない(ただし恋愛については「お膳立て」程度なら主人が願わなくても可能な模様)。 願いを叶え果たすとランプの中に戻らなくてはならず、次にランプの外に出られるのは何百年後になるかわからない。 おまけにランプの持ち主には逆らえないため、主人によって善悪が決定する中立的な運命にある(実際、ジャファーの手にランプが渡った際には「ご主人が変わった」と言い、前の持ち主となるアラジンを助けられなかった)。 そのため自由の身になることを何よりも望んでいるが、自分の願いはランプの主人に願ってもらわないと叶えることができないため、ランプの魔人であり続けることを余儀なくされている。 また、これらの設定は第一作ラストでレッド・ジーニーとなったジャファーにも適用される(『ジャファーの逆襲』では、主人の願いで解放される前に「ランプを破壊するとその魔人は滅びる」というルールがジーニーの口から語られており、それがジャファーを倒す鍵となった)。 劇中ではアラジンと主従関係を超えた友情を育み、劇場版第一作のラストでアラジンが最後の願いでジーニーを自由にした際、拘束を表す金の腕輪が消滅し、ランプに入る必要がなくなった(加えて小説版、実写版では普通の人間となった)が、その後の作品では気に入っていたのか復活している。 拘束の効果がないため、装飾としてつけている可能性が高い。 (本人曰く狭いらしいが)ランプも盗まれると激しく動揺し、世界中を探す勢いで探すほど。 アラジンの願いによって晴れて自由の身となり、念願だった世界旅行へ出かけた(小説版では魔法の絨毯も同行した)。 旅行から帰って来た後はアグラバーの宮廷でアラジンたちと共に暮らしている。 自身が様々な姿に変身できるのみならず、他人を(その本人の意思に関係なく)変身させることも可能。 ランプの拘束から解き放たれて自由になった後は魔法を無制限に使えるようになったが、その分ランプの魔人だった頃と比べ魔力が少し弱まった模様 本人曰く「ちょっぴり脅威の小宇宙パワー」、「最近腕が落ちている」などとのこと。 家事なども魔法でそつなくこなしている。 TVシリーズ『』では、ランプから自由に出入りすることもあった。 三部作、TVシリーズを含め『アラジン』シリーズには他のディズニーキャラクターとのリンクが度々あるが、そのほとんどはジーニーの魔法によるものが多い。 主な例として、第一作では頭だけに変身したりエンディング直前にの帽子を被っている。 『ジャファーの逆襲』ではのアリエルに扮したりに変身するシーンが存在する。 『盗賊王の伝説』では飛行機から飛び降りる多数のジーニーの分身の中に(ジーニー似)が混じっている。 TVシリーズではの愛犬・に変身したり、くまのプーさんの、本人やクリスマスキャロルでの墓を出現させたりもした。 WII ディズニー・シンク 早押しクイズでは名司会者として登場しており、ミッキーや仲間達にクイズを出題した。 他にもお馴染みの変化自在な変身や山寺によりアドリブやトークなどで番組を盛り上げた。 声優 [ ] オリジナルの英語版を演じているのは。 元々ジーニーはそれほどハイテンションではなかったが、ウィリアムズがアフレコ時に卓越したトークセンスによるアドリブを連発し、今のような喋り方のキャラクターになったという。 ウィリアムズは子供に喜んで貰えるならばと、7万5千ドルという半ば友情出演の様なギャラ 当時のウィリアムスのギャランディの相場は800万ドルだった でオファーを承諾し、宣伝活動においてジーニーやロビンのネームバリューを強調しない旨をディズニー側と約束したものの、ディズニー側が反故にした為トラブルになり、続編作品『』ではが代演し 、次の作品『』で再びウィリアムズが登板するまで 、ウィリアムズはディズニー作品への出演依頼を断り続けた。 日本語吹き替え版では全てが務め、ウィリアムズに負けず劣らずの超ハイテンションな演技を見せている。 また、ジーニーは頻繁にジョークを口にするコメディキャラクターでもあるため、吹き替えの際には大幅なアレンジがなされているケースもある。 ジーニーが登場し自己紹介する際、「」というのギャグを引用している。 第一作で空飛ぶ絨毯とチェスで勝負して負けた際、吹き替え版では「絨毯に負けるなんてジュウタンじゃないよ! 」という絨毯と冗談をかけた洒落を口にしているが、このシーンは実際は有名なコメディアンであるの物真似である。 同作で、セニョール・ウェンセス、、ウィリアム・F・バックリー、、の真似もしている。 山寺によると『アリ王子のお通り』内に於いて日本での知名度が低いリポーターやキャスターのモノマネをしている箇所があり、そのまま再現すると日本人には意味不明な物になってしまうと判断した為、ディレクターと相談の上でそれぞれとのモノマネに変更したと『』出演時に明かしている。 ミュージカル版 [ ]• ダンは派生作品やTVシリーズで担当し、2008年に勇退。 当作もカステラネタによる録音作業が終了していたが、ウィリアムスが復帰する事になった為、その音源はお蔵入りになった。 なお、『盗賊王』のウィリアムスのギャラは100万ドルだった〈〉• 関連項目 [ ]• - 「」でジーニーが活躍している。 また、「」にジーニーを模したライドがある。 - で2011年と2012年に行われたイベント「サマーオアシス・スプラッシュ」でジーニーが活躍している。 - ワールド「アグラバー」に登場。 また、召喚キャラとしても力を貸してくれる。 映画の再現として3つの願いを叶えるシーンがあるが、最後の願い以外はオリジナルのものとなり、2つ目の願いは達成されていないにも関わらず消化済みと扱っていた。 - 原型でもある、アラブにおける精霊や妖怪、魔人などの総称。 外部リンク [ ]• (英語) - のページ。

次の

キャラクター/【アラジン】

アラジン キャラクター

ジーニー 陽気なランプの精で、主人となったアラジンに仕え、彼の「3つの願い」を叶えようとする。 だがその陽気さとは裏腹に、実は、自由の身になることを望んでいる。 王 アグラバー王国の王で、人一倍のお人好し。 側近ジャファーの陰謀にも簡単にだまされてしまう。 一人娘のジャスミンの婿探しだけを心配する優しい父親。 ジャファー 王国の手中にすべく魔法のランプを狙う邪悪な大臣。 王への忠誠を装ってはいるが、その目はいつも怪しく光っている。 イアーゴ ジャファーの手下。 ジャファーには助言をしたり悪知恵を働かせたりする。 カシーム/オマール/バブカック アラジンといつも一緒にいる友だち。 リーダー格のカシーム、思慮深いオマール、食べ物に目がないバブカックの3人組。

次の