艦これ ss 提督死亡。 [B!] 【艦これ安価】提督「艦娘に看護される日々」 : あやめ速報

【艦これ・榛名SS】提督「助けてくれ」

艦これ ss 提督死亡

vip2ch. 今回の敵の動きは通信の後に急激に変化、こちらの警戒網をかいくぐっての襲撃でした」 大淀「もしも、通信の傍受がなされているのなら。 提督が死んだという噂を流して相手の出方を見る、というのはいかがでしょうか」 提督「それは……良いのか?」 大淀「混乱による誤報であれば、叱責程度で済むかと」 提督「それを受けるのは俺だろう……まあ、いいさ。 だが俺が姿を隠す間の報告はどうする?」 大淀「間宮さんと伊良湖さんを経由しましょう。 あの二人ならほかの艦娘とかかわる時間は少ないですから」 提督「そうか……わかった。 愉快な芝居ではないだろうが、ひとつ打ってみるとしよう」 大淀「では実際の伝達は各艦隊及び後詰めの旗艦までにして、後は全体放送で死亡を臭わせる報を出しますね」 提督「任せたよ。 さて、そうなると俺の隠れ場所とここからの脱出か」 大淀「艦娘達が報告に来る前に移動しましょう。 幸い、こそこそ逃げるには十分隙間がありますから」 提督「ああ……なにせ、建物自体がボロボロだからな。 全く夜の闇に乗じてとはいえ、鎮守府が攻められるとはとんだ失態だよ。 さすがにクビかな」 大淀「私には分かりかねますが、少しでも取り戻せば違うかもしれません。 では行きましょう。 ちょうど裏の雑木林まで通れるように崩れていますし、敵も撤退したようです」 提督「着替えだけは後で持ってきてくれよ。 執務室は半壊状態です』 『執務室には血痕がありましたが、遺体の確認はされていません。 もし提督を発見したら、すぐに司令部まで連絡を』 『また、昨日の今日ですから鎮守府近海に深海棲艦が滞留している可能性があります。 後方支援を含め全艦隊は厳戒態勢、予備隊及び非番予定だった艦娘のみで瓦礫の撤去、提督の捜索にあたります』 『では現時刻をもって長門秘書官を提督代理とし、艦隊の指揮を執ります。 以上、緊急放送終わり』 加賀「……」 赤城「加賀さん、顔色が悪いですよ。 少し休んだ方が」 加賀「いえ、大丈夫。 少し寝不足なだけ……行きましょう、直ちに抜錨して哨戒にあたります」 加賀「ええ、少し、頭が痛いだけ。 少し、息が、しにくいですが、大丈夫です」 赤城「加賀さん……」 赤城(酷い顔ね。 足取りも良くない、体も震えてる。 前線に出るのは難しいかしら) 赤城(誤情報による敵部隊のかく乱。 半分は司令棟へ向かい提督の捜索へ向かってください」 鳳翔「残り半分をさらに分割。 最優先は入渠施設、工廠です。 残りは運動場に帰還した艦隊の休む場所を設営します」 鳳翔(予備隊は駆逐艦が多いせいか動揺も大きいですね。 けれど本当の事を話しては……せめて深海棲艦が動きを見せるまでは) 鳳翔「では各自、全力を尽くすように! 私は間宮さん達と炊き出しの準備をしますから、何かあれば運動場へ来てくださいね」 鳳翔「……あら、朝潮さん。 どうかしましたか?」 朝潮「せ、僭越ながら、あの、よろしいでしょうか。 なぜ、司令棟を全員で探さないのですか? い、今すぐに、早く探さないと!」 鳳翔(涙はとっくに流した後……それはみなさん同じですね) 鳳翔「ええ、ですから半分の人員をあてがいます。 けれど、大淀さんの放送通り深海棲艦が近海に潜んでいる可能性もあります。 露払い程度ならともかく、大艦隊が居座っていた場合、入渠や補給ができないと嬲り殺しにされてしまいます」 朝潮「それは……ですが、司令官がいないと、指示が!」 鳳翔「既に長門さんが代理で指揮を執っています。 今は一刻一秒を争う時。 お喋りをする暇はありませんよ」 朝潮「っ……わ、わかり、ました……失礼します……」 鳳翔「……大丈夫、提督は無事ですよ。 あの人はこんな簡単に死ぬような人ではないでしょう?」 鳳翔(言えるのはここまで、ですね。 本当に人が悪い。 どれだけ好かれているか、自覚が薄いんですから) 鳳翔(本当に通信が傍受されているのなら、敵の動きも早いでしょう。 提督不在なら相手には好機のはず) 鳳翔「炊き出しも急がないといけませんね。 怒り狂ってたり意気消沈してたり、色々みたいね」 長門「『網』の方は?」 陸奥「そっちは順調よ。 幸いというか、こっちは湾だもの。 侵攻方向は一方向しかないから、島風を中心に高速艦でありったけの機雷を設置してもらってるわ」 長門「分かった……そろそろ時間だな」 陸奥「そうね。 どうする? 事情を知ってる旗艦だけに絞って、殉職確定の無線でも出してみる?」 長門「いや、どの無線が傍受されているか分からん。 今は誘い込みのために全体に出すべきだろう」 長門「まったく、嫌になるな。 さっき出て行った第五遊撃部隊の顔を見たか?」 陸奥「吹雪ちゃん達のところね。 金剛、北上、大井が殺気立ってるって泣きながら連絡が来たわ。 逆に加賀と瑞鶴は調子が悪いみたい」 長門「球磨型は全員姉妹だな。 どの部隊も手が付けられんらしい」 陸奥「お葬式で使えないよりはマシよ。 さ、提督の死亡の可能性が高まったことにしましょう。 艦隊の配置もそろそろ終わるわ」 長門「電撃決戦、か。 日暮れまでに終われると良いが」 陸奥「あら、もしかしたら通信傍受なんてなくて、敵さんも全員撤退してるかもしれないわよ?」 長門「それで終わればそれでよし。 警戒しつつ通信の変更、提督も見つかって一段落だ」 長門『定時連絡をおこなう。 提督の捜索状況だが芳しくない、全体の修復作業も遅れ気味だ』 長門『それと多少鎮守府の守りが薄くなるが哨戒中の艦隊は警戒網を広げるように。 イライラするんだよね、凄く、ねえ大井っち」 大井「ええ、それはもう! 引きずり出して引き千切っても足りないくらいです!」 加賀「……」 瑞鶴「……」 吹雪「あ、あの……加賀さん、瑞鶴さん、大丈夫ですか?」 加賀「大丈夫よ。 ええ、私は大丈夫。 頭が、少し、痛いけれど」 瑞鶴「……大丈夫な奴がいたら頭イカれてるわよ。 でも、仕事はするわ」 吹雪「は、はい。 握り飯だ、一つでも食べておけ」 大和「ありがとう、いただきます。 敵艦発見の報は?」 武蔵「まだらしいな。 しかし、ここに留まらねばならんのは口惜しいものだ。 もう少し足が速ければな」 大和「仕方ないわ。 私たちにできることは固定砲台として、敵が来たら叩き潰すまで。 機が来るまでは身を隠し、守りが薄いように見せないと」 武蔵「それはそうだ。 どれ、私も座禅でも組んでおくか……どうした?」 大和「……何か、空気が変わった気がする。 来るわ」 武蔵「そうか。 よし、抜錨準備と行くか」 大和「ええ、一匹たりとも逃がさないわ。 生意気な鼠は、すべて駆除しないとね」 武蔵「ふ、こそこそしている提督もそろそろ表に出してやらねばいかんからな。 司令官への愛情が薄いんちゃう?」 扶桑「そうかしら? これでもはらわたは煮え滾っているのだけれど……」 扶桑(私が旗艦じゃなくて提督の無事を知らされていなかったら、悲嘆したかもしれないわね) 龍驤「ま、その方がええよ。 愛宕もパンパカ言わへんし、隼鷹も酒飲む気にならなへんっちゅーし。 こっちまで気が滅入るわ」 扶桑「そうね。 でもそれくらい真剣に鎮守府と提督を想っているということでしょう?」 龍驤「んー……ちょい待ち、来よった! 五時の方向、一直線に鎮守府に向かっとる! 艦種は……あかん、戦艦、空母、重巡に鬼や姫までおる!」 扶桑「私も確認したわ。 こちら扶桑、敵艦隊を発見。 構成は姫級や鬼級の混在した全艦種。 数は確認されただけで40!」 長門『了解した。 既に大和型が抜錨している。 機雷設置部隊は後退、補給部隊に再編だ』 島風「りょーかい! 行くよ、急がないと敵が来るってさー」 天津風「ふうん……いい風。 これなら勝てるんじゃない?」 島風「なにそれ? てゆーか余裕じゃん、朝は提督がいなくて泣いてたのに」 天津風「ばっ!? ぐ、だ、だって生きてるんでしょ。 よくわかんないけど、作戦ってことだろうし」 島風「あー。 やっぱりそーだよね」 天津風「じゃなかったら朝まで無茶苦茶キレてた大和さんが、長門さんに呼ばれた後いきなり大人しくなったりしないでしょ」 島風「あれ怖すぎだったし……っと。 機雷設置部隊、後退完了です! これより補給部隊に合流します!」 大和「お疲れ様でした、後は任せてくださいね……一匹残らず吹き飛ばしてやるわ」 島風「はい! ……でもさー、やっぱりキレてるよね?」 天津風「キレてるキレてる。 11 ID:OPCbeEDk0 暗号…ミッドウェー…うっ!頭が….. 姫はほとんど倒せず、鬼も半分残して逃がすか……ここまでか……」 提督「すまん遅れた! 長門、今すぐ抜錨しろ。 アイオワ、ビスマルク、伊勢、ローマは護衛艦とともに包囲を維持したまま扶桑の穴を埋めるよう時計回りに移動!」 長門「提督! ここは任せた! 長門、抜錨する!」 大淀「後方にいる艦娘達への装備換装、抜錨も完了しました。 これで鎮守府は予備隊を残して文字通りもぬけの殻ですね」 提督「こちら提督、全艦隊に告ぐ! 驚く者も多いだろうが悪いが後にしろ!」 提督「こっちは轟沈なし、敵は姫と鬼を残して壊滅。 このまま逃がしても打撃を与えたには変わりない」 提督「だが、お前達の家を壊した敵をみすみす見逃せるか? お前らの中に、ぶん殴ったらそれで満足な奴がいるか?」 提督「敵は潰せ。 一匹逃がせば蛆のように湧いて出る。 わたくしはまだまだ忙しいのですけど、貴方はどうしますの?」 鈴谷「……言ってくれるじゃん。 どうもなにも、やれって言われたらやるだけでしょ」 熊野「あらあら、それなら良いのですけど。 さっきまで府抜けたツラでしたから、てっきり泣きべそ掻いて提督の所まで戻るかと思ってましたわ」 鈴谷「そんなの駆逐艦じゃあるまいし……っよし! 全力全開、行くしかないっしょ!」 熊野「あらまあ、本当に分かりやすい。 なら競争ですわ! より多くの敵を沈めた方が提督に抱き着く権利でどうですの?」 鈴谷「いや、意味わかんないんだけど。 っていうか敵って、後はほとんど鬼か姫じゃん?」 熊野「淑女たるもの姫の一匹も吹き飛ばしてナンボですわよ。 投げちまったらもう刀も使えなくなっちまったじゃねーか。 戦えないならさっさと戻れよな」 睦月「天龍さん! あ、あの、如月ちゃんが全弾撃つまではって」 天龍「あ? あー、なら他の駆逐艦に弾渡してさっさと戻れよ。 あのバカ提督、オレ達には心配させるくせに、自分が心配させられると怒りやがるからさ」 睦月「そうだよ如月ちゃん……早く戻ろう?」 如月「……そう、よね。 司令官に会えなくなる方がずっと嫌……ごめんなさい。 如月、離脱します」 天龍「おう。 睦月は戻ってくるときに弾の補充ありったけ頼む。 敵の、戦艦棲姫を討ち取ったぞ……鬼どもも、皆が倒してくれた』 提督「ご苦労さん、一旦引いて体を休めてくれていいぞ」 長門『心配ない、と言いたいところだが難しいな。 言葉に甘えさせて貰おう。 では、また後で』 提督「ああ……全艦隊、こちら提督だ。 長門が戦艦棲姫を撃破、これで残るは五体だ! 敵も疲弊している、現時点で戦線にいる者は包囲及び牽制を怠るな!」 神通『提督、敵は波に潜んで脱出口を探っているようです。 牽制弾で押し戻してはいますが、どうしますか?』 提督「破れかぶれの突撃はありそうか?」 神通『今のところその兆候はありませんが、この状態が続けばおそらく打って出るでしょう。 けど、私達もほとんど中破か大破で、とどめを撃つには……』 提督「分かった、そのまま包囲を続けてくれ」 提督「……予備隊! 後はお前たちに任せる。 川内以下六名、直ちに抜錨し敵艦隊を沈めてこい!」 川内『了解! こんなに良い夜戦なんてそうそう無いからね、一匹たりとも獲物は逃がさないよ!』 望月『ぅあー、めんどくせー……一発で沈んでくんないかなー』 文月『よぉーし、頑張るよぉ~!』 提督「……というわけだ。 それとも神通、お前に任せた方が良かったか?」 神通『ふふ、いいえ。 何か言いたい事ある?」 駆姫『ク……ミンナ……!』 川内「お、仲間が大事だった? でも残念、喧嘩を売ったからには仕方ない。 悪いとは言わないよ。 当たり前の反撃だもん」 川内「じゃ、おやすみ」 駆姫『ガ……ッ! ア、アア……あ、ああ……月が、きれい……』 川内「お、夜戦の良さがわかってるじゃん。 そうだよ、今日は月がとっても綺麗……もう沈んじゃったか」 川内「こちら川内。 提督、敵艦隊の全滅を確認したよ」 提督『そうか。 酒も食い物も解禁とする! みんな、よくやってくれた!」 提督「入渠施設のバケツも全て開放するから、帰還次第入渠、その後運動場に来てくれ。 以上、通信終わり」 提督「……やれやれ、本当に忙しい一日だったな」 大淀「ええ、まったくです。 それより提督、何人もの艦娘からいろいろな問い合わせが来ていますよ」 提督「……中身は」 大淀「生きていて良かった、という娘もいれば、怒り心頭の子もいますね。 上への報告は私が準備しておきますから、艦娘の説得はお任せします」 提督「おいおい……まあいいか」 大淀「あ、それともう一つ。 どうしてもという艦娘がいたので、一人だけ今お会いしていただけますか?」 大淀「なにぶん一番練度の高い艦娘ですから……カッコカリとはいえ、奥さんの怒りは旦那様が解いてあげてくださいね」 大淀「それでは失礼します。 78 ID:5QWVMBIk0 これでおしまいです。 徹頭徹尾突然で尻切れトンボ。 ありがとうございました。

次の

元帥「提督君には死んでもらうから」

艦これ ss 提督死亡

とは、ののことである。 概要 「」ではがとなってたちを揮したり、建造開発を行ったりする。 のとは違い、階級はからまで。 はの分身なので、のや・個性は存在しないが、のから以下のことがわかっている。 く、を作るのが上手いらしい。 そのほかが食事をに作ってもらうがいくつかあり、味も好評なことからが得意な様子。 及びのからかの「」に匹敵する味と量との事。 グレレからは「店が出せる」と言われている。 初対面でから「素敵な」と呼ばれる。 やのによると、が。 飲みに誘われる、を注いで貰うといったような描写がある為、おそらくは飲めるらしい。 たちにお触りをする。 なでる、装を触るなどは当たり前で、を触る、をまさぐる()等言い逃れ出来ない行為も多数。 それどころかの中でをする。 そのせいでからはめがけてを発進させられる有様で、その他のからもの癖にあまり敬われていない描写が多い。 (好かれていないわけではない)• く、「どんなに悪戯しても怒らない」らしい。 のはが定したもの。 と一緒にに入ろうとする。 たちからの呼ばれ方は基本的には 「」だが 、「」「官」など様々に存在。 これはの元になった艦の経緯に由来している• ・が 「」「官」と呼ぶのが多いのは「艦隊」ではなく、たちが艦隊の下部組織である 「」・「」に所属している認識であり、位が 「『 』」(・)「『 官』(に)が多いため。 対して、以上の大艦の多くが 「」と呼ぶのはたちが 「・()『官』」「艦隊(複数ので構成されている部隊の) 長官」「聯合艦隊 長官」が乗り込んでいた旗艦であったりその艦であることから通称でもある『 』(基本任命されるのが以上)としてを認識しているため。 外からは「アドル」「 アトル」「 アル」と呼ばれるが、はを意味する「 」の・発音である。 ただしへの訳し方で「 軍の将官全般(・・含めて)」か「 実戦部隊の軍のみ(で言うところの聯合艦隊長官)」をすがある。 ちなみに 軍は『 o』(グゥアトル。 音的には・アドル) とはいえ、あまり性はなく、艦隊旗艦を務めたが「」「官」呼びだったり ・・・など 逆に旗艦経験がないでも「」呼びだったりするもある ・・など なお、山やなど、複数のがとを勘違いするがあることから、説が存在する 実際後述のにはも存在する 前述の通りの外見が存在しないため、絵に書かれる場合は「に即した中年・壮年の」「頭部がTの形になっている(通称)」「やなどの」などによって様々。 を行う際には、兵(兵帽)やに身を包んだ「これいかにも」なの姿をしたであることが多い。 においては、のや別の作品でや艦長を担当したに軍 にの二種軍装 を着用した変が使用されるが散見される。 公式作品における提督達 以下に、「」の展開されている各作品で描かれているについて簡単に記述する。 艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります! 現時点での姿は肩から下までしか描かれていないが、存在はしている。 29話(話)のとき、「たちもを贈ったほいのかな?」と言うには「でも、会ったこともない人だぜ」と言っているため、少なくの時点まで達勢は、実際に会ったことがないと考えられる。 敵泊地殴り込みの際、対策のためにを酷使して「にかましたい」と言われるなど、ややの傾向が見られる。 一方でと呼ばれるたちから好意を寄せられているが、らの「を増やしたくない」という陰謀のために、の間ではとして噂を広められている。 さらに、イクとが着任した際に、達にだけという姿の訳を聞かれて、が「はがないほいなって」と発言、さらにが大破している。 (実際は、「 泳ぎにくいのならない方がいいな」と言ったのだが、が肝心なところをしたため) また、大破するのはだけではなく、が達にでおごったのをのツケにしたり、が備蓄のを食したりして、たびたびも大破している模様。 また、第12話においては「イムヤとゴーヤが大破しても疲労してもヘトヘトでも旗艦から外れようとしないことに見かねて、旗艦大破で戻ってくるように厳命した」とからられている。 とはいえ、第話によると、着任したばかりのイクとをイムヤ達と共にで酷使している模様である。 艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! が異動で来たの。 のに細かなを任せている模様。 人物像としては「」としか言えない。 のに執務室を爆破されたという口実でやに泣きつく。 そのでにも泣きつこうとしてのの的にされる。 放任義でのに分隊のをさせる(本来はの役である)。 うん、である。 しかし根はを想う人物で、の任務で「くじ」を引いてやさぐれていたの事を案じていた。 またの大量発生に対し、独自に対策を打つなど優秀な部分もある。 の展開で・・筵泊地・のも登場している。 詳しくはを参照されたし。 艦隊これくしょん -艦これ- 鶴翼の翼 で。 をしてにされる。 こののは何故か胸部ジがそこそこあり、のと並んでも大差ない描かれ方をされからも美を摘されている。 とはいえ、そこは。 そのために敢えて憎まれ役になる事も受けいれてる。 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 つむじ風の少女 第七艦隊のであるにを当てる模様。 はのやり手の・崎。 だが、を支えるは崎の補佐を務める新任の井一郎(男)である。 をしていたらしく、に慕われているような描写もあり。 士官として悪戦苦闘しながらとを見守る役回りである。 「一航戦、出ます!」 のノベラのは、数ある準作品でも特にの当たった「」として描かれている。 特に「、出ます!」では とのおを奪うかのように全編にわたって裏方で行動している。 開発・資運用など設定に即した行動を行い、また複数の戦線で奮闘するたちの動向をしつつ、常に優勢な相手に的の達成のため戦をどう集中するべきかという戦略的で見ており、その上でたちを沈させないように手段を講じ事を祈る人物である。 はあるものの下心自体は薄く、を自ら必ず送り迎えする等、敬意を持って接する好として描かれている。 また・・・から好意を抱かれてる反面、からは情というより敬意を向けられているような描写がある。 「とある鎮守府の一日」 のを扱った本作だが、こちらで出演するのもの()。 はで、のな層を反映してか「のように見えるし、代にも見える」らしい。 尚、 でただ一人のとの事。 が初めてへ着任した日からの事もという形で登場しており、彼には 本名も記憶すらもく、を率いてと戦う(官)としての技を備えている人物であるらしい。 そのためへ着任する前はどんな人物だったのか等は不明だが、本作でも版と同様でたちが「自分達が本来のや、だった頃」の発言も出てくる為、彼もまたやに乗ってへ赴いた将兵が生まれ変わったか、いはのようにどこかのからのへ迷い込んできた人物なのかもしれない。 任務へ赴く際は自分に代わって出撃や遠征へ赴く達に対して自ら埠頭まで出向いてたち一人一人にをかけたり(彼にとっては、弾のも飛んでこないにいる自分なりの、達への敬意である)、の間は資の消費量の計算や任務の書類作成などを行っている。 に関しては、を務めたにく「手がっになるまで計算や検算を手伝わされた」との事で、の時はしっかりとやるべき職務をこなす人物であるようだ。 一方、「職務の間はにおさわりしてもいい」があったり、体調で寝込んだ時は酔ったに特製の(使用)を飲まされさせられたり、からもらった「端正な美」なには自分しか知らないはずの胸のまで正確に描かれていたり、の見舞いに来たがを気にせずを下ろすのを窘めた際には「が元気になるようわざとやった」と明かしたに「見ようと思ってないときに見せられても嬉しくない」と熱弁したりなど、今作でもには事欠かない。 結局は「彼は『』であり、それ以外の何者でもない」という一言にのかもしれないが。 side:金剛 には未登場。 とをはじめたち自身は以前から面識がある様子。 二人の着任後は対外折衝が忙しいらしく、を不在がちであり参謀長と思わしき老士官と に代理を託していて、示の際には越しでの通達を行っている やで働いている人たちの様子から見て相応に信頼と敬意を持たれているようである。 当然のごとくから熱いが贈られていての対応て様子。 「瑞の海、鳳の空」 元乗り組みので戦友を喪い、自身もに襲われて・・・の時にに救われている。 その後に昇進してに着任。 展開のとしては一になる前の描写がある人物。 でのは。 に対してはな気もあるものの、学科・体ともに優秀で冷静な判断を持ち合わせている。 前述の通りの前で戦友を喪っているのためかを倒す手段を渇望しており、それたちへの接し方に悩む一も。 アニメ 存在自体はしているがとしての登場はなく、の描写も極めての的なものであり、そのため本作のがどういう人物なのかはを見たに委ねられている。 ちなみには。 本ではが複数存在すると思わせるところがので描写されており、の着任するのもその一人と思われる。 のが着任したの者で、に所属するの修復や出撃する艦隊の編成といった基本的な執務を執り行っている。 反面、的な揮権はあまりい(これはこの作品における軍全体がそうなのか、あくまでこののがそうなのかは不明)ようでの揮などはもっぱらか、前線で戦う達に任せている。 の移動を断ち切りその存在を調するという、較的重要なの担当となっており、それに備えての編成を示している。 のを解明するという立場にいると言っていいかもしれない。 これについては一概にこのにがあるとは言えないが、では大破していなくとも油断すれば一撃で沈むというシビアな観である事が実されているため、ことさら前述のへの采配が理解に苦しむものとなる。 その反面、に対する期待度は妙に高く、重要なや艦隊にもわざわざを組み込むほどを重用している。 その理由は終盤で明かされるものの、あまりにも突飛な理由であり、その点でもからとしての適性を疑われている。 ただ、も似たような理由で編成の変更を進言しもそれを認めているなど、この作品の観においては必ず突飛なものとは言えないのかもしれない。 また、からの襲というによりになるなど、大体のからは想像もできなかった展開により、にを与えている。 沈んだに対してはいわく「冷淡にしようとしている」と言われるなど一応思う所はあるようだが、部下の手前毅然とした態度で勤めようとしている事が伺える。 とは言え、直接の登場がない以上その沈んだのへのケアもほぼ他人任せとなってしまっており、ここでもな印を与えているのは否めない。 中心に描くため、を前に出さない方針でが進み、内面描写がほとんどない、あるいはそもそも描写すらないというところもそれに拍をかけている。 二次創作作品における提督 やにされている作品で、にある程度の個性を持たせて描いているもの。 「艦娘とドブネズミ提督」の ドブネズミ提督 「貧乏人のための、艦これ」「ゆるい艦これ」の ワタベ提督 「たゆたうむらくも」の なかすみ提督 「辺境ちんじふ騒動記」の 鏡音レン提督 「意識の高いドM提督シリーズ」の 意識の高いドM提督 関連静画 強そうな。 もうが出撃しろよ。 から間違えて「」と呼ばれる。 に心を許している児童は、そのに対して間違えて「」と呼びかけてしまうことがあるという。 つまりから信頼を寄せられている拠でうんたらかんたら 関連コミュニティ 関連項目•

次の

私が艦これ提督を辞めた理由

艦これ ss 提督死亡

とは、ののことである。 概要 「」ではがとなってたちを揮したり、建造開発を行ったりする。 のとは違い、階級はからまで。 はの分身なので、のや・個性は存在しないが、のから以下のことがわかっている。 く、を作るのが上手いらしい。 そのほかが食事をに作ってもらうがいくつかあり、味も好評なことからが得意な様子。 及びのからかの「」に匹敵する味と量との事。 グレレからは「店が出せる」と言われている。 初対面でから「素敵な」と呼ばれる。 やのによると、が。 飲みに誘われる、を注いで貰うといったような描写がある為、おそらくは飲めるらしい。 たちにお触りをする。 なでる、装を触るなどは当たり前で、を触る、をまさぐる()等言い逃れ出来ない行為も多数。 それどころかの中でをする。 そのせいでからはめがけてを発進させられる有様で、その他のからもの癖にあまり敬われていない描写が多い。 (好かれていないわけではない)• く、「どんなに悪戯しても怒らない」らしい。 のはが定したもの。 と一緒にに入ろうとする。 たちからの呼ばれ方は基本的には 「」だが 、「」「官」など様々に存在。 これはの元になった艦の経緯に由来している• ・が 「」「官」と呼ぶのが多いのは「艦隊」ではなく、たちが艦隊の下部組織である 「」・「」に所属している認識であり、位が 「『 』」(・)「『 官』(に)が多いため。 対して、以上の大艦の多くが 「」と呼ぶのはたちが 「・()『官』」「艦隊(複数ので構成されている部隊の) 長官」「聯合艦隊 長官」が乗り込んでいた旗艦であったりその艦であることから通称でもある『 』(基本任命されるのが以上)としてを認識しているため。 外からは「アドル」「 アトル」「 アル」と呼ばれるが、はを意味する「 」の・発音である。 ただしへの訳し方で「 軍の将官全般(・・含めて)」か「 実戦部隊の軍のみ(で言うところの聯合艦隊長官)」をすがある。 ちなみに 軍は『 o』(グゥアトル。 音的には・アドル) とはいえ、あまり性はなく、艦隊旗艦を務めたが「」「官」呼びだったり ・・・など 逆に旗艦経験がないでも「」呼びだったりするもある ・・など なお、山やなど、複数のがとを勘違いするがあることから、説が存在する 実際後述のにはも存在する 前述の通りの外見が存在しないため、絵に書かれる場合は「に即した中年・壮年の」「頭部がTの形になっている(通称)」「やなどの」などによって様々。 を行う際には、兵(兵帽)やに身を包んだ「これいかにも」なの姿をしたであることが多い。 においては、のや別の作品でや艦長を担当したに軍 にの二種軍装 を着用した変が使用されるが散見される。 公式作品における提督達 以下に、「」の展開されている各作品で描かれているについて簡単に記述する。 艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります! 現時点での姿は肩から下までしか描かれていないが、存在はしている。 29話(話)のとき、「たちもを贈ったほいのかな?」と言うには「でも、会ったこともない人だぜ」と言っているため、少なくの時点まで達勢は、実際に会ったことがないと考えられる。 敵泊地殴り込みの際、対策のためにを酷使して「にかましたい」と言われるなど、ややの傾向が見られる。 一方でと呼ばれるたちから好意を寄せられているが、らの「を増やしたくない」という陰謀のために、の間ではとして噂を広められている。 さらに、イクとが着任した際に、達にだけという姿の訳を聞かれて、が「はがないほいなって」と発言、さらにが大破している。 (実際は、「 泳ぎにくいのならない方がいいな」と言ったのだが、が肝心なところをしたため) また、大破するのはだけではなく、が達にでおごったのをのツケにしたり、が備蓄のを食したりして、たびたびも大破している模様。 また、第12話においては「イムヤとゴーヤが大破しても疲労してもヘトヘトでも旗艦から外れようとしないことに見かねて、旗艦大破で戻ってくるように厳命した」とからられている。 とはいえ、第話によると、着任したばかりのイクとをイムヤ達と共にで酷使している模様である。 艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! が異動で来たの。 のに細かなを任せている模様。 人物像としては「」としか言えない。 のに執務室を爆破されたという口実でやに泣きつく。 そのでにも泣きつこうとしてのの的にされる。 放任義でのに分隊のをさせる(本来はの役である)。 うん、である。 しかし根はを想う人物で、の任務で「くじ」を引いてやさぐれていたの事を案じていた。 またの大量発生に対し、独自に対策を打つなど優秀な部分もある。 の展開で・・筵泊地・のも登場している。 詳しくはを参照されたし。 艦隊これくしょん -艦これ- 鶴翼の翼 で。 をしてにされる。 こののは何故か胸部ジがそこそこあり、のと並んでも大差ない描かれ方をされからも美を摘されている。 とはいえ、そこは。 そのために敢えて憎まれ役になる事も受けいれてる。 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 つむじ風の少女 第七艦隊のであるにを当てる模様。 はのやり手の・崎。 だが、を支えるは崎の補佐を務める新任の井一郎(男)である。 をしていたらしく、に慕われているような描写もあり。 士官として悪戦苦闘しながらとを見守る役回りである。 「一航戦、出ます!」 のノベラのは、数ある準作品でも特にの当たった「」として描かれている。 特に「、出ます!」では とのおを奪うかのように全編にわたって裏方で行動している。 開発・資運用など設定に即した行動を行い、また複数の戦線で奮闘するたちの動向をしつつ、常に優勢な相手に的の達成のため戦をどう集中するべきかという戦略的で見ており、その上でたちを沈させないように手段を講じ事を祈る人物である。 はあるものの下心自体は薄く、を自ら必ず送り迎えする等、敬意を持って接する好として描かれている。 また・・・から好意を抱かれてる反面、からは情というより敬意を向けられているような描写がある。 「とある鎮守府の一日」 のを扱った本作だが、こちらで出演するのもの()。 はで、のな層を反映してか「のように見えるし、代にも見える」らしい。 尚、 でただ一人のとの事。 が初めてへ着任した日からの事もという形で登場しており、彼には 本名も記憶すらもく、を率いてと戦う(官)としての技を備えている人物であるらしい。 そのためへ着任する前はどんな人物だったのか等は不明だが、本作でも版と同様でたちが「自分達が本来のや、だった頃」の発言も出てくる為、彼もまたやに乗ってへ赴いた将兵が生まれ変わったか、いはのようにどこかのからのへ迷い込んできた人物なのかもしれない。 任務へ赴く際は自分に代わって出撃や遠征へ赴く達に対して自ら埠頭まで出向いてたち一人一人にをかけたり(彼にとっては、弾のも飛んでこないにいる自分なりの、達への敬意である)、の間は資の消費量の計算や任務の書類作成などを行っている。 に関しては、を務めたにく「手がっになるまで計算や検算を手伝わされた」との事で、の時はしっかりとやるべき職務をこなす人物であるようだ。 一方、「職務の間はにおさわりしてもいい」があったり、体調で寝込んだ時は酔ったに特製の(使用)を飲まされさせられたり、からもらった「端正な美」なには自分しか知らないはずの胸のまで正確に描かれていたり、の見舞いに来たがを気にせずを下ろすのを窘めた際には「が元気になるようわざとやった」と明かしたに「見ようと思ってないときに見せられても嬉しくない」と熱弁したりなど、今作でもには事欠かない。 結局は「彼は『』であり、それ以外の何者でもない」という一言にのかもしれないが。 side:金剛 には未登場。 とをはじめたち自身は以前から面識がある様子。 二人の着任後は対外折衝が忙しいらしく、を不在がちであり参謀長と思わしき老士官と に代理を託していて、示の際には越しでの通達を行っている やで働いている人たちの様子から見て相応に信頼と敬意を持たれているようである。 当然のごとくから熱いが贈られていての対応て様子。 「瑞の海、鳳の空」 元乗り組みので戦友を喪い、自身もに襲われて・・・の時にに救われている。 その後に昇進してに着任。 展開のとしては一になる前の描写がある人物。 でのは。 に対してはな気もあるものの、学科・体ともに優秀で冷静な判断を持ち合わせている。 前述の通りの前で戦友を喪っているのためかを倒す手段を渇望しており、それたちへの接し方に悩む一も。 アニメ 存在自体はしているがとしての登場はなく、の描写も極めての的なものであり、そのため本作のがどういう人物なのかはを見たに委ねられている。 ちなみには。 本ではが複数存在すると思わせるところがので描写されており、の着任するのもその一人と思われる。 のが着任したの者で、に所属するの修復や出撃する艦隊の編成といった基本的な執務を執り行っている。 反面、的な揮権はあまりい(これはこの作品における軍全体がそうなのか、あくまでこののがそうなのかは不明)ようでの揮などはもっぱらか、前線で戦う達に任せている。 の移動を断ち切りその存在を調するという、較的重要なの担当となっており、それに備えての編成を示している。 のを解明するという立場にいると言っていいかもしれない。 これについては一概にこのにがあるとは言えないが、では大破していなくとも油断すれば一撃で沈むというシビアな観である事が実されているため、ことさら前述のへの采配が理解に苦しむものとなる。 その反面、に対する期待度は妙に高く、重要なや艦隊にもわざわざを組み込むほどを重用している。 その理由は終盤で明かされるものの、あまりにも突飛な理由であり、その点でもからとしての適性を疑われている。 ただ、も似たような理由で編成の変更を進言しもそれを認めているなど、この作品の観においては必ず突飛なものとは言えないのかもしれない。 また、からの襲というによりになるなど、大体のからは想像もできなかった展開により、にを与えている。 沈んだに対してはいわく「冷淡にしようとしている」と言われるなど一応思う所はあるようだが、部下の手前毅然とした態度で勤めようとしている事が伺える。 とは言え、直接の登場がない以上その沈んだのへのケアもほぼ他人任せとなってしまっており、ここでもな印を与えているのは否めない。 中心に描くため、を前に出さない方針でが進み、内面描写がほとんどない、あるいはそもそも描写すらないというところもそれに拍をかけている。 二次創作作品における提督 やにされている作品で、にある程度の個性を持たせて描いているもの。 「艦娘とドブネズミ提督」の ドブネズミ提督 「貧乏人のための、艦これ」「ゆるい艦これ」の ワタベ提督 「たゆたうむらくも」の なかすみ提督 「辺境ちんじふ騒動記」の 鏡音レン提督 「意識の高いドM提督シリーズ」の 意識の高いドM提督 関連静画 強そうな。 もうが出撃しろよ。 から間違えて「」と呼ばれる。 に心を許している児童は、そのに対して間違えて「」と呼びかけてしまうことがあるという。 つまりから信頼を寄せられている拠でうんたらかんたら 関連コミュニティ 関連項目•

次の