副 鼻腔 炎 繰り返す。 【医師監修】子供の副鼻腔炎とは? 原因と症状、治療法について(2020年6月10日)|ウーマンエキサイト(1/4)

長引く後鼻漏や、繰り返す副鼻腔炎に、その場しのぎではなく使える点鼻薬って?

副 鼻腔 炎 繰り返す

副鼻腔炎と蓄膿症の違いは? 副鼻腔炎と蓄膿症は同じモノとして扱われることが多い気がしますので、一応違いを説明しておきましょう。 副鼻腔炎とは、顔にある8つの「副鼻腔」と呼ばれる空洞に炎症を起こす病気です。 この炎症が起きた状態を一般的に「(急性)副鼻腔炎」と言うのですが、これが3ヶ月以上継続した場合は「慢性副鼻腔炎」と言われます。 その際、とりわけ 副鼻腔の中に膿が溜まって場合を「蓄膿症」と呼ぶことが多いです。 ただし、急性と慢性とでは使われる抗生物質が違うなど、治療には違いがありますので、医者は2つを分けて考えていると思われます。 スポンサーリンク 副鼻腔炎・蓄膿症が治らない時に考えられる原因は? 一般的に、急性副鼻腔炎の場合は一時的な症状が出るだけであり、 抗生物質の服用で1〜2週間で治ることが多いとされています。 私も始めて薬を飲んだときは、それくらいの期間で治った・・・・ 気がしました。 しかし私の場合は実際には治っておらず、再発しました。 急性副鼻腔炎の原因の多くは「細菌感染」です。 ウイルスによる風邪や、インフルエンザの延長からおこることが多いのですが、 原因となっている「菌」をすべて殺菌してしまうことが大切です。 しかし私の場合は、2週間の「抗生物質・痛み止め」の服用によって、とりあえず痛みが引いていたことと、後日の受診予約を忘れてしまっていたことから、(再度の予約が面倒となり)1ヶ月半も先延ばしにしてしまいました。 その結果、「痛み・鼻づまり・」が再発しました。 その後、(記憶が曖昧ですが)再度同じ抗生物質を飲んだような覚えがあり、それで治りきらずに「慢性副鼻腔炎だね」という診断になった覚えがあります。 一般的に抗生物質の長期服用は、耐性菌(抗生物質に対して抵抗力を有する菌)を作りだす原因となるため、短期間の服用で一気に細菌を仕留めます。 そこを私のようにダラダラとしていると、慢性化するリスクを高めてしまいます。 処方された薬をしっかり飲みきり、それでも治らない場合は早めに再度受診しましょう。 なぜアレルギーが原因となるの? 繰り返し鼻の粘膜に炎症がおこるため、粘膜自体が弱くなっています。 そのため風邪やインフルエンザなどの病原菌が感染すると、さらに細菌完成も引き起こしやすくなります。 また粘膜が腫れることで、鼻と副鼻腔の出入り口である「自然孔」が閉鎖されてしまい、副鼻腔内の膿を排出できなくなってしまうのです。 実際に、 アレルギー性鼻炎を患っている人の4割は、副鼻腔炎(蓄膿症)を合併していると言われています。 この場合は、副鼻腔炎が治ったとしてもアレルギー体質自体は改善されていないため、特に鼻水・鼻づまりが酷くなる花粉の時期は粘膜が荒れ、繰り返しやすいタイミングとなるのです。 そのため、特に花粉症の時期は蓄膿症の予防が大切です。 これは虫歯や歯周病など「歯の病気」が原因となっているタイプです。 頬にある「副鼻腔」は、別名「上顎洞」とも呼ばれるのですが、ここは 鼻からだけでなく上の歯からの細菌感染が起こります。 (喉に流れ落ちてくる症状をと言います) また、人によっては食べ物を噛むと痛む程度であることから、 歯が原因になっていることに気づかないことがあるのです。 ただ、歯が根本的な原因だと気づかずに通常の副鼻腔炎の治療として「抗生物質」を服用したとしても、薬によって虫歯の菌を殺菌できそうなイメージはあります。 しかし「抗生物質で虫歯治療をする」という話を、私は聞いたことがありません。 実際、歯の根が死んでいる場合は「血が流れていない状態」なので、抗生物質の成分は届かないと言われています。 つまり、 根本原因である虫歯や歯周病をしっかりと治療しなければ、いつまで経っても治らないということになるのです。 思い当たる方は、虫歯や歯周病がないか一度歯科医で診てもらいましょう。 「鼻茸」と呼ばれる鼻のポリープが出来やすいのが特徴であり、嗅覚障害のほかに、鼻づまりやネバネバとした鼻水が出ます。 抗生物質やステロイドの内服によって治療しますが、一度良くなったように見えてもステロイドを中止すると再度感染し、再発します。 その間に徐々に鼻茸が大きくなり、鼻呼吸が出来なくなってくるため、内視鏡手術によって取り除きます。 しかし鼻茸も繰り返し再発するため、「完治」が難しい難病とされています。 なお、このタイプの副鼻腔炎は• 気管支喘息• アスピリン不耐症(アスピリンなどの解熱剤でショックや喘息をおこす)• 薬物アレルギー を持っている人に多いです。 続いては 「副鼻腔炎・蓄膿症は完治する病気なのか?」についてです。 スポンサーリンク 副鼻腔炎・蓄膿症は完治する病気なのか? 副鼻腔炎や蓄膿症は完治する病気なのか? この答えは、ここまでの説明の一部繰り返しになりますが、「好酸球性副鼻腔炎(難病指定)」でなければ完治します。 特に急性副鼻腔炎の場合は、多くの場合が2週間ほどで完治します。 慢性副鼻腔炎にまで悪化した場合も、抗生物質の長期投与による「殺菌・粘膜の修復」、ネブライザー治療や鼻洗浄、手術などで完治させることは可能です。 ただしアレルギー性鼻炎で鼻炎症状が続く人は、 常に再発するリスクはありますので、蓄膿症予防は必要です。 つまり、「完治」という言葉をどのように定義するかによりますが、基本的にはしっかりと治療を行えば原因を取り除くことは可能です。 ただ繰り返しになりますが「予防が大切」になりますので、簡単にまとめてみます。 鼻水・鼻づまりを感じる場合は、早期に対処しましょう。 人によっては「鼻うがいで蓄膿症や副鼻腔炎が治った!」という人もいるくらいです。 水を入れたコップに鼻を直接あてて吸い込むことも出来ますが、難しいですし効率も悪いので、ハナノアなどの鼻洗浄器がオススメです。 細菌・ウイルス感染• アレルギー と説明しました。 ここに共通するものとして「免疫力」があります。 「免疫」は外部からの異物を排除してくれるシステムですが、この力が弱っているとウイルスや細菌が侵入しやすくなります。 また、「免疫バランス」というものもあり、これが崩れるとアレルギーが引き起こされやすくなります。 そのため、普段から免疫力をしっかりと整えておくことが大切です。 なお、免疫力を高める食べ物などは、内で紹介しています。 スポンサーリンク まとめ! いかがでしたでしょうか? 副鼻腔炎・蓄膿症が治らない方は手術に踏み込む方も多くいますが、一度違う病院を受診するのも一つの手です。 なお、当サイトは私自身が長年にわたって鼻炎や副鼻腔炎、後鼻漏(鼻水が喉に流れる)に悩まされていたことがキッカケで立ち上げたものです。 治療体験などをわかりやすくまとめていますので、是非他のページも参考にしてみてください。 関連ページ 頭痛を伴う急性副鼻腔炎 急性蓄膿症 !風邪や細菌により副鼻腔が炎症を起こす事で発症します!治し方に併せ、治療期間も説明します!正しい知識があれば、早く治す事が出来ます! 口臭・鼻の奥が臭い!それ、蓄のう症かも知れません!症状 咳・頭痛・痛み や、原因、治し方 改善 について説明します!自然治癒は?完治するの?治療期間は? 副鼻腔炎の一種、好酸球性副鼻腔炎の特徴・治し方などを説明します!「はなたけ」は手術で治す事が出来るのか?詳しく解説します! 真菌 カビ が原因の副鼻腔炎「真菌性副鼻腔炎」。 チーズ状の乾酪性物質が出たり、上顎洞が痛む、腫れる事が多いです。 原因・治し方・症状を知りましょう! 副鼻腔炎のひとつ「上顎洞炎」について、「歯性上顎洞炎との違い」や、何科を受診すべき?放置していいの?自然治癒はするの?という点を分かりやすく説明します。 代表的な副鼻腔炎 急性・慢性・好酸球性・副鼻腔真菌症 以外にも、実は気圧の変化で起こる副鼻腔炎があります。 そんな航空性副鼻腔炎について説明します。 急性副鼻腔炎や蓄のう症、副鼻腔真菌症、好酸球性副鼻腔炎における日帰り内視鏡手術の内容、費用、体験談について。 また、他の手術のメリット、デメリットも。 急性副鼻腔炎や蓄膿症 慢性副鼻腔炎 、後鼻漏に効果抜群!自然治癒を助けてくれるオススメの市販薬をランキング形式で紹介します。 また、嫌なムズムズやドロドロをスッキリさせる「オススメのなた豆サプリ」も合わせて紹介します。 副鼻腔炎や蓄膿症(慢性副鼻腔炎)では膿が溜まります。 ここでは膿を出す方法(病院で行われる治療や自宅で出来るもの)について、個人的な経験から紹介しています。 副鼻腔炎(蓄膿症)に効果的なツボを画像付きで紹介しています。 指圧も効きますが、マッサージもオススメです。 副鼻腔炎・蓄膿症にお困りの方は是非チャレンジしてみてください! 副鼻腔炎 蓄膿症 では抗生物質・抗菌薬が処方されるが、本当に効くのか?長期服用は大丈夫なのか?処方薬はクラリス・クラビット・ジスロマック・メイアクト・フロモックスあたりが有名です。 妊婦の方や、授乳中の方が副鼻腔炎や蓄膿症をわずらった場合、どのような治療・対処が行われるのでしょうか?分かりやすくまとめてみました。 副鼻腔炎や蓄膿症では熱や微熱が続く場合があります。 熱が下がらない場合の対処法や、蓄膿症の対処法、解熱剤を使うべきか?という点について説明しています。 急性副鼻腔炎や、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と診断されたのに、鼻づまりがおきず、鼻水も出ないというケースがあります。 これはなぜなのか?まとめました。 副鼻腔炎や蓄膿症に良いとされている食べ物を12種類紹介。 おすすめ簡単レシピもあります。 また、悪化させる可能性のある食事もまとめています。 副鼻腔炎や蓄膿症にかかると、中耳炎を合併することがあります。 なぜ中耳炎になるのか?また、耳鳴りや耳が痛くなる理由、治し方を分かりやすくまとめてみました。 副鼻腔炎や蓄膿症、または慢性的な鼻づまりでは「めまい」が起きやすくなります。 なぜめまいが起きるのか?その原因と対処、予防方法を分かりやすくまとめました。 蓄膿症や副鼻腔炎では、臭いに悩まされます。 ここでは、なぜ臭いがするのか?どのように対処すれば良いのか?を、筆者の経験のもと、副鼻腔炎(蓄膿症)の治療方法とともに説明していきます。 蓄膿症・副鼻腔炎における病院での検査方法と診断についてまとめています。 また、長年蓄膿症に悩まされ、治るまでの筆者の体験談についても紹介しています。 記載内容についての注意点 当サイトに掲載した情報に関して、管理人の経験や、調べた知識、収集した情報をもとにできる限り正確なものを提供できるように努めております。 しかし、必ずしも正確な情報でない場合があります。 また、私が独自に集めた情報を分析し統計を取った上での記載もあります。 そのため、偏った情報・意見も含まれている可能性もあります。 それら理由より、当サイト上の情報においては、正確性を期しておりますが、確実性・安全性は保障しかねます。 特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。 以上のことを踏まえ、当サイトのご利用は、利用者様の自己責任による判断でお願い致します。 万が一、当サイトに掲載された情報に起因してトラブル等が発生した場合でも、管理人は一切の責任を負わないことをご了承ください。

次の

【医師監修】子供の副鼻腔炎とは? 原因と症状、治療法について(2020年6月10日)|ウーマンエキサイト(1/4)

副 鼻腔 炎 繰り返す

副鼻腔炎は大人だけでも子供もかかりやすい病気ですが、やっかいなのが繰り返すということ。 一度治ったかに見えても、また風邪をひいたりアレルギー性鼻炎の悪化をきっかけに再発しやすい病気なんですね。 病院で処方される薬を飲んでいたとしても、なかなか完治しにくい副鼻腔炎ではありますが、実は繰り返すのにはハッキリとした理由があるんです。 この理由を知らなければ、繰り返し発症するどころか、症状がどんどん悪化していく危険性すらあるので注意が必要です。 もちろん薬を使うと子供の体への負担が大きすぎるばかりか、重大な副作用の危険性まで出てきてしまいます。 この記事では、副作用のない副鼻腔炎の改善法もご紹介しますね。 なぜ、副鼻腔炎を繰り返すのか? そもそも副鼻腔炎を繰り返す理由は、大きく分けると3つあります。 この3つ全てをクリアしていないと、いつまでたっても副鼻腔炎を繰り返す…という悪循環から抜け出すことは難しいんですね。 まず1つ目、これが大きな原因にもなっているのですが、そもそも細菌を副鼻腔内から退治できていないということにあります。 病院では副鼻腔炎の治療のために抗生物質が処方されますが、これは副鼻腔内に増殖してしまった細菌を退治することが主な目的になっています。 もちろん、しっかりと抗生物質が作用して細菌を退治することはできるんですが、完全に全ての細菌を死滅させることは難しいんですね。 完全に細菌を死滅させなければ、アレルギー性鼻炎が悪化したり免疫力が弱ったタイミングで、残っていた細菌が増殖を始めます。 2つ目の理由ですが、子供さん自身の体質に大きく関係しています。 特にアレルギー体質の子供さんは副鼻腔炎を発症しやすいと言われていますが、それ以外にも体がもともと弱かったり、細菌に対して抵抗力が弱いという体質であれば副鼻腔炎を繰り返しやすくなってしまうんですね。 この体質自体を少しずつ改善していく必要があります。 最後、3つ目の理由ですが、これは環境的な要因が影響しています。 ハウスダストにアレルギーを持っていたり、花粉症体質だったり。 また、アレルギー性鼻炎体質という場合には副鼻腔炎が繰り返しやすいということは確認されているんですね。 ホコリや花粉が体内に侵入し免疫バランスが崩れることによって、副鼻腔炎を繰り返すわけです。 それだけでなく、それ自体にアレルギー反応を示さないという場合でも、大気汚染や身の回りの化学物質は免疫機能を狂わせるという特性があります。 これに対処するためには、排気ガスや化学物質に影響されにくい体を作っていくということが重要になってきます。 また、鼻うがいなどによって有害物質・アレルギー物質を取り除くという必要もあります。 ここでまとめた3つに注意しながら生活を見直すことで、副鼻腔炎が再発する危険性を一気に低くすることは可能なんですね。 表面的に症状を抑えるだけでは、再発するのは当然 抗生物質を飲み続けたとしても、細菌を完全に退治することは難しいということをお伝えさせて頂きました。 これに加えて環境的な要因や体質が影響し、子供が副鼻腔炎を繰り返すという悪循環が起きてしまいます。 では、どうすれば副鼻腔炎を治すことができるのか? 副鼻腔炎の再発を防ぐためには、症状を一時的になくしたり緩和させたりすることは意味をなしません。 西洋医学(現代医学)では症状が出ていない状態を「治った」と言いますが、再発してしまっては意味がないんですね。 これに対して、東洋医学の考えでは、症状が一時的に表面化しないことは完治をは言わないわけです。 副鼻腔炎を繰り返し再発する体でなくなった時に初めて、「治った」と言えると考えられています。 再発を防ぐためには何よりも、子供の体自体を強くしていく必要があるんですね。 もちろん、現代医学で使われる薬すべてが病気を完治させる能力がないとは言い切れませんが、ただ症状を抑えるだけでは意味がないんですね。 どうすれば副鼻腔炎は治るのか? 副鼻腔炎のように慢性的に再発を繰り返すような症状には東洋医学の考え方は相性が良い治療法と言っても良いでしょう。 東洋医学の基本的には、体の全身的な免疫バランスの乱れを正して、体が健康であろうとするために働く力を力を強めることが目的になっています。 わかりやすく言うと、副鼻腔炎に子供自身の力で打ち勝てる体づくりを目指す、ということです。 そのためには生薬やハーブ、また食事療法などを用いて全身的な機能を向上させてあげる必要があるんですね。 もちろん、こうした対処法を実践することで、アレルギー性鼻炎を改善することも可能です。 今回の記事の後半では、副鼻腔炎の改善・予防に効果的な対処法(素材)を1つご紹介させて頂きますので参考にしてみてくださいね。 副鼻腔炎の再発防止に効果的なシソジュースの作り方 身近で手に入りやすく、子供の繰り返す副鼻腔炎に高い効果が期待できるのが、紫蘇(シソ)です。 シソは日本では平安時代から漬物や薬にも使われてきましたが、これは高い殺菌効果があるため。 他の植物にはない、独特なニオイがシソにはありますが、この香り成分がアレルギー性鼻炎や花粉症を改善する効果があることはすでに確認されているんですね。 もし、子供さんがアレルギー性鼻炎をお持ちなのであれば、シソはとても有効に作用してくれます。 これは、シソに含まれているルテオリンという物質の影響によるものですが、作用としては強力な抗酸化作用を持っています。 抗酸化作用とは、活性酸素(細胞を傷つける)を退治する作用があるもので、体の機能を正常に戻すことができるんですね。 実際、帝京大学薬学部で行われた実験結果でもこの事実は確認されています。 アレルギー症状を改善していくことで、副鼻腔炎を再発させないということにも結果的につながります。 また、シソが持つ殺菌効果で副鼻腔炎の原因にもなっている細菌の増殖を防ぐことができますし、細菌自体を退治することができます。 症状を和らげるだけでなく、習慣的にシソを摂取することによって副鼻腔炎の再発を予防する効果もあるんですね。 もしシソを摂取する場合には、基本的にどんな方法でも同じく高い効果を得ることができます。 料理に使っても良いですし、煮出したシソのエキスをジュースにして飲んでも良いです。 摂取しやすいというのも、シソの大きなメリットですね。 子供さんに与える場合は、シソジュースがおすすめなのでレシピを載せておきますね。 【シソジュースに必要な材料】 ・赤紫蘇 1袋 ・お酢 400cc ・砂糖 150g ・水 2000cc 【シソジュースの作り方】 (1)まず紫蘇を流水でしっかりと洗います (2)鍋に水2000ccを入れて煮立てます (3)酢を入れ、かきまぜながら紫蘇を入れていきます (4)3分ほど煮出します (5)綺麗に色が出てきたら紫蘇を取り出します (6)砂糖を入れて30分ほど煮詰めます 以上で完成ですので、冷蔵庫で冷やして子供さんに飲ませてあげてくださいね。 紫蘇は独特の臭いがあって苦手な子供も中にはいますので、もし味が嫌いだというのであれば無理に飲ませないようにしましょう。 まとめ ・薬を飲んでも細菌すべてを退治できないことが再発の原因 ・子供の体質によって繰り返しやすくなる ・アレルギー体質の子供は再発しやすい ・再発する場合は薬で症状を抑えても意味がない ・生薬やハーブなどで体を強くしてあげる必要がある ・シソは副鼻腔炎の改善、再発防止に効果的 この記事では、繰り返す子供の副鼻腔炎対策の方法としてシソジュースを使った方法をご紹介させて頂きました。 もちろん、シソの味が苦手だという子供さんもいるかと思いますので、そういった場合には違った対処法を実践するのが良いですよ。 副鼻腔炎に効果的な素材としては他にも、鼻粘膜の荒れに絶大な効果を発揮するキキョウエキス、体の抵抗力を高めて鼻の中の細菌を退治してくれるドクダミなど。 また、副鼻腔炎だけでなく鼻炎にも高い効果が期待できる甜茶(てんちゃ)など様々なものがあります。 まず大事なのは、続けられる方法を実践させてあげるということ。 しっかりと1つの効果的な対処法を継続することで効果は得られやすくなるんですね。 もちろん、ホコリ・花粉などの対策も必要不可欠ではありますが、体を強くしながら再発を防ぐという方法が効果的な対処法です。 副鼻腔炎(蓄膿症)は一度なってしまうと、なかなか完治しないことで治療が長引いてしまいがち。 あ 子供は風邪や鼻炎から副鼻腔炎を発症しやすいですが、長期化して治らないケースが非常に多いです。 副鼻腔炎を発症すると、頭が痛くなったりする以外にも口臭が出てきたりと悩みの種が尽きないで 副鼻腔炎は完治しにくい病気だと言われていますが、その治療法も本当に様々ありますよね。 主な 蓄膿症はすぐに治らないケースが非常に多い病気でもあります。 実際、通院していて病院で処方されて 蓄膿症は悪化すると頭痛がしたり口臭が出てきたり、何より鼻のグズグズが続いてしまうのは日常生活を送る上 蓄膿症が悪化すると、頭痛や鼻づまりだけでなく、鼻息や口の臭いまで強烈になってくるので生活する 蓄膿症は一度治ったように見えても再発したり、なかなか完治しない病気としても知られています。 実 副鼻腔炎はなかなか完治することは難しく、実際に耳鼻科に長い間通い続けていても症状が改善しない 蓄膿症は、一度かかってしまうと治りにくい病気であることは既に周知の事実ですね。 とは言って.

次の

【医師監修】子供の副鼻腔炎とは? 原因と症状、治療法について(2020年6月10日)|ウーマンエキサイト(1/4)

副 鼻腔 炎 繰り返す

副鼻腔炎が慢性化するとどんな症状が出る? 蓄膿症とは副鼻腔炎が慢性化した状態のことです。 正式には慢性副鼻腔炎と呼ばれ、急性副鼻腔炎症の発症から3ヵ月以上が経過しても症状が続く場合や状態や症状が繰り返し起きる回数などによって診断されます。 鼻詰まり• 眼や額の痛み• 後鼻漏(鼻水がのどに流れること)• 嗅覚障害 などの症状が現れ、重度の鼻詰まりによって鼻水の粘性が増すことで、鼻を吸った拍子などに鼻水がのどに侵入し、のどにも炎症が起きるリスクもあります。 また、長期間放置してしまうと鼻茸(はなたけ)と呼ばれる鼻の腫瘍ができ、鼻の通りがさらに悪化する可能性が高いです。 耳鼻科での副鼻腔炎の治療法は? 副鼻腔炎の治療は主に投薬、鼻腔や副鼻腔の洗浄、手術の3つです。 それぞれの治療法について詳しく見ていきましょう。 軽度の副鼻腔炎の治療 軽度の蓄膿症は、鼻水の吸引、副鼻腔の洗浄、薬の使用などで治療します。 鼻水はネブライザーという機器で吸い取り、薬は消炎酵素薬や粘液溶解薬の他、アレルギーがある場合は抗生物質を用いることが多いです。 重度または治りにくい副鼻腔炎の治療 症状が重い場合や治療開始から半年以上が経過しても改善が見られない場合は、鼻腔と副鼻腔をつなげるための手術が必要となるこが多いといわれています(手術は15歳以上から可能)。 一般的には内視鏡下副鼻腔手術(ESS)という手術が選ばれますが、鼻の形状に問題があるときは矯正手術を行うこともあります。 副鼻腔炎の手術 現在行われる副鼻腔炎の手術は、内視鏡を使用して行うのが主流です。 それぞれの症状や重症度に合わせて、以下のような術式が選択されます。 内視鏡下副鼻腔手術 ESS 現在、最も一般的に行われている術式です。 鼻の穴から手術器具や内視鏡を挿入して、内部を観察しながら、鼻腔と各副鼻腔を隔てる壁を切除して膿などが溜まった副鼻腔を開放・除圧し、炎症の強い粘膜を除去します。 手術のタイプは5種類あり、一か所の副鼻腔のみを開放する「副鼻腔単洞手術」や、全ての副鼻腔の壁を切除する「拡大副鼻腔手術」、2か所以上の副鼻腔を開放する「選択的副鼻腔手術」などがそれぞれの症状に合わせて行われます。 術後の痛みや出血が少なく、効果のたかい治療法で、日帰りや短期間入院で行うことができます。 鼻外手術 従来から行われていた術式で、内視鏡を用いずに、皮膚や口腔粘膜を切開して、そこから副鼻腔の開放を行います。 上顎洞や前頭洞の手術で行われることがありますが、美容的観点、神経学的観点から実施は少なくなっています。 妊娠中の副鼻腔炎は、どうやって治療する? 妊娠中は免疫力が低下するので様々な感染症にかかりやすくなります。 副鼻腔炎も例外ではなく、特に妊娠前にも副鼻腔炎を繰り返していた人は細心の注意が必要です。 妊娠中の治療も妊婦さん以外の人と基本的には変わらず、妊娠中にも使用できるセフェム系やマクロライド系の抗生物質を使用し、頭痛や鼻水などに対してそれぞれの症状に効く薬の処方が行われます。 しかし、手術をする場合には麻酔などの影響を考慮して出産後に行うことが多いです。 市販薬で副鼻腔炎は治せる? 副鼻腔炎は軽症な場合には特別な治療をしなくても自然と治ることもあります。 家庭や仕事に忙しい人は、病院受診の時間が確保できずに自己流で治療を行うこともあるでしょう。 副鼻腔炎の治療に必要な抗生物質は市販されていませんが、。 しかし、それらの市販薬で副鼻腔炎の症状を和らげることはできますが、副鼻腔炎自体を治すことはできません。 不快な症状が長引く場合には必ず病院を受診して適切な治療を行いましょう。 副鼻腔炎の検査方法 副鼻腔炎は内視鏡を使った視診とX線(レントゲン)やCTスキャンなどの画像観察で検査します。 鼻腔の形、腫瘍の有無、鼻水の流れる部位などを詳しく調べる必要があるからです。 それぞれの検査内容を説明します。 内視鏡検査 鼻腔の観察には主に電子スコープやファイバースコープなど使います。 蓄膿症かどうかは副鼻腔の開口部を観察することでわかります。 内視鏡で副鼻腔全体を見ることはできないものの、副鼻腔の入り口の粘膜の腫れや膿の状態を直接観察できるため、画像検査の前に内視鏡検査を行う医師が多いです。 X線(レントゲン)検査、CTスキャン 蓄膿症にはしばしば鼻腔内には異常が見られないこともあるため、ほとんどの場合は視診に次いで画像診断が行われます。 X線検査(レントゲン)では骨は白く、空洞の部分は黒く写るのが特徴です。 そのため、副鼻腔に異常がなければ空洞なので黒く写りますが、蓄膿症などの炎症で粘膜が腫れたり膿が溜まった状態になると白く写ります。 合併症と再発の予防するための注意点とは? 副鼻腔炎で最も多い合併症は中耳炎です。 これはとくに子供に多く、副鼻腔が耳と耳管という管を通してつながっているために、この耳管を介して膿や細菌が耳のへ流れると中耳炎を発症することがあります。 また、副鼻腔は目や脳に近いところにありますから、重症化して膿が多く溜まるようになると、目や脳に炎症や感染が及んで重篤な副作用を生じることがあります。 ひどいときには、脳膿瘍や髄膜炎などの致死的な病気に発展することもあります。 副鼻腔炎の再発予防としては、風邪をひかないようにすることが大切です。 そのためにも手洗いやうがいをしっかり行い、人ごみに出るときにはマスクを着用するとよいでしょう。 また、副鼻腔炎になったとしても慢性化する前に適切な治療を行って完治させることが重要です。 鼻水などの症状があるときには早めに病院を受診して早期に治療を開始するようにしましょう。 おわりに:鼻詰まりや頭痛などの症状が長引くときは、病院で診てもらおう 風邪じゃないのに鼻詰まりや頭痛が治らない、いつものアレルギーの症状とは違う気がする・・・そのような場合は副鼻腔炎を発症している可能性があります。 副鼻腔炎はそのままにしておくと慢性化して蓄膿症につながる危険性が高いので、気になる症状が見られるときは早めに耳鼻科に行って医師の診察を受けるようにしましょう。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

次の