スズキ v ストローム 650。 SUZUKI Vストローム650XT :ロードセクションが楽しいアドベンチャーツアラー

【新型Vストローム650/XT 試乗インプレ】車格、パワー、走破性など全てがちょうど良いサイズで馴染めるアドベンチャーバイク!

スズキ v ストローム 650

それでも前モデルに比べてシャープなイメージになっており、走りもクイックに楽しめそうな雰囲気が漂っています。 ノーマル仕様とXTを比較すると、パッと見で違いは無いように見えますがナックルガードやアンダーカウル、スポークホイールなどが異なります。 スペックを似たような排気量のマシンと比較してみます。 押し引きの取り回しも比較的問題なく、スムーズに動かすことができました。 サスペンション調節 サスペンションのプリロードを手で調節できるのが非常に楽です! 工具を使わずともタンデム時や荷物を乗せる時などにサッとダイヤルを回せるので便利ですね。 Vストローム650:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから Vストローム650XT:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから エンジン周り こちらもノーマル仕様とXTを比較すると、XTの方がアドベンチャーらしいルックスになっています。 アンダーカウル装着によってオフロード走行時のエンジンへのダメージを防ぐ事ができます。 エンジンガードが無いと見た目はすっきりしていますが、少し寂しい印象になります。 高い積載性 フルパニア装備が似合うVストローム650ですが、リアキャリアはスペース的にそこまで広くはないですが剛性感は強いです。 タンデムバーも兼ねているので違和感なく装備されています。 サイドケース装着も計算されてタンデムバーの隙間がかなり広くなっていますので、3箇所にケースを装着しても快適なタンデムは変わらないでしょう。 性能はまったく一緒になっているので、ノーマルとXTのどちらを購入するかは見た目的な部分だけになりますね。 実際に2人が跨りました。 【身長165cm】 両足で着地することが難しく、片足をステップに乗せて、もう片方で地面に完全に着地するスタイルが一番安定しました。 停止する時はまず片足をステップから外して止まるクセをつけると良いでしょう。 【身長180cm】 シート高の高さから少し身構えていた私ですが、跨ってみると意外にもベタ足。 個人的にはこれくらいの車格が一番しっくり来ます。 ウェビックスタッフの走行レポート! 続いて、実際に走行してみたインプレですが今回はいつもと違うスタッフが試乗した感想をお届けします。 【溢れるスズキ愛を抑えきれないスタッフA】 一見、かなり大柄に見える車体だが、跨ってみると意外なほどしっくりくるポジション。 身長170㎝の自分でも足着きに不安はなく、安心感がある。 車重が212㎏しかないことに加えて、ハンドルバーが高いので、バイクの押し引きも軽く感じられた。 エンジンをかけると、想像していたVツインの鼓動感とは違う滑らかで安定したアイドリングから、ローRPMアシストの助けもあって実に滑らかに発進する。 2気筒のエンジンというと、低速でギクシャクしやすい感覚があるので、クラッチワークに気を使いそうだが、Vストローム650はそんな気配はみじんも感じさせない。 スズキのローRPMアシストは、最近のスズキのビックバイクに標準装備されている機構だが、ユーザーフレンドリーな素晴らしいシステムだと思う。 乗り出してすぐに感じたのは、それなりに大柄なフロントタイヤ19インチのアドベンチャーバイクとは思えないほどに小回りが良く利くこと。 スペックを見るとハンドル切れ角が最大40度、最小回転半径が2. 教習車でお馴染みのCB400SFの最小回転半径が2. 6mということを想像してもらえると、V-STROM650の扱いやすさがイメージしやすいだろう。 前述のローRPMアシストと小回りが利く車体で、Uターンや狭い路地の右左折も全く不安なく乗れるのは、あらゆるシチュエーションで大きなメリットだと思う。 Uターンが苦手な初心者や女性にもおススメだ。 エンジンは低回転から高回転まで、非常に滑らかだが十分に力強い。 低回転域での粘りと扱いやすさは、ツインのエンジンに乗っていることを忘れてしまうほど。 また、ミドルサイズのエンジンなので、回して走る楽しさも味わえる。 大柄な車体だが、車重はそこまで重くないので、コーナリングもヒラリヒラリと曲がっていく印象。 フロントが19インチのためか、適度に余裕のある舵角のつき方も、ツーリングバイクにはうってつけだろう。 トラコンはOFF リアサスペンションは油圧式のプリロード調整機構を備えているので、ダイヤルで簡単に調整可能。 タンデムツーリングの際にもすぐに調整できる。 フロントサスペンションの調整機構がないのが唯一残念なポイント。 また、V-STROM650の価格は税抜き¥840,000(XTが¥880,000)と、実に魅力的な価格設定だ。 総括すると、V-STROM650は初心者や女性にも優しく、大柄なアドベンチャーバイクはちょっと、と敬遠していたユーザーにピッタリの1台だ。 何よりも、この扱いやすさはツーリング先での色々なシチュエーションで、ライダーに安心を与えてくれるだろう。 【1年ぶりの公道走行!スタッフB】 走行性能は、結論から言うと大きな不満がない。 街乗り、細かい裏路地、渋滞、コーナーなど、あらゆるシチュエーションにおいて欠点が見当たらない。 加速、減速、コーナリング、車線変更などにおいて、ライダーが思い描く"予想通りの動き"を与えてくれた。 走行中に車体の重さ(装備重量:212kg)を感じることは全くなく、むしろモタードのような感覚でひらりひらりと乗り回すことができてしまう。 次の車線変更や交差点が待ち遠しくなるほどだ。 左右がえぐれたタンクは、膝が吸い込まれるように収まっていく。 意識せずに自然とニーグリップができてしまうためか、どの姿勢でも安心感があった。 縁の下でこの安心感を支えてくれていたのが、「ローRPMアシスト」だ。 試乗する前は、ベテランライダー向けのクセのある大型バイクであろうという先入観があったのだが、これならリターンライダーも満足させてくれるし、バイク初心者や初めての大型バイクとしても胸を張ってオススメできる。 また、ハンドルとシートのバランスが高い次元でとれており、乗車姿勢が非常にリラックスできる。 車体重量の配分が優れているのか、信号や一時停止で停車する際に200kg以上あるはずの車重を感じさせない。 シートも細めなので、足つき性も悪くない。 そして「ローRPMアシスト」の効果も大きく、都会の大渋滞にハマっても大きな疲れはなかった。 取り回しに関しては、力をかけやすい位置にハンドルがあり、大きな不安は無い。 他のバイクの取り回しと同様に、車体に腰を添えるように押し引きするとさらに楽で安定する。 車体は大柄ではあるが、中型ネイキッドの取り回しと同等と言っても過言ではない。 走行編まとめ 如何でしたか? ウェビックスタッフのベテランライダーを満足させるVストローム650はかなり乗りやすいバイクになっています。 ちなみに私も650は実際に走行して、その扱いやすさやちょうど良い加速感の虜になりました。 これなら街乗りもツーリングしっかり楽しめそうと感じました。 是非Vストローム650でアドベンチャーを堪能してください! 撮影協力:.

次の

買うべきはVストローム650か1000か。 合計800km走り込んで検証してみた。|MotorFan Bikes[モータファンバイクス]

スズキ v ストローム 650

それでも前モデルに比べてシャープなイメージになっており、走りもクイックに楽しめそうな雰囲気が漂っています。 ノーマル仕様とXTを比較すると、パッと見で違いは無いように見えますがナックルガードやアンダーカウル、スポークホイールなどが異なります。 スペックを似たような排気量のマシンと比較してみます。 押し引きの取り回しも比較的問題なく、スムーズに動かすことができました。 サスペンション調節 サスペンションのプリロードを手で調節できるのが非常に楽です! 工具を使わずともタンデム時や荷物を乗せる時などにサッとダイヤルを回せるので便利ですね。 Vストローム650:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから Vストローム650XT:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから エンジン周り こちらもノーマル仕様とXTを比較すると、XTの方がアドベンチャーらしいルックスになっています。 アンダーカウル装着によってオフロード走行時のエンジンへのダメージを防ぐ事ができます。 エンジンガードが無いと見た目はすっきりしていますが、少し寂しい印象になります。 高い積載性 フルパニア装備が似合うVストローム650ですが、リアキャリアはスペース的にそこまで広くはないですが剛性感は強いです。 タンデムバーも兼ねているので違和感なく装備されています。 サイドケース装着も計算されてタンデムバーの隙間がかなり広くなっていますので、3箇所にケースを装着しても快適なタンデムは変わらないでしょう。 性能はまったく一緒になっているので、ノーマルとXTのどちらを購入するかは見た目的な部分だけになりますね。 実際に2人が跨りました。 【身長165cm】 両足で着地することが難しく、片足をステップに乗せて、もう片方で地面に完全に着地するスタイルが一番安定しました。 停止する時はまず片足をステップから外して止まるクセをつけると良いでしょう。 【身長180cm】 シート高の高さから少し身構えていた私ですが、跨ってみると意外にもベタ足。 個人的にはこれくらいの車格が一番しっくり来ます。 ウェビックスタッフの走行レポート! 続いて、実際に走行してみたインプレですが今回はいつもと違うスタッフが試乗した感想をお届けします。 【溢れるスズキ愛を抑えきれないスタッフA】 一見、かなり大柄に見える車体だが、跨ってみると意外なほどしっくりくるポジション。 身長170㎝の自分でも足着きに不安はなく、安心感がある。 車重が212㎏しかないことに加えて、ハンドルバーが高いので、バイクの押し引きも軽く感じられた。 エンジンをかけると、想像していたVツインの鼓動感とは違う滑らかで安定したアイドリングから、ローRPMアシストの助けもあって実に滑らかに発進する。 2気筒のエンジンというと、低速でギクシャクしやすい感覚があるので、クラッチワークに気を使いそうだが、Vストローム650はそんな気配はみじんも感じさせない。 スズキのローRPMアシストは、最近のスズキのビックバイクに標準装備されている機構だが、ユーザーフレンドリーな素晴らしいシステムだと思う。 乗り出してすぐに感じたのは、それなりに大柄なフロントタイヤ19インチのアドベンチャーバイクとは思えないほどに小回りが良く利くこと。 スペックを見るとハンドル切れ角が最大40度、最小回転半径が2. 教習車でお馴染みのCB400SFの最小回転半径が2. 6mということを想像してもらえると、V-STROM650の扱いやすさがイメージしやすいだろう。 前述のローRPMアシストと小回りが利く車体で、Uターンや狭い路地の右左折も全く不安なく乗れるのは、あらゆるシチュエーションで大きなメリットだと思う。 Uターンが苦手な初心者や女性にもおススメだ。 エンジンは低回転から高回転まで、非常に滑らかだが十分に力強い。 低回転域での粘りと扱いやすさは、ツインのエンジンに乗っていることを忘れてしまうほど。 また、ミドルサイズのエンジンなので、回して走る楽しさも味わえる。 大柄な車体だが、車重はそこまで重くないので、コーナリングもヒラリヒラリと曲がっていく印象。 フロントが19インチのためか、適度に余裕のある舵角のつき方も、ツーリングバイクにはうってつけだろう。 トラコンはOFF リアサスペンションは油圧式のプリロード調整機構を備えているので、ダイヤルで簡単に調整可能。 タンデムツーリングの際にもすぐに調整できる。 フロントサスペンションの調整機構がないのが唯一残念なポイント。 また、V-STROM650の価格は税抜き¥840,000(XTが¥880,000)と、実に魅力的な価格設定だ。 総括すると、V-STROM650は初心者や女性にも優しく、大柄なアドベンチャーバイクはちょっと、と敬遠していたユーザーにピッタリの1台だ。 何よりも、この扱いやすさはツーリング先での色々なシチュエーションで、ライダーに安心を与えてくれるだろう。 【1年ぶりの公道走行!スタッフB】 走行性能は、結論から言うと大きな不満がない。 街乗り、細かい裏路地、渋滞、コーナーなど、あらゆるシチュエーションにおいて欠点が見当たらない。 加速、減速、コーナリング、車線変更などにおいて、ライダーが思い描く"予想通りの動き"を与えてくれた。 走行中に車体の重さ(装備重量:212kg)を感じることは全くなく、むしろモタードのような感覚でひらりひらりと乗り回すことができてしまう。 次の車線変更や交差点が待ち遠しくなるほどだ。 左右がえぐれたタンクは、膝が吸い込まれるように収まっていく。 意識せずに自然とニーグリップができてしまうためか、どの姿勢でも安心感があった。 縁の下でこの安心感を支えてくれていたのが、「ローRPMアシスト」だ。 試乗する前は、ベテランライダー向けのクセのある大型バイクであろうという先入観があったのだが、これならリターンライダーも満足させてくれるし、バイク初心者や初めての大型バイクとしても胸を張ってオススメできる。 また、ハンドルとシートのバランスが高い次元でとれており、乗車姿勢が非常にリラックスできる。 車体重量の配分が優れているのか、信号や一時停止で停車する際に200kg以上あるはずの車重を感じさせない。 シートも細めなので、足つき性も悪くない。 そして「ローRPMアシスト」の効果も大きく、都会の大渋滞にハマっても大きな疲れはなかった。 取り回しに関しては、力をかけやすい位置にハンドルがあり、大きな不安は無い。 他のバイクの取り回しと同様に、車体に腰を添えるように押し引きするとさらに楽で安定する。 車体は大柄ではあるが、中型ネイキッドの取り回しと同等と言っても過言ではない。 走行編まとめ 如何でしたか? ウェビックスタッフのベテランライダーを満足させるVストローム650はかなり乗りやすいバイクになっています。 ちなみに私も650は実際に走行して、その扱いやすさやちょうど良い加速感の虜になりました。 これなら街乗りもツーリングしっかり楽しめそうと感じました。 是非Vストローム650でアドベンチャーを堪能してください! 撮影協力:.

次の

製品概要

スズキ v ストローム 650

世界的に人気のアドベンチャーは、リッターオーバーの大柄なモデルが主流だ。 そんな中、ヤマハ・トレーサー900とスズキ・Vストローム650は扱いやすい「ミドルクラス」として好評を博している。 さて、その両車の実力やいかに!? ヤングマシン本誌でおなじみ丸山浩氏がプロ目線で、ライター高橋剛氏が一般人目線で徹底的に試乗インプレ! 同じ旅バイクでも旅の捉え方が違う。 刺激的なトレーサー/マイルドなVストローム いずれも、アドベンチャーというカテゴリーに属する、いわゆる「旅バイク」だ。 ストロークが長いサスペンションで悪路走破性を高め、快適性に配慮することで、ロングツーリングにも対応している……という点では、同類と言える。 だが、旅の捉え方はトレーサー900とVストローム650ではだいぶ異なる。 めざすベクトルは180度正反対、と言ってもいいぐらいだ。 テスター:【プロ目線/丸山 浩:左】レーシングライダーとして今も活躍中だが、青春時代にはバイクで日本一周を達成しており、根は「ツーリングライダー」。 トレーサー入手を本気で思案中。 【一般目線/高橋 剛:右】2年前に前モデルのVストローム650で北海道を1周。 あまりに楽しい1週間に「もう帰らなくてもいいんじゃないか?」と危ない領域に足を踏み入れかけた。 トレーサーは「バイクを楽しみながら旅をする」。 そしてVストロームは「旅のツールとしてバイクを使う」。 この違いは大きい。 主体は、ライディングなのか、旅することなのか。 トレーサーは、例えどんなシチュエーションでもただ走っているだけで楽しい。 スロットルを開けるたびにワクワクやドキドキがあって、胸が高鳴る。 並列3気筒エンジンのキャラクターも、4000rpmを境に大きく伸び上がろうとして、常にやる気に満ちているのだ。 12月28日まで16万2000円の用品クーポンがプレゼントされるツーリングサポートキャンペーンが実施されている(問:ワイズギア ) 一方のVストロームは、全体的にマイルドだ。 V型2気筒エンジンはどの回転域からでも滑らかな加速を見せ、しかもトルクの出方もひたすらフラット。 回転数を選ばないので、ゆったりとした走りに向いている。 兄貴分であるVストローム1000と共通したイメージのフロントまわりも得ている(車両協力:レンタル819 TEL:050-6861-5819 ) エキサイティングで刺激的なトレーサー。 ジェントルで穏やかなVストローム。 エンジンキャラクターの明確な違いが、それぞれの個性を際立たせる。 キャンプで例えてみれば、こんな具合になるだろう。 トレーサーは、今流行のグランピングのようだ。 グラマラス(魅力的な)とキャンピングを掛け合わせたグランピングは、ホテル並の豪華なサービスが受けられる新たなアウトドアスタイル。 オープンエアの心地良さとラグジュアリーさをいっぺんに楽しむ、贅沢なひとときだ。 Vストロームからは、スマートなテント泊がイメージされる。 自分の好みの場所を見つけたら、気軽に、そして気ままにテントを張って、自由な時を味わう。 シンプルでありながら自然と一体化することができ、奥深い喜びに満たされるだろう。 優劣をつけるものじゃない。 バイクで、どういう旅がしたいか。 バイクで、どういう時を過ごしたいか。 自分の嗜好性によって、この2台のどちらを選ぶかが決まる。 徹底比較:トレーサー vs Vストローム 押し引き:アドベンチャーバイクの中ではミドルクラス。 リッターオーバーに比べれば両車とも扱いやすい部類だ。 特にトレーサーはマスが集中しており、タンクの低さも相まって押し引きはラク。 Vストロームはハンドルポジションが高めで、力を入れにくく感じる場面もあった。 街乗りインプレッション プロ目線(丸山) :街乗りもピリッと楽しいトレーサー トレーサーはとにかく刺激的で街乗りも楽しい。 「今日はバイクに乗るぞ!」とモチベーションを高めてくれる。 短距離でもピリッとしたライディングができるから、チョイ乗りにもピッタリだ。 一方のVストロームは、すんなりと体に馴染み、スルスルと落ち着きのある走り。 ストップ&ゴーの繰り返しとなる市街地でも気疲れしないが、バイクらしいパンチには欠ける。 両モデルとも脚長系だけに足着き性は良好とは言えない。 身長168cmの私だと停車時に半分オシリをずらす必要があった。 一般目線(高橋) 「スクーターのように」というと大げさだろうか。 Vストロームはそれぐらい気遣いが無用で、乗り始めから馴染み感がある。 トレーサーは乗っているうちに目玉が三角になりがちなので自制が必要。 街にも似合うスマートなデザインはさすがヤマハ。 高速道路インプレッション プロ目線(丸山):正反対のキャラクターが浮き彫りに 69psのVストロームは、飛ばすつもりがなければ必要十分。 走れば走るほど「これでいいや」と割り切れるようになるのが不思議だ。 徹底的にロングツーリング向けの旅ツールと言える。 下半身のあちこちに風当たりが感じられたのがやや気になった。 トレーサーは116psとVストロームのほぼ倍。 速くて面白いに決まっている。 しかも、並列3気筒エンジンは回転数によってさまざまな表情を見せるので、飛ばさなくても心地よく走れる領域があるのがイイ。 途中で軽く雨に降られたが、腰下のウインドプロテクションが効果的に働き、あまり濡れなかった。 一般目線(高橋) 高速道路を一定速で巡航するなら、Vストロームがいい。 ルルル…… と柔らかい排気音に包まれて、ゆったりと景色など眺めながら走るのに向いている。 都会から離れ、交通量が少なくなるほどに、真価を発揮するタイプだ。 前モデルに比べてシートがやや硬くなったように感じるのがちょっと気がかり。 また、まったりタイプだからこそクルーズコントロールが欲しくなる。 交通量が多く、加減速やレーンチェンジを繰り返してキンキン走るならトレーサー。 ちょっと気ぜわしさはあるが、都市高速にはズバリとハマる。 シートの柔らかさは非常に好印象。 ぜひともロングクルージングで試してみたいところ。 ワインディング・インプレッション:トレーサーが快足ぶりを発揮(丸山) ワインディングを走らせると、両モデルともエンジンが顔なのだということがよく分かる。 ただしその表情はまったく違う。 トレーサーの並列3気筒エンジンは言うまでもなく元気いっぱい。 回すほどにノリがよくなり、車体もハイペースにしっかり応える。 車速とコーナーのRがバチッとハマッた時にこそ素晴らしい走りを見せる。 VストロームのVツインエンジンは、難しいことを考えずにそこそこのペースで縫うように走れる。 「ワインディングを狙って走りに行く」というより「ロングツーリングの途中でワインディングに差しかかる」といったシチュエーションが似合う。 ワインディング・インプレッション:噛むほどに味が出るVストローム(高橋) ブレーキングして、シフトダウンして、車体を寝かせて……。 ワインディングだからといって、そんな走りばかりをするわけじゃない。 特にロングの場合は、スロットルのオンオフだけでスッ、スッとコーナーを駆け抜けるのが気持ちいい(し、疲れない)。 Vストロームのジェントルさは、「噛めば噛むほど味が出る」という絶妙なバランスを感じる。 意図して作り込んだとしたらスゴイ。 短距離でパーッと走るなら断然トレーサーだが、そういう用途ならより軽快なMT-09かXSR900を選びたくなる。 乗るほどに違いが分かる両車のコンセプト トレーサーは、完成度が非常に高い。 MT-09、XSR900、そしてトレーサーは、エンジンと基本骨格を共有するヤマハ・プラットフォーム展開の代表格だが、中でもトレーサーは旅バイクとしての仕上がりが非常に高いレベルに達している。 エンジンも熟成が進められ、刺激と扱いやすさをバランス。 エキサイトメント方向よりもユーザーフレンドリーさを重視しており、回さなくても心地良さが味わえる。 サスペンションも上質。 ストロークの初期からよく動く脚長系でありながら、奥では踏ん張り感が効く。 ワインディングでペースを上げてもまったく破綻せず、高剛性の車体、そして制動力の高いブレーキと相まって「快足」ぶりを発揮する。 あえて言うなら、「バイクの主張が強い」という側面があるのは否めない。 これはライディングの楽しさと直結する個性の部分だから致し方ないのだが、長旅の相棒としては、やや急かされる感がある。 Vストロームは真逆だ。 主張しすぎず、旅の裏方に徹してくれる。 率直に言えば、ものすごく秀でたもの、突出したものがあるわけじゃない。 その分、長く乗れば乗るほど体に馴染んでいく。 Vストロームに乗っていると、バイクに乗っていることよりも、その上に乗っている自分を意識するようになる。 「自分が主体となって旅をしているのだ」という感覚だ。 真性の旅人であるほど、Vストロームがしっくり来るだろう。 どこかに行き、好きな景色を眺め、土地の美味を堪能するといった、旅そのものを楽しむライダーにはまったりとしたVストロームがぴったりだ。 一方で、マニアックなバイク好きには、Vストロームは少々物足りなく感じるかもしれない。 旅のツールには最適だが、バイクとしてのパンチが足りない。 同じカテゴリーではあるが、ヤマハとスズキの狙いは明確に異なる。 バイクとしてのまとまりを重視しながら、ライディングする乗り物としての魅力を高めたトレーサー。 旅の「道具」としての完成度を高めているVストローム。 さて、自分はライダーなのか、旅人なのか……。 まとめ:「バイクに何を求めるか」。 その答えがここに 「バイクとしてピシッと筋を通し、隅々まで配慮して設計されている」という印象のトレーサー。 オン・オフを選ばずフィットするデザイン性の高さも含めて、考え抜かれている。 刺激的な走りも含めて、「バイクにおけるオールマイティとはこうだ!」というヤマハらしい主張が見て取れる。 一方のVストロームは、やはり旅することそのものを主体に設計されているようだ。 バイクとしてはルーズさがあって、細かい部分で煮詰まり切っていないようにも感じる。 だが、そのルーズさがロングツーリングを快適にしてくれるのも確か。 スズキがこの乗り味を狙って作り込んでいるのだとしたら、相当な熟成度合いと言える。 明確なキャラクターの違いを持ち合わせたこの2台、バイクに何を求めるかにより迷わず選び分けられるだろう。

次の