籠城 類語。 島原の乱

「籠城:ろうじょう」(籠が入る熟語)読み

籠城 類語

軍事施設としての城の楽しみ方をご紹介するこの連載。 前回の記事では、築城史の転換期である長篠の戦いについてお話ししました。 この戦いのように、戦国時代には城が合戦の舞台になることが多くあったのです。 そこで第2回目は、戦国時代における城攻めの戦法を取り上げようと思います。 例えば籠城側の兵糧輸送経路を遮断し、飢餓状態に追い込む「兵糧攻め」。 これは時間がかかりますが、直接戦うことがないので味方の犠牲を最小限に抑えることができます。 史上最悪の兵糧攻めといわれるのが、羽柴秀吉による鳥取城攻めです。 このときは兵糧の輸送ルートだけでなく、援軍の侵入ルートも完全に包囲したため城内は餓死者が続出する悲惨な事態となったのです。 また秀吉は備中高松城(岡山市)を攻める際には、城の周りに堤防を作り、川の水を引き込んで城を水没させる「水攻め」を行いました。 このときは梅雨の増水も重なり、城はあっという間に孤立無援の浮城となったといわれています。 武田信玄が得意としたのは「もぐら攻め」。 これはトンネルを掘って地下から城内へ侵入し、水源となる井戸を破壊したり、毒を入れたりするもの。 地下での動きは相手に恐怖を与えるという心理効果もあるのです。 武蔵松山城(埼玉県吉見町)攻めではトンネル内で爆発作戦を行ったという伝説も残っています。 戦国時代にはこのような方法以外にも、生首をさらして相手の戦意を喪失させる「脅迫」や、城下を焼いて敵を誘い込む「おびきだし」、貢物を贈って寝返らせたり、噂を流して内部分裂を起こさせるなどの「内応・策略・調略」も行われたりしていました。 水がなければ命をつなぐことができません。 そのため、城の中には区画ごとといっていいほど、いたるところに井戸が設置されています。 山城の場合は池のような大規模な井戸が多いようです。 上杉謙信の居城である春日山城(新潟県上越市)には直径6m、深さ10mもの巨大な円形の井戸があります。 熊本城に120もの井戸があったとされるのも有名な話。 慶長の役で餓死寸前の経験をした加藤清正は、兵糧の備えを重要視し、土塀にはカンピョウ( 干瓢)、畳には芋茎を埋め込むという徹底ぶりでした。 また、緊急時に食料となる銀杏の木が多いことから「銀杏城」とも呼ばれています。 * * * 観光などで城めぐりをする際は、井戸にも注目してみるとよいかもしれません。 次回も、教科書にはあまり出てこない、城にまつわる様々なトピックをお届けします。 詳しくはぜひ、『図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防のすべて』をご覧ください。 取材・文/平野鞠 監修/萩原さちこ 萩原さちこ(はぎわら・さちこ) 1976年、東京都生まれ。 青山学院大学卒。 小学2年生で城に魅せられる。 大学卒業後、出版社や制作会社などを経て現在はフリーの城郭ライター・編集者。 執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座、ガイドのほか、「城フェス」実行委員長もこなす。 おもな著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、 『お城へ行こう! 』(岩波ジュニア新書)、『今日から歩ける 超入門 山城へGO! 公益財団法人日本城郭協会学術委員会学術委員。

次の

島原の乱

籠城 類語

「蟄居」と「隠居」「幽閉」「閉門」の違い 「蟄居」とよく似た意味の言葉に「隠居」「幽閉」「閉門」があります。 主に、江戸時代での謹慎させる刑罰となっています。 それぞれどんな違いがあるのか、まずそれぞれの意味を比較してみましょう。 「蟄居」 「武士や公卿に科した刑で、閉門を命じた上に一室に謹慎させること」 「隠居」 「公家または士分の者に科した刑で、不行跡や取り締まり不十分などを理由に地位を退かせ、得た給与を子孫に譲らせること」 「閉門」 「武士・僧侶・社人らに科した監禁刑で、50〜100日間外から門と窓を閉ざし一切の出入りを許されなかったこと」 「幽閉」 「人を一室や獄、塔、洞穴に押し籠め他人との交際を経たせること、拘禁すること」 このようになります。 「幽閉」は刑罰の名前ではなく、閉じ込める方法のひとつです。 「蟄居」「隠居」「閉門」はそれぞれの身分に科された刑罰です。 ちなみに、「閉門」より「蟄居」のほうが重い刑罰となります。 また2つ合わせて 「閉門蟄居」または「蟄居閉門」と四字熟語で表すこともあったようです。 また、 「隠居」には刑罰以外にも 「世の中の煩わしさを避けて、山野など閑静な所に引きこもって暮らすこと、またその人」「表舞台を去ること」などといった意味もあります。 主に官職や家業などから離れる人に対して使われることが多く、「社長の座を譲り隠居する」などと用います。 またそのように「隠居」した人のことを「御隠居さん」などと呼びます。

次の

「籠絡」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

籠城 類語

「籠絡」の意味とは? 「籠絡」の類語や同義語• 「籠絡」の言葉の使い方• 「籠絡」を使った例文• 「籠絡」の語源や由来 「籠絡」の意味とは? 「籠絡」という言葉を知っているでしょうか。 読み方すら分からないという方も多いのではないでしょうか。 一方で歴史好きな方なら、 「籠絡」という言葉に耳覚えがあるかもしれません。 特に歴史シミレーションゲームが好きだという人は、 「籠絡」というコマンドを見た事があるかもしれません。 一般的にはそれほど有名な言葉ではありませんが、歴史好き、政治好きな人なら知っているのが、 「籠絡」という言葉です。 そこで 「籠絡」の読み方と意味を紹介します。 「籠絡」の言葉の使い方 「籠絡」には、相手をうまく言いくるめて、思いのままに操るという意味があります。 口先だけで、上手に誰かを操るような人を見た時に、 「籠絡」という言葉を使ってみましょう。 ビジネスシーンでも、 「籠絡」が上手な人がいるかもしれません。 コミュニケーション能力が高く、人使いが上手な人の中には 「籠絡」が上手な人がいるかもしれません。 また学校にも、例えば男子学生を言葉巧みに操って、自分が有利なように仕向ける事ができる、 「籠絡」上手な女子がいるかもしれません。 また 「籠絡」を使う時は、人を操るのが上手なのはもちろん、 「口先だけ」という要素が重要になります。 少し詐欺師やペテン師の香りがする人に対して 「籠絡」という言葉を使いましょう。 例文1 ビジネスシーンにおける、 「籠絡」を使った例文を紹介します。 「飲み会の会費が高くて、参加者が少ない。 ここは女子社員に専務を『籠絡』してもらって、飲み会の費用を出してもらおう。 会費が安くなって、参加者も増えるだろう」、 「営業の仕事はキレイ事じゃ済まない。 とにかく出会った人を『籠絡』し、自分の思うままに契約させる事が大切だ」、 「A課長は人心掌握術が巧みだ。 最初は反発していた社員も、いつの間にか『籠絡』して、自分の思う通りに操っている」などです。 ビジネスシーンでは 「籠絡」の能力が、活かされる機会が多いと思います。 やり過ぎて反発を買わなければ、頂点を目指す事もできるかもしれません。

次の