江波 杏子 nhk ドラマ。 スタジオパークからこんにちはに江波杏子さん登場:ちりとてちん

沢口靖子、江波杏子さんしのぶ 主演時代劇「小吉の女房」会見で

江波 杏子 nhk ドラマ

2002年度は衛星第2テレビ(BS2)で土曜日8:30-9:30に再々放送があった)に「 連続ドラマ」として復活。 2004年からは「 よるドラ」という愛称を設定している。 「銀河テレビ小説」「新銀河」がファミリー層向けであったのに対し、「連続ドラマ」「よるドラ」は特に20 - 30代の女性層を中心に向けて放送している。 流れとしては、2000 - 2001年度の2年間、毎週火曜日の23:00-23:45に放送され、この枠の設立に伴い発展終了したを継承した形である。 1シリーズ4~6週間(16~24回)のものが多い。 ホームドラマやコメディーも多いが、「」や「」などのように作品によってはサスペンスや愛憎劇(ドロドロ)を取り入れたものもある。 「よるドラ」とは、「」が「朝ドラ」の愛称(略称)で親しまれているのを参考につけられたものと考えられている。 ただ、8月から放送の「」に関しては、台風情報に加え、当時選挙のが23:15から組まれている(で放送日の変更が出来ない)都合もあってそれらの処置を取る事が出来なかったため、予定の放送を1週休止・繰り下げ(予定されていた時間帯には別番組差し替え)となったケースもある。 また、作品によってはNHKの関連会社、並びに外部プロダクションとの共同製作を取る番組がある。 (これはなどよるドラ以外の作品にも一部見られる)夜の帯ドラマで朝ドラと違う特徴として挙げられていた(特に)題材にしたドラマは結果的に製作の2本のみにとどまった。 (発も3本のみだった) 一連のによるNHKの抜本的な改革の一環として、2005年度で放送が終了することが決まった。 本編は2005年11月14日から12月22日まで放送された「」を最後に終了し、1月から3月までは「 よるドラ・セレクション」として「」(2004年)など過去に放送された作品から好評だったものを再放送した。 但し、金曜夜の1週間まとめての再放送は2005年12月で廃止されるため行わなかった。 このよるドラに携わった多くのスタッフは事実上当番組と、(は「シリーズドラマ」)の後継番組としてから開始された「」に配置転換された。 またこれに伴い、平日23時台の帯番組は再び(最初の2006年度は「」)が設置されることになった。 放送作品一覧 [ ] タイトル 放送期間 共同制作 原作 脚本 音楽 主演 その他出演者 1 2002年4月1日 - 5月23日 (NHK EP) 「微笑みのひと」 、、、、 2 2002年7月1日 - 8月1日 自社制作 〃 、、、 3 2002年8月26日 - 10月4日 自社制作 〃 、、、 4 2002年10月7日 - 11月7日 NHK EP、PDN 〃 、、、 5 2002年11月11日 - 12月5日 NHK EP クリエイツ 「」 、、、、 6 2003年1月6日 - 1月30日 今井美樹 「微笑みのひと」 、、、、 7 2003年2月17日 - 3月6日 自社制作 〃 、、、、、 8 2003年3月31日 - 5月8日 自社制作 小松江里子 「」 、、、、 9 2003年5月19日 - 6月19日 自社制作 〃 、、、、、、、 10 2003年6月23日 - 7月17日 自社制作 〃 、、、 11 2003年8月18日 - 10月2日 NHK EP 大森美香 〃 、、、、、、 12 2003年10月6日 - 11月6日 自社制作 石井まゆみ 戸田山雅司 〃 ともさかりえ 吹石一恵、平山あや、、、 13 2003年11月10日 - 12月4日 自社制作 〃 、、、、、 14 2004年1月5日 - 2月5日 〃 、、、、、 女神の恋(再) 2004年2月9日 - 3月11日 自社制作 田渕久美子 〃 松本明子 山口祐一郎、愛華みれ、国分佐智子、高木ブー、辰巳琢郎 15 2004年3月29日 - 5月6日 NHK EP、カズモ ロバート・アレン 「」 、、、、 16 2004年5月17日 - 6月25日 自社制作 岡田惠和 〃 真中瞳 佐藤藍子、酒井若菜、、、小野武彦、筧利夫 17 2004年7月12日 - 8月12日 NHK EP、 中谷まゆみ 〃 、、、、、 18 2004年8月30日 - 9月30日 自社制作 「」 、、、、、、 19 2004年10月4日 - 11月11日 自社制作 〃 、、、、 20 2004年11月15日 - 12月16日 大阪放送局 浅野妙子 〃 、、、、、、 21 2005年1月10日 - 2月17日 自社制作 「小夜啼鳥(さよなきどり)」 、、、、、、 百年の恋(再) 2005年2月21日 - 3月18日 自社制作 篠田節子 橋部敦子 〃 川原亜矢子 筒井道隆、浅見れいな、高畑淳子、六平直政、加勢大周、江波杏子 22 2005年3月28日 - 5月5日 自社制作 「」 、、、、、、、、、、、 23 2005年5月16日 - 6月16日 自社制作 「おまじない」 、、、、、、、、 24 2005年6月20日 - 7月28日 名古屋放送局 「」 、、、、、、 25 2005年8月22日 - 10月6日 大阪放送局 田渕久美子 「しあわせ」 、、、、、 26 2005年10月10日 - 11月10日 NHK EP 「咲いた」 、、、、、、、 27 2005年11月14日 - 12月22日 自社制作 矢島正雄 「待っていてね」 、、、、、 火消し屋小町(再) 2006年1月9日 - 2月9日 NHK EP、MMJ 逢坂みえこ 中谷まゆみ 倉木麻衣 「明日へ架ける橋」 池脇千鶴 ベッキー、櫻井淳子、細川茂樹、間寛平、山寺宏一、大杉漣 ブルーもしくはブルー(再) 2006年2月27日 - 3月24日 自社制作 山本文緒 中谷まゆみ 島谷ひとみ 「元気を出して」 稲森いずみ 石黒賢、細川茂樹、中尾ミエ、宇津井健 備考 [ ]• ドラマ新銀河の時代には副音声の視覚障害者向けが行われていたが、よるドラではそれは行われていなかった。 (ステレオ放送のみとなっていた)• 度-度は「よるドラ」共通のテーマソングが使用された。 2002・度は1年間を通して使用されたが、2004年度は4-7月期、9-11月期、1-3月期と、ほぼ学校の単位で変えていた。 最終年度・度は朝ドラや過去の夜の帯ドラマと同様に各作品ごとにテーマソングを定めていた。 また上記2つの帯ドラマでは本編の前に、全作品共通の映像が放送されていたが、当シリーズでは作品のそれぞれ冒頭の画面右下に「夜の連続ドラマ」の字幕を出す程度だった(以後の、およびゴールデンタイム枠のドラマでも同様に採用している)。 真夜中は別の顔は週タイトルを設けていなかったが、恋セヨ乙女以後はに倣って週タイトルを設けて放送している。 また毎週木曜日の放送(同枠としては週の末尾に当たる)の本編終了後には朝ドラと同じように1分間程度の予告編を入れていた。 から、毎週月-木曜日19:30-19:45の枠で「夜の連続ドラマ・アンコール」をにて放送された。 これまでに放送した作品から特に視聴者からの再放送希望が多かった作品を放送した。 デジタル放送では基本的に16:9のワイドサイズで放送。 外部リンク [ ]•

次の

江波杏子さんが肺気腫のため死去 76歳 「女賭博師」シリーズで大映の看板女優に

江波 杏子 nhk ドラマ

女優沢口靖子(53)が17日、都内で主演するNHKBSプレミアム時代劇「小吉の女房」(来年1月11日スタート、金曜午後8時)の会見に共演の古田新太(53)と出席した。 幕末の江戸を舞台に、無鉄砲な貧乏旗本の夫小吉を明るく支える妻お信を描く。 お信の母を10月に肺気腫の急性増悪のため急死した江波杏子さんが演じている。 江波さんにとっては放送される最後の出演作。 沢口は「江波さんはさっぱりしていて、きっぷのいい人でした。 小吉さんに嫌みを言うシーンも不快ではなくて、微笑ましさが残るような感じでした」と語った。 古田は「相変わらずのきっぷの良さと色気もあって、残念ながら体調がすぐれず、一緒にお酒は飲みに行けなかった。 撮影中は嫌みの言い合いをするコンビの設定だったので楽しかった」と思い出を語った。 一方、作品について沢口は「久しぶりの時代劇。 不安もありましたが、脚本が温かく、ユーモラスなホームドラマでしたので、新たな自分を表現するチャンスと思って演じました」と語った。 古田は「ホームドラマなので立ちまわりもそんなになく、すごく幸せな京都の夜を楽しんだ。 夕方には終わる時代劇の素晴らしさ」と報道陣を笑わせた。 さらに十数年ぶりの共演という沢口には「以前、共演したときはご飯に誘っても1度も行ってくれませんでした。 今回、京都では3回一緒に食事に行きました。 知り合いに自慢しました」と語った。

次の

江波杏子は萩原健一と結婚・離婚していた!子供は?訃報が流れたワケは?

江波 杏子 nhk ドラマ

江波杏子 死去報道 所属事務所より発表がありました。 悲しいお知らせです。 去る10月27日 土 21時6分 江波杏子が急逝致しました。 26日 金 に体調不良 呼吸の状態が悪化 を訴え、 14時に都内の病院に緊急入院致しましたが、 回復することなく翌27日 土 夜に息をひきとりました。 あまりに突然の出来事に言葉もありません。 死因は、肺気腫 慢性閉塞性肺疾患 の 急性増悪と診断されております。 肺気腫は長年患っておりましたが、 日常生活には差し障りなく女優業に励んでおりました。 現に10月22日 月 まで、 NHKのラジオドラマの収録をしておりましたし、 11月以降から来年にかけて、 いくつかのドラマのオファーにもお引き受けすべく、 私共スタッフとミーティングも重ねておりました。 葬儀につきましては、 密葬、そして、密葬後に、 皆様に報告をしてほしいという故人の遺志に従いました。 皆様にご報告が遅れましたご無礼お許し下さい。 引用: 所属事務所からの発表のとおり、 急逝だったんですね。 心よりご冥福をお祈り致します。 スポンサーリンク 江波杏子 若い頃の画像が綺麗すぎる! 出典: これが江波杏子さんの若い頃の画像です。 今で言うと、誰でしょう。 なかなか思いつかないくらい、 顔立ちも女優としてのキャラも 独特な存在でした。 江波杏子さんのプロフィールは 以下の通りで、 本名 野平 香純(のひら かすみ) 生年月日 1942年10月15日 没年月日 2018年10月27日(76歳没) 出生地 東京都渋谷区千駄ヶ谷 血液型 A型 職業 女優 引用: 女優には自らオーディションに応募して その道を掴み取っています。 その影響となったのは、 引用: 母親の江波和子さんの影響だったようです。 27歳でお亡くなりになった江波和子さん。 女優業は1年半で引退されていたので、 死因は明らかにはされていませんが、 なにかの病気を患っていたのでしょう。 そんな若くて女優の志半ばで亡くなった 母親の遺志を継ぎたいというのが 江波杏子さんが女優を志した理由だったそうです。 また結婚歴が気になったのですが、 結婚歴はなく未婚だったようです。 ショーケンこと萩原健一さんと 交際していたとか、結婚していたとかいう噂がありますが、 交際はしていたようですが、 実際に萩原健一さんと 結婚していたのは、 若い頃のショーケン 萩原健一 は江波杏子さんの大ファンで 1枚目 江波杏子さんソックリのモデル小泉一十三 ひとみ さんと最初の結婚をしました。 2〜3枚目 後に離婚。 それにしても本当にソックリですね。 江波杏子さんはこの間、カーネーションで見たばかり。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の