イオン 株価 予想 2019。 急落後も株が上がるイオンの上がる理由は?上がりすぎて暴落が怖い、今後の株価予想|株価予想は本当に当たるのか?

イオン株価予想、2020年、 2021年、2022年

イオン 株価 予想 2019

当社ならびに連結子会社287社の連結営業収益は10期連続で過去最高となる8兆6,042億円(前期比101. 0%)、連結営業利益は2,155億円(同101. 5%)、連結経常利益は2,058億円(同95. 7%)、親会社株主に帰属する当期純利益は268億円(同113. 5%)となりました。 当期の国内経済は、緩やかな景気回復基調で推移したものの、年間を通した天候不順、10月の消費税率引き上げによる消費マインドの冷え込みなど取り巻く環境は厳しいものとなりました。 加えて、1月以降は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、先行き不透明な状況が続いています。 セグメント別営業利益につきましては、利益の柱となっているヘルス&ウエルネス事業、ディベロッパー事業に加え、業績回復が続く国際事業が増益となりました。 当連結会計年度末の総資産は、前期末より1兆173億5百万円増加し、11兆626億85百万円 前期比110. 1% となりました。 前期末からの増加の主な要因は、流動資産では主に金融子会社等を中心に、現金及び預金が3,696億8百万円、受取手形及び売掛金が1,650億87百万円、銀行業における貸出金が839億66百万円それぞれ増加したことに加え、固定資産では新規SCのオープンの影響及び在外子会社においてIFRS第16号を適用した影響等により有形固定資産が3,034億48百万円増加したこと等によるものです。 負債は、前期末より1兆433億91百万円増加し、9兆2,134億7百万円 前期比112. 8% となりました。 前期末からの増加の主な要因は、銀行業における預金が3,412億66百万円、社債 1年内償還予定の社債を含む が2,691億73百万円それぞれ増加したことに加え、在外子会社においてIFRS第16号を適用したこと等によりリース債務 流動及び固定負債 が2,868億91百万円増加したこと等によるものです。 純資産は、前期末より260億86百万円減少し、1兆8,492億78百万円 前期比98. 6% となりました。 当連結会計年度における現金及び現金同等物の期末残高は、前期末より3,266億92百万円増加し、1兆1,411億71百万円 前期比140. 1% となりました。 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。 営業活動の結果、増加した資金は6,246億60百万円 前期比132. 9% となりました。 前期に比べ1,547億85百万円増加した主な要因は、銀行業における預金の増減額が944億96百万円減少し資金が減少した一方で、仕入債務の増減額が1,456億7百万円増加するとともに、その他の資産・負債の増減額が765億49百万円増加し資金が増加したこと等によるものです。 投資活動の結果、減少した資金は3,414億92百万円 前年同期比51. 6% となりました。 前期に比べ3,209億23百万円支出が減少した主な要因は、銀行業における有価証券の売却及び償還による収入が1,824億59百万円減少した一方で、銀行業における有価証券の取得による支出が3,936億36百万円減少するとともに固定資産の取得による支出が 518億87百万円減少したこと等によるものです。 財務活動の結果、増加した資金は511億64百万円 前年同期比35. 6% となりました。 前期に比べ926億28百万円収入が減少した主な要因は、社債の発行による収入が2,644億87百万円増加した一方で、短期借入金及びコマーシャル・ペーパーの増減額が1,262億43百万円減少し資金が減少するとともに、長期借入れによる収入が1,090億77百万 円減少し、社債の償還による支出が996億63百万円増加したこと等によるものです。 株主の皆さまからお預かりした資本に対していかに報いるかという視点に立ち、連結業績を勘案した配当政策を行ってまいります。 具体的には、1株当たり年間配当金については前年以上を維持しつつ、連結配当性向30%を目標として定め、更なる利益成長並びに株主還元に努めてまいります。 内部留保資金については、将来の事業発展に必要不可欠な成長投資として活用し、中長期的な成長による企業価値向上を通じて、株主の皆さまの期待にお応えしてまいります。 2020 年2月期の剰余金の配当予想は、前年と同額の中間18円、期末18 円、1株当たり年間配当金36円とさせていただく予定です。

次の

イオン(8267)の株価予想!配当金、株主優待の面からも買い時を徹底解説!

イオン 株価 予想 2019

現在は【中立】 予想株価 1,933円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「イオンの2021年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

イオン【8267】株の基本情報|株探(かぶたん)

イオン 株価 予想 2019

忙しい方のために最初に結論をまとめると、 積極的に買い進んで良い銘柄だと考えています。 利益の低い小売店から利益率の高い金融、ディベロッパー業への業種チェンジに成功。 また発展、成長が期待されるアジア諸国への積極的な進出により、まだまだ売上高は頭打ちせず、営業利益共に伸び続けると予想しています。 なぜこのような結論になったのか? まずはイオンの株価推移、イオンの業績などを確認し、株価が上昇していく予想について解説していきたいと思います。 イオンの株価は至って堅調に推移。 引き続きこの上昇トレンドが継続するのであれば、ぜひ投資したい。 イオンの業績推移。 売上増、利益は減 イオンの過去10年間業績は、 売上は5兆円から8兆円以上へ増加。 対して 純利益は2011年の約600憶円から2016年に約60憶に減少しています。 イオン過去の売上推移 イオン純利益の推移 純利益が減少しているため、配当金といった株主還元、優待は減少している。 と思いきやそうではありません。 配当金は近年増額傾向にあります。 イオンの配当金は増額傾向・株主優待も魅力 イオンの 1株当たりの配当金は過去10年で上昇傾向にあります。 対して 既存の小売店ビジネスは不調です。 2011年のGMS事業、SM事業の売上は約3兆8,906億円、営業利益は612億円。 2019年は売上約6兆3,156億円に対し、営業利益366億円と 大幅な増収減益です。 今後のイオンの業績は 伸び続けている金融事業、ディベロッパー事業をどれだけ伸ばせるか?、また小売店ビジネス(GMS,MS)の営業利益を維持し続けることができるか?にかかっています。 金融事業を担うイオンクレジットカードの将来性は大 イオンの金融事業の柱を担っているのがイオンクレジットカード。 会員数は1985年には約45万人だったものが1995年には約500万人、2005年には約1,800万人、2012年には3,000万人を突破し、 2019年3月末時点には4,269万人と急増しています。 ここまで会員数を増やせた理由には年会費無料、電子マネー一体型カードの発行、各種割引、キャッシュバックといったクレジットカードの魅力自体もあっただろうが、見逃せないのが カード事業の世界進出である。 イオンのカード事業、過去の進出と、今後の見通し 1993年 香港でカード発行 1999年 タイでカード発行 2005年 マレーシアでカード発行 2013年 インドネシアでカード発行 今後はフィリピン、ベトナム、インド、カンボジア、ミャンマー、ラオスでカード事業の強化、事業開始を準備中。 まだまだクレジットカード会員の獲得数に伸びしろがあると推測できます。 ディベロッパー事業を担うイオンモールも海外へ積極展開 イオンモールも積極的に海外展開している。 既に中国に19施設、東南アジアに8施設の合計27施設進出しているが、 2026年にはそれぞれ35施設の合計70施設となる予定です。 2019年度のイオンの決算資料では 海外で16. むしろ、いまはまだ知名度アップ、スケールメリットによる業務効率化段階であり、 本当の成果が目に見えるのはこれからだとも言われています。

次の