短所 例。 短所/弱み/欠点の具体例とキーワード一覧

短所一覧48選。面接や自己分析の参考に!

短所 例

自分の長所・短所を見つめ直す時は、就職活動中や面接などの場面でしょう。 面接のときには、必ずと言っていいほど長所と短所の質問を受けるようです。 この答えには完璧な正解がないだけに、面接を受ける人にとっては悩みの種です。 しかし、この短所の質問は、あなたのことをアピールできるチャンスでもあります。 そこで今回は、短所一覧48選をご紹介しますので、自己分析や面接などの際に参考にしてみてくださいね。 48個の短所ズラリ!短所一覧表 自分の短所を聞かれても、なかなかはっきりと答えられない人も多いのではないでしょうか。 そんな時に参考になる、よくある48個の短所をご紹介していきます。 優しすぎる 優しすぎる性格の人は、それが短所になってしまうことがあります。 人間としては、全ての人に(動物も含めて生き物に)優しくすることは必要だと思うし、そんな人を尊敬します。 しかし、この性格の人は、悪意のある人に騙されてしまうかも知れないというデメリットがあるのです。 悪意のある人達からは、「お人好し」とレッテルを貼られることにもなります。 これを長所に言い換えるとすれば、「心の広い芯の強い人」だと言えるかもしれません。 しかし、優しすぎることで人から利用されたり騙されることが増えると、人間不信に陥ってしまうこともあるのです。 消極的 消極的な性格の人は、自分に自信がないのかもしれません。 どちらかを判断する時に、決断ができないような性格です。 「彼にやってもらおうか?」と職場で指名されても、「僕にはムリです。 できません」と直ぐに断ってしまうのです。 「では、何か別の方法があるか?」とまた指名を受けても、うつむいてしまうような性格です。 失敗を恐れて萎縮してしまうのです。 この性格が強いと、リーダーとして仲間を引っ張って行くことができないように思われるので、この言葉には注意が必要です。 あなたは消極的では?と疑われたら、「状況をしっかり把握してから行動する性格です」と答えるべきです。 傷つきやすい 傷つきやすい性格というのは、非常に繊細だということなのです。 他人から直接批判を言われたり、間接的に批判を言われていることを聞いてしまったりすると、傷ついてしまったり、逆に過剰に反応して激しく怒ったりするかもしれません。 この性格の人は、自分の仕事にも自信を持っていることも多く、案外自信満々な態度をとっていることが多いようです。 ところが、少しの過ちでも指摘されて批判されると、傷ついて急に落ち込んでしまいます。 優柔不断 優柔不断とは、物事を決める時に判断ができない性格です。 この性格は、物事の大小には関係がないところが特徴です。 何億円という投資をする時も、10円の駄菓子を買う時も、どちらの場合も優柔不断さは同じなのです。 優柔不断な性格は、失敗を恐れてしまい決断ができないのが原因と思うのですが、損得だけの感覚ではないのです。 もし決断が失敗した時に、間違った行動を取ったことに後悔をして、間違った行動を取った時の時間の損失と人間関係の損失に対して悔やむからなのです。 「意見を聞かれると答えるが、自分に決断させるな」という感覚です。 真面目すぎる 真面目なことは、本来なら長所になるでしょう。 しかし、これが過ぎるところと、自分がそれを自覚していないとなると短所になります。 みんなで決めたルールは厳格に守って、それを乱す者にはルールを徹底するように説得するのです。 どんな些細なルールもキチッと守って、誠実に過ごすことを生きがいにしてる人もいます。 社会人になると、はたしてその性格が立派だと評価されるのでしょうか? 社会に出ると、いろんな要素が複雑に絡んで進行していることも多いのです。 それぞれの要素に誠実に対応していくと、矛盾が出てくることもあります。 そんな時に、真面目すぎるとストレスをため込んでしまうことが心配されます。 すると、今度は慎重になりすぎて、周りの期待に答えられなくなるのです。 真面目すぎる人は、心配性で人を信じやすく、ストレスに弱いとも考えられます。 飽きっぽい 飽きっぽいと言うことは、同じことを黙々と作業する仕事には向いていないかも知れませんが、何か新しいことを探すような仕事にはもってこいの性格です。 一般的には、何か新しいことを始めると、飽きっぽい人は途中で投げ出してしまいます。 文字通り飽きてしまうからです。 しかし、その気持ちの中に、好奇心が旺盛で意欲的な性格が混ざっている人は、何か複雑なテーマを与えられても、なんとか良い方法を考えて解決しようとする性格でもあるのです。 ただし、そのための知識や技量も備えていなければなりません。 長所として言い換えるのならば、「何ごとにも前向きで好奇心が旺盛」だと言えるでしょう。 クールで冷たい クールで冷たいと思われている人は、あくまでも見掛け(表面的なこと)の感覚ではないでしょうか。 挨拶をしてもそっけない素振りで返事もほどほどの態度を取る。 もしかしたらプライドが高いのかな?とも感じられるのです。 何かを頼んで了解をもらっても、本当にしてくれたのか忘れてほったらかしになっていないか、心配です。 少しぐらい気をきかせて、会った時に返事をしてくれても良いのにと思ってしまいます。 本音を明かさない性格なのでしょう。 しかし、頼んだことをきっちりとやり遂げていたりすると、評価は180度変わるのです。 つまり、クールで冷たいと思っていたが、実は「冷静で着実な人だ」となるのです。 それも、難しいことを頼んでいたならば、着実で優しい人と持ち上げてくれるのです。 面接では、「物事に冷静に対応できる」と答えるべきです。 ユーモアがない ユーモアがないという意味は、言い換えると「生真面目」「融通が利かない」「冗談が通じない」性格です。 人に好かれるということは、ユーモアもあるということです。 ユーモアが通じないけど人気があるという人は、少ないかもしれません。 難しい話で前に進まなくなったり、堅ぐるしい雰囲気を和やかにするのは、気が利いたユーモアです。 バカ話をしたり、ふざけることではなく、誰もがクスッと笑ってしまうようなユーモアなのです。 ユーモアがないとか苦手というと、堅ぐるしく生真面目で協調性に欠けるような印象を与えます。 ユーモアはコミュニケーションにも役立つので、集団で作業する企業には不可欠なものです。 喋りが下手 ひとりだけで黙々と作業をする仕事の人は、喋りが苦手で無口な人が多いようです。 特殊伝統工芸品などの物づくりの人は、さらに頑固で人付き合いが悪く、喋りが下手なイメージもあります。 集中するために黙々と作業をすることで、誰にもできない貴重な商品を生み出すのです。 一般的な企業においては、必ず上司に報告・連絡・相談という作業を行います。 その時には、まずは口頭での報告となるので、上手く喋れないと十分な報告はできません。 喋りが上手いとか下手だとか比較をする以前に、話すことが必要なのです。 喋りが下手ですが、必要なことはきちんと伝えることはできますと言うべきです。 怒りっぽい 怒りっぽい性格は、どのような場面でも敬遠されます。 なぜなら、前向きに意見交換ができないと思われるからです。 社会人になったら、いろんな場面で意見交換を行います。 意見の違う人達との会議も開かれます。 自分の考え方を真っ向から批判する意見も出ます。 新しいテーマを採用してもらう時にも、上司からいろんな意見が出されます。 それらの会話の時には、つい否定的な意見に対して反発と怒りを覚えることもあるでしょう。 こんな時に、冷静さを忘れて、感情的に怒ってしまうようでは信頼を失ってしまいます。 そこで、「熱意があり過ぎてつい感情的になる時もあるのですが、冷静に対応するように心掛けています」と短所を補う理解力があることをアピールしてください。 頑固 面接のときに、自分の短所は「頑固なところ」と答える人が約四分の一もいるそうです。 頑固とは、自分の意思を曲げずに頑張る姿勢を表しています。 自分の意見が、客観的に見ても間違っていても、つい理屈をつけたり、良いところばかりを誇張して意見を曲げないのです。 言い換えると、頑固という性格は、「自分の考えをしっかり持っている」ということです。 正しい意見であれば、意志が強くてリーダーシップがあると評価を受けるのです。 人の意見をまったく無視して、自分の世界に閉じこもってしまうことは社会人として通用しません。 頑固なのだが、他の意見もよく聞いて、間違っていれば見直すことにしていると、修正する力を持っていることも伝えるべきです。 我慢ができない 我慢強いという性格は、一見良い性格だと思われがちです。 しかし、我慢強いことは、ひたすら耐え続けることしかできないとも考えられるからです。 他人の意見すら聞けないとか、他の意見を考えることもできない、というように限られた答しか知らない偏った性格と言うことです。 我慢ができない性格は、大事なことでも継続できない信頼感の少ない人と思われがちです。 直ぐに仕事も投げ出して、無責任な印象を受けてしまいます。 それよりも、自分としては間違ったことに対して我慢ができない性格だというと、正義感の強い信頼できる人間だと思われます。 あるいは、単純な同じ作業の繰り返しには進歩がないので、我慢ができなく時があるという説明もありです。 新規開発や市場開拓には向いている性格かも知れません。 ただし、冷静さと知識も必要です。 物の扱いが雑 物を雑に扱ってしまうのは、軽率になってしまうので、壊れやすい物を扱う場所では認められません。 また、細かい仕事や数字や金銭を扱う正確さが求められる企業では、大雑把な性格と見られるので、まずは採用されないでしょう。 言葉も大雑把になってしまうので、顧客と直接会話する仕事でも敬遠されます。 まずは、基本的に性格を直すことが必要で、ものを丁寧に扱ったりゆっくりと話をするなり、努力しましょう。 泣き虫 自分の短所は泣き虫ですと、面接で言える人は少ないと思います。 泣き虫とは、精神的に成長していないようで、子ども扱いされてしまいます。 これまでにも書いてきましたが、社会に出るといろんな場面で意見交換したリ、批判を浴びたり、裏切られることもあるのです。 そんな場面で、いちいち泣いていると、仕事ができないのです。 幼い子供のイメージを取り除くためには、せいぜい涙もろいところがあると伝えるべきです。 涙もろいとは、別の表現では「情けに厚い」とか「感動的」と思われて、仕事に前向きと思われるからです。 心配性 心配性は、誰でも持っている性格です。 大胆な人と思われている人でも、大きな決断をする時には心配性になるのです。 まったく心配したことがない、というのは嘘だと思います。 何か不安なので、強がりを言っているのです。 心配性というよりは、「何ごとも慎重に考えるので、注意深い性格」と表現する方が良いと思います。 ネガティヴ ネガティブやポジティブな性格は、生きてきた環境によるもので、直ぐには変えることができません。 ネガティブが暗い、マイナスのイメージが強いので嫌われるのですが、悪い事ばかりではありません。 ポジティブな性格で、深く考えないで突き進んで、大きな失敗をしてしまうことを考えると、ネガティブの方が慎重に考えることができるのです。 常に、失敗した時のことも考えるので、こういう性格の人がメンバーに加わる方が、多角的に考えられるので必要な人と思われます。 リーダーシップが取れる上司がいると、上手く事が運ぶことにもなります。 ネガティブだと断言せずに、「慎重に考えるタイプ」と答えるべきです。 勇気がない 勇気がないという人は、少し臆病な性格の人です。 幼い時から、勇気を出すのを怖がっていたのでしょう。 あるいは、何かで勇気を出したが上手くいかなかった経験があるとか、勇気と結果が結び付かなかったのでしょう。 心配しなくても、勇気は後からでも鍛えられます。 勇気をもって決断する時が必ずくるからです。 仕事でも、頑張って勉強して自信をつければ、勇気を持つようになるのです。 勇気がないと答えるよりは、「勇気を持てるように頑張るつもり」と回答すべきです。 楽観的すぎる 楽観的過ぎるのは、長所でもありまた短所でもありますが、どちらかというと短所に近いと思います。 楽観的だと失敗してもくよくよしないで、次の仕事に移れるというプラス思考があります。 ですが、逆に仕事の工程では何ごとにも楽観的なのは思慮に欠けて、質の良い仕事ができないというマイナスのイメージがあります。 楽観的過ぎると言わずに、「プラス思考」と伝えるべきです。 断れない 自分の意見が言えないこと、優柔不断で的確な判断ができない性格を連想します。 いろんな依頼に格好良く応えてしまう性格なのです。 無駄なこと、不利なことにも無頓着な性格は、仲間からは煙たがられます。 損な性格ですから、改めるように心掛けます。 断って悪者になる覚悟も必要です。 体力がない 仕事をする上での基本です。 体調管理ができない人間は、どの世界でも成功しません。 病気ならば一刻も早く治療すべきです。 面接で体力がないというのは、禁句です。 人付き合いが苦手 人付き合いが苦手という人は、自分に自信がないか、いろいろ考えすぎてしまう人に多いようです。 仲間や取引先の人から、プライベートでの遊びを誘われても、何かと多忙であることを口実に、断ってしまうことが多いようです。 付き合った時に、考えすぎて疲れてしまい、気持ちが落ち着かない性格なのです。 仕事では、キチッと役割をこなしていけるなら、何ら問題はないのです。 顧客対応の多いサービス業以外では、採用の時のマイナスにはなりません。 人見知りをする 人見知りは、過去に苦い経験があったことで、同じようなタイプの人に対して構えてしまうからです。 多くの人と接することで、この性格は変わってきます。 積極的に、人との交流を進めるべきです。 よくある性格で、採用の判断にはなりにくいです。 自己主張が強すぎる 自己主張が強いことは、我が強いことを表わしています。 自分の意見をはっきりと表現できる能力があるのです。 同じ仲間を見つけて、直ぐに仕切ってしまうのです。 前向きなな自己主張は、言い換えると「リーダーシップが取れる」ことを意味しています。 広く周りの意見を集約して、自己主張できる人材は要求されています。 自己主張ができる、ぐらいに抑えてアピールしましょう。 融通がきかない チームワークで仕事を進めている職場では、融通が利かない性格は、行動がギクシャクしてしまい、生産性が悪くなる傾向があります。 仕事に必要なことで意見が対立することはよくありますが、関係ないことで融通が利かなくなることは、あってはなりません。 「道理が合わないことには反対する性格」とすべきです。 人の目を気にしすぎる 自分に自信がないと、周りを気にするのです。 仕事の出来栄えが悪いとか、自分の成績が悪いとか、何か後ろめたいことがあると、人の目を気にし過ぎてしまいます。 自信がないと言うのと同じで、好まれる性格ではありません。 しかし、「周りに気配りができるの性格」とも言えます。 恥ずかしがり屋 先ほどの人の目を気にしたり、恥ずかしがるのは、自分に自信がないからです。 自信を持って堂々と接するべきです。 接客業には向いていませんが、言葉を選んで話すことができます。 気分屋 気分屋の人は、行動が読めないことが多いようです。 そのために、迷惑をかけている人も多いのです。 ただ、何か大きな問題を起こしたり、厳しく叱責されたりすると、大概の人は落ち込んでしまい、会社を休んだりするのですが、気分屋の人は翌日にはケロッとしていたりします。 「気分転換も得意です」と言い換えるといいでしょう。 怖がりで臆病 幼いころの恐怖の体験がトラウマになっていることが多いようです。 時々、小さい頃の経験から、怖くなって臆病になりこともあると、軽く流しておきましょう。 緊張しい 緊張は誰もが持っている性格です。 どんな有名な俳優でも、舞台が始まる直前は、緊張で手足が震えたりするようです。 あなたも、緊張しいでも問題ありません。 自分独特のおまじないで克服していると伝えましょう。 自分勝手 自分勝手は困ります。 まして、仲間や顧客との協同事業などでは、この言葉は論外です。 「自分に自信があるし行動を起こせる」と表現するといいでしょう。 おせっかい 自分のことを放ってでも、他人のことを気にする性格です。 良くても悪くてもつい横から口を出してしまいます。 これだけ、相手のことを気にして注意しているのです。 「周りの人を支えたい気持ちで接する」というように表現します。 不器用 不器用と言う性格は、何ごとも深く考え過ぎてしまい、その気持ちや感情を言葉にできないような性格です。 人に対する慣れが不足しているのです。 人とのコミュニケーションが下手と言うべきです。 素直に感情を出せない 素直に感情を出せないのは、これも深く考え過ぎている証拠です。 あれもこれもと、状況を推測して迷っていると、感情を出せなくなるのです。 「慎重に言葉を選ぶ性格」と言うべきでしょう。 人に合わせられない 自分に自信があって、プライドが高い性格です。 相手を見下していると思われがちですから、「ストレートに言わずに周りの状況を把握してから行動するタイプ」と言えます。 人の気持ちを考えられない 人の気持ちを考えられないようでは、部下を持つような立場の人になるのは難しいでしょう。 また、仲間の気持ちを考えられないとなると、パートナーも困ってしまいます。 この場合、「人の行動を理解しながら進む性格」と表現するといいかもしれません。 落ち着きがない 落ち着きがないことは、ひとつのことだけに捕らわれない性格です。 今の仕事に関しても、周りの幅広い世界にも目を向けていることを示しています。 「仕事に対して情熱的で、ポジティブに挑戦できる性格」と表現できます。 声が大きい 声が大きいことは、健康な証拠です。 病弱だと大きな声は出せません。 声で、みんなを統率して束ねることも可能です。 「自信をもって意見を述べることができる」と表現しましょう。 酒癖が悪い 酒癖が悪いことは、私生活でも問題です。 ましてや、企業活動においては、慰労会や忘年会などみんなで飲む機会も多いのです。 顧客との酒席にも呼ばれることもあります。 酒癖が悪くて間違いを起こすことも不安です。 お酒は少々なら飲めますと無難に答えましょう。 空気が読めない 空気が読めないことを堂々とは言えません。 今の状況を的確に掴んで、この後をどのように進めて行けば良いのかを判断する雰囲気が必要なのです。 空気が読めないとは、判断能力がないことを意味します。 そこで、慎重なので状況判断に時間をかけることがある、または失敗しないように周りの人に確認する程度の表現が良いでしょう。 「慎重に状況を掴むタイプです」と表現しましょう。 思ったことをなんでも言う 思ったことをなんでも言ってしまう性格は、裏表のない素直な気持ちの持ち主なのです。 一人っ子で好き放題に育てられたのかも知れません。 他人の気持ちを考えて、気を配ることが苦手なのです。 打ち合わせの時とか会議で、素直に感じたことを話すので意見の集約には良いのですが、つい配慮に欠ける言葉を投げかけてしまうのです。 こういう性格は、「物事を素直に観察できる性格」なのです。 厳しすぎる 仕事をする上では、厳格な運用が大事です。 そのためには、ある面では厳しすぎるくらいの気配りも必要なのです。 大雑把よりは少し厳しいぐらいが良いのですが、度が過ぎると、うっとうしく感じられてしまいます。 この性格は、「間違いを見過ごさないように心掛けている」と表現できます。 現在は、優しすぎる人も多いので、貴重な性格だと思います。 細かな作業やお金を取り扱う仕事では、厳しすぎるぐらいが必要なのです。 適応力がない 何でもできる能力があって、適応力が優れている性格でも欠点はあります。 それは、適応し過ぎて目的を間違えてしまうこともあるからです。 本来の目的を遂行する時に発生したトラブルで、適応力があり過ぎると間違った方法でチャレンジすることも起こります。 いわゆる勘を働かせ過ぎるのです。 適応力がないと自覚していると、周りの人の意見やアドバイスを聞くことになります。 かえって良い結果を導くことにもなるのです。 適応力がないことは、大きな欠点ではなく、「周りの人と協力することが得意」と言えます。 忘れっぽい 忘れっぽいことも、自覚していれば良いのです。 必要なことや決め事は、面倒でもその都度メモを取って残しておくのです。 仕事をバリバリと処理していく働き盛りのエリートでも、その都度きちんとメモしています。 忘れることは、誰しも起こることです。 そのため、「忘れっぽいのでメモが得意です」と、対策を述べれば納得してもらえるのです。 せっかち せっかちは、人に迷惑をかけるだけでなく、大きな事故を引き起こす時があるのです。 生まれながらの性格でもあるので、直ぐには治りません。 この性格の対処法は、行動に移る前に一呼吸入れて、タイミングをずらすぐらいです。 しかし、行動は素早いので、仕事は早く片付くことが多いようです。 自分でせっかちと自覚しているならミスもあるので、後から仕事のポイントを確認するとミスも見つけて修正できるのです。 せっかちなので、「いつも最終チェックをする癖をつけています」と回答すると良いでしょう。 自信がない 自信がないのは、表情や会話でも確認できます。 相手の目を見て話ができなかったり、うつむき加減になってしまうのです。 迫力もないので、採用する方も不安になるのです。 まず、面接では質問者の目を見てはっきりと応えられるように練習することです。 印象が重要です。 書面に短所としてかく時は、自信をつけるために、積極的にサークルに入って意見交換をしている、と努力を伝えます。 1人で行動できない この性格は、絶えず誰かに頼る意識があるためです。 仕事でも彼に任せられないと判断されると、リーダーへの道は閉ざされます。 自分の考え方をしっかりと持っていない性格です。 独立心が強い人や理想を持っている人は、単独でも平気なのです。 1人で行動できない短所を持っている人は、過度に孤独感を持っているのです。 面接などでは、「仲間の協力をもらって一緒に進めていきたい」と伝えるようにしましょう。 人に流されやすい 自分の考えに自信がないと、つい誰かの意見に心を奪われてしまうのです。 そちらの意見の方が、得になるような損得の問題として捉えてしまうのです。 損してもいいので、思ったことをチャレンジしたいという意気込みが大事です。 人に流されやすい性格だが、周りの意見を聞いた上で自分の判断をまとめて、最後は上司に決断してもらうようにしたいと答えるべきです。 意見がコロコロ変わる 意見がその都度コロコロ変わるのは、やはり自分に自信がなく、他人の意見に心が揺れてしまうからです。 また、細かいところで損得勘定を働かせてみたり、大きな影響を及ぼすほどでないことにも、妙にこだわるからです。 自分の考えをきっちりと持つことです。 意見がコロコロ変わるということは、印象的には良くないので、「多様な意見を求めて結論を導きたいと考えている」と表現すべきです。 短所は長所の裏返し!伸ばせばアピールポイントになる 面接のときに、履歴書に書いた自分の短所と長所について質問を受けることになります。 採用候補者の性格を判断するための対話と言えます。 短所は長所の裏返しと言われるように、あなたが自覚している短所が、必ずしもマイナスイメージであるとは限りません。 長所も然りです。 短所を尋ねられて言葉を詰まらせることの方がマイナスなのです。 短所を自覚していて、それをうまく克服して長所にできる行動力が求められているのです。 短所が無い人はいません。 必ず持っているのです。 それをどのように改善していくかを判断されるのです。 嘘をついてもバレます。 正直に短所を書いて、克服してみせるという意欲を求めているのです。 熱意と意欲がない人に、魅力はありません。 現在少々の欠陥があっても、社会に出てから立派に変わった人はたくさんいるのです。 面接官は、そのような魅力的な人材を探しているのです。 堂々と受け答えをしてください。 「リクナビNEXT」なら自分の短所も受け入れてくれる求人がいっぱいある! 日本で一番有名だと思う求人サイトの 「 」では、毎週たくさんの新規求人が掲載されています。 例えば、2月16日にチェックした数字だと、今週の新着求人はなんと2203件も! これだけ色々な会社が募集をしているのだから、皆さんの短所を受け入れてくれる、理想の会社もぜったいあるはず!.

次の

履歴書の長所と短所の書き方|見つけ方や例文をご紹介

短所 例

なぜ面接で長所・短所を聞かれる理由とは なぜ、面接では長所と短所を応募者に聞くのでしょうか。 その理由は、大きく分けて二つあります。 まずは面接官の意図を理解してから、どのように答えたらいいかを考えていきましょう。 1、客観的に自己分析できているか 面接官は長所だけでなく短所も質問することで、自己分析ができる人かどうかを考えています。 きちんと自分を客観視し、自分の強みと課題を理解しているかを知りたいのです。 自分を客観的に考えられるということは、「自分で考え、行動できる人」ということ。 「自分の強みをどこで生かすか」「自分の弱みをどう乗り越えるか」を考えられる人は、仕事で問題にぶつかった時も乗り越えられる精神力があるのです。 物事のネガティブな側面ときちんと向き合えない人は、目の前の問題を見逃し、面倒だからと見ないふりをする可能性があります。 だからこそ短所も聞かれているのですね。 2、自社で活躍するイメージが描けるか 面接官は長期的な活躍が期待できる人材を得たいと思っているので、業務や社風への適性が高い人を求めています。 そして面接官は、本人が答えた強みや得意分野が自社に合っているかも知りたいと思っています。 そこで役に立つのが、長所と短所なのです。 長所は「その人がやってきたことややれること」、短所は「その人がやってこなかったことややりたくないこと・やれないこと」を示します。 そことマッチしているかどうかを、面接官は見たいのです。 企業によって「ほしい人材」が異なるため、A社では長所が「企業と合っている」かもしれないですし、B社では「企業と合っていない」かもしれません。 面接で長所・短所を聞かれた時の答え方のコツ 次に、面接で長所・短所を聞かれたときにどのように答えればいいか、その答え方のコツについて解説していきます。 基本は、長所と短所の回答をうまく自己アピールにつなげることです。 コツを押さえて、面接官受けのいい長所と短所を回答しましょう。 まず結論!そのあと裏付けエピソードを続ける 長所・短所に限らずですが、かならず最初に結論を述べてください。 ビジネスの基本ですので、これができていないと長所・短所どころではありません。 体験談を話す際は、自分の強みが生きた場面や自分の弱みに気づいた場面を話すと良いです。 自分ならではのエピソードになるので、聞く側も納得しやすくなります。 エピソードは多いとNG!1つか2つに絞る 自分をアピールしようと思い、あれもこれとたくさん答える人がいます。 それはNGです。 できれば、最もアピールできそう・話を構築しやすそうな1つに絞ってください。 説得力が足りないと感じたり、エピソードが短かったりする場合は多くても2つ程度にとどめるのがベターです。 いくつも答えると要点か伝わらず、自己分析ができていないと思われ、逆効果になります。 企業が求める人物像に関連づけた長所・短所に 上記でも書きましたが、面接官は長所・短所を質問しながらあなたの適性を見極めています。 ですから、応募企業の業務や社風にマッチするように答えるとよいでしょう。 求める人物像は、企業のホームページや募集要項に書いてあることが多いです。 会社が大事にしている価値観や理念も合わせて確認し、自己分析の結果と照らし合わせましょう。 今回の採用で求める資質や能力に近い長所や短所が見つかったら、それを答えればOK。 大っぴらにアピールすることなく、効果的な自己PRができます。 長所は性格を答える必要なし!「実績」でOK 長所・短所と聞かれると、どうしても性格に関することを答えてしまいがちです。 しかし、上記で述べたとおり、この質問で求められているのは「企業とのマッチ度」や「仕事のでき方」です。 つまり、性格を聞かれているわけではないのです。 特に長所は、性格でアピールするよりもこれまでの仕事の実績を、自分の長所として回答したほうが効果的です。 数字で成果がはっきり示せる実績ならばより効果的です。 短所は「言い換え」を活用!強みになることを考えて 短所を伝えるときは、言い換えを活用しましょう。 自分の端緒は、言い換えればどのような強みになるのかを考えるのです。 そうすると、自分の弱みを伝えながらもポジティブな印象も与えられます。 逆に言えば、「人と話すのが苦手」「協調性がない」など、言い換えても強みにならない短所はできれば避けたほうがいいということです。 また、企業に対して・ビジネスに対してマイナスの印象を与えるような「時間を守れない」「嘘をつく」などの短所も控えるべきでしょう。 短所を克服するためにした努力を伝える 短所は、長所とは異なる構成にするのがおすすめです。 基本的な構成は同じで、結論とエピソードを伝えます。 短所は、そこからもうひとステップ作りましょう。 それが、弱みを克服するためにしてきた努力です。 ただ短所を伝えて終わるのではアピールにならずもったいないので、短所から変わった意識や行動を必ず伝えてください。 現在すでに克服されていると短所とは言えないので、心がけでも構いません。 「細かいことを考えすぎてしまう」という短所を持っているならば、どのような努力をしているかも具体的に話しましょう。 長所・短所を答えるために準備しておくべきこと 面接で長所・短所をしっかり答えるためには、事前準備が欠かせません。 ここでは、長所と短所を答えるための準備方法を紹介します。 これを押さえておくと、客観的かつ説得力のある長所・短所が見つかるはず。 ぜひ実践してみてください。 過去の「成功体験」「失敗体験」を書き出す 自分の性格や内面的なことは、いきなり何もないところから見つけようとしても漠然としてしまいますし、難しいです。 長所・短所を探すためには、過去の「成功体験」「失敗体験」を書き出すことが効率的です。 まずは自分に対し、「これまでに成功したこと」「これまでに失敗したこと」を問いかけてください。 そして思い当たったことがあれば、具体的に体験を書き出しましょう。 そこから掘り下げ、「なぜ成功したのか」「なぜ失敗したのか」を考えます。 すると、自分の強みや足りないもの、弱点が明確になるでしょう。 エピソードはそのまま面接で回答する際に裏付けとして使えるので、一石二鳥です。 他人の意見を聞く!自分の長所・短所を聞いてみよう 実は非常に有効な方法が、他人に聞くということです。 自分では長所と短所だと思っていても、他人から見たらそうでないこともあります。 自分をよく知る家族や友人に、一度聞いてみてはいかがでしょうか。 当然、他人から見たあなたですから客観性はありますし、自分では気づかない意外な長所・短所を教えてくれる可能性もあります。 すべてを聞かなくとも、自分の考えた長所と短所の裏付けをお願いするだけでも十分です。 面接で受けない長所・短所の回答例 ここでは、面接官に受けの悪い長所・短所の回答例を紹介していきます。 エピソードがよくとも、あまり評価されないともったいないですよね。 自分が考えた長所と照らし合わせて、同じようなことになっていないか確認してください。 自慢気に話してしまう 「自分がどれだけすごいのか」をアピールしてしまう人がいます。 確かに長所ですから、いいところではあるのですが、偉そうな態度をとったり、相手が上から目線に感じる話し方はNGです。 面接官に対しても、グループ面接であればほかの参加者に対しても、必ず敬意とふさわしい礼儀をもって面接を受けるようにしましょう。 古すぎるエピソードは説得力が弱い 「高校生の部活動で~」「子供のころの自分が~」といったように、長所・短所を裏付けるエピソードがあまりに古すぎるのもよくありません。 とくに転職面接においては、「社会人になってからは気づきや学びがないのか」「成長が見られないのか」と思われ、説得力が弱くなります。 裏付けに使うエピソードは、新卒ならば大学生以降のもの、転職面接なら社会人になってからにしましょう。 仕事と関係ない長所・短所になっている 「長所はプラモデルを作ることです」「長所はゲームがうまいことです」など、仕事に全く関係のない長所を伝えるのもやめましょう。 あなたの強みを、面接官に受け入れてもらうためには、その強みが会社や職場でどう生きるのかをイメージしてもらわないといけません。 ユニークな長所を伝えて、それが仕事につなげられるのならばかまいませんが、そうでない限りは面接で答える長所・短所は、仕事につながることを話すのが基本です。 「人見知り」「飽きっぽい」という言葉を使う ビジネスにおいて、禁句とまでは言いませんが、どうしてもついてくる「人間関係」「仕事のルーティーン」を全否定するような短所は、できれば控えるべきでしょう。 人に接するのが苦手というのは、社会人として好まれませんし、どの面接官も、採用したからには長く働いてもらいたいはず。 「飽きっぽい」という言葉も、仕事に支障をきたすと判断されてしまいます。

次の

面接官に受けのいい「長所」と「短所」の例!上手な答え方とは

短所 例

面接や履歴書(ES)で使える性格の短所1つ目は、「頑固」です。 「頑固」というと、他人の意見を全く受け入れない片意地な人物だという印象を与えてしまいますが、裏をかえせば、「ぶれない」「意思が強い」という長所につながります。 そういったプラスの部分が伝わるようにしなければいけません。 また、「頑固」なだけではいけないという経験を通して、変わろうとしているというような話を面接や履歴書に盛り込んでいけるようにしましょう。 短所を短所で終わらせないことと、変えようと努力しているというアピールが重要です。 例文…私の短所は頑固な所です。 一度決めたことは曲げられず、実現のために必死で努力します。 しかし、他者の意見を取り入れた方が効率的な場合があるという経験を通して、今、頑固な自分を和らげるために、本を読んで視野を広げていくという取り組みをしています。 以前よりは、他者の意見を取り入れるようになりました。 「優柔不断」というと、どうしても頼りないという印象を与えてしまいます。 自己PRの場で言うのはあまりよくなさそうですね。 でも、優柔不断だということは、物事をじっくり考える短慮な人ではないということなのです。 ただ、短慮ではないということを強調しなければ、先にあげたような頼りなさや、大事なところで決めきれずにチャンスをのがしてしまうという部分が強調されてしまうので、そうではないことを明確に、言い換えながら表現しましょう。 また、改良しようという努力をしていることも、付け加えておきましょう。 例文…私の短所は優柔不断な所です。 物事を判断するときに、様々な可能性に考えをめぐらせ、じっくりと時間をかけてしまいます。 そのため大きな失敗は少ないですが、要領がよくないので、物事に取り組むときは、時間を意識するようになりました。 また、考えても仕方ないことは考えこまないようにしています。 神経質というと、ピリピリしていて、周りに気をつかわせる人という印象を与えてしまいます。 しかし、神経質だということは、多くの人が見逃してしまう細かな部分に気づくことができるということです。 言い換えてアピールしましょう。 例文…私の短所は神経質な所です。 失敗がないように細部まで気を配るので、大きな失敗はあまりしませんが、周囲の人からは息苦しいと思われてしまうことがあります。 自分自身のことには今後もとことんこだわっていきますが、それを周囲の人にまで押し付けないように気を付けていこうと考えています。 自分で言うのは少し恥ずかしいような気もしますが、どんな能力よりも、履歴書などに書くと企業に喜ばれる性格・性質であり、長所です。 嘘をかく必要はありませんが、自分の中にこの「誠実」があるのなら、盛大にアピールしましょう。 短所も自己PRに変えて前向きに面接・履歴書に挑もう! 短所というネガティブワードは、就活においては全くネガティブな意味をもちません。 悪いところではなく、単なるあなたの特質なのです。 悪く見ようとすれば、いくらでも悪く見てしまうのが人間という生き物ですが、前向きにとらえる訓練を就活でしているのだと考えればよいのです。 後の関連記事も読んでみて下さい。

次の