暑中見舞いはがき 発売日。 暑中見舞いの時期・書き方・例文・おすすめのはがき|ビジネス

夏の絵手紙を【夏野菜のトマトとナス】で描いた~6月1日~発売の暑中見舞はがき「かもめ~る」で~

暑中見舞いはがき 発売日

かもめーる2018の発売日 暑中見舞い といえば、 かもめーるですよね。 かもめ〜る、は郵便局が販売している くじ付きのハガキで、 全国の郵便局や日本郵便のWebサイトで購入できます。 無地のハガキと 夏らしいイラストの絵入りハガキがあり 絵入りには全国版と地方版があります。 かもめ〜るの 2018年の発売日は 2018年6月1日(金)から 8月24日(金)まで となっています。 1枚 62円です。 2018年の絵柄は くじらの親子 朝顔 となっています。 post. japanpost. かもめーるの抽選日は? くじ付きが嬉しいかもめ〜る。 暑中見舞いの時期も決まりがあります。 そもそも 「暑中見舞い」「残暑見舞い」とは、 「夏の暑さが厳しい時期に、なかなか会えない友人やお世話になっている人 又はお客様などに安否伺いや近況を報告する季節の挨拶状」 という意味合いがあります。 なので、 暑中見舞いをいつから出すか?については色々な説があります。 あまり難しく考えずに、 梅雨が明けて夏らしくなった頃から出すのがいいと思います。 ちなみに、中国地方の方はこちらの記事も良かったらご参考ください。 書き方などは出す相手によっても変わってきますが 文例など沢山ありますので、そちらを参考に書かれてみてください。 まとめ 今回は暑中見舞いについて かもめーる2018の発売日と抽選日などをご紹介してきました。 今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました!.

次の

夏の絵手紙を【夏野菜のトマトとナス】で描いた~6月1日~発売の暑中見舞はがき「かもめ~る」で~

暑中見舞いはがき 発売日

「暑中見舞い」「残暑見舞い」とは、夏の暑さが厳しい時期に、日頃なかなか会えない知人や友人、お世話になっている人やお客様などに安否伺いや近況を報告する季節の挨拶状です。 や、をするのにちょうどよい機会です。 また、今年は新型コロナウイルス感染症の流行などもあり、人と会う機会が減りました。 仕事や生活に大きな影響を受けた人もいるでしょうし、制限の多い生活に疲れを感じている人も少なくないはずです。 そんな時、は心に潤いを与えるコミュニケーション手段になるのではないでしょうか。 学校は夏休みに入りますので、先生に近況報告を送ったり、逆に先生から児童や生徒にお便りを送る、というのもオススメです。 ショップや宿泊施設、あるいは営業の方からでしたら、お客様に日頃の感謝を伝えたり、安否伺い・近況報告をすることで親近感を与え、その関係を深めることができます。 コロナ禍で休業を余儀なくされた店舗や施設の方の場合、や、実施している感染防止対策を記載して、安心して足を運んでもらえるようご案内を送るのにちょうどよい手段になります。 そのほか、、夏季休業のお知らせを兼ねてお送りしたり、 時節柄、される企業様なら、顧客や取引先に暑中お見舞いかたがた実施の告知をされてはいかがでしょうか。 いずれにしても、年賀状ほど一般的でないぶん、便りを受け取った人はきっと喜ばれると思います。 二十四節気の小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前まで、という説や、夏の土用の時期(立秋の前の約18日間。 7月20日頃〜)、あるいは梅雨が明けてから、など。 そもそも暑中見舞いとは「夏の暑さが厳しい時期の安否伺い」ですから、梅雨が明けて夏らしくなった頃から出すのがよいと思います。 ただし、梅雨は通常西から順に明けていきますから、自分の住んでいる地域で梅雨が明けても相手先はまだ、ということもありますのでご注意を。 そして、立秋を過ぎたら残暑見舞いに切り替えましょう。 「いつまでに送るべきか」についても諸説ありますが、8月中に送るのが通例です。 暑中見舞いと残暑見舞いでは「出す時期が違う」ことは前述のとおりですが、書き方には何か違いがあるのでしょうか? まず、挨拶文「 暑中お見舞い申し上げます」(暑中お伺い申し上げます)が「 残暑お見舞申し上げます」(残暑お伺い申し上げます)にかわります。 これは、立秋を過ぎると暦の上では秋で、いくら暑くとも「暑中」とは言わず「残暑」と呼ぶためです。 また、決まりごとではありませんが、残暑の時期になると時候の挨拶が「残暑なお厳しい折…」「立秋とは名ばかりの暑さ…」など「暦の上では既に秋なのにまだ暑い」ということを表す文章が多く使われます。 暑中、残暑それぞれの文面については、送る相手に合わせたを用意していますので参考にしてください。 その他にも「」には、季節の挨拶として書くべき内容をまとめました。 ぜひご覧ください。 おすすめデザイン• 暑中見舞い用のはがき かもめ〜るには、年賀状と同様にくじがついているのが嬉しいところ。 受け取ったお客様が抽選日まではがきを残しておいてくれるなど、DMとしての効果もアップしてくれます。 そんなくじですが、どんな賞品が当たるのでしょうか? 意外とご存じでない方も多いかもしれませんが、実は現金が当たるのです。 年賀状のお年玉くじで現金が当たるようになったのは、2014年用のはがきからです。 しかし、かもめ〜るではもっと以前から現金が当たっていました。 2009年は「A賞:現金20万円、B賞:切手シート、カーボンオフセット賞:現金1万円」でした。 すごい金額ですね。 2010〜2016年は「A賞:現金5万円、B賞:切手シート」でした。 2016年には「プレゼント付きかもめ〜る」も登場しましたが、2017年にはなくなってしまいました。 2018年はケンタッキーフライドチキンとのコラボでギフト付きかもめ〜るとして復活 2017年は賞品がかなり変わり、「現金賞:現金1万円、QUOカード賞:QUOカード 1,000円分」と、今まで鉄板と思われていた切手シートがなくなってしまいました。 2019年・2020年は「現金1万円、現金2000円、小型切手シート 郵便切手2枚 」の3つの商品になりました。 毎年いろいろ工夫しているんですね。 かもめ〜るの当選番号 ・6月15日は「暑中見舞いの日」です。 1950(昭和25)年のその日に、暑中見舞いはがきが初めて発売されました。 このはがきが1986(昭和61)年に懸賞付きになり、現在と同じ「かもめ〜る」という愛称になりました。 ・2017年6月1日から郵便料金が改定されて62円になったのと同時に、「ご当地キャラに応援の暑中見舞いを書こう!」キャンペーンが行われました。 各地のゆるキャラに多くの暑中見舞い・残暑見舞いが届いたそうです。 ・近年は、暑中見舞い・残暑見舞いが防犯に役立てられることが増えてきています。 警察や消防局と郵便局が企業に協賛を呼びかけて、「架空請求はがき」や「特殊詐欺」に注意を促す内容や、熱中症予防を訴える内容の暑中見舞い・残暑見舞いを送る取り組みが各地で行われています。 ・2020年のかもめ〜る当初発行枚数は、昨年当初発行枚数より約4割減っています。 新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の停滞で、法人のビジネス需要の落ち込みが見込まれているようです。

次の

かもめーる2018の発売日と抽選日は?暑中見舞いの時期についても

暑中見舞いはがき 発売日

かもめ~るとは? かもめ~るとは日本郵便株式会社が発行する「夏のおたより郵便葉書」の呼称です。 ほとんどの方が年賀状には「お年玉付郵便はがき」を利用するように、暑中見舞いに利用できるはがきとして昭和25年6月にかもめ~るはがきが初めて発行されました。 しかもこのかもめ~るはがき、お年玉付郵便はがきと同様に くじ付きはがきです! 送っても貰っても楽しめるはがき、それがかもめ~るはがきなのですね。 かもめ~るの由来 かもめ~ると聞くとなんとなく予想ができますが、夏の風物詩である「かもめ」と郵送するという意味の「メール」を組み合わせてできた言葉です。 ちなみに伸ばす部分は「ー(ダッシュ)」ではなく「~(波ダッシュ)」が正しいです。 理由は不明ですが、かもめをイメージした形もしくは海の波を連想したため波ダッシュを使用したのかもしれませんね。 2020年 かもめ~る販売期間・くじ抽選日・くじ引換期間 販売期間 2020年6月1日(月)から2020年8月24日(金) くじ抽選日 2020年8月31日(月) くじ賞品 【現金賞】現金1万円 【選べる賞】現金2,000円分 【切手賞】63円切手シート 2020年 かもめ~るはがき・絵入りかもめ〜るデザイン 当サイトで取り扱うかもめーるはがきは以下になります。 無地 1枚 63円 絵入り(遠花火) 1枚 63円 絵入り(朝顔と風鈴) 1枚 63円 郵便局ではインクジェット用はがきの販売もありますが、当サイトでは無地のみの取扱となります。 そんな方に朗報です! かもめ~るはがきは郵便局の窓口で、普通切手、その他の郵便はがき、特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)と交換することができます! ただし、かもめ~るはがき 1枚につき手数料5円が掛かるので予め知っておきましょう。 交換可能なかもめ~るはがきには、 その年以前に購入したもの・書き損じをしたもの も含まれます!これは嬉しいですね!! かもめ~るはがきはくじ付きのため、次の年以降に使用するのはマナー違反とされています。 そのため、古いかもめ~るはがきは郵便局に持って行き、他の商品と交換されることをお薦めしますよ! まとめ さて、ここまでかもめ~るの由来とともに2018年のかもめ~るはがきについてご紹介してきました。 2020年の暑中見舞いはがきを送る期間は小暑に入る 7月7日(土)頃~立秋の前日8月6日(月)です。 他にも時期については諸説言われていますが、もともと暑中見舞いとは夏の最も暑い時期に相手の安否や健康を気遣う習慣ですから、 お相手が住んでいる地域の最も暑いと思われる時期に届くよう投函すると問題ありません。

次の