部屋 の 片付け コツ。 片付けのコツ&捨てワザ10選!捨てるコツで部屋をスッキリ快適に [収納] All About

汚部屋の片付け方&成功のコツ|初心者向け8ステップ|片付けトントン

部屋 の 片付け コツ

自分ではキレイに片付けなくちゃいけないと、いつも思っているけれど、部屋の整理ってなかなかできませんよね。 ごちゃごちゃになっていて、自分でもどこに何があるかわからなくて、掃除が面倒になってくると全部大切なものに見えてくるし、全部捨てても良いような気持ちにもなります。 脱汚部屋しよう! そう思い立った時が掃除をする良い機会です。 友達が家に来るから、新しい月になるから、掃除をする気分になったから等々、掃除をするきっかけは何でも良いんです。 とにかく掃除に着手しましょう。 部屋を片付ける時は、完璧主義になりすぎないようにしましょう。 部屋全体を今日片付けると決めても、汚部屋の度合いによっては時間が足りません。 大切なことは、一気に片付けることよりも掃除する習慣をつけることです。 例えば毎週土曜日の朝は、30分だけでも部屋の掃除をする、というように習慣にできるとしめたものです。 汚部屋にしがちな人は「掃除をしよう」という意欲はある人も多いです。 しかし、掃除の途中で探していたマンガが出てきたので読んでしまったり、つけていたテレビが面白くて掃除の手が止まってしまったり、他の部屋の掃除をしたくなって自分の部屋の掃除は何も終わっていなかったり、という具合に一つのことに集中できない人が多くみられます。 最初はベッドのまわりだけ、机のまわりだけ、というように範囲を決めると気が楽になります。 さあ、さっそく掃除に取りかかりましょう! ・丈夫なゴミ袋 これからゴミをどんどん入れるので、すぐ切れてしまっては台無しです。 もし薄いゴミ袋しか無かったら、二枚重ねにしましょう。 ゴミ袋も無いけれども、今は猛烈に掃除がしたい! という気分であれば、箱でも紙袋でもかまいません。 ・雑巾 ホコリやゴミをふきましょう。 もし雑巾が無かったら、いらなくなったタオルでもかまいません。 棚や机の上のホコリを無くすことで、気持ちよく次の作業ができます。 ・マスク(あれば) 掃除をすると、何年分ものホコリが部屋中を舞うことになります。 のどを痛めないためにも、マスクをつけておくと良いでしょう。 ・掃除機(あれば) 掃除機がかけられるくらい部屋が片付けば、もう「脱汚部屋」も近いです。 部屋の中に何があるか、ざっと自分の目で再確認します。 以下のように頭の中で分類すると良いでしょう。 ・家具:机や椅子、ベッド、カラーボックス、タンスなどの家具。 ・寝具:ふとんや毛布といった寝る時に使うものです。 季節が違うものでもかまいません。 とりあえず部屋の中に何があるかを把握しましょう。 ・家電やコード:何に使用するかわからない、ケーブルやACアダプタも出てくるかもしれません。 リモコンも家電と一緒にしておきましょう。 ・服:洗濯済みの服、脱ぎっぱなしの服、買ってまだ着ていない服、下着、コート、マフラーなど、着るものがどれくらいあるか見た目でかまわないのでチェックします。 ・雑誌、新聞、本などの紙類:書籍や雑誌は、リサイクルショップで売れることもあります。 資源ごみと、売るものを分けておくと後で楽です。 ・コスメ、薬、化粧品:常備薬や目薬、湿布薬などもこの分類です。 ・食品や飲料:食べ物や飲み物は、保存するものと捨てるものとをハッキリ区別します。 いつ購入したかわからない食品は、食中毒の危険がありますので捨てましょう。 賞味期限内でも、いつ封を開けたか忘れたものは捨てましょう。 ・はっきりゴミとわかるもの:食べた後のカップラーメンのカップや、お菓子の空箱や空袋、使用済みのティッシュなどの紙類や割り箸など、明らかにゴミとわかるものは即ゴミ用の袋を作って入れましょう。 その時に燃やせるゴミと燃やせないゴミ、資源ごみ等に分類しておくと捨てる時に楽になります。 物の上に物が重なってしまって、ホコリやゴミだらけの場所もあるでしょう。 それだけならまだ良いのですが、黒くポロポロしたものや、よく見たら小さな虫が集まっていたりしないでしょうか。 特に梅雨時から夏にかけて、部屋の中に今までかいだことのないニオイがしたら要注意です。 もらった果物が腐っていたり、食べかけで忘れていたサンドイッチが腐っていたりするかもしれません。 冷蔵庫や炊飯器に、何週間も食べ物を入れっぱなしにして忘れていることもありませんか? 部屋を整理するということは、人間らしい健康的な生活がおくれるということでもあります。 一気に部屋全体が無理なら、自分が立っている場所、いつも寝る場所、座っている場所の周辺だけでも片付けてみましょう。 「このままずっと汚部屋でも良いかも」 そう思っていないでしょうか。 どうせ片付けても散らかるんだし面倒と、ひらきなおっていませんか? 汚部屋に住んでいると、家族や友達から、片付けられない人というレッテルを貼られているかもしれません。 気にしていないつもりでも、心のどこかでそれがつっかかっていたら、一気に掃除してしまいましょう。 掃除をすることで、周りの人からの評価もぐっとアップします。 変わったんだな、やる気を出してるんだな、ということが周囲の人から評価してもらえるようになると、自分に自信もついてきます。 よく使うスマホの充電器や銀行通帳、印鑑、保険証といった大切なものと、そうでないものを区別するだけでも生活しやすくなります。 いつも物を探していたのに、すぐ出てくるようになったと家族から認めてもらえると面目躍如ですよね。 汚部屋の場合は、必要なものがなかなか出てこなくて、いつも探し物をしている状態になります。 確かに買ったけれども何がどこにあるかわからなくて、結局新しいものを買ったこともあるでしょう。 しかし、新しく買ったものも、置き場所がわからなくて部屋の適当な場所に置いていると、結局は行方不明になってしまいます。 そのうちに、物と物の間に入ってしまってわからなくなり、また新しいものを買ってしまうのです。 これは大変お金のムダで、経済的にももったいないです。 物がどこにあるかわかるようになれば、何をするにも能率がアップします。 電話している時に必要なメモだってすぐに出てくるでしょうし、物を壊してしまうこともなくなります。 もったいないと思いながら、自分でも「ゴミじゃないかな?」と感じるものに囲まれていると、毎日それらが脳に良くない刺激を与えています。 はっきりわかる音はノイズになりませんが、大きすぎる音や、何だかわからない雑音はストレスになります。 それと同じようにゴミの山は人生のノイズになっているのです。 汚部屋を掃除する時に気をつけなくてはいけない点は、「自分のものだけ片付ける」ということです。 もし自分の部屋から他の家族の物が出てきたら、自分の判断で捨てるのは止めましょう。 たとえ今一緒に住んでいない家族でも、無断で捨ててしまうとトラブルの元になりかねません。 亡くなった人のものであれば、他の家族に捨てても良いか確認するようにしましょう。 自分には思い入れが無くても、生まれた年代が違う他の家族にとっては大切な思い出かもしれません。 例えば、昔のアルバムが出てきたとします。 自分が見ても、写っている人が誰なのか1人もわかりません。 しかし、自分よりも上の世代の人が見れば被写体が誰だか知っていることも大いにあります。 また、思い出の品を捨てる時は、よく考えてからにしましょう。 一時的な自分の過去や家族への感情で、いきおいで思い出の品を捨ててしまうと後で後悔します。 他にも捨てるべきものは、あるはずです。 そういったものを先に捨てて、思い出の品は落ち着いてからゆっくりと考えるようにしましょう。

次の

片付けられない人が、汚部屋から卒業するための3ステップ|ニフティ不動産

部屋 の 片付け コツ

家にいるとき、ふとしたときに感じるのが「部屋が汚い!」ということです。 この散らかりっぷりを何とか改善しようと、片付けを試みますが、 長期間片付けをしなかった部屋の場合、何から手をつけてよいのかわからなくなります。 しかし、このままの状態を放置するとやがてはプチゴミ屋敷になってしまうでしょう。 そこで今回は家の片付け方のコツや、片付ける順番を解説します。 家の片付けをすると収納グッズを処分することが多い 近年は掃除のプロ、収納のプロなどが各メディアに出演していますが、このような片付けの専門家によると「収納グッズが不要な物として処分されることが多い」といいます。 収納グッズは本来、部屋をキレイに見せたり、すっきりした空間を演出するために用いられるものです。 ではなぜ収納グッズが不要な物として扱われるのか? これは正しい方法や順番で片付けを行えば、収納グッズに頼らなくても家をキレイにできることを意味します。 多くの人は家の片付けのコツを知らないため、物が収納できなくなると、収納グッズなどに頼りがちです。 しかし、 片付けの基本を把握しておけば、収納グッズに頼らなくても十分にキレイな空間を演出することができます。 そのため、家の片付けを始める前に、収納グッズを買い揃えるのは一旦ストップしておきましょう。 家の片付けで準備するもの 家の片付けのコツや順番をご紹介する前に、事前準備をしっかりしておきましょう。 片付けをするときにあると良いものは以下のとおりです。 マスク• 各自治体が指定するゴミ袋• ダンボール、ガムテープ、荷作り用のヒモ• 掃除機• ほうき• はたき• 洗剤 片付けは普段手をつけない箇所も行うため、場合によっては大量のホコリやゴミが部屋に舞う可能性があります。 これらは アレルギーの原因にもなりますので、体内に入らないようにマスクでしっかり口や鼻をガードしておくようにしましょう。 また片付けによって出てきたゴミは地域指定のゴミ袋に入れて、自治体の指示どおりに出すようにします。 その他、ダンボールやガムテープ、荷作り用のヒモは部屋で出てきた物を収納庫や倉庫に保管する際に使用します。 掃除機、ほうき、雑巾、洗剤などは片付けの定番道具でもありますので、しっかり準備しておきましょう。 掃除道具がないという方は、100均でも購入することができますので、足を運んでみることをおすすめします。 家の片付け方のコツや順番をSTEPごとに徹底解説! 必要な道具を準備したら、早速片付けに移っていきましょう。 ここでは家の片付け方のコツ、片付けの順番をステップごとに解説します。 物が散らかった状態だと「何から手をつければよいのだろう?」と感じてしまうため、多くの人は戸惑うことになります。 この悩みを解消するために、最初にやっておきたいことは「不要な物の処分」です。 不要な物をひとつずつゴミ袋に入れていくと、そのうち部屋が何となくスッキリした印象になります。 特に洋服や小物が部屋の床全体に散らばっている方は、この不要な物の処分を行うだけで部屋が広くなったように感じるでしょう。 目についた物、手にとった物を「必要・不要」で分別し、不要な物はゴミ袋に捨てていくようにします。 また 片付け中には「必要か不要か迷う物」が出てくると思いますが、このような判断に迷う物はその場で考えるといつまで経っても片付けが終わらないので、一時「保留枠」として片付けのジャマにならない場所にまとめておきましょう。 ちなみに不要な物で状態が良好な場合はリサイクルショップなどで売れる可能性もありますので、買取希望の方は一時保管しておくことをおすすめします。 しかし、まだゴチャゴチャとした印象が残っています。 このゴチャゴチャを解消するために、必要な物のカテゴリ分けを行いましょう。 一口に物といってもその種類はさまざま。 物の主なカテゴリには以下のようなものがあります。 本・雑誌・書籍• 雑貨・小物類• 文房具 このようにあらかじめ自分でカテゴリを設定しておきます。 そして 必要な物をひとつずつ確認しながら、カテゴリ別にまとめていくと、この後の収納が非常に楽になります。 ちなみに上のカテゴリはあくまでも一例です。 そのため、カテゴリは自分の好みやわかりやすいように設定してもまったく問題ありません。 トップスやパンツのように衣類からさらに細かく分けたカテゴリを設定するなど、自身が片付けや整頓をしやすいようにさまざまな工夫を施してみましょう。 毎日使う物、時々使う物、年間に数回しか使わない物など、使用頻度で分類するのもおすすめです。 そのため、順序を間違えた片付けの方法よりも、比較的短時間で終わらせることが可能です。 収納や整頓をする際のコツは「使用頻度が高い物はすぐに取り出せる位置にしまうこと」です。 使用頻度が高い物を奥に収納してしまうと、毎回手前に収納してある物を出す手間がかかります。 この手間がかかる作業によって「キレイに収納したばかりなのに、またゴチャゴチャになった」という状況に陥る方も多いです。 このような弊害を防ぐためにも、使用頻度が高い物はできるだけ手前に置くようにしましょう。 またこの段階ではすでに不要な物を処分しているため、収納スペースに困ることはないと思いますが、万が一、必要な物を収納するスペースが不足している場合はダンボールにまとめて入れておき、他の部屋の空きスペースや倉庫に保管しておくとよいでしょう。 この際、ダンボールに入れておくのは日常生活において使用頻度が低い物を選択するようにします。 ここからは掃除作業に入ります。 掃除と片付けは一見同じ意味だと思われがちですが、実は微妙に異なります。 片付けは前述のように部屋にある物を必要、不要に分け、必要な物はクローゼットや棚など、本来あるべき場所に戻すことなどを指します。 一方の掃除はホコリやゴミを取ったり、床の掃き掃除、拭き掃除などの作業のことを指します。 そしてこの掃除は片付けの後に行うのが基本です。 片付けや掃除が苦手な人の中には、先に床の掃き掃除や拭き掃除などから始める方もいますが、洋服や小物が散らばっている状態の床ではまともに掃除することは難しいです。 また床にある物をどかしながら掃除をするのは、非効率的な進め方でもあるため、片付けや掃除の時間が大幅に延びる原因にもなります。 このような理由から、掃除は収納や整頓の片付けが完了してから行うようにしましょう。 掃除を行うときの基本は「上から下へ」です。 上のホコリやゴミから対応していくことで、仮に床が汚れても、最後の床掃除を行う際に一緒に処理することができます。 順序が逆になると床掃除を2回行う必要がありますので、注意しておきましょう。 1週間に1回、1ヶ月に1回など、自分で片付けのスケジュールを組み立てておきましょう。 「またあの面倒くさい作業をするの?」と思うかもしれませんが、定期的に片付けを実施していれば、大掛かりな片付け作業になることはありません。 片付けも夏休みの宿題などと同じで、溜めると後が苦しくなります。 1日で1部屋の片付けを行うのは厳しいという方は 「今週はクローゼットの片付け」「来週は本棚の整頓」など、片付けする場所をローテーションで決めておくとよいでしょう。 家の片付けは捨てる物の順番も意識しておく 家の片付けは片付けの順番を意識することが大切ですが、さらに効率性を高めたいのであれば、捨てる物の順番にも気を使うとよいでしょう。 ここでは家の片付けで役立つ、捨てる物の順番をステップごとに解説します。 近年はインターネットの発達によってネット通販やネットショッピングを利用する方が急増しています。 これらネット通販などをよく利用する方の部屋には、商品が梱包されていたダンボールや空き箱が積み重なって置かれているケースが多いです。 このような今後使う予定がないダンボールや空き箱が部屋のスペースを埋めているのは、非常にもったいないです。 そのため、 片付けをする際はダンボールや空き箱から優先的に処分するようにしましょう。 数が多いほど、処分した後の部屋の広さに驚くはずです。 ちなみにダンボールや空き箱は「必要だけど使用頻度が低いモノ」「まとめて倉庫に保管しておく物」を梱包する際に活用できますので、場合によっては数箱ほど残しておいてもよいでしょう。 すぐに使用しない場合は部屋のスペースを占領しないように、崩しておくことをおすすめします。 大きな不用品は定期的に片付けをしている人ならないかもしれません。 しかし、 買い替えで使わなくなった扇風機、布団、ソファなどが部屋にそのまま放置されている人もいます。 このような場合は速やかに処分の方向で動くようにしましょう。 ゴミ袋に入らない大きな不用品や粗大ゴミは各自治体の清掃センターなどへ持ち込めば、処分をしてくれます。 仮に清掃センターへの持ち込みが不可の場合は、不用品回収業者への依頼も検討しておきます。 ちなみに自治体によっては戸別収集 自宅の前まで引き取りに来てくれること も実施しているので、詳しくはお住まいの自治体に確認してみましょう。 この広々としたスペースで衣類や本など、小さなサイズの物を処分していきましょう。 ちなみに小さなサイズの物を処分するときの明確な順番は決まっていませんが、強いていうなら思い出の品は最後に手をつけるのがおすすめです。 と、いうのも 思い出の品は整理している途中でつい見入ってしまい、片付けがストップする可能性があるからです。 せっかく正しい手順で、順調に片付けが進んでいたのに、思い出の品によって時間が延びるのは避けたいところ。 どうしても見たい場合はすべての片付けが終わってからにしましょう。 家の片付けは正しい順番、正しい方法で行えば簡単! 今回は家の片付け方のコツや順番をご紹介しました。 長期間、片付けを施さなかった部屋はどこから手をつければよいかわからないものです。 しかし、この片付けの順番がわかると一気に部屋をキレイにするのが楽だと感じます。 また家の片付けは、その家に住んでいる限り定期的に行う必要があります。 1回の片付けが楽になるように、こまめに片付けを行うことを意識しておきましょう。

次の

汚部屋の片付け方&成功のコツ|初心者向け8ステップ|片付けトントン

部屋 の 片付け コツ

流行りの洋服や帽子、かわいい小物やお気に入りのアクセサリーなどで女子の部屋は物がいっぱいでしょう。 物が多くてもキチンと整理整頓されている部屋なら良いのですが、洋服や小物が散らかったままになっていませんか? 片付けたいと思ってもうまく片付けられないというあなたにお部屋の片付け方のコツを紹介します。 部屋を片付けたいと思ったら、まず始めにやることがあります。 物が多い部屋にはいらない物や使わない物などがたくさんあります。 思い切ってそれらを仕分けしてみましょう。 仕分けが終わったら収納も大事な片付けの一つです。 収納の仕方についても紹介します。 物が多い女子の部屋でも、この片付け術でスッキリとした部屋になることでしょう。 女子の部屋が物が多くゴチャゴチャしがち。 片付け方の方法 女子の中でも、元々、部屋の掃除があまり得意ではなくて、部屋をより簡単に片付ける方法がないかな?何か知恵が欲しい、そう思っている方、そんな知恵があります。 好きな男性がいたりしたら、「この子こんなに部屋を片付けるのがヘタなの?」とも思われたくないですよね。 そこで、片付けの手順として、3つのステップを紹介していきます。 是非実践して、あなたの部屋をすばやく片付けれるようにしていって下さい。 物を全て出していく 一旦、どの位の量の物があるのかは把握する為に、物を出していきましょう。 ですが、あまり物がありすぎると片付けにならないので、部屋の部分部分で分けて出していきましょう。 必要か不要かに分ける 物を出したら、必要なのか、不要なのかに分けていきます。 長年使用していないものは思い切って捨てる決断をしていきましょう。 カテゴリーに分けていく 必要なものをカテゴリーに分けていって、そのカテゴリーに分けていったものを同じ場所に収納していきましょう。 部屋の片付け方。 しまう場所を決めて部屋綺麗女子を目指そう 部屋の片付け。 要らないものを思い切って捨てて、大分物を整理することができました。 次のステップに移ることになりますが、この時点で問題が生じてしまう人がいます。 それは、上手に場所を決めて収納することができないタイプの女子の方がいることです。 でも、大丈夫です。 安心して下さい。 場所を決めて収納することによって、よりあなたのお部屋が綺麗になって、女子力が強くなってきます。 物をおく位置を決める これを使ったらこの場所に戻すなど、物をおく位置を決めていきましょう。 収納できる量の分だけ収納していく いくら収納グッズがあったとしても、物がありすぎると、収納することができません。 あまり収納するにもスペースに余裕がなくてはいけませんから、収納する量のバランスをとっていきましょう。 一気にやる必要はない 全てを一日にやる必要はありません。 自分のペースで少しずつ収納を心がけて下さい。 あまりプレッシャーをかけると、できるものもできなくなってしまいます。 女子の部屋で多い洋服や小物の片付け方のコツ あなたの部屋をみてみると、何気に自分が着たものがそのままになっていたり、小物もそのままになっていて、なんだか汚い状態になっていませんか? そんな時には以下の方法を試しましょう。 着たものはとりあえずたたむ習慣をつけましょう 着たものであったり、洗濯したものはとりあえずたたんで指定の場所に収納する癖をつけていきましょう。 そうすることで収納力の向上になってきます。 小物は置く場所を決める 特にピアスなどがそうですが、片方がなくなると、役目を果たすことができなくなります。 アクセサリーであったり、小物ですが、きちんとしまう場所を決めていきましょう。 読まない本は捨てる 読む本は本棚に置き、読まない本は捨てて、部屋の中をすっきりさせていきましょう。 片付けたきれいな部屋をキープするための方法 女子力を高める為にも、少し汚かったお部屋を綺麗にすることができるようになっても、その綺麗さを保つことが難しいという女子も多いですよね。 どうしたらこの「綺麗さ」をしっかりと保ち、もう汚い部屋には戻らないのでしょうか。 物の上に物は置かない ついついやってしまうのが、物の上に物を置いてしまい、どこに何があるのかわからない状況になってしまうことにあります。 「あれ?これはどこにあるんだろう」と物を紛失する原因にもなるので、物の上には物を置かないようにしましょう。 床にできるだけ空間を作る 床に物がないと、「綺麗な部屋」というイメージがつきます。 片付いているという印象も与えますので、あなたの女子力を上げるためにも、床になるべく物を置かないようにしましょう。 部屋がキレイになったらいいことばかり 部屋が上手に片付いていると、男性、女性に関わらず、評判がよくなって、「女子力があるね」なんて高い評価を得ることができます。 男性からも「君の部屋って本当に綺麗なんだね」なんて言われたら嬉しいですよね。 部屋が綺麗だとそれだけではなく、他にも様々なメリットがあるんです。 気持ちにゆとりができる 部屋が汚いと、なんだか自分の気持ちにもゆとりが無くなってくると思います。 ところが逆だと、自分の心もすっきりして、ゆとりが出てきます。 また、ダニやカビも発生しないので、健康にも繋がります。 簡単に物が探せる ちゃんと物が整理整頓されていると、自分が探したいものもすぐに見つけることができ、時間の短縮になります。 「これが必要」という時にもちゃんと物が探せますので、ストレスもたまりません。 人を部屋に呼べる 友達、家族、好きな人を部屋に呼ぶことができ、また、高評価を得ることができるので、メリットだらけです。 女子力の一つとして、料理や洗濯を考える人もいますが、「部屋の片付け」が悩みになっていて、自分の部屋をなんとかしてもっと綺麗に収納していきたいと感じている方、いますよね。 そんな方々に、上記のアイディアで参考になったものはありましたか?小物を同じ場所に置いておくことであったり、着た服をたたむ癖など、女子力が問われることがいくつかあります。 何もやらなくては始まりませんから、とにかく行動してあなたの女子力を上げていきましょう。 関連する記事• 2018. 06 整理整頓は、人生の課題ですよね。 一人暮らしの部屋だと、ある程度の範囲自分の意志でものをコントロールすることができます。 ですが、家族がい[…]• 2019. 05 部屋を綺麗に保つコツ。 部屋を綺麗な状態で使い続けたい。 やろうと思わなくても、片付いた状態がキープされている部屋。 綺麗な状態の部屋をキー[…]• 2018. 17 フローリングの床の場合はほこりがたまってきたらすぐにわかりますが、畳の場合はどうでしょう。 掃除機はどのくらいの頻度でかけていますか? フローリン[…]• 2018. 15 キッチンにはたくさんの物がありますよね。 調味料や食料品のストック、調理に使うアイテムも引き出しを開けるとたくさん出てくると思います。 それら[…].

次の