みずきの韓国。 旧・女子知韓宣言(´∀`*)

治田みずきの彼氏は韓国人!?結婚や父親などの家族もチェック!

みずきの韓国

ー まずは、韓国に移住した経緯についてお聞かせください。 7、8年前くらいに留学をしたことがあって、それがとても思い出深かったので、いつかまた住みたいなぁと思っていました。 その時期を見計らってる時にそう言う話をもらったので「これがきっとそのタイミングなんだ!」と思って、貯金も全然ないまま…(笑)。 ー なるほど。 では韓国に興味を持ったキッカケを教えてください。 最初に興味を持ったのはK-POPでした。 高校生の時にいわゆる第2次韓国ブームが日本に来て、その時にK-POPを聴いてかっこいいなぁって思ったのがキッカケです。 ー 韓国語の勉強はどのようにされましたか? 勉強自体は10年くらい前からやってるので、考えると期間は長いんです。 ただ住んでいる4年の間にすごく伸びたと自分でも感じます。 私もせっかちだから過ごしやすいなって感じています(笑)。 ー 日本でも注目度の高い韓国のファッション・コスメなどの魅力を教えてください。 ファッション然り、コスメ然り、世界のトレンドをいち早く取り入れて、自分の国の人たちに合うようにアレンジして発売するまでのスピードがすごく早いんです。 「これこの間アメリカで発売されたばっかりなのにもうみんな使ってる」という感じですね。 それが輸入とかではなく、ちゃんと韓国のコスメブランド・ファッションブランドから発売されているのが早いなぁって思います。 ー 展開の早さが魅力なんですね。 韓国ではどのようにブームが移り変わっていくんですか? 取り入れるのは早い分、一気に食いついて、もう3ヶ月後には「そんなこともあったねぇー」という感じです。 あっという間に流れちゃうことも多いですね。 ー 韓国カルチャーが日本の若者に受け入れられる理由はなんだと思いますか? 今やネットを通して世界中のトレンドをいち早く見ることができるじゃないですか。 ー では、韓国で下着ブランド『Be muse Intimates』を立ち上げて思うことはありますか? 自分がプロデューサーになるとも思っていなかったし、やったこともなかったので、知らないことばっかりではあるんです。 でも楽しいなと思いますね。 韓国の下着を日本の人に届けるっていうのがコンセプトなので、韓国で今人気のものや自分が良いと思ったものを日本の人に教えたいと思っています。

次の

テラハ出演の治田みずき、韓国カルチャーが刺さる理由を語る|E

みずきの韓国

ー まずは、韓国に移住した経緯についてお聞かせください。 7、8年前くらいに留学をしたことがあって、それがとても思い出深かったので、いつかまた住みたいなぁと思っていました。 その時期を見計らってる時にそう言う話をもらったので「これがきっとそのタイミングなんだ!」と思って、貯金も全然ないまま…(笑)。 ー なるほど。 では韓国に興味を持ったキッカケを教えてください。 最初に興味を持ったのはK-POPでした。 高校生の時にいわゆる第2次韓国ブームが日本に来て、その時にK-POPを聴いてかっこいいなぁって思ったのがキッカケです。 ー 韓国語の勉強はどのようにされましたか? 勉強自体は10年くらい前からやってるので、考えると期間は長いんです。 ただ住んでいる4年の間にすごく伸びたと自分でも感じます。 私もせっかちだから過ごしやすいなって感じています(笑)。 ー 日本でも注目度の高い韓国のファッション・コスメなどの魅力を教えてください。 ファッション然り、コスメ然り、世界のトレンドをいち早く取り入れて、自分の国の人たちに合うようにアレンジして発売するまでのスピードがすごく早いんです。 「これこの間アメリカで発売されたばっかりなのにもうみんな使ってる」という感じですね。 それが輸入とかではなく、ちゃんと韓国のコスメブランド・ファッションブランドから発売されているのが早いなぁって思います。 ー 展開の早さが魅力なんですね。 韓国ではどのようにブームが移り変わっていくんですか? 取り入れるのは早い分、一気に食いついて、もう3ヶ月後には「そんなこともあったねぇー」という感じです。 あっという間に流れちゃうことも多いですね。 ー 韓国カルチャーが日本の若者に受け入れられる理由はなんだと思いますか? 今やネットを通して世界中のトレンドをいち早く見ることができるじゃないですか。 ー では、韓国で下着ブランド『Be muse Intimates』を立ち上げて思うことはありますか? 自分がプロデューサーになるとも思っていなかったし、やったこともなかったので、知らないことばっかりではあるんです。 でも楽しいなと思いますね。 韓国の下着を日本の人に届けるっていうのがコンセプトなので、韓国で今人気のものや自分が良いと思ったものを日本の人に教えたいと思っています。

次の

【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)の愛読者の皆様へ

みずきの韓国

投稿者: カツ 投稿日:2015年 5月14日 木 15時52分15秒 114-160-115-126. ip1. george24. com このたびは、たった一人・・・・か二人の、そちら様の愛読者の方の 非礼で、みずき様ご本人、それから大半の良識を備えた読者の皆様に ご不快の念を抱かせたかもしれぬこと、残念です。 まったく侮蔑の意図もなく 単に自衛上書いたことが誤解をごく一部にながら与えたのなら、その点はお詫びします。 あと、そちらのコメ欄に妙なことを書き込む人がいるようですが、井沢ブログの読者はおおむねファンとしての極めて限定された個人的つながりの人たちが大半なので、井沢氏のメンツをつぶすようなことは、本来の読者ならしないと思います。 井沢氏かみずき氏かのブログに悪意を持つ、たとえば在日などの愉快犯の可能性も考えてくださいませ。 良識を備えたみずき氏ブログ愛読者様たちからの、エールや謝罪まで頂き、そちら様の 愛読者の皆様に、何ら含むところはないどころか、感謝しています。 井沢氏のブログ読者もそこは解っているように、書き込みから感じます。 たった一人かせいぜい二人の不心得読者の存在で、残念なことですが、 今後も宜しくお願いします。 まだ問題点を掴めぬ方がいらっしゃるかもしれないので、整理しておきますね。 ミスタイピング誤変換などの不備を予めお詫び申し上げます。 旧韓末の朝鮮は95~99%が文盲だった。 他のタイトルも全部それ。 「引用」ですらない。 「転載」のレベルでもない。 井沢氏の文章骨子は「韓国王朝儀軌」であり、上記のタイトルに完璧に何も負ってはいない。 単に、井沢氏の好意による「紹介」を、文章の枕として置いたに過ぎない。 原文の書き手であるバンダービルド氏のお名前もちゃんと色文字強調で添えている。 改稿前の文章も読者の方からお送り頂いたが、それは削除した井沢氏の意志に反するかもしれぬので、再掲はしない。 要旨のみ「文句ばかりつけて来る韓国だがリー氏やバンダービルド氏のように、内省の出来る韓国人もいる」(興味があれば、このタイトルをクリック、原文サイトを見られよ)というニュアンスのタイトル列記での「紹介」。 2 法的にもマナー的にも取り立てて落ち度はない。 2 それに筋違いのクレームを付けてきただかならまだしも、高圧的に侮辱の言葉を書き連ねてきたのがトイトイトイ。 それに対して、井沢氏ブログの愛読者から最初は控えめの抗議がなされた。 ところがトイトイトイが自らの行き過ぎと勘違いを訂正しに現れぬので、次にコメントが書かれ、それに対してもトイトイトイが来ず、遁走してしまったことから続々とその後も続く。 3 トイトイトイの理不尽な指摘を論破するには、みずき氏本体の著作権に触れるのは流れとして、自然。 それを「侮辱」として、しかも第三者? が執拗なまでに謝罪を求めてくるのは筋違いでもあれば異常。 あちらのサイトに出向いてなされたことでもなし。 5 本人でもないのに「侮辱」と感じる不可解さはさておくとして、一般的な意見として定着するには主観の度合いが過ぎる。 現にみずき氏サイトの常連の読者からは、糾弾どころか逆に詫びまで来ている。 憶測で書かずにあくまで個人の意見でお願いします。 みずきさんのブログのコメント欄では皆さん終始静観されてます。 個人的には削除された事が非常に残念ですが先生のお答えで終わった話と思っております。 >読み手がいるから書き手がいる 道化 2015-05-12 16:35:49みずき様のブログに張り付いているコテハンです。 井沢満様のブログにてみずき様の記事にリンクを張って頂いた。 これはみずき様にとって、より多くの方に知って貰う機会なのですから、文句をいう筋合いでは無いと思います。 何が問題なのですか? 文章を書く人は、読んで貰いたいから書くのです。 一言ことわるべき、という意見もあるかも知れません。 しかし、それはみずき様が自ら申し入れること。 周りの人間がごちゃごちゃ言うことではありません。 因みに、私も多くのURLを紹介していますが、許可は頂いていません。 そもそも、URLは場所を指すだけなので、許可は不要というのが常識的な話。 ファンだからと言って、あちこちに迷惑を掛けるのは如何なものでしょう? 井沢満様におかれましては、大げさに騒がれすぎて驚かれたかも知れません。 ファン故に行きすぎた行為があったとご理解いただければ幸いです。 みずき様のコメント欄より出張していらっしゃる方、議論をしたければ、みずき様のコメント欄でやりましょう。 こちらに迷惑を掛けるのは論外です。 4 複数HNを用いての自作自演を、烈火のごとく否定するも、蓋を開けてみれば実際それは行われていた。 福岡からの同一人物のアクセスで。 書き込みに誠意があれば、そうちょこちょこ、名前を間違えるはずもない。 5元はと言えば、トイトイトイの勘違いと常規を逸した非礼が発端なのに、釈明をまずトイトイトイに求めず、井沢氏ブログの愛読者に謝罪を執拗に強いる不自然さと不条理。 みずき氏サイトからの愛読者のたしなめも、完全無視。 6 トイトイトイが、著作権情やネットマナーのことで勘違いとはいえ、井沢氏を居丈高に糾弾するなら、なぜみずき氏サイトの著作権とネットマナー(バンダービルドへの許諾願いと翻訳権願い)をつつかぬのか、順序が違うだろうという意味で、みずき氏サイトの話題は出た。 貶めと侮辱の意図はないことは、有意義なサイトなので著作権に関して突っ込む意図はないと、お二人程が表明されていて、それに対して他からも異議はいっさい出ていない。

次の