連絡いただければと存じます。 「存じます」とは?意味や使い方をご紹介

「存じます」とは?意味や使い方をご紹介

連絡いただければと存じます

ご連絡 = 連絡すること• ご・お~いただきたく = 「〜してもらいたい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご連絡いただきたく存じます」の意味は… 「連絡してもらいたいと思います」 であり、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 「連絡してください!」とストレートに言うのではなく遠回しに自分の意思や気持ちをつたえる、とても丁寧なフレーズですね。 ニュアンスとしては 「連絡してもらいたいと思うのだけど…」みたいなイメージ。 あまりに堅苦しくて大げさかもしれませんが、とにかく目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズになります。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「ご連絡いただきたく存じます」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「連絡」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご連絡していただきたく存じます」は間違い敬語となりますのでご注意を。 この場合、謙譲語「お(ご)」をなくして「連絡していただきたく存じます」とすれば正しい敬語になります。 理由は長くなるので省きますが、あくまでも「ご連絡いただきたく存じます」をつかうことをオススメします。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご連絡いただきたく存じます」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】連絡してほしい!と伝えるビジネスメール 「ご連絡いただきたく存じます」の使い方 文字どおり何かしら「連絡してほしい!」と言いたいときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 人事部の佐藤です。 その際、各部署より講師として1名ずつ派遣していただき新入社員へ向け、 それぞれのテーマでお話いただけないかと考えております。 お忙しいところ恐縮ではございますがご査収の上、 お取り計らいのほどお願い申し上げます。 メール署名 例文にしたように「お取り計らい」を使うビジネスシーンは、何か依頼やお願い事をしたい時ですね。 他には感謝の意を示す時「お取り計らいをいただき、誠にありがとうございました」などとして、メール冒頭に使えます。 メールで案内をしていなければ、新たに催促メールを作る。 メール件名:精算申請書・修正および再提出のお願い 営業部 のまこ 部長(社内上司/目上) お疲れ様です。 経理部・ノマドと申します。 さて首記の件、のまこ部長よりご提出の以下申請書に関して不備があり、先般、社内便にて返送しておりました。 書類はお受け取りになりましたでしょうか。 なお精算の締め日が11月15日までとなっておりますので、 それまでにご連絡いただきたく存じます。 また、行き違いでご返送いただいておりましたらその旨お申し付けください。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願い致します。 経理部 ノマド• 【例文】ご連絡いただければと存じます。 のようにして使います。 意味と違い・使い方 どちらも言いたいことは結局のところ「連絡してほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 謙譲語「いただく」に仮定の「たら・れば」をくっつけると「 いただければ」という敬語になります。 したがって「ご連絡 いただければと存じます」のニュアンスとしては「よかったら連絡してもらえたらと思うのだけど」というような感じになります。 「ご連絡 いただきたく存じます」でも遠回しにあなたの希望を伝える敬語なのですが… 「ご連絡 いただければと存じます」だともっと大げさになります。 かな〜り遠回しにお願いをしているわけで、目上・上司・取引先への言葉づかいとしてはこの上なく丁寧ですね。 そんなに丁寧にする必要あるの?って思うくらい。 まぁ、ひとつのオプションとしてお好みでお使いください。 【例文】ご連絡いただきたく、お願い致します。 【例文】ご連絡いただきたく、お願い申し上げます。 のようにして使います。 あなたの意思が伝わらずぼんや〜りとしたメールになって「結局なにが言いたいの?」ということになりかねません。 そんなときに活躍するのが「ご連絡 いただきたく、お願い致します」です。 「ご連絡 いただきたく存じます」だと「連絡してもらいたいと思います」という意味であり、 「ご連絡 いただきたく、お願い致します」だと「連絡してもらいたい、お願い!」というような意味になります。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 文章のバランスを考えてお好みでお使いください。 なお「ご連絡 をいただきたく、お願い致します」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 敬語の解説 一応「ご連絡 いただきたく、お願い致します」の敬語の成り立ちをまとめておきます。 もとになる単語「連絡」• したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 「ご連絡 いただきたく存じます」 「ご連絡 いただければと存じます」 「ご連絡 いただきたく、お願い致します」 だけでなくシンプルに 「ご連絡をお願い致します」としてもOKです。 意味としては「連絡をお願いします!」であり、 言いたいことは結局のところ「連絡してほしい」となります。 たとえば、• 大変ありがたいこと。 これまで紹介しきれなかった敬語もふくめ丁寧レベルごとにまとめておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 ご連絡ください• ご連絡くださいませ• ご連絡いただけますか?• ご連絡ください• ご連絡くださいませ• ご連絡いただけますか• ご連絡いただけますでしょうか• ご連絡をお願い致します• ご連絡いただきたく、お願い致します• ご連絡いただきたく存じます• ご連絡いただければと存じます• ご連絡のほどお願い申し上げます• ご連絡くださいますようお願い申し上げます• ご連絡いただきますようお願い申し上げます• ご連絡くださいませ• ご連絡をお願い致します• ご連絡いただきたく、お願い致します• ご連絡いただきたく存じます• ご連絡いただければと存じます• ご連絡いただきますようお願い申し上げます• ご連絡いただけますようお願い申し上げます• ご連絡くださいますようお願い申し上げます• ご連絡いただければ幸いです• ご連絡いただければ幸甚に存じます• ご連絡いただけましたら幸いです• ご連絡いただけますと幸いです• ご連絡いただけますと幸甚に存じます• ご連絡いただけましたら幸甚でございます• ご連絡いただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「ご連絡 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ご連絡賜りますようお願い申し上げます• ご連絡いただければ幸いです• ご連絡いただければ幸甚に存じます• ご連絡いただけましたら幸いです• ご連絡いただけましたら幸甚でございます• ご連絡いただけましたら幸甚に存じます• ご連絡賜りますと幸いです• ご連絡賜れますと幸いです• ご連絡賜りましたら幸いです• ご連絡賜れましたら幸いです• ご連絡賜りますと幸甚に存じます• ご連絡賜れますと幸甚に存じます• ご連絡賜りましたら幸甚に存じます• ご連絡賜れましたら幸甚に存じます なお「ご連絡 を賜りましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の

「お申し付け下さい/お申し付け頂ければ」とは?意味と使い方

連絡いただければと存じます

さて、「存じております」の意味と使い方についてですが、この「存じております」という言葉は日常生活でビジネスシーンを含め、非常に多くの場面で使用される柔軟な敬語表現と言えます。 「存じております」の意味は基本的に「知っていること・思うこと」を言います。 それでも「非常に改まった場面で使われる言葉」として認められているため、この言葉を使う場面はあらかじめきちんと見分けておくことが大切となるでしょう。 日常生活でもこの「存じております」が使われる場面は「目上の人・尊敬する人に対する場合」と限られます。 ・その件につきましては存じております。 ・先日に承っておりました件は、それ以前に存じております。 ・この度は非常にありがたく存じております。 このように、特定の事情について謝意を述べる際や、目上の人に対して敬意を伝える際に使用されます。 メール ビジネス上のやり取りなどで、電子メールや電話の応対においても「存じております」という言葉は非常に多く使われます。 その場面は先述と同じく、まず目上の人に対する場合で、「特定の件について知っていること」を伝える場合に使われます。 ・この度ご紹介していただきましたビジネスプランにつきましては存じております。 ・ご連絡をくださり、誠にありがたく存じております。 ・このようにした方がよいかと存じております。 先述でもご紹介しましたが、「存じる」という言葉の意味には「知ること」と「思うこと」の2種類の意味合いが含まれるため、あらかじめ「知っています」と「自分はこう思います」と言う2つの意思表明をしっかり分けて使うことが大切です。 ・AプランよりもBプランを採用する方がよいかと存じております。 ・経済利潤をプラスにするためには、商業規模の拡大が重要かと存じております。 ・今年の受験科目では、現代国語は外しておいてよいかと存じております。 このように、「存じております」という言い方一つで「話者の思惑が十分相手に伝わる」という形容がうかがえるため、場合・状況によっては「存じております」の使い分けをしっかり弁えておくことが大切です。 さまざまな場面で情報交換が行われる際にいろいろな意見の取り交わしがあり、その際に「相手と自分の考えや意見の受け答え」を示し合う場合でもこの「存じております」という言葉は普通に使われます。 日常生活でも目上の人や尊敬する人に対して「こう思います・それについては知っています」と言う場合には「存じております」という場合があり、この場合でもビジネス用語として使われる「存じております」の意味合い・用法と同じ形で使われます。 ビジネス用語では「思います」より「存じます」 先述でもご紹介しましたように、日本語に限らず世界各国の言葉を覚える場合でも「実践的に言語・言葉を学習する」という姿勢を踏まえ、例文や会話などを利用して「覚えるべき言葉の意味合い・用法」を実際に使って覚えること・学習することが大切です。 ・その件については存じておりますが、もう少し待ってみてもよいでしょうか。 ・卒業アルバムに彼の名前が書かれてあることは存じております。 ・彼女の論文の序論の内容は存じております。 他にもいろいろと「存じております」の表現法はありますが、「存じる」、「存じます」、「存じております」、「存じ上げます」、「存じ上げています」、「存じて上げております」などと、「存じております」の他にも状況によっていろいろな使い分けが見られます。 存じますが 「存じ上げております・思っております」の違いについてですが、これは先述でも少し触れましたように、「知っています」という基本的な意味合いと、「こう思います」といった主観的な意志表示との違いに相違が見受けられます。 特にビジネスシーンで使われる「存じます・存じております」の場合では、主観的な意志表示を連続するのは避けられたく、飽くまでも客観的な見解を示す場合がかなり多くなります。 その場合に、「思っております」と言うのはその話者の主観的な意志表示となるため、「存じております」と表現することによってその主観的な態度がまず緩和され、単に「思っております・思っています」という言い方よりも敬語表現として相応しい表現として「存じております・存じ上げております」という言い方が勧められます。 「存じております」の類語・言い換え方法 「存じております」の類義語についてのご紹介ですが、これは「思います・知っています」という意味合いを持つ言葉を調べることになります。 特に「存じております」という言葉は敬語表現であるため、丁寧語や尊敬語で「思います・知っています」という言い方も含まれるでしょう。 「存じております」の敬語表現 謙譲語というのは「話者と相手の立場や関係性を問わず、話者が自発的に自分の姿勢をへりくだらせて相手に敬意を払う」という姿勢がまずあり、「自分の立場を相手よりも低めて示す敬語表現」として多くの場面で使われています。 丁寧語の次に多く使われる敬語表現となるでしょうか。 ・その件につきましては、わたくしども存じ上げております。 このように、「存じております」という表現を普通の文脈によって使うだけで、謙譲語表現による「存じております」の表現は可能となります。 「存じております」の英語表記と意味 「存じております」を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合いや用法に配慮した上で以下のようにピックアップされます。 ・I know(知っている、思う、存じております) ・We know(承っております、存じております) ・know(知る、思う、存じる) ・think about(について考える、存じております) ・consider(熟考する、考える、存じております) ・have a view(についての観点を持つ、知る、存じております) ・regard(考える、存じております) ・imagine(想像する、知っている、存じております) ・hit upon(思い付く、考える、知る、存じております) ・be struck with an idea(思い付く、知識を蓄える、存じております) ・suppose(提案する、知る、存じております) ・be aware of(に気付く、存じております) ・feel(想像する、感じる、存じております) 「存じております」の英語表現と意味(1) 先でご紹介しました「存じております」の英語表記を参考にして、「存じております」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・I know that they stayed in that country. 「彼らがその国に滞在していたことは存じております。 」 ・They are aware of the fact that she was overstaying in that country. 「彼女がその国でオーバーステイしていた事実について彼らは存じております。 」 ・I know that Doshisha University's English exam is difficult. 「同志社大学の英語の試験がむずかしいことは存じております。 」 「存じております」の英語表現と意味(2) 先述しました「存じております」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「存じております」の例文をご紹介します。 ・I understand that it is quite serious now that asking him questions about the matter by force. 「彼にその件について無理強いして質問することは、やはり現在ではかなり深刻な事態を招くことは存じております。 」 ・I have long believed that "sharing culture with other countries" is a noble ritual in their country. 「彼らの国では「他国との文化を共有すること」が崇高な儀式であると、わたしは以前から存じております。 」 「存じております」の英語表現と意味(3) 先述の具体的な「存じております」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で使われる「存じております」の例文をご紹介します。 ・The word "I am sure" includes two kinds of claims, "knowing" and "thinking". 「「存じております」という言葉は「知っていること」と「思うこと」の2種類の主張が含まれています。 」 ・When using words as business terms, we prefer objective argument that "I am sure" rather than "I think". 「ビジネス用語として言葉を使う際には、「思います」という言葉よりも「存じております」という客観的な主張の方が好まれます。 」 「存じております」の正確な用法を覚えましょう.

次の

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

連絡いただければと存じます

さて、「存じております」の意味と使い方についてですが、この「存じております」という言葉は日常生活でビジネスシーンを含め、非常に多くの場面で使用される柔軟な敬語表現と言えます。 「存じております」の意味は基本的に「知っていること・思うこと」を言います。 それでも「非常に改まった場面で使われる言葉」として認められているため、この言葉を使う場面はあらかじめきちんと見分けておくことが大切となるでしょう。 日常生活でもこの「存じております」が使われる場面は「目上の人・尊敬する人に対する場合」と限られます。 ・その件につきましては存じております。 ・先日に承っておりました件は、それ以前に存じております。 ・この度は非常にありがたく存じております。 このように、特定の事情について謝意を述べる際や、目上の人に対して敬意を伝える際に使用されます。 メール ビジネス上のやり取りなどで、電子メールや電話の応対においても「存じております」という言葉は非常に多く使われます。 その場面は先述と同じく、まず目上の人に対する場合で、「特定の件について知っていること」を伝える場合に使われます。 ・この度ご紹介していただきましたビジネスプランにつきましては存じております。 ・ご連絡をくださり、誠にありがたく存じております。 ・このようにした方がよいかと存じております。 先述でもご紹介しましたが、「存じる」という言葉の意味には「知ること」と「思うこと」の2種類の意味合いが含まれるため、あらかじめ「知っています」と「自分はこう思います」と言う2つの意思表明をしっかり分けて使うことが大切です。 ・AプランよりもBプランを採用する方がよいかと存じております。 ・経済利潤をプラスにするためには、商業規模の拡大が重要かと存じております。 ・今年の受験科目では、現代国語は外しておいてよいかと存じております。 このように、「存じております」という言い方一つで「話者の思惑が十分相手に伝わる」という形容がうかがえるため、場合・状況によっては「存じております」の使い分けをしっかり弁えておくことが大切です。 さまざまな場面で情報交換が行われる際にいろいろな意見の取り交わしがあり、その際に「相手と自分の考えや意見の受け答え」を示し合う場合でもこの「存じております」という言葉は普通に使われます。 日常生活でも目上の人や尊敬する人に対して「こう思います・それについては知っています」と言う場合には「存じております」という場合があり、この場合でもビジネス用語として使われる「存じております」の意味合い・用法と同じ形で使われます。 ビジネス用語では「思います」より「存じます」 先述でもご紹介しましたように、日本語に限らず世界各国の言葉を覚える場合でも「実践的に言語・言葉を学習する」という姿勢を踏まえ、例文や会話などを利用して「覚えるべき言葉の意味合い・用法」を実際に使って覚えること・学習することが大切です。 ・その件については存じておりますが、もう少し待ってみてもよいでしょうか。 ・卒業アルバムに彼の名前が書かれてあることは存じております。 ・彼女の論文の序論の内容は存じております。 他にもいろいろと「存じております」の表現法はありますが、「存じる」、「存じます」、「存じております」、「存じ上げます」、「存じ上げています」、「存じて上げております」などと、「存じております」の他にも状況によっていろいろな使い分けが見られます。 存じますが 「存じ上げております・思っております」の違いについてですが、これは先述でも少し触れましたように、「知っています」という基本的な意味合いと、「こう思います」といった主観的な意志表示との違いに相違が見受けられます。 特にビジネスシーンで使われる「存じます・存じております」の場合では、主観的な意志表示を連続するのは避けられたく、飽くまでも客観的な見解を示す場合がかなり多くなります。 その場合に、「思っております」と言うのはその話者の主観的な意志表示となるため、「存じております」と表現することによってその主観的な態度がまず緩和され、単に「思っております・思っています」という言い方よりも敬語表現として相応しい表現として「存じております・存じ上げております」という言い方が勧められます。 「存じております」の類語・言い換え方法 「存じております」の類義語についてのご紹介ですが、これは「思います・知っています」という意味合いを持つ言葉を調べることになります。 特に「存じております」という言葉は敬語表現であるため、丁寧語や尊敬語で「思います・知っています」という言い方も含まれるでしょう。 「存じております」の敬語表現 謙譲語というのは「話者と相手の立場や関係性を問わず、話者が自発的に自分の姿勢をへりくだらせて相手に敬意を払う」という姿勢がまずあり、「自分の立場を相手よりも低めて示す敬語表現」として多くの場面で使われています。 丁寧語の次に多く使われる敬語表現となるでしょうか。 ・その件につきましては、わたくしども存じ上げております。 このように、「存じております」という表現を普通の文脈によって使うだけで、謙譲語表現による「存じております」の表現は可能となります。 「存じております」の英語表記と意味 「存じております」を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合いや用法に配慮した上で以下のようにピックアップされます。 ・I know(知っている、思う、存じております) ・We know(承っております、存じております) ・know(知る、思う、存じる) ・think about(について考える、存じております) ・consider(熟考する、考える、存じております) ・have a view(についての観点を持つ、知る、存じております) ・regard(考える、存じております) ・imagine(想像する、知っている、存じております) ・hit upon(思い付く、考える、知る、存じております) ・be struck with an idea(思い付く、知識を蓄える、存じております) ・suppose(提案する、知る、存じております) ・be aware of(に気付く、存じております) ・feel(想像する、感じる、存じております) 「存じております」の英語表現と意味(1) 先でご紹介しました「存じております」の英語表記を参考にして、「存じております」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・I know that they stayed in that country. 「彼らがその国に滞在していたことは存じております。 」 ・They are aware of the fact that she was overstaying in that country. 「彼女がその国でオーバーステイしていた事実について彼らは存じております。 」 ・I know that Doshisha University's English exam is difficult. 「同志社大学の英語の試験がむずかしいことは存じております。 」 「存じております」の英語表現と意味(2) 先述しました「存じております」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「存じております」の例文をご紹介します。 ・I understand that it is quite serious now that asking him questions about the matter by force. 「彼にその件について無理強いして質問することは、やはり現在ではかなり深刻な事態を招くことは存じております。 」 ・I have long believed that "sharing culture with other countries" is a noble ritual in their country. 「彼らの国では「他国との文化を共有すること」が崇高な儀式であると、わたしは以前から存じております。 」 「存じております」の英語表現と意味(3) 先述の具体的な「存じております」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で使われる「存じております」の例文をご紹介します。 ・The word "I am sure" includes two kinds of claims, "knowing" and "thinking". 「「存じております」という言葉は「知っていること」と「思うこと」の2種類の主張が含まれています。 」 ・When using words as business terms, we prefer objective argument that "I am sure" rather than "I think". 「ビジネス用語として言葉を使う際には、「思います」という言葉よりも「存じております」という客観的な主張の方が好まれます。 」 「存じております」の正確な用法を覚えましょう.

次の