ゴールデン アイ 007。 ゴールデンアイ007攻略&ベータ版ゴールデンアイ007徹底攻略・紹介

ゴールデンアイ007攻略&ベータ版ゴールデンアイ007徹底攻略・紹介

ゴールデン アイ 007

『 ゴールデンアイ007』とは、がに発売したのである。 開発はなども作ったのが担当。 には向けにされ、に内で発売された。 こちらの発売元はで、内での発売とローカラのみが担当している。 さらに、この版を向けにした、『Eye : Raded』も発売されている。 は『』。 に開されたの第作『』を元に作られた。 全合計で0万本以上という驚異的なセールスを記録した(ほとんどが)。 当時の内では機で遊べるのがまだ少なく、その中で高い度と操作性をもって登場した本作はに衝撃を与えた。 の大部分は上の続編にあたる「」に継承されている。 は1人用であるで、進行状況に応じて後述の対戦の要素が一部解禁されていく。 はが3段階あり、、特命、00 の順にが上がっていく。 同一で遂行するの数が変化したり、敵の攻撃がしくなるなどの調整がされている。 例 1のはだと地点に行くだけでとなるが、00 だと内部のムに行き、モデムを使ってを送信するが追加される。 もちろんムを制圧するときに機器を破壊してしまったら失敗。 のお芸ともいえるお楽しみ も搭載されているが、これらを有効にしてしてもとはみなされない。 敵のを大きくするなどを調整することが可なため• 4人まで同時に可な対戦が非常にアツく、やり込んだ記憶がまざまざとる人も少なくないはず。 特にモーションをいたるところに仕掛けてを作ったり、の爆で自滅したは多いことだろう。 なかに出回ることがなく、高値で売買される。 ではのみで前後が相場とされている。 で考えてもかなり高めの部類に入る。 いろいろとが多く、特には後に としてで流行するほど。 ある一定ので18まですると、として、「テカ」(元はムーン)、「」(元はを持つ男)が出現する。 以上の者のなど致命傷にならないところに2、3発打つとDDという大のや手弾で反撃してくる。 7(元は)というを と呼んだも多いとか。 これはから見える身がの形にしか見えなかったため。 弾が貫通する。 RC-などでは貫通しないところも貫通する事がある。 発射時の負荷によって連射が大きく変わる• 一回発射すると3発発射される• 貫通する。 その他の武器・爆発系アイテム• 手(装弾・所持数10 ) 威は自動並み。 (装弾数 ) 連射はだが、威はRC-並み、貫通する。 手弾(装弾数最大12 ) 投げて約5でする、敵兵が投げてくることがある。 (装弾数最大12 ) 手弾同様、投げて約5で。 モーション(装弾数最大12 ) が動くものに反応してする• 自動より威は弱い• (装弾数 ) お楽しみ専用だが、威はたいしたことない バグ 、一部弄ってあります。 実機のにおいてを半挿しですると、の挙動がのようになってしまうことがある。 原で、敵の顔が三面になるが報告された。 工場のに入って右の2番の個室の(の侵入経路)に上れるようになる。 地下基地の広間でからり下げられている4つのに式を仕掛け、1度にさせるとしてしまい、投げるが中で止まってしまう。 「ニー」をONにした状態で、しゃがんで階段などを降りようとすると中に浮いてしまい、があっても突き抜ける。 なお、地下基地でのは式以外にも 自動を使い、を射撃後、中に浮いている間にを壊す行為を 一つずつにしていくと、同様のが発生する。 Wii版 ではに、内ではに発売された版。 先述の通り、ではなくからの発売となった。 開発は、『ナイト』『』など他のの開発も担当している。 と、による演出が大幅に向上しており、のような手な演出が追加されていたり、逆に、版ではできなかったのがされていたりする。 また、最大8人でのにも対応している。 演出面のな変更点として、• 役がピアーズ・スからへと変更• クグの雰囲気に合わせが一新(曲は一緒だが、は別人になった)• など、現代の技術に合わせたテクの追加(これに付随して、構成と展開が変化している)• テカ・の(対戦としてのみ登場) などがある。 Nので9. 0を記録するなど、偉大な原典からの期待に応えて高評価を得た。 HDリメイク には、この版を、でした『Eye : Raded』が発売された。 な追加要素として、• の一新によるの向上(出・に対応)• 4人までの画面対戦と、16人までのに対応• に対応• 追加 など。 こちらはのみの発売で、では発売されていない。 でのローカラを担当しているのがなので仕方ない。 ニコニコ動画にいる007プレイヤーたち 出演、共演者• 、、、• (、友人)• はだったっけ?• W()• + 関連コミュニティ 関連動画 関連商品 関連項目• (同じが開発した次回作とされるもの。 的な観。

次の

007 ゴールデンアイ

ゴールデン アイ 007

プレイヤーは秘密兵器「ゴールデンアイ」に関わる作戦を成功させるべく、リアルな3Dフィールドを探索するのだ。 激しい銃撃戦や特殊アイテムを使った任務には、正確な射撃能力と細心の注意力が必要とされる。 さらに2〜4人対戦モードでの死闘は、プレ イヤーを一層熱くさせるはず。 振動パック対応である事もお忘れなく! 1995年末、日本で劇場公開された007シリーズのヒット作 「ゴールデンアイ」 が、NINTENDO64 ソフトとしていよいよ登場。 冷戦後の世界を舞台に、兵器衛星による巨大な軍事システム「ゴールデンアイ」を手中に収めようと、 国際犯罪組織:ヤヌスが活動を開始。 それを阻止するため、 おなじみのジェームズ・ボンド(=プレイヤー) が次々と危険なミッションに挑んでいきます。 敵との銃撃戦は、超リアル。 例えば消音銃で仕留めればすむところでマシンガンを使うと、 音を聞き付けた別の敵兵がやって来たり、弾を当てた位置によっては敵が生き延びたり等、 様々に局面が変化していきます。 また密かに警報装置を破壊してから侵入するなど、諜報活動の だいご味にもご期待ください。 ステージは雪原ありジャングルあり、さらに兵器工場や秘密基地など、 印象的かつ個性的なシーンが多数用意されています。 各ステージごとに与えられたミッションをこなす事で、物語は展開していきます。 そしてジェームズ・ボンドが活躍するのに欠かせない、秘密兵器や仕掛けも数多く登場します。 振動パック 希望小売価格1. 400円(税別) この作品は、同名タイトルの映画に基づいて制作されたフィクションであり、銃撃シーンが多く含まれております。 All Rights Reserved. 1997 Eon Productions Ltd. Inc. James Bond Theme by Monty Norman. Used by Permission of EMI Unart Catalog Inc.

次の

007 ゴールデンアイ : 作品情報

ゴールデン アイ 007

概要 [ ] 第17作。 役としてが演じた初の作品である。 当時、の007原作は短編『ナッソーの夜』(原題: Quantum of Solace、2008年に『』として映画化) だけが残っていたが、この映画では原作として使用されなかった。 また、本作は007小説の後継者とされたガードナーが、前作に続き小説を執筆している。 007シリーズとしては初の作品でもある。 1990年代に入ってが終結し、またらシリーズ当初からの製作者が去ったことにより、シリーズ2度目の大きな転換期となった作品である。 ボンドが悪の組織と戦う構図は変わらないものの、映画は007シリーズの世界観を大きく変更した。 「時代から取り残され」、「下降線を辿っていた007シリーズ」を復活させ、近代化をさせようという意図が見て取れる。 世界観だけでなく、アクションシーンの方向性やカット割も、過去シリーズと大きく変更された。 ボンド役もへ交代しシリーズの人気は復活、以降3作のいずれもヒットを記録している。 ブロスナンは、『』の際にもボンド役をオファーされていたが、『』の契約が残っており受けることができず 、本作で出演を果たした。 しかし、本作でのボンド役の第1候補はで、アクション映画に惹かれないという理由で断っていたことが後に明らかとなった。 ストーリー [ ] 前、の工場に006ことアレックと共に侵入したボンドだったが、責任者のウルモフ大佐に見つかりアレックが拘束されてしまう。 ボンドはやむなく彼を見捨て秘密工場を爆破し、任務を達成した。 それから9年後。 20世紀も終わりに近く、ソ連は既に崩壊していた。 ボンドはでの犯罪組織「ヤヌス」のメンバーであるゼニアをマークしていたが、彼女と将軍になっていたウルモフは、対電磁波装甲を施したの最新鋭・を、デモンストレーションを行っていたフリゲート艦上から奪取・逃走する。 その後ゼニアとウルモフは、そのヘリコプターを用いて隠密でロシアのにある秘密宇宙基地を訪れる。 そこの職員であったボリスは二人と同じヤヌスの一員であり、かねてより二人を手引きしていた。 ゼニアとウルモフはソ連時代の秘密兵器「ゴールデンアイ」の起動キーを受け取ると、ボリスを除いてそこの兵士と職員を皆殺しにする。 また宇宙基地ごと隠滅するために、宇宙空間に存在する「ゴールデンアイ」を基地に向けて照射した。 しかしこのとき女性コンピューター技術士のナターリアは、奇跡的に生き残り脱出することができていた。 この様子をイギリスのMI6から衛星中継を通じて見ていたボンドは、「ゴールデンアイ」とヤヌスの関係の手掛かりを求めてへと赴く。 一方、将軍としてロシアの大臣会議に出席し、セヴェルナヤの事故についての虚偽の報告をしたウルモフは、ミシュキン国防大臣からボリス以外の行方不明者がいることを知らされ、ボリスを使って捜索させる。 ボンドはサンクトペテルブルクでジャックとヴァレンティンの仲介を受け、ゼニアと接触することに成功し、彼女を通じてヤヌスの幹部と接触するチャンスを掴む。 しかし、そこで待っていたのは9年前ウルモフに殺されたはずのアレックであり、彼がヤヌスの首領であることを告げられる。 アレックの両親は出身であり、旧ソ連の共産体制で迫害を受けていたためイギリスに加担しようとしたが、中にイギリスがソ連に対してコサックを引き渡したためソ連によって両親が処刑され、以来イギリスに恨みを持ちながらMI6で二重スパイとして長年生き抜いてきたことを告白する。 アレックはボンドを捕らえ、ナターリアとともに用済みとなったヘリコプター・タイガーの中に閉じ込めて爆破しようとするが、間一髪で2人は脱出することに成功する。 しかし直後にロシア軍によって捕らえられ、ミシュキンによる尋問を受けることになる。 ここでボンドとナターリアはミシュキンに真実を告げるが、割って入ってきたウルモフによってミシュキンは暗殺され、ナターリアが連れ去られる。 ボンドはサンクトペテルブルク市内をに乗ってウルモフを追いかけるうちに、ヤヌスが拠点としている秘密の軍用列車を発見する。 列車内でウルモフを倒しナターリアを奪還することに成功したボンドは、ナターリアのハッキングによってヤヌスの隠し拠点がに存在することを突き止める。 「ゴールデンアイ」を起動するにはセヴェルナヤと同規模のが必要だということから、2人はキューバでセスナ機に乗って上空からその探索を試みるものの、まったく見つけられずにいた。 その時突如爆撃を受けたセスナ機はジャングルに墜落。 その後ゼニアがボンドに襲い掛かってくるものの、彼女を撃退することに成功する。 一方、隠し拠点にいたボリスとアレックは「ゴールデンアイ」を起動させるため、湖の底に隠していたパラボラアンテナと基地を出現させて発射準備に入った。 基地内部でボンドはアレックから、ヤヌスがボリスを用いてイギリス・ロンドン銀行に不正アクセスして金を引き出し、その操作記録を「ゴールデンアイ」で隠蔽する計画であったことを告げられる。 しかしナターリアが「ゴールデンアイ」の挙動を書き換えることに成功し、大気圏突入させて自爆させるよう仕向けさせた。 そしてボンドは仕掛けておいた爆弾を起動させて基地を爆破させ、基地上部にあるパラボラアンテナ上で一対一でアレックと死闘を繰り広げ、彼を突き落とし、爆発して落下するアンテナの下に彼を葬った。 スタッフ [ ]• 監督 -• 製作総指揮 - トム・ペブスナー• プロデューサー - マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ• コンサルタントプロデューサー - (クレジット無し)• 原案 - マイケル・フランス• 脚本 - ジェフリー・ケイン、ブルース・フィアスティン• 音楽 -• 主題歌 -• 作詞・作曲 - 、• エンディング・テーマ「エクスペリエンス・オブ・ラヴ」 - エリック・セラ• 作詞・作曲 - エリック・セラ、• 劇中歌「」 - ミニー・ドライバー• 作詞・作曲 - ビリー・シェリル、• 撮影 -• 編集 -• プロダクション・デザイン -• 美術 - ニール・ラモント• 特殊効果 - クリス・コーボルド• ミニチュア効果 -• メインタイトル・デザイン - ダニエル・クラインマン キャスト [ ]• ジェームズ・ボンド - (アイルランド出身)• ナターリア・シミョノヴァ - (ポーランド出身)• ゼニア・ザラゲブナ・オナトップ -• アレック・トレヴェルヤン -• ジャック・ウェイド -• ヴァレンティン・ズコフスキー -• ボリス・グリシェンコ -• アルカディー・グリゴリビッチ・ウルモフ - 宇宙局長官• デミトリ・ミシュキン - 国防大臣• M -• Q -• マネーペニー -• キャロリーヌ - セレナ・ゴードン• ビル・タナー - マイケル・キッチン ボンドガール [ ] ボンドガールにはポーランド出身の美人女優、が抜擢された。 1980年代後半、スコルプコはモデルとしてヨーロッパを旅し、ヴォーグの表紙に登場した。 1987年、彼女はスタッフ・ヒルデブランド監督によって発見され、映画『インゲンカナルスカソムビ』(「誰も私たちのように愛することはできない」)で主演した。 1990年代初頭に、彼女はアルバムをリリース、ポップ歌手として短いが成功したキャリアを持っており、北欧スウェーデンでも評価された。 2011年、スコルプコは彼女の歌手としてのキャリアを再開し、スウェーデンのミュージシャン、ピーター・ヨバックとシングル「Jag Har Dig Nu」でデュエットし、曲のミュージックビデオを制作した。 スコルプコはスウェーデンの『ネクスト・トップモデル』の2012年春のシリーズに参加したが、2番目のシリーズは継続しなかった。 2013年スコルプコは、デビッドヘレニウスとともに、スウェーデンの新しいロマンチックコメディ『Micke&Veronica』の主役に指名された。 興行成績 [ ] 米国では『』の3倍のチケットが売れた。 1995年の映画の世界興行成績で第3位 の約3億5000万ドル(資料により若干相違がある )で、インフレ率を勘案しない場合、過去最高だった『』の約2億1000万ドルを上回った。 日本では1996年度の外国映画配給収入で第10位。 キャラクター、キャストなど [ ] (2007年撮影)• 初代から5代目までの全てのボンドと共演した唯一の俳優であるQ役のデスモンド・リュウェリンはブロスナンについて、「以降、最高のボンドを見た気分だ」とインタビューや音声解説で絶賛している。 また、007シリーズと同じく世界的に有名なスパイアクション映画となったのは主人公のイーサン・ハントは、ブロスナンのボンドに影響を受けていると公言している。 イザベラ・スコルプコ演じるナターリア・シミョノヴァはボンドの任務に巻き添えになるという典型的なパターンを踏襲しているが、過去のボンドガールよりも自立した女性、繊細ながらも芯の強い女性として描かれており、前半ではもう一人の主人公のような扱いを受けている。 また、ボンドと出会ってからは最後までボンドと行動を共にし、ボンドの任務に巻き込まれるだけではなくパートナーとしてボンドを助けている。 当初からボンドと対等に渡り合い、強気な姿勢でボンドの敵に対しても勇敢に立ち向かうほか、孤独な稼業を続けるボンドに思いやりを示すなど、1990年代以降のボンドガールの方向性を決定付けた。 近年のシリーズのボンドガールでは特に人気が高いが、着ている衣装の種類は少なく、3パターンほどしか存在しない。 本作よりM役が女性のに交代された。 新しいMは法学部卒で、MI6では分析官を長年務めた学者タイプの人物であり、ボンドのような秘密工作官たちからは煙たがられている。 ボンドの友人で秘密工作本部長のビル・タナーは分析官に信頼を置く彼女を「数字の魔女」と表現。 子持ち。 前任のMは党だったが、彼女は党。 などを飲んでいる。 女好きのボンドに「女性軽視の恐竜で冷戦の遺物」と嫌味を言うものの、その後の作品ではボンドの任務の取り組み具合を見て前任者たちと同様、ボンドに理解を示す。 Mが女性になった理由は、に実際の(ではない)のトップが女性だと判明し、大ニュースになったから。 ジュディ・デンチは、1998年の「」でを受賞した。 過去、オスカー受賞者をキャスティングしたこと(、ら)はあるが、007シリーズ出演以降、アカデミー賞を受賞したのは、、(「」に出演)の3人。 脇役には大物ではなく地味でもひと味ある俳優を置くのがシリーズの伝統だが、ジュディ・デンチはこの後アカデミー賞やトニー賞を受賞し、さらには毎年のようにこうした大きな賞にノミネートされてきたほか、その功績によりイギリス王室から「」の称号まで許されるなど、イギリスを代表する大女優となった。 それでも本人はボンドシリーズの大ファンということで、2012年に007シリーズを卒業するまでの17年間M役のオファーは二つ返事で引き受けていたという。 マネーペニー役も今作からに代わった。 ボンドとマネーペニーは年齢差なく、互角に戯れる従来の設定に戻っている。 ボンドは彼女がある男性から観劇に誘われたことを聞いて興味を示す。 当初、アレック・トレヴェルヤン役にはが考えられていた。 また、ショーン・ビーンはボンド役の候補だった。 ボンド役の候補が別の役で出演するのはシリーズの常套手段である。 ジョン・ウェイド役を演じたジョー・ドン・ベイカーは、「」では敵役の武器商人の「ブラッド・ウィティカー」を演じていた。 が歌った主題歌「ゴールデンアイ」は、のとが作詞・作曲した。 007シリーズで幾度も特殊効果を担当してきたは、本作撮影終了後に死去した。 このため、本作はエンド・クレジットにメディングスへの献辞が記されている。 また、同サウンドトラック・アルバムは、アルバム・チャートで最高位180位だった。 エピソード [ ] アレシボ天文台• 「ゴールデンアイ」は原作者のの別荘名。 元々は彼が第二次大戦中に指揮していた作戦()の名前だった。 ボンドの所属組織は前作まで英国秘密情報部(O. :On Her Majesty's Secret Service)などと呼ばれ、のすぐ近くにあるユニバーサル商事(Universal Exports)という会社をカムフラージュに使用していた(ただし、建物が映されたことはない)が、本作から実在の(正式にはSISであるが)となり、本部の外観の映像も、ロンドンのヴォクスホールにある実際のMI6本部のものが使用されるようになった。 本作冒頭でボンドはソ連アーカンゲル()の化学兵器工場に潜入する。 ダムのロケは、スイス、のヴェルザスカ・ダムで行われた。 ここでボンドが決行したは、実際にスタントマンのウェイン・マイケルズがジャンプを行って撮影された。 工場を脱出したボンドは、バイク(・W16)で飛行機(・)を追い、断崖からダイブして乗り移る。 このシーンはスイス・アルプスでロケされ、実際にスカイダイバーのジャック(ズー)・マルニュイがスタントを行っている。 をドライブするボンドは、をドライブするゼニアとカーチェイスする。 ボンドはカジノ・ド・モンテカルロでゼニアとをした後、アントワーヌ砦から彼女の行く先を観察する。 ゼニアとウルモフは、エルキュール港に停泊していたの、からタイガー・ヘリを奪取する。 により、シリーズで初めてロシア国内()でのロケが実施された。 しかし、実際には多くのシーンがロンドンなどで撮影されている。 の会議が行われた建物は、サンクトペテルブルクの宮殿広場にある旧参謀本部で、向かいに見えるのはである。 ボンドは828便でサンクトペテルブルク空港に到着するが、その建物として使われたのはロンドン郊外のエプソム競馬場である。 ウェイドの車( 412)が故障したシーンの撮影は、ロンドンの前で行われた。 ここは冬にはスケートリンクになる場所である。 ボンドは拉致されたナターリアを追うため、の戦車を奪って市街地を走る。 この戦車は風の部品を装備するなどらしく見せているが、撮影に使用されたのはである。 戦車に乗ったボンドは市街でのカーアクションを繰り広げるが、破壊される建物はセットである。 途中、のトレーラーを大破させ、路上に缶を散乱させる。 ヤヌスのミサイル列車の走行シーンは、イギリスのネーン・バレー鉄道で撮影された。 同鉄道は、『』の列車アクション・シーンでも使われている。 ボンドは潜入のために渡り、ウェイドに172型機を手配してもらう。 ボンドとナターリアの海岸のシーンは、ラグナビーチで撮影された。 キューバにあるヤヌスの基地は、プエルトリコのでロケされた。 ゴールデンアイをコントロールするは、実際はである。 「ゴールデンアイ・アルティメット盤」DVDはイギリスでは、初の「uncutバージョン」でリリースされた。 イギリスでは、冒頭のアレックの銃殺シーンと、オナトップのナターリャへの頭突きシーンが映倫規定に触れ、一部カットされ、「PG-12」規定で公開されたが、アルティメットDVDではこの2カットが追加され、規定も「PG-12」から「R-15」に格上げされた。 この規定変更は「美しき獲物たち」でも「PG-12」から「R-15」へランクが改定された。 日本盤も同様の「uncutバージョン」。 しかし、日本で既に発売されたDVD「ワーナーホームビデオ版」「ゴールデンアイ(特別編)」はマスターがアメリカ公開版だったため、「アルティメット版」と同じuncutバージョンで収録されていた。 とは8年後に『』でも共演している。 2010年4月、で画質にて完全放映された。 2012年にDVD版(1枚組)が再発売された際、ジャケット写真がボンドとナターリアが仲良く戯れているものに変更された。 公開から15年以上経過した現在でも本作の主演コンビが高い人気を保っていることを証明することとなった。 小説 [ ]• ジョン・ガードナー『ゴールデンアイ』後藤安彦訳、、1995年12月10日。 Gardner, John 1995-10-19 英語. Goldeneye. Sceptre. 秘密兵器など [ ] ・• ()がとして初めて使われた。 使用されたZ3は、日本ではサイズに該当する前期型である。 以下のものを装備しているが、劇中での目立った活躍はない。 全方向レーダー。 自爆装置。 ヘッドライトの裏側に。 制動用パラシュート。 本作から腕時計のタイアップ・メーカーがとなり、「シーマスター ダイバー 300M」が使用された。 この時計はである。 鉄板をも焼き切るレーザートーチ機能を備える。 また、仕掛けた爆薬を遠隔操作で時限爆破させることもできる。 『』で使用された日本のメーカーの時計では、爆薬と時計本体がワイヤーで結ばれていたが、今回はワイヤレスによる起動が可能になっている。 なお、このシーマスターは支給品であり、006も9年前にしていた旧型を、引き続き愛用していることになっている。 ダムからのバンジージャンプの際、地面にワイヤーを打ち込み反動を防ぐ。 また、レーザーを発射し鉄板を焼き切る。 男性用革ベルト。 バックルに内蔵したワイヤーを発射しぶら下がることが可能。 ・ジョッター・ボールペン型。 ノック3回で4秒信管が作動。 もう一度3回ノックすると解除される。 この他、Qの研究室には以下のものが登場。 Qが足にはめたがロケット弾を発射。 ()の電話ボックス。 電話を掛けようとすると内部がで充満し押し込められる。 2009年6月22日閲覧。 2009年8月5日閲覧。 シネマトゥデイ. 2005年3月2日. 2009年8月5日閲覧。 WorldwideBoxoffice. com. 2009年6月22日閲覧。 WorldwideBoxoffice. com. 2009年6月22日閲覧。 2009年6月22日閲覧。 2009年8月24日閲覧。 2009年6月22日閲覧。 番外編の「」に出演したを含めると4人• Young, Cy 1995年9月14日. 2009年8月5日閲覧。 2009年8月16日閲覧。 リンク切れ• at 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の