統合失調症 ブログ ランキング。 統合失調症でも働き続ける

統合失調症でも働き続ける

統合失調症 ブログ ランキング

こんにちは、鯉です^^ 今朝から降っていた雨も止んで、清々しく感じられ気持ちが良いです。 そんな時に、気持ち良く瞑想やチャネリング等をしている人も 沢山いらっしゃるのではないでしょうか。 そんなところから今日は、統合失調症についてお話したいと思います。 みなさんは、統合失調症ってご存知でしょうか? 統合失調症といえば、 そうです、病院の医師がつける病名ですよね^^ 以前は、精神分裂病とも呼ばれていたようですが、 偏見を助長するということもあり 2002年に「統合失調症」という名所に変更されたようです。 その統合失調症の症状として一番多いのが、 幻覚や妄想になりますよね。 詳しく説明すると、 脳の中枢神経にトラブルが起こってしまい、 情報処理がうまくいかなくなってしまうと云う事です。 すると、思考や情動との間に分裂が生じてくるのです。 そこから、徐々に幻覚と妄想などの症状があらわれ始めるのですが、 現実と非現実の区別がつかなくなってしまう!! と云う事になります。 私のセッションにも、 病院の医師からは、統合失調症と云われました・・・。 そんなことを発言するクライエントさんが、数多く来ています。 しかし、幻覚や妄想といえば、病院では全て非現実とされているのが事実。 まぁ、私から見ますと、 統合失調症と病名をつけられた人の中には、 現実だと思われる人が、数多くいることも確かなようです。 どうしてかと言いますと、 そのクライエントさんが、見えた聞えたと云ったとき、 私も同じく見え聞えることがあるからです。 でも、中には、病院の医師が仰られるように、 非現実的な妄想としか思えない人もいることも確かです。 この統合失調症 現在の医学では、50%の回復率となっているようです。 そこで、私から一言^^ 私がセッションで見る限り、多いのが次のような人たちです。 それは、チャクラのバランスが乱れている人になります。 例えば、 辛い経験をすることにより、心身ともに疲れてしまった人が 自分に対して自信がなく不安感ばかりとなり 今までに、何度も自殺未遂を繰り返したり、 暴力行為に走ってしまっている人たちです。 そう、根のチャクラが、閉じてしまわれている人たちになります。 そうなりながらも、なんとかしたい・・・。 社会の状況に合わせなくてはと、頑張って合わせながらも、 周りの人たちの感情に対しては、過度な敏感になってしまい、 ちょっとしたことに対しても、深く傷ついてしまった人たちです。 そう、みぞおちのチャクラが、開きすぎている人たちになります。 ところが、神経質になりながらも、 頭頂のチャクラが開いてしまわれているため、 無意識に見え聞こえてしまわれているのです。 (特に、瞑想したりする人たちです) 今は、スピリチュアルブームになっております。 そこで、いろんな人たちから、 瞑想が良いよ!!と云われやり始めている人も大勢います。 ところが、今回のように、 統合失調症と病名をつけてしまわれる人たちにとっては、 瞑想は、しない方が良いのです。 第1チャクラが閉じ、第3チャクラが開きすぎたというような バランスが、よくなっていない状態で、 第7チャクラを開くのは、さけるべきなのです。 まずは、第1チャクラが開くよう、 お庭の手入れ(ガーデニング)をしたり、 好きな絵を描いたり、 好きな字を書いたり、 好きな物を作ったりと、現実感を得ることが大切になります。 さて、今日も楽しい一日にしましょうね^^ 読んでいただき、ありがとうございます。

次の

統合失調症でも働き続ける

統合失調症 ブログ ランキング

僕が統合失調症を発症した22年前は、精神分裂病と呼ばれていて、今に比べると偏見が強い時代で、精神分裂病に関する書籍というのは今のように多くなかった。 最近は統合失調症に関する本が数多く出版されている。 以下、統合失調症おすすめの本 統合失調症 おすすめの本 ランキング 「統合失調症がよく分かる本」 E.フラー・トリー 僕が発症した20年前は、今のように統合失調症に関する本というのは本当に少なかった。 その中でこの「統合失調症がよくわかる本」は僕のバイブルとなった。 著者の妹が統合失調症ということもあり著者の人生をかけた渾身の一冊という印象。 綿密なデータに基づき、「あ、統合失調症は不治の病ではなく、治るんだ!」という希望が生まれた。 何回読んだか分からないぐらい。 統合失調症の内的な世界観 「統合失調症がやってきた」 ハウス加賀谷 松本キック 自身が統合失調症になり、現在では講演会などで統合失調症の啓蒙活動をしているお笑い芸人のハウス加賀谷とその相方松本キックの著書。 これほど分かりやすく統合失調症の内的世界観を表現している本はないと思う。 天才的な文才。 ただ、僕自身共感出来るところが多く、発症前や入院時のことを思い出して辛くなってしまいなかなか読み進めることが出来なかった。 特に家族や看護する立場の人に是非読んで貰いたい本。 結論としては、自分に合った薬を医師の指示通り適切に服薬していれば、統合失調症は治る病気で、怖いことはない、といったことを伝える名著。 その他 精神疾患に関する書籍 「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」丸岡いずみ 地方の局アナから、キー局の看板ニュースキャスターへ華麗に転身。 その容姿は「奇跡の38歳」と騒がれるほどだった著者。 キャリアと美貌、だれもが羨む人生の階段を上っていたある日、突如、始まったうつ地獄への転落…。 元日本テレビのニュースキャスター・丸岡いずみが、重度のうつ病を発症し、奈落の底を這いつくばり、命がけで生還するまでを、赤裸々に語った自伝的エッセイ。 毎日をがんばるすべての女性に読んでほしい一冊。 主婦と生活社刊。 「食事に毒が盛られている」などの妄想もあったようで、もしかしたら統合失調症と診断されてもおかしくないと思った。

次の

介護の辛さ

統合失調症 ブログ ランキング

私は、自分の障害で大勢の人たちに迷惑をかけてきました。 と同時に、偏見も受けました。 それらすべて、いいとか悪いとか言うつもりはありません。 苦しかった現実を肯定はしませんが、否定しても何も生まれません。 このようなことになった原因は、私にあります。 病気に対する差別を肯定するわけではありません。 患者本人が誠実に対応しなければ、周囲も理解しようという気持ちにはなれないということを言っているのです。 辛い思いをしたから被害者だといえば、そうかもしれません。 しかし、この病気に加害者はいないのです。 患者本人がまず第一に対応すべきであったのに、それを怠っては、周囲も理解しようという気持ちにはなれません。 この点について、自分は思い違いをしていたように思います。 [4回] 先日、祖父の介護にいきました。 思ったほど弱ってはいなかったので安心ですが、やっぱり人間は歳をとるものなんだと思いました。 肉はなるべく食べないように心がけているのですが、出されたものなので食べました。 この記事を書いている真っ最中に、牛からの波動が飛んできます。 僕は、オンラインゲームをやるとサトラレがとてもひどくなります。 波長が乱れ、画面越しに伝わる感覚が出ます。 それに気づいたのとオンラインゲーム自体に飽きてしまったため、今はやっていません。 しかし、スマホゲームは割合に大丈夫なようです。 なぜかはわかりません。 ただ、戦争を題材にしたゲームをやると波長が荒々しくなりました。 ネット将棋でもサトラレ感が出ますが、本当に伝わっているかは確認しようがありません。 [1回] 今日は社会活動支援の施設に見学に行って、そのまま入会させていただきました。 精神障害者が多数とのことですが、やはりサトラレの存在はあまり知られていないようですね。 サトラレが起こるたびに会話が途切れていました。 何かを感じていたようです。 今後は、その施設での活動とサトラレを結びつけた記事も多くなるかと思います。 さて、今回は奇跡講座という本を二章まで読み進めた感想です。 この本では、愛の無い思いは幻影に過ぎない、というようなことを述べています。 そして、愛の無い間違った思いを訂正することで、幻影は幻影となるそうです。 これをサトラレに当てはめると、サトラレによる苦しみや辛さは幻影ということになるのでしょうか。 僕には分かりません。 僕は、あくまでも個人的に思うことですが、苦しみも辛さも必ずしも悪いものではないと思うのです。 その人の成長を支援したり、間違った方向性を修正することもあるんじゃないでしょうか。 だとすれば、それは愛に基づいているから幻影ではない。 僕の勝手な解釈で申し訳ないのですが、何かを否定する思いこそが幻影なのかもしれません。

次の