デリケート ゾーン ヒリヒリ。 性器ヘルペスについて 先週から、デリケートゾーンがヒリヒリ痛み、おできもたく...

デリケートゾーン、黒ずみ改善【スクラブ】のおススメは!?脱毛後もOKなの?

デリケート ゾーン ヒリヒリ

おすすめポイント• ビタミンC誘導体配合でデリケートゾーンの黒ずみ改善できる• ジェルタイプだからベタつかない• メラニンによる色素沈着を防げる 臭いが気になる人におすすめの保湿製品 デリケートゾーンの臭いは、陰部のムレと膣内環境悪化によるおりものが主な原因です。 陰部のムレよる臭いは、皮脂や雑菌を洗い流すことで改善することができます。 しかし、デリケートゾーンは洗いすぎるとかえって雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。 デリケートゾーンは、専用のソープを使った洗いすぎない洗浄で汚れを落としましょう。 おすすめポイント• 1回の使い切りで衛生的• 膣内の乾燥を防げる• 膣内のpHを整えておりものを軽減• 保湿成分配合で膣内を保湿できる かゆみが気になる人におすすめの保湿製品 デリケートゾーンがかゆい場合は、医薬品でかゆみを鎮める方法が最も効果的です。 薬剤によるかゆみの鎮静と、保湿製品によるかゆみ防止を併用しながらケアを行いましょう。 ここでは、デリケートゾーンのかゆみを鎮める医薬品を紹介します。 おすすめポイント• デリケートゾーンのかゆみをすばやく鎮められる• ヒリヒリや赤み、かゆみなどの炎症を鎮められる• 健康な肌である弱酸性の状態に戻すサポートをしてくれる 2. ドラッグストアでデリケートゾーン用の保湿クリームや市販薬を買う時のポイント デリケートゾーン用の保湿製品を選ぶ時は、以下のポイントを見て選ぶようにしましょう。 陰部に使える製品か• 保湿以外でどのような効果に期待するか• アルコールなどの刺激成分は含まれていないか この3つのポイントについて詳しく説明していきます。 陰部に使える製品かを見る 薬局には、プチプラで試しやすい商品がたくさん販売されていますが、市販製品の中にはデリケートゾーンに使うのに適していない保湿アイテムも販売されています。 デリケートゾーンに使えない製品でケアをしてしまうと、かえって乾燥や黒ずみが悪化する原因となってしまいます。 また、膣などの粘膜部分に使う場合は、より一層使用前の確認が必要です。 薬局でデリケートゾーンの保湿製品を買う時は、パッケージの注意事項を必ず読んでから購入するようにしてください。 パッケージを確認して、どのような効果が期待できる商品なのかを確認してみてください。 おすすめの保湿アイテムについては、1. ドラッグストアで買えるデリケートゾーンのおすすめ保湿ケアアイテムをご覧ください。 刺激成分が配合されていないかを見る デリケートゾーンの肌は、他の部位よりも皮膚が薄いため刺激成分に弱い状態です。 そのため、デリケートゾーンに使う市販薬や保湿剤は、腕や足に使うものより刺激の少ない製品を選ぶ必要があります。 以下の成分が配合されていない商品は、肌への刺激が少ないといえます。 アルコール エタノール• 合成香料• 着色料 また、パッチテストやアレルギーテストをしている製品は、肌が弱い人でも比較的安心して使うことができるでしょう。 このような成分や、テストの有無もパッケージを確認してみてください。 デリケートゾーン用の保湿アイテムが置いている場所 デリケートゾーン関連の製品が置いている場所は、薬局によって少し違いはありますが、多くの場合は生理用品売り場の隣に置かれています。 また、かゆみ止めなどの医薬品に関しては、かゆみ止めの医薬品売り場で販売されています。 購入するのが恥ずかしい人は、なるべく女性店員がいるレジでお会計を済ませてしまうのがおすすめです。 また、薬局で購入したデリケートゾーン用の製品は、外から何が入っているか見えない黒いレジ袋に入れてもらえるので、中身が見られないかを心配せずに買い物できます。 それでもやっぱり買うのが恥ずかしいという人は、通販などで購入してみてください。 まとめ デリケートゾーン専用の保湿アイテムは、薬局でも購入することができます。 購入する時は、以下のポイントに注目して選んでみてください。 陰部に使える製品か• 保湿以外でどのような効果に期待するか• アルコールなどの刺激成分は含まれていないか デリケートゾーンをしっかりと保湿ケアして、肌の不健康な状態による臭いや黒ずみをなくしてきましょう。

次の

デリケートゾーンのできもの【7つの種類とその治療法や対策】

デリケート ゾーン ヒリヒリ

これだけは耐えられない、あの悩み 「不快感」がテーマの働く女性の座談会。 話を聞くと、出るわ出るわ、女性ならではのお悩みが大爆発!次々に湧き出す不満のなかで、「大きな声では言えないけれど...... 」と盛り上がったのが、「デリケートゾーンがかゆい」という悩みです。 汗をかいたりすると、生理中でなくてもムレや不快感を感じるもの。 口には出さないだけで、みんな我慢していたことがわかってホッとしました。 と同時に「これってどうにかならないの?」「放っておいて大丈夫?」という疑問も。 そこで今回は、デリケートゾーンの専門医である「なおえビューティークリニック」の喜田なおえ先生に「デリケートゾーン対策」についてインタビュー。 気になるあれこれをうかがってきました。 知らなかった!デリケートゾーンのあんなこと Q1. デリケートゾーンがかゆくなるのは、なぜ? A. 汗やムレをはじめ、他にもさまざまな原因があります。 かゆみの原因には、汗やムレによる場合もありますし、カンジダなどの感染症や、下着など肌に触れる繊維が合わずにかぶれてしまっている場合などが考えられます。 特に生理のときかゆみを感じる理由は? A. 肌が敏感になっているから。 生理のときは、デリケートゾーンがムレやすく敏感になっています。 こまめにナプキンを取り替え、清潔を保つように心がければ、 かゆみは軽減されます。 汗をかいたら、デリケートゾーンは石鹸でよく洗うべき? A. 洗い過ぎは禁物。 デリケートゾーンを清潔に保つことは大切ですが、石鹸がデリケートゾーンの酸性を弱め、殺菌作用を弱くしてしまいます。 デリケートゾーンを洗うときは、専用のソープを使うのがおすすめです。 ひどいかゆみを感じたら、病気を疑うべき? A. 感染症の可能性があります。 かゆみの原因がすべて病気というわけではありませんが、カンジダなどの感染症の可能性も考えられますので、婦人科を受診して調べてもらうことをおすすめします。 下着の繊維や、生理ナプキンが肌に合っているかどうかも、もう一度見直してみましょう。 また、市販のデリケートゾーンのかゆみ止めを使用するのも手です。 かきすぎが原因で、デリケートゾーンのニオイや黒ずみが悪化するって本当? A. 本当です。 皮膚をかいてしまうと、その刺激で皮膚のメラニン細胞が活性化され、メラニンが増えて皮膚が黒ずみます。 また、かくことで必要な角質がはがれ、皮膚のバリア機能が失われて雑菌が侵入しやすくなり、ニオイの原因となります。 昔と比べてデリケートゾーンのかゆみやニオイが気になるように。 これって気のせい? A. 加齢による影響もあります。 特に30代後半になって女性ホルモンが減ってくると、腟の潤いが減り、かゆみが出たり、腟炎になりやすくなったりします。 若いとき以上にケアが必要です。 デリケートゾーン用の化粧水や美容液を使用して保湿をするのがいいでしょう。 季節によって増えるデリケートゾーンの病気がある? A. 年間を通して気を遣いましょう。 季節によって特に増える病気はありませんが、ほかより皮膚がデリケートな部位です。 ムレたり湿気がこもったりしないように、年間を通して気を使う必要があります。 お話を伺って特に驚いたのは、加齢にともなう女性ホルモンの減少が、デリケートゾーンのかゆみやニオイに影響しているということです。 その上「かくと黒くなる」という、よく聞くウワサが本当だったなんて! これからはかゆくても、かかないようにしよう...... と言いたいところですが、生理現象だけにつらいところ。 そんなときは、喜田先生のお話にも出ていた「 デリケートゾーンのかゆみ止め」を使ってみるのもひとつの手です。 デリケートゾーンのかゆみ・かぶれを鎮めてくれる「 フェミニーナ軟膏」は、使いやすいクリーム状の治療薬。 ステロイド剤を使用していない処方です。 ナプキンや経血、おりものによるかゆみ・かぶれや、汗ムレ、ストッキングをはいているときのムズムズ感......。 そんなデリケートゾーン特有の不快感が「 フェミニーナ軟膏」を塗ると気にならなくなるのは、かゆみを素早く鎮めて、かゆみの発生を抑える効果のおかげです。 さらに「 フェミニーナ軟膏」は、デリケートゾーン以外にも、肌のかゆみ全般に効き目があります。 虫さされや湿疹、あせも、皮膚炎にも使えるので、おだやかな処方のかゆみ止めとして、ポーチにひとつ入れておくと役立ちそうですね。 ドラッグストアで気軽に買えるのも魅力です。 また、ベタつかないクリームタイプの「 フェミニーナ軟膏」のほかに、よりさらっとした使い心地の「 フェミニーナジェル」、直接触らず使える ミストタイプがラインナップ。 ムレも気になる時はサラッとしたジェルタイプ、生理中はミストタイプなどと使い分けてもいいかもしれません。 もちろん、我慢ができないほどのかゆみを感じた場合には、腟カンジダなど感染症の可能性があるので、迷わず婦人科に相談するべき。 腟カンジダの場合、ポロポロとした白いおりものが出るという症状があります。 誤解されることが多いですが、 カンジダは酵母カビの一種で、性感染症ではありません。 風邪やストレス、寝不足や過労など、体力が落ちたときに症状が出ることが多いようです。 腟カンジダは、1度かかると完治しても再発してしまうことがあります。 そんなとき、頼りになるのが「 フェミニーナ 腟カンジダ錠」。 小型で挿入しやすいスリムタイプの薬です。 かけばかくほど悪化するデリケートゾーンのかゆみは、一刻も早い対処が重要。 「 フェミニーナ 腟カンジダ錠」なら、再発時にドラッグストアで買うことができるので異変を感じたらすぐに対応することができます。

次の

【2019年最新版】VIO(デリケートゾーン)におすすめの除毛クリーム4選!

デリケート ゾーン ヒリヒリ

「医療機関に行っていいの?」「恥ずかしいし……」などと考えているうちに、受診のタイミングを逃し症状が悪化する可能性も否めない。 そんな悩める女性たちをどうにかして救いたいと、デリケートゾーンのトラブル対応に力を入れているのが「白金高輪海老根ウィメンズクリニック」の海老根真由美先生だ。 特に更年期以降は、女性ホルモンの分泌が減りトラブルが増えてくるという。 「精神的にもダメージを受けやすい時期なので、心身ともにトータルでサポートしていきたい」と力強く語る先生に、トラブルの原因や対処法について話を聞いた。 尿漏れというと中高年層のイメージがあるかもしれませんが、座り仕事の方や産後の女性などにも多いのです。 最近は、においを気にして温水洗浄便座を使い過ぎてしまい、膣炎につながるケースも増えています。 できものには、毛穴に細菌が入り炎症を起こす毛嚢炎(もうのうえん)や、膣開口部にあるバルトリン腺に膿がたまって痛みを伴うバルトリン腺嚢胞、発疹や水ぶくれができるヘルペスなどがあります。 さらに、加齢の影響により膣粘膜が萎縮しやすくなるため、更年期世代を中心に「痛くて性交渉ができない」というご相談を受けることも少なくありません。 Qこうしたトラブルが起こる主な原因を教えてください。 最近の女性は、本当に頑張っていますよね。 会社では男性と肩を並べて仕事に励み、家に帰れば「ワンオペ育児」という方もいるでしょう。 にもかかわらず、睡眠時間が少なく、無理なダイエットで栄養不足になっている方が非常に多いのが現状です。 その結果、免疫力が低下し、細菌感染などを起こしやすい状態になってしまうのです。 また更年期世代では、膣の潤いが減り痛みやかゆみを感じやすくなりますが、これは女性ホルモンの分泌低下が原因です。 そのため更年期世代だけでなく、ホルモン値を下げる治療が必要な乳がんの患者さんなども、デリケートゾーンのトラブルが起きやすくなります。 実際、皮膚科や泌尿器科など、ほかの診療科に行ってから当院に来られる方もいますが、まずは婦人科を受診することをお勧めします。 外陰部はもちろん、膣内のトラブルも含めて幅広く診られるのは婦人科だからこそ。 膣の奥まで診ることのできる内診台がある点も、「ならでは」のメリットだと思います。 また婦人科というと内科的治療のイメージがあるかもしれませんが、実は外科にも強い分野なので、腫瘍の切除など外科的処置が必要な場合にも対応しやすいという強みがあります。 最近は女性医師も増えていますから、気軽に相談してみましょう。 Q治療法やセルフケアについて教えてください。 嚢胞は、レーザーで切除するとともに抗生剤の投与を行います。 更年期などの女性ホルモン低下に伴うトラブルには保湿剤の塗布や、ホルモン補充療法やプラセンタ療法を行い、免疫力の低下には漢方薬の処方もします。 その上で行っていただきたいのは、トラブルの起きにくい体づくり。 腸内環境を整えることも重要です。 当院では食事をはじめ睡眠・運動・入浴といった生活習慣に関するアドバイスを通じ、免疫力アップにつなげています。 その他、一部の難治性の皮膚疾患の場合、再発予防のため衛生面を考慮して医療脱毛を考える方もいらっしゃいますね。 通常は入院して行うケースが多いのですが、当院ではレーザー機器を用いて当日中に実施できますので、忙しい女性でも受けやすいのではないでしょうか。 また婦人科に限らず、女性のライフイベントに合わせ、産科や小児科、乳腺外科、泌尿器科、内科も標榜しているので、幅広い症状に対応可能です。 例えば婦人科ではピルを処方する前に、必ず乳がん検診を受けていただくのですが、問題が見つかればスムーズに乳腺外科につなぐことができます。 検査の結果、当院で対応が難しい場合は連携先の病院をご紹介しますので、まずは「総合窓口」としてご相談いただきたいですね。 ドクターからのメッセージ 海老根 真由美院長 膣の萎縮による痛みで下着が履けないという方もいるほど、デリケートゾーンの悩みは、女性にとって切実な問題です。 私たちはそういう方が少しでも楽になれるよう、全力でサポートしたいと思っています。 特に更年期は精神的に落ち込みやすい時期。 デリケートゾーンの悩みは女性としての自信にもつながるだけに、症状を改善するだけでなく、患者さんが生き生きと生活できるよう、体全体のバランスを見ながら治療することを大切にしています。 当院はスタッフ全員が女性なので、安心してお越しいただきたいですね。 もちろん「男性NG」というわけではありませんので、家族の健康管理のためにもパートナーと一緒にご利用いただくこともお勧めします。 白金高輪海老根ウィメンズクリニックの関連記事 ドクターズファイル•

次の