コラージュ フルフル 洗顔。 コラージュフルフル 泡石鹸の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

コラージュ化粧品シリーズ

コラージュ フルフル 洗顔

こんにちは! 梅雨などのジメジメする時期は特に顔の肌荒れに悩む『金無和也()』です! 実は僕、 少し日光に当たったり、 湿気の多い季節や、 体調が悪いと、顔が湿疹のように荒れてしまうという悩みをここ10年位持っています。 皮膚科では「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」と診断をされました。 別名・脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)とも呼ばれる症状です。 投薬されたステロイド系の薬は確かに炎症もおさまるし痒みも消えるのですが、塗布時の不快感(ベタつき)が気持ち悪くて継続できず・・・ 服や髪にもついたりするので、軟膏自体塗ることにも億劫になっていました。 また日中は仕事をしているので、薬が切れても皮膚科まで行くのが面倒でなかなか継続できず… そこで持田ヘルスケアの「コラージュフルフル泡石鹸」を購入し、試してみることにしたのです。 実はコラージュフルフル泡石鹸は、皮膚科医も推奨している市販の石鹸。 これなら毎日体を洗う際の石鹸を変えるだけなので、余計な手間もかからないし薬のベタつきとかもありません。 何より欲しい時にカンタンに手に入るので、続けられそうだな~と思い購入しました。 そもそも脂漏性皮膚炎とは? そもそも脂漏性皮膚炎ってどんなものなのか?基礎知識として軽く調べてみました。 脂漏性皮膚炎とは、真菌の一種であるマラセチア菌が皮膚上で異常繁殖することから引き起こされる皮膚炎。 最近では皮膚カビとか顔の場合は顔カビと呼ばれることが多いのですが、マラセチア菌と皮膚カビ・顔カビは同一のものと捉えても間違いではありません。 症状としては顔だとTゾーンや頬・口周りに赤み・痒みが出てポロポロと皮が剥けたり、襟足や胸部が赤くぶつぶつが出たりして痒みを伴ったりします。 症状の改善や治療法としては、ステロイド外用薬と抗真菌薬を処方される場合が多いのですが、ステロイドの副作用や使い続けることを嫌う人、薬を継続できない人は生活改善や日々利用する石鹸などを変えることで体質から改善させることも可能です。 金無和也もできれば薬を使わずに肌を元の状態に戻したいひとり。 ということでコラージュフルフル泡石鹸を使うことにしてみました。 梅雨時期になってからずっとこんな感じでした。 痒みは出るし、テカリもひどいし、皮はボロボロ落ちるし・・・ でもそれ以上に見た目が悪いですよね。 モテないのもきっとこの顔荒れのせいだ! 頼むぜ!コラージュフルフル泡石鹸!! 実践! 泡石鹸を手にとってみる。 (これで約2プッシュ) そして、顔を洗顔してみると・・・ プッシュしただけなのにフワッフワの泡が! いつも使っている洗顔料は肌の荒れた部分に染みて痛かったのですが、フルフル泡せっけんは肌荒れ部分に乗せても全然染みません! 洗っていても痛くないので、洗顔時に感じていたストレスもありませんでした。 こちらで体験談を紹介しているので、女性の方はぜひチェックしてみてくださいね!• まとめ まだ使い始めたばかりですが、確実に効果は実感しました。 今後も継続的に使用していきたいと思います。 金無和也と同じように肌カビや脂漏性皮膚炎で悩んでいる方には市販薬をいろいろ試すより、持田ヘルスケアのコラージュフルフル泡石鹸がおすすめ! ただ、頭からつま先までの全身をこの泡で洗うにはかなりのプッシュが必要でした。 全身をフルフルで洗いたい場合は、青いボトルの「コラージュフルフル液体せっけん(リキッドソープ)」がおすすめ! これなら2~3プッシュ出してネットで泡立てるだけで、全身たっぷりの泡で洗いあげることができます。 ちなみに今回紹介したピンクのコラージュフルフル泡石鹸は、女性のデリケートゾーンをケアするために発売された石鹸。 そのため赤ちゃんにも使える安心の成分のみで作られています。 僕も実際に使い、使い心地や効果について記事を書いていますのでぜひチェックしてみてくださいね。

次の

持田ヘルスケア製品 販売施設のご案内|持田ヘルスケア株式会社

コラージュ フルフル 洗顔

デリケートゾーンソープは症状で選べ! 「毎日お風呂に入って清潔にしているのに デリケートゾーンのニオイがキツイ・・・」 「ちょっと疲れが溜まると すぐにあそこが痒くなる・・・」 なかなか人には相談できないけど、 デリケートな女子の悩みは尽きません。 今ではデリケートゾーン用の石鹸も たくさん販売されているけど、 選択肢が増えた分、逆に何を選べばいいか わからない!という人も多いかも。 特にムレやすいデリケートゾーンは 雑菌が繁殖しやすいので、 殺菌することがニオイを防ぐ第一歩 なんですよね^^ ポンプ式の泡タイプだから使いやすい また、コラージュフルフル泡石鹸は その名のとおり、泡タイプのソープです。 ・薬用(医薬部外品) ・低刺激性 ・無香料 ・無色素 ・弱酸性 ・パッチテスト済み コラージュフルフル泡石鹸はカンジダにも効く? 女子がなりやすいデリケートゾーンの 病気の一つに「カンジダ症」 というものがあります。 わたしもなったことがありますが、 そりゃあもう、尋常じゃないぐらいに かゆい!!! そのかゆみと言ったら、 仕事中だろうが何だろうが ボリボリ掻きたくなってしまうぐらい。 さらに、カンジダになると、 オリモノが白くポロポロしたものに 変化します。 そこで本題です。 ここまでツラツラと書いてきましたが お気づきになりましたでしょうか? カンジダ菌は真菌(カビ)の一種 だと書きました。 カンジダを繰り返しやすい体質の人は 予防の意味も込めて、 コラージュフルフル泡石鹸を 一度試してみてはいかがでしょうか。 抗カビ成分配合でカンジダにも効く \コラージュフルフルの詳細をチェック/ カンジダはちょっとしたことでなりやすい ちなみに、カンジダは ちょっとした体調の変化でも 発症しやすいので厄介なんです。 膣カンジダは治癒しても再発もしやすく 約7割の人が再発した経験があるとか! どういう時にカンジダになりやすいか 簡単にまとめてみました。 ・疲労などで免疫力が低下しているとき ・抗生物質の薬を使用したとき ・デリケートゾーンの汗やムレ ・ホルモンバランスの変化 デリケートゾーンを清潔にして 健康に気をつけることで カンジダ症になるリスクを 抑えられそうですね。 ————— 上記のほかに、使用上の注意や 全成分などが記載されています。 コラージュフルフル泡石鹸は 泡で出てくるポンプ式です。 密度が濃い泡というよりは、 シュワシュワの泡なので 泡切れは良さそうです。 コラージュフルフル泡石鹸を実際に使ってみた感想 私は普段からデリケートゾーンには デリケートゾーン用のソープを 使っているので、今回も何の気なしに コラージュフルフルを2プッシュして あそこを洗い始めました。 生理中でも生理前後でもなかったし 特にお肌が荒れていたということも なかったと思うのですが・・・ でも、たまたまかもしれないので その後も何回か使ってみたのですが、 不思議なことに、ヒリヒリする時と ヒリヒリしない時があるんですよね~。 また、 コラージュフルフル泡石鹸は 病院から紹介されているパターンが多い ということにも驚きました。 病院だったらポンとお薬を出して終わり! という感じがしますが、医療機関が コラージュフルフルを紹介するというのは 抗真菌(抗カビ)成分の効果が高い という証明でもありますよね。 カンジダのかゆみだけでなく、 ニオイや肌荒れにも効果を感じている人が 多いので、コラージュフルフル泡石鹸の 殺菌・抗菌作用は確かなものだと思います。 どんなに称賛されている商品でも、 配合成分や、成分の組み合わせによって 合う合わないがどうしても出てきます。 こればっかりは個人差があるので どうしようもないんですよね。 そこで! もし、コラージュフルフル泡石鹸が ヒリヒリして使えなかった人で、 菌やカビを除菌・抗菌できる デリケートゾーン用ソープをお探しなら を試してみてください。 私も愛用しているのですが イビサソープには、 菌やカビを除菌・抗菌する成分のほか 6種類のジャムウ成分と 5種のビタミンが配合されています。 コラージュフルフルは、たしかに 殺菌・抗菌作用が高いのですが、 保湿や美容成分の配合が少ないため 刺激や乾燥が気になる という口コミも見かけました。。

次の

持田ヘルスケア製品 販売施設のご案内|持田ヘルスケア株式会社

コラージュ フルフル 洗顔

【目次】【薬剤師が解説】コラージュフルフルで菌のトラブルケア!全ラインナップを目的別に紹介 コラージュフルフルってどんなブランド? 肌の痒みや頭皮のフケなどに悩んでいる人にとって、石鹸やシャンプー選びは思っている以上に大切です。 「どんな石鹸でもキレイに洗えば大丈夫じゃないの?」「シャンプーを変えたくらいでは変わらない」と思っていませんか? コラージュフルフルはカビにも効く抗菌成分を配合した、抗菌石けんと抗菌シャンプーのシリーズです。 製薬会社が開発したブランドであり、頭皮ケア・カビ対策などに優れた効果を発揮します。 フケやかゆみなどの菌のトラブルに悩む人にとって頼れるブランドで、皮膚科医からも推奨されている商品です。 コラージュフルフルにはいくつかのラインナップがあり、それぞれの製品ごとに目的・用途が異なります。 自分にあった商品を見つけて、肌トラブル対策の一貫に取り入れてみましょう。 コラージュフルフルに含まれている成分の特徴や効果 コラージュシリーズに共通しているのが、有効成分である抗真菌成分「ミコナゾール硝酸塩」を配合していることです。 ただ、あまり耳慣れない成分で、違いがわからないという人も多いと思います。 よくある抗菌石けんに含まれている成分とは、どのような違いがあるのでしょうか。 ミコナゾール硝酸塩がカビに効く 抗菌石けんは多くの種類が販売されていて、特別に目新しさを感じられないかもしれません。 でも、コラージュフルフルに含まれている抗菌成分には大きな特徴があります。 特徴成分である「ミコナゾール硝酸塩」は細菌だけでなく、カビとも呼ばれる真菌にも効く成分です。 実は、生物学的に細菌と真菌(カビ)は別物です。 例えば、風邪や怪我のときなどに処方される抗生物質は、主に細菌に作用しますが真菌(カビ)には効果がありません。 真菌に対しては、真菌の増殖を抑える効果のある「抗真菌成分」が必要です。 ミコナゾール硝酸塩はお薬にも使用されている ミコナゾール硝酸塩は、医療用の水虫治療薬に用いられるほど、高い抗真菌作用をもっています。 真菌の細胞膜に含まれるエルゴステロールという成分の合成を抑えることにより、真菌の増殖を抑える効果を発揮します。 カビというとパンに生えたり、お風呂に生えたりするものというイメージがあるかもしれませんが、人間のからだにも棲んでいます。 カビは常在菌として誰にでも棲みついていて、多く増えすぎるとニオイや痒みなどの原因になる厄介な存在。 清潔に洗い流すだけではなく、カビを抑える作用のある成分を配合した石鹸を使って対処するのがおすすめです。 抗菌成分オクトピロックスがニオイの原因菌を抑える コラージュフルフルには抗真菌成分だけではなく、細菌に対して効果のある「オクトピロックス」が配合されています。 「オクトピロックス」はいろいろな抗菌石けんにもよく使われている殺菌成分で、細菌の増殖を抑える効果があります。 フケの原因菌や頭皮のニオイの元を抑えてくれる成分です。 ダブルのパワーで菌とニオイを抑える! フケの原因菌は、実はもともと皮膚に棲みついているカビであることが多く、皮脂を好んでエサにして増殖します。 フケやかゆみを改善するには、かゆみ止めを使ったり、皮膚を清潔にするだけでなく、その原因菌に対してアプローチしていくことも大切です。 コラージュフルフルは、カビや細菌の増殖を抑える2つの抗菌成分をダブルに配合しているので、優れた効果が期待できます。 よくある抗菌石けんは細菌に対する抗菌剤のみということも多いのですが、コラージュフルフルはカビにも効くことが大きな特徴です。 抗菌石鹸なのに低刺激だから肌に優しい 抗菌石けんというと、殺菌作用と洗浄力の強いイメージがあるかもしれません。 いくら殺菌作用が強くても、肌トラブルが起きているときに強い洗浄力があるものは避けたいですよね? コラージュフルフルは肌トラブルを起こしている皮膚のことを考えて、皮膚にやさしい処方になっているので安心して使うことができます。 敏感肌・乾燥肌でも使える適度な洗浄力• 洗浄成分が皮膚に残りにくい• 低刺激• 無香料・無着色• 弱酸性 汚れを落とすための適度な洗浄力を保ちつつも、すすぎ残しによる肌トラブルを起こさないよう残りにくい成分を使用しています。 肌にやさしい洗浄成分で洗い上げて、脱脂力が強すぎないので、皮膚を乾燥させにくいことも特徴です。 「低刺激性、無香料、無着色、肌と同じ弱酸性」という4つのこだわりで、肌をいたわりながら清潔に保つ洗浄料になっています。 コラージュフルフルのラインナップ紹介 コラージュフルフルには、「からだ用の石けん・ボディーソープ」と「シャンプー&リンス」の2つのタイプがあります。 また、使用目的によって、それぞれに数種類のラインナップが用意されています。 ここでは商品ごとの特徴と使い分けについて紹介していきます。 抗菌石鹸「コラージュフルフル石鹸シリーズ」• ニオイが気になる• ムレが気になる• 身体のカビが気になる• 菌とニオイが気になる このようなお悩みをもっている方におすすめしたいのが、「コラージュフルフル石鹸シリーズ」です。 コラージュの身体用石鹸の中で最もベーシックな製品となります。 抗カビ成分「ミコナゾール硝酸塩」、殺菌成分「オクトピロックス」を配合しており、低刺激性、無香料、無着色、弱酸性であるため肌に優しい石けんです。 <使用目的>• 顔、身体など全身の洗浄に• 気になる足の洗浄に• 毎日の洗顔、ニキビ予防• 体臭、加齢臭対策に• 赤ちゃんからご高齢の方の乾燥肌に• デリケートゾーンの洗浄に さまざまな用途で使用できる便利な石鹸で、家族全員でお使いいただけます。 泡石鹸とリキッドソープの2タイプがあるため、目的とお好みで選んで使いましょう。 コラージュフルフル泡石鹸 シャンプー&リンスのラインナップ コラージュフルフルシリーズのシャンプー&リンスは、抗菌力に優れた処方であることが特徴です。 他の市販シャンプーの多くは、髪の毛をサラサラにしたり、まとまりを良くしたり、香りをつけたり等の目的で作られています。 ただ、このコラージュフルフルのシャンプー&リンスは、抗カビ成分・抗菌成分が入っている薬用です。 主にニオイや頭皮のかゆみ、フケなどのトラブルに悩んでいる人におすすめの商品です。 <使用目的>• 頭皮をスッキリさせたい• フケを予防したい• かゆみを防ぎたい• 頭皮臭が気になる• 髪の毛を清潔に保ちたい• 抗菌シャンプーでも低刺激性を求める かゆみやフケ、頭皮の皮脂などに悩む人に適した処方ですが、もちろん特に肌トラブルが起きていない時でも予防的に使うことができます。 低刺激性、弱酸性、無香料、無着色であるため、肌が弱い子供からご高齢の方まで幅広く使える商品です。 シャンプーにはノーマルなタイプと、ニオイへの処方を強化したプレミアム、スカルプケア用があるため、目的と好みによって使い分けましょう。 コラージュフルフルネクストシャンプー 頭皮のかゆみ、フケが気になる人、頭皮のカビ・細菌を抑えたいという時におすすめのシャンプーです。 コラージュフルフルネクストは、コラージュフルフルのシリーズの中で最もベーシックなシャンプーになります。 もちろん、抗カビ成分「ミコナゾール硝酸塩」と殺菌成分「オクトピロックス」も配合しています。 シャンプーには、仕上がりにより「うるおいなめらかタイプ」と「スッキリさらさらタイプ」が用意されています。 洗い上がりがしっとりする「うるおいなめらかタイプ」が赤いパッケージ、さっぱりとした洗い上がりの「スッキリさらさらタイプ」が青いパッケージです。 コラージュフルフルネクストシャンプー の商品情報 価格:2,742円(税込) 内容量:400ml コラージュフルフルシャンプーの中で、最も処方がリッチなタイプがこのプレミアムです。 皮脂を落とすだけではなく、頭皮のニオイ対策にも力を入れた商品になります。 日本初の消臭に対するトリプル処方を実現していて、ミコナゾール硝酸塩、オクトピロックスに加えて「緑茶乾留エキス」も配合。 緑茶の消臭パワーを活用した処方です。 髪を洗った直後からニオイを抑えて、24時間経っても消臭効果が続いたという実感の声も上がっています。 ノンシリコン、低刺激性でフルーティーフローラルの香りなので男女問わず使うことができます。 コラージュフルフル PREMIUM シャンプーの商品情報 価格:1,920円(税込) 内容量:200ml 香り:フルーティーフローラル コラージュフルフルシリーズの中で、唯一のローションタイプの製品です。 ローションをノズルで直接頭皮につけて使用します。 育毛を目指す女性に向けて作られていて、女性ホルモン「エチニルエストラジオール」を配合しています。 女性は加齢に伴い女性ホルモンの分泌が減少します。 それにより、男性ホルモンの分泌とのバランスが乱れることで皮脂分泌が乱れて薄毛・脱毛が起こりやすくなります。 女性ホルモンを補うことで、頭皮の皮脂バランスをコントロールして脱毛を防ぐ効果が期待できます。 他にも頭皮の血行を促進するセンブリエキス、酢酸トコフェロール、サリチル酸ワセリンなどを配合。 ただし、この製品には抗菌・抗カビ成分は配合されていません。 同じ中身の入ったスプレータイプも販売されています。 コラージュフルフル 育毛ローションの商品情報 価格:3,020円(税込) 内容量:120ml こんな症状があれば皮膚科に相談! 頭皮のフケやかゆみは、比較的よく起こりやすい身近な症状です。 でも、症状の強さや原因によっては、セルフケアでは対処が難しい場合もあります。 例えば次のような場合には、シャンプーや石鹸を抗菌タイプに変えたところで、十分な効果が得られない可能性があります。 あくまでもコラージュフルフルなどの薬用石鹸は予防と治療の補助に使うべきもので、治療効果は期待できません。 早めに皮膚科で相談してみましょう。 フケがひどい• 大きなカサブタ状のフケがこびりついている• かゆみが強い• 炎症や赤みが強い• 抗菌シャンプーや石鹸を使用しても改善しない 身体のかゆみや頭皮のフケが気になるならば、石鹸やシャンプーを抗菌作用の優れたものに変えてみるのも方法の一つです。 コラージュフルフルシリーズは、製薬会社が開発した、カビにも細菌に対しても優れた効果を発揮する薬用タイプです。 単に洗うだけではなく、菌から身体を守ってくれる強い味方となります。 かゆみやフケなどの予防や治療の補助として使うことで、毎日を快適に過ごしやすくなるかもしれません。 毎日の入浴やシャンプーのタイミングに取り入れて、よりキレイになることを目指しましょう。 執筆・監修:薬剤師 笹尾 真波(ささお まなみ) 大学院卒業後、某内資系製薬企業にて市販薬の企画開発・マーケティングなどに携わる。 その後、都内大型門前病院前のドラッグ併設調剤薬局にて、調剤業務および市販薬のバイヤー・在庫管理・販売にも携わる。 その他、サプリメント・ハーブやオーガニックコスメ販売にも従事する。 また、外資系製薬企業にてDI業務、学術情報部門にて糖尿病や免疫関連の学術情報の検索および情報提供にあたる。 現在は非常勤薬剤師として調剤薬局で勤務する傍ら、正しい薬の使い方や医療情報、美容関係の情報提供に務める。

次の