昭和 歌謡 ベスト テン。 塾長の独偏ベストテン

昭和の歌.ベスト200

昭和 歌謡 ベスト テン

25日夜、BS-TBSの「昭和歌謡ベストテンDX」として「なかにし礼特集」が放映されていた。 歌謡界に燦然と輝く作詞家なかにし礼のヒット曲10選が発表されていたが、どの曲も知っているものばかりで、懐かしい想いで番組に魅入ってしまった。 発表されたベストテンは、下記の通りであった。 第1位 「知りたくないの」 菅原洋一 第2位 「北酒場」 細川たかし 第3位 「別れの朝」 ペデロ&カプリシャス 第4位 「まつり」 北島三郎 第5位 「石狩挽歌」 北原ミレイ 第6位 「恋の奴隷」 奥村チヨ 第7位 「グッド・バイ・マイ・ラブ」 アン・ルイス 第8位 「恋のフーガ」 ザ・ピーナッツ 第9位 「時には娼婦のように」 黒沢年雄 第10位 「今日でお別れ」 菅原洋一 この中で、個人的に特に印象が強い曲は、「石狩挽歌」と「グッド・バイ・マイ・ラブ」である。 「石狩挽歌」(1975年)は、20年も前だが、渋谷の電力館で行われたなかにし礼さんの講演会で、この歌の生まれた背景を詳しく本人の口から聞いたことがある。 講演では、身の上話もいろいろ話されたが、この曲の詞には本人の幼少時の体験、どうしようもない兄に対する複雑な気持ち、人生に対する想いが織り込まれている。 社会人になって初めての勤務地が北海道で、小樽にも何回か出掛けていたので、親しみも深かった。 また、「グッド・バイ・マイ・ラブ」(1974年)は、アン・ルイスもいいが、大好きなテレサ・テンが中国語でカバーしていた曲だからである。 「石狩挽歌」: 「グッド・バイ・マイ・ラブ」(テレサ・テン 中国語): なかにし礼さんは、上の10曲だけでなく、作詞家としていい詞をたくさん残しており、大好きな作詞家の一人である。 それにしても、BSの歌謡番組は、我々世代にとっては、最高の贈り物である。 BSに拍手!• 2008年の日記• 10月• 2009年の日記• 10月• 2010年の日記• 2011年の日記• 2012年の日記• 2013年の日記• 2014年の日記• 12月• 2015年の日記• 2016年の日記• 2017年の日記• 2018年の日記• 2019年の日記• 2020年の日記• 10月• 11月• 12月.

次の

昭和歌謡ベストテン

昭和 歌謡 ベスト テン

(注)この番組は【時間指定予約】での録画予約となります。 番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 番組データ提供元:IPG Inc. TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク) このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 番組データ提供元:IPG Inc. TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク) このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。

次の

昭和の歌.ベスト200

昭和 歌謡 ベスト テン

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年1月) 歌え! 昭和のベストテン LET'S THING! SHOWA TOP10 HITS ジャンル 企画 尼崎昇(演出/P兼務) 演出 尼崎昇(企画/P兼務) 出演者 オープニング 「歌え! 昭和のベストテン」テーマ エンディング 同上 製作 プロデューサー 尼崎昇(企画/演出兼務) 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜 21:00 - 21:54 放送分 54分 回数 54 『 歌え! 昭和のベストテン』(うたえしょうわのべすとてん)は、(28年)から(平成30年)まで、にて放送されているである。 放送時間は毎週の21:00 - 21:54()。 概要 [ ] のある年、またはテーマを絞り、それに対してのを発表して歌を披露していくスタイルの歌番組である。 アンケートやリクエストなどによりランキングを発表する。 とのコンビがMCを務め、ゲストによる歌や、その歌手の代表曲誕生のエピソードなども紹介する。 のカラオケ音源を使ったり再放送の頻度が高かったりと、予算の制約はあったが、やといった生バンドの演奏を入れたりして、音楽番組としてのこだわりを見せていた。 2018年3月31日の最終回は、第48回を再放送し、番組最後にグランドフィナーレとして太川らがお別れの挨拶をして放送を終えた。 出演 [ ] MC• 企画・演出・プロデュース:尼崎昇• 構成:高梨武志• リサーチ:坂本あかね• TM:木村博靖• SW:村田陸彦• カメラ:大谷アグリ• VE:飯島友美• MIX:原秀彰• PA:藤原靖久• 照明:千葉雄• TP:坂西敏明• TK:桜井えみこ• 音効:佐藤裕二• 編集:長谷川賢太• MA:上松紗弓• 美術:牧野沙和• デザイン:北原龍一• タイトルデザイン:後明裕一• 大道具:前田忠輝• メイク:奥松かつら• 主題歌:「歌え! 昭和のベストテン」• 詞・曲:尼崎昇• 制作P:大工原望• 技術協力:• 美術協力:• 音楽協力:• デスク:成田仁美、安藤絵里子• 制作進行:齋藤遥、藤田晃祥• 音楽監督:本橋武夫• ディレクター:安達穣史、錦織信彦、豊永満、庄司名衣• プロデューサー:鳥居良太、久保田誠、藤井純、兜森英美• チーフプロデューサー:栖川一郎• 制作協力:、• 製作著作: 関連項目 [ ]• - で木曜日に放送されている、こちらも昭和時代のを扱うランキング音楽番組。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の