困難 意味。 「艱難辛苦」の意味や由来とは?使い方と類語・対義語も解説

方位除

困難 意味

「困難を有する」とは? 「困難を有する」の表現の使い方• 「困難を有する」を分解して解釈• 「困難を有する」を使った例文と意味を解釈• 「困難を有する」の類語や類義語・言い換え 「困難を有する」とは? 「困難を有する」というのは難しさを持ち合わせている、という意味があります。 困難という言葉には物事をするのが非常に難しい、難儀、などという意味があり、困難に立ち向かう、予期していなかった困難な問題、などと表現されます。 有するというのは持ち合わせているという意味です。 つまり、 「困難を有する」という表現は難しさを持ち合わせているという意味であり、例えば障害等の問題で何かができない場合、 「困難を有する」と表現される場合もあります。 例えば 「聞き取りに困難を有する軽度発達障害児のための対策」などといった使われ方があります。 軽度であれ、何かしらの発達障害などがあると漢字の書き取りや読み取りなどに問題が生じることもあるため、そのような子供のことを 「困難を有する児童」などと表現するのです。 扱いにくい子供というわけではありません。 「困難を有する」の表現の使い方 「困難を有する」というのは障害などの問題で日常生活に問題を抱えている人に対して使われることが多いのではないでしょうか。 例えば、子供であれば自閉症などの発達障害のために集団生活ができない、という場合もあります。 そのような場合に読み取りに 「困難を有する」などと表現するのです。 子供のうちはまだ自閉症なのか発達障害なのか、あるいは多動性なのか、はっきりと区別をすることが不可能です。 「困難を有する」ということで何ができないのかということに着目し、その子供をサポートするための対策を立てる必要があるのです。 最近ではニートや引きこもりなど、社会生活を営む上での問題を抱えている若者に対して 「困難を有する」若者と表現する場合もあります。

次の

「困難」の他の言い方は?類義語

困難 意味

2選目は「前途多難(ぜんとたなん)」です。 意味は、これから先多くの困難や災難が待っているさまです。 また、困難や試練・苦労がこの先に待っているだろうと予期されることの意味合いがあります。 「まだまだ前途多難(ぜんとたなん)だ」など、これから取り組みことに対してなどに、乗り越えなければならない困難が待っているときなどに使われます。 意味は、理屈に合わない無理な頼みごとや注文、実現的に考えてが困難・とうてい不可能な要求、簡単に解決するのが難しい問題などの意味合いがあります。 「無理難題(むりなんだい)を振られた」など、乗り越えることが困難で、苦労を重ねる必要があるときなどにに使われます。 ドラマなどで、会社の上司からの横暴な頼まれごとをされたときによく使われている言葉ですね。 意味は、非常な困難の中で、苦しみながらも一心に努力をすることや、強敵に死にものぐるいで苦しい戦いをすることです。 「不慣れな営業に悪戦苦闘(あくせんくとう)する」など、いままで経験したことがなくても苦労を耐え忍ぶ・とにかく頑張るというような場面で良く使う言葉です。 意味は、非常な困難にあって苦しい・とても悩むことです。 「会社の再建で艱難辛苦(かんなんしんく)する」というように使われます。 苦しい状況を耐え忍ぶ、とてつもない苦労を乗り越えるためにどうすれば良くなるのか、悩まなければならない場面で使われる四字熟語です。 意味は、どうにもこうにもならないさま、にっちもさっちもいかないさま、現状から進むことも退くことも困難な様子です。 「進退両難(しんたいりょなん)な局面を打開する」など、後ろにも前にも身動きが取れない苦しい現状から、乗り越える策ができたときなどに使われます。 意味は、さまざまな苦労や困難をしていくこと、また、そうした苦しい体験をしていくことです。 「千辛万苦(せんしんばんく)を重ねた末にでき上がる」など、さまざまな苦労を耐え忍ぶ・苦しい経験・困難を乗り越えることで、身に着いた経験がのちに役に立つ・人が育つという表現としても使うことができます。 意味は、目的達成までの道のりや時間が、まだ長く残っていて耐え忍ぶさま、今後の道のりがまだ遠く苦しい・困難なさまです。 「目標まではまだ前途遼遠(ぜんとりょうえん)だ」など、目標までの道のりが長く、さらには困難・苦労を乗り越える必要がある時に使われます。 意味は、事件や困難が多いさまです。 「多事多難(たじたなん)なプロジェクトだ」など、ハプニングや困難・乗り越える必要がある壁が多い時などに使われます。 意味は、難しいことの中でも、とりわけて・際立って難しいことです。 四字熟語ですが読み方と意味がシンプルなので使いやすい言葉です。 意味は、木によじ登って魚をとろうとする意から、方法が間違っているために目的を達成することが難しいこと、また、やろうとしても絶対に不可能なこと、無理な望みの例えです。 「それでは縁木求魚(えんぼくきゅうぎょ)だ」など、目的を達成することと反対のことをしてしまっている・動いてしまって、必要以上に難しく・困難な状況にいるときなどに使われます。 意味は、将来の大きな目的のために、一時の屈辱や苦労を耐え忍ぶことの例えです。 韓信が腹ばいになって人の股またの下をくぐる意からです。 「韓信の股くぐり」という句で有名です。 「目標を達成のためなら韓信匍匐(かんしんほふく)」など、目標を達成するために一時の苦労や困難を耐え忍ぶ、そして目標を達成するという使い方をします。 意味は、馬に汗をかかせ、戦功を得るために戦場を駆け巡らせる、また、それによって得た戦功のことを指します。 物事を成功させるためにあれこれ奔走する労苦に耐え忍ぶ例えです。 「この案件は汗馬之労(かんばのろう)になるだろう」など、案件を成功・無事に成し遂げるためには、汗水流し奔走し、苦労に耐え忍んだのちに成功するだろうという使い方をします。 意味は、目的に合った方法をとらないと、いくら苦労してもその目的は達せられないことの例えです。 また、見当違いの無理な望みを持つことの例えとしても使われます。 「それは敲氷求火(こうひょうきゅうか)な方法だ」など、目的に合った方法でないので、達成するには難しい・困難なことであるという使い方をします。 意味は、心身を苦しめて仕事や勉学に励むことです。 「刻苦勉励(こっくべんれい)して大成する」など、心身を苦しめ耐え忍ぶ・乗り越え、仕事や勉学に励むからこそ成功するという使い方をします。 意味は、難事を先にして利益を後回しにすることです。 まず人のために困難なことを行って、自分の利益になることは後回しにすることです。 成功している人たちは「先難後獲(せんなんこうかく)」を意識している人たちがほとんどですよね。 意味は、よい解決策が思い浮かばず、困って首をかしげているさま。 ああでもないこうでもないと、考え、困難を乗り越えようとしています。 「今のあなたは思案投首のようだね」など、誰かが良い解決策が思いつかず困り・悩み、首をかしげている時に使える四字熟語です。 「難しい」を表す四字熟語を使ってみよう! 最後まで読んでいただきありがとうございます。 日常的にも使える四字熟語や、あまり耳馴染みのない使っていたらかっこいい四字熟語を紹介しました。 四字熟語を使ってそのときの感情を上手に表現してくださいね。 下記の記事では「スローガンに使える四字熟語65選!会社や体育祭でかっこいい言葉は?」を紹介しています。 四字熟語に興味が湧いていましたら、ぜひ合わせてご覧ください。

次の

「困難を要する」とは?意味や使い方を解説

困難 意味

「困難を要する」とは? 「困難を要する」という言葉を聞いた事があるでしょうか。 「困難を要する」は 「こんなんをようする」と読みます。 ビジネスシーンでは、大きな仕事を始める前に 「困難を要する」というセリフを聞く事があるかもしれません。 また部活動で大きな目標の達成を目指す時も、 「困難を要する」というセリフが、顧問の先生の口から飛び出すかもしれません。 しかし、この言葉の意味を知らないと、 「困難を要する」を含むセリフを聞いても、どのような事を言っているのかが分かりません。 そこで、 「困難を要する」の意味や使い方を紹介します。 「困難を要する」の意味 「困難を要する」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。 「困難を要する」の 「困難」には、 「苦しみ悩む事」、 「物事をするのがとても難しい様子」という意味があります。 「要する」は 「必要」という意味がありますので、 「困難を要する」には、 「苦しみ悩む事が必要だ」という意味があります。 何かを始める前に 「困難を要する」という時は、 「この物事を達成するためには、苦しみ悩む必要がある」 「達成するのはとても難しい」という意味があります。 「困難を要する」の言葉の使い方 「困難を要する」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。 例えばビジネスシーンで大きなプロジェクトを始める時、 「順調には行かない」 「簡単な目標設定ではない」と予想される時があります。 このような時に、プロジェクトの参加メンバーに覚悟を促すために 「このプロジェクトの完遂のためには『困難を要する』はずだ」などと言います。 また誰かの目標を聞いた時に、その目標を達成するのは難しいと感じた時に 「困難を要する」という言葉を使い、警告をする事もあります。 安易な気持ちで何かに取り組もうとする人がいる時に、 「そんなに簡単ではない」と伝えたい時に、 「困難を要する」という言葉を使ってみましょう。 「困難を要する」を使った例文 「困難を要する」という言葉を使った例文を紹介します。 様々な場面における 「困難を要する」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。 この例文のように、山の頂上を目指す時は、 「困難を要する」という事を、参加者に伝えておく必要があります。 特に初心者が多い登山の場合は、このようなセリフを使って、少々脅かすくらいがちょうどいいかもしれません。 「困難を要する」例文2 「営業目標を達成するためには、『困難を要する』事を覚悟しておけ」 ビジネスシーンでは、 「困難を要する」という言葉を使う機会が多くなります。 実現可能な仕事ばかりするわけではなく、時には実現不可能と感じるような仕事をする事もあります。 また少し背伸びをした目標設定にしたほうが、社員のモチベーションが上がるという理由があるかもしれません。 仕事の責任者は、 「困難を要する」という言葉を使って、部下に本気で仕事に取り組むように覚悟を促す事があります。 「困難を要する」例文3 「『困難を要する』仕事だったが、無事にやり遂げて自信がついた」 この例文のように、達成するのがとても難しい仕事を達成すると、自信がつきます。 「困難を要する」仕事をする事は、ビジネスマンとして成長するために、時には必要な事かもしれません。 いつも厳しい仕事ばかりしていると疲れてしまいますが、定期的に成長のために 「困難を要する」仕事をするよう意識すると、スキルアップやキャリアアップにつながるかもしれません。

次の