チチガ対策。 チチガの原因や対策は?胸がワキガの匂いになりやすい人は?

チチガ臭の原因と自宅でできるチェックと対策RAKU

チチガ対策

《目次》気になるところから読む!• チチガ臭いチェック 一番簡単な方法は直接 乳首の臭いを嗅ぐことなので、恋人や夫などパートナーに確認してもらう方法をおすすめしたいところですが、チチガはお世辞にもいい香りとは言えません。 さすがに大好きな相手に臭いをかがせるのは躊躇します。 ブラジャーの臭いをチェック! そこで自分で出来る方法として、 一日つけていたブラジャーの臭いを確認してみてください。 外した直後は体温で温められた状態なので臭いを確認しにくいかもしれません。 ビニール袋に外したブラジャーを入れて一晩おいといてください。 翌日朝起きたときに袋から取り出してブラジャーの臭いを嗅いでみましょう。 このとき、 タマネギのような鼻にツンと来る刺激臭がした場合はチチガと判断できます。 ブラジャーのトップ部分の色変化をチェック! また、 ブラジャーの乳首が当たる部分をよく観察してみてください。 真新しいブラジャーだと分かりにくいですが、何度も身に着けているブラジャーを見ると 乳首部分がほんのり黄色く色づいていることがあります。 これはまさしくチチガの証拠と言えます。 脇の下のワキガの場合、シャツの脇の部分が黄色く色がついてしまいますが、あの状況と同じことが乳首でも起きているため、ブラジャーに色がついてしまうのです。 臭いと色、この二つで自分がチチガかどうか簡単チェックしてみましょう。 ワキガとチチガは共存するの? ワキガ体質の特徴 特に不潔にしているからワキガになるわけではありません。 そもそもワキガとは アポクリン汗腺が大きく影響しています。 私たち人間にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺が存在しています。 エクリン汗腺から出てくる汗は、体温が上がった時にそれ以上体温が上がって体に負担がかからないように熱を下げる役割を果たしています。 そのため手触りはさらっとしていて、時間が経つと自然に蒸発していきます。 そのほとんどの成分は水分で、ほんの少しだけ塩分が含まれています。 もう一方のアポクリン汗腺は、 脂質やタンパク質が含まれています。 そのため、汗が出たときにベタベタとしているので蒸発しにくく、いつまでも肌表面に汗が残ったままになります。 汗がベタベタしていたら要注意 この状態はとても不快感を覚えるので、ワキガであることを自分で実感している方も多いほとです。 残念ながら ワキガ体質と判断できるでしょう。 そしてこのワキガ体質ですが、 チチガ体質である可能性も非常に高くなります。 なぜなら先ほど話したように、ワキガの臭いは アポクリン汗腺が影響を与えているためです。 体質的にアポクリン汗腺が多い場合、脇の下だけでなく乳首の周り、さらにはVIOと言われるデリケートゾーンにもアポクリン汗腺が多いことが特徴となっています。 一ヵ所がワキガなら他の部位もワキガの臭いがすると捉えていいでしょう。 ただの汗の臭いと勘違いする人もいる 中にはアポクリン汗腺が少ないのに自分はワキガ体質だと勘違いしている方もいるようです。 エクリン汗腺から出てくる汗にはわずかな塩分が含まれているだけなので 汗そのものは臭いがありません。 しかし肌表面に雑菌があればそれと交じり合って体臭がしてくることがあるでしょう。 その場合は汗を拭きとればすぐに臭いがなくなるので、特に心配する必要はありません。 チチガやワキガはフェロモンだった? 私たち人間が進化の過程で、なぜアポクリン汗腺が発達したのかというと フェロモンが関係しています。 フェロモンの役割とは• 離れている異性に対して自分の存在をアピールする• 仲間同士のコミュニケーションのひとつとして臭いを発する 生きていくためには必要な働きですが、進化の過程で徐々に体毛が減ってアポクリン汗腺の数が減ったことで、エクリン汗腺も進化を遂げてきました。 これを踏まえて考えてみると、 脇の下、乳首の周り、デリケートゾーンなどにアポクリン汗腺が残っているのはその名残と言えるのかもしれません。 古い昔は今のように寒さをしのぐための洋服はありません。 その代わり体毛がたくさん生えていました。 体毛が多いということはそれだけ汗腺も多い証拠ですから、 私たちの祖先は現代人に比べてたくさんの臭いを放っていたことが想像できます。 それは人間の祖先が生き残っていくための手段であったのです。 日本人は無臭を好む傾向がある 日本には ニオイフェチという言葉があり、自分の好きな香りに包まれることに心地よさを覚える人が増えています。 ニオイフェチだからといってワキガの臭いが好きという方はほとんどいません。 このニオイフェチという言葉には、体臭は無臭であること、 さらにいい香りがするという意味が含まれています。 例えば日本では柔軟剤のいい香りが人気になっています。 すれ違ったときにほのかに香るいい香りに思わず振り向いてしまうという方も多いのではないでしょうか。 かつて私たちの祖先はその香りがフェロモンだったことを考えると、香りに反応するという意味では昔の祖先と変わりがないのかもしれません。 体臭は無臭であることが好まれる傾向があるので、チチガやワキガの悩みは一日も早く解消したほうがいいでしょう。 汗に含まれている成分が肌表面の雑菌と混ざってしまうことが要因のひとつです。 嫌な汗の臭いを防ぐためには• 雑菌を繁殖させないために清潔に保つこと• 汗をかいたら出来るだけ早めに汗を拭きとること これを実践出来れば チチガやワキガの臭いを防ぐことが出来るはずです。 おすすめは、 デオドラント効果のあるボディ用のウエットティシュを使って汗を拭きとることです。 汗の汚れ、雑菌を取り除きつつ潤いも与えることが出来るので、お肌ケアとしてもメリットがあります。 チチガやワキガの自分でも出来る簡単臭い改善法 チチガやワキガと聞くと治す方法は専門機関で手術を受けるしかないと嘆く方がいます。 ですが自分でも出来る 簡単な臭い対策をすることで、あの嫌な臭いを減らすことは出来ます。 まずは制汗剤で汗を防ぐことが大切 先ほど話したように、汗をこまめに拭くことも大切です。 アポクリン汗腺から出る汗はベタベタして蒸発しにくいので、いつまでも臭いが残ったままになってしまいますから、汗をかいたらこまめに拭いてください。 そして汗を防いでくれる制汗剤を使うことも忘れないようにしましょう。 簡単に使えるのはスプレータイプですが、 スプレータイプは汗をかくと一緒に流れてしまいます。 出来れば肌表面に制汗効果のある成分をとどまらせておきたいので、 クリームタイプやスティックタイプを選んでください。 臭いの元となる甘いものと脂っぽいものは控えめに あとは臭いの元となる成分の過剰摂取を避けることです。 甘いものや脂っこいもの、この二つの食べ過ぎも体臭を悪化させてしまいます。 どちらも人間が健康に生きていくために必要な成分なので、 摂り過ぎに注意するだけで大丈夫です。 まったく摂らないというのは栄養の偏りになってしまいますから、毎日の食事の栄養バランスが取れるように心がけてみてください。 汗の臭いを抑えるために野菜や果物から抗酸化作用のあるビタミン類を積極的に取り入れたいところです。 一日三食すべてで補うのが難しいという場合は、時々手抜きという意味で糖分の入っていない野菜ジュースを飲んだり、デザートにフルーツを食べるのも簡単でおすすめです。 ただしフルーツは果糖の摂り過ぎが心配なので、食べ過ぎには注意してください。

次の

【チチガ対策】チチガのニオイ対策におすすめのクリームを教えます

チチガ対策

おっぱいが臭うチチガの原因 胸(おっぱい)が臭うのが「チチガ」なんですが、このチチガには原因があり、その原因をなくす事によって臭いを消す事が可能なんです。 チチガの原因は胸にある、アポクリン汗腺という所からでる汗(出てすぐは無臭)が、皮脂腺という所からでた皮脂と混ざって、その混ざったものを雑菌が食べて繁殖し、分解する時に臭いがでてきます。 チチガになる人ってアポクリン汗腺から出る汗が多い人がなりやすいという感じです。 という仕組みなんですが、ちょっとわかりずらいのでまとめると。 チチガを消すには、「汗を止める」か「雑菌をなくす」必要があります、皮脂は出てくるものなので無くす事はできませんので。 で、汗も止める事は制汗剤とか胸に使うのは不安を感じる人もいるでしょうし、制汗剤を使ってもブラで擦れて制汗成分が取れて、汗をかいてしまいます。 この汗っていうのはぽたぽたと垂れる汗だけじゃなく、湿ってるかな?という程度のごく少量の汗でも同じです。 それなので一番簡単で確実なのが雑菌を無くすという方法で、強力な殺菌剤を使ってすべての雑菌を消すと思われるんですが、そうじゃなくてチチガの原因菌っていうものがあるので、その原因菌のみを殺菌するだけでOKです。 強力な殺菌剤を使うと胸が荒れたりしてしまって大変なので。 そして、チチガの原因菌を殺菌すると同時に、体臭(や加齢臭)も減少させていく事が可能になります。 ワキガもあるかもしれない チチガの仕組みと原因ってワキガと同じなんですよね。 それなので、チチガの人はワキガにもなっている可能性が高いんですよね、一応可能性が高いという感じなんですが、もうほぼワキガって思ってもらって良いでしょう。 今自分で気づいていなかったとしても、多少なりと臭いは出てしまっていると思うので、できれば一緒に対策をするのがおすすめです。 今まで気になっていなかった、弱めの臭いの人なら、デートの前だけでもワキガ対策をしておく事で、夜彼氏と一緒になる時にも安心かなって思います。 チチガ対策方法 チチガの対策方法で本当に有効なものって少ないんですよね。 薬局やドラッグストアで販売されているデオドラント製品が「ワキガに有効」って事でチチガに使われる人もいるんですが、ドラッグストアなどで市販されている製品って万人に問題なく使えるように有効成分が少なめなんですよね。 それなので、軽度のワキガの人には良いかもしれないんですが、そもそもデオドラント製品って「脇」に使う為に作られているので「胸」に使っていると最初は問題ないかもしれないんですが、使い続けていくうちにトラブルが起こる可能性があるので注意です。 それなので選択肢としては2つになります。 それは「専用デオドラントクリーム」か「病院へ行く」です。 それぞれを詳しく説明していきますね。 専用デオドラントクリームを塗る 専用デオドラントと、市販のデオドラントの違いは有効成分の量です、市販のデオドラントは万人向けにほどほどな有効成分量で無難に作られています。 しかし、専用デオドラントはチチガの原因菌をなくし臭いを消すために必要な有効成分量で作られているので、使うと臭いがなくなります。 次に気になるのは有効成分が多いと、肌荒れとか肌トラブルが気になりますよね?でも安心してください、専用デオドラントでは敏感肌にも使えるように、肌に優しく作ってあります。 専用デオドラントは「有効成分がしっかり配合」されていて「肌に優しい」ので、しっかりとチチガ臭を消していく事が可能なんです。 詳しくはもう少し先で紹介する、おすすめデオドラントランキングでチェックしてくださいん。 治療、手術をする もう一つは病院で、治療もしくは手術を行う方法です。 基本的にはワキガと同じ治療方法となるようなんですが、ワキガの場合だと脇を切ってアポクリン汗腺を減らすという事を行うんですが、胸の場合にはどうするんだろう?という感じで、手術跡が残るのでチチガの場合は病院でキレイに治すのは厳しいのかもしれません。 そしてチチガの治療を行った事がある医者が少ないので、近くにそういう病院があれば良いんですが、中々探すのが大変だなという印象でした。 参考までにワキガの場合は保険適用治療となり、両脇で4万円前後という感じでした、多くの人が治療するので保険適用となっているのですが、チチガの場合はおそらく保険適用がいとなるので高くなると思われます。 色々と調べたのですが情報が不足しててすみません。 チチガにおすすめデオドラントクリーム チチガにおすすめの専用デオドラントクリームで、実際の口コミ評判も高いものをランキングとして作りました。 デオドラントクリームの公式サイトでは、「ワキガ」への作用などを中心として書かれているんですが、ワキガとチチガは原因が同じなので、気にせず読みすすめていきましょう。 デオシーク 一番のおすすめはデオシークで、利用者満足度が98%と高いんです。 チチガの原因菌の除去率がかなり高く、持続時間も高いので、他のデオドラントクリームを使ってダメだった人が、デオシークを使ってチチガが気にならなくなったという口コミもありました。 敏感肌の人でも使えるように、パッチテストを繰り返され多くの人に安心して使えるように、肌に優しく作られています。 お得な購入方法は定期コースで、初回から3回目まで定価の70%オフで購入でき、継続数によって最大900円まで割引となります。 (縛りはなくいつ解約してもOKです) そして、本当に臭いが消えるか不安な人の為に、購入何日後まででも使える永久返金保証がついているので、もし合わなかった場合には返金すればリスクゼロとなります。 まとめると除菌力、肌への優しさ、価格面でおすすめのデオシークです。 もう他にも色々とデオドラントクリームはあるんですが、多分臭いが消えないと思うので、失敗するくらいなら最初からデオシークを使うのが良いかなと思います。 デオナチュレ デオナチュレもかなり軽いワキガな人なら良いかもしれませんが、あくまでドラッグストアなどで販売されている市販品です。 それなので有効成分量が少ないので、軽度のワキガの人には良いかなという程度ですし、「ワキ用」として販売されているので、それ以外の場所に使用して何かなった場合には保証してもらえない可能性が高いです。 ワキって比較的皮膚が強い所で、胸って全体的にデリケートなので、ワキ用ってされているものを使うのはどうなのかなという結果になりました。 迷っているならデオシーク もしどれにするか迷われているならデオシークがおすすめです。 有効成分、肌への優しさ(胸につかえる)、コスパという3つの点でおすすめできますし、使ってみて万が一合わなかった時には返金してもらうとリスクゼロというのも、初めて使う人には良いなと思います。 今ならキャンペーン中でお得に購入できますよ!.

次の

チチガの原因と臭いを抑える9つの対策法

チチガ対策

恋人や夫婦のあいだで、相手に言われて一番傷つくのは 「臭い」という言葉ではないでしょうか? もちろん、長い間一緒で、それ位では動じないという、たくましいカップルの方もいるでしょう。 ただ、それはごく一部の話で、やはり臭いに対しては敏感な方が多いのが現状です。 そんな臭いの悩みの中でも、特に恋人同士の悩みの種になるのが スソガ(すそわきが)とチチガという体臭です。 今回は、そのスソガ・チチガの正体に迫ります。 記事中ではセルフチェックの方法もご紹介していますので、ご参考にしてみてください。 スソガ・チチガの正体とニオイの原因とは? スソガ・チチガはいわゆるワキガの一種です。 どちらもアポクリン腺という汗腺から分泌された汗が、常在細菌に分解されて発生するニオイだからです。 アポクリン腺は脇毛や陰毛、乳輪部などの毛根の脇に存在するため、これらの部位では臭いがひどくなる傾向にあります。 特に陰毛が生えている陰部からのニオイを「すそわきが(スソガ)」といいます。 乳輪周辺からのニオイを「チチガ」といいます。 では、どうして乳輪の回りや、性器の周辺からニオイがするのか? その理由は、太古の昔に遡ると見えてきます。 一般的に動物には、異性を惹きつける為にフェロモンというニオイ物質を出すものがいます。 人類も太古の昔には、このフェロモンを出して異性を呼んでいました。 このフェロモンの分泌装置こそが、アポクリン腺なのです。 太古の人類は、脇の下や乳輪、陰部ばかりではなく、背中やお尻、体の様々な部分にアポクリン腺を持っていました。 しかし、人類が進化して服を着るようになるとセックスアピールはフェロモンばかりではなくなり、アポクリン腺は不要になり退化していきました。 しかし、一部の人には、退化したとはいえ、アポクリン腺が機能している人がいます。 それが、ワキガやスソガ、チチガを持っている人なのです。 現在では、ワキガはあってもチチガ、スソガがある人は少なく、それだけに、大きなカテゴリのワキガの中で少数派の方の悩みという事も出来ます。 スソガやチチガをセルフチェックしてみよう さて、いくら太古の人類のフェロモンの名残だからとは言っても、 今の日本ではワキガもスソガもチチガも悪臭でしかありません。 もしや、自分はチチガやスソガではないかと心配になった方は、以下の セルフチェックを試してみましょう。 下着のニオイや色の変化が顕著なのでチチガよりは遥かに分かりやすいと言えます。 効果的なスソガ・チチガのニオイ対策方法3選 ここからは具体的なチチガ・スソガ対策を見ていきましょう。 効果的な方法を3つご紹介します。 1.陰毛を剃る 脇のわきがと同じく、陰毛を剃ると皮膚の常在菌のすみかが失われるので、雑菌の繁殖が抑えられ、臭いも抑えることができます。 欧米などでは主流の対策ですが日本では一般的でないため、パートナーとの関係などを考慮してこの対策を取るかどうか判断しましょう。 2.わきが・すそわきが専用の石鹸を利用する アポクリン腺から分泌される汗はねっとりと脂っこい汗になっています。 これを普通のボディソープで洗い流すのは困難です。 食器用洗剤でもそうですよね。 しつこい脂汚れには、脂汚れを落とすのに向いた洗剤を選びます。 わきが・すそわきがに向いている石鹸は、臭いの発生原因を作る菌をやっつける 殺菌作用がある石鹸です。 薬用石鹸ミューズなど安価で効果があると言われている石鹸もありますが、洗浄力が強いのでリケートゾーンへの使用はおすすめしません。 どうしても使いたいという方でも、 膣の敏感な粘膜部分には刺激が強すぎるので、あくまでも部分的に利用しましょう。 3.安全なデオドラント剤を利用する スプレー式のデオドラント剤などは陰部に刺激が強すぎて肌荒れする危険性があります。 一方でデリケートゾーンへの使用を考慮して作られたデオドラントが存在します。 こちらでご紹介している、というデオドラントはチチガ・スソガ対策としても使えるデオドラントとして有名です。 多くのスソガ対策クリームのランキングサイトでも上位にランクインする人気商品で、実際にリピート購入している人も多いです。 何を隠そう、管理人がスソガ対策で使っているので・・・汗 クリアネオは天然由来成分を中心に作られたお肌に優しいクリームなのでデリケートな部分に使用しても問題ありません。 お肌に優しい反面、効き目は抜群で、ひと塗りするとほとんど臭いがしなくなるので安心です。 (陰部の臭いが消えたことの確認ってなかなかしづらいですが、下着のニオイがしなくなるのでなんとなる分かります。 クリアネオの効き目自体はワキガ対策で使っているので効果を実感済みです。 ) スソガ対策・チチガ対策の注意点とは? は、大まかに言えば、ワキガ対策とほぼ同じです。 しかし、特にスソガはワキガと違い、ニオイを感じたからと言ってすぐに対処しづらいのが難点です。 出先で、トイレの個室などにこもりデオドラントでの消臭するなど、脇の下と違いケアがしにくい部位だと言えます。 特に、男性も女性も、陰部やその周辺部位は、雑に洗ってしまうと、スソガが残りやすいです。 また、専用の石鹸での洗浄でないと、その石鹸の成分まで残ってしまい、雑菌の餌になり新たな異臭の原因にもなります。 また荒い方が雑だと肌荒れを起こし、最悪の場合は感染症のリスクも高まるので要注意です。 洗い方は、石鹸を泡立てて、指の腹を使い、性器のシワの部分まで丁寧に洗います。 女性の場合には、膣の内部まで石鹸の泡で洗う方もいるようですが、それはSTOPです。 元々、膣の内部は酸性の成分で満たされていて雑菌が入り込む事は出来ません。 なので膣の中にまで指を入れて洗う必要はありませんし、この部分はデリケートなので逆に爪で傷をつけて、炎症を起す危険もあります。 それから、スソガ体質の方は、なるべくシャワーではなく湯船に浸かる事をオススメします。 より長い時間、お湯に入り、陰部の汚れや雑菌が洗い流されるからです。 女性の陰部の臭いがすべて「スソガ」ではない?! まず陰部が匂うからといって、それがすべて「すそわきが」ではないということを覚えておきましょう。 「スソガ」はあくまでわきがの一種。 アポクリン腺からかく汗によって引き起こされるので、陰部でも陰毛が生えている部分、つまりアポクリン腺が存在している部分しか臭いません。 たとえば膣部分、陰毛のない部分で臭いがする場合には他の病気が疑われます。 もっとも多いのは 「カンジダ膣炎」です。 カンジダ膣炎は性病に分類されてはいますが、カンジタ菌は元々人の体にあるもので免疫が落ちているときに発症しやすくなるだけなので、性行為がなくても発症します。 すそわきがか膣炎かの区別は下着の汚れを見れば一目瞭然です。 陰毛部分に黄色いシミができるようならばすそわきが、膣部分にシミができるようなら膣炎なので一つの目安にしましょう。 いずれにせよ1か月以上気になる状態が続くのならば婦人科などの検査を受けましょう。 まとめ チチガ、スソガの対策はパートナーへのエチケットです。 あなたのパートナーにとって、あなたのニオイは、かなりの精神的負担になるものです。 好きだからこそ、臭いとも言えず、ガマンしているというのは、あなたに取っても辛い事でしょう。 これは、わきがにも言える事ではありますが、チチガ、スソガもエチケットの一部です。 最愛のパートナーの為に、日頃のケアを欠かさないようにしたいものですね。 今ではデリケートゾーンにも使用できるお肌に優しい成分で作られたデオドラントクリームも数多く販売されています。 当サイトでご紹介しているというデオドラントはスソガ対策として一番人気の商品です。 配合成分も天然由来なので敏感肌やデリケートゾーンの使用にも安心です。 その一方で、強い消臭効果が期待できるので、絶対に臭いたくないという場面で大活躍します。 クリアネオを実際に使ってみた感想や 「効果なし」という口コミにずばっと切り込んでみたので、ご興味ある方は、こちらもご覧ください。

次の