イタチ 屋根裏。 イタチ駆除は難しい?その厄介な生態と大きな被害になる前の駆除対策|害獣駆除110番

イタチ駆除は素人でも可能!お金をかけずに駆除する5つのステップ | クジョカツ

イタチ 屋根裏

イタチの侵入口はどこに? イタチは3cm程の小さな穴や隙間からでも侵入することが可能です。 そのため、思わぬところが侵入口となっていることがあります。 屋根の隙間 イタチの侵入経路として最も多いのが屋根の隙間です。 昔ながらの日本の住宅は屋根と屋根の隙間が多く、イタチが簡単に侵入できる箇所がいくつもある場合が多いです。 そのため、イタチが屋根裏によく出没するのです。 通気口や換気扇 通風口や換気扇からもイタチは侵入してきます。 通風口や換気扇は空気を入れ替える役目があるため、室内と外が直接つながっており、侵入経路となりやすいです。 エアコン導入部や室外機の近くの壁穴 エアコン導入部や室外機の近くの壁穴もイタチの侵入経路になります。 エアコンの配管を導入するための配管と穴の隙間にパテ処理がされていないとわずかな隙間から侵入されてしまいます。 エアコンを取り外した場合などの工事で穴がしっかりと塞がれていない場合も同様です。 穴の周辺が経年劣化している場合は侵入経路として狙われやすいのでしっかりとした対策が必要です。 屋根裏を荒らし回るイタチ イタチは屋根裏に入り込むと屋根裏に敷き詰めてある断熱材を引きちぎって寄せ集め、そこに巣をつくってしまいます。 イタチは巣の中でたくさんの糞や尿を排泄するため、屋根裏は瞬く間に糞尿で汚れ、階下にまでニオイが漂ってきます。 特に、イタチの糞尿による悪臭被害は強烈です。 イタチは雑食性かつ凶暴な性格で、ネズミや鳥の雛だけでなく、自分よりも大きなニワトリやウサギをも捕食してしまいます。 このように肉食寄りの雑食性なため、糞は強烈な悪臭を放ちます。 天井に茶色いシミができているのを見かけたらイタチの糞尿が溜まっている証拠です。 早急に対処しましょう。 また、屋根裏に住みついたイタチが走り回ることで起こる騒音被害もあります。 イタチは夜行性なので、人間が寝静まった夜の時間帯でも構わず走り回ります。 そのため、イタチの騒音被害によって睡眠不足に悩まされることもあります。 イタチを屋根裏から追い出す方法 イタチを屋根裏から追い出すには、イタチが嫌うものを屋根裏に設置する必要があります。 屋根裏でできるイタチ駆除として有効なものは「光」と「ニオイ」です。 光による対策 イタチはキラキラと光るライトが嫌いです。 屋根裏に突然たくさんの光が現れると、イタチは自分たちが捕獲されると勘違いして危険を察知し、その場を離れます。 このとき、使用すると便利なのがクリスマスツリーに撒きつけるLED電飾です。 屋根裏の壁に画びょうやテープなどを使ってLED電飾を貼り付けておくと、イタチは屋根裏から逃げていきます。 ニオイによる対策 イタチは嗅覚が非常に発達している動物なので、強いニオイを嫌う傾向があります。 ニオイを発する忌避剤を屋根裏で使用する場合、固形忌避剤を使用しましょう。 他にも木酢液やクレゾール石けん液、漂白剤(カルキ)、酢を屋根裏に置くことも有効です。 固形忌避剤とこれらの液体を併用することでより高い忌避効果が期待できます。 また、燻煙剤式の殺虫剤も嫌います。 イタチは燻煙剤から発せられる大量の煙を忌避する傾向にあります。 燻煙剤式の殺虫剤はニオイも発するので、ニオイと煙の2つのアプローチが可能なため、即効性が期待できます。 ただし、階下に煙が降りてきたり、狭すぎる部屋には使えなかったりといった注意点もあるので、使用する前によく確認しておきましょう。 なるべくなら業者に依頼を イタチは鳥獣保護管理法という法律により許可なく捕まえたり、傷つけたり、殺したりしてはいけない野生動物に認定されています。 そのため、イタチの駆除は「殺す」のではなく「追いだす」必要があります。 しかし、イタチを屋根裏などから追い出しても認識していない侵入経路を通って戻ってくる可能性がゼロというわけではありません。 もしイタチが戻ってきたら、それこそ「イタチごっこ」になってしまいます。 このようなことを防ぎ、確実なイタチ駆除を行いたいのであれば、害獣駆除の専門業者に依頼することをおすすめします。 専門業者に駆除をお願いすればイタチの侵入経路を全て塞いでくれるため、施工後も駆除の効果がしっかりと持続されます。 また、屋根裏のスペースがかなり狭いなどの理由から自分で駆除できない場合にもしっかりと駆除を行ってくれるでしょう。 まとめ 今回はイタチが屋根裏に住みついてしまった際の被害と駆除方法を紹介しました。 住宅の中で最もイタチの被害に遭いやすいのが屋根裏です。 もしも住みついてしまった場合は、屋根裏の広さや被害状況に合わせて対処していくことが重要です。 より確実にイタチを駆除し、安心したい方はイタチ駆除の専門業者に相談してみてください。 自分で駆除するよりもコストがかかりますが、それに見合った効果を得ることができるはずです。

次の

イタチの捕獲について 屋根裏にイタチ?侵入して、運動会してみたり、ウ...

イタチ 屋根裏

イタチの捕獲について 屋根裏にイタチ?侵入して、運動会してみたり、ウンチやしっこの悪臭で困っています。 ねずみ用の粘着シートに一度引っ掛かりましたが強烈なパワーで脱出していきました・・・ それと引き換えに強烈なしっこ?を放っていって頭にきています!!! そこで罠を仕掛けて捕獲を試みようと思います。 イタチが好むエサは何になりますか? 実際にやってみてこんなエサで入れ食いだったよ!こんなエサは効果なしだったよ!!さっきイタチに訊ねてみたよ!!!などなど。 捕獲後は里山に放って、各所穴を封じたいと思います。 宜しくお願いします。 市町村に申請予定ですのでご心配なく。 この質問は事前調査です。 イタチは肉食ですので、肉類や魚類(もちろん生のもの)であれば割りと何でも食べます。 私が読んだ事のある文献の中では鳥皮が多かったように感じます。 ただ、屋根裏に侵入している動物の容姿が書かれていないので分かりませんが、イタチ以外の似た動物の可能性もあるかもしれません。 その場合だとイタチとはエサが異なります。 テンであれば、雑食ですのでイタチと同様でも捕まえられるかもしれません。 ただ、テンは比較的果実食の強い動物ですので、肉類よりもトマトやイチゴなんかが効果的です。 ハクビシンであれば、こちらは植物食が中心です。 特に熟した果実が好物なので、同じくトマトやイチゴ、またリンゴやカキも捕獲罠の餌として仕掛けられます。 (知人はリンゴを仕掛けて数等捕獲しています) 捕獲後は里山に放すとのことですが、もし侵入している動物がハクビシンだった場合、外来生物ですので放逐も禁じられています。 自分の持つ山に放逐するのであれば問題はありませんが、他人の土地である場合は罰則の対象になることもあるので注意してください。 それから、最初は粘着シートを利用したようですが、捕獲用の罠はお持ちでしょうか。 野生動物は小さな体でもペットの犬猫よりも格段に機敏で、はるかに力が強いです。 怪我をした上に結局捕まえられなかった、では元も子もありませんし、しっかりとした罠を使用してください。 捕獲用の罠は、地域によってはホームセンターに売っていることもあります。 インターネットでも買うことができますので、一度「捕獲罠」や「捕獲器」で検索して調べてみることをお勧めします。 ちょうど今は狩猟期間中なので、狩猟鳥獣であるイタチ(ただしオスに限る)を自宅敷地内で捕獲するのは違法ではありません。 従って、許可の申請は必要ありません(鳥獣保護法11条) イタチで間違いないのであれば、肉系の配合の多いドッグフードやフライドチキンがよいかと思われます。 箱ワナも良いですが、筒式イタチ捕獲機というのを塩ビのパイプとワイヤーで作れます(市販品もあり)。 屋根裏にいる生物がイタチ以外の場合はこれで良いのですが、ハクビシンかアライグマのほが天井裏に住み着きやすいです。 その場合は扱いが違いますので、まずは獣種の確定をするのがよいかも。 アライグマの場合、登り口に5つの爪痕が残ります(地面に平行に残る)。 ハクビシンの場合はあしあとを根気よく探します。 アライグマであればドッグフードの他カッパ海老せん等も有効。 ハクビシンなら果実が効果的です。 ちなみに、アライグマは特定外来生物なので運搬も禁じられていますが、ハクビシンはいまのところ特定外来生物指定は受けていないので放獣も違法性はありません アライグマ、ハクビシンの場合は野外放獣はか避けていただきたいです。 その近隣で農産物を荒らしますので。 また、本当にイタチであれば、ネズミ等を食べてくれるので一概に害獣とは言えません。 共存の道もあるので検討してみてください.

次の

屋根裏のイタチを駆除!自分で追い出す方法や業者さん選びについて解説|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

イタチ 屋根裏

イタチの捕獲について 屋根裏にイタチ?侵入して、運動会してみたり、ウンチやしっこの悪臭で困っています。 ねずみ用の粘着シートに一度引っ掛かりましたが強烈なパワーで脱出していきました・・・ それと引き換えに強烈なしっこ?を放っていって頭にきています!!! そこで罠を仕掛けて捕獲を試みようと思います。 イタチが好むエサは何になりますか? 実際にやってみてこんなエサで入れ食いだったよ!こんなエサは効果なしだったよ!!さっきイタチに訊ねてみたよ!!!などなど。 捕獲後は里山に放って、各所穴を封じたいと思います。 宜しくお願いします。 市町村に申請予定ですのでご心配なく。 この質問は事前調査です。 イタチは肉食ですので、肉類や魚類(もちろん生のもの)であれば割りと何でも食べます。 私が読んだ事のある文献の中では鳥皮が多かったように感じます。 ただ、屋根裏に侵入している動物の容姿が書かれていないので分かりませんが、イタチ以外の似た動物の可能性もあるかもしれません。 その場合だとイタチとはエサが異なります。 テンであれば、雑食ですのでイタチと同様でも捕まえられるかもしれません。 ただ、テンは比較的果実食の強い動物ですので、肉類よりもトマトやイチゴなんかが効果的です。 ハクビシンであれば、こちらは植物食が中心です。 特に熟した果実が好物なので、同じくトマトやイチゴ、またリンゴやカキも捕獲罠の餌として仕掛けられます。 (知人はリンゴを仕掛けて数等捕獲しています) 捕獲後は里山に放すとのことですが、もし侵入している動物がハクビシンだった場合、外来生物ですので放逐も禁じられています。 自分の持つ山に放逐するのであれば問題はありませんが、他人の土地である場合は罰則の対象になることもあるので注意してください。 それから、最初は粘着シートを利用したようですが、捕獲用の罠はお持ちでしょうか。 野生動物は小さな体でもペットの犬猫よりも格段に機敏で、はるかに力が強いです。 怪我をした上に結局捕まえられなかった、では元も子もありませんし、しっかりとした罠を使用してください。 捕獲用の罠は、地域によってはホームセンターに売っていることもあります。 インターネットでも買うことができますので、一度「捕獲罠」や「捕獲器」で検索して調べてみることをお勧めします。 ちょうど今は狩猟期間中なので、狩猟鳥獣であるイタチ(ただしオスに限る)を自宅敷地内で捕獲するのは違法ではありません。 従って、許可の申請は必要ありません(鳥獣保護法11条) イタチで間違いないのであれば、肉系の配合の多いドッグフードやフライドチキンがよいかと思われます。 箱ワナも良いですが、筒式イタチ捕獲機というのを塩ビのパイプとワイヤーで作れます(市販品もあり)。 屋根裏にいる生物がイタチ以外の場合はこれで良いのですが、ハクビシンかアライグマのほが天井裏に住み着きやすいです。 その場合は扱いが違いますので、まずは獣種の確定をするのがよいかも。 アライグマの場合、登り口に5つの爪痕が残ります(地面に平行に残る)。 ハクビシンの場合はあしあとを根気よく探します。 アライグマであればドッグフードの他カッパ海老せん等も有効。 ハクビシンなら果実が効果的です。 ちなみに、アライグマは特定外来生物なので運搬も禁じられていますが、ハクビシンはいまのところ特定外来生物指定は受けていないので放獣も違法性はありません アライグマ、ハクビシンの場合は野外放獣はか避けていただきたいです。 その近隣で農産物を荒らしますので。 また、本当にイタチであれば、ネズミ等を食べてくれるので一概に害獣とは言えません。 共存の道もあるので検討してみてください.

次の