脱税 の ススメ。 税知識に乏しい経営者が知っておくべき「節税」と「脱税」の違い

楽天ブックス: 脱税のススメ改訂版

脱税 の ススメ

税理士をやっている以上、そのタイトルと内容にとても興味が沸き、手にとって購入してしまいました。 内容は、あらゆる脱税の手口を場面ごと、内容ごとに分けて書かれており、素人が思いつくような脱税方法を、税務署側はほぼ手口として把握しているんだなと改めてわかる内容になっています。 この本の注意書きとして、「本書は法で禁止された脱税という行為をうながすのものではありません。 」と書かれており、私もこのブログで「脱税」をうながしているわけではありません。 事業を行っていくうえで、税金は必ず支払わなければならず、金額が大きいと、とてもきつい気持ちは痛いほどわかります。 しかし、脱税行為をやりだすときりがなく、経営者はそのような行為を考えるのではなく、どうやったら売上が増えるのか、どうやってコストを下げて利益がでるのか、どうやってお金を残して、次の戦略を組み立てるのかというようなことを考えるべきです。 実際、経営がうまくいってずっと利益がでている企業の経営者は、脱税のような行為をしない方が多く、そういう企業が業績もさらに伸びていく傾向にあります。 税制度を作るときの原則として「公平・中立・簡素」という三大原則がありますが、税制度は非常に分かりにくく、とても「簡素」という原則に則っているとは考えにくい現状です。 だからこそ税理士という存在が税制度の仕組みや考え方、使える節税方法などを納税者の方に広めるべきだと思っています。 ということで、セミナーのお知らせです。 6月7日 木 19時~博多駅徒歩4分の会議室でセミナーを開催いたします。

次の

青汁王子を騙した黒幕の加藤豪はどんな人物?脱税の手口がヤバイ!

脱税 の ススメ

さて、お役立ち情報てんこ盛りの「脱税のススメ」、 ようやく、序章の最後まで来ました。 まずは、 <マルサの調査が熾烈なワケ> 税務調査において納税者に黙秘権はない。 えっ!そうなの? 調査官には「質問検査権」があり、 納税者は税金に関することをすべて答えなければならない。 もし都合の悪いことを隠せば、 その行為自体が重加算税の対象になる。 ああ・・・ なんか、だんだんイヤになってきた・・・ 選挙権もなにもかも返上するから、 国民やめていいですか・・・ 税務調査には「任意調査」と「強制調査」があり、 ほとんどの税務調査はもちろん「任意調査」。 「強制調査」は裁判所から「強制調査許可状」を得て行われる調査で、 マルサが担当するのはココ。 許可状を持っている以上、 脱税を見つけるためなら何だってできるわけだが、 裏を返せば、 「見つかりませんでした」 ではすまされないので、 いったん踏み込んだら、 徹底的に天井から床板まではがしてでも、 探しに行くという・・・ おお、こわっ! まあでも、 一億円なんてゼニ、稼ぐ甲斐性はないから、 とりあえずは人ごとってことで、ここはスルー・・・ <最強の脱税法はコレだ!> さて、序章の最後は、 いよいよ「最強の脱税法について」。 結論から言うと、 白色申告は最強! ここで、日本の税制をおさらいすると、 帳票類の記録をきちんとつけることを条件に、 税制上の特典を受けられるのが、。 「税制上の特典が受けられる」 という言い回しがミソで、 なんだかお得感をかもしだしているけれども、 税金を申告する際、帳票類をきちんとつけるというのは、いわば当たり前。 なので、 その当たり前のことをすることに特典があるとするならば、 その特典さえ放棄すれば帳票類はいい加減でもいいということで、 実際、白色申告者のほとんどは、 まともに帳簿をつけていない・・・ 彼らの考えでは、 「税金なんて、税務署に指摘されたとき最低限払えばええやろ」 むむむ・・・ 「浮気なんて、バレた時に謝ればそれでええやろ」 という男の言い分に近いものが・・・ それで、 じゃあ、帳票類がないのにどうやって税額を決めるのか?ってことなんだけど、 そもそも証拠書類が残っていないのだから、税務署としても強く出ることはできないので、 税額は交渉で決める=かなりお安くなる。 ゲームっていうのは、 ルール違反すると厳しく罰せられるものだけど、 そもそもルールの存在すら認めていない相手に勝つことはできない ってことですね・・・ 白色申告では、家族従業員に対する給料の支払いを認めていない。 うん、 たしか、私も、 一番最初ににするかどうするか迷って、 地元の商工会議所がやってる無料の税務相談に行った時、 「にすると家族への給料を経費として認められるからお得」 っていうのが、最大のウリだったと記憶している。 家族を従業員にする予定はなかったから、 よく考えたらどーでもいい特典だったんだけれども、 なんか、そんなもんかと思ってほいほいいいなりになって、 それ以来ずっと。 家族との絆を持ち出すあたり、 に通じるものがある気がするのは私だけ・・・??? それで、 白色申告者というのは、 なんと、この制度を逆手に取り、 実際は家族に給料を支払っているのに、 まったく支払っていないことにするというを、 正々堂々とやっちまうんだそうな・・・ 例えば、 オヤジ+息子夫婦でやってる個人商店で、 息子夫婦は書類上は無収入(だって給料支払いを国が認めないんだゃーないやんけ)、 だけど、オヤジに買ってもらったマンションに住み、 スポーツカーに乗ったりなんかしている。 だけど、税務上は無収入なんだから、 税金は払わなくていい上に、 保育園などの費用もタダ。 なぜ、白色申告という制度が、 このような穴だらけのまま存続しているのか、 誰か合理的な説明をしてくれ!!! ・・・ということで、本日の結論 : 税制は知れば知るほど不公平感が増すばかり、 精神衛生上よくない・・・ ・・・と、ここまで、目からウロコの情報満載の本書ですが、 これで、やっと序章が終わったところです。 本題はやっとこれから。 Victoriaの長い長い税務のお勉強は、 まだまだ続く・・・ Victoriaでした。 ・・・ 「バレると後ろに手が回る 脱税のススメ」バックナンバーはこちら。 victoria007.

次の

楽天ブックス: 脱税のススメ改訂版

脱税 の ススメ

脱税とは? 納税は国民の義務として日本国憲法第30条に定められており、納税をすることで国が運営されています。 所得税を脱税した場合は『所得税法違反』、法人税であれば『法人税法違反』など、定められた法律によって処罰されます。 脱税罪といった罪はありませんが、各税法違反には刑事罰も予定されています。 では、どのような行為が脱税に該当するのかまずその定義から説明します。 つまり、 脱税は偽装行為や隠ぺい行為などの不正な手段で税負担の軽減を図る行為を意味します。 こちらに関しては「」でご説明しましょう。 下記で脱税の具体例を提示してわかりやく解説します。 脱税に当たる行為とは? 例えばあなたが競馬で3億円を当てたとしましょう。 非常に夢のある例えですが、競馬で得た払戻金は、一時的に得た所得、つまり一時所得として納税しなければなりません。 この場合3億円から必要経費を除外した金額に課税されるわけですが、当該課税の前提として一時所得及び対応する税額を計算し、税務署に申告する必要があります。 これを意図して申告しなければ一時所得の隠ぺいとなり、脱税行為となるのです。 もちろん今注目されているビットコインなどの仮想通貨であっても、雑所得に区分され課税対象となりますので、申告する必要があります。 企業が行うような脱税行為ですと、収益を少なく偽装する、経費の水増しなどが挙げられるでしょう。 なお、意図しない不申告(いわゆる申告漏れ)は脱税として処罰されることはありませんが、一定の延滞税や加算税が科されるなどのペナルティがあります。 詳しくは「」をご覧ください。 あるようでないような脱税の時効 脱税の時効は、 税金を支払う義務があるかどうかの消滅時効と 刑事事件として立件されるかどうかの公訴時効があります。 納税の時効(消滅時効) 時効 税金を申告した場合納付までの時効 3年 ただし税務署によって故意に脱税したと判断されれば7年に引き延ばされる。 また督促状が届けば時効中断、督促状の送付日から新たな時効開始 無申告の場合の時効 5年・贈与税は6年 税金の消滅時効は、税金の申告の有無や故意によって3年・5年 贈与税は6年 ・7年と長さが異なります。 脱税が故意か過失か判断するのは税務署ですので、故意と判断されれば時効期間は7年まで伸長されます。 さらに、税務署から 督促状が送られた場合時効はリセットされ 時効の中断 、 督促状の送付日から新しい時効が開始されます。 したがって、税金が消滅時効にかかるということは、あまり考えられないことです。 脱税行為の公訴時効 脱税行為についての刑事事件の公訴時効は最大で7年です。 公訴時効についてはリセットされるということはなく、脱税行為から7年が経過していた場合は、刑事訴追を受けることはありません。 脱税を取り締まる機関 財務省に置かれている国税庁は、適正かつ公平な租税制度の実現するための組織で、その下に国税局と税務署があります。 国税局は大規模法人の税務調査や税務署の管理を、税務署は中小企業の税務調査や税務相談を受けています。 大企業や芸能人の脱税を暴いているのが彼らなのです。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• この付帯税は、本来納めるべきだった税金、あるいはその差額である追徴税にプラスされることになるでしょう。 またこの税金は破産をしても免責にならず、必ず支払う必要があります。 ここでは強化された罰則に関して解説していきましょう。 脱税で科される行政処分は6種類 脱税で科される行政処分が付帯税です。 付帯税は本税以外に科される税金で6種類あります。 付帯税 加算税 過少申告加算税 無申告加算税 不納付加算税 重加算税 延滞税 利子税 これらに対し、自己申告・期限後の申告・金額・税務署から告知を受けてからの納付なのかなどのタイミングにより税率が変動します。 加算税の種類 前述した通り加算税は、申告時期や金額などによって異なる税率で課せられます。 過少申告加算税:申告期限内に申告をしていたものの、実際に納税すべき額より過少申告だった場合に課税される• 無申告加算税:無申告加算税とは、申告期限までに申告をしなかった場合に課される• 不納付加算税:源泉所得税を納付期限までに納付しなかった場合に課税される• 重加算税:納税額を意図的に仮装・隠ぺいした上で無申告、過少申告を行い悪質な脱税と判断された場合に他の加算税に代わり課税される などの加算税が挙げられます。 また過少申告加算税に対し税務署から通知前、自主的に修正申告、あるいは無申告に対し通知前に自主申告することで、課税額がない、または軽減されます。 重加算税 脱税でもっとも重い加算税がこの重加算税でしょう。 納税額を意図的に仮装・隠ぺいした上で無申告、過少申告を行い悪質な脱税と判断された場合に他の加算税に代わり課税されます。 延滞・利子 延滞税は期限までに納付されない税金にかかる延滞金のような税金で、納付期限の翌日から発生し、納付された日数に応じて加算税とは別に課税されます。 延滞税に似て非なるものと言えるのが、利子税。 脱税のペナルティ 脱税行為の刑事罰は各規定の罰則に定めがありますが、基本的には10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその併科 両方 が科せられるとお考えください。 なお、上記延滞税や加算税といった行政上のペナルティは刑事罰とは別途科せられるものですので、脱税行為が発覚・立件された場合の不利益は極めて大きいといえますね。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• ここでは節税と租税回避について解説します。 例えば収益をごまかす、架空の人物の人件費をプールする、領収証を偽装し経費を水増しするなどの行為が挙げられます。 節税|法律にもとづいて負担を軽減する合法的な行為 節税は法律にのっとって、納税の負担を軽減させることで、合法的な行為。 例えばパートナーが労働し、配偶者控除を受けられなくなっても、親を扶養することで扶養控除が受けられるように工夫するなどが挙げられるでしょう。 租税回避|税法が想定していない方法で軽減する行為 そして租税回避とは、税法が想定していない形式で納税の負担を軽減させる行為です。 例えば税率の低い国に所得を隠すなどの行為が挙げられます。 こちらも法律に違反しているわけではないので違法行為ではありません。 売り上げをごまかし、過少申告する• 店舗などを持たず現金だけで取引をし申告をしない• 領収証などを偽装・改ざんし経費を水増しする• 架空の人物の人件費をプールする などが挙げられるでしょう。 近年増加したのが、企業による仮装・隠ぺいなどの脱税よりもインターネット通販や株・FX取引き、仮想通貨などで得た利益を申告しないケースと言われています。 しかし税務署はこういったやり口を熟知しているために隠し通すことは出来ず、通知が来れば時効は中止されます。 さらに厳しい重加算税などの罰則で、納付額よりもはるかに多くの金額を支払わなければならなくなるのです。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• まとめ 脱税は意外と身近な犯罪です。 例えば意図せずとも「住民税を払ってない・・・・。 」なんてことがあるかもしれません。 悪質な場合は脱税と見なされ重いペナルティが科せられます。 しかし税務署から通知が来る前に早めに納付すれば少ない付帯税で済むこともあるでしょう。 また気をつけたいのが、相続税やインターネットでの取引、仮装通貨。 これらにも税金がかかるので注意が必要です。 ここまでの脱税についての記事を読んで• 「自分の会社が脱税しているようだが、どのようにすれば自分にも被害が来ないだろうか?」• 「自分の場合は脱税に当てはまるかどうか聞きたい」• 「記事を読んで分からないことが出てきたので聞いてみたい」 という方は下のボタンから サイト上で税務案件が得意な弁護士に気軽に無料で質問や相談ができます。 是非ご利用ください。 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の