美味しい ローストビーフ の 作り方。 電子レンジでできる、美味しいローストビーフの作り方

ローストビーフと簡単ソースの作り方・レシピ [男の料理] All About

美味しい ローストビーフ の 作り方

どもー 皆さん こんにちは。 こんばんは。 『ArutoRetori 感覚空間 logic』 ArutoRetoriです。 さて、今回は私人生初 ローストビーフを作ってみました。 何故いきなりローストビーフなのか。 それはですね 実家に帰った時、家に ローストビーフがあったんですよ。 てっきりお店で買ったのかと思い 聞いてみたら、親父が作ってではありませんか。 ・・・上手すぎる。 親父に出来るのであれば ArutoRetoriにだって・・・ 親父バリバリの料理人です。 という訳で 作り方を紹介したいと思います。 簡単ローストビーフ作り方• 必要な材料• 調理工程 3-1実際行った調理法 3-2もう一つの調理法• ソース作り方• まとめ 簡単ローストビーフ作り方 では、簡単ローストビーフ作り方の 説明をしていきたいと思うのですが 一般人が、頑張って作っておりますので 本職の方などが見たら、なんじゃこりゃって なるかと思いますが、温かい目で見てやってください。 それではまず ローストビーフ作るにあたって 必要な材料から順にいきたいと思います。 塩コショウ オリーブオイル 又 サラダ油 ニンニク お好みの量。 醤油 みりん 料理酒 ブイヨン 用意するのはこのくらいです。 後は、お好みで色々つけ足しても いいかと思います。 それでは、調理の方を やっていきたいと思います。 調理工程 さて、さて。 一番大事な調理工程の説明をしていきます。 大事とは言いましたが 簡単ローストビーフ作り方 ですので、そんなに肩に力を入れずに やってみて下さい。 では、今回、私が実際に行った調理法と その他にもやり方がありますので 合わせて紹介したいと思います。 実際に行った調理法 まず、牛肉のブロックと フォークを準備します。 次に、そのフォークでブロック肉に 『グサッ』『グサッ』っと均等に 全面刺して穴を空けていきます。 別にフォークではなく 穴が空けれる鋭利なものであれば 大丈夫です。 何故穴を空けるかって?? それはですね 味を染み込ませる為です。 ブロック肉を使っているので 中まで味が中々染み込まないので 穴を空けて染み込ませていきます。 穴を空け終わったら 次に、下味をつけていきます。 塩 胡椒 お好みで ブラックペッパー ニンニク オリーブオイル 順番に染み込ませていきます。 オリーブオイルがなければ サラダ油でも構いません。 お肉をジューシーにしたり マイルドにしてくれたり 柔らかくもしてくれます。 しっかりお肉に味をつけましたら 密閉できる袋に入れて 常温で30分ねかせます。 30分ねかせたら焼きに入ります。 ここで重要なのは2つ程 1、強火で回りをこんがり焼く 2、アルミホイルを巻き その上からタオルを巻いて1~2時間ねかせます。 この2つが出来ていれば もう、出来たも同然!! ね?簡単でしょ? 後は切って、ソースをかけて 出来上がりです。 ソースの作り方は 後ほど説明します。 では、もう一つの方法も 紹介したいと思います。 もう一つの調理法 もう一つの調理法ですが 最初に下味などの工程は同じなので 省きたいと思います。 違うのは、焼いた後の方法だけです。 どちらかというと こちらの方が 失敗する確率が少ないかと思います。 方法ですが、しっかり全面焼いたら 密閉できる袋に入れて 沸かしたお湯の中に 30分~1時間おきます。 お湯は火から外してくださいね 30分~1時間立ちましたら あとは、切って盛り付けて 完成になります。 ソースの作り方 では最後に、味の決め手 ソースを作っていきたいと思います。 材料 醤油 みりん 料理酒 ブイヨン 今回、私はシンプルなソースを 作ることにしました。 下味 お肉 に少し 濃いめに味付けしましたので ソースはシンプルでw 上記の調味料を 弱火でかるく煮詰めながら お好みの濃さで味付けします。 後はお好みで とろみなどつけても いいかと思います。 以上で全てになります。 つらつらと書きましたが 集約すると、このくらい出来ていれば 失敗せず出来ると思います。 冒頭にも言いましたが 私、ArutoRetoriは ローストビーフ初挑戦でした。 最後まで読んでいただき ありがとうございます。 皆さんが、このブログを通して 何かを得られればと思います。 ではこのへんで ArutoRetoriでした。 カテゴリー: タグ: 、、 作成者:.

次の

フライパンローストビーフ byコウケンテツさんの料理レシピ

美味しい ローストビーフ の 作り方

どもー 皆さん こんにちは。 こんばんは。 『ArutoRetori 感覚空間 logic』 ArutoRetoriです。 さて、今回は私人生初 ローストビーフを作ってみました。 何故いきなりローストビーフなのか。 それはですね 実家に帰った時、家に ローストビーフがあったんですよ。 てっきりお店で買ったのかと思い 聞いてみたら、親父が作ってではありませんか。 ・・・上手すぎる。 親父に出来るのであれば ArutoRetoriにだって・・・ 親父バリバリの料理人です。 という訳で 作り方を紹介したいと思います。 簡単ローストビーフ作り方• 必要な材料• 調理工程 3-1実際行った調理法 3-2もう一つの調理法• ソース作り方• まとめ 簡単ローストビーフ作り方 では、簡単ローストビーフ作り方の 説明をしていきたいと思うのですが 一般人が、頑張って作っておりますので 本職の方などが見たら、なんじゃこりゃって なるかと思いますが、温かい目で見てやってください。 それではまず ローストビーフ作るにあたって 必要な材料から順にいきたいと思います。 塩コショウ オリーブオイル 又 サラダ油 ニンニク お好みの量。 醤油 みりん 料理酒 ブイヨン 用意するのはこのくらいです。 後は、お好みで色々つけ足しても いいかと思います。 それでは、調理の方を やっていきたいと思います。 調理工程 さて、さて。 一番大事な調理工程の説明をしていきます。 大事とは言いましたが 簡単ローストビーフ作り方 ですので、そんなに肩に力を入れずに やってみて下さい。 では、今回、私が実際に行った調理法と その他にもやり方がありますので 合わせて紹介したいと思います。 実際に行った調理法 まず、牛肉のブロックと フォークを準備します。 次に、そのフォークでブロック肉に 『グサッ』『グサッ』っと均等に 全面刺して穴を空けていきます。 別にフォークではなく 穴が空けれる鋭利なものであれば 大丈夫です。 何故穴を空けるかって?? それはですね 味を染み込ませる為です。 ブロック肉を使っているので 中まで味が中々染み込まないので 穴を空けて染み込ませていきます。 穴を空け終わったら 次に、下味をつけていきます。 塩 胡椒 お好みで ブラックペッパー ニンニク オリーブオイル 順番に染み込ませていきます。 オリーブオイルがなければ サラダ油でも構いません。 お肉をジューシーにしたり マイルドにしてくれたり 柔らかくもしてくれます。 しっかりお肉に味をつけましたら 密閉できる袋に入れて 常温で30分ねかせます。 30分ねかせたら焼きに入ります。 ここで重要なのは2つ程 1、強火で回りをこんがり焼く 2、アルミホイルを巻き その上からタオルを巻いて1~2時間ねかせます。 この2つが出来ていれば もう、出来たも同然!! ね?簡単でしょ? 後は切って、ソースをかけて 出来上がりです。 ソースの作り方は 後ほど説明します。 では、もう一つの方法も 紹介したいと思います。 もう一つの調理法 もう一つの調理法ですが 最初に下味などの工程は同じなので 省きたいと思います。 違うのは、焼いた後の方法だけです。 どちらかというと こちらの方が 失敗する確率が少ないかと思います。 方法ですが、しっかり全面焼いたら 密閉できる袋に入れて 沸かしたお湯の中に 30分~1時間おきます。 お湯は火から外してくださいね 30分~1時間立ちましたら あとは、切って盛り付けて 完成になります。 ソースの作り方 では最後に、味の決め手 ソースを作っていきたいと思います。 材料 醤油 みりん 料理酒 ブイヨン 今回、私はシンプルなソースを 作ることにしました。 下味 お肉 に少し 濃いめに味付けしましたので ソースはシンプルでw 上記の調味料を 弱火でかるく煮詰めながら お好みの濃さで味付けします。 後はお好みで とろみなどつけても いいかと思います。 以上で全てになります。 つらつらと書きましたが 集約すると、このくらい出来ていれば 失敗せず出来ると思います。 冒頭にも言いましたが 私、ArutoRetoriは ローストビーフ初挑戦でした。 最後まで読んでいただき ありがとうございます。 皆さんが、このブログを通して 何かを得られればと思います。 ではこのへんで ArutoRetoriでした。 カテゴリー: タグ: 、、 作成者:.

次の

ローストビーフが10倍美味しくなるレシピ!家庭でも簡単にプロの技

美味しい ローストビーフ の 作り方

sponsored Link ローストビーフはイギリスの伝統的な料理の1つです。 今では、日本でもパーティーなど特別な日に、 ローストビーフは欠かせませんよね。 もうすぐ12月。 忘年会、クリスマス、ホームパーティーなどの計画はありませんか? ごちそうを作る回数が増えるこの時期に、 豪華なローストビーフが簡単に作れたらいいですよね! 一皿で豪華に見えて、美味しいローストビーフ。 これからの季節、クリスマス、忘年会、ホームパーティーなど、 ローストビーフがあれば盛り上がること間違いなしです。 今回は、 お手頃価格のお肉で、レストランで味わうような極上のローストビーフを フライパンだけで簡単に作る方法を紹介します。 それではフライパンで簡単で美味しいローストビーフを作っていきましょう! sponsored Link ローストビーフのための肉選び まずは、ローストビーフを作るための肉選びからです! ローストビーフに使用するお肉は、 高価な肉でなくてはいけないというわけではありません。 初心者が、高価な霜降りのかたまり肉を使ったローストビーフを作ろうとすると、 意外と難しいんですよ。 どちらかといったら 赤身に近いお肉の方が 失敗しにくく美味しくできます。 慣れてきたり、何度も作ってみたことがある人は、 霜降りのかたまり肉でも挑戦してみてくださいね! オージービーフやUSビーフの赤身肉でも、 十分美味しく作ることができますよ。 材料は、これだけです! シンプルなローストビーフを作るなら、 牛肉、塩、コショウ だけで出来ちゃいますよ! ローストビーフの作り方 それでは、ローストビーフを作っていきましょう! ・お肉を常温に戻す 常温に戻す事がとっても大事なんです! 外側と中心部との火の入り方をなるべく均一にするために、 お肉を常温に戻します。 冷蔵庫から出してすぐに焼くと中までなかなか火が通らなく、 生焼けになってしまう事があります。 常温に必ず戻してから焼きましょう! 解凍時間は、発砲スチロールのトレイからははずして、 夏でも冬でも年間通して30分ぐらいで大丈夫です! ・肉に下味をつける 肉に塩コショウ、その他の調味料をすり込みます。 すり込んだ後30分ほど置いておくのがポイント! お肉が落ち着き、味がしみこみますよ~。 ・肉を焼きます 下準備が済んだところで、やっとお肉を焼くことができます。 いろいろな焼き方がありますが、ゆっくりと肉全体の温度を上げていく事が、 美味しいローストビーフを作るポイントなので今回は、 中火~弱火 で焼いていきましょう! フライパンに油を小さじ1入れ、油を温めます。 煙が出るほど温めないでくださいね! フライパンはあるものでいいと思いますが、 これから、ローストビーフ用に準備したいというのであれば、 お肉がちょうど収まるくらいの、 小ぶりの少し深さのあるものがオススメです。 それでは、お肉を焼いていきましょう! 中火にしたフライパンに肉を入れます。 すべての面6面を2分ずつ焼き全ての面に焼き色がついたら、 火を弱火にし、ふたをし蒸し焼きにしましょう。 たま~に肉を動かしながら 6分焼いていきます。 6分焼いたら、金串ががあれば刺してみましょう! 肉中央部に先端があたるように刺すのがポイントです。 先端が暖かかくなっていれば、中まで火が通った証拠です。 ・肉を放置します 二重にしたアルミホイルに肉をしっかり包みます。 さらにふきんで包んで熱を封じ込めます。 30分ほどそのまま置けば、出来上がりですよ! ソースを作ろう! ローストビーフを放置している間にソースを作りましょう。 オススメの2種類のソースを紹介していきますね。 肉汁があればそれも一緒に入れましょう。 そこに赤ワイン、醤油、みりんを入れて、煮詰めたら出来上がり! 余ったタレで、炒飯や焼きおにぎりにしても美味しいですよ。 ・酢のきいたソース 〈材料〉 醤油 大さじ3 酒 大さじ1 砂糖 大さじ1 みりん 大さじ1 米酢 大さじ1 〈作り方〉 材料を全てボウルにいれよ~く混ぜておきます。 お肉を焼いた後のフライパンに投入しましょう! 弱火で5分ふつふつさせれば出来上がりです。 これだけです。 簡単ですよね。 余ったタレで、ドレッシングを作っても美味しいですよ。 オイルとおろし玉ねぎを加えて1分レンジでチンすれば、 ドレッシングの出来上がりです。 とっても簡単で美味しいので1度やってみてくださいね。 ドレッシングシェーカーがあると、 たれやドレッシング作りに便利です。 残ったローストビーフのはアレンジして楽しもう! ローストビーフ余っちゃた。 という事もありますよね。 残ったローストビーフは、翌日以降にアレンジして食べましょう。 サンドイッチの具にしたりチャーハンにしたりと、 さまざまな料理使えますよ! オススメは、 ローストビーフサラダです。 切ったレタスやキャベツなどの野菜の上にローストビーフを盛り付けるだけ。 一皿でしっかり栄養の取れるパワーサラダの出来上がりです! ナッツやドライフルーツなどをトッピングすれば、 違う食感が楽しめてますます美味しくなりますよ。 まとめ 今回はフライパンだけで簡単に作れるローストビーフを紹介しました。 いかがでしたか? 作って見ると意外に簡単で、 見た目が豪華に見えるローストビーフ。 ソースや盛り付けしだいで、オードブルにもサラダにも、 もちろんメインディッシュにもなるオススメの料理です。 ホームパーティの際には、ぜひ挑戦してみてくださいね! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の