えだまめ 農家。 枝豆農家って儲かりますか?

えだまめ農家 岸健幸さんの職業インタビュー|EduTownあしたね

えだまめ 農家

えだまめは,2月 下 げ 旬 じゅんに最初の種をまき始め,8月 下 げ 旬 じゅんまで,時期に合わせた品種の種を順番にまいていきます。 まだ寒いころに種をまいたら,土を温めるために種をまいた上からビニールシートを 被 かぶせ,春に気温が上がってくると,ビニールを外します。 土の温度管理は,えだまめ 栽 さい 培 ばいでとても重要なポイントです。 種をまいた後は,えだまめの成長に合わせて 肥 ひ 料 りょうをやったり, 枯 かれた葉や 雑 ざっ 草 そうを 取 とり 除 のぞいたりします。 6月ごろになると,虫がたくさん出るようになるため,虫が入ってこないように 網 あみ 目 めの細かな 防 ぼう 虫 ちゅうネットを 苗 なえ全体にかけます。 気温が低いときだと種をまいてから3か月くらい, 暖 あたたかくなると70日くらいで実がふくらんできます。 早いものだと5月 下 げ 旬 じゅんから,一番 遅 おそいもので11月 上 じょう 旬 じゅんまでの約半年間, 収 しゅう 穫 かくすることができます。 他の産地では,えだまめが最も育てやすい5~6月に 栽 さい 培 ばいし,7~8月で 出 しゅっ 荷 かが終わりますが,このように長い間にわたって 収 しゅう 穫 かくや 出 しゅっ 荷 かができるようにするのは, 岐 ぎ 阜 ふならではの 栽 さい 培 ばい 法 ほうです。 岐 ぎ 阜 ふ 県 けんは西日本では最大のえだまめ産地として,全国に多くのえだまめを 出 しゅっ 荷 かしています。 特に, 岐 ぎ 阜 ふ 市 し 内 ないを流れる 長 なが 良 ら 川 がわの 流 りゅう 域 いきには,川によって流れて積み重なった,水はけのいい土が多く,えだまめの 栽 さい 培 ばいに 適 てきしています。 ここで育てられるえだまめは,「 岐 ぎ 阜 ふえだまめ」と 呼 よばれ,実がふっくらと 大 おお 粒 つぶで 甘 あまみがあるのが 特 とく 徴 ちょうです。 えだまめは 鮮 せん 度 どが命なので, 収 しゅう 穫 かくは気温の低い早朝から始めます。 収 しゅう 穫 かく後は,機械で 枝 えだからさやをもぎ取り,大きさ別に分けた後, 水 みず 洗 あらいして 冷 れい 蔵 ぞう 庫 こで 一 ひと 晩 ばん 寝 ねかせます。 これを「 予 よ 冷 れい」と言い,一気に温度を下げることで,変色や 傷 いたみを 防 ふせぎ, 新 しん 鮮 せんさを 保 たもつことができます。 その後,さらに 傷 きずや 穴 あなのあるえだまめや 異 い 物 ぶつをていねいに 取 とり 除 のぞいて, 出 しゅっ 荷 か 場 じょうへと運びます。 出 しゅっ 荷 か 場 じょうでも選別やチェックが行われ, 厳 きびしい 検 けん 査 さをくぐり 抜 ぬけたえだまめだけが, 岐 ぎ 阜 ふえだまめとして 出 しゅっ 荷 かされていきます。 えだまめの 栽 さい 培 ばいが終わる11月から,次の種まきが始まる2月までの間には,えだまめを作り終えた畑を整えて,約4千平方メートルの畑でほうれん草を育てています。 年によって気象 条 じょう 件 けんも 違 ちがうため,作物は,毎年同じようにはできません。 夏になると,えだまめ 栽 さい 培 ばいは虫との戦いになります。 また,雨が 降 ふってえだまめのさやに 泥 どろがつくと, 泥 どろと 一 いっ 緒 しょに 雑 ざっ 菌 きんがついて,さやのつやが悪くなったり 穴 あなが開いたりします。 そのほかにも,えだまめが病気にかかったり,台風で 枝 えだが 倒 たおれてしまったり,自然の中で起こるさまざまな問題に, 対 たい 処 しょしていかなければいけません。 何年やっていても,毎日の天気を見ながら自分でその日の作業を決めていくことには, 難 むずかしさを感じています。 しかしその反面,すべてを自分のペース,自分の考えで進められるところが,農業の 魅 み 力 りょくです。 私 わたしは「大変だからこそおもしろい」と,いつも思っています。 また,大変な分,自分の 負 ふ 担 たんを 減 へらす新しい働き方を考えて,取り入れています。 たとえば,えだまめは 収 しゅう 穫 かくした後,虫食いや 傷 きずがないかを見ながら, 品 ひん 質 しつのいいものを選別していくのですが, 収 しゅう 穫 かく後に 私 わたしと 妻 つまの2人でこの選別作業を行うのは,とても大変です。 そこで 私 わたしは2年目から,その作業を, 障 しょうがいをもつ人たちが働く 施 し 設 せつにお願いすることにしました。 今は選別作業のほとんどをお願いし,えだまめの 採 とれない時期には,ほうれん草の 袋 ふくろ 詰 づめをやってもらっています。 そのほかにも,種をまく機械をレンタルし,より早く 効 こう 率 りつ 的 てきに作業ができるように 工 く 夫 ふうもしています。 岐 ぎ 阜 ふのえだまめ農家は,6月ごろに多くなる害虫の 被 ひ 害 がいを 防 ふせぐため, 防 ぼう 虫 ちゅうネットをかけてえだまめを守ります。 すべての畑に 防 ぼう 虫 ちゅうネットをかけるのは,とても手間のかかる作業ですが, 防 ぼう 虫 ちゅうネットを使うことで,虫を 駆 く 除 じょする農薬の使用回数を 減 へらすことができ,より安心して食べてもらえる,安全なえだまめを育てることができます。 防 ぼう 虫 ちゅうネットを使わない場合は3~4回の農薬を 散 さん 布 ぷしますが,うちは 防 ぼう 虫 ちゅうネットのおかげで,1回の 散 さん 布 ぷで 済 すんでいます。 岐 ぎ 阜 ふのえだまめ農家は,ほとんどが農薬をできる 限 かぎり 減 へらして作物を育てる「ぎふクリーン農業」に取り組んでいます。 収 しゅう 穫 かくしたえだまめも, 厳 きびしく選定された 良 りょう 質 しつなものだけが店頭に 並 ならびます。 農家にとって一番の喜びは,たくさんの人に買ってもらい,「おいしい」と思ってもらうことです。 私 わたしは,こんなに手間をかけて育てられる 岐 ぎ 阜 ふのえだまめを,日本中,そして世界中の人に食べてもらいたいと思っています。 海外のレストランで自分が作ったえだまめが出されたら,とてもおもしろいと思います。 たくさんの人に食べてもらうためには,まずは 岐 ぎ 阜 ふのえだまめを知ってもらうことが大切ですから, 私 わたしはSNSなどを活用して, 岐 ぎ 阜 ふのえだまめ農家のことや 栽 さい 培 ばい方法を発信しています。 投 とう 稿 こうすると, 一 いっ 般 ぱんの方はもちろん,他の産地のえだまめ農家さんや海外の人たちからも 反 はん 響 きょうがあり,とてもうれしいです。 私 わたしは農業を始めてから,これから農業にとって一番大切なのは,作物を作る生産者も, 販 はん 売 ばいする人も,それを買う消費者も,すべての人が喜べる産業にすることではないかと感じています。 農家の人たちは,大変な手間と時間をかけて,安全な作物を作れるように日々,努力しています。 農業の 担 にない 手 てが不足していると言われますが,毎日苦労して育てた 価 か 値 ちが 認 みとめられて,労働に見合った 価 か 格 かくで作物が売れないと,新たに農業をしたいと思う人も 増 ふえていきません。 作る人も 納 なっ 得 とくできる 価 か 格 かくで 販 はん 売 ばいし,買う人もその 価 か 値 ちを感じて安心して買ってもらえることが大切です。 そのためにも,生産者もどうやって作物を作っているのか,多くの人に伝えていく必要があると思っています。 また,新しく農業をしたいと思っている人に対しても,農業の楽しさを伝え,相談にのるようにしています。 岐 ぎ 阜 ふで農業を始めたい人が集まる勉強会で自分の 経 けい 験 けんを話したり,えだまめ農家を目指す人を受け入れる 研 けん 修 しゅう 先 さきとなって,えだまめ 栽 さい 培 ばいを教えたりしています。 最近では, 私 わたしの話を聞いて農業に 挑 ちょう 戦 せんし始めた 若 わかい人や,自分で農業をしたいという 主 しゅ 婦 ふの方も出てきました。 これからも農業を 担 になう人が1人でも 増 ふえるように,サポートしていきたいです。 私 わたしは東京で生まれ育ち,大学を卒業後,テレビやインターネットで流れるCMを 制 せい 作 さくする仕事をしていました。 その中で農家の方を題材にしたCMを 制 せい 作 さくする機会があり,農家を回って取材や 撮 さつ 影 えいをしているときに,農業に少し 興 きょう 味 みを持つようになりました。 そんなとき,2011年に東日本 大 だい 震 しん 災 さいが起こり,東京でも大きな 揺 ゆれを感じました。 それから数日間,スーパーやコンビニに行っても,食べるものがどんどんなくなっていく様子を見て,「これからは,食べるものを作る仕事が必要なのでは」と考えるようになりました。 そこで,以前から 興 きょう 味 みを持っていた農業を始めることにしたんです。 私 わたしには, 岐 ぎ 阜 ふ 県 けん 大 おお 垣 がき 市 しに住んでいる 祖 そ 父 ふ 母 ぼがいて,子どものころから,遊びに行くと「自然が 豊 ゆたかで,水がとてもきれい」だと感じていた 記 き 憶 おくがありました。 また, 岐 ぎ 阜 ふ 県 けんは本州の真ん中に位置し,季節を問わず農業ができると思い,2012年4月に 岐 ぎ 阜 ふ 県 けん 岐 ぎ 阜 ふ 市 しへ 移 い 住 じゅうしました。 それから農業を教えてくれる農家を 探 さがし,最初の1年間はトマト農家で働きながら,農業を学びました。 しかし,ビニールハウスで育てるトマトは, 設 せつ 備 びを整えるのにたくさんの 資 し 金 きんが必要なので, 私 わたしは,より少ない 資 し 金 きんで始められる 露 ろ 地 じ 栽 さい 培 ばいを学ぼうと考えました。 岐 ぎ 阜 ふ 県 けんでは新たに農業を始める人を 支 し 援 えんしてくれる 制 せい 度 どがあることを知り, 岐 ぎ 阜 ふ農林 事 じ 務 む 所 しょやJAぎふへ相談に行ったところ,えだまめとほうれん草を育てる農家を 研 けん 修 しゅう 先 さきとして 紹 しょう 介 かいしてくれました。 私 わたしはその農家で1年間, 露 ろ 地 じ 栽 さい 培 ばいの 知 ち 識 しきや 技 ぎ 術 じゅつを学び,41 歳 さいのときに自分の畑を持って,えだまめ農家を始めました。 私 わたしは 幼 おさないころ,毎年, 岐 ぎ 阜 ふにある 祖 そ 父 ふ 母 ぼの家へ遊びに行くのが楽しみでした。 東京生まれ東京育ちの 私 わたしには,山や川などの 豊 ゆたかな自然に囲まれた 岐 ぎ 阜 ふの風景が,とても美しく感じられました。 特に 祖 そ 父 ふ 母 ぼが住んでいた 大 おお 垣 がき 市 しは,昔から「 水 すい 都 と」と 呼 よばれるほど水がきれいな場所だったので,子どもながらにそのイメージが強く心に残っていて,農業を始めたいと思ったときも,農業に欠かせない水が 豊 ほう 富 ふな土地として,真っ先に 岐 ぎ 阜 ふが 思 おもい 浮 うかびました。 岐 ぎ 阜 ふへ遊びに行ったときの思い出で,今も覚えているのは, 祖 そ 母 ぼが作ってくれた, 切 きり 干 ぼし大根が入った赤だしのみそ 汁 しるです。 白みそが 一 いっ 般 ぱん 的 てきな東京では食べたことのない味でしたが, 私 わたしにはとてもおいしく感じられました。 今思うと,このころから 岐 ぎ 阜 ふの食に 興 きょう 味 みがあり, 舌 したにも合っていたのかもしれません。 豊 ゆたかな自然がある 岐 ぎ 阜 ふが好きだった 私 わたしですが,一方で子どものころから虫が苦手でした。 大人になってCMをつくる仕事をしていたときも,取材で農家に行った 際 さい,何がいるか分からない田んぼの中に足を入れることができないほどでした。 今は毎日,畑で土に 触 ふれているため,少しは平気になりましたが,足の多いムカデなどはまだまだ苦手です。 私 わたしのように虫 嫌 ぎらいでも農業はできるので,虫が苦手な人も 諦 あきらめず農業にチャレンジしてほしいです。 私 わたしは新しいことを始めるとき,あまり先のことを考えすぎず,「なんとかなる」という気持ちで 挑 ちょう 戦 せんするようにしています。 壁 かべにぶつかっても落ちこんでも,すぐに「仕方がない」と立ち直って,次へ進みます。 実はこの打たれ強さが,農業には特に必要だと思っています。 農業は自然が相手の仕事なので,ときには大雨や台風などの自然 災 さい 害 がいで,畑が 大 だい 打 だ 撃 げきを受けることがあります。 私 わたしも農業を始めて1~2年の間は,自然から受ける 被 ひ 害 がいにどう 対 たい 処 しょしたらいいか分からず,育てた作物のほとんどを 廃 はい 棄 きしなければいけないこともありました。 農業をしていると,人ができることは本当に 限 かぎられていて,自然には 敵 かなわないということを 痛 つう 感 かんします。 そんなとき, 私 わたしはいつまでもくよくよせず,「仕方ない」と水に流して次にできることを考えることも,大切だと思っています。 農業だけでなく日々の 暮 くらしの中でも,考えても答えが出ないことはたくさんあります。 そうしたとき,考えこんでも答えが出ることは少ないように思います。 壁 かべにぶつかったら,その問題にこだわりすぎず,少し気持ちを楽にして「だったら他のことをがんばろう」と別の道を見つけるのも,ひとつの方法です。 嫌 いやなことや大変なことも考え方 次 し 第 だいなので,やりたいと思ったことには 恐 おそれず 挑 ちょう 戦 せんし, 困 こん 難 なんに出会ったときにも次の一歩を 踏 ふみ 出 だせる強さを持ってほしいと思います。

次の

【夏まき秋どり】枝豆の抑制栽培法

えだまめ 農家

さやが柔らかい分、選別作業には神経を使います。 【 栽培ビニールハウス 】 ハウス枝豆は、ハウス内で守られているので 外部の影響を受けにくく害虫が付きにくいメリットがあります。 その反面ハウス内の温度管理が難しく、毎日のこまめな換気が品質を左右します。 虫も正直なもので、この時期の枝豆は害虫被害も多いので、 防虫ネット を使用して害虫から大事な枝豆を守ります。 【 4月頃】 岐阜産の枝豆は、 ゴールデンウイークを目標に出荷できるように調整しているので、毎年 5月から 11月までの間出荷されています。 岐阜産の枝豆は 京阪神地方を中心に出荷されていますが、近年では地産地消ブームもあり、岐阜県内のスーパーでも多く見かけるようになりました。 その他 関東方面にも需要が多く、幅広い客層に人気があります。 全国で 9番目 H. 21 に出荷量があると言われています。 近年では高齢化で引退する農家さんもいますが、平均すると毎年1000トン前後が全国へと出荷されています。 ここ岐阜県は、東西に清流 長良川 が流れ、伊自良川、木曽川などきれいな川が分岐した水の都です。 長良川といえば、全国的にも 鵜飼 で有名な川で、そこでとれた鮎は日本一おいしいとも言われています。 馬瀬の鮎は日本一になりました 美味しい枝豆が育つ理由にはきれいな水も欠かせませんが、周辺の環境にも影響します。 あまり都会でもいけませんし、周りが工場だらけでもいけません。 枝豆の産地である、【島、則武、合渡、鷺山地区】ではこのような条件がそろっているので、昔から変わらずおいしい枝豆が育つのです。

次の

秋田のえだまめ スペシャルサイト

えだまめ 農家

毎年9月に入ると、秋豆シリーズが発売されます。 「あきた香り五葉」から始まり、「あきたほのか」、「秘伝」と続きます。 風味豊かで濃厚な味わいの秋豆シリーズをご賞味ください。 グリーンとオレンジの広告が交互に飾られており、とてもきれいと好評でした。 お湯で調理するよりも簡単で、栄養や旨みが逃げにくくなり、香りもより広がります。 まだ流通量は少ないですが、見かけた際はぜひお試しください。 秋田えだまめの特徴 秋田産えだまめのおいしさの秘訣• 秋田の夏は、昼と夜の温度差が非常に大きく、日中、光合成をして得たエネルギーは、夜、気温がぐんと下がることにより、消耗が抑えられ、糖分がどんどん蓄えられます。 その結果、甘くて美味しいえだまめに仕上がります。 これが、秋田産えだまめのおいしさの秘訣です。 また、お米が美味しいところは、土が肥沃で元気と言われます。 同じ土で育ったえだまめも美味しいのです。 秋田県のえだまめの歩み• 昭和40年代からの減反政策により県南部でえだまめの栽培が始まりました。 昭和50年代に、有志が生産部会をつくり、首都圏向けの出荷を始め、 このような動きが県内に徐々に広がっていきました。 平成15年には、品質向上と統一化を図るため、県内各産地と行政等から成る「えだまめ産地連携チーム」を編成。 さらに、H22年からは「えだまめ販売戦略会議」を発足させ、生産者、関係機関が一体となってえだまめ日本一を目指してきました。 その結果、平成27年、28年と2年連続で東京都中央卸売市場の7~10月出荷量日本一を達成することができました。 秋田県オリジナル品種 ー秋田が誇るうんめ~えだまめー 秋田県農業試験場が開発した秋田だけの美味しいえだまめです。 秋田えだまめのニューフェイスで、人気急上昇中!秋だけの贅沢なえだまめです。 秋田県産えだまめは、このパッケージに入っています。 【青色パッケージ】主に7~8月出荷のえだまめが入っています。 品種は時期によって 異なります。 【オレンジパッケージ】9月以降に出荷される「あきた香り五葉」、「あきたほのか」、 「秘伝」が入っています。 3ヵ月間にわたる長期出荷体制• 秋田県産えだまめは7月下旬頃から10月中旬頃までの約3カ月間収穫します。 出荷ピークは8~9月です。 継続しておいしいえだまめをお届けするために、早生~晩生まで、品種を組み合わせています。 極早生は4月中旬から播種が始まります。 晩生の播種は6月下旬となっています。 長期間えだまめをお届けするために、露地栽培の他、トンネルやマルチ栽培でも生産しています。 品質へのこだわり 収穫適期を逃しません えだまめの生育をしっかり観察し、一番おいしくなった時に収穫します。 全県域でコールドチェーンで鮮度保持• えだまめは収穫後の真夏の高温下では急激に糖度が低下し、品質が落ちます。 そのため、秋田県では次のことに取り組み、品質低下を極力抑えております。 このように作っています おいしい食べ方 たっぷりのお湯で少量のえだまめをゆでるのがポイント• 水洗いした後、水 1. 5L に塩を入れ、お湯を沸かします。 沸騰したら、えだまめ1袋 250g を入れ、強火で4~5分茹で硬さをチェックします。 ゆですぎにご注意ください。 ゆで終わったらざる等に広げ、冷やします。 お好みにより塩をまぶしてお召し上がりください。 多くの栄養素を含んでいます。 夏バテ防止・疲労回復に効果的 他の野菜と比較して、えだまめに多く含まれるビタミンB1とB2は体内で糖質・脂質・たんぱく質などを分解してエネルギーに変える効果があるため、夏バテ防止や疲労回復に効果的です。 ビールにえだまめは理にかなっている えだまめには良質なタンパク質が含まれており、ビタミンB1やビタミンCと共にアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助けてくれるため、飲み過ぎや二日酔いを防止する働きがあると言われています。 今注目の健康成分も含まれています 栄養素以外にも、脂肪やコレステロールを取り除くサポニンや血圧を適正にコントロールするイソフラボン、血中コレステロールを排泄し、動脈硬化を予防する働きのあるレシチンといった注目度が高まっている健康成分も持っていると言われています。

次の