ウルトラビースト 厳選。 【初心者向け】UB(ウルトラビースト)厳選!ウツロイドからデンジュモクまで。

【USUM】ウルトラビースト入手イベント!厳選は後回しにできる?【ポケモンウルトラサンムーン】

ウルトラビースト 厳選

サンムーンの準伝説ポケモン サンムーンのカプ(カプ・コケコ、カプ・テテフ、カプ・ブルル、カプ・レヒレ)とウルトラビーストは、従来のシリーズでいう「準伝説」ポケモンに相当します。 ポケモンシリーズに登場するポケモンには、一般のポケモンのほか「伝説」「幻」などの種類があります。 「準伝説」とは公式に使われる言葉ではないようですが、1プレイ中で入手できる数が限られ(タマゴで増やせず)、オンラインのレーティングバトルで使用可能なポケモンを指します。 厳選の基準を決める サンムーンでは王冠で個体値を上げられるので、厳選の基準はゆるくても大丈夫です。 また、カプもUBも個体値は3V(どれか3つの個体値が最高)が保証されています。 私は次のように基準を考えています。 ・目的の性格で捕まえることは必須 ・使わない能力値(物理タイプの特攻、特殊タイプの攻撃)に3V保証分のVが入るのはNG ・「」を使うことが想定される場合はタイプを合わせる ・もっとも面倒な厳選はマスターボールを使う めざめるパワーの利用が想定されるのは、一般にカプではカプ・コケコとカプ・レヒレ、UBではウツロイド、フェローチェ、デンジュモク、テッカグヤあたりです。 厳選の流れ (1)性格をシンクロする 特性「シンクロ」を持つ、希望の性格のポケモンをパーティの先頭においてバトルを開始します。 特性「シンクロ」のポケモンにはケーシィなどがいます。 なお、シンクロポケモンはバトル開始時に瀕死でもかまいません。 (2)対象のHPを減らし、状態異常にする 対象のポケモンを捕まえやすくするために、HPを減らして、できれば状態異常にします(眠りがベスト)。 カプはどれも捕獲成功率が低いので、それなりに計画を立ててHP減らす担当、状態異常にする担当などのポケモンを揃えておいた方がいいです。 HPを減らすには「みねうち」や「てかげん」でHPを1にするのが理想的です。 「みねうち」を覚えるポケモンには、ラランテス、ニューラ(マニューラ)、ストライク(ハッサム)、ジャラランガなどがいます。 「てかげん」を覚えるのは配信のゴンベ(カビゴン)ぐらいです。 眠らせる技としては、「さいみんじゅつ」がスリーパー、ニョロボン、ゲンガー、デンジュモク、「ねむりごな」がドレディア、バタフリー、「キノコのほうし」がパラセクト、マシェード、といったあたりが代表的です。 「さいみんじゅつ」と「ねむりごな」は命中が低いので、「ヨクアタール」を持っていくといいです。 「ねむりごな」「キノコ」のほうしは草タイプに効かないので、カプ・ブルルとカミツルギには無効です。 そのため、上記のような技がない状態でアバウトに行ってもだいたい大丈夫です。 (3)ボールを投げる おもむろにボールを投げます。 普通に捕まえるならハイパーボールかダークボール(夜間)が順当なところ。 カプ・レヒレはタイプ的にはダイブボールやネットボール、カプ・コケコは速いからスピードボール(ガンテツボールなので1個だけ)で捕まえやすいのかな? よくわかりません。 カプの厳選 カプの厳選は、いずれもフィールドの効果が厄介です。 5ターン耐えるか、別のカプを連れていってフィールドを書き換えるかしましょう。 みねうち役はアローラガラガラ、催眠役はデンジュモクあたりが使いやすいです。 テテフの難しいのはエスパー+フェアリーの範囲が広いところで、ガラガラは悪くないですが、ニューラやジャラランガなどは安定しません。 欲を言えばエスパーとフェアリーを半減できるハッサムが最適です。 催眠はドレディアか何かを使って、あらかじめ「ないしょばなし」で特攻を下げておくとラクになるでしょう。 最初「ちょうはつ」で止めようとしましたが、あきらめました。 (1)ミストフィールド切れを待つ。 アクアリングの使用を確認 (2)やけどにする (3)みねうちする (4)ボールを投げる とすると、やりやすいです。 やけどは眠りより捕獲率上昇が少ないと思いますが、ダイブボールで厳選したところでは「30~50個投げればだいたい捕まる」って感じですね。 5回捕獲にトライした中で1回はPP切れの「わるあがき」自滅まで行ってしまいました。 やけどの方があらゆる面で楽でしょう。 カプ・レヒレの攻撃技はHPを半分にする「しぜんのいかり」以外は水タイプの技しかないので、シャワーズなど特性「ちょすい」のポケモンを連れて行けば完封できます。

次の

ウルトラビースト一覧

ウルトラビースト 厳選

ポケモンなのか野獣なのか…UB01・ウツロイドを厳選! ポケモンサンムーンにおける新要素の一つ「 ウルトラビースト」。 歴代の準伝説ポケモン並みの高種族値(570〜600)をもち、彼らを「ポケモン」として使うことができます。 発売前の公式情報で最初に発表された、UB01・ ウツロイド。 「寄生ポケモン」と分類されており、ストーリーで最も存在感を示したウルトラビーストですね。 各ウルトラビーストはクリア後にゲットできますが、その中でもウツロイドは先鋒を切ってくれます。 ウツロイドをゲットしないと他のUBをゲットできず、しかも1体しかゲットできないので、厳選するならサクッと済ませたいところですね。 今回は、ウツロイドを捕獲補正の低いオシャボ「ゴージャスボール」で厳選するため、私が準備した事柄と捕獲の結果を紹介します。 サン・ムーンの各バージョンではそれぞれ6種のウルトラビーストを捕獲することができ、カプ4体とタイプ:ヌル、そして別バージョンでゲットできるウルトラビースト2種を合わせると 計13体もの準伝説(級)ポケモンが待ち構える第七世代。 第四世代ダイパ以上の準伝説ラッシュで、厳選勢にとってはタフさが要求されるサンムーンですが、有り難いことにウルトラビーストに限っては、 「ウルトラボール」という専用のボールを使えば、HP1のレベル2ツツケラを捕まえるが如く簡単に捕獲できます。 なので、今回ご紹介するウツロイドに限らず、 ウルトラビーストの厳選は非常に簡単なものになっています。 サンムーンバージョンで捕まえられるウツロイドのレベルは 55。 他の伝説・準伝説ポケモンに違わず、個体値は6ステータスのうちランダムで3つが確実にV(個体値31)になります。 捕獲時の技構成は下表の通り。 技名 タイプ 威力 PP パワージェム いわ・特殊 80 20 ミラーコート エスパー・特殊 — 20 アシッドボム どく・特殊 40 20 ベノムトラップ どく・変化 — 20 攻撃技は「パワージェム」「アシッドボム」の小威力特殊技2つ。 他2つはこちらが変なことしない限り無意味なので、わざ対策は簡単かと思います。 ガブリアスを1上回る103という意味ありげなS種族値と、高い特殊耐久と特攻が魅力のウツロイド。 「いわ・どく」というタイプと相まり、特殊アタッカーのフェアリー対策に重宝できそうなポケモンですね。 性格は「 おだやか」「 ひかえめ」「 おくびょう」あたりが人気になるでしょうか。 レベル55、6Vウツロイドの性格補正ごとのステータス値は下表の通りです。 いつもお世話になっております。 ウルトラボールを使えば、ウツロイドの体力が満タン+状態異常なしでも を1個投げれば大体捕まえられます。 (ウルトラボールは一個何百万円とするハイスペックとのこと。 ) なので、相手の体力を削る+状態異常にするより、とにかく捕まえてステータス確認+リセット&リスタートを繰り返すほうがよほど効率がいいです。 ウルトラボール以外、特に捕獲補正の低いオシャボの場合はそうはいかないので、それなりの準備が必要かと思います。 今回ウツロイドの厳選に挑むパーティはこのようになりました。 先頭は特性「 シンクロ」のユンゲラーです。 レベル30にしていれば、ウツロイド出現地域であるヴェラ火山公園またはディグダトンネルに生息している野生ポケモンのレベルを超えるので、 ゴールドスプレーを使えばウツロイドのみとエンカウントすることができ効率がいいです。 ——— 戦闘の一番手となる二番目はジャローダです。 「へびにらみ」を覚えさせており、先攻で相手をまひ状態にします。 ジャローダはHP1+やけど状態にして1ターンで確実にひんしになり、時間ロスをなくすようにしています。 ——— つぎにエルフーンを出します。 HP1の状態から「がむしゃら」を使い、相手のHPを1にします。 サン版でしかゲットできませんが、素早い+レベルアップで「がむしゃら」を覚える貴重なポケモンなので、ムーン版の方もGTSなどでモンメンを入手されるのがおすすめです。 こちらもやけど状態にしており、1ターンで確実にひんしになり、時間ロスをなくすようにしています。 ——— 最後にダグトリオ(アローラのすがた)を出します。 ポニ島でゲットした野生の子そのままです。 言わずもがな、じめん・はがねタイプのアローラダグトリオなら相手の毒攻撃は無効、「パワージェム」も4分の1で受けられるのでウツロイドに対して最適な耐性を持っています。 ただ、他の野生ポケモンやカプたちと異なり、ウルトラビーストはこちらのポケモンに対して最もダメージを与えられる攻撃技ばかり使ってきます。 いかんせん紙耐久なダグトリオなので、いくら耐性があってもこの個体だと「たべのこし」の自動回復のみでは回復が追いつかず、連続で「パワージェム」をくらうと瀕死になる可能性があります。 なので、私は「ないしょばなし」を2回使ってからボール投げに入るようにしました。 ——— 後の2体はダグトリオが万が一急所をくらって瀕死になってしまった場合の保険です。 加えて、手持ちに6体いた方が図鑑登録のあとすぐにウツロイドのステータスを確認できるので、あえて6体フルにしています。 今回は、すばやさ測定や「いのちがけ」を使ったHP測定を排しました。 「めざめるパワー」の厳選をしたい場合は、Vの理想配置を期待することを排し、後で「おうかん」を使うことを覚悟して片っ端から捕まえたほうが効率がいいと思います。 めざパ厳選を抜きにしても、今作は長い時間をかけて高個体値の厳選するより性格厳選だけして「おうかん」を使ったほうが効率良いんじゃないかと思う次第です。 ウツロイドのオシャボ厳選プロセスを簡単にまとめます。 ひんし状態のレベル30以上ユンゲラーを先頭に配置• ゴールドスプレーを使い、ウツロイド出現地域を徘徊• ジャローダで先攻「へびにらみ」を使う• HP1のエルフーンで「がむしゃら」を使う• アローラ・ダグトリオで「ないしょばなし」を使う• ゴージャスボールを投げ続ける 今回はこのような流れで捕獲にあたります。 ゴージャスボールでのウツロイド厳選作業の結果を記します。 めざめるパワーは悪という残念っぷりですが、バトル用のウツロイドは別ROMでウルトラボールを使って厳選する予定なので、今回はこれで良しとすることに。 ウツロイドは捕獲率が高いので、捕獲補正1のゴージャスボールでも簡単に捕まえられますね。 ビーストブーストで特攻が上がってしまう場合があるのは厄介ですが、「ないしょばなし」を使えば時間は少しかかっても上記のメンバーで問題なく捕獲にあたれます。 長いUB捕獲イベントの前哨戦、これから険しい厳選の道が待っています。。 これよりいい方法はあると思うので、あくまでご参考程度にして下さいませ。 ポケモン俳人 初代赤バージョンよりポケモンを愛好し、ゲームは1日18時間までと決めているストイックな廃人であり、俳人。 好きなポケモンはゴマゾウ。 Tags: , , ,.

次の

【USUM】ウルトラビースト入手イベント!厳選は後回しにできる?【ポケモンウルトラサンムーン】

ウルトラビースト 厳選

目次はこちら• 捕獲用ポケモン• ケーシィ(シンクロ・ひかえめ)• バンバドロ(じきゅうりょく) デンジュモク厳選は手持ちのじめんタイプのポケモンでOK。 わたしは、持久力バンバドロにしました。 UB捕獲はウルトラボールですぐに捕獲できるからサクサクすすみますね。 シンクロケーシィはレベル25以上にあげてから瀕死状態にし、スプレーを使うとデンジュモクしか出てこないから効率アップです。 203-12-116-275-117-133(デンジュモクLv65) めざ氷パターン(順番:HABCDS)• H(HP)• A(こうげき)• B(ぼうぎょ)• C(とっこう)• D(とくぼう)• S(すばやさ) めざめるパワー氷は、個体値や個性での判断が難しい(間口が広すぎる)。 厳選スタート デンジュモク厳選開始、約3時間経過。 デンジュモクは特攻(C)が高いポケモンなので、わたしは攻撃(A)が低いデンジュモクが欲しいのです。 欲しいのです。

次の