トリガー ポイント 注射。 トリガーポイント注射の副作用で、筋肉が硬化(医療関係者、経験者の...

背部及び腹部の筋肉の具体的トリガーポイント

トリガー ポイント 注射

注意 :慢性痛の方へ トリガーポイントだけの治療では不完全です。 最近トリガーポイントはやっと市民権を得たように有名になりました。 しかし、単なるトリガーポイント療法をうたっているだけの治療では効果はいまいちです。 当院によく 「トリガーポイント治療を受けたのですが 効果が有りません」 と言う患者さんが来られます。 「どのような治療でしたか?」 と聴くと、「マッサージをした」とか、「注射をした」 や「鍼治療した」 とのことです。 しかし、それが本当にトリガーポイント治療でしょうか? また心理・社会的要因はどうなるのでしょうか? 私は疑問に思えます。 単なるトリガーポイントを語るマッサージではないかと思うからです。 また注射では トリガーポイントが痛みの原因で有る内は大変有効ですが、心理・社会的要因が主要因になった状態ではどうでしょうか? トリガーポイントが形成されていると言うことは慢性痛です (急性痛ではトリガーポイントは形成されません) 慢性痛と言うことは痛みの原因が複雑になって、心理・社会的要因も関与していることになります。 したがって、当然治療でも心理・社会的側面からの関与が必要と言うことになります。 確かにトリガーポイント治療は驚くような効果があります。 しかし、慢性痛の場合は原因が主に心理・社会的要因に変化しているのです。 治療には心身双方からのアプローチが必要です。 それがなされて完全な治療です。 トリガーポイント絶対論では、トリガーポイントを不活性化すれば、慢性痛は取 れると?????? 多くの人が勘違いしています。 人間はそのように単純なものではありません。 わたしたちの身体はひとつの「複雑系」です。 些細な身体の異常が重大な病を引 き起こすこともよくあります。 そして、そういう場合の 身体の異常と痛みとの因果関係は、そう簡単に答えがで るものではありません。 繰返しですが、慢性痛はトリガーポイントの形成に心理・社会的要因や中枢神経 系が加味し、自律神経まで関与したものです。 トリガポイントは慢性痛の一要因 と言うことです。 治療にはトリガーポイントの不活性化と神経系や、心理・社会的要因にアプロー チする必要がある訳です。 このページを見て頂いてるあなたはお分かりと思いますが、トリガーポイントが形成されて ることは、「筋・筋膜性の慢性痛」ということです。 (違うならトリガーポイントは形成さ れません) しかも、慢性化した状態です。 慢性痛の治療は従来の治療法は役に立ちません。 (トリガーポイント化し、心理社会的要因が加わり、中枢性感作が加わり、痛みの悪循環をへて、自律神経まで関与した状態で、痛みそのものが病態となっているのです。 ) 主原因は中枢性感作と変容しています。 治療には心身双方と中枢神経系と末梢神経系にもアポローチする必要があるのです。 単なるトリガーポイント療法ではありません。 最大の特徴 です。 最長筋は、腰腸肋筋と共に脊柱起立筋の一つで、腸肋筋の下部に位置している。 胸最長筋は、その中でも仙骨から胸腰部に作用し、脊椎を伸展、側屈、回旋の一連の動きを促す。 仙骨部から胸腰部への脊椎を安定させる筋肉の一つでもあり、この筋肉の異常は、腰部の異常もしくは胸部の異常へと進行し、胸腰部痛や肋骨痛を起こしたり、肩こりを起こしたりする要因にもなる。 脊柱起立筋は、背骨を安定すると共に、背骨を守る働きをする。 脊髄神経を守る役割も果たしているので、非常に重要です。 多裂筋はその中で更に 3 つの 筋肉に分かれている。 推奨問合せホーム(直接問い合わせ) 4 - 5 大腰筋 (だいようきん) 腸 腰筋 (ちょうようきん)腸骨筋 ・ 大腰筋 ・ 小腰筋 ( 腰椎と大腿骨を結ぶ 群の総称。 大腰筋は、股関節を屈曲する筋肉で、大腿直筋と共に股関節を屈曲します。 筋の走行から僅かに外旋する働きもします。 大腰筋は、近年、様々な角度から、その重要性を提唱されています。 『 寝たきり防止 』 に重要であったり、 『 ダイエット 』 や 『 メタボリックシンドローム 』 に対しての筋強化の有効性などが、沢山報じられています。 腰痛や他の筋骨格系の疾患に対しても、大腰筋の強化は効果を発揮し、 『 インナーマッスル 』 という言葉と共に、今や多くの人にその名前を知られています。 大腰筋は、姿勢を正しく保つためにも大変重要な筋肉です。 左右均等に鍛え、柔軟性を保つことが大切です。 大腰筋の補助を行う筋肉で、上半身を支える腰の安定性を維持。 小腰筋は、腸腰筋の一部ですが、大腰筋の中に埋もれて、その働きも大腰筋の補助的な働きです。 だだし、腸恥隆起に付着する為、股関節の屈曲には、直接は関与しません。 また、小腰筋は、約50%の人に欠如があり、解剖学的にも特殊な筋肉です。 この筋肉は触診できません。 ただし、仰向けで寝た状態になり、股関節を60度程曲げて膝を立てて大腰筋あたりを圧すると、この筋肉の緊張(大腰筋と小腰筋)の緊張が確認できます。 座位で足を持ち上げたり、股関節を固定した時は、上体を起こしたりする筋肉。 この筋肉は触診できない。 仰向けで寝た状態を作り、膝を曲げ、この時に腸骨の内側を小転子に向けて軽く圧すると、筋肉の緊張が僅かに感じ取れる。 強い圧では、防御反応によって腹筋が緊張して判りにくくなる。 内部には腸があり、デリケートな部位。 やさしく圧することがカギ。 いわゆる腹筋の一つ。 腹直筋・内腹斜筋・腹横筋らと共に、肋骨部から骨盤部へと走行し、体幹を前屈・側屈・回旋を主に誘導します。 外腹斜筋は、内腹斜筋の外側に張り付き、腹壁を作る一つの筋として働いています。 これらの筋肉は、単に体幹を動かすだけでなく、腹腔内圧を高めたり、内臓の位置を安定したり、排便を助けたりしています。 外腹斜筋の筋繊維の走行は、内腹斜筋と反対になっています。 このため、腹筋運動の際の、外腹斜筋は、反対側の内腹斜筋と共に働きます。 腰のくびれを作る筋肉でもあり、お腹を引き締めてスマートに見える様になるには、この筋肉の鍛錬は欠かせません。 腹筋群の中では「外腹斜筋」と対を成す「斜め」「捻り」に対応する筋肉で、現代社会の中では余り使う機会の無い筋肉のため、機能不全に陥っている人が多い筋肉の1つ。 内腹斜筋は、いわゆる腹筋の一つです。 腹直筋・外腹斜筋・腹横筋らと共に、肋骨部から骨盤部へと走行し、体幹を前屈・側屈・同側回旋を主に誘導します。 内腹斜筋は、外腹斜筋の内側に張り付き、腹壁を作る一つの筋として働いています。 これらの腹筋は、単に体幹を動かすだけでなく、腹腔内圧を高めたり、内臓の位置を安定したり、排便を助けたりしています。 内腹斜筋の筋繊維の走行は、外腹斜筋と反対になっています。 このため、腹筋運動の際の、内腹斜筋は、反対側の外腹斜筋と共に働きます。 腰のくびれを作る筋肉でもあり、お腹を引き締めてスマートに見える様になるには、外腹斜筋らと共に、この筋肉の鍛錬は欠かせません。 六つに分かれる筋肉として知られている筋肉。 「腹筋を鍛える」という場合、多くの方はこの腹直筋を鍛える運動を指している。 縦の動きに対して強い腹筋で、捻り、横の動きには強くは無い。 腹直筋は、どなたでもご存知の筋肉かと思います。 『 おなか 』 の中心を鳩尾から恥骨に掛けて走るチョコレートのように分かれている筋肉です。 筋肉隆々のヒーローであれば、必ずこの腹直筋の強調が欠かせません。 大胸筋と共に、力強いイメージには、必ず強調される筋肉です。 この筋肉は、主に体幹を前屈させる筋肉です。 従って、手のひらをお臍の辺りに当てて、前屈するように力を入れることで触診できます。 この筋肉は、お腹をひきしめる筋肉の一つでもあり、メタボ防止やダイエットの際には、欠かさず強化することが常識です。 この他に、腹斜筋や腹横筋を鍛えることも大切です。 骨盤の前部繊維は、骨盤底筋と共に腹腔圧を高め、内臓下垂を防止したりすることも可能です。 推奨問合せホーム(直接問い合わせ).

次の

トリガーポイント注射

トリガー ポイント 注射

これらの痛みは打撲のみならず、疲れ・緊張・過労・運動不足・肥満・生活習慣病などの内科的疾患・更年期障害・うつ病など精神疾患などが原因で起こることもよくあります。 当クリニックでは、患者さんの状況を総合的によく把握したうえでもっとも適切な治療を行うようつとめております。 骨・筋肉・関節の痛みに関する 治療の基本は、患部の安静です。 当クリニックでは、 内服薬・湿布(冷・温)の処方に加え、首・肩・腰・膝のピンポイントの痛みには トリガーポイント注射を行っています。 トリガーポイント注射は、頑固なコリにも即効性があります。 トリガーポイント注射 急激に発症した腰痛の総称です。 多くの場合、原因の特定できない非特異的腰痛であるといわれています。 非特異的腰痛の多くは6~12週以内にほぼ改善しますが、心理的要因も関係していることが知られており、ストレスが腰痛の慢性化、難治化につながるともいわれています。 抗炎症・鎮痛作用を持つ非ステロイド性抗炎症薬や消化管障害・腎障害の少ないアセトアミノフェンなどや各種の湿布が主に使用されます。 激しい痛みに対しては、トリガーポイント注射、神経ブロック注射が行われます。 急性期には安静が必要ですが、安静期間は短いほど望ましく、痛みがあっても通常の日常生活を維持することは痛みの改善につながり、休業期間の短縮、その後の再発減少にも有効とされています。 予防としては姿勢に注意する。 急な動作を避ける、疲労・ストレスをためない、適度な運動をする、肥満・寒さに注意するなどの方法があります。 腰痛症には腰椎バンドを用いて、日常生活において患部に過度に負荷がかからないようにします。 膝の痛み 膝の痛みはあらゆる年代にみられ、若年者では外傷・スポーツ障害が多く、高齢者では退行変性による変形性膝関節症が多くみられます。 変形性膝関節症 症状 男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。 主な症状は 膝の痛みです。 初期のころは、立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時だけに痛みが現れ、休めば痛みがとれます。 中期になると正座や階段の昇降が困難となり、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。 原因と病態 原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満も関与しています。 また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することもあります。 加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、つかい過ぎによりすり減り関節が変形します。 診断 当クリニックでは、まず、問診や触診で膝内側の圧痛の有無、関節の腫れ、O脚変形の有無などをチェックします。 さらにレントゲン検査で膝関節部分の変形の有無を確認し診断します。 ただし、関節内への注射は行っておりません。 また、サポーターを用いて、日常生活において患部に過度に負荷がかからないようにします。 予防 日常生活上の注意点として下記のようなことが挙げられます。 ふとももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える• 正座をさける• 肥満であれば減量する• 膝をクーラーなどで冷やさず、温めて血行を良くする• 洋式トイレを使用する 変形性関節症 腱鞘とは、骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える滑車のような働きをする組織です。 腱鞘炎とは、この腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こす病気で、指の付け根などに痛みや腫れが起こります。 近年、携帯電話やパソコンの長時間利用など指の使い過ぎにより「 ドケルバン病」といった腱鞘炎や、指の曲げ伸ばしの際に引っ掛かる「 ばね指」といった症状が増加しています。 腱鞘炎は、手首に負担がかかりやすい子育て中の人や、スポーツやキーボード操作などで指をよく使う職業の人などもなりやすいといわれます。 以下の症状に当てはまる場合は、腱鞘炎の疑いがありますのでご相談ください。 痛みが続いている• 痛みや腫れ、熱っぽさが強い• 曲げ伸ばしをしなくても痛みが強い• スポーツなどをしているときに突然痛くなった• 市販薬を使用してもよくならない ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) ドケルバン病は、 親指を伸ばしたり広げたりする働きをする腱が、それらを包んでいる腱鞘との間に炎症を起こして発症する腱鞘炎です。 手の甲に腫れや痛みが起こり、また親指を曲げたり広げたりすると、手首が痛みます。 携帯電話の長時間使用でも起こることから、俗に「テキストサム損傷 text thumb injury 」とインターネット上などで呼称されたこともあります。 手首の親指側に痛みや腫れがあり、親指と一緒に手首を小指側に曲げる、あるいは手首を直角に曲げて親指を伸ばしたときに痛みが強くなれば、ドケルバン病の疑いがあります。 ばね指(弾発指) ばね指は、 指の曲げ伸ばしの際にばねのような引っ掛かりが生じる「ばね現象」です。 ばね現象とは、指の付け根が腫れて動かしにくく、一定以上に伸ばそうとするとばねがはじけるように指が急に伸びるものです。 指の曲げ伸ばしをするための腱と、腱の浮き上がりを押さえるトンネル状の「靭帯性腱鞘」の間で炎症が起こって発症する腱鞘炎の症状で、手のひら側の親指や人差し指、中指の付け根などが痛むことがあります。 腱鞘炎の予防 腱鞘炎は、手指を動かす腱と腱鞘に過度な負担をかけることが原因で起こりますので、 使い過ぎないことが予防の第一歩です。 育児や仕事などでどうしても使わなければならない場合は、ときどき休憩をはさんでストレッチをするなど、長時間の継続的な作業はなるべく避けましょう。 キーボードを打ったりマウスを操作する際の手首の負担を軽減するクッション、手首を固定するサポーターなどのグッズを活用するのもよいでしょう。 携帯電話は片手だけで操作せず両手を使うなど、一部分に負担が偏る動作を続けない工夫をしましょう。 産後の女性は、腱鞘炎になりやすいことが知られています。 抱っこやおむつ替えなど赤ちゃんのお世話で休まず手指を使いがちになるので、家族と分担したり、手首に負担のかかりにくい抱っこの姿勢などを工夫するとよいでしょう。 適切でないグリップやボールの握り方、フォームのまま練習を続けたりすると、手指に過度な負担がかかり腱鞘炎につながることがあります。 正しいフォームを心がけましょう。 手指の痛みや腫れ、動かしにくさなど、腱鞘炎の初期症状を感じたら、なるべく動かさないように注意しましょう。 初期の炎症に対しては氷などで冷やすのもよいでしょう。 症状が継続するような場合はご相談ください。

次の

【医師監修】腰痛など慢性的な痛みの治療「トリガーポイント注射」の効果は?間隔の空け方は?

トリガー ポイント 注射

著者: 中高年が悩む足腰・首・肩の痛みやしびれの原因で、近年、特に増えているのが、腰や首の脊柱管狭窄症です。 脊柱管狭窄症は、神経の束が通っている脊椎(背骨)の脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることで起こるさまざまな病態を指します。 整形外科でレントゲンやMRI(磁気共鳴断層撮影)などの画像検査を受けて、腰や首の脊柱管狭窄症と診断された場合、悪化すると一般には狭くなった脊柱管を広げて神経の圧迫を除く手術を行います。 ところが、実際は、手術を受けても症状が改善しない人や、いったん症状が消えても再発をくり返す人が見られるのが実情です。 実は、脊柱管の圧迫以外の原因で足腰の痛みやしびれが発生することもあります。 それが筋肉のしこりである「トリガーポイント」です。 ここでは、トリガーポイントが発生する原因や、トリガーポイントの発生しやすい人の特徴など、「トリガーポイントとはなにか?」を解説します。 再発する痛みやしびれの原因は「トリガーポイント」も疑う 手術を受けても症状が改善しない人や、いったん症状が消えても再発をくり返す人の場合、痛みやしびれを起こしている原因は、脊柱管の狭窄ではなくほかにもあると考えるべきです。 それならば、そうした足腰・首・肩の痛みやしびれの原因はなんなのでしょうか。 その一つがトリガーポイントであり、これは筋肉に生じる痛みの発生源とも呼ぶべき硬いしこりのことです。 私達の筋肉は繊細にできていて、強い衝撃を受けたり過剰な負担がかかったりすると、小さなきずがついて痙攣(スパズム)を起こして硬直します。 すると、周囲の血流が悪くなって血管から発痛物質が放出されますが、それを知覚神経の先端にある痛みセンサー(ポリモーダル侵害受容器という)が感知すると、私たちは痛みを感じます。 こうした筋肉の硬直は、ふつう、しばらくすると自然にもとに戻ります。 ところが、なんらかのきっかけで筋肉への負担が続くと、やがて筋肉を押すと痛む硬いしこりが生じます。 これを圧痛点と呼びます。 圧痛点の中には、押すとその部分だけでなく、別の場所にも痛みの広がるものがあり、それがトリガーポイントなのです。 トリガーポイントが発生すると、そこから立てつづけに痛みの信号が脳に送られるようになり、しつこい痛みやしびれの原因となってしまいます。 赤い部分が痛みの広がる場所。 赤い部分が痛みの広がる場所。 そうした場所を押しもんだりして、痛みが広がるパチンコ玉からウズラの卵大の硬いしこりがあれば、それがトリガーポイントであると考えられます。 こんな人はトリガーポイントが生じやすい トリガーポイントは無理な姿勢を取りつづけたり、筋肉に過剰な負担をかけたりすると生じやすくなります。 例えば、ふだんからネコ背の人、重い荷物を持ち上げる人、農作業を行う人、車の運転やデスクワークなどで長時間同じ姿勢を続ける人などは、背中や腰、お尻の筋肉にトリガーポイントが生じやすくなります。 また、仕事で手や腕を酷使する人やテニスなどのスポーツをする人は、首や肩の筋肉にトリガーポイントが生じやすいといえます。 そのほか、ケガや打撲で筋肉が強い衝撃を受けたときに生じるきっかけになる場合もあるので、注意が必要です。 このトリガーポイントのこりをほぐす方法は、以下の記事で解説していますので、併せてご覧ください。 ・医療機関にて適切な診断・治療を受けたうえで、セルフケアの一助となる参考情報として、ご自身の体調に応じてお役立てください。 ・本サイトの記事は、医師や専門家の意見や見解であり、効果効能を保証するものでも、特定の治療法・ケア法だけを推奨するものでもありません。 1999年 ジャパンカレッジオブオステオパシー 卒業 1998~2004年 高野台松本クリニック 同 練馬 でリハビリテーションに携わる。 2003年 明星大学通信教育部心理教育学科 卒業 2004~2005年 医療法人 愛全会 札幌市 でケアマネージャーとして勤務。

次の