青椒 肉 絲 味付け。 青椒肉絲に合うワインとは?【定番野菜料理とワイン】

簡単おいしい!我が家のチンジャオロース(青椒肉絲) レシピ・作り方 by nikukiu|楽天レシピ

青椒 肉 絲 味付け

過日、この料理をまかないで食べました。 さらに十四大菜系、十六大菜系もありますが、割愛します。 青椒肉絲(チンジャオロウスー)を紹介します。 これまで紹介した青椒肉絲を、以下にまとめています。 cocolog-nifty. html 青椒=青唐辛子(ピーマンも同じ青椒) 肉=豚肉 絲=細切り この料理で、炒=炒めると言う動詞が省略されています。 青椒炒肉絲(チンジャオチャオロウスー)と書いても、同じ料理です。 日本で青椒肉絲と言うと、豚肉とピーマンの細切り炒めですね。 しかしこの料理の発祥は、四川省と考えられています(それ以外に湖南省と貴州省も名乗りを上げています)。 四川省、湖南省、貴州省・・・いずれも中国を代表する、辛い料理を食べる土地柄です。 日本の青椒肉絲は、辛い味付けにしませんが、四川省の青椒肉絲は辛い味付けです。 四川省、湖南省、貴州省の青椒肉絲は、ピーマンではなく、青唐辛子を使うのがデフォルトのようです。 豚肉と青唐辛子を炒める料理ですので、小炒肉(シャオチャオロウ)の姉妹料理です。 この料理は、清末に裕福な家庭で食べられていたと言う記録があります。 また国共内戦時(1927~1931年)に、追い詰められ、物資が不足していた共産党陣営で、好んで食べられていたそうです。 日本の青椒肉絲が辛くない理由は、日本の中華料理の料理人は、辛い料理を嫌う広東省や上海市出身者が多いからではないでしょうか? 青椒は、青唐辛子と言う意味と、ピーマンと言う意味、両方あります。 広東省や上海市出身の料理人なら、青唐辛子なんて使わないでしょうね。 菜系は百度百科に四川料理と書いています。 めちゃめちゃポピュラーな菜系で、四大菜系に既に入っています。 四川料理は、成都料理、重慶料理、自貢料理の3分類されます。 実は青椒肉絲は、中国全土で食べられている家庭料理です。 青椒肉絲のレシピを通して、中国全土の旅に出ます。 今回は、重慶市のとなり、青椒肉絲の発祥地を主張している湖南省の省都、長沙市・・・長沙料理のバリエーションを紹介します。 湖南省ですから、湖南料理ですね。 湖南料理は、洞庭料理、湘江料理、湘西料理の3分類されます。 湖南省の省都、長沙市の料理は、湘江料理に分類されます。 また地元では、長沙市の料理を長沙料理(長沙菜)と呼んでいます。 湖南料理と言いますと、生の青唐辛子、赤唐辛子をよく使う印象です。 湖南料理の青椒肉絲と言いますと以前、甜麺醤で味付けした湖南風バリエーションを紹介しています。 cocolog-nifty. html ですので激辛レシピを想像していたのですが、さにあらず。 普通にありがちな、青椒肉絲のレシピでした。 レシピでは食材として、豚肉と青唐辛子を使っています。 この時点で、千葉県産青唐辛子は使い切ってしまいましたので、タイ産青唐辛子を購入しましたが、これが千葉県産の青唐辛子よりさらに辛い代物でしたw。 全てタイ産青唐辛子では、辛くて食べられたものじゃありませんので、2本だけ使用して、残りはピーマンで代用しています。 豚肉は塩と中国濃い口醤油、酒で下味を付け、片栗粉でコーティングします。 仕上げの味付けは塩と酢のみです。 これまで青椒肉絲で、かくし味に酢を使うレシピはありましたが、これほどしっかり酢が入るレシピは初めてです。 レシピには化学調味料を使っておりませんでしたので、だし汁は使いませんでした。 豚肉と唐辛子は良く合いますので、青唐辛子も、豚肉と良く合います。 醤油と豚肉も言うまでもなく、相性が良いです。 塩と豚肉も言うまでもなく、相性が良いです。 酢が、料理全体をさっぱりさせますが・・・ 中国では、酢は体に良いと、やたら料理に酢を入れる人がいると聞きます。 酢の酸っぱい味付けは、女性は好みますが、男性は苦手とする人がいますね。 ですのでこのレシピは、一般向けには酸っぱくて厳しいかな・・・と。 酢をかなり控え目にすれば、何とか・・・と言う感じです。 このレシピでは、豚肉に下味を付け、片栗粉でコーティングしていますので、豚肉がしっとりしています。 ピーマンの歯ごたえと、細切りした豚肉の柔らかさが、食感のコントラストです。 次回は、貴州省貴陽市・・・貴陽料理の味付けのバリエーションの青椒肉絲を近日紹介します。 Sorry Japanese only!

次の

簡単おいしい!我が家のチンジャオロース(青椒肉絲) レシピ・作り方 by nikukiu|楽天レシピ

青椒 肉 絲 味付け

過日、この料理をまかないで食べました。 さらに十四大菜系、十六大菜系もありますが、割愛します。 青椒肉絲(チンジャオロウスー)を紹介します。 これまで紹介した青椒肉絲を、以下にまとめています。 cocolog-nifty. html 青椒=青唐辛子(ピーマンも同じ青椒) 肉=豚肉 絲=細切り この料理で、炒=炒めると言う動詞が省略されています。 青椒炒肉絲(チンジャオチャオロウスー)と書いても、同じ料理です。 日本で青椒肉絲と言うと、豚肉とピーマンの細切り炒めですね。 しかしこの料理の発祥は、四川省と考えられています(それ以外に湖南省と貴州省も名乗りを上げています)。 四川省、湖南省、貴州省・・・いずれも中国を代表する、辛い料理を食べる土地柄です。 日本の青椒肉絲は、辛い味付けにしませんが、四川省の青椒肉絲は辛い味付けです。 四川省、湖南省、貴州省の青椒肉絲は、ピーマンではなく、青唐辛子を使うのがデフォルトのようです。 豚肉と青唐辛子を炒める料理ですので、小炒肉(シャオチャオロウ)の姉妹料理です。 この料理は、清末に裕福な家庭で食べられていたと言う記録があります。 また国共内戦時(1927~1931年)に、追い詰められ、物資が不足していた共産党陣営で、好んで食べられていたそうです。 日本の青椒肉絲が辛くない理由は、日本の中華料理の料理人は、辛い料理を嫌う広東省や上海市出身者が多いからではないでしょうか? 青椒は、青唐辛子と言う意味と、ピーマンと言う意味、両方あります。 広東省や上海市出身の料理人なら、青唐辛子なんて使わないでしょうね。 菜系は百度百科に四川料理と書いています。 実は青椒肉絲は、中国全土で食べられている家庭料理です。 青椒肉絲のレシピを通して、中国全土の旅に出ます。 今回は、雲南省の青椒肉絲のバリエーションを紹介します。 レシピは、雲南省のどこの地域と言う事はなく、漠然と雲南省のレシピです。 雲南省ですから、雲南料理ですね。 中国語では、雲南菜(ユンナンツァイ)、または滇菜(ディエンツァイ)と言います。 比較的マイナーな菜系で、十六大菜系にやっと入りると言う考え方もあります。 雲南料理は、雲南料理は、滇北料理、滇南料理、滇西料理、滇西南料理の4分類されます。 もうひとつ滇東料理と言う分類で、5分類する考え方もあるようです。 滇(てん)は、雲南省の地方名です。 雲南料理は、明代、清代に大量に四川省からの漢族が入り込み、多数派になった事もあり、特に北部は四川料理の影響が色濃いです。 四川料理同様、唐辛子をベースにした辛い料理が特徴です。 その他、省土が山地、高地である事から、キノコを使った料理は、四川料理以上に豊富。 宣威市で、宣威火腿(通称雲南ハム)を作っていて、料理の具に、だし汁に使います。 少数民族が多く、滇西料理、滇西南料理は少数民族料理になりますが、チーズが漢族に伝わっています。 昆虫食も多いです。 参考にしたレシピには、青椒と書かれていて、他に乾燥赤唐辛子を使っていますので、青椒はピーマンじゃないかなと思います。 百度百科によると、青椒肉絲は小炒肉(シャオチャオロウ)の一種だそうで、そうなりますと青椒は青唐辛子となりますが、それは四川料理、湖南料理、貴州料理での話。 一般に、青椒はピーマンを指します。 それに、雲南省の小炒肉では、青唐辛子を使わず、乾燥赤唐辛子を使っていました。 豚肉は細切りにして、オイスターソース、酒で下味を付けます。 オイスターソースのみで、塩も醤油も使わないのは、珍しいレシピですね。 味付けは塩のみです。 レシピでは化学調味料を使っておりませんでしたので、だし汁は使っておりません。 豚肉と辛い味付けは良く合い、乾燥赤唐辛子の辛味とも相性が良いです。 オイスターソースと豚肉は言うまでもなく、相性が良いです。 塩と豚肉も言うまでもなく、相性が良いです。 このレシピでは、豚肉に下味を付け、片栗粉でコーティングしていますので、豚肉がしっとりしています。 ピーマンの歯ごたえと、細切りした豚肉の柔らかさが、食感のコントラストです。 乾燥赤唐辛子は油で煮出し、辛い味付けにしていますが、青唐辛子を使った青椒肉絲と比べれば、その辛さは可愛いものです。 次回は、雲南省曲靖市・・・滇北料理のバリエーションの青椒肉絲を近日紹介します。 Sorry Japanese only!

次の

青椒肉絲に合うワインとは?【定番野菜料理とワイン】

青椒 肉 絲 味付け

タグ ARROW TREE 大阪鮨 最高級焼肉 明宝温泉 湯星館 日本酒 新年の目標 成城石井 市販薬 岐阜 奈良市焼肉 奈良 天満橋 天満天神梅酒大会 大阪洋食 梅田 大阪居酒屋 大阪ラーメン 大阪ランチ 大阪フレンチ、フレンチ 大阪ハンバーガー 大阪ディナー 大阪テイクアウトグルメ 大阪スイーツ 大阪グルメ 大阪カレー 大阪とんかつ 本命チョコ 梅酒 北新地グルメ 花粉症 高級チョコ 順徳 電気ケトル 運営報告 辻口シェフ、和楽紅屋、獺祭抹茶トリュフ、獺祭 谷町四丁目 記念日 裏なんば 薬剤師年収 薬剤師 花粉症治療薬 自己紹介文書き方 温泉 自己紹介文 総合評価4以上 総合評価4. 5以上 総合評価3. 事前に予約し、コースでのディナー。 — カスマシ kasumasi 『酒中花 空心』でいただいた料理とお値段をすべて紹介します ということで、お待ちかねの料理紹介です。 どれもが美味しくて、食べすぎてしまいました笑 まずは突き出しのカシューナッツの砂糖和えとフォワグラ この小さなフォワグラめええええっちゃうまし。 これだけでいい。 ってくらい美味しかったなぁ。 濃厚ねっとり最高でした。 四川よだれ鶏(¥1500) まずはよだれ鶏からです。 よだれ鶏って美味しいですよね。 必ずといっていいほど注文してしまう。 取り分けていただきます。 お、うまし。 ピーナッツがええ仕事してる。 骨付きなのでちょっと食べるのが大変。 けど、頼む価値ありな一品でした。 水だこ さわやか花山椒あえ(¥1500) 水だこがプリップリでうまい!! みょうがとさわやかな花椒の香りがすばらしい。 そして花山椒のしびれがびりびりきてしびれちゃう。 豆苗の塩炒め(¥1500) 豆苗の炒め物って「高いな~」って思いながら、いつも頼んでしまうんですよね。 スーパーで買ったら豆苗は100円ですからね でも、家では作れない味。 スープのうまみが染み込んでる。 上州和牛イチボの青椒牛肉絲(¥3200) 今回こちらに伺った目的がイチボの青椒牛肉絲です。 はい、高級青椒肉絲です。 まずは美しい盛り付けで出てきます。 そのあと、取り皿に取り分けてもらえます。 このチンジャオロースがうますぎる! 肉がええ肉なので当然ですが、しっとり柔らか。 そこに、ピーマンやタケノコのシャキシャキとした食感がベストマッチ。 値段は少しお高めだけど、こちらに来たらぜひ注文してもらいたいですね。 しじみ出汁そば(¥1500) 中華の〆は優しい汁そばが好きなんですよね。 なんとシジミの出汁とのこと。 頼むしかないやん! そしてさっぱり食べれるよう、トマトが入っています。 ちょっと見えてるね。 器に取り分けます。 あ~しじみの出汁最高じゃ~ 中華って油が多く使われているので、優しい味付けは最高ね。 そして、トマトのさっぱり感がプラスされていてGOOD! 嬉しいのは、シジミペーストがついてくること。 これだけで食べても、凝縮されたしじみのうまみを感じられる! これをスープに投入すると、シジミのうまみが爆発! 〆にぴったりでした。 とろっと黒ゴマ団子(¥350) 〆たはずだけど、やっぱり甘いもの行きたいよね。 というか、甘いものは別腹だし。 こちらのゴマ団子をパカッと割ってみるとトロっですわ!! こんなにとろとろしてるゴマ団子初めて。。。 黒ゴマの香ばしい香りが最高。 今まで食べたゴマ団子の中で1番ですわ。

次の