バカヤロー総理 吉田茂。 バカヤロー総理:吉田茂~アメリカに負けなかった男が戦後日本の礎を作る

STARDUST

バカヤロー総理 吉田茂

日本の独立のたまに尽力。 日本独立のたまに尽力。 吉田内閣において大蔵大臣に任命される。 素直で明るく豪放磊落。 岸信介は実兄で、吉田茂とは遠縁にあたる。 後に政治家となり総理大臣として改革に挑む。 実業家だったが、吉田にお願いされ総選挙に立候補し政治家に道に入る。 党内との方針の違いで離党するも、吉田に見いだされ法務政務次官に抜擢される。 吉田の死後も、報道陣には一切なにもしゃべらず、亡くなった。 男勝りな性格。 麻生太郎の母親にあたる人物。 『アメリカに負けなかった男~バカヤロー吉田茂〜』あらすじ 第二次世界大戦前、駐英大使の吉田茂(笑福亭鶴瓶)は、極東情勢の悪化に心痛めていた。 時を同じくして、世界各国を飛び回っていた白洲次郎(生田斗真)も、世界情勢の機微を敏感に感じとっていた。 白洲と親交の深い吉田は、娘・和子(新木優子)らが見守る中、戦争回避に向けて動くが、その甲斐も虚しく、日本は第二次世界大戦に踏み切った。 1945年、終戦。 総司令部GHQと向き合う外務大臣のなり手が誰も見つからない中、先の大戦に猛反対し投獄された過去を持つ吉田に、白羽の矢が立つ。 かくして吉田は、外務大臣として、のちに総理大臣として、日本の独立と復興を担うことになる……。 吉田は白洲を参謀に据え、最高司令官マッカーサーらと必死の交渉をする。 過度な内政干渉など、幾度も緊迫した事態に陥るが、和子や麻生多賀吉(矢本悠馬)、のちに総理大臣となる「吉田学校」の池田勇人(佐々木蔵之介)、佐藤栄作(安田顕)、田中角栄(前野朋哉)、宮澤喜一(勝地涼)らの助けを受け、日本の独立に向け尽力していく。 出展元:テレビ東京公式HPより ドラマ『アメリカに負けなかった男』の見どころ 吉田茂と白洲次郎はプライベートでも仲良し 「吉田茂と白洲次郎」 Shigeru Yoshida and Jiro Shirasu — Shunpei Kamiya quickflat 第二次世界大戦後、敗戦国として日本がGHQに支配されるなか、外務大臣となった吉田茂。 1945年には白洲次郎を終戦連絡事務次官参与に就任させ、白洲を交渉役としてサンフランシスコ講和条約・日米安保条約を締結させました。 その吉田茂と白洲次郎は仕事だけでなく、プライベートでも仲がよく、親交を深めていました。 彼らは、よく大使館地下にある部屋でビリヤードを楽しみ、部屋からは「このバカやろう!」「こんちくしょう」という声が漏れ聞かれたそうです(笑)。 周囲の人は、ケンカをしているのでは?と心配したそうですが、もともと言葉使いが荒かった二人は飾らない言葉を投げかけ合って、ふざけていたようです。 また、白洲は吉田の妻・雪子からも気に入られており、一番かわいがっていた末っ子・和子の伴侶探しを白洲次郎にお願いしました。 実際に、白洲は「麻生太賀吉」という男性を紹介し、和子はめでたく結婚したのです。 『アメリカに負けなかった男』の原作は娘が執筆 『アメリカに負けなかった男~バカヤロー吉田茂〜』の原作は、内閣総理大臣を務めた吉田茂の娘・麻生和子さんが執筆した「父 吉田茂」です。 吉田茂という人物を、一番 身近に見ていた娘さんの視点から、ユーモアを交えながら真摯に書かれている物語です。 政治家吉田茂だけではなく、家庭人の顔も垣間見え、どんなに偉くなっても人は人なんだな(笑)と感じられる本でもあります。 白洲次郎はイケオジだった 白洲次郎って史上最もイケメンの男だと思う。 — Semplay Semplay1234 白洲次郎という人物は政治家の手腕だけでなく、相当なイケメンだったことでも有名です。 高校時代からアメリカ車ペイジ・オートモビルを乗り回し、イギリス留学時代はベントレーでヨーロッパ大陸旅行を実行 、帰国後にはイタリア製スポーツカーで京都から東京までハネムーン・ツーリング、80歳になるまでポルシェに乗っていたそうです。 イケメンな上に、高級車に乗っていたとは・・・当時はとにかく目立つ人物だったでしょうね(笑)。 またファッションも、スーツだけでなく、無地の白Tシャツにジーンズというラフな服装も好んでいました。 そのカッコよさから、デザイナー三宅一生のショーモデルとして出演もしたそうです。 写真をみると、いまでも通用する正統派二枚目ですよね。 サンフランシスコ講和条約の演説の涙 笑福亭鶴瓶さん演じる吉田茂がサンフランシスコ講和条約の受諾演説をする場面では、鶴瓶さんは、はじめは泣こうとは思っておらず、本番前もイントネーションの確認などをして笑っていたのに、いざ本番になると自然と涙が溢れて止まらなくなったそうです。 戦争に負けてしまったという事実と、日本が独立する喜びという2つの感情が混ざりあい、吉田茂が乗り移った感覚になったのでしょうか。 ぜひ、クライマックスの鶴瓶さんの演技に注目です。 最後に 豪華キャストが集結した、テレビ東京のスペシャルドラマ『アメリカに負けなかった男~バカヤロー吉田茂〜』。 戦後75年になる今年に、国の未来に情熱を燃やした男たちの物語をみて、もう一度日本を見つめなおしたいですね。

次の

鶴瓶が吉田茂&生田斗真が白洲次郎役 テレ東『アメリカに負けなかった男』

バカヤロー総理 吉田茂

とが、2020年に放送されるテレビ東京開局55周年特別企画スペシャルドラマ『』(テレビ東京系)に出演することがわかった。 テレビ東京のドラマ初主演となる鶴瓶は、主人公の吉田茂を演じる。 国内外の情勢が混迷の度合いを増している中、来年は戦後75年という節目の年を迎える。 終戦直後、日本はアメリカを中心とした連合国軍に占領された。 時の総理大臣として、日本の未来をどう見据え、何を思ったのか? 鶴瓶は、雰囲気、貫禄、笑顔といったビジュアルだけでなく、「人たらし」とも言われた性格に至るまで、限りなくリアルに吉田を演じる。 今回の発表をうけ、鶴瓶と生田からコメントが到着。 以下に紹介する。 「吉田茂をやる」と決まった時から声がガラガラ声になってきました(笑)。 カメラマンが見せてきた写真を見て「吉田茂は確かにこんな感じやね」と話してたら、「これ鶴瓶さんですよ」って言われて、自分でも(あまりにそっくりで「えーーー」ってなって。 ヨメさんにも吉田茂さんが降りてきたんじゃないかって言われました。 (自分自身も)演じれば演じるほど吉田茂を理解していきました。 吉田茂は年を取ると権力にしがみつくようになっていくんですけど、それによって晩年を汚すという部分が、人間味があって更に面白いなと。 人間の業を思わせてくれるのがとても良いですね。 英語は丸覚えでどうにかなったんですけど、大変だったのは標準語。 全部覚えてきてんねんけど、一か所違うといわれたら、どうすればいいのかわからなくなってしもうたりして。 だから(生田)斗真がおってほんまによかったですよ。 監督も秋田の人ですからね、何か直されても不本意なんですけど、斗真に言ってもらったら聞けるんです(笑)。 あと収録で大変だったのは眼鏡。 鼻眼鏡だから喋ってる時に落ちそうになるんですよ。 こんなに鼻先に気を使って 、アシカの気持ちがわかりました(笑)。 ただ今回は政治の話も出てきますし、長いセリフが多かった。 更にイントネーションと何重苦でしたし、周りに迷惑を掛けないように頑張りました。 すごく印象に残っているのは、講和条約を締結して演説の下読みをするシーン。 本当に「日本は独立するんだ」って気持ちになって声を出して泣きました。 しかもこのシーンでは斗真も涙目だったんです。 「あ、泣いてるな」って思いながら読み始めたら、こちらも号泣したっていう。 普段泣かないので演技で泣くのも珍しいんですが、その中で自然と涙が出てしまうというのは自分でも不思議でした。 『A-Studio』(では人の人生を掘り起こすんですけど、今度は人の人生を自分が演じるっていう…そして演じてみると、その人の人生がすごく面白いんですよね。 鶴瓶さんが吉田茂をやられるという部分で、非常に心惹かれました。 バラエティ番組とかプライベートのお付き合いとかで何度もご一緒しているんですけど、役者・笑福亭鶴瓶に会ってみたいなと思って、作品に参加させて頂きました。 やっぱり今の日本という国にとって、吉田茂と白洲次郎という人は欠かせない日本のヒーローだと思っているので、そんな大役を務めるっていうのは身が引き締まる思いだなと思って毎日撮影していました。 皆さんそれぞれに白洲次郎像がおありにあると思うんですけど、自分なりの日本を愛する気持ちと、何よりも吉田茂という男に惹かれた、歳は離れているんですけど友情に近いような関係性っていうのを、僕と鶴瓶さんの中で出せていければなと。 特に晩年、吉田茂にものを言える人はそんなに多くなかった。 でも白洲さんは物怖じせずにきちんと意見を言っていた方だと思うので、その辺の吉田茂との距離感を出せればいいなとは思って。 特に何をという訳ではないんですけど、変に気を遣うことのない友情関係っていうものが表現できたらなと思って演じました。 外見もすごくかっこいい人だったと思うし、自分の信念を貫き通すっていう部分もそうだし、周りの人間たちが長いものに巻かれていく中で、きちんと「それは違うんだ」「NOだ」ということを叫び続けた人だと思うし、憧れを持ちますね。 人のお芝居を見てここまで心震えたことがあっただろうかっていうくらい、感動して衝撃でした。 吉田茂と重なる部分があったし、鶴瓶さんの芝居を見て、撮影現場なんで、どの部署も静かにしてなきゃいけない場面なんですけど、みんなが必死に嗚咽を堪えながら、それぞれの仕事をしているという。 瞬間に空気が変わる感じを目の当たりにして、これはちょっと生涯忘れないだろうなというシーンでした。 そのシーンを一緒にやれただけで、この作品に参加できてよかったなと思いました。 日本が、黒船が来航してペリーが来航して、そこから鎖国していた国が開国をして、100年もたたずに日本は戦争という戦乱の渦に巻き込まれていって潰れてしまう……そのもう一つの変わり目が、この時代だったと思うんです。 今回は、戦後、日本が独立をしてもう一度立ち上がって、平和な国としてまた100年続けられるのか、継続する国になれるかということが作品のテーマとしてあるんですけど、世界の情勢とか国内の問題とかある中で、もう一度平和とか、日本という国のことを考える大きなきっかけになると思うし、見て下さった方々に大きなメッセージとして届いてくれたらいいなと思います。

次の

アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~|テレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ|出演:笑福亭鶴瓶 生田斗真|テレビ東京

バカヤロー総理 吉田茂

・見放題動画 130,000 本、動画レンタル 20,000 本を配信!! 一部(レンタル対象商品など)課金作品があり ・ビデオ見放題サービス1,990 円を31 日間無料でお試し可能 ・600円分のU-NEXTポイントを貰える ・ポイントでレンタル動画や電子書籍がレンタルできる!! 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 U-NEXTは、とにかく見放題作品が130,000 本もあるので、無料期間中に他の好きな作品をお試しで無料で視聴できるというのが魅力的ですね。 アメリカに負けなかった男あらすじネタバレ内容 終戦後の日本から物語は始まり、英国大使だった吉田茂が帰国して、外務大臣となり、腹心の白洲次郎と一緒にGHQを相手に渡り合います。 戦災で疲弊した国内をまとめるため、GHQの政策に啖呵を切りながら、援助や制度を引き出していきます。 そんな中、戦後の鳩山内閣が組閣されますが、首相がGHQの都合で公職追放されてしまい、日本自由党の後任総裁となり、遂に「総理大臣・吉田茂」が誕生します。 その頃、政府役人は多くが公職追放を受けており、吉田は人材集めに奔走する。 そんな中で、佐藤栄作・池田勇人・田中角栄と言った昭和を代表する首相たちを見出し、「吉田学校」と呼ばれる派閥となりました。 翌年の選挙では、「国会議員より首相を選出する」という日本国憲法のため、廃止された貴族院議員だった吉田茂は初めて選挙戦に出馬する。 結果、所属する日本自民党は第2政党となってしまい、総理職を辞してしまう。 ところがその後の政権は、短期政権が続く。 吉田は、このままでは日本はいつまでも独立できない、と感じ政権奪取を決意する。 GHQ職員のスキャンダルから内閣解散が行われたことで、ようやく首相職に返り咲くことができた。 「吉田学校」のメンバーを入閣させ、GHQの戦後処理政策に対抗する吉田内閣だったが、既に世界情勢は大きく変わり、GHQは日本にアジアの共産化を止める力として再軍備を要請する。 日本が再び戦火に巻き込まれるのを避けるため、再軍備を認められない吉田は、この状況を打破し、日本の独立を得る奇策として、直接アメリカ本土へ池田勇人と白洲次郎を送り込み、平和条約による独立と安保条約によるアメリカ軍の駐留を打診した。 折から朝鮮戦争が勃発し、内外の講話ムードが高まった1951年、遂に吉田内閣は「サンフランシスコ講和条約」と「日米安全保障条約」を締結することとなる。 サンフランシスコに赴いた吉田は、日本の条約への所感を英語でスピーチする予定であったが、白洲次郎の「日本の国の独立の日になぜ日本語で話さないのか」と言う言葉に動かされ、スピーチ分は直前に日本語に書き直される。 戦後の日本の「平和」への願いを託した講和条約の締結に、吉田は万感の思いで挑む。 最初の吉田茂と白洲次郎が、GHQに啖呵を切るシーンが本当に強い意志があって感動しました。 中盤からは、昭和の怪物総理達のオンパレードがもう可笑しくて可笑しくて。 癖の強い方たちを、役者さんたちが再現しているのですが、とても特徴を捉えていらっしゃる。 吉田首相も白洲さんも、写真から出てきた様にそっくりでしたが、「吉田学校」チームも負けていません。 皆で熱く議論を戦わせているところなんかは、昭和の雰囲気が醸し出されて、激しい時代だったんだと感慨深かったです。 組んだ予算をGHQにこき降ろされて、癇癪起こす可愛いところもあります。 エリートな白洲さんは苦手だけど、命がけで一緒に頑張れるし、最後は「親父さんは任せろ」と、吉田茂の右腕役までかっ攫ってしまう男です。 本当に、戦後の日本の情熱が詰まったような人だったのだと思いました。 秘書の宮沢喜一とのコンビが楽しくて、こうやって後輩を可愛がる上司だったのかな、と色んな面を見せてもらいました。 学校では駆け足で習う辺りですが、今の日本の根幹になっている出来事ばかりですし、おじいちゃんおばあちゃんの世代の出来事だと思うので、臨場感を持って楽しんでもらえるドラマじゃないかと思います。 教科書の知識だけじゃなくて、戦争から今に続く時間の中に、自分の家族もいて、ドラマに出てくる政治家の人達に投票してたんだ、という現実も感じてもらえると思います。

次の