安生洋二 強い。 安生洋二の現在

安生洋二って本当にUWF系最強の男だったのでしょうか?

安生洋二 強い

Contents• ・と、用賀とプロレスの関係を解いてきた本連載。 最後はUWFインターナショナル設立からの歩み、そしてプロレス史に残る数々の出来事を紹介しよう。 UWFインターナショナルのその後 プロレスの格闘技路線を推し進めた第二次UWFだったが、結局、前田日明の「リングス」、藤原喜明の「プロフェッショナルレスリング藤原組」、そして高田延彦の「UWFインターナショナル」へと分かれていく。 「UWFインターナショナル」は、かつてのアントニオ猪木のように高田延彦というスターを中心に据えて興行を行っていった。 だが、スター選手の頭数は足りない。 それを乗り越える方法が、現在の「炎上商法」に近い過激な演出だった。 その中の有名な事件の一つが「1億円トーナメント」だった。 ある人には事前に伝え、ある人には全く言わない、入念な仕込みとガチを織り交ぜながら演出を行っていくプロレスの世界にあって、「1億円トーナメント」は全くのガチ、寝耳に水だった。 「若手社員の思い付き」から、ある日突然、机の上に1億円を並べ、各団体の有名選手への挑戦状を手にした鈴木健氏が、団体を超えたトーナメント戦の開催を宣言したのだ。 このお金はすべて借金であり、付き合いのある信用金庫などからかき集めたものだったという。 専門誌の表紙を飾り、大きな話題を集めた「1億円トーナメント」は根回しをしてないので、失敗に終わったが、「さすがUWFインターナショナル!またやってくれた」と言われたプロレス界の大事件だった。 だが、こうした演出に激怒していた人物がいる。 当時、新日本プロレスでマッチメイクを担当し、「現場監督」と呼ばれていた長州力だ。 レスラーとしても絶頂期にありながら、客席をいかに沸かすかを考えていた長州にとって、当時のUWFインターナショナルの行動は「不確定要素」であり、雑音のようなものだったのだろう。 そんな長州力と、UWFの刺客、安生洋二が交流試合で対戦したのが、1995年の東京ドームだった。 日頃の遺恨から怒っているように見えた長州だが、試合後のインタビュアーの「キレましたか?」の質問に対して「キレちゃいないよ」とコメント。 後にこれがお笑いタレント長州小力によってモノマネされ、有名な言葉となる。 そして、UWFが残したもう一つの出来事が「グレイシー道場破り事件」である。 当時、格闘技界に激震が走る出来事があった。 ある大会でいきなりグレイシー柔術という謎の武術団体のホイス・グレイシーという選手が優勝したのだ。 その情報はUWFインターナショナルまで届き、「プロレスこそ最強」をうたう彼らは、すぐさま反応。 またもや刺客である安生洋二をロサンゼルスのグレイシー道場に送り込む。 ロサンゼルスに着いてからの流れについては諸説がある。 前日の忘年会でかなり酔っていた、飛行機でお酒を飲みすぎてしまったが着いてすぐに道場にいった、交渉係のつもりが、事前にきちんと話し合いが行われなかったのでいきなり試合になった、など色々な理由はあるが、結果として安生洋二は敗れ、血まみれになり、それが専門誌の表紙を飾る事件となってしまう。 当時の安生洋二は、道場でもかなり強い選手として知られていた。 そのため、この敗戦は偶然の出来事なのか、本当にグレイシーは強いのか、という議論をよんだ。 その決着をつけるために、3年後、高田延彦とグレイシーが第1回目となる「PRIDE」で戦い、高田延彦が破れ、プロレス最強伝説に疑問符が付いてしまう。 その後にUWFインターナショナルの若手レスラーだった、桜庭和志が「グレイシーハンター」として次々にグレイシー一族を破る、という名勝負が生まれ、プロレスファンの留飲を下げたのだった。 そうした総合格闘技が生まれる前夜に起きた、プロレス界の大きな出来事である、1億円トーナメントや長州力の「キレちゃいないよ」発言、グレイシー一族対プロレスの戦いはすべて、UWFインターナショナルが起こした出来事であり、UWFインターナショナルが1996年に解散した後も、しっかりとプロレス史に刻まれているのだ。 そんなかつての「UWFインターナショナル」の事務所は、現在、焼き鳥店となっている用賀の「市屋苑(いちおくえん)」の場所だった。 勘が良い方は気付いているかもしれないが、この「市屋苑」という変わった店名の由来は、あの一億円トーナメントから来ているのだ。 この店は、高田延彦に新団体設立を決意させた男、鈴木健氏がオーナーを務める店であり、UWFインターナショナルの刺客だった安生洋二は、現在週に4日焼き鳥を焼いている。 さらに同じくUWFインターナショナルに所属していた金原弘光も「かねはら整骨院」を用賀に開設するなど、いまなお用賀にはプロレス、特にUWFインターナショナルの足跡がそこかしこに残されているのだ。 現在は静かな住宅街である用賀の街だが、かつてはプロレスラーたちが行き来し、書店で偶然出会って立ち話をしたり、みんなが知っているお店で団体の未来について語り合っていたのだ。 もはやプロレスの聖地と言っても過言ではない、用賀の街で聖地巡りをしてみてはいかがだろうか。 年表で見る用賀とプロレス 1984年2月 タイガーマスクを引退した佐山聡が、 世田谷区瀬田にタイガージム を設立 1984年3月 第1次UWFが設立( 用賀の道場 で練習を重ねる) 1985年12月 UWFと新日本プロレスが業務提携 1988年2月 前田日明が長州力の顔面を蹴った事件で解雇される 1988年5月 第2次UWFが設立 1990年12月 第2次UWF解散 1991年1月 前田宅での打ち合わせで意見が分かれ、前田日明が解散を宣言 1991年1月 解散後について安生洋二、宮戸優光の両レスラーが高田延彦に連絡し、二子玉川のつばめグリルで話し合い新団体設立を説得する 1991年1月 用賀の文房具店の鈴木健氏 が高田延彦に独立をうながす 1991年5月 UWFインターナショナルが 用賀で設立 される.

次の

安生洋二って本当にUWF系最強の男だったのでしょうか?

安生洋二 強い

あなたは「 長州力(ちょうしゅう りき)」と聞いて、何を連想するだろう? 滑舌の悪いおじさんだろうか? それとも長州小力の元ネタになった人だろうか? どちらも間違ってはいないが、プロレスファンから言わせると長州は「 強さと怖さの象徴」である。 今回はその2名に本当の長州力を教えるべく、伝説の『 10. 9東京ドーム vs 安生洋二戦』を見せてみたのでご覧いただきたい。 ・2人のド素人 誤った長州観を持つのは、当編集部のとの2名である。 「有田のモノマネしか思い浮かばない」「コミカルなプロレスラーでしょ」「全然強そうに見えない」……などと、 本物の長州力を知らないド素人たちだ。 本来なら長州力の必殺技「サソリ固め」を1時間ほどかけ続けても良かったのだが、彼らの背骨と命が耐えられるとは思えない。 そこで、99%のプロレスファンが「 あの日の長州はヤバかった」と口を揃える伝説の試合を観賞させることにした。 伝説の試合とは……そう、1995年に行われた「10. 9(じゅってんきゅう)東京ドーム vs 安生洋二戦」である。 あの日の長州は、それはそれはヤバかった。 鬼神の如く強かった。 おそらくあの日の長州は世界で一番強く、世界で一番おっかなく、そして世界で一番頼もしかったハズだ。 この試合を観賞し終えたら2人とも涙することは確実、下手したら「 長州のタトゥーを彫ってしまうんじゃないか?」というくらい最高の長州が拝める試合である。 まずはプロレスファンの私(P. サンジュン)とGO羽鳥が、2人がかりでこの試合に至った経緯をレクチャー。 プロレスは試合だけでも面白いが、 歴史やプロセスが何よりも面白いスポーツだ。 力道山の時代からキッチリ教えたから、事前準備はバッチリだろう。 そしていよいよDVDのスイッチをオン! 部屋中に響くパワーホール(長州のテーマ曲)と大長州コール!! さあ、いよいよ待ったなしやッ!! 全身がパンッパンに張った長州は最高のコンディションだ! さあド素人2名よ…… 長州力の強さを思い知るがいい!! わずか5分弱の試合だったが、2人は真剣に画面を見つめていた。 あの日、別々に東京ドームにいた私とGO羽鳥も感慨深く試合を見守った。 やがて試合が終わり2人に感想を求めたが、なかなか感想が出てこない。 長州の攻撃で安生がダメージを食らっている時は、なぜかスカッとしましたね。 ただ、全盛期のピーター・アーツの方が強そうだと思いました」(中澤星児) 「正直登場しただけで笑ってしまいそうでしたが、安生戦の長州はまるで巨大な岩のようなデカさ、そして頼もしさがありましたね。 プロレスファンから絶大な支持を集めているのも、ある程度は理解できました。 ただ、試合後のインタビューは何を言っているのかマジでわからなかった(笑)」(あひるねこ) ……と、素人なりに長州力の偉大さを感じた様子であった。 なお、補足しておくと全盛期のピーター・アーツよりもこの日の長州の方が 5万倍強い。 中澤が語っていたように、この日の長州は「山のフドウ」なのだ。 アーツがフドウに勝てるわけがないではないか。 というわけで、完全体の長州ファンにはならなかったものの、それなりに長州への理解が深まった両名。 うむ、君たちにとって人生のターニングポイントとなり得る非常に有意義な時間だったと思う。 今後も1人前のプロレスファンにすべく、知らず知らずのうちにプロレスを教え込んでいく予定だ。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

(4ページ目)人気レスラーだった安生洋二さんは串焼き店で“300%”奮闘中|格闘技|日刊ゲンダイDIGITAL

安生洋二 強い

というわけで、今更ながら安生である。 何故、安生洋二は格闘家として成功を収めることができなかったのか。 検証してみよう。 まず第一としてルックスが悪い、実力者としての佇まいがゼロ。 本人に責任があるわけでもないのだが、、、緊張感の無いマスクとやや緩んだ体型のため、スター性とかそういったものが皆無。 どっからみても、船木や鈴木みのるのほうが強そうである、いわゆる「ガチンコ」ならば強いとかそういう雰囲気が全くないw おまけに攻められたときに、泣き顔になったり、泡を吹いてkoされたり、やられっぷりの印象が強烈である。 第二、強豪外人と闘い、なすすべもなく負けてしまう。 チャンプアとの一戦は高い評価を受けたが、格闘技ファンからは「どうみてもチャンプアの判定勝ち」という厳しい見方しかされなかった。 uwf時代には、ディックフライ、ゲーリーオブライト、ダンスバーンといった未知の強豪の引き立て役となっていた。 いわゆるポリスマンである。 オブライトとの初対決は生で観戦したが、それは凄まじいやられぶりだった。 そして、安生の名前を世間に知らしめたのが、かの「道場破り事件」だった。 ヒクソングレーシーと道場でセメントマッチを行い、なすすべもなくマウントパンチを浴び続けてやられてしまう。 その後、汚名を晴らすべくグレーシー一族のハイアンと対戦するも、またもや惨敗。 勝てるはずの試合だったマンソンギブソン戦では、まさかの失態をさらして引き分け。 第三に、ビッグマウスが過ぎる。 200%男の由来通り、口先が先行しすぎてしまった。 (もっともそのおかげでブレイクしたのだが) 前田に200%勝てるとか、最初に聞いたときは気が狂ったのかと思った。 その後、公の場で前田にヤキを入れられて、やり返すことすらできなかったという。 プロレスではブレイクしたが、パンティを被せられて、理不尽大王冬木にフォール負けを喫してしまう。 とにかく、強い!というイメージが皆無w なぜかいつもやられている絵、しか思い浮かばない。 安生洋二とは、本当のところ強かったのか?それとも弱かったのだろうか? モーリススミス(全盛期)と立ち技で対抗できる。 B柔術の黒帯に勝てる 道場では最強 など、関係者の証言は、やられキャラとは、ほど遠いものばかりである。 さらに驚愕すべくは。 二日酔いで単身、ヒクソングレーシーのもとに押しかける。 タンクアボットと対戦しても臆することなく、判定まで持ち込む。 プロレスラーならば圧倒的に不利なk1リングにまでも上がっている。 後輩である田村、金原、桜庭も安生に(道場で)極められまくって、結果強くなっていったという。 ヒクソンとの一件にしても、安生ならば勝てるはず、と彼を知る人々から、そのように思われていたらしい。 そして直前まで、安生自身は道場マッチをやる羽目になると思っていなかったらしい。 (とはいえ、こういった事態に備えておくのが普通で、まんまと反対勢力に不備を突かれてしまったのが真実、らしい) また仮に、ベストの状態であっても、やはりヒクソンには勝てなかったのではないか。 しかし、のちに安生が育てた後輩たちが総合のリングで活躍していくこととなる。 (桜庭がホイスに勝ち、プロレスファンの溜飲を下げてくれた。 そして「次はお兄さんやりましょう」「プロレスラーは本当に強いんです」などの名言を残した、これも安生が存在したからこそ出来上がった現実だった) 前田との件も、その後、安生がリベンジ?koを果たしている。 刑事事件にまで発展してしまい、褒められた話では無いが、安生の肝っ玉の太さを垣間見た気がする。 (逆に前田が何故、、、いや、やめておこう) 200%勝てるとの発言は、心からのものだったのだと、今では感じている。 純粋なプロレスをするようになってから、長州や天龍とも闘うが「格の違いを見せつけられ子ども扱い」され負ける。 裏を返せば、しっかりと見せ場を作り、大役を果たしたと言えるのでは?ホントにヤッタラドッチガ?なんて野暮すぎる。 (安生が長州に比べて話にならないほど弱い、ようには見えなかった、まあ、プロレスなのでわからない、本当に長州が強すぎるほど強かったとしても不思議じゃない) 誰が相手であろうと、逃げずに、相手の土俵に上がり続ける。 そして、後進のためにしっかりと道を切り開いた。 多彩な才能から、プロレス、格闘技、歌手、会社経営までをそつなくこなす漢(おとこ) それが安生洋二だといっても過言ではないだろう。 容姿やキャラの所為から、彼が強いということを認めることは、業界にとって不都合な真実だったのだと思う。 それから器用貧乏だったのも確かか?やはり、プロレスラーとしては重厚感が足りず、格闘家としては単純に強さが足りなかった。 結果的に微妙な評価を残し、事実上引退した格好となっている。 プロレスでは、十二分にファンを楽しませてくれたが、格闘技のほうでは、実力を発揮することができずに終わってしまった。 中途半端な時期に、充分な準備もなく身体を張って後進へと道を開拓していった。 実力的には船木、鈴木の全盛期と互角かそれより少し上(または下)くらいだったと思うが、uwf 一次、二次、インター)プライド、キングダム、k1、新日本、全日本、ハッスル、インディーのリングまで上がり観客を沸かせた。 ここまで、引き出しの多いレスラーは彼くらいであろう。 あ、そうそう!uインター時代は役員として、宮戸優光とともに高田最強伝説をサポート。 格闘技世界一決定戦や一億円トーナメント、新日本との対抗戦など、企画運営にも携わっていた。 ちなみにエリートの家庭に育ち、帰国子女で英語ぺらぺらw 今後はバラエティでの活躍を是非観たいものだ。 (無理だろうなーマイナー過ぎて、ちなみにバラエティでそこそこ顔出している健介も、安生は強い、と発言していた、らしいよ) 佐竹あたりと組んで、格闘技界になにか起こしてくれないかなー?とも思います。 古いネタばかりでした、すいません。 新旧職人対決 安生 「ヒクソンだろうが、誰だろうが、俺で十分です。プロレスを十年間真面目にやってきた者の力を見せてやります。このまま半端な形で終わらせませんので…まぁ、見てて下さい! 」 是非、真の力を見せてもらいたかった、、、。

次の