佐藤健志 2ch。 【佐藤健志】今朝のニュース解説 2018年6月13日

【佐藤健志】最近の紅白がつまらない理由

佐藤健志 2ch

経歴・人物 [ ] 父はの。 母はの。 国際関係論分科卒業。 小説の執筆や劇作を行う。 保守派の立場からの、特撮・アニメ、戦後日本に関する考察を行い、には『』を刊行した。 受賞 [ ]• 1989年、戯曲『』により舞台芸術創作奨励特別賞を受賞。 出演 [ ] TV [ ]• 1回目() ラジオ [ ]• SOUNDTRAX interzone(台本・選曲・DJ、、2009年〜2011年)• 水曜日 2018年1月10日〜2019年9月25日 *番組エンディングで降板が発表された。 著書 [ ] 単著 [ ]• 『チングー・韓国の友人』、1990年。 『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』、1992年。 『さらば愛しきゴジラよ』、1993年。 『幻滅の時代の夜明け』新潮社、1996年。 『未来喪失』、2001年。 『本格保守宣言』〈〉、2007年。 『夢見られた近代』、2008年。 『バラバラ殺人の文明論 家族崩壊というポップカルチャー』、2009年。 『震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する』VNC、2013年。 『僕たちは戦後史を知らない〜日本の「敗戦」は4回繰り返された〜』、2013年• 『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は終わった』、2014年• 『戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する』、2016年• 『右の売国、左の亡国:2020年、日本は世界の中心で消滅する』アスペクト 2017年• 『平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路』ベストセラーズ 2018年 共著 [ ]• 『国家のツジツマ 新たな日本への筋立て』VNC、2014年。 『対論 「炎上」日本のメカニズム』共著 2017 戯曲 [ ]• 「ブロークン・ジャパニーズ」『新鋭劇作集』新劇団協議会〈series 3〉、1992年。 - 文化庁舞台芸術創作奨励特別賞受賞作品。 翻訳 [ ]• 『〈新訳〉フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』編訳、PHP研究所、2011年。 『完全版 アメリカを生んだ「過激な聖書」』PHP研究所、2014年。 脚注 [ ].

次の

奇界

佐藤健志 2ch

From 佐藤健志 ——————————————————- 【オススメ】 月刊三橋最新号 「徹底検証!日本経済2016 日本再生のために忘れてはいけないこと」 ——————————————————- 2017年、あけましておめでとうございます。 『愛国のパラドックス』の版元ですね。 未読の方はこちらを。 (紙版) (電子版) この本のテーマは 〈今のわが国では、保守も左翼も「構造改革とグローバル化による日本否定」で足並みをそろえている〉 というもの。 巻末には、特別付録として「政治経済用語辞典」が収録されます。 アンブローズ・ビアスの『悪魔の辞典』にならい、 現在の日本でよく用いられる政治・経済関係のさまざまな言葉について、 本当の意味を暴露・・・ いや、定義したもの。 「愛国心」から「若者を戦場に送らない」まで、項目は数百に及びます。 論考部分の原稿は、昨年末にすべて完成。 目下、対談に向けて調整を行っています。 これも面白くなりますよ!! さらに1冊か2冊出したいので、どんどん仕事に励みたいと思っています。 まあ、足のリハビリもしなければならないのですが。 1951年にラジオ番組としてスタートし、 1953年暮れの第4回からテレビ放送されるようになって現在にいたります。 2016年12月31日に放送されたのは第67回。 第1回と第2回が1月3日、第3回が1月2日の放送。 ところが1953年から大晦日へと移動することに。 結果的に1953年は、1月2日と12月31日に紅白が放送されました。 厳密に言うと1969年は69.7%で、1982年は69.9%だったものの、 これは誤差範囲のうちでしょう。 最近は紅白も、往年の勢いをすっかり失ってしまいました。 2006年〜2015年の十年間を見ると、 視聴率は前半で30%台、後半で40%を超えるか超えないか。 2016年も前半が35.1%、後半が40.2%でした。 無理からぬ話と評さねばなりません。 なにせ、見ていてまるで面白くないのです。 昨年の大晦日など、つまらなそうな顔で寝そべっている猫の画像に 「おまえが紅白に飽きてるのはわかる」 というキャプションを添えたツイートが登場。 猫の表情が絶妙で、大笑いしました。 ・・・けれども、 なぜ最近の紅白はかくもつまらないのか。 ちょっと大げさに言えば、ある種の国民統合の式典だったのです。 関連してご紹介したいのが 劇団四季を長らく率いた演出家・浅利慶太さんによる、 演劇の魅力をめぐる定義。 浅利さんはこれを 「(劇場に集まった人々が)劇行為に共感し参加することによって、共にその状況に生きる他の人々との間に連帯性、精神的共感を見出す歓び」 と規定しました。 (『浅利慶太の四季』第一巻収録「現代演劇の不毛」。 慶應義塾大学出版会、1999年) ひらたく言えば、みんなで同じ劇に感情移入することによって 「立場が違っても、誰もが同じような喜びや悩みを抱えて生きているんだ!」 という思いを噛みしめ、 見知らぬ人との間にも心情的なつながりを見出すのが 演劇の魅力なのです。 その意味では往年の紅白も、一年をしめくくるにふさわしい国民規模の「(歌)劇」でした。 今回の紅白には「万人向け」というより、「分からない人は置いてけぼり」のような演出が多すぎたのではないか。 たんなる大型歌謡バラエティなら、 分からない人は置いてけぼりというのも、事と次第では「あり」でしょう。 しかし紅白は本来、 歌を媒介に国民的な共感をつくりあげる番組だったはずであり、 ゆえに国民的番組と呼ばれたのです。 まあ、SMAPが出演しなかったのが響いているのかも知れませんよ。 それに近年は 誰もが知っているヒット曲が少なくなったのも事実。 だとしても、 分かる人だけ分かればいいという発想で演出してよいはずがない。 そんな紅白歌合戦など、 中身を抜き取られた残骸とも呼ぶべき代物にすぎません。 つまらないのも当たり前。 演出家の鴻上尚史さんも、こうツイートしました。 演劇の演出家から見ると、 今(注:2016年)の紅白の 「シン・ゴジラ」や「タモリ・マツコ」の強引な挿入は 受け手の人間の生理を完全に無視しているとしか思えない。 アイデアがいかに面白くても、 それを受けるのは人間であり、 人間の感情はアイデアより現実として存在している。 それを無視はできない。 つまりは共感や連帯をつくりあげるという 本来の目標を捨て去ったあげく、 面白そうな思いつきを並べているだけ。 そりゃ、視聴率も取れなくなりますわな。 けれども、この視点に基づいて 紅白の視聴率の変遷を眺めていると 面白いことが見えてくる。 大きな区切りとなった年が二つあるのです。 この年から、紅白の視聴率が70%を超えることはなくなります。 次は2000年。 この年から、紅白の視聴率は50%を超えなくなりました。 後者も構造改革やグローバル化が本格的に推進されだしたころと重なります。 そしてこれらは、ともに国民統合を弱める性格を持つ。 はたしてこれは偶然か? 面白くない紅白からも、見えてくるものはあるのです。 『戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する』(徳間書店) (紙版) (電子版) 2)過去70年あまり、われわれの連帯感がどのような経緯で弱まっていったのかはこちらを。 『僕たちは戦後史を知らない 日本の「敗戦」は4回繰り返された』(祥伝社) 3)「倫理的価値観の何たるかを知るうえでは、劇場のほうが教会よりもふさわしい。 芝居は興奮や感動を売り物とするからだ」(115ページ) エドマンド・バークも芝居好きで、18世紀イギリスを代表する俳優の一人、デイヴィッド・ギャリックと交友関係がありました。 『新訳 フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』(PHP研究所) (紙版) (電子版) 4)「われわれ一人ひとりが、隣人にたいし、心からなる友愛の手をさしのべる時が来た」(237ページ) アメリカ独立も、共感と連帯のうえに達成されたのです。 『コモン・センス完全版 アメリカを生んだ「過激な聖書」』(PHP研究所) (電子版) 5)そして、ブログとツイッターはこちらをどうぞ。 ブログ ツイッター —発行者より— 【オススメ】 日本が国連に2億ドル払える理由 財政赤字国のどこにそんな大金が? TVが放送を自粛する意外な真実とは.

次の

佐藤健志part1YouTube動画>19本 ニコニコ動画>1本

佐藤健志 2ch

須田慎一郎 「佐藤優さん、非常にいい人ですよ。 他の国では全くそうなってないですからね。 相手にされないですよ、外務省の役人が出て行ったって」 須田慎一郎 「これは全部チェックしてるからきっぱり言うけど、外務省の職員は誰ひとりとして、カウンターパートナーとして アメリカCIAの職員とパイプを持ってる人は誰もいません」 後述で書き起こした 前回同様、 外務省が「インテリジェンス」なんて扱っていないし、親睦団体のような特性上、扱うこともできないし、インテリジェンス機関を作る際にも、扱わせてはならないという話だった。 谷内正太郎氏が外務事務次官だった時(第一次安倍政権時)、日台漁業協定に関する協議をしようとしていたが、 どういう形で台湾と接触するかまで 全部中国側に漏れていた。 こんな人物が、日本の 国家安全保障局長(初代)であり、 内閣特別顧問(国家安全保障担当) という残念な現実。 また、以下の通り、谷内正太郎氏は カジノ推進パチンコ業者や、元KCIAエージェントとの親密交際が報じられた人物でもある。 谷内正太郎氏について報道された記事 2013年(平成25年)11月、週刊文春に 安倍政権に カジノ構想実現を強く働きかけていたセガサミー会長の里見治と、同社の顧問を務めるなど公私ともに極めて親密な関係にあると報じられた [1]。 同年12月の報道 [2][3]によれば、 里見がかつて入管難民法違反で逮捕されたホステスママが経営する赤坂の高級韓国クラブにも出入りしており、その交遊はかなり古い時代からのもので、 セガサミー社のゲーム機の中国輸出解禁にも協力している。 また、 谷内が主催する政経勉強会「寛総会 [4] 」の 事務局長は、公安当局がKCIAエージェントだと把握している在日韓国人であり、 両者は個人事務所を登記・入居させているビルも同じという深い関係にある。 同事務局長は漫画版権管理会社の経営者で、かつて経営していた大阪の不動産会社が旧住専からの多額融資を焦げ付かせ、役員を務める大蔵官僚出身で元衆議院議員の村田吉隆に高額報酬を支払っていたことを報じられている [5]。 5 「村田吉代議士が役員の不動産会社 住専、600億円融資 相当部分、不良債権に 昨年暮れ役員辞任」(『朝日新聞縮尺版』 1996年1月9日朝刊一面) インテリジェンスを扱う立場として、スパイや在日韓国人と交流を持つことを否定する気は全くないが、 問題はその目的だ。 本当に国益のための交流なのか? 谷内正太郎氏が外務事務次官の時、情報が詳細まで中国へダダ漏れになっていた事実をどう捉えるか。 仮に彼が情報を流したのではないということにしたとしても、 彼は事務方のトップだったのだ。 この事実を見たとき、国家の情報を扱う者として不適格とは言えないのか、疑問に思う。 佐藤優氏「外務省の帰化人を活用しない秘密保護法は、人種条項だ」 また、番組の中で須田氏が話題にした「秘密保護法」だが、佐藤優氏は福島みずほ氏と対談したときに以下のようなコメントをしている。 佐藤優 「 私の知っている外務省の職員でも、日本国籍を取得した人がいます。 もともと韓国籍だったとかね。 親が在日韓国人、在日朝鮮人で日本国籍を取得した人は何人もいますよ。 そういう人たちはどうなるのか。 こういう人たちの力をきちんと活用しないのか。 ようするに公務員というのは日本国民と日本国家に対して忠誠を誓っている人。 そういう人が公務員として受け入れられるのに、 特定秘密保護法案は、一種の人種条項みたいな使われ方になりますよね。 」 などと語り、恒例の ナチスまで持ち出して「特定秘密保護法案」を猛烈に批判。 佐藤優氏といえば、 「辺野古新基地阻止基金」の共同代表となり、地元の新聞でまるで沖縄と本土の分断を図るような発言を繰り返している。 しかも感情を煽る形で。 佐藤優氏は、一体どのような目的を持つ人だと思いますか? 以下のテキスト、面白いのでぜひ読んでみてください。 『〜須田慎一郎・有本香・居島一平〜【虎ノ門ニュース 8時入り!】』文字起こし テーマ「谷内局長が中国訪問 首脳会談を模索」 7月17日 金 行先や面会者をいちいち言う谷内氏 須田 先だってもアメリカ大使館の連中と話していたんだけど、谷内というのは馬鹿かと言ってるんですよ。 日本版NSCって何のための組織?日本のインテリジェンス組織でしょ?そのトップがわざわざ行先や誰と会いますと言って、ありえないよこれ。 敗戦後のインテリジェンス 敗戦後、インテリジェンスというものは、外務省が一括して仕切る形になった。 (戦前は、軍部と外務省の両輪だった。 他に「別室」や「別班」も) 今後、 日米間、それのみならず西側の国々とミニタリーの分野で協力体制を整えていきましょうという時に、一方で、インテリジェンスの分野も構築していかなければならないという必要性に迫られている。 その動きが水面下で起こってきている。 これは、アメリカ・イギリス・カナダ・ニュージーランド・オーストラリア5ヵ国の諜報に関する協定。 ニュージーランド・オーストラリアが入っているのは地理的な要因。 ここにレーダー、インターネットの情報の補足など、面で対応し、傍受だけでなく盗聴も含めた体制を構築している。 要するに、情報を集めることにタッチはできないが、集めた情報に対して日本も利用できるような体制にもっていこうとしている。 これにペンタゴンとCIAはほぼ合意しており、その流れを受けて秘密保護法の制定があった。 谷内氏がいかにインテリジェンスに不適格か もう一つ問題がある。 それは 海外のインテリジェンス機関のカウンターパートナーを日本のどこに置くのか。 誰にするのか。 谷内さんは外務省の別動隊で「あそこ行きます、彼と会います、こういうことをします」全部オープンなんて不適格だとういのがアメリカ(大使館)の考え。 馬鹿じゃないかと。 その下に日本版CIA?ふざけちゃいけないよ。 法的な制約の中で、日本版CIAなんて作れっこない。 仮に作ったところで外務省が仕切るの? 敵国に情報がダダ漏れになるような外務省が仕切るなんてとてもじゃない。 警察と防衛省が両輪になって、かつてのようにやるべき。 このニュースから、谷内さんがいかにインテリジェンスに不適格かということが見えてくる。 谷内氏は中国との関係でしくじった 有本 谷内さんは第一次安倍政権のときに、中国との関係でしくじった。 この時、外務次官だった。 外務省というのは、考え方が常に親睦団体なわけ。 そんな中で育った人はそういう考え方が染み付いているから。 今回だって、 70年版総理談話の骨格を何故、日本版NSCのトップが説明しに行くんですか?役割が違うでしょう。 谷内さんは第一次安倍政権のときに、中国との関係でしくじったのは、安倍首相は総理に就任してすぐ中国に行ったがこれがまず大失敗だった。 官邸の中に、中国側の工作員がガッチリ入り込んでいた。 ほとんどの情報が漏れていた。 例えば、第一次安倍政権のときに、台湾との間で日台漁業協定に関する協議をしようとしていたのが、どういう形で接触するかまで全部中国側に漏れていた。 この時の外務事務次官が谷内さん。 だから、感覚、考え方が違う。 退官なさった後、NSCの局長なんですが、親睦みたいな説明に行くような役割じゃないでしょ?NSCって。 須田 NSCの能力があればまだいいが、能力がないからコイツは。 外務省の別動隊にNSCやらせてどうするわけ? 日本てね、日本のメディアもそうなんだけれども、 例えばね、外務省の分析官の佐藤勝さん、非常に優秀な方ですよ。 優秀な方だけれどもインテリジェンスとしてはプロじゃないから彼は。 (有本香氏大きく何度も頷く) 外務省が何をやってきたのか、何故NSCをやるのか、違和感を持たないと。 日本のメディアそのものが、センスがないんだろうなと思いますよ。 佐藤 いまの日本の政治体制からすると、中国人や韓国人、ロシア人、イラン人などと結婚している外務省員は全員、特定秘密保護法案が定める適性評価に引っかかりますよね。 適性評価では、評価対象者の家族及び同居人の氏名、生年月日、国籍を調べることになっていますから。 しかも、配偶者には事実婚が含まれます。 外務省で秘密を扱っていない部局は、文化交流部とか外務報道官組織とか、そのぐらいのところですよ。 どこの部局に行っても、必ず秘密が出てくる。 アフリカでもテロの話が出てくる。 そうすると外務省のなかにおいて、中国人や韓国人、ロシア人、イラン人などと結婚している人たちはもう将来の出世が閉ざされる。 福島 かつては、外国人の配偶者では大使になれないとなっていました。 でも最近は、妻が外国人だっていう大使は増えていますよね。 佐藤 ええ。 それに昔は配偶者の国には赴任させなかった。 たとえばお連れ合いさんがドイツ人の場合はドイツには絶対に赴任させなかった。 ある意味、そこが一番人脈もあるわけなのに、ものすごく硬直した戦前の体制みたいなものが残っていました。 それがなくなったのはいいことだったと思うんですよ。 ところが今度の特定秘密保護法案で逆行する流れになる。 事実上、外務省では外国人と結婚すると出世できないってことになります。 福島 大使ですら配偶者が外国人ではダメだとなっていたのをやめたのに、今回の特定秘密保護法案は多くの公務員の「配偶者や家族が外国人かどうか」を調べる。 外国人ではダメだとはなっていないけれど、実際は、特定の国の人と結婚している人はバツですよ。 佐藤 私の知っている外務省の職員でも、日本国籍を取得した人がいます。 もともと韓国籍だったとかね。 親が在日韓国人、在日朝鮮人で日本国籍を取得した人は何人もいますよ。 そういう人たちはどうなるのか。 こういう人たちの力をきちんと活用しないのか。 ようするに公務員というのは日本国民と日本国家に対して忠誠を誓っている人。 そういう人が公務員として受け入れられるのに、 特定秘密保護法案は、一種の人種条項みたいな使われ方になりますよね。 福島 はっきりとした人種条項ですね。 佐藤 ユダヤ人から公民権を奪ったナチスの「ニュルンベルグ法」(「帝国市民法」と「ドイツ人の血と名誉を守るための法律」)の現代版じゃないかと思うんですよ。 それなのに、この人種差別条項に対して議論が起きない。 議論を徹底的に尽くすということすらしないで、勢いで通しちゃうのはよくない。 これは権力の弱さですよ。 こういうことは弱い権力がやることなんです。 出典:週刊金曜日ニュース 2013年12月05日 情報管理を徹底したい政府に対し、 ナチスまで持ち出して、情報をダダ漏れにさせる外務省を庇う佐藤優氏。 ただ、佐藤優氏の発言の中で、 外務省には帰化人が多いということは知っておいてよいかもしれません。 佐藤氏は人種差別だと言いますが、それは全くおかしな話ではないでしょうか。 国家の情報を扱う人員はルーツを明確にすべきだと思うし、厳しく情報管理されるのは当然だと思います。 現に、今のやり方で情報ダダ漏れなのですから。 , , ,• , ,•

次の