アニプレックス。 アニプレックス、『ディズニー ツイステッドワンダーランド』で「NRC統一試験」を開始!

アニプレックス48時間テレビ新情報まとめ。アニメやゲームの最新情報が続々公開!【AnimeJapan代替番組】

アニプレックス

いずれも PC向けのタイトルで、小説2~3冊分のボリュームとなっている。 本記事では、各作品のキービジュアルやメインスタッフ・キャストほか、ブランド発足ティザー映像、紺野アスタ氏・海原望氏・アニプレックスエグゼ プロデューサーのコメントをまとめてお届けする。 第1弾タイトルとなるのは、フロントウイングと枕が共同制作する『』。 企画・シナリオは『 夏ノ雨』や『』などの良作タイトルを手掛けてきた紺野アスタ氏が、キャラクターデザイン・原画はゆさの氏ほかが担当。 アートディレクターとして、『 素晴らしき日々 〜不連続存在〜』や『 サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-』のSCA-自(すかぢ)氏も参加している。 さらに、『 空気力学少女と少年の詩』や『 櫻ノ詩』など数々の名曲を手掛けてきた松本文紀氏が音楽を担当。 盤石の布陣といえる。 ストーリー 原因不明の海面上昇によって、地表の多くが海に沈んだ近未来。 幼いころの事故によって片足を失った少年・斑鳩夏生(いかるが なつき)は、都市での暮らしに見切りを付け、海辺の田舎町へと移り住んだ。 身よりのない彼に遺されたのは、海洋地質学者だった祖母の船と潜水艇、そして借金。 彼女は、人間と見紛うほどに精巧で感情豊かなロボットだった。 海底からサルベージされたアトリは言う。 「マスターが残した最後の命令を果たしたいんです。 アニプレックスさんから声を掛けていただいた時は何事かと思いましたが、担当さんが私の作風をよく知ってくださっている方だったので、安心してお引き受けしました。 その上で、新しいことにもチャレンジした作品です。 沈みゆく世界と、アンドロイドの少女。 日常の中のちょっとした非日常を描くのが私の作風ですが、今回は、非日常の中の日常。 難しい題材を描き出すためのスタッフ陣にも大変恵まれました。 このような機会を与えていただけた事を喜びつつ、全力で書きました。 スタッフ・キャスト・作品情報 【作品情報】• タイトル:• キャッチコピー:沈みゆく世界で、君をみつけた。 ジャンル:ノベルゲーム• 対応OS:Windows 8. 対応言語:日本語・英語・簡体字・繫体字• 対象年齢:全年齢 【スタッフ】• 企画・シナリオ:紺野アスタ(Frontwing)• キャラクターデザイン・原画:ゆさの ほか• 音楽:松本文紀• アートディレクター:SCA-自• 演出:Yow• 背景:わいっしゅ• 製作:ANIPLEX. EXE 【キャスト】• アトリ:赤尾ひかる ライアーソフト制作『徒花異譚』 同じく第1弾のタイトル『徒花異譚』を制作するのは、『 腐り姫』やスチームパンクシリーズなどで有名なライアーソフト。 システム協力として、『 なないろリンカネーション』や『 あけいろ怪奇譚』を手掛けたSILKY'S PLUS(シルキーズプラス)が参加している。 企画・シナリオは、『 フェアリーテイル・レクイエム』や『 バタフライシーカー』、『』の海原望氏、キャラクターデザイン・原画は『 赫炎のインガノック -what a beautiful people-』や『フェアリーテイル・レクイエム』の大石竜子氏、音楽は『 さよならを教えて ~comment te dire adieu~』のさっぽろももこ氏と『 霞外籠逗留記』の松本慎一郎氏がそれぞれ担当する。 ストーリー 少女が気づくと、そこはどことも知れない暗い森の中だった。 突如として現れた怪物に襲われた彼女は、筆を刀のように操ってものを斬る、謎の少年に救われる。 しかし少女には、少年の顔にも呼ばれた名にも覚えはない。 というのも、彼女の頭からはすべての記憶が失われていたからだ。 そしてふたりの役目は、ここにあるお伽話の世界を渡り歩き、話の筋に歪みが生まれていないかを見張ることらしい。 操り人形のように頼りない風情の白姫は、言われるがまま、手渡された一冊を開いた。 タイトル:• ジャンル:ノベルゲーム• 対応OS:Windows 8. 対応言語:日本語・英語・簡体字・繫体字• 対象年齢:全年齢 【スタッフ】• 企画・シナリオ:海原望• キャラクターデザイン・原画:大石竜子• システム協力:SILKY'S PLUS• 制作:Liar-soft• 製作:ANIPLEX. EXE 【キャスト】• 白姫:南 早紀• 黒筆:加藤 渉 ブランド発足ティザー映像公開 作品の概要とあわせて、2タイトルのキービジュアルやスタッフ・キャスト情報を確認できるブランド発足ティザー映像が公開された。 美少女ゲームを手掛けてきたスタッフの方々とアニプレックスの掛け合わせで、ノベルゲームを生みだしていくプロジェクトです。 その第1弾として、フロントウイングさん・枕さんのタッグによる制作の『ATRI -My Dear Moments-』、そしてLiar-softさんによる『徒花異譚』を発表させていただきました。 いずれも全年齢対象で、ボリュームは小説2~3冊分くらいとなっています。 いまノベルゲームが好きな方はもちろん、昔は好きだった……という方や、そもそも触れたことがない……という方、そして海外の方にまで、皆さまに楽しんでいただける作品になるよう鋭意製作中です。 今後両作品とも続報を出していければと思いますので、楽しみにお待ちくださいませ。 同イベントのアニプレックスブース(No. 1452)では、一部日程に限り特製ショッパーが配布される。 【キャンペーン内容まとめ】• ANIPLEX. EXE公式Twitterアカウントをフォローし、該当のツイートをRTした人の中から抽選で、赤尾ひかるさん、加藤渉さん、南早紀さんのサイン入りポスターセットがプレゼント.

次の

鬼滅の刃

アニプレックス

7月新番組2作品の最新PVを番組内で初解禁!第1回目の記念すべきゲストとして、楠木ともりの出演も決定! 株式会社アニプレックス(東京都千代田区、代表取締役:岩上 敦宏)は、自社作品の最新情報をお届けするWEB番組「アニプレックス NEXT」の第1回目となる配信を、7月2日 木 21時よりYoutubeほかで世界に向け配信をスタートします。 『アニプレックス NEXT』は、今年の春に立ち上がった新プロジェクトで、アニプレックスの最新情報を各クールごとにお届けするWEB情報番組です。 、茅野愛衣がパーソナリティを務め、放送作品などからゲストを招き、お届けします。 映像の配信はアニプレックス公式YouTubeチャンネルを通じ、日本国内と世界に向けた英語字幕版の2種が同時配信されます。 記念すべき第1回のゲストには7月4日 土 より放送開始のTVアニメ「魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜」より、楠木ともり ミーシャ・ネクロン役。 自身が歌う本作のエンディングテーマ音源初解禁となるPVが番組内で公開されます。 jpg ] 6月19日(金)より配信中の「ATRI-MyDear Moments-」「徒花異譚」のノベルゲーム2作品を手掛けるアニプレックスの新プロジェクト「ANIPLEX. EXE」からプロデューサー島田紘希が登場。 各作品の魅力について語っていただきました。 png ] さらに、世界中で人気を集めるTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の最新PVも本番組内で初公開されます。 PVではが歌唱するエンディングテーマ「I will... 」の音源も初解禁となります。 jpg ] 今後も、多角的なコンテンツ展開の中でアニプレックスの最新情報を発信する新コンテンツ『ANIPLEX NEXT(アニプレックス ネクスト)』にご期待ください。 youtube.

次の

www.frontpage-templates.org

アニプレックス

株式会社アニプレックス(Aniplex I. )とは、などの作品を・販売している会社である。 概要 下である。 などの作品の・販売、などの作品の・販売を行っている。 頃からは番組の販売にも進出し、「」や「」、の冠番組や、に参加している芸ののなどの販売も行なっている。 沿革 ・パッを設立 との共同出資により、・を設立 のになり、ME・へ商号を変更 株式会社アニプレックスへ商号を変更 「」を設立 突如、を初めとする販売で一部のアニプレックスの商品が取り扱われなくなる。 アニプレックスは 商品取り扱いが再開される。 作品リスト• おろしたて• DVD販売• 削除状況 より詳細な状況及び大量事件などに関しては「 」を参照。 > このはの申立により、侵として。 のほとんどは「()」によるものと判明している、の基準は基本的に同一である。 上位作品(アニプレックス関連)の 用済みが行われた時期に同時並行されることが多い。 でさえもされた例がある。 削除基準について 基準が不かつ理不尽でがある。 OP・ED及び使用作品、 系は率が高い。 を用いた はされやすいが、宣伝用や有名作品など一部は対であろうとされることがある。 (ただし、各終了後の 用済み( 「関わる」)では容赦なく消される)• だけを狙い撃ちすることが多い。 系もされることがある。 が素人だったり気に入らない歌だとされやすい。 、 用であっても対となる。 は 系である(における 等)のが理由かは不明だが、 特にが念入りに行われている。 音の 系(特に物)、曲を に使用した系(など)は であってもされやすい。 は基本対外であったが、 の物が消されたり、 がされたり、一時期報復により が対となったことがある。 された作品をに申し入れて復活させても、しばらく経った後に別の案件でされやすい。 また、 など新規放映物についても上旬に作品の一斉殺があったが、その後しばらく中~大規模は起こっていない。 アニプレックスの方針に対して意見がある方はが望ましい。 また一時期にも接近していた(、など)。 しかし、辺りから上記に書かれているように順次基準が厳しくなり、明けからは物は底的に消されるなど相当厳しくなった。 今では者の多くは「アニプレックス= しまくりな会社」という印を抱いている。 このままに対して厳しい態度を取る・・・と思いきや、アニプレックスはにchを開設。 まずは放映の新作『 』について曲の募集を行った。 その後『 』『 』のを開設した。 を非常に敵視している系列においてこの状況は異例である。 その後『 』のを開設した。 による上位を繋げて放映する方式。 当初は のみであったが反応がであったので、1話 放映を行った。 宣伝担当の「( )」や「ツイ」など社員は、結構を観ているらしい。 例えばこれとか… 商品取り扱いの停止 頃に突如、を初めとする販売で一部のアニプレックスの製品の取扱いが停止された。 では一部の商品が「再入荷見込みが立っていないため、ご注文を承っておりません」という表示がなされている。 この件に関してアニプレックスは この件に関して等では「アニプレックスのに対してが怒った」などの予想が飛び交っているが、実際のところは不明である。 同年に商品取り扱いが再開されている。 関連項目• 外部リンク•

次の