じ ばく しょう ねん。 キッズ平和ながさき|原爆による被害

ぼくたちが意志をつぐ 「中村哲先生の物語」こどもたちの感想(下)|【西日本新聞ニュース】

じ ばく しょう ねん

こわいけど必要な水 ぼくのまわりには、たくさんの 水 みずがあります。 水 すい 道 どうから 水 みずが 出 でるし、 家 いえの 近 ちかくにはきれいな 川 かわも 流 ながれています。 ぼくは 水 みずのない 生 せい 活 かつはできません。 けれど、 水 みずは 大 たい 切 せつだけど、こわいと 思 おもう 事 ことがありました。 水 すい 害 がいです。 そんな 水 すい 害 がいがあっても、ぼくのまわりから 水 みずはなくなりませんでした。 中 なか 村 むら 哲 てつさんは、こわいけど、 必 ひつ 要 ような 水 みずをつくり 出 だしたんだと 思 おもいます。 私 わたし 一 ひと 人 りの 力 ちからは 微 び 力 りょくだけど 無 む 力 りょくじゃないと 思 おもいます。 だから、まずはNGO、アフガニスタンやパキスタン、そして 中 なか 村 むらさんのことを 調 しらべて、 知 しりたいと 思 おもいます。 物 もの 語 がたりの 中 なかでも 一 いち 番 ばん 伝 つたわってきた 言 こと 葉 ばは「 平 へい 和 わには 戦 せん 争 そう 以 い 上 じょうの 力 ちからがあり、 平 へい 和 わには 戦 せん 争 そう 以 い 上 じょうの 忍 にん 耐 たいと 努 ど 力 りょくがいる」です。 ぼくは、「 多 おおくの 国 くにの 人 ひと 々 びとが 平 へい 和 わを 目 もくひょうとし、 多 おおくの 努 ど 力 りょくをしなければいけない」という 意 い 味 みとして 伝 つたわってきました。 ぼくは、この 言 こと 葉 ばを 目 もくひょうにすごしたいと 思 おもいます。 対 たい 象 しょうは 園 えん 児 じと 小 しょう 中 ちゅう 学 がく 生 せいです。 西 にし 日 にっ 本 ぽん 新 しん 聞 ぶんの 紙 し 面 めんやウェブサイトなどで 紹 しょう 介 かいすることがあります。 物 もの 語 がたりは 西 にし 日 にっ 本 ぽん 新 しん 聞 ぶん 中 なか 村 むら 哲 てつ 医 い 師 し 特 とく 別 べつサイトの 子 こども 向 むけページで 読 よむことができます。 サイトは。 学 がく 習 しゅうプリントと 作 さく 文 ぶん 用 よう 紙 しもダウンロードできます。 サイトに 入 はいり「 教 きょう 材 ざい 用 よう 素 そ 材 ざい」をご 覧 らんください。 作 さく 品 ひんには 1 名 な 前 まえ(ふりがな) 2 生 せい 年 ねん 月 がっ 日 ぴと 年 ねんれい 3 学 がく 年 ねん 4 住 じゅう 所 しょ 5 電 でん 話 わ 番 ばん 号 ごう-を 書 かいてください。 作 さく 品 ひんはお 返 かえししません。 送 おくり 先 さきは 次 つぎの 通 とおりです。 メール、FAXでも 受 うけ 付 つけます。

次の

ぼくたちが意志をつぐ 「中村哲先生の物語」こどもたちの感想(下)|【西日本新聞ニュース】

じ ばく しょう ねん

こわいけど必要な水 ぼくのまわりには、たくさんの 水 みずがあります。 水 すい 道 どうから 水 みずが 出 でるし、 家 いえの 近 ちかくにはきれいな 川 かわも 流 ながれています。 ぼくは 水 みずのない 生 せい 活 かつはできません。 けれど、 水 みずは 大 たい 切 せつだけど、こわいと 思 おもう 事 ことがありました。 水 すい 害 がいです。 そんな 水 すい 害 がいがあっても、ぼくのまわりから 水 みずはなくなりませんでした。 中 なか 村 むら 哲 てつさんは、こわいけど、 必 ひつ 要 ような 水 みずをつくり 出 だしたんだと 思 おもいます。 私 わたし 一 ひと 人 りの 力 ちからは 微 び 力 りょくだけど 無 む 力 りょくじゃないと 思 おもいます。 だから、まずはNGO、アフガニスタンやパキスタン、そして 中 なか 村 むらさんのことを 調 しらべて、 知 しりたいと 思 おもいます。 物 もの 語 がたりの 中 なかでも 一 いち 番 ばん 伝 つたわってきた 言 こと 葉 ばは「 平 へい 和 わには 戦 せん 争 そう 以 い 上 じょうの 力 ちからがあり、 平 へい 和 わには 戦 せん 争 そう 以 い 上 じょうの 忍 にん 耐 たいと 努 ど 力 りょくがいる」です。 ぼくは、「 多 おおくの 国 くにの 人 ひと 々 びとが 平 へい 和 わを 目 もくひょうとし、 多 おおくの 努 ど 力 りょくをしなければいけない」という 意 い 味 みとして 伝 つたわってきました。 ぼくは、この 言 こと 葉 ばを 目 もくひょうにすごしたいと 思 おもいます。 対 たい 象 しょうは 園 えん 児 じと 小 しょう 中 ちゅう 学 がく 生 せいです。 西 にし 日 にっ 本 ぽん 新 しん 聞 ぶんの 紙 し 面 めんやウェブサイトなどで 紹 しょう 介 かいすることがあります。 物 もの 語 がたりは 西 にし 日 にっ 本 ぽん 新 しん 聞 ぶん 中 なか 村 むら 哲 てつ 医 い 師 し 特 とく 別 べつサイトの 子 こども 向 むけページで 読 よむことができます。 サイトは。 学 がく 習 しゅうプリントと 作 さく 文 ぶん 用 よう 紙 しもダウンロードできます。 サイトに 入 はいり「 教 きょう 材 ざい 用 よう 素 そ 材 ざい」をご 覧 らんください。 作 さく 品 ひんには 1 名 な 前 まえ(ふりがな) 2 生 せい 年 ねん 月 がっ 日 ぴと 年 ねんれい 3 学 がく 年 ねん 4 住 じゅう 所 しょ 5 電 でん 話 わ 番 ばん 号 ごう-を 書 かいてください。 作 さく 品 ひんはお 返 かえししません。 送 おくり 先 さきは 次 つぎの 通 とおりです。 メール、FAXでも 受 うけ 付 つけます。

次の

称念寺(しょうねんじ)福井県史跡 新田義貞公御墓所

じ ばく しょう ねん

住職も、皆さんのおかげで、令和2年(2020年)も元気に新田公の顕彰に励んでいます。 2019年 6月2日 新田公の682回忌法要のPRの為、新田公ののぼり旗を称念寺の青壮年会が立ててくれました。 6月8日 高椋地区がNHKの福井版で紹介され、明智光秀公の説明で住職も出演しました。 6月14日 地元新聞社紙面に、境内の菩提樹の満開の様子が紹介されました。 6月29日 新田公682年忌法要 記念講演会は「越前と明智光秀公」で、一乗谷の資料館の学芸員 石川美咲先生にお願いしました。 本堂がいっぱいになりました。 7月1日 昨年国体の歓迎の為に植えた桔梗が、今年もきれいに咲きました。 7月28日 高椋地区戦没者慰霊祭が開催されました。 8月4日 称念寺小冊子10冊目の『明智光秀公夫人熙子さんと時衆 称念寺』が350円で新発売になりました。 8月22日 福井武将の会主催の花いっぱいの活動にたくさんの方が協力してくださいました。 境内が花でいっぱいになりました。 9月15日 高椋ふれあいまつりに光秀公のパネル展示と、長岡京おもてなし武将隊の黒髪伝説の話が上演されました。 9月29・30日 福井あすわ歴史道場さん主催の明智光秀シンポジュウムに住職も参加しました。 10月11日 本山にて二祖真教上人の大御遠忌があり、住職も午前・午後と布教しました。 10月28日 大津の平林氏より、新田義貞公の日本画が寄贈されました。 11月30日 5月に突風で壊れた山門の修理が終わりました。 新たな写真スポットになりました。 12月26日 地元新聞に大河ドラマで観光客が増えたことが紹介されました。 観光ボランティアによる団体客の誘導・歴史解説が始まりました。 12月28日 子どもさんの為に、日中の除夜の鐘の新聞社の取材がありました。 12月29日 明智光秀公の記念御朱印が始まりました。 デザインは十見 和さんです。 12月31日 夜間活動し難い方のため、2時からの除夜の鐘を実施し、夜の12時まで続きました。 28日・31日とも、小豆粥の接待をしました。 2020年 1月 雪もなく、正月の修正会を開催できました。 皆さんの幸せをお祈りしました。 1月6日 称念寺の鎌倉期~明治期までの古文書・絵図の約60点が坂井市の文化財に指定されました。 1月8日 NHK歴史ヒストリア(明智光秀)で称念寺が紹介されました。 1月~ 歴史図書・雑誌・新聞に明智光秀公関係の取材が多くなりました。 1月19日 NHK大河ドラマ(麒麟がくる)の放映が始まりました。 1月30日 称念寺おもてなし実行委員会が正式発会しました。 会長は瀬戸康次郎さんです。 2月9日 称念寺おもてなし実行委員会のボランティア研修が行われました。 たくさんの方が参加してくださいました。 4月5日 花祭り(仏さまの降誕会)を実施する予定です。 6月中旬 境内の菩提樹の花が満開で鑑賞会の予定です。 6月27日 新田公683年忌法要 記念講演会の予定です。 一口3000円です。 昨年は山門修理に使わせていただきました。 無料・有料のパンフレットが本堂前にあります。 無人小冊子の実費販売コーナーもあります。 分譲墓地は、現在も販売中です。 御朱印は、原則的に土・日・祭日の日中に限定にしています。 お詫び申し上げます。 680年忌法要の様子.

次の