推し が 武道館 行っ て くれ たら アニメ 無料。 推しが武道館いってくれたら死ぬ|ニコニコのアニメサイト:Nアニメ

推しが武道館行ってくれたら死ぬアニメ4話の無料動画方法とネタバレ

推し が 武道館 行っ て くれ たら アニメ 無料

バイト代の全てを貢ぎ、赤ジャージ着用でキンブレを振り続けるのは、全て推しの舞菜の尊さを全世界中に広めるため! しかし、当の舞菜はえりぴよに明らかな塩対応を繰り返していて…。 推しが武道館いってくれたら死ぬ キャスト えりぴよ:ファイルーズあい 市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 寺本優佳:和多田美咲 水守ゆめ莉:石原夏織 横田文:伊藤麻菜美 くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那 推しが武道館いってくれたら死ぬ 音楽 OPテーマ 「Clover wish」 歌:Cham Jam EDテーマ 「桃色片想い」 歌:えりぴよ CV:ファイルーズあい 推し武道館 アニメ 動画1話ストーリー性 面白そうな所は、女性のえりぴよが、女性アイドルを推している所です。 好きなアイドルを応援するためにバイト代をすべて貢いでいるのもえりぴよの舞菜に対する想いの強さを感じます。 面白いのは、熱いファンであるえりぴよになぜか塩対応の舞菜の対応です。 女性アイドルにとって同じ同性の応援は、嬉しいと思いますが、なぜ塩対応なのか知りたいです。 シャイな性格なのでえりぴよの応援は、嬉しいけれど素直に対応できないのかもしれませんね。 今後の展開で舞菜もアイドルとして積極的になってくると思うのでえりぴよに対する塩対応もかわりそうです。 このアニメの魅力的な所は、絵柄です。 きれいなタッチで描かれた登場人物達が、素敵です。 えりぴよもきれいでアイドルのメンバーにえりぴよが、いてもおかしくないぐらいです。 舞菜の所属するアイドルグループのメンバーが、良い子達ばかりでどのメンバーも応援したくなります。 注目は、アイドルをテーマにしたアニメなのでキャラクターソングが、用意されている所です。 アニメを観ながらえりぴよのように推しのメンバーを応援できるのも面白いです。 このアニメの面白そうな所は、えりぴよが、舞菜を熱く応援する所だと思います。 ジャージを着て伝説の女と呼ばれるまでになったえりぴよの応援を楽しみにしています。 推し武道館 アニメ 動画1話みどころ これ、滅茶苦茶面白そうです。 地下アイドルを応援する追っかけが、女の子なんて面白い設定です。 その上キャラクターのデザインもみんな可愛いし、ギャグアニメみたいな作品みたいな所もあるみたいですけど、結構リアルな設定になって居るところも良いですね。 アイドルオタクと言うと、どうしても太ってて、瓶底メガネの男性のイメージですけど、主人公が女性なので、アイドルオタクでない人でも取っ付き安い設定だと思います。 また、主人公のえりぴよのピュアなファン心理には、オタクで無くても、アイドルが好きで無くても、キュンと来ると思います。 これが、女子同士の恋愛アニメならちょっとって思ってしまいますが、ファンの心理なら、何となく理解出来てしまう様な気がするのも不思議ですね。 一方、応援される側の、まいなちゃんも地下アイドルのリアルな奮闘や、焦燥感みたいな物もそこはかとなく感じられるのかなと思います。 二人が、出会い、惹かれ合い、一生懸命に互いを思い会う姿がアニメで見ることが出来るのが、非常に楽しみでさ。 この作品を通じて、女性のアイドルオタクが増えたりしたら、良いなあと思います。 アイドルオタクのイメージアップに繋がる作品になって欲しいですね。 推し武道館 アニメ 動画1話感想やネタバレ 登場人物のえり えりぴよ がアイドルの市川舞菜 舞菜 の古今で言うところのガチ勢なところが注目です。 収入のすべてを注ぎ込むえりぴよと、推されても緊張で上手く喜べず塩対応になってしまう舞菜のもどかしい関係も見どころですね。 「推しが武道館に行ってくれたら死んでもいい」と言い切ってしまう主人公と塩対応をするアイドルというのはリアルでありがちですが、アニメとしては初めての取り合わせになります。 地下アイドルがテーマの作品は近年の流行ですが、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』ではどのようなストーリーを組み上げていくかがポイントですね。 AKBなどのアイドルグループには一人で何十枚ものCDを購入して大量の投票をするオタクが居ますが、そういったオタクがえりぴよです。 えりぴよが握手会の5秒間で口早に愛を叫ぶほどのオタクっぷりは必見です。 女性オタクが女性アイドルを応援するというのも近年流行している百合を意識したストーリーです。 女性が女性を推すというのも珍しい組み合わせですが、何より主人公が塩対応をされる点で一味違った百合を堪能できます。 エンディングテーマは松浦亜弥の『桃色片思い』のカバーです。 作中歌に懐メロを起用する点でも珍しい作品ではないでしょうか。 個人的にはアニメと言えば「ドラゴンボール」や「ハンターハンター」、「ワンピース」しか思い当たりまぜん。 ぶっちゃけ少女アニメには全くの素人ですが、それが逆にこのアニメに好奇心が湧きます。 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」という意味は何なんでしょうか? 推しメンが武道館でコンサートできるまで人気が出たら、人生悔いなしで死んでもいいという意味なのか、推しメンが人気者になって、自分の手の届かないところに行ってしまう恐怖感を表した意味なのか?正直わかりませんが、逆にそれが自分が全く知らない世界だからこそ、興味が湧きます。 ちょっと少女アニメ系には嫌悪感があるのですが、食べず嫌いという言葉もあるように、いざ見て見たら、自分の新しい境地が開いて、めちゃはまってしまうかもしれませんね! アニメ素人の私。 せっかく新しい年を迎えたのですから、何か新しいことをして、視野を広めたいと思っています。 そこで、このアニメなんかいいんじゃないかと思って見ようと決めました。 特に、アイドルオタクの日常や行動が気になります。 周りにオタクと呼ばれる人もいないので尚更です。 今年は少女アニメデビュー、オタクと呼ばれる人との交流をスタートさせて、自分の視野を広げていきたいです。 まとめ 舞菜ちゃんを強烈に推して応援するオタクのえりぴよが一生懸命でかわいいアニメだなーと思います。 アイドルはオタクが応援してくれるから成り立つし、オタクはアイドルから元気をもらって生きているということがよくわかるアニメで面白いです。 舞菜ちゃんが売れて、武道館にいけるかどうかは、まだわかりませんが、これだけ熱心に応援してくれるえりぴよのために頑張ってほしいなーと思います。 舞菜ちゃんもかわいいし、オタクのえりぴよも美人で素敵だなーと思います。 オタクパワー炸裂で盛り上がりそうです。 アイドルに大金をつぎ込むのは本気でそのアイドルが好きだからなんだなーと思います。 その情熱に心打たれそうです。 アイドルとオタクの関係に感動できそうなアニメです。 エンディング曲の「桃色片思い」も大好きな曲なので元気が出ます。 やっぱりテンポのいいかわいい曲ってよいですね。 あややを想い出します。 私もえりぴよと一緒に舞菜ちゃんを応援していきたいと思います。 舞菜ちゃんが武道館にいってくれるとよいなーと思います。 かわいい歌などもたくさん出てきそうだし、アイドルの活動やオタクの活動も詳しくわかりそうだから、興味が沸きます。 アイドルの世界とオタクの世界を楽しんでみたいと思います。 日本のアニメの誇れる点は、大きく2点あると思います。 まず一点目は、細かいところまで丁寧に画かれている絵です。 背景にいたるまで、手を抜くことなく描かれています。 適当に省略している感じがしないので、見ていて雑さが気にならずアニメの世界に没頭することができるのです。 また、小さな子供のアニメで簡略化されている世界観のものでも、統一感をしっかりと持たせているので、雑さが気になることはありません。 また、人物も丁寧に描かれていて、表情もとても豊かです。 また、ファッションなどもとても魅力的に画かれていると思います。 そのことで、登場人物に感情移入しやすくなるのです。 2点目は、登場人物のキャラクターが丁寧に描かれているという点です。 ヒーローものでは、主人公が正義で敵役が悪ということになりますが、日本のアニメはこれだけを単純に描いているのではありません。 登場する様々な人物それぞれのストーリーがしっかりとあり、そちらもとても丁寧に描かれています。 なので、見ている方が主人公だけ好きになるのではなく、その他の様々なキャラクターに感情移入し、好きにさせられてしまうのです。 そのため、飽きずにアニメの世界に没頭することができると思います。 この2点が特に日本のアニメで誇れる点だと思います。

次の

推しが武道館いってくれたら死ぬ|全話アニメ動画まとめ

推し が 武道館 行っ て くれ たら アニメ 無料

Episode4「ぼくの全てが君だった」 中学生の頃、たった一人の誰かをずっと特別に思うことなんかないと思っていた空音。 しかし、『ChamJam』メンバーになってからの日々は空音の気持ちをゆっくりと確実に変えていった。 れおを尊敬し、れおがセンターでい続けることを願う空音だったが、アイドルとして致命的な事件が起きてしまう…。 推しが武道館いってくれたら死ぬ キャスト えりぴよ:ファイルーズあい 市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 寺本優佳:和多田美咲 水守ゆめ莉:石原夏織 横田文:伊藤麻菜美 くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那 推しが武道館いってくれたら死ぬ アニメ 動画4話ストーリー性 原作は漫画で、内容は岡山県が舞台でとある女性地下アイドルグループの活躍と、そのグループを応援するファンたちの様子を描いたコメディ作品で、アイドルをメインで活躍させる漫画はあると思いますが、そのファンのことを描いているのは面白いなと思いました。 主人公のえりはフリーターをしていて7人組地下アイドルグループChamJamの人気最下位メンバー舞菜の熱狂的ファンで自他ともに認める舞菜トップオタという自分で認めるだけでなく周りからも言われるってよっぽどだと思うのでどういう感じになっているのかアニメで見るのが楽しみだと思いました。 舞菜のほうは不器用というキャラで、押しが強いえりとは上手く会話が成立しないく塩対応と思われるそうです。 お互い想い合っているがすれ違うという様子を軸に話が進んで行くそうで、アイドルとファンの様々な様子が描かれているそうで、内容的に斬新なので見るのが楽しみです。 今までの漫画やアニメだと、アイドル側が主軸になって話が進む内容か、ファン側の人間がアイドルを追いかけて行くっていうどちらかの側をメインにして話が進んで行く内容が多いと思うのでその両方のアイドルとファンの交流を描くという発想がすごいと思います。 タイトルにインパクトがありますよね。 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」って、どういうことかしらと思っていたら、それくらいの志しで、熱狂的にアイドルグループの推しメンバーを応援しているオタクの物語だったんですね。 この作品のようにマイナーな地下アイドルを全力で応援しているオタクの人って、たくさんいるんですよね。 そんな人たちに共感を呼びそうなお話です。 岡山で活動する地下アイドルグループの「Cham Jam」。 伝説の女「えりぴよ」は、高校時代の赤いジャージに身を包み、推しの「市井舞菜」を全力で応援します。 その応援ぶりはなかなか見ものです。 収入のすべてを彼女のために費やすという力の入れようです。 スゴいですよね。 フツウの人はちょっとそこまではできません。 さすが伝説のオタクです。 「えりぴよ」のためにも、「市井舞菜」には頑張って欲しいです。 アイドルグループって、仲間イコールライバルなので大変ですよね。 グループの誰もがトップアイドルを目指して頑張る一人ひとりのエネルギーや、それを支えるオタクの人たちのパワーに圧倒されますが、こちらも元気をもらえそうです。 内気でシャイな舞菜が、ガールズフェスタでランウェイを歩けるのでしょうか。 楽しみです。 推しが武道館いってくれたら死ぬ アニメ 動画4話みどころ TBS系列で放送されるテレビアニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』。 とある地下アイドルグループと、それを熱烈に応援するファンであるアイドルオタクのコミカルなストーリーの漫画のアニメ化作品です。 この作品の面白いところは、まず舞台が岡山県であるところ。 AKB48の活動以来、全国的なアイドルブームとなり、とりわけ東京や大阪のような都会だけでなく、地方で活動するアイドルにも注目が集まるようになったと思います。 こういったローカルアイドルは、大手メディアへの露出が少ないだけに全国的な人気を獲得するのは難しいと思いますが、代わりに地元に密着した活動を展開することで、地域のコアなファンを獲得できる傾向があるように思いますね。 この『推しが武道館いってくれたら死ぬ』も、売れっ子とは言えないアイドル『ChamJam』のメンバー・舞菜と、それを強烈に推す女性アイドルオタク・えりぴよの、不器用すぎる交流を描いた作品です。 全国的に人気の高いアイドルだと、ファンの数も膨大で、これだけ距離感の近い交流は不可能でしょうね。 また同性同士ということで、異性だとどうしても立ちはだかってしまういろんな壁がないところも、交流を深めやすい点ではないでしょうか。 舞菜とえりぴよの、実は両想いなのに、誤解し合っている不器用な交流を温かく見守りたいと思います。 推しが武道館いってくれたら死ぬ アニメ 動画4話感想やネタバレ 「推しが武道館いってくれたら死ぬ! 」いや!本当にいいタイトルですよね。 オタクがアイドルにかける、熱い気持ちがガンガン伝わって来ます。 まだまだ地下アイドルで日の目を見ない、自分一人だけのアイドルが、もし武道館でライブができるくらいに成長してくれたら、そして国民的なアイドルになってくれたのであれば、もうこの世に思い残すことはなく死んでもいい!こんな気持ち。 なんてピュアな気持ちなんでしょう。 どんどんグループがメジャーになっていくのと同時に、自分の手元からいなくなってしまうという一抹の寂しさがあったりして。 いや、「彼女のためにそんなこと考えてはダメだ!」と自分の感情を押さえようとするのですが、それでもやはり寂しさが募る訳です。 「死ぬ!」の中には「うれし過ぎて死んでもいい!」という感情とは別に「推しとの距離がこんなに離れてしまったのなら死んでしまいたい」という「さみしくて死ぬ」というポジティブとネガティブの二つの「死ぬ」が込められていると思うのです。 そんな揺れ動くオタクたちの純粋でピュアな心を読み取りながらアニメを見ていると、また違った楽しみ方ができるのでは無いかと思うのですね。 いやー、青春っていいですよ! まとめ 推しが武道館いってくれたら死ぬは面白そうで見たかったのですがまた見るのを忘れてしまいました。 しかしオンエアされると凄い反響があったようですね。 何が凄いかというと、テーマ曲になっている松浦亜弥さんの桃色片想いがカバーされていて、あややに再び注目が集まっているようです。 カバーしているのは主人公のえりぴよを演じるファイクルーズあいさんです。 この方は2019年のアニメ、ダンベル何キロ持てる?でも活躍されていた可愛い声の持ち主です。 今人気の声優さんがカバーしてくれて、あややの曲を知らない世代にも聴いてもらえるのは嬉しいですね。 えりぴよは推しの舞菜に塩対応ばかりされているにも関わらず、それでも推し続けていることに本当の愛を感じます。 でもそれは舞菜が本当にえりぴよが嫌いで塩対応をしているわけではないということをわかっているからなんですよね。 だから塩対応をされるとますます応援してあげたくなるのでしょう。 3話ではえりぴよの他にも舞菜ファンを名乗る人が出てくるようなのですが、少しずつファンが増えてくれたら舞菜を武道館のステージに立たせてあげたいという夢を叶えるのは遠くない話かも知れないですね。 アイドルオタクなら共感しながら見られる作品です。 なんと全部手書きなのです。 現在のアニメにおいてこのクォリティーは信じられません。 スタッフの本気度が視聴者に伝わる名シーンでした。 OPもEDもハイクオリティな絵柄で十分な及第点、音楽もよくて視聴継続は1話で決定しました。 ドルオタ(アイドルオタクの略称)向けのアニメと思いきや百合アニメという意外性も驚きでした。 まあ、少し穿った見方をすればアニメオタクをアイドルオタクに置き換えて、しかも女体化願望を果たすアニメともいえますが、そこまで僻んだ見方をしなくても良いかと思います。 純粋にアイドル好きな女子と女性アイドルの淡い恋愛アニメと思っています。 1話目はどのアニメも共通の世界観と登場人物の紹介と言ってよい内容でしたが、少なくとも尖ったキャラは見当たらないようでした。 「ドルオタ、かつ、百合」というきわどい内容であるにもかかわらず、案外穏健そうなストーリーです。 私としては、きわどい内容から奇をてらったキャラという昨今のアニメが嫌いなのでこの点も評価高しといったところでしょうか。 ただ気になるのが主人公えりぴよと他の男性オタクたちとの関係です。 彼らの間に変な恋愛模様などをいれないでほしいです。 一気に生臭くなるからです。 この点に気を付けて本作を見ていけたらと思います。

次の

推しが武道館いってくれたら死ぬ(アニメ)無料動画全話(1話~最終回)をフル視聴|見逃し配信サイト一覧

推し が 武道館 行っ て くれ たら アニメ 無料

それが 動画配信サービスの無料期間を利用する方法です。 Anitube等にアクセスできなくなった今、 全話高画質高音質で安心安全に視聴するには絶対に公式な動画配信サービスがお勧めですよ。 そこで、この 動画配信サービスの無料期間を利用すれば、 全話動画を無料視聴することができるんです。 ということで管理人が特に優秀だと思う「推しが武道館いってくれたら死ぬ」が配信されているサービスを紹介します。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 バイト代の全てを貢ぎ、赤ジャージ着用でキンブレを振り続けるのは、全て推しの舞菜の尊さを全世界中に広めるため!しかし、当の舞菜はえりぴよに明らかな塩対応を繰り返していて…。 感想 運動会での眞妃のパンを加えてジャンプするあの姿ヤバすぎません!?あれは本当に色気やばいです笑というかメンバーの中で百合が発生してるんですかね? 5話「わたしは待つことしかできない」 連日の人気投票イベントに張り切りながらも、疲労の色を隠せなくなってきているオタクたち。 中でも、足を骨折しバイトもできないえりぴよは、舞菜のために積むこともできず、自分の存在意義を見失いそうになっていた。 そんな時、くまさに誘われメイドカフェに行ったえりぴよが出会ったのは…。 6話「ぼくの全てが君だった」 中学生の頃、たった一人の誰かをずっと特別に思うことなんかないと思っていた空音。 しかし、『ChamJam』メンバーになってからの日々は空音の気持ちをゆっくりと確実に変えていった。 感想 えりぴよと舞菜の勘違いはもうアンジャッシュですよね笑舞菜も言葉にちゃんとしないから変なふうになってしまうんですねw 9話「それぞれの夜」 年が明け、本番を直前に控えた烏野高校排球部は、試合に向けて気持ちを昂らせていた。 そしてついに、悲願のオレンジコートの戦い、春の高校バレー全国大会が開幕を迎える!! 10話「推しは友達じゃないから」 あやがバイトしているメイドカフェで、勝手に舞菜の誕生日を祝うえりぴよとくまさ。 そこに、偶然、短期バイトをしていた舞菜が登場。 やましい気持ちいっぱいでパニックになるえりぴよ。 お休みの日にまでえりぴよに会えて幸せな気持ちの舞菜。 そんなハプニングの後、誰から移されたのかえりぴよは風邪になってしまい…。 11話「いちばん、身近にある奇跡」 岡山アイドルの登竜門である「せとうちアイドルフェスティバル」への出演が決定した『ChamJam』。 しかし、運営の発表が遅いため、事前に情報を得ていたえりぴよたちは微妙な反応を返してしまう。 そんなファンたちを見て焦りを感じるメンバーだったが、れおに前向きな言葉をかけられてフェスへと思いを一つにし始める。 そんな中、舞菜の気持ちは一人揺れていて…。 12話「推しが武道館いってくれたら」 いよいよ迎えたせとうちアイドルフェスティバル。 えりぴよと舞菜はそれぞれの決意を胸に会場入りをする。 いつか『武道館』に立ちたい!いつか『武道館』に立っている推しを見たい!それぞれの想いが重なり合った時、そこに生まれるものとは…。 えりぴよが身を包むのは高校時代の赤ジャージ。 えりぴよが振り回すのはサーモンピンクのキンブレ。 えりぴよが推すのは舞菜ただ一人。 収入の全てを推しに貢ぎ、24時間推しのことを想い、声の限りを尽くして推しの名前を叫ぶその姿はオタク仲間の間で伝説と呼ばれ、誰もが一目置く存在となっていた。 『いつか舞菜が武道館のステージに立ってくれたなら…死んでもいい!』そう断言する伝説の女・えりぴよのドルオタ活動は、アイドルもオタクも巻き込んで今日も続く…! 引用: 原作は現在も「月刊COMICリュウ」にて連載中で、2015年8月号より続いています。 作者は 平尾アウリさんで、「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の舞台でもある 岡山県倉敷市出身です。 平尾アウリさんは 13歳で漫画家としてデビューした早熟の天才タイプの漫画家で、もちろん今も第一線で活躍しています。 本作でも多く登場するように 女性キャラクターを魅力的に、可愛く描ける漫画家です。 偶然に見たChamJamのライブで市井舞菜を知り、それ以降は熱狂的な市井舞菜のファンとなる。 えりは熱狂的なファンであるが、グループ内では最も人気がない。 えりとは親しくなりたいようだが、立場上難しく、えりに対して塩対応になってしまっている。 最年長であるためにChamJamではリーダーを務めている。 ChamJamに加入する以前は、違うアイドルグループに所属していた。 ファンレターをくれたファンにすぐに気づくなどファン思いである。 テニス部に所属しているということで、彼氏の存在を疑われありしたこともあった。 チーム内では年齢こそ高くないが、その大人びた容姿からお姉さんキャラである。 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の監督を務めたのは 山本裕介さんです。 俳優の方ではありませんよ、あっちは山本裕典ですからね! 山本裕介さんは「ガンダム」シリーズなどを制作している会社 サンライズで制作進行をしていました。 その後に 「ケロロ軍曹」では初代監督を務めるという輝かしい実績を持っています。 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の予告映像・主題歌OPED まずは「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の予告映像をご覧ください! いかがでしょうか、 登場するキャラクターの可愛らしさに興味を惹かれたことでしょう! 本作の魅力は何と言っても 登場するアイドルたちの可憐さに尽きますよね! ストーリーもも コメディを基本タッチとしているので気軽に観れます。 まとめ ここまで「推しが武道館いってくれたら死ぬ」についてご紹介してきました。 アイドルを主人公にではなく ファンを主人公にした一風変わったアニメになっています。 主人公の 熱烈なアイドルへの愛情に心を揺さぶられると思います。 コメディでありながらほろっと泣ける部分があるのも本作の魅力であります。 ぜひご覧になってください。

次の