プリーツ マスク の 作り方 簡単。 簡単すっきり!プリーツマスクの作り方|作り方と型紙 OHARICO

【商用可能無料型紙】プリーツマスク【4サイズ展開しました】

プリーツ マスク の 作り方 簡単

立体のガーゼマスクの作り方・型紙 ツイッターで 立体の ガーゼマスクの作り方やPDFの 型紙を配布 無料での再配布OK! してくださっている素晴らしい方がいます! ダブルガーゼや リネン、 コットン、 マスクゴム、 市販のワイヤー入り紙マスクのワイヤーがあれば、 自宅で簡単に20分~で出来るそうですよ。 品切れのお店をハシゴするより、自分でササッと作った方が絶対にコスパが良いと思います。 この作り方なら、30回ほど使用しても、まだまだ使えるという事ですので。 この方のこのツイート、ベストツイートにも選ばれてます。 ぜひ、作ってみてはいかがですか!? マスクが品薄で花粉症などの人は大変かと思います。 そこで、立体布マスクの型紙は印刷しての再配布をOKにしました。 困っているお友達に配ったり、ガーゼ売り場に置いたり自由に配布してください。 それは、ある程度、抑えておきたいところです。 そこで私も2つのマスクの違いについて調べてみました。 市販の紙マスクの効果 不織布 紙 の方が風邪やウイルス対策ではウイルスカットのフィルターが入っているので、そういう面では優れています。 きちんと装着すれば、 病原体を口や鼻から吸い込むことを防いでくれるからです。 ウイルス99%カットなどと書かれていますね! 市販の紙マスクの欠点 しかし、実際に不織布マスクを人が顔に付けると マスクと肌の間に隙間ができ、そこからウイルスや花粉が入って来てしまうという弱点もあります。 また、不織布のマスクは化学製品で作られているので、逆に アレルギー反応を起こしてしまう人もいるのです。 また、あのガサッとした肌触りが苦手という方もいますよね 特に子供 ガーゼマスクの効果 ガーゼで出来た布マスクの効果は、市販の不織布よりも 保湿性や吸湿性に優れていて、のどが潤いやすく乾燥を防げるというところが良い点です。 口や鼻の湿度や温度を保ち、 粘膜の免疫を維持してくれるという効果があります。 では、ガーゼマスクと不織布マスクの良いところを持ったマスクって無いのかな?と思ったあなたに良いお知らせがあります。 そこで、両者の良い所を持ったマスクを見つけました!! スポンサーリンク 今治産ガーゼと高機能フィルターでしっかりガード! 今治産ガーゼのマスクと高機能フィルターのセットを見つけました! N95対応の高機能フィルター「ピットフィルター」をマスクに付いているポケットに差し込み交換できます。 「ピットフィルター」は空気中の目に見えない飛沫ウィルス・PM2. バイ菌・花粉の侵入もしっかりガードします。 今治産ガーゼを使った手作りマスクで、軽く通気性にも優れており、デリケートなお肌の方でも快適にお使いできますね。 フィルターは1日1回の水洗いで、7回まで洗って使用可能。 (1枚につき1週間分) 微粒子対応N95対応フィルター3枚付 マスクダブルガーゼ 大人用【送料無料 クリックポスト 代引不可 お一人様3個まで】2,750円 税込 気になったら要チェック! 只今、子供用のみ販売しています。

次の

アベノマスクを簡単リメイク!プリーツマスクの作り方

プリーツ マスク の 作り方 簡単

<材料>• 着なくなったTシャツ• ノーズワイヤー• 針・糸 <作り方> 1.Tシャツヤーンを作っておきます。 3.横長に折ってアイロンをかけます。 4.口が開いている側をなみ縫いします。 5.裏返して、縫った側を下にしてアイロンをかけます。 6.右側から2cmと4cmのところに線を引きます。 7.4cmのところから18cmのところに線を引きます。 8.左端を4cmの線に合わせて折ります。 9.左端から9cmのところに線を引きます。 10.ワイヤーを取り付けます。 内側にワイヤーを入れて真ん中に合わせます。 11.ワイヤーの周りにまち針を刺して、周りを縫います。 12.左端から1. 5cmのところに線を引きます。 13.下部分を1. 5cmの線を引いたところまで縫い合わせます。 14.右側の線を引いた部分を2回折ります。 15.裏返して両サイドから1. 5cmのところに線を引きます。 16.まち針で留めて線を引いた部分を縫います。 17.両サイドにひもを通して結びます。 作り方の流れを簡単に書きました。 詳しくは動画をご覧ください。 <材料> マスク用布(綿) マスク用ゴム <作り方> 1.マスクの表地サイズは横16cm幅21cm、裏地サイズは横16cm幅20. 5cm、ゴムを通す用布横5cm高さ12cmを2枚切ります。 2.マスク用ゴムを25~30cm2本を切ります。 3.表生地の上1cmを折ってアイロンをかけます。 さらに1cm折ります。 4.ワイヤーを入れる部分を縫います。 5.プリーツを作るラインを引きます。 6.ラインを引いた部分をジャバラ折りしてアイロンをかけます。 7.プリーツができたら、動かないようにまち針で留めます。 8.端から0. 5cm内側を縫います。 9.裏地も1cm、1cmの三つ折りにしてアイロンをかけます。 10.折った部分の下を縫います。 11.裏地もジャバラ折をしてアイロンをかけます。 12.プリーツが取れないようにまち針で留めます。 13.端を縫います。 14.表地と裏地の下を合わせてまち針で留めます。 15.下から1cm内側を縫います。 16.縫った部分を開いてアイロンをかけます。 17.表側にして2枚の周りを縫います。 18.ゴムを通す用の生地の両サイドを1cm折ってアイロンをかけます。 19.ゴム用生地の端とマスク本体の端を合わせて留めます。 20.折れ線の上をミシンで縫っていきます。 21.反対側もミシンで縫います。 22.ゴムを通します。 作り方の流れを簡単に書きました。 詳しくは動画をご覧ください。 <材料> マスク用布(ガーゼなど) マスク用ゴム <作り方> 1.立体マスクの型紙がない方はできます。 2.ゴムを入れる部分を繋げて2枚裁断します。 3.フィルターポケットはゴム通し部分から2cm短くします。 5cmの生地を3枚作ります。 5.マスク本体2枚を重ねて両サイドを返し縫い(なみ縫い)します。 6.フィルターのポケット部分を重ねてカーブ部分を縫います。 7.マスク本体とポケットの縫い代に切り込みを入れます。 8.縫い代を開いてアイロンをかけます。 9.ポケット部分の両端を5mmの三つ折りでアイロンをかけます。 10.三つ折りした部分を縫います。 11.マスク本体の両端1. 5cmに印をつけます。 12.上の部分の縫い代を折って印をつけた1. 5cm1. 5cmの3cmを縫います。 13.同じように4カ所縫います。 14.マスクの真ん中の縫い代に1. 5cmで切ったテープ状の布を合わせます。 15.真ん中から7mmくらいのところを表から縫います。 余った生地は切ります。 16.同じように3カ所縫います。 17.マスク本体とフィルターポケットを合わせて上下を留めます。 18.マスク本体を裏返して、まち針で留めます。 19.両端2cmを残して上下を縫います。 20.返し口から表に返します。 21.端の縫い代を内側に入れてアイロンをかけます。 22.両端から1. 5cmの線を引いたところから1周まわりを縫います。 23.マスク用ゴムを通します。 作り方の流れを簡単に書きました。 詳しくは動画をご覧ください。

次の

マスクカバーの作り方!プリーツ付きで簡単にできる作り方は?

プリーツ マスク の 作り方 簡単

ノーズワイヤーの長さを測って、マスクの中心にセットします。 セットしたワイヤーから 約5 mm 外側にチャコペンで印を付けて、印の上を2〜3回縫っていきます。 上部(鼻側)を縫いポケット口を作る(ポケットありマスクの場合) ポケット口を作っていきますが、ポケットなしのマスクも作り方は同じなので、共通部分から進めていきます。 ノーズワイヤーを入れた方を下にして、生地を半分に折ります。 ノーズワイヤーを入れた側がマスクの表布になるので、裏布が表布からはみ出さないように、 少しだけ表布を長くしてクリップかまち針で固定して下さい。 上下を縫っていきますが、 まずは上 鼻側 から縫っていきます。 ノーズワイヤーの上を縫わないように、ノーズワイヤーを下にズラして位置を確認しながら縫っていきます。 上 鼻側 が縫えたら、下 あご側 も縫っていきます。 下部のあご側 は端から端まで縫って下さい。 プリーツを作る マスクの縦の長さは約 15cm になっていると思います。 中心の 7. 5cm の部分から上下、左右均等に印を付けます。 画像を参考に 【2. 5㎝】【3. 5㎝】【5. 5 ㎝】【6. 5㎝】【8. 5㎝】【9. 5cm】【11. 5cm】【12. 5cm】 のところにチャコペンで印を付けます。 【谷折り】 【山折り】 を書いていますが、分かりにくいところなので、紙で作ったりプリーツ画像も参考にしてみて下さい。 裏からみるとこんな感じです。 印をつけたところに 5mm の切れ目を入れます。 切れ目を入れることでプリーツが作りやすくなります。 プリーツを作るときにピンセットがあると作りやすいので、写真に載せていますが、持っていない方は不要です。 プリーツを作ってズレないようにしっかり固定します。 ひっくり返すと、プリーツはこのようになっています。 このままだとすぐにプリーツが乱れてしまうので、裏面のプリーツを確認しながら、 プリーツの端っこを仮縫いしておきましょう! マスクの通し口を作る 最後にマスクゴムの通し口を縫っていきます。 さて、工程に戻ります! マスクをみていただくと、 中布があるところは少し厚めの 4 重ガーゼになっています。 まずは 2 重と 4 重の境目まで 1 回折ります。 このときにプリーツが開かないように、 しっかりプリーツを整えながら折るのがポイントです! もう一度同じ幅で折ります。 ここもプリーツが乱れないように整えながら折り曲げて下さい。 プリーツを整えて固定します。 裏面を上にして、最後に折ったところの端っこギリギリを縫います。 ここが一番難しい!厚みがあって縫いにくいんです …。 プリーツが乱れないように気をつけながら、ゆっくり慎重にギリギリを縫いましょう! 左右縫って、ゴム通し口の完成です。 無事マスクゴムが解けた方はマスクゴムを通しましょう。 本当は紐通しを使いますが、近くに見当たらず、ヘアピンで代用しました。 ちゃんとした紐通しはこんな感じです。 JASMINE 普段は平凡な看護師さん。 旅好き・グルメ好き・ハンドメイド好き。 巡った国は45カ国、国内44都道府県。 ひょんなことからタイに住むことになり、バンコクで2年過ごす。 夢だった看護留学が諦めきれず1年間オーストラリアへ看護留学。

次の