君 の 膵臓 を たべ たい 感想 文。 【読書感想文】君の膵臓を食べたい

映画感想「君の膵臓をたべたい」で最後まで好きと言わなかった理由 ※ネタバレあり

君 の 膵臓 を たべ たい 感想 文

Contents• 映画「君の膵臓をたべたい」のネタバレ感想と解説! 原作ファンにとって「実写化」は諸刃の剣。 「なんだか変な感じにされちゃったらどうしよう?」という不安がつきものです。 かくいう私も実写化に対しては毎度「大丈夫かな?」と心配になってしまいます。 しかし! 映画「君の膵臓をたべたい」には、そんな心配は必要ありませんでした! 映画オリジナルの設定も原作ストーリーと違和感なく融合していましたし、全体的な雰囲気は小説「君の膵臓をたべたい」そのもの! 映像がとてもキレイだったのが印象的でした。 で、結局、何が言いたいのかというと要点は次の通り。 予想を大きく上回る面白さ!• 原作ファンも納得のクオリティ!• 観に行って損はない一本 正直、おススメです! 映画のあらすじと原作との違い 実は映画「君の膵臓をたべたい」と原作小説とでは、全体的な構成に大きな違いがあります。 それは回想(映画)か現在進行形(小説)かという違い。 原作では「今、目の前で起こっていること」として物語が紡がれていくのですが、映画では「12年後の今」を基準として過去を回想するという形で物語が進んでいきます。 この「12年後の今」という設定は 映画オリジナルのもので、原作では全く描かれていない部分ですね。 映画「君の膵臓をたべたい」にとっての「今」は小説版から12年後の世界であり、主人公 (=僕=志賀)は高校教師に、恭子は結婚を間近に控えた花屋さんになっています。 今の教え子に桜良との思い出を語っていくうちに、主人公は亡き桜良が残した手紙を発見します。 それを見た主人公は、桜良が他界してから接点を持っていなかった恭子の結婚式に駆け付け、恭子宛の手紙を渡します。 そして生前の桜良と練習した言葉「僕と友達になってください」を、12年越しに恭子へと言うのです。 恭子の返事は泣き声まじりの「はい」 自分がいなくなった後は、大事な親友 (恭子)と仲良しくん (主人公)に友達になってほしい、という桜良の願いが12年の時を超えて叶ったのでした。 そして主人公は回想や桜良からの手紙を通じて「教師であり続けること」を決意。 かつての自分と桜良の関係に似た生徒たちを微笑ましく見つめながら、前向きな気持ちを取り戻すのでした。 原作との比較 回想か現在進行形かという違いはあるものの、基本的に映画「君の膵臓をたべたい」は原作のストーリーを丁寧になぞっています。 ただ、結末だけは大きく違いました。 桜良が亡くなった後の展開です。 ちょっと比較してみましょう。 原作 桜良がこの世を去った後、主人公は恭子に共病文庫を見せる。 そこには桜良から恭子に向けたメッセージが残されていた。 だが、恭子は病気のことを黙っていた主人公のことを許さない。 1年後、恭子と主人公は桜良が望んだような友達になっていた。 個人的には原作の展開が大好きだったので 「12年も恭子のこと放っておいたの!?」と思わなくもなかったのですが、映画版の結末もそれはそれで素敵だったので文句はありません。 ちなみに、恭子 (北川景子)の旦那さんとなる新郎 (上地雄輔)の正体は、原作でも「ガム食べる?」でお馴染みだったサブキャラのクラスメイト。 ほんのり主人公の友達っぽい位置ではあったものの、ちょい役なキャラクターだったので、映画では大出世したことになりますね(笑) 「君の膵臓をたべたい」を改めて解釈する 以前にも小説版の感想を書いたのですが、改めて「君の膵臓をたべたい」という物語について考えてみたいと思います。 桜良と僕(主人公)の関係 「君の膵臓をたべたい」は恋愛物語ではないと個人的には思っています。 主人公や桜良にとって、相手への恋愛感情がゼロだったかと聞かれれば、多少はその気持ちもあったかもしれません。 しかし、2人にとっての本音は 「僕(私)は、キミになりたい」という部分にこそあったのではないでしょうか。 ずっと一人で本ばかり読んでいて友達もいなかった主人公は、誰とでも仲良くなり、認め合い、愛し合える桜良のことが羨ましい。 一方で、桜良も実は他人に影響されず独自の世界を持っている主人公のことを尊敬している。 2人はお互いに、お互いの存在を眩しく思っている。 その感情は、きっと 恋愛感情の「好き」というより、尊敬や憧れに近いものだったのではないでしょうか。 だから、この作品のタイトルは 「 (君が好きだから)君の膵臓をたべたい」 ではなくて 「 (君になりたいから)君の膵臓をたべたい」 だったのだと思います。 それは、同物同治 (悪い部分と同じ部分を食べれば身体が良くなる)の考え方というより、最大限の敬意を込めた言葉。 それは、ある意味「おたがいに大好き」よりも、遥かに尊く貴重な関係性だったのではないでしょうか。 だからこそ、桜良を失った主人公の悲しみは想像に絶するものであり、読み手 (観る側)としても涙を流さずにはいられないのだと思います。 体感で言えば「現在:回想」の比率は「2:8」くらいでしたからね。 で、その回想の僕と桜良を演じた北村匠海さんと浜辺美波さんなのですが…… めちゃくちゃイイ! 最初こそ「自分の中のイメージとはちょっと違うなあ…」と感じましたが、見ているうちにすっかりそんな違和感はなくなり、もう2人が「僕」と桜良にしか見えなくなっていきました。 同時に、物語が進むにつれてどんどん桜良は可愛くなっていくし、僕もカッコよくなっていくように感じられるんですよね……不思議。 きっとそれだけ2人の演技が素晴らしかったということなのでしょう。 また、当時この2人は10代であり、キャラクターの年齢にも近いんですよね。 その点も良かったのだと思います。 いや、ホント、特に浜辺美波さんの可愛さは必見ですよ! 現在の僕を演じられていた小栗旬さんも良かったですね。 結末の場面で「僕」らしく、つっかえながら恭子に「友達になってください」と精一杯伝える場面は感動的でした。 まとめ 映画「君の膵臓をたべたい」がついに公開! 映画のラストのセリフはタイトル「君の膵臓をたべたい」であり、「ラスト、このタイトルに涙する」のキャッチコピー通り泣かされてしまいました。 私は原作小説も読んでとても気に入っているのですが、この映画化は文句なしに大成功でしょう! 原作の雰囲気を残しつつ、映画オリジナル設定とうまく融合させている点もマル。 映像の美しさや音楽の入れ方もマル。 物語(脚本)にも、演出にも、そしてもちろんキャストにも大満足でした! クライマックスのシーンでは劇場中から鼻をすする音が聞こえてきたほどなので、きっと他のみなさんにとっても「泣ける感動作」だったんじゃないかな。 個人的には「僕」が亡き桜良の母に「もう、泣いてもいいですか…?」としぼりだすシーンが特に泣けました。 あと、ラストで桜良の本当の心情が明かされる場面も感動的でしたし……。 キャッチコピー通り「泣ける映画」であることは間違いありません。 なんだか、久しぶりに「いい邦画」を見られた気分です。 「最近、泣いてないなぁ」という方におすすめです。

次の

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」 感想・レビュー|映画の時間

君 の 膵臓 を たべ たい 感想 文

Contents• 映画「君の膵臓をたべたい」のネタバレ感想と解説! 原作ファンにとって「実写化」は諸刃の剣。 「なんだか変な感じにされちゃったらどうしよう?」という不安がつきものです。 かくいう私も実写化に対しては毎度「大丈夫かな?」と心配になってしまいます。 しかし! 映画「君の膵臓をたべたい」には、そんな心配は必要ありませんでした! 映画オリジナルの設定も原作ストーリーと違和感なく融合していましたし、全体的な雰囲気は小説「君の膵臓をたべたい」そのもの! 映像がとてもキレイだったのが印象的でした。 で、結局、何が言いたいのかというと要点は次の通り。 予想を大きく上回る面白さ!• 原作ファンも納得のクオリティ!• 観に行って損はない一本 正直、おススメです! 映画のあらすじと原作との違い 実は映画「君の膵臓をたべたい」と原作小説とでは、全体的な構成に大きな違いがあります。 それは回想(映画)か現在進行形(小説)かという違い。 原作では「今、目の前で起こっていること」として物語が紡がれていくのですが、映画では「12年後の今」を基準として過去を回想するという形で物語が進んでいきます。 この「12年後の今」という設定は 映画オリジナルのもので、原作では全く描かれていない部分ですね。 映画「君の膵臓をたべたい」にとっての「今」は小説版から12年後の世界であり、主人公 (=僕=志賀)は高校教師に、恭子は結婚を間近に控えた花屋さんになっています。 今の教え子に桜良との思い出を語っていくうちに、主人公は亡き桜良が残した手紙を発見します。 それを見た主人公は、桜良が他界してから接点を持っていなかった恭子の結婚式に駆け付け、恭子宛の手紙を渡します。 そして生前の桜良と練習した言葉「僕と友達になってください」を、12年越しに恭子へと言うのです。 恭子の返事は泣き声まじりの「はい」 自分がいなくなった後は、大事な親友 (恭子)と仲良しくん (主人公)に友達になってほしい、という桜良の願いが12年の時を超えて叶ったのでした。 そして主人公は回想や桜良からの手紙を通じて「教師であり続けること」を決意。 かつての自分と桜良の関係に似た生徒たちを微笑ましく見つめながら、前向きな気持ちを取り戻すのでした。 原作との比較 回想か現在進行形かという違いはあるものの、基本的に映画「君の膵臓をたべたい」は原作のストーリーを丁寧になぞっています。 ただ、結末だけは大きく違いました。 桜良が亡くなった後の展開です。 ちょっと比較してみましょう。 原作 桜良がこの世を去った後、主人公は恭子に共病文庫を見せる。 そこには桜良から恭子に向けたメッセージが残されていた。 だが、恭子は病気のことを黙っていた主人公のことを許さない。 1年後、恭子と主人公は桜良が望んだような友達になっていた。 個人的には原作の展開が大好きだったので 「12年も恭子のこと放っておいたの!?」と思わなくもなかったのですが、映画版の結末もそれはそれで素敵だったので文句はありません。 ちなみに、恭子 (北川景子)の旦那さんとなる新郎 (上地雄輔)の正体は、原作でも「ガム食べる?」でお馴染みだったサブキャラのクラスメイト。 ほんのり主人公の友達っぽい位置ではあったものの、ちょい役なキャラクターだったので、映画では大出世したことになりますね(笑) 「君の膵臓をたべたい」を改めて解釈する 以前にも小説版の感想を書いたのですが、改めて「君の膵臓をたべたい」という物語について考えてみたいと思います。 桜良と僕(主人公)の関係 「君の膵臓をたべたい」は恋愛物語ではないと個人的には思っています。 主人公や桜良にとって、相手への恋愛感情がゼロだったかと聞かれれば、多少はその気持ちもあったかもしれません。 しかし、2人にとっての本音は 「僕(私)は、キミになりたい」という部分にこそあったのではないでしょうか。 ずっと一人で本ばかり読んでいて友達もいなかった主人公は、誰とでも仲良くなり、認め合い、愛し合える桜良のことが羨ましい。 一方で、桜良も実は他人に影響されず独自の世界を持っている主人公のことを尊敬している。 2人はお互いに、お互いの存在を眩しく思っている。 その感情は、きっと 恋愛感情の「好き」というより、尊敬や憧れに近いものだったのではないでしょうか。 だから、この作品のタイトルは 「 (君が好きだから)君の膵臓をたべたい」 ではなくて 「 (君になりたいから)君の膵臓をたべたい」 だったのだと思います。 それは、同物同治 (悪い部分と同じ部分を食べれば身体が良くなる)の考え方というより、最大限の敬意を込めた言葉。 それは、ある意味「おたがいに大好き」よりも、遥かに尊く貴重な関係性だったのではないでしょうか。 だからこそ、桜良を失った主人公の悲しみは想像に絶するものであり、読み手 (観る側)としても涙を流さずにはいられないのだと思います。 体感で言えば「現在:回想」の比率は「2:8」くらいでしたからね。 で、その回想の僕と桜良を演じた北村匠海さんと浜辺美波さんなのですが…… めちゃくちゃイイ! 最初こそ「自分の中のイメージとはちょっと違うなあ…」と感じましたが、見ているうちにすっかりそんな違和感はなくなり、もう2人が「僕」と桜良にしか見えなくなっていきました。 同時に、物語が進むにつれてどんどん桜良は可愛くなっていくし、僕もカッコよくなっていくように感じられるんですよね……不思議。 きっとそれだけ2人の演技が素晴らしかったということなのでしょう。 また、当時この2人は10代であり、キャラクターの年齢にも近いんですよね。 その点も良かったのだと思います。 いや、ホント、特に浜辺美波さんの可愛さは必見ですよ! 現在の僕を演じられていた小栗旬さんも良かったですね。 結末の場面で「僕」らしく、つっかえながら恭子に「友達になってください」と精一杯伝える場面は感動的でした。 まとめ 映画「君の膵臓をたべたい」がついに公開! 映画のラストのセリフはタイトル「君の膵臓をたべたい」であり、「ラスト、このタイトルに涙する」のキャッチコピー通り泣かされてしまいました。 私は原作小説も読んでとても気に入っているのですが、この映画化は文句なしに大成功でしょう! 原作の雰囲気を残しつつ、映画オリジナル設定とうまく融合させている点もマル。 映像の美しさや音楽の入れ方もマル。 物語(脚本)にも、演出にも、そしてもちろんキャストにも大満足でした! クライマックスのシーンでは劇場中から鼻をすする音が聞こえてきたほどなので、きっと他のみなさんにとっても「泣ける感動作」だったんじゃないかな。 個人的には「僕」が亡き桜良の母に「もう、泣いてもいいですか…?」としぼりだすシーンが特に泣けました。 あと、ラストで桜良の本当の心情が明かされる場面も感動的でしたし……。 キャッチコピー通り「泣ける映画」であることは間違いありません。 なんだか、久しぶりに「いい邦画」を見られた気分です。 「最近、泣いてないなぁ」という方におすすめです。

次の

ひとと関わり、生きるということ/君の膵臓をたべたい 住野よる【ネタバレ・感想】

君 の 膵臓 を たべ たい 感想 文

ネタバレ! クリックして本文を読む 最近の類似作品の中で、やっぱり「君の膵臓を食べたい」が最強である。 理由を以下、列挙しますが、大したことは考えられない残念なアタマのせいで、そう言う内容です。 なお、以下は、全て個人の感想です。 泣かすだけ泣かせておいて、最後の演出で「心臓が止まりそうになるくらいドキっとさせるところ」は、真面目に最強。 「生への執着」を垣間見せる言葉なだけなんですけど、ちょっとドキッとするのが良いです。 尚、短命悲恋ものでは、個人的には「セカチュウ」のTVドラマ版 綾瀬はるか&山田孝之 が最強でした。 月川監督の「君月」の毒の無さも、個人的には大アリです。 毎日を精一杯生きることの大切さ、人との繋がりが生きることの本質だという「人生観」や「人間愛」を描いた素晴らしい作品だった。 これまで何千本もの映画を観てきたが、ここまで心に突き刺さった映画は初めて。 主人公・桜良への"喪失感"は、観賞後でも完結出来ず、しばらく落ち込むほどであった。 特筆すべきは主演の浜辺美波さんの存在感、10代ならではの透き通るほどの透明感。 演技テクニックを身につける前だからこそ演じられたのだと思い、当時16歳の浜辺さんと、この作品との出会いに奇跡さえ感じる。 まるで「海街diary」で桜並木を自転車で走るシーンの広瀬すずさんのように、浜辺さんにとって二度とは戻れない「10代の記憶」のような作品であった。 公開当時、「難病もの」と敬遠して、スクリーンで観られなかったことをいまだに後悔している。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の